「ヒトラー」タグアーカイブ

ティモ・ヴオレンソラ監督来日!『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』ジャパンプレミア


映画情報どっとこむ ralph 月面からナチスが侵略してくるパニックを描いた大ヒットSFアクション『アイアン・スカイ』の7年ぶり、待望の続編は地底から恐竜に乗ったヒトラーが攻めてくるぶっ飛んだ設定の『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』が、7月12日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開となります。

この度、本作の公開に先駆けプロモーションのため7年ぶりに来日中のティモ・ヴオレンソラ監督が恐竜と共に舞台挨拶に登壇してジャパンプレミア試写会を行ないました!約150名のファンの盛り上がりに、ティモ監督も大興奮!
日時:5月29日(水)上映前舞台挨拶
場所:スペースFS汐留
登壇:ティモ・ヴオレンソラ監督、恐竜

映画情報どっとこむ ralph 約150名ものファンが集まる中、上映前舞台挨拶では、本作で重要な役割を果たす“恐竜”と共にとびっきりの笑顔で

監督:コンニチワァァァァァァ!!!
と登壇をしたティモ・ヴオレンソラ監督。まずは集まったたくさんのファンに向けて、

監督:皆さん今日は来てくれて本当にありがとうございます!ものすごく嬉しいよ!光栄だ!そして今日会場内には僕の映画にクラウドファンディングとして参加してくれたファンが来てくれているんだ。心からありがとう!

と深いお辞儀とともに挨拶。


そして次にMCとの質疑応答タイムとなる。まず7年ぶりの日本の印象は?という質問に、

監督:美味しい食事と、『ブレードランナー』みたいな街並みを満喫しているよ。東京の温かい歓迎を感じている。本当にありがとう!
と語ります。監督には東京はブレードランナーのように見えているご様子。

次に今回の来日でチャレンジしてみたいことを問われ

監督:景色がとても綺麗と聞いたので、鎌倉に訪れたい。

と願望を明かしてくれた。

映画情報どっとこむ ralph また、本作の象徴的なビジュアルでもある、ヒトラーが恐竜に乗ってやってくるという設定の誕生秘話を聞くと、

監督:1作目のクレイジーな設定をレベルアップしたいと考えたときに、そうだ!ヒトラーを恐竜に乗せよう!と思いついたんだ。
と楽しそうに答えた。

そして同じく本作で重要な悪役の登場人物たち、ヒトラーやジョブス、サッチャーなどの通称“ヴィランズ”の人選について、

監督:元から選ぶ人数は12人と決めていたよ。「最後の晩餐」をイメージしてたからね。また、人選については、人類に大きな影響を与えた人を選んだんだ。
と率直に語ってくれた。
そして最後に、会場にいる全員が気になっていたであろう、次の作品の構想について聞くと、

監督:月面ナチスから始まって、今回は地底から恐竜に乗ったヒトラーが攻めてくる。ただこの物語はここでは終わらないんだ。これからみんなに観てもらうのに、ネタバレになると嫌だから、むしろみんなには本作にはいろいろなヒントがあるから、エンドロールを含む最初から最後までよーく観ていてほしい!

と力強く話してくれた!

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・本イベントに集まったファンに、そして本作の公開を楽しみにしているたくさんのファンに向け、

監督:まずは改めて本当にありがとう!みなさんの表情からワクワクがものすごく伝わってくるし、ぜひみなさんのお友達にもこの映画がいかにクレイジーでいかれてる映画なのかを伝えてほしい!

と熱いメッセージを送ってくれた!

その後のフォトセッション時には、突如ファンの皆さんが青色のペンライトを光らせ、あたり一面まるで本作のスペース空間を再現したような景色をサプライズ!このサプライズに

監督:ワオッ!!

と、喜びを隠せずにいた!

映画情報どっとこむ ralph 上映後には、撮影&サイン会付のグリーティングイベントが行われ、たくさんのファンと笑顔で交流を果たした。集まったファンも、そして監督自身も大興奮大満足の熱気溢れる豪華なジャパンプレミアとなった!

『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』
原題:Iron Sky : The Coming Race


7月12日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開



【STORY】
2018 年、人類は月面ナチスの侵略に勝利するも、自ら引き起こした核戦争で地球が荒廃してしまった。それから 30 年後、人々 はナチスが建設していた月面基地で生き延びていた。

しかし、月面基地のエネルギーは限界に達し絶滅の危機に瀕していた。人々が苦しむ姿 に機関士のオビは胸を痛めていた。ある日、地球から宇宙船が月に飛来。そこにはロシア人の乗組員のほか、死んだはずの月面ナチス総統ウ ォルフガング・コーツフライシュが密かに同乗しており、月面基地に忍び込むのだった。

何の企みか、ウォルフガングはオビに人類を救う手 段を打ち明ける。地球の深部には未開の世界が広がっており、そのエネルギー源を集約する“聖杯”を持ち帰れば人類は救われるというのだ。 未曾有の危機に瀕している人類を救うため、オビは仲間たちとともに<ロスト・ワールド>に向けて旅立つ。

しかし、そこはナチス・ヒトラ ーと結託した秘密結社ヴリル協会が君臨する世界だった。ヤツらは人類絶滅を企て、恐竜とともに地底から攻めてくるッ!!
アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲poster
***********************************

監督:ティモ・ヴオレンソラ
脚本:ダラン・マッソン、ティモ・ヴオレンソラ
音楽:ライバッハ、トゥオマス・カンテリネン

出演:ララ・ロッシ、ウラジミル・ブラコフ、キット・デイル、トム・グリーン、ユリア・ディーツェ、ウド・キアほか

配給:ツイン
宣伝:スキップ

フィンランド・ドイツ・ベルギー/英語
カラー/デジタル/93 分/映倫指定:G
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ナチス:月面から地底へ!映画『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』邦題・公開決定&特報到着!


映画情報どっとこむ ralph 月面からナチスが侵略してくるパニックを描いた大ヒットSFアクション『アイアン・スカイ』の7年ぶり待望の続編となる『Iron Sky :The Coming Race』が、邦題『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』に決定し、7月12日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開することが決定!本公開決定に合せ、衝撃の特報とティザービジュアルも解禁!


月の裏側にナチスが秘密基地を建設し、人類を侵略するという規格外の設定で観客の度肝を抜いた2012公開の映画『アイアン・スカイ』。ファンから1億円ものカンパが集まり映画製作にこぎつけ、その設定はもちろん、ブラックユーモアあふれる内容、そして迫力のバトルシーンが世界を魅了し、脚光を浴びた。そして今回も1.5億円という大金がファンからのカンパで集まり、前作を遥かに超える超大作SFアクションが完成しました!※出典:クラウドファンディングサイトIndiegogoより

人類は月面ナチスとの戦いに勝利するも、核戦争で自滅し、地球は荒廃してしまった。それから30年後、人々はナチスが月面に作っていた基地で生き延びていたがエネルギーが枯渇し、絶滅の危機を迎えていた。主人公オビは荒廃した地球の深部に新たなエネルギー源があることを知り、人類を救うため、誰も足を踏み入れたことのない<ロスト・ワールド>へと旅立つ。しかし、そこはナチス・ヒトラーと結託した秘密結社ヴリル協会が君臨する世界だった。ヤツらは人類絶滅を企て、恐竜とともに地底から攻めてくるッ!!
『アイアン・スカイ』を生み出したフィンランドの鬼才ティモ・ヴォレンソラが監督を務め、新鋭女優ララ・ロッシが、主人公である月面基地の機関士を演じる。前作で人気を博した元月面ナチス青年団伍長レナーテ・リヒターをユリア・ディーツェが演じ、元月面ナチスの総統ウォルフガング・コーツフライシュは前回に続きウド・キア続投、また本作で初登登場する第三帝国の総統アドルフ・ヒトラーも演じ、1人2役を務めている。

映画情報どっとこむ ralph 特報では、屈強な扉を破ってくる恐竜に乗ったヒトラーの姿に「こんなバカなことってある?」と観客の気持ちを代弁するかのように主人公オビが呆気にとられる様子が映し出され、恐れおののく人々をよそにヒトラーは「ジーク・ハイル!マザーフ☆ッカー」と侵略開始を告げる。そして、逃げようとする人間を恐竜が丸飲みにする衝撃映像で幕を閉じる。


『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』
原題:Iron Sky : The Coming Race

公式サイト:ironsky-gyakushu.jp

【STORY】
2018年、人類は月面ナチスの侵略に勝利するも、自ら引き起こした核戦争で地球が荒廃してしまった。それから30年後、人々はナチスが建設していた月面基地で生き延びていた。しかし、月面基地のエネルギーは限界に達し絶滅の危機に瀕していた。人々が苦しむ姿に機関士のオビは胸を痛めていた。ある日、地球から宇宙船が月に飛来。そこにはロシア人の乗組員のほか、死んだはずの元月面ナチス総統ウォルフガング・コーツフライシュが密かに同乗しており、月面基地に忍び込むのだった。何の企みか、ウォルフガングはオビに人類を救う手段を打ち明ける。地球の深部には未開の世界が広がっており、そのエネルギー源を集約する“聖杯”を持ち帰れば人類は救われるというのだ。未曾有の危機に瀕している人類を救うため、オビは仲間たちとともに<ロスト・ワールド>に向けて旅立つのだが…!?

***********************************

監督:ティモ・ヴォレンソラ
脚本:ダラン・マッソン、ティモ・ヴォレンソラ
出演:ララ・ロッシ、ウラジミル・ブラコフ、キット・デイル、トム・グリーン、ユリア・ディーツェ、ウド・キアほか
配給:ツイン 宣伝:スキップ
フィンランド・ドイツ/英語・ドイツ語/カラー/デジタル/93分
(C)2019 Iron Sky Universe, 27 Fiims Production, Potemkino. All rights reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

笑えるが笑い事じゃない!『帰ってきたヒトラー』ポスター到着


確かな信念を持てない国を嘲笑う、傑作コメディ。
笑えるが笑い事じゃない。
――DIE ZEIT


この映画、笑うと危険。
現代に戻ったヒトラーが、モノマネ芸人としてブレイク。

やがて再び、大衆の心を捉え始める―。
世界中を沸かせた〔超問題アリ〕ベストセラー、恐れを知らぬ映画化!

帰ってきたヒトラー

6月にTOHOシネマズ シャンテ他全国順次ロードショー

帰ってきたヒトラー_pos
物語・・・
ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?

「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていればモノマネ芸人に?。

リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。
帰ってきたヒトラー_sub1
自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。

しかし、皆気づいていなかった。

彼がタイムスリップしてきた〈ホンモノ〉で、70年前と全く変わっていないことを。
帰ってきたヒトラー_sub3
そして、天才扇動者である彼にとって、現代のネット社会は願ってもない環境であることを―。

ドイツで200万部以上を売り上げ、世界41カ国で翻訳された<超問題作>が映画化!笑っているあなたも、正気と狂気の一線を踏み外す。

かつて同盟国としていた国民も見過ごせない。
コメディー・・・

帰ってきたヒトラー

6月 TOHOシネマズ シャンテ他全国順次ロードショー

公式サイト:
http://gaga.ne.jp/hitlerisback/


***********************************

監督:デヴィッド・ヴェンド 

CAST:オリヴァー・マスッチ/ファビアン・ブッシュ/クリストフ・マリア・ヘルプスト/カッチャ・リーマン

原作者:ティムール・ヴェルメシュ
上映時間:116分
製作国:ドイツ
配給会社:ギャガ
©2015 Mythos Film Produktions GmbH & Co. KG Constantin Film Produktion GmbH Claussen & Wöbke & Putz Filmproduktion GmbH


  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

もしも、パリが消えていたら?『パリよ、永遠に』


『パリよ、永遠に』


もしも、「パリ」が消えていたら、 世界は、どうなっていただろう。
誰よりも多くの人に愛されてきた街「パリ」の知られざる史実を描いた話題作です。

1944年8月25日、ナチス・ドイツ占領下のフランス。

この日。

エッフェル塔も、
凱旋門も、
オペラ座も、

パリの象徴でもあり、世界に誇る美しきすべての建造物は、すべて破壊される運命にあった。

パリよ、永遠に
第二次世界大戦末期、敗戦濃厚となったヒトラーは、パリの美しさに魅了されたばかりに

「敵に渡すくらいなら、パリを燃やし尽くせ」

と命じる。しかし作戦は最後の最後、まさにギリギリで回避される。パリはなぜ壊滅をまぬがれたのか? そこには、パリを守るために一世一代の駆け引きに出た、ひとりの男の存在があった。


3月7日より公開される『パリよ、永遠に』は、この知られざる史実を、パリ破壊計画が実行されようとする数時間前の一夜に凝縮し、パリの破壊を命じられたドイツ軍将校とパリを守りたいスウェーデン総領事との、時に緊迫した攻防、時にユーモアとウィットに富んだ駆け引きで魅せるエンタテインメント作です。


そして、この度、公開を前にいち早く本作を鑑賞した、「パリ」を愛する著名人の方々から、もしスウェーデン総領事の駆け引きが失敗に終わり「パリが消えていたら?」という企画にコメントが寄せられました。

森英恵さん:「もしもパリがなかったら、私の人生の大切な時間が失われていたでしょう。永く住み、オートクチュールの創作活動をつづけたパリ。初めてコレクションを発表したのは、二人の名優による駆け引きが行われた、あのホテル ル・ムーリスでした。

オテル・ド・ミクニの三國清三シェフ:「やはり美食の国ですね。ワインとフォアグラを食べるシーンが印象的です。どんな状況でも食べるシーンがあると余裕を感じます。もしもパリが消えていたら、パリは美食の町。パリがなければ、我々フランス料理人たちの世界的な発展はなかったでしょう。

女性誌「FIGARO」連載『パリ行ったことないの』の作家山内マリコさん:
「もしもパリが消えていたら、世界の半分は失われたも同然…。」

レ・ロマネスクさん:「憎いほど愛してるパリを守ってくれて誠にメルシー!もしもパリが消えていたら、「犬のウンチを踏むこともなかったかと思うとさみしい。

最後に、本作の監督フォルカー・シュレンドルフのコメントを紹介。
「もしもパリが消えていたら、私は映画監督になっていなかった。15歳から10年間、最も多感な時期をそこで過ごした。ルイ・マル監督と出会い、助監督を始めたのもパリ。私にとって運命の場所。」


ぜひ、みなさんも「もしもパリが消えていたら」を想像しながら、鑑賞してみては?

もしくは東京が・・・・

パリよ、永遠に

3月7日(土)より、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町他全国公開!!

********************************************************************

もしも、「パリ」が消えていたら、 世界は、どうなっていただろう。第二次世界大戦末期、ヒトラーによる「パリ壊滅作戦」が、今まさに実行されようとしていたパリの破壊を命じられたドイツ軍将軍VSパリを守りたいスウェーデン総領事20世紀の歴史に残る [外交術] が展開される、運命の一夜のスリリングな駆け引き!

提供:日活 配給:東京テアトル 
原題:Diplomatie/2014年/仏・独/83分/5.1ch/シネマスコープ/カラー/デジタル
字幕翻訳:丸山垂穂
監督:フォルカー・シュレンドルフ
脚本:シリル・ジェリー,フォルカー・シュレンドルフ
出演:アンドレ・デュソリエ、ニエル・アレストリュプ
© 2014 Film Oblige – Gaumont – Blueprint Film – Arte France Cinema
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ