「ヒュー・ボネヴィル」タグアーカイブ

事件です!紳士なクマ パディントンが逮捕!?『パディントン2』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 全世界328億円越えの大ヒットを記録し、日本でも2016年の1月に公開され、“パディントン”旋風を巻き起こした、ロングセラー児童小説の実写映画『パディントン』が続編『パディントン2』として、帰ってくる!待望の日本公開が来年2018年1月19日(金)に決定しました。

紳士なクマ パディントンが逮捕!?
落ち目の俳優の罠に落ちる
ブラウン一家と幸せに暮らし、すっかりロンドンの人気者になったパディントン。大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日が近づきプレゼントを贈ることに。それはグルーバーさんのお店で見つけたロンドンの街並みを再現した飛び出す絵本。パディントンは購入のために窓ふき掃除など、人生初のアルバイトに励む。ちょっとした(?)失敗をしても、持ち前の愛嬌で人々に笑顔を振りまき、順調にお金を貯めていった。

そんな中、落ち目の俳優ブキャナン(ヒュー・グラント)と出会い、絵本の話をしたことで事態は急展開に!

まんまと罠にはめられたパディントンが逮捕されてしまったのだった! おなじみの赤い帽子と青いダッフルコートから、白黒の囚人服に着替えたパディントンは、悪名高い“ナックルズ”マギンティ(ブレンダン・グリーソン)を筆頭に強面の犯罪者に囲まれた刑務所で無事に生活することが出来るのか?

映画情報どっとこむ ralph 一方、パディントンの疑いを晴らすため力を合わせるブラウン一家!!
パディントンたちは無実を証明し、ブキャナンから絵本を取り戻すことはできるのか!?!?


今作でパディントンを罠にはめようとする敵役、フェニックス・ブキャナンを演じるのは、『ノッティングヒルの恋人』や『マダム・フローレンス!夢見るふたり』で知られ“ロマンティック・コメディの帝王”と呼ばれる英国一のモテ俳優ヒュー・グラント。さらに演技派俳優のブレンダン・グリーソンはパディントンが入る刑務所の囚人たちのリーダー役“ナックルズ”マギンティを怪演!クセの強い二人のキャラクターとパディントンの掛け合いにも注目が高まります!

紳士な方のクマさんが帰ってきます!

日本公開が2018年1月19日(金)
公式サイト:paddington-movie.jp

***********************************

出演:ベン・ウィショー(声の出演)、ヒュー・グラント、ブレンダン・グリーソン、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス他

日本語吹替え版キャスト:松坂桃李、古田新太、三戸なつめ

監督:ポール・キング
製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ
原作:マイケル・ボンド
配給:キノフィルムズ
©2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.


AIが書き下ろし「Little Hero」が、『パディントン2』 日本版主題歌に決定!


映画情報どっとこむ ralph 全世界で大ヒットを記録し、日本でも2016年1月に公開され“パディントン”旋風を巻き起こした、ロングセラー児童小説の実写映画『パディントン』の続編『パディントン2』が2018年1月に全国公開となります。

この度、『パディントン2』の日本版主題歌を、国民的アーティスト・AIさんが担当することが決定いたしました。

前作『パディントン』では代表曲「ハピネス」がイメージソングに起用されたAIさんですが、今回は本作のために書き下ろしたオリジナルソング「Little Hero」。

老若男女問わず幅広い世代から支持を受けるAIさんが、時代を越え、世代を問わず愛される紳士なクマ・パディントンに向けたラブレターとも言える楽曲を書き下ろしました。
映画情報どっとこむ ralph タイトルになっている「Little Hero」とは、モフモフの小さな身体に、勇気と優しさがいっぱいに詰まったパディントンそのもの。
笑顔と幸せを届けるパディントン、そして映画の世界観にぴったりな、一緒に口ずさみ踊りだしたくなるオリジナルソングです。

今回の書き下ろしについて

AIさん:まさか、『パディントン2』にまで参加できるとは!嬉しすぎる!

という喜び溢れるコメントも届きました。

「Little Hero」は、9月9日より始まるコンサートツアー「和と洋」で初披露され、10月25日発売予定のアルバム『和と洋と。 DELUXE EDITION』 に収録されます。コンサートツアーにはパディントンも応援に駆け付ける予定で、AIさん本人との初対面がついに実現する予定です。

パディントン2

2018年1月 全国ロードショー!

公式HP:
paddington-movie.jp

公式Twitter:
@eigapaddington

***********************************

出演:ベン・ウィショー(声の出演)、ヒュー・グラント、ブレンダン・グリーソン、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス他
日本語吹替:松坂桃李、古田新太、斉藤由貴、三戸なつめ他
監督:ポール・キング
製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ、『ファンタスティック・ビースト』
原作:マイケル・ボンド
配給:キノフィルムズ
© 2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.
     


『パディントン2』日本公開決定!松坂桃李ら声優陣の続投も決定!


映画情報どっとこむ ralph かわいすぎる映像&松坂桃李ら豪華声優陣の続投も決定!

全世界で大ヒットを記録し、日本でも2016年1月に公開され“パディントン”旋風を巻き起こした、ロングセラー児童小説の実写映画『パディントン』が、続編『パディントン2』として2018年1月に日本公開が決定!特報映像が解禁となりました!


解禁された映像には、紳士な佇まい、クリクリした目、そして思わずさわりたくなるようなもふもふした毛並みのパディントンの姿が再び!大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日にプレゼントを買うため、“窓拭きバイト”に挑戦するも、洗剤を頭からかぶってしまう相変わらずの“おっちょこちょいな”一面はもちろん、不思議な出来事が街中で起こるなか、お馴染みのブラウン一家とともに大事件を追いかけるパディントンの可愛らしい姿に、再び日本中が笑いと感動に包まれます!


映画情報どっとこむ ralph 前作でニコール・キッドマン演じるミリセントに命を狙われたパディントンでしたが、続編でまたしても身の危険にさらされてしまいます。今作でパディントンを狙う敵役、フェニックス・ブキャナンを演じるのは、英国の人気俳優、ヒュー・グラント。<虚栄心が強く、チャーミングで、かつては人気だったが最近は落ち目の俳優>というブキャナンを、グラントがどう演じるのか注目されます。

映画情報どっとこむ ralph さらに、前作に引き続き、超豪華日本語版声優陣の続投も決定!

パディントンのように礼儀正しく、好青年でありながら、チャーミングな印象がパディントンにぴったりな松坂桃李さんはじめ、親切なブラウンさん一家の父・ブラウンさん役に古田新太さん、母・ブラウン夫人役に斉藤由貴さん、そして一家の長女でしっかり者の勉強家ジュディに三戸なつめさんが、再び声をあてます。各キャストから、続投への喜びのコメントも届きました!

パディントン:松坂桃李コメント
日本公開が決まり、素直に嬉しいです。
アフレコはこれからになりますが、紳士でおっちょこちょいなパディントンが今回はどんなことをしてくれるのか、成長しているのか、相変わらずなのか、
今から楽しみで仕方ありません。皆様にパディントンのパワーアップした世界をお届けできるよう、全力で言葉を吹き込んでいきます。

ブラウンさん:古田新太コメント
またあの礼儀正しい彼に会えるのか。これは楽しみだ。いろんなスマイル、トラブル、サプライズを起こしてくれるのだろうな。お父さんとしては、イライラとワクワクしかないな。

ブラウン夫人:斉藤由貴コメント
パディントンのpart2が製作されるとのこと、また声の参加ができること、とても嬉しいです。
ミセスブラウンは優しくて温かいお母さんであると同時にアーティストで、独特の美的センスの持ち主で、ちょっと変わり者で(笑)大好きなタイプです。ある意味、共通点も多いし、なんというか共感出来るところが多く、親しみを感じています。イギリスの持つ独特な品の良い空気感が作品全体を包み、パディントンの紳士ぶりが作品を観る側の背中をしゃんとさせ、なのに同時にそのおっちょこちょいぶりにホッとさせられ…この作品に関わることで、私もいろんな「心のプレゼント」をいただけます。今回はどんな素敵なプレゼントをいただけるのか、今から楽しみです! 

ジュディ:三戸なつめコメント
パディントン2が日本でも始まると聞いた時からすごく楽しみにしていました!本当におめでとうございます!あの可愛いパディントンにまた会えるのが楽しみでしかたありません!そして今回もジュディの吹き替え声優をさせていただける事とても嬉しく思います。パディントン2ではどんなジュディを演じられるか、ワクワクしてます。口グセのキモイ病はなくなったかな?とかトニーとは今も仲良くやってるのかな?とか考えるだけで口元が緩みます。たくさんの方にパディントンを見ていただけるように頑張ります!宜しくお願い致します!

映画情報どっとこむ ralph 『パディントン2』あらすじ

ウィンザーガーデンでブラウン一家と幸せに暮らしているパディントン。彼はどこに行っても元気とマーマレードを振りまき、コミュニティの人気メンバーになっていた。大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日のために完璧なプレゼントを探していたパディントンは、グル―バーさんの骨董品屋でユニークな飛び出す絵本を見つける。その絵本を買うために様々な雑用仕事を始めたパディントンだったが、ある時その絵本が盗まれてしまう。犯人の正体を暴けるかどうかはパディントンとブラウン一家の手にかかっている…!

2018年1月 全国ロードショー!

公式サイト:paddington-movie.jp 

***********************************


ニコール・キッドマンもトムばりのアクション予告到着!


結構リアル熊さんなのにメッチャキュートな実写映画化した『パディントン』が、1月15日(金)より待望の全国公開となります。
パディントン
この度、パディントンが、ニコール・キッドマンにつけ狙われる、本編映像が到着しました!

ペルーのジャングルからロンドンのパディントン駅にやってきた小さな紳士(くま)が、ブラウン一家に出会い、“パディントン”と名づけられ、共に暮しながら巻き起こる冒険を描いた本作。初めての都会暮らしで、何かと騒動を起こすパディントンの前に、謎の美女・ミリセント(ニコール・キッドマン)が現れ、パディントンは窮地に立たされます。



今回解禁した映像は、ミリセントがパディントンを捕まえるために屋根から侵入する、波乱の幕開けシーン。

電話帳で調べ物をするパディントン。集中しすぎるあまり、破いてしまったページをセロハンテープで止めようと試みるも、テープが切れずグルグル巻きになってしまう。そんなおっちょこちょいなパディントンをつけ狙うミリセント。屋根から侵入して、パディントンを待ち構えるも…。

すでに『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』の壁に吸い付いて登るオマージュ映像を解禁されていますが、今回の映像も屋根から侵入して<宙づりになる>ニコール・キッドマンの姿は、『ミッション:インポッシブル』でトム・クルーズの有名な宙づりで任務を遂行するシーンを彷彿させます!って言うかまんまです。
ミリセント_パディントン
ニコール・キッドマンとトム・クルーズは元夫婦ということもあり、作り手側の遊び心?
ミリセント
パディントン

2016年1月15日(金)全国ロードショーです。

公式サイト:paddington-movie.jp
公式twitter:@eigapaddington 

********************************************************************

映画史上一番紳士なクマに、ハッピーと笑顔があふれ出す!
パディントン_ポスターイギリス・ロンドン。真っ赤な帽子を被った小さな紳士が、家を探しにはるばるペルーからやってきた。丁寧な言葉づかいで道行く人に話しかける彼だったが、なぜか誰からも相手にしてもらえない。 それは・・・彼が“クマ”だから!やっと出会った親切なブラウンさん一家に“パディントン”と名づけられ、屋根裏に泊めてもらうことになる。そうして始まった初めての都会暮らしはドタバタの連続!それでも純粋で礼儀正しいパディントンはやがて街の人気者になっていく。そんなある日、彼をつけ狙う謎の美女・ミリセントに誘拐されてしまう!果たしてパディントンは無事に家を見つけることができるのか―!?そして、そこには、もっと素敵な何かが待っていた…!

出演:ベン・ウィショー(声の出演)、ニコール・キッドマン、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス、ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベント
監督:ポール・キング  
製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ  
原作:マイケル・ボンド 
配給:キノフィルムズ
 
© 2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear™, Paddington™ AND PB™ are trademarks of Paddington and Company Limited



『パディントン』トム・クルーズ並みアクション特別映像


実写映画『パディントン』が、2016年1月15日(金)より全国公開。その特別映像が解禁となりました!

全世界300億円超えのスーパーヒット!“見れば納得!”愛すべき紳士なクマ・パディントンがロンドンの街で繰り広げる笑いあり、涙あり、ハプニングあり(?)の冒険感動ストーリー映画『パディントン』。

先日の英国アカデミー・チルドレンアワードの長編映画作品賞では、見事『ベイマックス』や『インサイドヘッド』などを押さえての受賞しています。

1210パディントン
今回解禁した映像は・・・

ある場所に閉じ込められたパディントンが唯一の方法として煙突をよじ登り、脱出を試みるシーン。傍にあったハンディクリーナーを手に取り、パディントンが“ミッション:インポッシブル”の有名なシーンに挑む!すると、追い打ちをかけるように、突然煙突から炎が燃え上がり、ハンディクリーナーの充電がなくなり、パディントンは絶体絶命の大ピンチに!本シーンは、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』でトム・クルーズ演じるイーサン・ハントが特殊グローブを使い、世界一高いビルであるドバイのブルジュ・ハリファをよじ登るシーンのオマージュであり、トム・クルーズ並みのスタント無しのアクションをパディントンがこなす姿は必見!


笑いと感動の涙が詰まったこの冬イチのハートウォーミングムービー『パディントン』。

ぜひご期待ください!

公式サイト:http://paddington-movie.jp
公式twitter:@eigapaddington 

********************************************************************

映画史上一番紳士なクマに、ハッピーと笑顔があふれ出す!
イギリス・ロンドン。真っ赤な帽子を被った小さな紳士が、家を探しにはるばるペルーからやってきた。丁寧な言葉づかいで道行く人に話しかける彼だったが、なぜか誰からも相手にしてもらえない。 それは・・・彼が“クマ”だから!やっと出会った親切なブラウンさん一家に“パディントン”と名づけられ、屋根裏に泊めてもらうことになる。そうして始まった初めての都会暮らしはドタバタの連続!それでも純粋で礼儀正しいパディントンはやがて街の人気者になっていく。そんなある日、彼をつけ狙う謎の美女・ミリセントに誘拐されてしまう!果たしてパディントンは無事に家を見つけることができるのか―!?そして、そこには、もっと素敵な何かが待っていた…!

出演:ベン・ウィショー(声の出演)、ニコール・キッドマン、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス、ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベント
監督:ポール・キング  
製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ  
原作:マイケル・ボンド 
配給:キノフィルムズ
 
© 2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear™, Paddington™ AND PB™ are trademarks of Paddington and Company Limited