「パトリック・シュワルツェネッガー」タグアーカイブ

好青年パトリック・シュワルツェネッガー 爽やかに熱くファンサービス!『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』


映画情報どっとこむ ralph 2006年に日本で生まれたYUI主演の大ヒット作『タイヨウのうた』が、今年ハリウッドで新たなラブストーリーとして生まれ変わります!『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』は日本で5月11日(金)公開となります。

そして、本作で映画初主演を務めたパトリック・シュワルツェネッガーが登壇してジャパンプレミアを行いました。
また、日本の伝統文化である書道でヒットを祈願!さらに、最後にはI’ll be back!とサービスも!

日付:4月19日(木)
場所:新宿ピカデリー
登壇:パトリック・シュワルツェネッガー

映画情報どっとこむ ralph 暖かな拍手の中現れたパトリックは、父アーノルドにどことなく面影がありながらもスキニーな好青年。

パトリック:ハジメマシテ!パトリック・シュワルツェネッガーデス!(拍手)
と日本語での挨拶からイベントはスタート。

パトリック:ここ東京に来られてめっちゃ嬉しいよ!今回三回目。日本大好きです!そして、今回は日本のオリジナル(タイヨウのうた)が良く知られている作品。特別なミッドナイト・サンで来られたのでうれしいです。皆さん来てくれてありがとう!何か質問ある?

と、気さく。3度目となる来日。

パトリック:前2回も良かったけどね。今回は仕事出来ていますから特別です。『ミッドナイト・サン』を持ってきて観ていただけ、皆さんが支えて下さる。エキサイティングだよ!他の作品をもって日本に帰ってきたいですね!

実は昨日YUIさんに会われたそうで

パトリック:とっても綺麗で素敵ですね。バンドをしていて5月にツアーがあると聞きました。彼女のパフォーマンス観てみたいなと思います。そして、ミッドナイトサンが造られたことを嬉しく思っていただけて、映画を観て泣いたと言っていました。

YUIさんが演じた役を今回はベラ・ソーンサンが演じていて

パトリック:彼女は才能のある美しい女優です。今回楽しい経験でした。彼女もここに来たかったと思います。皆さんが楽しんでくれればと彼女は願っていると思います。

パトリックの父はあのシュワちゃんことアーノルド・シュワルツェネッガー。今回アドバイスを受けたのか聞かれると
パトリック:はい。息子であり生徒であり、ビジネス面でも俳優としてもアドバイスくれましたね。やりたいことに目標を定めてハードに突き進む。大きな夢をもって日々それに向かうことが大切。誰かに止められても、あきらめないことが大切だと父は僕に言っています。

と、親子関係も明かしてくれました!

映画情報どっとこむ ralph 日本の伝統文化である書道でヒットを祈願!
書いたのは、パトリック。なかなか上手。
パトリック:誰か欲しい?あげるよ!

と。

映画情報どっとこむ ralph ここで、観客とのQ&Aが急遽決まり
Q:本作以外で最近の作品は?

パトリック:この公開に先立って、ナショナルジオグラフィックでイラク戦争のミニドラマが最近の作品ですね。

Q:日本は他にどこに行きましたか?

パトリック:二年前に新幹線で京都に行って、自転車で回りました。美しい町でしたね。

Q:夢中になってることは? チャレンジしていることは?

パトリック:アウトドア好きで、ハイキングとか自転車に乗るのとかビーチに行くこと・・・そして友や家族と過ごすことかな。一番大事なこと。今やりたいことは、映画ですね、次の作品で日本に戻ってこれることが大事なこと。(拍手)

Q&Aコーナーが終わると会場に詰め掛けたファンはタイヨウを象徴する「ひまわり」をもってパトリックと一緒にフォトセッション。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

パトリック:応援してくれてありがとう。5月11日(金)公開だから忘れないでね。皆さん愛してる、日本愛してる、愛してるよ!

MC:日本にまた戻ってきてくれるかな?

パトリック:I’ll be back!

でイベントを締めました!
この後もサインやハグや握手をされていました。本当に好青年でした。

ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~
原題:MIDNIGHT SUN 

5月11日(金)、新宿ピカデリーほか全国ロードショー

太陽の光にあたることができず夜しか外出できないケイティ(ベラ・ソーン)と、怪我によって夢を諦めてしまった水泳部のチャーリー(パトリック・シュワルツェネッガー)。ある夜、彼女の歌をきっかけに2人は出会い、急速に惹かれあう。17歳の2人の初恋の甘酸っぱさと、傷ついた心を支え合う絆の強さ、小さな恋を大切に守ろうとする家族や友人たちの愛の深さは、観る者の心に「本気の恋」とは何かを語りかけてくる。≪夜しか会えない二人≫が過ごした短い時間は、どんな瞬間も輝きに満ちている。早くも今年最高の感涙ラブストーリーがスクリーンを席巻し、感動の涙で包み込む!
***********************************

監督:スコット・スピアー 
脚本:エリック・カーステン 
音楽:ネイト・ウォルコット 
出演:ベラ・ソーン、パトリック・シュワルツェネッガー、ロブ・リグル、クイン・シェパード、ケン・トレンブレット 
アメリカ/2018年/英語/シネスコ/92分
字幕翻訳:野城尚子
配給:パルコ
提供:パルコ/バップ/松竹
協力:S・D・P
© 2017 MIDNIGHT SUN LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


ベラ・ソーン × パトリック・シュワルツェネッガー『ミッドナイト・サン~タイヨウのうた~』全国公開決定!


映画情報どっとこむ ralph ベラ・ソーン × パトリック・シュワルツェネッガーで贈る「本気の恋」がここにある。

MidnightSun』が『ミッドナイト・サン~タイヨウのうた~』の邦題で5月11日(金)より全国公開が決定しました!

≪夜しか会えない二人…≫

2006年に日本で生まれたYUI主演の大ヒット作『タイヨウのうた』が、ハリウッドで新たなラブストーリーとして生まれ変わりました。

太陽の光にあたることができず夜しか外出できないケイティと、怪我によって夢を諦めてしまった水泳部のチャーリー。ある夜、彼女の歌をきっかけに二人は出会い、急速に惹かれあう。17歳の二人の初恋の甘酸っぱさと、傷ついた心を支え合う絆の強さ、そしてこの小さな恋を大切に守ろうとする家族や友人たちの愛の深さは、観ているものの心に「本気の恋」とは何かを語りかけてくる。
_DSC2693.ARW

主人公ケイティを演じたベラ・ソーンは、ディズニー・チャンネルのドラマシリーズ『シェキラ!』に出演し、その歌唱力と演技力が評価され、グザヴィエ・ドラン監督の新作『The Death and Life of John F. Donovan』への出演も決定。そんな彼女が、太陽の光にあたることができず毎夜ギターで弾き語りをすることを楽しみにしている17歳の少女を、フレッシュに、そして力強く演じた。

ケイティの歌声に惹かれ、やがて恋に落ちていくチャーリーを演じたのは、メジャー映画への出演は今回が初めてとなるアーノルド・シュワルツェネッガーの息子パトリック・シュワルツェネッガー。自身も挫折を味わいながらも、キュートな笑顔でケイティを支えるチャーリーの愛おしさを見事に演じきった。

映画情報どっとこむ ralph ベラ・ソーン×パトリック・シュワルツェネッガー「本気の恋」がここにある!惹かれあい、支えあう姿に感涙必至…!!

ミッドナイト・サン~タイヨウのうた~

5月11日(金)、新宿ピカデリーほか全国ロードショー!

物語・・・
二人で過ごした時間は、どの瞬間も輝いていたー17歳のケイティは、太陽の光にあたれない“XP”という病をかかえていた。そのため、幼い頃から昼間は家から出られず、父親と二人で時間が経つのを待つだけの日々が続いていた。彼女の唯一の楽しみは、毎夜ギターを片手に駅前まで行き、通行人を相手に歌をうたうことだった。そんなある夜、彼女はチャーリーと出会う。彼には病気のことを隠したまま、次第に二人は恋に落ちていく。

***********************************


監督:スコット・スピアー
脚本:エリック・カーステン
音楽:ネイト・ウォルコット
出演:ベラ・ソーン、パトリック・シュワルツェネッガー、ロブ・リグル、クイン・シェパード、ケン・トレンブレットアメリカ/2018年/英語/シネスコ/92分/字幕翻訳:野城尚子/原題:MIDNIGHTSUN

配給:パルコ
提供:パルコ/松竹/VAP
協力:S・D・P©2017 MIDNIGHT SUN LLC. ALL RIGHTS RESERVED.