「ヒュー・ボネヴィル」タグアーカイブ

『ブレス』アンディ・サーキス監督らが映画の魅力を語る特別映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 『ブリジット・ジョーンズの日記』や『エリザベス』の製作者ジョナサン・カヴェンディッシュが自身の両親の奇跡のような実話を映画化した感動作『ブレス しあわせの呼吸』が、9月7日(金)より角川シネマ有楽町他全国公開となります。
第71回ロンドン映画祭でオープニングを飾った本作は、ポリオに感染し全身マヒとなった英国人ロビン・カヴェンディッシュとその妻ダイアナの激動の半生を、その息子であるジョナサン・カヴェンディッシュが自ら映画化した感動作。「余命数ヶ月」を宣告されたロビンは、一度は絶望へと突き落とされる。無償の愛を注ぐ妻ダイアナや友人たちに支えられ、少しずつ笑顔を取り戻し、“人生という名の冒険”に繰り出していく。型破りな発想と持ち前のユーモアで、運命を“改良”しつづけ遂には世界旅行を楽しむなど、その後36年間にもわたり、人生を謳歌した――
本作を手掛けたアンディ・サーキス監督と、ジョナサン本人が映画の魅力を語る特別映像が解禁となります!



長年の友人であるジョナサンから脚本を読ませてもらったサーキスは泣きはらしたといい、自分に監督させてほしいとジョナサンに直訴。

ジョナサンから自身の物語を託され本作で念願の長編映画監督デビューを果たしたサーキスは、

「努力を重ねながら逆境を乗り越え、愛と笑顔にあふれた素晴らしい人生を描いた」と、本作のテーマを説明。さらに、「リスクを冒してでも病院を退院し、自由を選択したんだ」とロビンとその後押しをしたダイアナについて紹介する。ふたりが成し遂げたことについて、「何より自分で選択すること、これが大切なんだよ」と語る。

ロビンが発症する前にダイアナとの間に授かった子供=ジョナサンは劇中ロビンの生きる力となっていくが、両親から前向きに生きることの大事さを教わり、映画プロデューサーとして活躍。満を持して本作を作り上げ壮大な“ファミリーヒストリー”を体現したジョナサンは、「苦難に見舞われた夫婦が逆境を乗り越えて生きた人生、それを軽快に語り、称える映画にしたかったんだ」と製作の狙いを説明。出来上がった映画について「狙い通り楽しい映画になったよ」と満足気に語る。さらに、「普通ではないかもしれないし、絶望を感じることもあると思う。でもそれ以上に、人生を謳歌した夫婦なんだ。ぜひ皆さんにもその感動を味わってほしい」とメッセージを送る。

この映像には、映画の見どころのひとつで鑑賞した人の反響も大きいとある“大事件”シーンのメイキングも収められ、映画の明るいテンションが伝わるものとなっている。

一般試写会では毎回すすり泣く声があふれており、「こんな冒険のような生き方、どれだけの覚悟をもったらできるんだろう」「きっとこれから元気がほしい時この映画を見ると思う」「体は不自由でも心は自由」「素晴らしい人生を送るためのヒントがたくさん散りばめられた素敵な作品」など、感動を超えて前向きに生きていくためのヒントを与えられたことが伝わる感想が次々と寄せられている。

映画情報どっとこむ ralph 『ブレス しあわせの呼吸』

が、9月7日(金)より角川シネマ有楽町他全国公開となります。

公式HP:http://breath-movie.jp 


<STORY>
運命の恋に落ち、家族や友人に祝福されて結婚し、最高に幸せな日々を送っていたロビンとダイアナ。ところが、出張先のナイロビで、突然ロビンが倒れてしまう。診断結果はポリオ、首から下が全身マヒとなり人工呼吸器なしでは息もできない。時は1959年、医師からは「余命数カ月」と宣告される。英国に戻り息子が生まれたが、ロビンは絶望の中にいた。病院を出たいと望むロビンのために、医師の反対を押し切り自宅で看病する決意をするダイアナ。彼女の決断は、ロビンの運命を大きく変えていく――

***********************************

監督:アンディ・サーキス
脚本:ウィリアム・ニコルソン
撮影:ロバート・リチャードソン プロデューサー:ジョナサン・カヴェンディッシュ

出演:アンドリュー・ガーフィールド、クレア・フォイ、ヒュー・ボネヴィル 

2017/イギリス/英語/カラー/5.1ch/スコープ/118分
字幕翻訳:松浦美奈
配給:KADOKAWA
後援:ブリティッシュ・カウンシル 
© 2017 Breathe Films Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute. All Rights Reserved


アンディ・サーキス監督の雄姿に迫る特別映像解禁!『ブレス しあわせの呼吸』


映画情報どっとこむ ralph 『ブリジット・ジョーンズの日記』や『エリザベス』の製作者ジョナサン・カヴェンディッシュが自身の両親の奇跡のような実話を映画化した感動作『ブレス しあわせの呼吸』が、9月7日(金)より角川シネマ有楽町他全国公開となります。

本作で念願の長編監督デビューを果たしたアンディ・サーキスにフィーチャーした特別映像が解禁となります!
主人公ロビンは、一度は絶望へと突き落とされるが、型破りな発想と持ち前のユーモアで、病を得てもアクティブに生きていくために運命を“改良”しつづける先駆者となっていく様子を描いていく本作で、脚本を読んで泣きはらしたというサーキスは、本作の魅力について「激しく心を揺さぶられたよ。“切り開く”ことの意義も描いていると思う。誰も実現させていないことに挑んだんだ」と分析。

さらに、「ロビンが自分で人生を選んでいく。“人生に飛び込んでいく”物語にね」と語る。サーキスは、本作製作にあたりドキュメンタリー映画『マン・オン・ワイヤー』に大きなインスピレーションを受けていたといい、「この主人公には支えてくれる仲間たちがいた。僕はこの映画を“変わり者たちが自分の人生を生きていくために、奇想天外な方法で自分を表現し、偉業を達成した話”という見方をしたんだ」と、まさに本作の重要なテーマにも通じる考え方を披露。



『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのゴラム役や新『猿の惑星』シリーズのシーザーなどモーションキャプチャー俳優という印象が強いサーキスが初監督作として選ぶには、本作は意外な題材ともいえる人間ドラマ。サーキスは本作以降も「モーグリー(原題)」、製作が発表されたばかりの実写版「動物農場」など監督として活躍の場を広げている。俳優のキャリアにも通じるこうした作品とは対照的な本作を、“個人的な想い”から監督することを切望したという。ザ・イマジナリウム(サーキスとジョナサンが共同で立ち上げた製作会社)での活動を通じて演出者としての力量を見抜いていたジョナサンは、本作の監督を務めたいと直訴してきたサーキスに、“自分の物語”を託すことにしたのだ。

この映像ではサーキスの演出中の“雄姿”も捉え、真剣な表情でモニターを覗く姿や大勢のエキストラに対して場の盛り上げ方を自ら披露してみせる様子など、映画本編では決してみられない貴重な姿にも注目したい。

ロビンを熱演したアンドリュー・ガーフィールドは、サーキスの人物像を「アンディはエネルギッシュでとても陽気で常に人生を楽しもうとしている」、愛の力でロビンを力強く支えていくダイアナを体現したクレア・フォイは「エネルギッシュで最高の監督よ。“一息いれてくるよ”なんて一度もなかったわ」など、監督としての魅力についてそれぞれ称賛の言葉を寄せている。

映画情報どっとこむ ralph ブレス しあわせの呼吸

2018年9/7(金)角川シネマ有楽町他全国ロードショー
公式HP:
http://breath-movie.jp


物語・・・
運命の恋に落ち、家族や友人に祝福されて結婚し、最高に幸せな日々を送っていたロビンとダイアナ。ところが、出張先のナイロビで、突然ロビンが倒れてしまう。診断結果はポリオ、首から下が全身マヒとなり人工呼吸器なしでは息もできない。時は1959年、医師からは「余命数カ月」と宣告される。英国に戻り息子が生まれたが、ロビンは絶望の中にいた。病院を出たいと望むロビンのために、医師の反対を押し切り自宅で看病する決意をするダイアナ。彼女の決断は、ロビンの運命を大きく変えていく。

***********************************

監督:アンディ・サーキス
脚本:ウィリアム・ニコルソン
撮影:ロバート・リチャードソン
プロデューサー:ジョナサン・カヴェンディッシュ

出演:アンドリュー・ガーフィールド、クレア・フォイ、ヒュー・ボネヴィル

2017/イギリス/英語/カラー/5.1ch/スコープ/118分/字幕翻訳:松浦美奈

配給:KADOKAWA
後援:ブリティッシュ・カウンシル
© 2017 Breathe Films Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute. All Rights Reserved
   


『英国総督 最後の家』Xファイルでおなじみのジリアン・アンダーソンに注目!!


映画情報どっとこむ ralph 1947年、独立前夜、混迷を深める激動のインドで歴史に翻弄された人々を鮮やかに描いた感動の人間ドラマ『英国総督 最後の家』が8月11日(土・祝)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。

二つの国が生まれる時―英国領インド最後の6か月、真実の物語。
主権譲渡のため任命された新総督のマウントバッテン卿、その妻と娘は、デリーの壮麗なる総督の屋敷にやって来る。500人もの使用人を抱え、大広間と迎賓室がそれぞれ34部屋、食堂は10部屋で、映写室も備えた大邸宅だ。そこでは独立後に統一インドを望む国民会議派と、分離してパキスタンを建国したいムスリム連盟によって、連日連夜論議が闘わされた。一方、新総督のもとで働くインド人青年ジートと令嬢の秘書アーリア、互いに惹かれあう2人だが、信仰が違う上に、アーリアには幼いときに決められた婚約者がいた…。

映画情報どっとこむ ralph インド独立を実現させた英国総督マウントバッテン卿の妻・エドウィナを演じるのはジリアン・アンダーソン。

大人気ドラマ「X-ファイル」で超常現象に否定的なダナ・スカリー捜査官を演じ、一躍有名に。同シリーズの劇場版『X-ファイル ザ・ムービー』と『X-ファイル:真実を求めて』にも出演。
他にもドラマ版「ハンニバル」で、レクター博士のカウンセリングをおこなう美しく妖艶な精神科医、ベデリア・デュ・モーリア博士を演じている。ドラマ以外にも『マイ・フレンド・メモリー』、『ラストキング・オブ・スコットランド』、『シャドー・ダンサー』など多くの映画に出演し、意外なところではスタジオジブリ『もののけ姫』の北米版でモロ(山犬の母神)の声優を務め、日米のジブリファンを驚かせた。2014年にはロンドンの舞台「欲望という名の電車」でブランチ・デュボアを演じ、イギリスの演劇賞のなかでも最も歴史のあるイブニング・スタンダード・シアター・アワードで最優秀主演女優賞を受賞。ドラマ、映画、舞台と様々なシーンで活躍を続けている。そんなジリアン・アンダーソンが世界的人気を獲得するきっかけとなった「X-ファイル」の新シリーズ「X-ファイル2018」が7/4(水)にデジタル配信、7/18(水)にDVDレンタル開始&BOX発売される。

映画情報どっとこむ ralph そんなジリアン・アンダーソンの出演映画最新作『英国総督 最後の家』では、エドウィナのフィルム映像で、頭の上げ方や歩き方の特徴までも研究し、彼女になりきったという。毅然とした態度と強い信念で英国総督マウントバッテンを支えた妻の勇姿も本作の大きな見所となっている。

映画『英国総督 最後の家

は8月11日(土・祝)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

公式サイト:
eikokusotoku.jp

物語・・・
1947年の6か月間、ルイス・マウントバッテンは、英国領だったインドを返還する為に、最後の総督の役職を引き受けた。彼は妻と娘と共に2階に、下の階には500人のヒンドゥー教徒、イスラム教徒、シク教徒の使用人が住んでいた。2階では政治のエリートたちが、インド独立の論議を行い衝突、世界に多大な影響を与える歴史的な決断がなされようとしていた。彼らはインド植民地をインドとパキスタンという二つの国家として分離独立させ、人類史上もっとも大きく急激な民族大移動を引き起こした。

***********************************

監督・脚本:グリンダ・チャ―ダ(『ベッカムに恋して』)
出演:ヒュー・ボネヴィル、ジリアン・アンダーソン、マニーシュ・ダヤール、フマー・クレイシー、マイケル・ガンボン  

2017年/イギリス/カラー(一部モノクロ)/2.39 : 1/
106分/5.1ch/英語、パンジャービー語、ヒンディー語
日本語字幕:チオキ真理

原題:Viceroy’s House
配給:キノフィルムズ/木下グループ
後援:ブリティッシュ・カウンシル
© PATHE PRODUCTIONS LIMITED, RELIANCE BIG ENTERTAINMENT(US) INC., BRITISH BROADCASTING CORPORATION, THE BRITISH FILM INSTITUTE AND BEND IT FILMS LIMITED, 2016
        


本日英国ロイヤルベイビー“ルイ”王子の洗礼式 ルイの由来は・・・『英国総督 最後の家』


映画情報どっとこむ ralph 1947年、独立前夜、混迷を深める激動のインドで歴史に翻弄された人々を鮮やかに描いた感動の人間ドラマ『英国総督 最後の家』が8月11日(土・祝)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。

本日ウィリアム王子とキャサリン妃の第3子であるイギリス王室のロイヤルベイビー“ルイ”王子の洗礼式が執り行われる予定です。


兄ジョージ王子と姉シャーロット王女が生まれた時も、名前の由来が注目されましたが、ルイ王子の名前に関してその由来とされているのが、本作でヒュー・ボネヴィルが演じた“ルイス”・マウントバッテン卿と言われているそうです。
‚‡i

マウントバッテン卿はイギリスの貴族でヴィクトリア女王の曾孫、エリザベス女王の夫フィリップ殿下のおじに当たり、第二次世界大戦の戦果などにより海軍元帥まで上り詰めた人物。

チャールズ皇太子が深く尊敬の念を抱いていたとされ、一説にはダイアナ妃と結婚に至る大きな要因になったそう。

実際にチャールズ皇太子の息子ウィリアム王子とその息子ジョージ王子のミドルネームも“ルイ”であり、現イギリス王室ロイヤルファミリーとは深い結びつきがある人物。今年4月の誕生から本日の洗礼式など、今後も世界中の注目を集めることになるルイ王子だが、その名前の由来とされるマウントバッテン卿を主人公に、“歴史的な英国のインド返還”の一方で、信仰の違いから起こった“インドの分断”に最後まで諦めずに向き合った真実の人間ドラマを描いた本作にもぜひ注目です。

映画情報どっとこむ ralph 映画『英国総督 最後の家

は8月11日(土・祝)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

公式サイト:eikokusotoku.jp


STORY
1947年の6か月間、ルイス・マウントバッテンは、英国領だったインドを返還する為に、最後の総督の役職を引き受けた。彼は妻と娘と共に2階に、下の階には500人のヒンドゥー教徒、イスラム教徒、シク教徒の使用人が住んでいた。2階では政治のエリートたちが、インド独立の論議を行い衝突、世界に多大な影響を与える歴史的な決断がなされようとしていた。彼らはインドを分断し、パキスタンに新しい国を作り出そうという、人類史上もっとも大きな移民政策を打ち出そうとしていたのだ。

***********************************

監督・脚本:グリンダ・チャ―ダ(『ベッカムに恋して』)
出演:ヒュー・ボネヴィル、ジリアン・アンダーソン、マニーシュ・ダヤール、フマー・クレイシー、マイケル・ガンボン

2017年/イギリス/カラー(一部モノクロ)/2.39 : 1/106分/5.1ch/英語、パンジャービー語、ヒンディー語/日本語字幕:チオキ真理

原題:Viceroy’s House
配給:キノフィルムズ/木下グループ
後援:ブリティッシュ・カウンシル 
       
© PATHE PRODUCTIONS LIMITED, RELIANCE BIG ENTERTAINMENT(US) INC., BRITISH BROADCASTING CORPORATION, THE BRITISH FILM INSTITUTE AND BEND IT FILMS LIMITED, 2016


アンドリュー・ガーフィールド主演 実話:原題Breatheが『ブレス しあわせの呼吸』で公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 『ブリジット・ジョーンズの日記』や『エリザベス』の製作者が自身の両親の奇跡のような実話を映画化した『Breathe(原題)』が、邦題『ブレス しあわせの呼吸』として2018年9/7(金)より角川シネマ有楽町他全国公開することが決定しました。

第71回ロンドン映画祭でオープニングを飾った本作は、1950年代にアフリカでポリオに感染した父親のロビン・カヴェンディッシュとその妻ダイアナの激動の半生を、息子であるジョナサン・カヴェンディッシュが自ら映画化した感動作。

ロビンは、首から下が全身マヒになり、人工呼吸器なしでは自力で息をすることができず、余命数ヶ月を宣告された。だが、思い出の中の両親は、笑顔とユーモアを絶やさず、外の世界へと飛び出していった。なぜ、彼は「世界一幸せ」だと胸を張れたのか?ポジティブかつエネルギッシュに人生を謳歌したロビンと、彼に無償の愛を注ぎ込んだ妻のダイアナ、支え続けた兄弟や友人たちとの絆が、『レ・ミゼラブル』の脚本家ウィリアム・ニコルソンの手腕により、感動的に描かれる。笑いや感動で、人々を幸せにする映画製作者として活躍するジョナサン・カヴェンディッシュの原点にもなったと言える真実の物語。
主人公には『ハクソー・リッジ』でアカデミー賞®にノミネートされたアンドリュー・ガーフィールド、ダイアナにはTVシリーズ「ザ・クラウン」でゴールデン・グローブ賞を受賞したクレア・フォイ。家族を見守る仲間たちには『プライドと偏見』のトム・ホランダーや、「ダウントン・アビー」のグランサム伯爵でお馴染みのヒュー・ボネヴィル。監督は、『ホビット』シリーズの第2監督を務め、今回初長編監督デビューとなるアンディ・サーキス。オスカーに3度輝く撮影監督ロバート・リチャードソンが捉える、50~60年代の英国のエレガントな暮らしと、旅先の雄大なアフリカの風景も見逃せません!

映画情報どっとこむ ralph ブレス しあわせの呼吸

2018年9月7日(金)角川シネマ有楽町他全国ロードショー

公式HP:
http://breath-movie.jp

物語・・・

運命の恋に落ち、家族や友人に祝福されて結婚し、最高に幸せな日々を送っていたロビンとダイアナ。ところが、出張先のナイロビで、突然ロビンが倒れてしまう。診断結果はポリオ、首から下が全身マヒとなり人工呼吸器なしでは息もできない。時は1959年、医師からは「余命数カ月」と宣告される。英国に戻り息子が生まれたが、ロビンは絶望の中にいた。病院を出たいと望むロビンのために、医師の反対を押し切り自宅で看病する決意をするダイアナ。彼女の決断は、ロビンの運命を大きく変えていく――


ロビン・カヴェンディッシュ(1930-1994) イギリス、ダービシャー生まれ。王立陸軍士官学校を卒業後、7年間英国陸軍に在籍し大尉となる。除隊後はアフリカで紅茶卸のビジネスを始める。1957年にダイアナと結婚、ケニアに渡り、息子ジョナサンが誕生。28歳にしてポリオウィルスに感染し、首から下が全身マヒとなり人工呼吸器なしでは生きられない身となる。1962年、オックスフォード大学のE・T・“テディ”・ホール教授と共に呼吸器付車椅子を開発。保健省から資金提供を募り、多くのポリオ患者のために改良モデルを作り続けた。医師や科学者と共に、障害者が操作できる電子装置の開発に関わり、頭の動作で使用できる電話、テレビ、ヒーター等の商品化に尽力し、障害者の生活をより良いものにした。その功績が称えられ1974年に大英帝国勲章を授与された。

***********************************

監督:アンディ・サーキス
脚本:ウィリアム・ニコルソン
撮影:ロバート・リチャードソン プロデューサー:ジョナサン・カヴェンディッシュ
出演:アンドリュー・ガーフィールド、クレア・フォイ、ヒュー・ボネヴィル
2017/イギリス/英語/カラー/5.1ch/スコープ/118分/
字幕翻訳:松浦美奈
配給:KADOKAWA
後援:ブリティッシュ・カウンシル
© 2017 Breathe Films Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute. All Rights Reserved