「ヒューマントラストシネマ渋谷」タグアーカイブ

片桐はいり、大九明子監督 面白トークイベントで盛り上がり「勝手にふるえてろ」


映画情報どっとこむ ralph 松岡茉優主演映画「勝手にふるえてろ」が12月23日より公開となり、公開初日満足度第1位(12/15 Filmarks調べ)、そしてネット上でも話題の本作。

6日土曜に続き、1月7日(日)片桐はいり、大九明子監督ご登壇によるトークイベントが行われました。


日程:1月7日(日)
場所:ヒューマントラストシネマ渋谷
登壇:片桐はいり、大九明子監督

映画情報どっとこむ ralph 上映後の観客の前に登場した片桐はいりさんと大九明子監督。

観客の様子を見て

片桐さん:みんな細かく反応してくれているので嬉しいなーと思って。でも私のところは大したことなかったですけど!

と自虐ネタ!に会場は大笑い。

大九監督:そんなことないでしょ!一個一個、全部笑いをとろうとする!

開始早々二人は息のあった掛け合いで会場を盛り上げました。


映画情報どっとこむ ralph 劇中の片桐さんのオカリナ演奏シーンについて、

大九監督:あれは本当に吹いておられるんですよ!

とコメント。

片桐さん:昔宇宙人とオカリナを吹いて交信をするっていう役をやったことがあったんで吹けたんですよ。あれ(本作の演奏シーン)は急に生で吹いてくれってなったんですよね。

と過去の不思議な役柄が演技に生きたことを語りました。

大九監督:あそこは同録で、片桐さんに吹いてもらうためにそれようのメロディーをつくったんですけど、それ以外の難しいところも吹きこなしていて凄いなぁと思って。

その演奏をべた褒め。


撮影の裏話から、話題は仲の良い二人の出会いについて。

大九監督:片桐さんは普段趣味でキネカ大森でチケットのもぎりなんかをやってるたりするんですよ。あと観客としても見に行かれてたりして、それで「あっ!また会った!」っていうのが何度あって。

と語ると・・・

片桐さん:あと、WOWOWに入ってないんで!

と付け加えると、

大九監督:あ、WOWOWもっている某プロデューサーの家に行くっていうことがよくあったから、そこでよく会ってた!

不思議な出会いのエピソードを披露した。

映画情報どっとこむ ralph 片桐さん:大九監督は普段からお話が面白い。

と言うと大九監督は監督になる前の芸人時代のエピソードを語ってくれました。

大九監督:結構死に物狂いでやっていて、ピンでネタを作り続けて、そこで”作る”ということが好きだって気づいてきたって感じですかね、当時、映画は癒しでしたね!1日の終わりに映画館に行って今日は無駄じゃなかった!って思いたかった感じ。なんか暗い感じになっちゃった!いや、ほんと暗いのよ20代。

と自虐エピソードに会場はまたまた大笑い。


そんな過去の暗さが炸裂したという本作。
劇中には観客もあっと驚く片桐さんのキスシーンがあり、実はそれは大九監督の思いつきだったという。脚本にはなかったシーンに

片桐さん:いきなり言われてはっ!?ってなって。もの凄い説得されたの!あんまりそういうのお願いされるキャラでもないので、断るとかないんですけど。

とコメント。

大九監督:とても重要な役だったですよ。あと、実はあそこはカットされた後も長回ししていたので撮影されているんですよ。押し倒すところまで。スタッフも笑いをこらえて、カメラがとまってすぐ吹き出してましたよ!

と大九監督が言うと、

片桐さん:えー!何で笑うのー!

とツッコミ、片桐さんの普段あまり見慣れない演技の裏エピソードに盛り上がった。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

片桐さん:新年キネカ大森でも2月からやるので、ぜひ!偶然いたら(チケット)もぎりますので!

と観客へ呼びかけた片桐さん。

大九監督:何回も見たっていう方、はじめての方、色々な方に見ていただいて、本当に皆さんの勝手にふるえてろになっているなと感じます。これからも映画をかわいがってくださいませ!

とリピーターも多い観客へ熱いメッセージを届け、大盛況のイベントは終了した。

物語・・・・
“脳内片思い”の毎日に“リアル恋愛”が勃発!?

2人の彼氏(?)の間で揺れながら、傷だらけの現実を突き抜ける 暴走ラブコメディ!

24歳のOLヨシカは中学の同級生「イチ」(北村匠海)へ10年間片思い中!

そんなヨシカの前に、突然暑苦しい会社の同期「ニ」(渡辺大知)が現れ告白される。「人生初告られた!」とテンションがあがるも、ニとの関係にいまいち乗り切れないヨシカ。

ある出来事をきっかけに「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」と思い立ち、同級生の名を騙り同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが…

***********************************

原作:綿矢りさ著『勝手にふるえてろ』文春文庫刊 
監督・脚本:大九明子 
出演:松岡茉優 渡辺大知(黒猫チェルシー) 石橋杏奈 北村匠海(DISH//)
趣里 前野朋哉 池田鉄洋 稲川実代子 栁俊太郎 山野海  
梶原ひかり 金井美樹 小林龍二(DISH//) 増田朋弥 後藤ユウミ 原扶貴子 仲田育史 松島庄汰 片桐はいり
配給:ファントム・フィルム http://furuetero-movie.com/ 
主題歌:黒猫チェルシー「ベイビーユー」(Sony Music Records)
©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会


ラッパー あっこゴリラ登壇!映画『わたしは、幸福 フェリシテ 』トークイベント


映画情報どっとこむ ralph ベルリン国際映画祭 銀熊賞(審査員大賞)・全アフリカ映画祭(FESPACO)最高賞 第 90 回アカデミー賞外国語映画賞ショートリスト 9 作入り【セネガル代表作品】。

アフリカのリアルはぶっきらぼうだけど、あたたかい。 アフリカでプロモーションビデオ撮影を経験し、現地を肌で感じてきた あっこゴリラさん(ラッパー)が語る映画の魅力とは。

映画『わたしは、幸福 フェリシテ 』トークイベント
日時:12 月 18 日(月)
場所:ヒューマントラストシネマ渋谷
登壇:あっこゴリラ(ラッパー)

映画情報どっとこむ ralph 本作のトークイベントに、昨年 10 月末にアフリカのルワンダを訪問し「野生 のゴリラに会う」という夢を実現した、ラッパーのあっこゴリラさんが登壇。

映画を観てのコメ ント

あっこさん:怒り、悲しみ、苦しみを幸福に変えていくことが音楽の根源。そのことに何度も立ち 返ることができる。ラッパー人生において、間違いなく大切な1本になりました。

秘めた 思いや映画の魅力について語った。

先月リリースしたアルバムの「GREEN QUEEN」が流れる中の登場したあっこゴリラさん。
まず、映画の感想を尋ねられると

あっこさん:間違いない映画です!

と太鼓判を押した。 昨年アフリカのルワンダを訪問した経緯を

あっこさん:“リズムで会話をする動物”としてリスペクトして いたゴリラにちゃんと“お会いしたい”と思った。また、言葉が通じない人と音楽で通じ合い たい、そういう体験をしてみたい、と思ったことがきっかけ。

と話した。アフリカ行きは価値観が変わる経験だったとのことで

あっこさん:アフリカに行った時のあの匂い、あの感覚にこの映画は立ち返らせてくれる。そこがすごいんです!

と強く語った。

映画情報どっとこむ ralph また、

あっこさん:(アフリカの人々のぶっきらぼうさは)日本人にとって共感しづらい部分もあるかもしれない。でも実は凄くあったかいんです。ちょっとした表情やちょっとした部分に、彼らのあたたかさが描かれている。嘘がなくリアルに描いていてすごいと思った。

と、 この映画の魅力を語った。 トークの最後には、

あっこさん:本当に間違いない映画なんで!!

と改めて観客に伝え、イベントは終了。映画とトークを通して「音楽 の力」を感じるイベントになった。


映画『わたしは、幸福 フェリシテ
原題:Félicité

は 12 月 16 日より、ヒューマントラストシネマ渋谷、ヒューマントラストシネ マ有楽町にて上映中ほか全国順次公開。


ベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員大賞)・全アフリカ映画祭(FESPACO)最高賞に 輝き、第 90 回アカデミー賞外国語映画賞ショートリスト 9 作【セネガル代表作品】にも選ば れた映画『わたしは、幸福 フェリシテ 』は、優しいだけでは生きていけないカオスのような街、コンゴ の首都キンシャサを舞台に、「幸福」を意味する「フェリシテ」という名前を持つ歌手を主人公にした物語。

***********************************


製作年:2017 年
製作国:フランス、セネガル、ベルギー、ドイツ、レバノン 129 分
DCP 1.66
5.1ch カラー:リンガラ語&ルバ語&フランス語
字幕:斎藤敦子 字幕監修:奥村恵子
配給:ムヴィオラ


祝!初主演間宮祥太朗&初商業デビュー小林監督『全員死刑』初日!


映画情報どっとこむ ralph 家族の絆、熱い親子愛が、監禁、暴行、絞殺、毒殺、銃殺と連続殺人にエスカレート!

かつて福岡で発生し、被告である家族4人全員に死刑判決が下った異例の事件をモチーフに、小林勇貴監督が映画化。それが「全員死刑」。

昨日、東映で行われた白石和彌監督『孤狼の血』の業界人向け完成披露に乗り込んで日活作品である本作を業界人に売り込むという、凄まじい暴挙(笑)に出た小林勇貴監督と・・・

映画初主演の間宮祥太朗さん、兄役の毎熊克哉さん、父親役の六平直政さん、母親役の入絵加奈子さん、そして、タカノリの恋人を演じた清水葉月さんが登壇して初日舞台挨拶が行われました。

そして、固めの杯ならぬ、初日ケーキが用意され、2人の初めてお共同作業ということで、間宮祥太朗さんと小林監督の2人が、末永く仕事をということで!ファーストバイトを行いました!

日程:11月18日(土)
場所:ヒューマントラストシネマ渋谷
登壇:間宮祥太朗、毎熊克哉、六平直政、入絵加奈子、清水葉月、小林勇貴監督

映画情報どっとこむ ralph
間宮さん:しっらいが生まれて よろしくお願いします。監督は心から映画を愛してる人。全員死刑。一生添い遂げたい監督です!

監督:本当にうれしいです。でも、撮りたくなるから責任とって欲しいです。

毎熊さん:こんな野蛮な映画を作ってしまって誰が見に来てくれるのだろうと不安でしたが、たくさんの方に来ていただきうれしいです。

気の弱い兄を演じるにあたり・・・
毎熊さん:僕ゴキブリが怖いんです。本当にビビりなんです。なので、気の弱いとこ
ろは、それを意識して器の小さい男を演じました。

と、話すチョイ強面な毎熊さんが可愛い面を見せます。

六平さんはムードメーカーだったそうで、本日も完全に舞台挨拶を仕切ります。
六平さん:殺す。食う。SEXする。残虐だけど、ヒューマンドキュメント。小林勇貴という監督は本当に才能があって。今まで深作(欣二)さんや伊丹(十三)さん、いろんな人とやってきたけど負けないセンスの鋭さがある。ほっといても大物監督になると思う。まあ!僕はほっとかないですよ!

と、太鼓判の六平さん。さらに、雨をやますことができると豪語。
六平さん:雨やめましましました!

と、おまじないで会場を沸かせます。

映画情報どっとこむ ralph 入江さんは、普段は演劇会の方で、映画で悪女は初めて
入江さん:私は舞台を本業としているので映画の初日舞台挨拶に出ることは初めてで、本当にうれしいです。撮影、楽しかった。監督からは天然の魔性の女なんだと。「ぶりっこ」してって言われて。ブリブリにやりました。

と、アニメ声。

(MCから、「唯一の癒し役」と話を振られて)

清水さん:癒しといってもパンチの効いた癒しでしたが(笑)。初主演・間宮さんの彼女役でプレッシャーでしたけど、監督を見たらすごく安心してなんとかなるかなと思えました。

清水さんは間宮さんとのイチャイチャシーンがちりばめられている本作。撮影前にどのようにするか話し合われたのですかとの司会の質問に
清水さん:4人で飲みに行きましたね。でも、そのシーンについては話さなかったで
す。

間宮さん:ベロベロになって、どうでもいい話をしてましたね。

毎熊さん:でも目はハートになってた。
清水さん:それは彼女ですから!現場ではずっと間宮さんのことを観察していました。

と、勉強熱心!?間宮さん前にしたら普通はそうかと・・・納得。 監督:ここに至るまで。いろいろトラブルがあって。初日ができてよかった!
という監督。ですがこの日もテレビ用の音声ラインが使えないトラブルが発生。ある意味では持っているともいえる監督です。

続けて
監督:コンプライアンス!?。そして明るく偽善的な映画なんて糞くらえです!こういうのだって楽しんでいいことなんです!

このあと、相思相愛の間宮さんと監督の最初の作品の初日を記念して・・・

間宮さんと小林監督の極悪顔の似顔絵が描かれハート型のチョコレートでデコレーションされた「全員死ケーキ」が登場!!
登壇者のみなさんからは「かわい~~」という声があがり、六平さんは「刺青がちゃんと入ってる。刺青が入ったケーキは初めてだね」と笑いを誘いました!

そして小林監督と間宮さんがファーストバイト。
小林監督はケーキの「祝」の部分をすくい、「一生俺の映画に出てくれよ!愛してる!!」と叫び、

間宮さんは、監督のために大きなスプーンで「僕を食べてほしいので!」と、自分の顔をすくって、

間宮さん:これからも面白い作品を沢山作っていきましょう。そして一生添い遂げましょう!映画で一緒に生きていきましょう!
と言ってケーキを食べさせてあげました。

最後に・・・
間宮さん:僕は映画が好きでこの仕事を始めました。一生に一度しかない「初主演」の作品がこの作品で、小林監督の作品で、心の底から幸せです。私は映画を教科書のように、教訓を与えてくれたり、色んな人生を見せてくれたり、自分の人生の核の部分を作ってくれる存在だと思っています。『全員死刑』は刺激が強くてこういうのが苦手な人もいると思いますが、こういう作品があるからこそ見えるものや自分の中に持てる思いがあると思っていて、(見てくれた人が、何かを)感じて下さることが重要だと思っています。今日ここにいる人と、ここにいない人とも、映画って本当に楽しくてすごいものだという体験をしました。今日が初日なので、これから『全員死刑』が一人でも多くの人に伝わるようがんばりたいです。
登壇者も観客の皆さんも楽しんだイベントとなりました。

映画情報どっとこむ ralph 全員死刑

2017年11月18日(土)全国ロードショー
公式HP:
shikei-family.jp

借金を抱え困窮した生活を送っていた4人のヤクザ一家が、近所の資産家の金を奪おうと無謀な計画で1人を殺害したことをきっかけに、連続殺人へと狂い咲いて行く様を、実行犯の次男の目線で描く問題作だ。

主演の次男・タカノリ役にはこれが映画初主演作となり、『帝一の國』(17)や『トリガール!』(17)など数々の話題作に出演中の人気若手俳優・間宮祥太朗。長男・サトシ役には『ケンとカズ』(16)で2016年スポニチグランプリ新人賞を受賞した毎熊克哉、その父に六平直政、母に入絵加奈子、タカノリの彼女役に清水葉月と新旧実力派俳優が小林勇貴の才能に惚れ込み結集。わずか3日間のあまりにも無謀で狂気じみた衝撃の物語が繰り広げられる。


***********************************

監督・脚本:小林勇貴 
間宮祥太朗 毎熊克哉 六平直政 入絵加奈子
清水葉月 落合モトキ 藤原季節 鳥居みゆき 
原作:鈴木智彦「我が一家全員死刑」(コアマガジン刊) 
脚本:継田淳 音楽:中川孝
エンディングテーマ:HER NAME IN BLOOD「Answer」(WARNER MUSIC JAPAN)
配給:日活/東京テアトル
     


萩本欽一まだ(視聴率)30%諦めない宣言!映画『We Love Television?』稲敷凱旋で!


映画情報どっとこむ ralph “視聴率100%男”萩本欽一を追いかけたドキュメンタリー映画『We Love Television?』が11月3日に公開。

昨日11月4日、茨城ゴールデンゴールズの本拠地である稲敷市にて公開2日目舞台挨拶を行いました。

萩本欽一さん、土屋敏男監督のほか、ゴールデンゴールズの現監督である片岡安祐美さん、稲敷市田口久克市長も登壇。

欽ちゃん真骨頂の素人いじりも飛び出す<稲敷>凱旋イベントとなりました!
日時:11月4日(土)
場所:USシネマ パルナ稲敷 (稲敷市)
登壇:萩本欽一、片岡安祐美、土屋敏男監督 田口久克(稲敷市市長)

映画情報どっとこむ ralph 公開二日目に茨城県稲敷市USシネマ パルナ稲敷にて行われたイベント。稲敷市は、萩本が立ち上げた社会人野球チーム茨城ゴールデンゴールズの本拠地です。

そんな稲敷凱旋に、ゴールデンゴールズの現監督を務める片岡安祐美さん、稲敷市市長、そして稲敷市市民が訪れ凱旋を祝いました。

当日のMCは本作の配給会社である日活株式会社 配給宣伝部長が務め、慣れない素人司会に対し・・・・

欽ちゃん:暗めの司会でお送りしておりっます!

とさっそく司会に突っ込み。
続けて

欽ちゃん:今回、僕は映画を撮っていることを全く知らなかったんだけど、なんで怪しまなかったって、土屋ちゃんがずっとカメラ持ってるのね。いつもカメラ持ってるから撮ってるの全然気づかなかった。司会やってる日活の人に『なんでこの映画公開するって決めちゃったの?』って聞いたら『立ち話で…』だって(笑)。それ土屋ちゃんに騙されてんじゃないの?って言ったんだよね~。

と会場を笑わせる欽ちゃん。


また会場を見渡し、客席に来ていた、ゴールデンゴールズ監督時代のなじみの顔を見つけ、

欽ちゃん:あそこのおっかさんなんかはお店やっててね、選手がたくさんご馳走してもらって助かったんだよね。

など当時の思い出を懐かしく語りました。

映画情報どっとこむ ralph 先日放送された日本テレビ「24時間テレビ」で公開プロポーズを受けた片岡安祐美さんは

片岡さん:おかえりなさい!欽督(萩本の監督時代の愛称)とは24時間テレビぶりにお会いしますが、おかげさまでお嫁にいけることになりました!年内入籍を目標に頑張ります!

と挨拶。

映画の感想を聞かれ

片岡さん:感動しました!野球をやっていたころのことを思い出して、たくさん思い出がよみがえりました。

と話すと客席から

観客:パワーのある欽ちゃんが大好き!涙が出たよ!

と一般のお客さんから感想が飛び出し、

欽ちゃん:お母ちゃんの声にもパワーがあるね。その声で野球も応援してくれてたんだね、ありがとう。昨日は横浜で舞台挨拶をしたんだけど、おじさんが帰りがけにね『欽ちゃん、ありがとう!』って言ってくれて。それがうれしくって、涙が出ちゃったよ。

と話した。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・

今日は久しぶりに友達に会った気分。駆けつけてきてくれてありがとう。僕はまだ(視聴率)30%をあきらめてない。この映画を見たみなさんは僕の夢の目撃者だから半券を捨てずに取っといて。もしこれから僕が30%とることができたら、半券を見せに来てよ。そしたら飯に連れて行くから。

と欽ちゃんらしい親しみに溢れたコメントで舞台挨拶は終了。
欽ちゃん自ら客席に駆け寄り、劇場の観客と固く握手を交わして舞台挨拶は終了した。


映画『We Love Television?』は絶賛全国公開中!

公式サイト:
http://kinchan-movie.com/

物語・・・
ある日突然、土屋敏男がカメラを抱えて萩本欽一の自宅に訪れる。「視聴率30%超えの番組を作りましょう。」その一言から、萩本欽一と土屋敏男の番組作りが始まる。番組に出演する演者との顔合わせ、番組構成に関わる人達との打ち合わせなどを精力的にこなす萩本欽一は、76歳。新しいものへの探求心、笑いへの追求心…周囲の人達の熱量を最大限に引き出していく萩本欽一独自の手法とは?これまで誰も見たことのない萩本欽一の真の姿を追った、最初で最後のドキュメンタリー映画。

***********************************

出演:萩本欽一 / 田中美佐子、河本準一
企画・構成・監督:土屋敏男(つちや・としお)
配給:日活
©2017日本テレビ放送網 
上映時間:110分


『We Love Television?』萩本欽一最初で最後の密着ドキュメンタリー舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 萩本欽一、最初で最後?!のドキュメンタリー映画『We Love Television?』が本日無事に初日を迎えました。

日本を代表する喜劇王・萩本欽一の笑いに対する探究心を2011年から約4年間追った、最初で最後の密着ドキュメンタリー映画『We Love Television?』が11月3日(金)、東京のヒューマントラストシネマ渋谷で公開初日を迎え、知らないうちに主演になったという萩本欽一と劇中で号泣した河本準一(次長課長)、そして仕掛け人である土屋敏男監督が舞台挨拶が行われました。

日時:11月3日(欽) 
場所:ヒューマントラストシネマ渋谷
登壇:萩本欽一、河本準一、
土屋敏男監督

映画情報どっとこむ ralph 観客からの拍手に迎えられた萩本さんは挨拶も早々に、本作が映画として公開されることを後々知ったと明かしながら

萩本さん:自分が映画に出ているという意識もなかったから、なんで舞台挨拶をしなければいけないの?ってマネージャーに聞いたぐらい不思議だよ。この作品は見るのが怖くて見ていないので、中身については広げないようにしてくださいね。

と欽ちゃん節で爆笑をとった。

河本さん:僕も最初は欽ちゃんと一緒の舞台に出るという話だったけれど、途中から映画になると聞いたんです。そういう意味では僕もいつの間にか映画に出ていたようなもの。

進め!電波少年などで知られるバラエティの鬼才・土屋監督の大胆演出にハマった流れを明かすと、

萩本さん:なによりも今日は河本が来てくれたことが嬉しい。だって彼は出演していないんですよ?それなのに来てくれるなんて、河本はいいヤツです。

と発言。自身の出演作を一切見ないことで有名な萩本さんのコメントに対し

河本さん:いやいや、僕は出ていますよ!しかも結構長時間出ています!早く本編を見て!

と“主演”に本編鑑賞を懇願していた。

映画情報どっとこむ ralph 河本さんはさらに、劇中で号泣したことを土屋監督からいじられ、

河本さん:欽ちゃんとの舞台の内容が直前でガラッと変わったり、出るはずの人が出なかったり、役も変わったり、その全部がプレッシャーになってたんです。それがあったから収録後に『頑張ったな』って肩ポンされたら誰でも号泣しちゃいますよ。

と力説する、

萩本さん:あんまり覚えてないな~。

とボケられました。
最後に

萩本さん:映画の内容は見てないからわからないけど、無謀なことをする土屋って大好きなんだよね。若い人には、その土屋の勢いは見てほしいね。

土屋監督がアポなしで萩本の自宅を訪れ「30%超えの番組を作りませんか?」と言ったことからこの企画がスタートした舞台裏が明かされると、

萩本さん:嬉しいよね。だって『30%超えのテレビを作ろう!』だよ?そんなことを言われたら嬉しいもん、家に招き入れるよね。そこでカメラに向かって色々と喋ったんだけれど、それは自分の遺言だと思ってたのね。僕が亡くなったときに、何を考えていたのか伝えるために喋ったつもり。

と突撃当時の心境を吐露。

土屋監督:それを死ぬ前に見られるのが嫌だから映画を観ていないんですね?

と水を向けられると、

萩本さん:だってその映像が表に出るとは思っていなかったもん。だからこの映画は凄く嫌だねぇ。

と照れながらも土屋監督との絆を見せてくれた。

映画『We Love Television?』は絶賛全国公開中!

公式サイト:
http://kinchan-movie.com/

***********************************

出演:萩本欽一 / 田中美佐子、河本準一
企画・構成・監督:土屋敏男(つちや・としお)
配給:日活
©2017日本テレビ放送網 
上映時間:110分