「ヒュー・グラント」タグアーカイブ

若かりしヒュー・グラント・ルパート・グレイヴス「モーリス 4K」ジェームズ・アイヴォリー監督よりコメント到着


映画情報どっとこむ ralph 20世紀初頭のイギリスを舞台に、青年2人の愛と苦悩を描いた文芸ロマンの名作が4Kデジタル修復で美しく甦る!

映画『モーリス 4K』が、いよいよ4月28日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMA他全国で公開!30年ぶりのリバイバル上映に際し、本作の監督と脚色を務めたジェームズ・アイヴォリーが1987年製作当時を振り返ったコメントとメイキング写真が到着しました!

メインキャストのヒュー・グラントやルパート・グレイヴスは、今やイギリスを代表する人気俳優となったが、『モーリス』製作時は、まだまだ無名の若手役者。
ジェームズ・アイヴォリー監督は、

アイヴォリー監督:ヒュー・グラントは、オックスフォード大学在学中に学生映画の『オックスフォード・ラブ』(劇場未公開)で俳優活動を始めていて、ジェームズ・ウィルビーとルパート・グレイヴスは舞台の経験があったが、3人ともまだ駆け出しの頃だった。

と当時を振り返り、劇中のモーリスとクライヴのお互いへのぎこちない触れ合い方について、

アイヴォリー監督:演技でいきなりキスして絡み合うのは、ストレートの若い俳優2人にとって気まずいことだ。実生活で同じシチュエーションに置かれたら、ぎこちなくなるのは当然だし、そこが役に立った部分もある。ただ、イギリス人俳優の方が、アメリカ人俳優と比べて肉体的というか、性的な触れ合いに積極的だと感じる。

と語った。

また、映像の美しさが称えらえる『モーリス』だが、それとは裏腹に撮影班には事件が起こっていた。

アイヴォリー監督:撮影班に仲違いが起こり、よりにもよって、モーリスとクライヴが喧嘩をする重要なシーンを撮影する日にボイコットが起きたんだ。キャストの準備ができ、いざカメラを回そうとしたら、突然カメラクルーがいない。代わりのクルーを探し出すのに何時間もかかり、キャストを気落ちさせてしまわないか心配したが、彼らがテンションを上げてくれたおかげで、現場にいた全員が元気づけられた。

と、驚きのエピソードを明かした。
さらに、

アイヴォリー監督:『モーリス』は、『眺めのいい部屋』(同監督の前作品)のコインの裏側のようなもの。両作とも、偽りの人生、真実の人生、自分にとって大切な本当の感情とは何かを描いている。

と作品についてコメントした。
映画情報どっとこむ ralph
モーリス 4K
原題:Maurice

4/28(土)より、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開

公式HP:
http://cinemakadokawa.jp/maurice

***********************************

出演:ジェームズ・ウィルビー、ヒュー・グラント、ルパート・グレイヴス、デンホルム・エリオット、ベン・キングズレー
監督:ジェームズ・アイヴォリー
製作:イスマイル・マーチャント
原作:E・M・フォースター「モーリス」
脚色:ジェームズ・アイヴォリー、キット・ヘスケス=ハーヴェイ
音楽:リチャード・ロビンズ
撮影:ピエール・ロム
衣装:ジョン・ブライト、ジェニー・ビーヴァン
1987年/イギリス/141分/カラー/ビスタ/5.1ch/R-15//字幕翻訳:戸田奈津子
配給:KADOKAWA  
©1987 Merchant Ivory Productions Ltd. A Merchant Ivory Film in association with Film Four International and Cinecom Pictures


あの”紳士すぎる”モフモフクマが帰ってきた!『パディントン2』ブルーレイ&DVD発売決定!


映画情報どっとこむ ralph ≪ あの“紳士すぎる”モフモフクマと、愛すべきブラウン一家が帰って来た! ≫

プレミアム・エディション(初回生産限定)と通常版ブルーレイ+DVDセットで7月4日発売決定!


★映画批評サイトRotten Tomatoesでは驚異の100%フレッシュの 歴代最高の記録的高評価を獲得!日本でもFilmarks初日満足度 ランキング1位を始め、各映画サイトで最高レベルの評価を獲得!!

前作に続きパディントンの声を演じるのは、人気俳優ベン・ウィショー。 ブラウン家とご近所の人々にも、「ダウントン・アビー」のヒュー・ボネヴィル、 アカデミー賞(R)を席巻した『シェイプ・オブ・ウォーター』のサリー・ホーキンス 、『アイリス』でアカデミー賞(R)に輝いたジム・ブロードベントなど、 前作の実力派俳優たちが再集結! さらにパワーアップを遂げたキャスティングにも注目!パディントンとまさか の友情物語を盛り上げる囚人ナックルズ役には『ハリー・ポッター』シリーズ で知られる名優ブレンダン・グリーソン。そして本作の敵役ブキャナンに扮 するのは、英国の大スター ヒュー・グラント! 嘘つきだけど憎めない元人気俳優茶目っ気たっぷりに演じている

映画情報どっとこむ ralph 【商品情報】
『パディントン2』
2018年7月4日発売

<プレミアム・エディション【初回生産限定・Blu-ray】>
価格:¥6,500+税
音声:
1. 英語(オリジナル) Dolby TrueHD 5.1chサラウンドAdvanced 96k Upsampling
2. 英語(オリジナル)DTS-HD Master Audio DTS Headphone X
3. 日本語(吹替)Dolby TrueHD 5.1chサラウンド
4. 日本語(吹替)DTS-HD Master Audio DTS Headphone X
5. 英語(コメンタリー)Dolby Digital 2.0ステレオ
字幕:1. 日本語字幕 2. 吹替用日本語字幕 3. コメンタリー用日本語字幕
収録時間:本編104分+特典映像


特典映像:

〈本編DISC〉
■監督オーディオ・コメンタリー
■飛び出す絵本について  
■ブキャナンのミュージカルナンバー  
■プロデューサーインタビュー  
■完成披露舞台挨拶 
http://eigajoho.com/93828


■マーマレードタワー点灯式
http://eigajoho.com/90089



■吹替キャストリレーインタビュー  
■予告&TVスポット集


〈特典DISC〉
■ CG制作について  
■ワールドプレミアダイジェスト
■オフィシャルインタビュー
【ヒュー・ボネヴィル/ヒュー・グラント/サリー・ホーキンス/ブレンダン・グリーソン/ジュリー・ウォルターズ/ジム・ブロードベント/マデリン・ハリス/サミュエル・ジョスリン
ポール・キング(監督)/ゲイリー・ウィリアムソン(美術)/リンディ・ヘミング(美術)/サイモン・ファーナビー(共同脚本)】
■ジャパンプレミア舞台挨拶
http://eigajoho.com/96212


■公開記念舞台挨拶
http://eigajoho.com/96500


■吹替キャストインタビュー(松坂桃李/古田新太/三戸なつめ/斎藤工)


<ブルーレイ+DVD>
価格:¥4,500+税

【ブルーレイ】
音声:
1. 英語(オリジナル) Dolby TrueHD 5.1chサラウンドAdvanced 96k Upsampling
2. 英語(オリジナル)DTS-HD Master Audio DTS Headphone X
3. 日本語(吹替)Dolby TrueHD 5.1chサラウンド
4. 日本語(吹替)DTS-HD Master Audio DTS Headphone X
5. 英語(コメンタリー)Dolby Digital 2.0ステレオ
字幕:1. 日本語字幕 2. 吹替用日本語字幕 3. コメンタリー用日本語字幕
収録時間:本編104分+特典映像


【DVD】
音声:
1. 英語(オリジナル)ドルビーデジタル5.1chサラウンド
2. 日本語(吹替)ドルビーデジタル5.1chサラウンド
3.英語(コメンタリー)Dolby Digital 2.0ステレオ
字幕:1. 日本語字幕 2. 吹替用日本語字幕 3. コメンタリー用日本語字幕
収録時間:本編104分+特典映像

特典映像(※ブルーレイ、DVD共に収録):

■監督オーディオ・コメンタリー
■飛び出す絵本について
■ブキャナンのミュージカルナンバー  
■プロデューサーインタビュー
■完成披露舞台挨拶  
■マーマレードタワー点灯式
■吹替キャストリレーインタビュー  
■予告&TVスポット集

※ブルーレイ、DVDレンタル同時スタート
発売元:株式会社キノフィルムズ/木下グループ
販売元:ポニーキャニオン

映画情報どっとこむ ralph 《今度は、落ち目の俳優にはめられる?無実の罪でとらえられたパディントンを救え!》

今やすっかり“ロンドンっ子”となり、ブラウン一家の人々と幸せに暮らしているパディントン。育ての親のルーシーおばさんの100歳の 誕生日プレゼントを探していたパディントンは、アンティークショップでステキな飛び出す絵本を見つける。世界にひとつの絵本を買う お金を貯めるために、働き始めるパディントン。 ところがある日、絵本が盗まれ、現場に居合わせたパディントンが、容疑者として逮捕されてしまう。それは、絵本に隠された秘密を知 る、落ち目の俳優ブキャナンの仕業だった。有罪になったパディントンは、刑務所一恐ろしい囚人ナックルズと、まさかの友情を結ぶ。 果たして、パディントンはブラウン家の人々の助けを借りて、無実を証明することが出来るのか? 絵本の謎解きの先に待ち受けるブキャナンとの対決の行方は──

***********************************


【CAST】
パディントン(声) : ベン・ウィショー(松坂桃李) ブラウンさん : ヒュー・ボネヴィル(古田新太) ブラウン夫人 : サリー・ホーキンス(石塚理恵) フェニックス・ブキャナン : ヒュー・グラント(斎藤工) ナックルズ : ブレンダン・グリーソン(楠見尚己) バードさん : ジュリー・ウォルターズ(定岡小百合) カリーさん : ピーター・カパルディ(佐々木睦) グル―バーさん : ジム・ブロードベント(佐々木省三) ジュディ : マデリン・ハリス(三戸なつめ) ジョナサン : サミュエル・ジョスリン(西田光貴)

【STAFF】
監督・脚本 : ポール・キング
原作 : マイケル・ボンド
製作 : デヴィッド・ハイマン
発売元:株式会社キノフィルムズ/木下グループ
販売元:ポニーキャニオン
(C) 2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.



ヒュー・グラント、ヒュー・ボネヴィル、斎藤工、三戸なつめ 『パディントン2』ジャパンプレミア


映画情報どっとこむ ralph 全世界328億円越えの大ヒットを記録し、日本でも2016年の1月に公開され、“パディントン”旋風を巻き起こした、ロングセラー児童小説の実写映画『パディントン』。続編となる『パディントン2』が、1月19日(金)より全国公開いたします。

この度、本作の日本公開を記念し、ブラウンさん役を演じたヒュー・ボネヴィル、フェニックス・ブキャナン役を演じたヒュー・グラント、が来日!さらに日本語版吹替キャストを務めた三戸なつめ、斎藤工も登壇し、ジャパンプレミアが行われました。


『パディントン2』ジャパンプレミア&舞台挨拶
日時:1月16日(火)
会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
登壇:ヒュー・グラント、ヒュー・ボネヴィル、斎藤工、三戸なつめ

映画情報どっとこむ ralph 会場には、赤い帽子や青いダッフルコートに身を包む女性、さらにはパディントンのぬいぐるみの抱えた方など、多くの“パディントンファン”が集結した本イベント。

来日ゲストらの登場を今か今かと待ち構える会場に、ヒュー・ボネヴィル、ヒュー・グラントの二人がレッドカーペットに姿を現すと、会場は瞬く間に黄色い歓声に包まれました!本作の世界観をイメージしたパネルをバックに2ショットのフォトセッションが行われ、さらに、日本語吹き替えキャストの三戸なつめ、斎藤工も登場し4人が揃うと、会場の盛り上がりは最高潮に!

その後のファングリーディングでは、待ち構えたファンと優しく会話するボネヴィルの姿や、携帯での自撮りに気さくに対応するグラントの姿も見られ、その“神対応”の連続に思わずファンは大感激!一方、斎藤も、“パディントンコーデ”に身を包んだ女性に

斎藤さん:パディントンみたいだね。

と優しく話しかけたり、三戸もファンとの会話を楽しみつつサインに応じるなど、終始和やかなムードのまま、ファングリーディングは終了いたしました。

その後も、前作からパディントンを応援し続けているという、朝比奈彩、熊井友理奈、矢島舞美、中島早貴、志茂田景樹らスペシャルゲストたちもレッドカーペットに登場!最後の最後まで大盛り上がりの中、レッドカーペットイベントは終了しました。

映画情報どっとこむ ralph その後、ヒュー・ボネヴィル、ヒュー・グラント、三戸なつめ、斎藤工が登壇する舞台挨拶が行われました!

客席の合間を抜けながら声援に笑顔で応え、舞台に登壇したボネヴィルとグラント。まず本作でパディントンに対し家族同然のように接するブラウン家のお父さんである、“ブラウンさん”を演じたヒュー・ボネヴィルが

ボネヴィルさん:日本のみなさん、温かく迎えてくれてありがとうございます。前作もたくさんの方に観ていただきましたが、続編もきっとたくさんの方に気に入っていただけると思います。

と挨拶。続いて


グラントさん:長年、自分が出演した作品を応援してくださる方がいて、本当に感謝しています。恋愛映画も何作品かあったりしましたが、自分が出演してきた映画の中で、この作品がベストなんじゃないかと実は思っています。出来上がった作品を観て、本当に不思議なほどに傑作で。ヒュー・ボネヴィルさんが出ているのにね(笑)

と冗談まじりに挨拶し、会場の笑いを誘いました。

映画情報どっとこむ ralph 続編の製作が決定した際の心境を問われると、前作からの続投となった

ボネヴィルさん:とてもナーバスでもあり、ワクワクした気持ちもあったよ。一作目が大成功を収めたこともありますし、原作のマイケル・ボンドさんのお墨付きだった、ということもあったのでワクワクしましたが、心配な部分もありました。続編は上手くいかなかったりすることが多いのですが…、願わくば、この作品が“ゴッドファーザーパート2”のような作品になれればと思います。

と熱い想いを語ると、自然と会場からは拍手が沸き起こりました。



さらに本作には、グラント演じるブキャナン役が、グラント自身をイメージしあてがきされたというまさかの秘話も。オファーを受けたときの感想を問われると、

グラントさん:脚本を送ってもらったときに、監督からお手紙をいただいたんです。『この作品の中で、かつては有名の役者だったのだけれど、今はすっかり落ちぶれたキャラクターが登場するのだけど、君にピッタリだと思うんだ』と書かれていて…、正直傷つきました(笑)」と冗談を交えつつ、笑顔を見せる場面も。さらに楽しかったシーンについては、「この映画はぜひエンドロールまで最後まで観ていただきたいです。というのも、実は最後に僕が踊って歌うシーンがあります。この年になって、自分の気持ちを音楽や動きで表現したシーンでもあるので、ぜひ観ていただけたら。

とコメントしました。

グラントさんとボネヴィルさんは、『ノッティングヒルの恋人」以来、本作で約20年振りの共演。再び共演した感想について、

グラントさん:『ノッティングヒルの恋人』を撮影した時に僕がよく覚えているのが、現場で毎日、ボネヴィルさんをレスリングのように押し倒してキスをしたりふざけあっていたこと。それを思い出して、本作の現場でもやってみたのですが、しかしボネヴィルさんは背中を痛めてしまって、撮影も押してしまって(笑)。でも久しぶりに会えてとてもうれしかったです。

と、茶目っ気たっぷりにコメント。

ボネヴィルさん:今彼が話したことは本当の話です。グラントさんと久しぶりにお会いして、精神的にも見た目も、まったく変わっていないですね。きっと美容にお金をつぎ込んでいるんでしょう。

と冗談で返すなど、旧知の仲だからこその二人の仲睦まじい様子が見られました。

映画情報どっとこむ ralph そして、イベントでは、本作でブラウン家の長女・ジュディ役の吹き替えを務めた三戸なつめさんと、グラント演じるブキャナン役の日本語吹き替えキャストを務めた斎藤工さんが登壇!

三戸さんは、自身が吹替えを務めたジュディのお父さんを演じたボネヴィルさんを前にして、

三戸さん:大きくてびっくりしました!でも実際にお会いすると、シュッとしていてカッコイイです。

と話し、斎藤さんはグラント演じる役の吹き替えに抜擢されたときの心境を問われると、

斎藤さん:僕でいいのかな?と思ったんですが…。ヒュー・グラントさんの演技のふり幅に興味があって。パディントンの世界観にどう溶け込むのか、そういう興味もありました。

と明かしました。

さらに今回が初来日となるボネヴィルさんに対し、三戸さんが日本でおすすめの場所をレクチャー、

三戸さん:原宿にある『KAWAII MONSTER CAFÉ』というカフェですね!店内もすごく可愛い世界観で、スタッフさんもオシャレなんです。特にスタッフさんたちが着ている制服が、前作でお父さん(ボネヴィル演じるブラウンさん)が着ていた“女装”に近いんです!(笑)

と熱弁!すると

ボネヴィルさん:パディントンを連れていったら喜んでくれるかな?日本の可愛いものをまだ見ていないので、とても興味が沸いてきました。例えば、そのあなたの髪型(三戸のお団子ヘア)とか。僕もやってみたいけど髪の毛足りないかもしれないな。

と冗談交じりに答え、会場の笑いを誘いました。

映画情報どっとこむ ralph 最後には、日本での大ヒットを願いに込めた、世界に一つだけの“パディントンだるま”が登場!

クマの可愛らしい風貌をしたダルマが壇上に登場すると、ボネヴィルさんとグラントさんは笑顔を見せ、斎藤さんと三戸さんらも「可愛い!すごい!」と声を揃えました。

ボネヴィルさんとグラントさんにより、ダルマの上にパディントンのトレードマークである赤い帽子が被せられ、それぞれのサインが添えられました。さらに、お互いの名前の共通点である“ヒュー”にひっかけ、二人が『Wヒュー』のサインを添えると、

斎藤さん:これは嬉しいですね。

と笑顔を見せ、会場では大きな拍手が沸き起こりました。

パディントン2

公式サイト:
paddington-movie.jp 
公式twitter:
@eigapaddington

物語・・・
ウィンザーガーデンでブラウン一家と幸せに暮らしているパディントン。彼はどこに行っても元気とマーマレードを振りまき、コミュニティの人気メンバーになっていた。大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日のために完璧なプレゼントを探していたパディントンは、グル―バーさんの骨董品屋でユニークな飛び出す絵本を見つける。その絵本を買うために様々なアルバイトを始めたパディントンだったが、ある時その絵本が盗まれてしまう。犯人の正体を暴けるかどうかはパディントンとブラウン一家の手にかかっている…!

***********************************

出演:ベン・ウィショー(声の出演)、ヒュー・グラント、ブレンダン・グリーソン、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス他
日本語吹替え版キャスト:松坂桃李、古田新太、三戸なつめ、斎藤工 
監督:ポール・キング
製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ
原作:マイケル・ボンド
配給:キノフィルムズ
©2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.

旧作もどうぞ!


三戸なつめ&りんあんちゃん“なりきりパディントン”女子会『パディントン2』


映画情報どっとこむ ralph 全世界328億円越えの大ヒットを記録し、日本でも2016年の1月に公開され、“パディントン”旋風を巻き起こした、ロングセラー児童小説の実写映画『パディントン』。続編となる『パディントン2』が、1月19日(金)より全国公開いたします。

この度、本作の公開に先駆け女子中高生限定試写会が行われ、前作に引き続き、パディントンと共に暮らすブラウン一家の長女“ジュディ”役の日本語版吹替えキャストを務めた三戸なつめ、さらに11月に原作生誕の地ロンドンで行われたワールドプレミアに参加した、本作の小さな応援隊長・双子キッズモデルのりんかちゃん&あんなちゃんが登壇いたしました!

映画情報どっとこむ ralph 盛大な拍手に包まれる中、まず

三戸さん:明けましておめでとうございます!今日はたくさんお集まりいただきありがとうございます。最後まで楽しんでください。

と挨拶。続いて、パディントン風の“くまだんご”ヘアで登壇したりんかちゃん&あんなちゃんも「こんにちは、りんかです!」「あんなです!」とそれぞれ笑顔を見せイベントはスタートいたしました。


女子中高生限定試写会ということで、たくさんの“パディントン好き”女子たちが集結した本イベント。
“パディントンカラー”を取り入れたファッションに身を包む女子中高生が集まり、すっかり“パディントンワールド”に染まった会場。

三戸さん:今日はイギリスをイメージしたブリティッシュファッションでコーディネートしてみました!

とコメント。対するりんかちゃん&あんなちゃんも三戸のファッションを見るなり、

りんかちゃん&あんなちゃん:可愛い~!イギリスみたい!

と口を揃えて会場を和ませる場面も見られました。

そんなりんかちゃん&とあんなちゃんは、昨年11月にロンドンで行われたワールドプレミアに二人にも参加。二人の様子を三戸さんはインスタでチェックしていたと言い、

三戸さん:私もロンドン行きたかったです!何で誘ってくれなかったんですか!(笑)

と冗談交じりに嘆く場面も。

三戸さんは、前作に引き続きパディントンと一つ屋根の下で暮らすブラウン家の長女・ジュディ役の日本語版吹替えキャストを続投。

三戸さん:今回もジュディ役を演じられて良かったです。前作ではパディントンを『キモイ!』と言ったりして反抗するような場面もあったけれど、続編では少し成長していたりもして、演じやすかったですね。パディントンには弟のように接していました。

と演じる上での変化を語りました。

映画情報どっとこむ ralph そんな続編では、育ての親である大好きなルーシーおばさんの100歳のお誕生日をお祝いするため、人生初のアルバイトに励んだり、絵本泥棒の犯人に間違えられて逮捕され、ピンク色の囚人服姿を披露するなど、盛りだくさんの内容となっている本作。

三戸さん:一番好きなシーンは、パディントンが人生で初めてアルバイトに挑む場面ですね。バリカンを持っておじさんの髪の毛を刈ってしまうところは、頑張っているけれどドジなところが伝わってきて可愛かったです。

と、お気に入りのシーンについて語る三戸さん。

一方、

あんなちゃん:(パディントンが)おじさんに(整髪料代わりに)マーマレードを塗るところ!

と笑顔で回答。イベントでは時折、りんかちゃん&あんなちゃんは劇中のセリフを真似てシーンを再現する場面も見られ、たびたび会場の笑いを誘いました。


さらにイベントでは三戸さんに対し、りんかちゃん&あんなちゃんから

りん&あん:好きなお洋服は何ですか?

と可愛らしい質問が飛ぶ場面も。

三戸さん:赤いお洋服が好きです!

と答えると、りんかちゃん&あんなちゃんも「私も~!」と喜ぶなど、3人の仲睦まじい様子がよく伝わるイベントとなりました。

そしてイベントでは“クマ”のパディントンにちなみ、三戸からパディントン風の“くまだんご”ヘアアレンジをレクチャーするスペシャルイベントを実施!

映画情報どっとこむ ralph 三戸が自身の髪の毛を使い“くまだんご”ヘアをレクチャー。時折「どうしても出来ない!って子いる?」と声をかけ、さらには三戸自らが客席の方に向かって苦戦する観客のヘアアレンジを隣で手伝うなど、その“神対応”の連発に女子中高生も大感激!見守るりんかちゃん&あんなちゃんも「頑張れ~!」と応援する中、三戸の丁寧なレクチャーの甲斐もあり、最後は会場に集まった女子中高生たちの可愛らしい“くまだんご”ヘアが完成!

その光景に「みんな可愛い“くまだんご”ヘアが出来て嬉しいです!」と笑顔を見せつつ、みなさん映画を観終えたばかりだと思いますので、ぜひSNS等で映画の良さを伝えてください!

と力強くアピール。ラストはパディントンも加わり、“くまだんご”ヘアの女子中高生たちをバックにフォトセッションが行われ、イベントは終了いたしました。

パディントン2

2018年1月19日(金)公開

公式サイト:
paddington-movie.jp
公式twitter:
@eigapaddington

***********************************

出演:ベン・ウィショー(声の出演)、ヒュー・グラント、ブレンダン・グリーソン、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス他
日本語吹替え版キャスト:松坂桃李、古田新太、三戸なつめ、斎藤工 
監督:ポール・キング
製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ
原作:マイケル・ボンド
配給:キノフィルムズ
©2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.


斎藤工 バイトのことなら僕に!『パディントン2』日本語吹替版完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph パディントン2』が、来年2018年1月19日(金)より全国公開となります。

この度、本作の公開に先駆け日本語吹替版完成披露試写会が行われ、前作に引き続き“パディントン”役の吹替キャストを務めた松坂桃李を始め、“ブラウンさん”役の古田新太、“ジュディ”役の三戸なつめ、さらに今作の新キャラクターである落ち目の俳優“フェニックス・ブキャナン”役を演じた斎藤工らが登壇しました!

『パディントン2』日本語吹替版完成披露試写会
日時:12月18日(月)
会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
登壇:松坂桃李、古田新太、三戸なつめ、斎藤工

映画情報どっとこむ ralph 盛大な拍手と黄色い歓声に包まれる中登場した日本語吹き替え版キャストの皆さん。

松坂さん:今世間ではパンダの“シャンシャン”が流行っていたりもしますが…、『パディントン』は本当に面白い作品なので、来年はきっとクマの“パディントン”が恐ろしいほど話題になると思います!

と挨拶すると、古田、三戸、斎藤らも一言ずつ挨拶し、舞台挨拶はスタートいたしました。

まずは2年ぶりにパディントンやブラウン一家と再会を果たした今の心境を問われると、

松坂さん:もう『待ってました!』という感じですね。前作から2年くらい経ちますが、きっと続編あるだろうなぁと内心ほのかな期待があって…。そんな風に思っていたら、続編製作決定のニュースを見かけて。喜びが大きかったですね」と笑顔を見せました。続く古田は「パディントンが文明を恐れている感じがなくなって、いつの間にかすっかり都会に慣れちゃっていてビックリしましたね。あと困ったことに、続編ではお父さん(ブラウンさん)がすごくふざけ出してて(笑)前作では『パディントンとどう接しよう』という感じが出ていたのに、今回は完全にふざけているので、そういうところにも期待して欲しいですね」と、続編ならではの見所を語りました。さらに三戸は「すごく嬉しかったです。しかも前作のジュディはパディントンのことを『キモイ!』なんて言ってしまうこともあったのですが、続編ではすごくお姉ちゃんらしくなっていて…真面目で一生懸命で微笑ましいなと。

と笑顔でコメント。

映画情報どっとこむ ralph 一方、今回が初参加となった斎藤さんは

斎藤さん:続編ではパディントンがブラウン一家に一緒にいれない時の方が、相手のことを思いやるという絆の部分がしっかり描かれていたりもしていて、それがまた良いですよね。

と熱く語る場面も。

キャストらに完成した吹替版を観た感想について質問が及ぶと、

松坂さん:続編ではパディントンとブラウン一家との絆は出来上がっていますし、街の人たちともすっかり仲良くなっていて…。パディントンと周りの人々との、新しいコミュニケーションの形を見れて嬉しかったです。もう誰も『クマが喋ってる!』とか、そういうところに疑問を持たなくなっていて、いい街になったなぁって。

と、愛情たっぷりに語りました。

さらに

古田さん:相当面白い映画に仕上がっています。僕が出演した映画で一番面白い!

と自信たっぷりに断言し、会場の笑いを誘う場面も!

三戸さん:お話もとても面白いのですが、パディントンの世界観が大好きなんです。ファッションにも注目してほしいですね。ジュディも可愛いですし、お母さん(ブラウン夫人)のファッションもカラフルで、(着こなしの)勉強になりました。

と、モデルならではの目線で語りました。さらに斎藤さんは劇中で歌唱シーンの収録があったことについて触れられると、

斎藤さん:(内心)悲鳴を上げていましたね(笑)パディントンがバイトするシーンが一番好きです。バイトのことなら僕に聞いて欲しいですね、ピッタリの仕事探します(笑)。

と、自身が出演するバイトのCMに絡めてコメントする場面も見られ、会場が笑いに包まれる場面も。

さらに、本作では人生初のアルバイトに励むパディントンにかけ、初めてアルバイトをしたときのエピソードを問われると、

松坂さん:初めてのバイトはスーパーの青果コーナーでした。売り場で野菜を売っていて。僕は料理もあまりしないので知識もないのですが、お客さんからどう調理したらいいのか聞かれたりして、だいたい『煮たらいいじゃないですかね?』と答えて乗り切ってました(笑)

と当時の意外なエピソードを明らかにする場面も!

映画情報どっとこむ ralph そしてイベントの中盤にはパディントンが登場!

劇中でキーアイテムとして登場する“飛び出す絵本”にちなみ、パディントンが高さ2m10cmにも及ぶ、巨大な“飛び出す絵本”をキャストらにプレゼントしました。松坂と斎藤が二人でゆっくりと絵本を開くと、会場からは自然と拍手と歓声が沸き起こりました。松坂さんも絵本をまじまじと見つめながら


松坂さん:すごいなぁ…本当にパディントンの世界ってオシャレですよね!。

と大興奮!古田さんや斎藤さんらも思わず絵本に見入ってしまう中、

三戸さん:めっちゃカワイイです!キリンがいたりバレリーナがいたり…細かいところまで素晴らしいですね。

と笑顔を見せました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
これから映画を観る人に向けて松坂さんがメッセージを求められると、

松坂さん:この作品は日々の疲れやストレスを抱えたまま、ぜひ劇場に観に来てほしいです。なぜかというと、パディントンが癒してくれたり、心を軽くしてくれるからです。色々なものを溜め込んだまま観てください!

と愛情たっぷりに魅力を語り、“飛び出す絵本”をバックにフォトセッションが行われ、イベントは終了いたしました。


物語・・・
ウィンザーガーデンでブラウン一家と幸せに暮らしているパディントン。彼はどこに行っても元気とマーマレードを振りまき、コミュニティの人気メンバーになっていた。大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日のために完璧なプレゼントを探していたパディントンは、グル―バーさんの骨董品屋でユニークな飛び出す絵本を見つける。その絵本を買うために様々なアルバイトを始めたパディントンだったが、ある時その絵本が盗まれてしまう。犯人の正体を暴けるかどうかはパディントンとブラウン一家の手にかかっている…!

公式サイト:
paddington-movie.jp 
公式twitter:
@eigapaddington
公式facebook:
@PaddingtonBearJapan

***********************************

出演:ベン・ウィショー(声の出演)、ヒュー・グラント、ブレンダン・グリーソン、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス他
日本語吹替え版キャスト:松坂桃李、古田新太、三戸なつめ、斎藤工 
監督:ポール・キング 
製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ 
原作:マイケル・ボンド 
配給:キノフィルムズ
©2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.