「ピーター・ストーメア」タグアーカイブ

韓国×北朝鮮×米国の関係みておくべき!?映画かも『 V.I.P. 修羅の獣たち 』


映画情報どっとこむ ralph 韓国国家情報院の要員&警察×北朝鮮工作員×米国CIAの息をのむ対立が一目でわかる男たちの狂宴。

『新しき世界』でセンセーションを巻き起こしたパク・フンジョン監督最新作『V.I.P. 修羅の獣たち』が、6月16日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショーとなります。
本作は、韓国の国家情報院とCIAの企てにより、北から亡命したエリート高官の息子が連続殺人事件の有力な容疑者とされ、これを隠蔽しようとする者、捕らえようとする者、復讐しようとする者、それぞれ別の目的を持つ男たちの物語。全世界で唯一の分断国家という特性を生かし、韓国初の“企画亡命者”を扱った本作は、《もし、北からのVIP(=最重要人物)が実は殺人事件の容疑者だったら?》という疑念からスタートし、スージー・キム事件(※とある企業の香港駐在員だった男性が夫婦喧嘩の末嫁を殺し、それを隠蔽しようと嫁を北朝鮮のスパイだと騙すが、当時の政府はそれがデタラメと認識したものの、当時の独裁政権を維持しようと北朝鮮の仕業と操作した事件)をモチーフにした、韓国×北朝鮮×米国の国家機関間での利害関係と政治、そこから発生するジレンマを描いたクライム・アクション大作!

映画情報どっとこむ ralph 米CIAと韓国国家情報院を行き来する人物・パク・ジェヒョク役は『泣く男』以来、3年ぶりの映画出演となるチャン・ドンゴン。

連続殺人事件の容疑者を追う警察チェ・イド役に『エンドレス 繰り返される悪夢』のキム・ミョンミン、

北朝鮮からやってきた保安省所属の冷徹な工作員リ・デボム役に『密偵』のパク・ヒスン、

米CIA要員ポール・グレイ役に日本でも大ヒットを記録したハリウッド大作『アルマゲドン』やアカデミー賞2部門に輝く『ファーゴ』、 『ジョン・ウィック:チャプター2』などで強烈な印象を残すスウェーデン出身の名優ピーター・ストーメア、

全登場人物が追うサイコパス殺人鬼であり、北朝鮮から亡命させられたVIPキム・グァンイル役は、人気・実力共に若手No.1俳優のイ・ジョンソク。

豪華な顔ぶれが大集合!
中でも少年のような清涼な魅力で女心を惹きつけてきたイ・ジョンソクが初の悪役に挑み、北朝鮮のなまりや英語での演技まで、ベテラン俳優に引けを取らない凄まじい集中力と演技への情熱を見せ、驚くべき相乗効果を生み出すと共に新たな姿を披露している。

映画情報どっとこむ ralph そして、この度、韓国の国家情報院&警察×北朝鮮の工作員×米国のCIAの息をのむ対立が一目でわかる画像解禁!

国家情報院の要員・パク・ジェヒョクに扮したチャン・ドンゴンが橋上でタバコを吸う姿
北朝鮮から亡命したVIPキム・グァンイル(イ・ジョンソク)を間にし、対立していく警察チェ・イド(キム・ミョンミン)の姿。
そして、違う場面でキム・グァンイルの胸ぐらをつかむふたりの姿
まで、熱く感情的なキャラクターらが衝突しながら緊張感が高まる犯罪ドラマの一面を表しております!

映画情報どっとこむ ralph 分断国家という特性を生かした作品は昔話になるかもしれない。そんな”今”だからこそ、”実際ありそうな物語”を追求し、激しいアクションシーンはもちろん、本国ではスナッフフィルム並みの猟奇的な描写で賛否両論を巻き起こした問題作

『V.I.P. 修羅の獣たち』。
原題:브이아이피/英題:V.I.P.
6.16(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー

4つの狂気が交錯する――。

韓国国家情報院と米CIAの企てにより、北から亡命させられたエリート高官の息子キム・グァンイルが連続殺人事件の有力な容疑者として浮上する。彼が犯人であることを本能的に確信した警視のチェ・イドはグァンイルを追うが、国家情報院の要員パク・ジェヒョクの保護により捜査網を潜っていくのだった。さらには保安省所属の工作員リ・デボムまでが介入し、事態は思いもよらない方向へと進んでいく。

公式HP:
http://klockworx-asia.com/vip/

***********************************

監督:パク・フンジョン『新しき世界』
出演:チャン・ドンゴン『泣く男』、キム・ミョンミン『エンドレス 繰り返される悪夢』、パク・ヒスン『密偵』、イ・ジョンソク「観相師-かんそうし-」、ピーター・ストーメア 『ジョン・ウィック:チャプター2』『ファーゴ』『アルマゲドン』
2017年/韓国公開8月23日/128分/シネマスコープ/レイティング:R15+
配給:クロックワークス
©2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved



韓国ノワール パク・フンジョン監督の最新作『V.I.P. 修羅の獣たち』公開日決定


映画情報どっとこむ ralph 韓国ノワールの巨匠――『新しき世界』パク・フンジョン監督の最新作
チャン・ドンゴン × イ・ジョンソクら豪華キャストが大集合

誰もが恐れる”アイツ”が、北からやって来た

『V.I.P.(原題)』が、『V.I.P. 修羅の獣たち』 という邦題で、6月16日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショーとなります。

本作は、韓国の国家情報員とCIAの企てにより、北から亡命したエリート高官の息子が連続殺人事件の有力な容疑者とされ、これを隠蔽しようとする者、捕らえようとする者、復讐しようとする者、それぞれ別の目的を持つ男たちの物語。

全世界で唯一の分断国家という特性を生かし、韓国初の“企画亡命者”を扱った本作は、《もし、北からのVIP(=最重要人物)が実は怪物だったら?》という疑問からスタートし、韓国×北朝鮮×米国の権力機関の間での利害関係と政治、そこから発生するジレンマを描いたクライム・アクション大作!

映画情報どっとこむ ralph 米CIAと韓国国家情報院を行き来する人物・パク・ジェヒョク役は『泣く男』以来、2年ぶりの映画出演となるチャン・ドンゴン。連続殺人事件の容疑者を追う警察チェ・イド役に『エンドレス 繰り返される悪夢』のキム・ミョンミン、北朝鮮からやってきた保安省所属の冷徹な工作員リ・デボム役に『密偵』のパク・ヒスン、米CIA要員ポール・グレイ役に日本でも大ヒットを記録したハリウッド大作『アルマゲドン』やアカデミー賞2部門に輝く『ファーゴ』、 『ジョン・ウィック:チャプター2』などで強烈な印象を残すスウェーデン出身の名優ピーター・ストーメア、そして全登場人物が追うサイコパス殺人鬼であり、北朝鮮から亡命させられたVIPキム・グァンイル役は、人気・実力共に若手No.1俳優のイ・ジョンソクが扮し、その豪華な顔ぶれが大集合!中でも少年のような清涼な魅力で女心を惹きつけてきたイ・ジョンソクが初の悪役に挑み、北朝鮮のなまりや英語での演技まで、ベテラン俳優に引けを取らない凄まじい集中力と演技への情熱を見せ、驚くべき相乗効果を生み出すと共に新たな姿を披露している。

映画情報どっとこむ ralph そして、この度、本作の場面写真もあわせて解禁!
銃を向けている情報院の要員パク・ジェヒョク(チャン・ドンゴン)と、片手でVIPキム・グァンイル(イ・ジョンソク)を抑えている警察チェ・イド(キム・ミョンミン)の姿。そして、血まみれで、あざ笑うような、ぞっとするような狂気を帯びた眼差しをみせているVIPキム・グァンイル(イ・ジョンソク)の姿は、息のつまるような緊張感を醸し出し圧倒的な存在感を放つ。 “実際ありそうな物語”を追求し、激しいアクションシーンはもちろん、本国ではスナッフフィルム並みの猟奇的な描写で賛否両論を巻き起こした問題作『V.I.P. 修羅の獣たち』。

映画『V.I.P. 修羅の獣たち
原題:브이아이피
英題:V.I.P.

6.16(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー

公式HP:
http://klockworx-asia.com/vip/

4つの狂気が交錯する――。

韓国国家情報院と米CIAの企てにより、北から亡命させられたエリート高官の息子キム・グァンイルが連続殺人事件の有力な容疑者として浮上する。彼が犯人であることを本能的に確信した警視のチェ・イドはグァンイルを追うが、国家情報院の要員パク・ジェヒョクの保護により捜査網を潜っていくのだった。さらには保安省所属の工作員リ・デボムまでが介入し、事態は思いもよらない方向へと進んでいく。

***********************************

監督:パク・フンジョン『新しき世界』
出演:チャン・ドンゴン『泣く男』、キム・ミョンミン『エンドレス 繰り返される悪夢』、パク・ヒスン『密偵』、イ・ジョンソク「観相師-かんそうし-」、ピーター・ストーメア 『ジョン・ウィック:チャプター2』『ファーゴ』『アルマゲドン』

2017年/韓国公開8月23日/128分/シネマスコープ/レイティング:R15+
配給:クロックワークス

©2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
    


蜘蛛嫌いにこそ観てほしい!『ラプチャー 破裂』


映画情報どっとこむ ralph 宣伝さん:『ラプチャー 破裂』蜘蛛嫌いにこそ観てほしい!これであなたも蜘蛛嫌いを克服できる!?

TJ:宣伝さん!僕は絶対に観ない!!レッドバックに刺されてから絶対NGなんです!


映画情報どっとこむ ralph 『ミレニアム』シリーズ(09)のリスベット役で、その唯一無二の存在感を世界に示し、リドリー・スコット監督『プロメテウス』(12)などハリウッドでも活躍をする女優ノオミ・ラパス主演最新作『ラプチャー 破裂』が6/3(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開。

蜘蛛が嫌いなシングルマザーのレネー。

ある日突然、見知らぬ男達に拉致される。謎の隔離施設で目覚めた彼女を待っていたのは、被験者に”生きている中で一番嫌いな物”を与え続ける人体実験。拘束され、動けない状態での執拗なまでの“蜘蛛攻め”の果て、レネーの体は驚愕の変化を見せ始める。この異様すぎる実験は一体、誰が何のためにおこなっているのか?

無理矢理に蜘蛛を克服するよう攻め続けられると人はどうなるのか。。


映画情報どっとこむ ralph 高所恐怖症や閉所恐怖症など世の中にはあらゆる恐怖症がある中で、海外では「蜘蛛恐怖症」がランキングの1位になったと集計結果もある。やはりと言うべきか、世界中には蜘蛛恐怖症の人が相当数。

宣伝さんはSamsungが、Gear VR対応のクモ恐怖症を克服できるアプリ「Itsy」を使って蜘蛛恐怖症の社員でセラピーを試みた事例もある。「蜘蛛嫌いにこそ観てほしい!」

とおっしゃります、あなたもこの映画で克服してみる?

ラプチャー 破裂
原題:RUPTURE

公式サイト

***********************************

監督・原案・製作:スティーヴン・シャインバーグ 『セクレタリー』
脚本・原案:ブライアン・ネルソン『ハード・キャンディ』
製作:アンドリュー・ラザー 『アメリカン・スナイパー』
出演:ノオミ・ラパス『ミレニアム』シリーズ)、ピーター・ストーメア(『トカレフ』)、マイケル・チクリス(『PARKER/パーカー』)
2016年/アメリカ/英語/102分/カラー/シネスコ/
字幕翻訳:チオキ真理
配給:ギャガ・プラス
©2016Rupture CAL, Inc


一番嫌いな物与える実験の果てとは!『ラプチャー 破裂』推薦コメント到着


映画情報どっとこむ ralph 『ミレニアム』シリーズ(09)のリスベット役で、その唯一無二の存在感を世界に示し、リドリー・スコット監督『プロメテウス』(12)などハリウッドでも活躍をする女優ノオミ・ラパス主演最新作『ラプチャー 破裂』6月3日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開となります。
推薦コメント&オリジナル・ビジュアル「チラシネマ」配布決定ニュースが到着しました!蜘蛛が嫌いなシングルマザーのレネー。ある日突然、見知らぬ男達に拉致される。謎の隔離施設で目覚めた彼女を待っていたのは、被験者に”生きている中で一番嫌いな物”を与え続ける人体実験。拘束され、動けない状態での執拗なまでの“蜘蛛攻め”の果て、レネーの体は驚愕の変化を見せ始める。

この異様すぎる実験は一体、誰が何のためにおこなっているのか?

映画情報どっとこむ ralph 推薦コメント到着!

倉田真由美
(漫画家)
破裂ってそういうことか!!想像のはるか先をいかれてしまった。

叶井俊太郎
(映画プロデューサー)
もうね、タイトルが素晴らしいの一言に尽きる!破裂だよ?破裂しちゃうと思うじゃないですか!ところが映画の中身は破裂以上!ナゾすぎだろうよ。いや、マジで面白かった!オレ的に今年のベストワン!                     

伊東美和
(『ゾンビ論』『ゾンビ映画大事典』著者)
誘拐、監禁、拷問……本当に恐ろしい出来事はその先にある!

岩田和明
(映画秘宝 編集長)
『ホステル』×『アラクノフォビア』風味の激痛拷問ホラー!かわいい蜘蛛や気色悪い蛇もうじゃうじゃ登場!ゲテモノ動物パニック映画ファンも必見!

映画情報どっとこむ ralph “チラシネマ“配布決定!

劇場にてご鑑賞のみなさまへ、オリジナルバージョンのビジュアルが印刷された「限定チラシ」の先着プレゼント実施が決定しました!

配布劇場:
ヒューマントラストシネマ渋谷:6/3(土)より上映
シネ・リーブル梅田:6/10(土)より上映

配布期間:
『ラプチャー ―破裂―』上映期間中
※数量限定につき、無くなり次第配布終了

[注意事項]
※初回より先着、ご入場順での配布となります。チケットご購入時の際のお渡しはいたしかねます。
※数に限りがございますので、無くなり次第終了となります。

ラプチャー 破裂

6月3日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開です。

公式サイト:
rupture

***********************************

監督・原案・製作:スティーヴン・シャインバーグ 『セクレタリー』
脚本・原案:ブライアン・ネルソン 『ハード・キャンディ』
製作:アンドリュー・ラザー 『アメリカン・スナイパー』 
出演:ノオミ・ラパス『ミレニアム』シリーズ)、ピーター・ストーメア(『トカレフ』)、マイケル・チクリス(『PARKER/パーカー』)
原題:RUPTURE
2016年/アメリカ/英語/102分/カラー/シネスコ/字幕翻訳:チオキ真理
配給:ギャガ・プラス 
©2016Rupture CAL, Inc 


戦えマイロ!宣伝さんはストレスを感じているはずだ!


今週末20日公開の『バッド・マイロ』。

『テッド』よりワルでキュート!
『グレムリン』の興奮ふたたび!
あらゆる常識を凌駕する驚愕のラブリー・モンスター、ここに誕生!

その名は『バッド・マイロ

甘えん坊でわがままで、心はピュア!だけど実は、とっても凶暴なマイロ。大好きなパパのため、パパにストレスを与えるものたちを襲う!!!

TJは、試写してますよね!

バッド・マイロ!
バッド・マイロ!ポスター試写したよ。
面白いか面白くないかというと・・・

かなりツボだった。面白かったよ!

B級映画?に見えるけど、脚本は最後の最後まで練られていてびっくりです。

これは、わざと昔風のB級に撮っていると思うよ。

今時CGじゃなくてマペットだしね。それがいい感じなんだよね~。

大爆笑な感じなんですか?

いや、なんとなく、設定からおバカコメディーなのかと思って観に行ったんだけどね。

だって、ケツから出て行って、悪さ(正義?)をした後に、またケツに戻ってくる。しかも超でかいのに、また入ってっちゃう。バカでしょ。この設定。

なのに、内容はコメディーかと思えば、サスペンスホラー感が強いです。

サスペンスホラー>ヒューマン・愛>コメディです。

しかも、最後はまさかのちょっと感動も!な感じ。

マイロ君は“キモカワキュート”ですよね。

女子高生とかの間ではやりそうですか?

無いだろそれは。レイトショーだし。露出少ないし。

でもね。
マイロの造形は腸がもとなので、変だし、汚いし、牙をむき出しだし。かなり残虐だし・・・・

だけど、最後にはつぶらな瞳にやられると思うよ。

それでもJKがキモーってかばんにつけて歩く感じではないのでは?



それよりも

ベイマックスとバンクーバーの朝日が同日公開!
宣伝さんはストレスあると思うので、宣伝さんがケツにマイロを飼ってしまうのではないかと思うよ!

頑張っている宣伝さんの為にも戦えマイロ!

いやいや、レイトショーなので、それらの映画とは戦わないと思いますよ。TJ。

12月20日(土)新宿武蔵野館にてクリスマス&お正月レイトショー!

バッド・マイロをどうぞ!

********************************************************************

超イヤミな上司、窓際ならぬトイレへの左遷、変人の父親・・・不運続きのダンカンのストレスは極限に達し、しばしば原因不明の猛烈な腹痛に襲われて記憶を失う。同じ頃、彼の周りでは凶暴な動物に襲われたような、奇妙な惨殺事件が続いていた。ある日催眠術師の助けを求めたダンカンは、そこで、自分の腹痛と怪奇殺人事件の恐ろしい繋がりを知ることに。なんと自分の肛門から、まるで腸のような奇妙な生き物が飛び出し、ダンカンが気絶している間に、ダンカンのストレスの原因となる者を次々と襲撃し、また肛門に戻っているらしいのだ。想像を絶する状況に唖然とするダンカンだが、徐々にその生き物に愛着がわきはじめ<マイロ>と名付け、二人で暮らし始めるのだが・・・

監督:ジェイコブ・ヴォーン 
出演:ケン・マリーノ『なんちゃって家族』、ジリアン・ジェイコブス『運命のボタン』、ピーター・ストーメア『ファーゴ』、パトリック・ウォーバートン『テッド』
配給:カルチュア・パブリッシャーズ、武蔵野エンタテインメント
2013/アメリカ/ヴィスタサイズ/原題:Bad Milo/85分/R15+ (C)PREDESTINED, LLC ALL RIGHTS RESERVED