「パトリック・ウィルソン」タグアーカイブ

豊川悦司がローランド・エメリッヒ『MIDWAY』でハリウッドデビュー&プレミアイベント!


映画情報どっとこむ ralph この度、11月8日(金)より3,242館で全米公開し、週末興収1,750万ドルで初登場1位の大ヒットを記録している、真珠湾攻撃からミッドウェイ海戦までを史実に基づき描かれた映画『MIDWAY』(原題)の日本公開が正式に決定しました。また、全米公開に先立ち、10月20日にハワイのパールハーバー(真珠湾)にあるヒッカム海軍基地内にて、プレミアイベント(レッドカーペットと上映会)が行われ、日本から豊川悦司氏が参加しました。
ハワイプレミア『MIDWAY』 (5)
■巨匠ローランド・エメリッヒが構想20年をかけて本当に伝えたかった物語
『インデペンデンス・デイ』のようなSF大作から、『パトリオット』のような歴史大作まで幅広い作品を手掛け伝説的なキャリアを築いてきたスペクタクル映画の巨匠ローランド・エメリッヒが、“今、自分たちが謳歌している自由のために戦ってくれた人たちのことを伝えたい”と、約20年の徹底したリサーチを元に完成させた本作。実在した勇敢な軍人たちの同胞意識と友情、そして米国の勝利を確実なものにするための彼らの決意と犠牲が描かれる。アメリカ海軍の兵士たちを演じるのは、エド・スクラインやルーク・クラインタンクら若手俳優、そしてウディ・ハレルソン、デニス・クエイド、パトリック・ウィルソン等のベテラン俳優が名を連ねた。対する日本軍は、ハリウッド初出演作となる豊川悦司を始め、ハリウッド映画の常連である浅野忠信や、ワールドワイドに活躍中の國村隼が出演。日米のそうそうたる豪華俳優陣が結集した。

映画情報どっとこむ ralph ■日本から豊川悦司も参加!パールハーバー(真珠湾)プレミアイベント

そしてこのたび、全米公開に先立ち10月20日に、撮影場所にもなったハワイのパールハーバーにあるヒッカム海軍基地内にて、プレミアイベント(レッドカーペット&上映会)が行われた。当日は、監督のローランド・エメリッヒを始め、ハリウッド俳優のウディ・ハレルソン、デニス・クエイド、エド・スクラインやパトリック・ウィルソンらのそうそうたるメンバーが参加した。日本からはメインキャストとなる、日本の海軍大将<山本五十六>役を演じた豊川悦司がハワイプレミアに参加した。
HONOLULU, HAWAII - OCTOBER 20: (L-R) The Midway cast Keean Johnson, Luke Kleintank, Patrick Wilson, director Roland Emmerich, Woody Harrelson, Ed Skrein, Darren Criss, Etsushi Toyokawa, and Dennis Quaid stand aboard the USS Halsey on October 20, 2019 in Honolulu, Hawaii. (Photo by Marco Garcia/Getty Images for Lionsgate Entertainment) HONOLULU, HAWAII - OCTOBER 20: Cast and crew from the film Midway stand with a group of sailors aboard the USS Halsey on October 20, 2019 in Honolulu, Hawaii. (Photo by Marco Garcia/Getty Images for Lionsgate Entertainment) 完成した映画を観た豊川は「素晴らしい映画だったと思います。エンターテインメントとして、そして戦争というものに対する客観性、メッセージ性を含めてとてもバランスの取れた作品です。こういう題材ではあるけれども素直に楽しめたし、映画の中に入り込めたし、その映画に参加させてもらって本当にうれしい作品になっていたと思いました」と興奮気味に語った。
ハワイプレミア『MIDWAY』 (5) 日本の観客の方へのメッセージについては、「1本の映画として楽しんで頂ければと一番は思っています。全部本当にあった話ですが、本当にディテールも脚本家や監督が一つ一つに嘘が無いように膨大なリサーチの上に成り立って、この<ミッドウェイ>という戦いを描いています。それでもあれから70年以上が経ち、戦争を知らない世代の僕らが作品の観客になることによって、本当にあった戦争というものを自分の実体験のように感じ取って、色々な自分なりの解釈や思いを考えてもらえれば良いと思います。まずは素直に一人の観客になってこの映画を楽しんでもらいたいと思います」と語った。
ハワイプレミア『MIDWAY』 (5) エメリッヒ監督と一緒にハリウッド超大作映画に参加出来た充実感を覗かせた。

豊川を始めとする日本人キャストを起用した経緯についてエメリッヒ監督は、「スコセッシ監督の『沈黙』でもキャスティングを担当した日本にいる女性プロデューサーに優れた俳優を紹介してもらった。言葉の問題も大きかったが、すばらしい経験だった」と語る。さらに、日本人俳優の演技については、「映画を見たアメリカ人俳優もみんな感心していた。共演シーンがないから日本側の部分は知らないので、初めて試写をした時に何度も耳にしたのは、日本人俳優たちを絶賛する声だった」とアメリカキャスト陣の反応を語った。

最後に、本作の見どころについて聞かれた監督は、「戦争に勝者はなく敗者しかいない。命が失われるからだ。だからこそ、この映画を日米双方の海兵たちに捧げたのだ。戦争が再び起きてはならないと伝えたい」と戦争の無意味さと世界平和への想いを語った。

映画情報どっとこむ ralph 史実に基づき、日米両国の戦いをそれぞれに描き切った本作は、新たな戦争映画の歴史を打ち立てる作品となるのか!?日本公開が待ち遠しいハリウッド超大作だ。日本公開は2020年秋、TOHOシネマズ 日比谷他にて全国公開予定となっている。


『MIDWAY』

【STORY】
日本軍の大将山本五十六(豊川悦司)率いる山口多聞(浅野忠信)や南雲忠一(國村隼)の艦隊が真珠湾を壊滅させた激しい攻撃の後、エリートパイロットのディック(エド・スクライン)と彼の隊は敵を追跡するよう戦艦エンタープライズの艦長ハルゼー(デニス・クエイド)より命を受ける。一方で、何としてでも日本軍を仕留めたいUS軍はニミッツ最高司令官(ウディ・ハレルソン)とレイトン少佐(パトリック・ウィルソン)が日本軍の戦略を分析していた。かくして、日米2か国の名誉をかけた激しい戦いが、次なる戦闘の地、ミッドウェイへと向けられる。お互いの戦況が変わる中、ディック率いる上空から攻撃をする戦闘機の空中戦と、山口艦長や南雲艦長率いる海上からの戦艦の砲撃の壮絶なる攻撃の応酬で、ミッドウェイでの勝利に対する両国の戦力と不屈の精神が試されていく。


***********************************

監督:ローランド・エメリッヒ
脚本:ウェス・トゥック
製作:ハラルド・クローサー

キャスト:エド・スクライン、パトリック・ウィルソン、ウディ・ハレルソン、マンディ・ムーア、ルーク・エヴァンス、豊川悦司、浅野忠信、國村隼、デニス・クエイド

2019年/アメリカ/カラー/上映時間:2時間18分/配給:キノフィルムズ|木下グループ
©2019 Midway Island Productions, LLC All Rights Reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『Annabelle Comes Home』が『アナベル 死霊博物館』で公開・邦題決定&US予告解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、全世界興収15億ドル超えの大人気シリーズ『死霊館』ユニバース最新作『Annabelle Comes Home』(原題)が、『アナベル 死霊博物館』の邦題で9月20日(金)全国ロードショーとなることが決定しました!


2013年10月に公開された『死霊館』(『THE CONJURING』)で日本を恐怖のどん底に陥れたアナベル人形。その人形は実在し、現在もコネティカット州にある博物館に保管され、月に2回、神父による祈祷が行われている。そんなアナベル人形の誕生と経緯を描いた『アナベル 死霊館の人形』(2014)『アナベル 死霊人形の誕生』(2017)は、大きな話題を呼んだ。

この度公開となる『アナベル 死霊博物館』は、『死霊館』シリーズではおなじみのウォーレン夫妻の登場が発表されており、『死霊館』と『アナベル』を繋ぐ重要な位置づけとなる作品として注目を集めている。ウォーレン夫妻を演じるのは『死霊館』シリーズ同様、パトリック・ウィルソンとベラ・ファーミガ。そして、夫妻の娘であり本作の主人公ジュディを『ギフテッド』や『アイ、トーニャ』『キャプテン・マーベル』などハリウッド話題作に引っ張りだこの注目子役、マッケナ・グレイスが演じる。



映画情報どっとこむ ralph 『アナベル 死霊博物館』US版予告映像が解禁となった!

「”そこ”にあるものは、全て呪われ封印されている」超常現象研究家のウォーレン夫妻の家。その地下にある保管室の展示物は全て死霊の呪いが憑りついたいわく付きの品々で、夫妻によってその呪いを封印されていた。保管室の最も奥にあるガラスケースにアナベル人形を封印するシーンから映像は幕開ける。かつて、とある夫婦を想像を絶する恐怖に陥れた呪いのビンテージ人形アナベル。その力は極めて危険であまりに強大のため、神父立会いのもと厳重に封印が施されたはずだった…。

ある日、ひと晩留守になるウォーレン夫妻に代わり娘のジュディの面倒を見るためやって来たメアリーとクラスメイトのデニース。「あんたの家怖いものがあるんだって?」と聞くデニースに「地下にね」と答えるジュディ。「でも、大丈夫。”そこ”にさえ入らなければ…」しかし次の瞬間には”そこ”=保管室に足を踏み入れてしまうデニースの姿が…!部屋の中は今にも動き出しそうな(いや既に動き出している?)不気味な品々でいっぱい!”警告 決して開けるな”と張り紙のされたアナベル人形のガラスケースにたどり着く。すると何者かの気配が…。何かがおかしい。もう一度ガラスケースに目をやると、そこにいたはずのアナベル人形がいない?! 「何かあったの?」と心配そうに尋ねるメアリーに怯えきった様子でアナベル人形を「外に出した」と打ち明けるデニース。さらに、「他に何か触った?」と涙目で問うジュディ。そしてデニースからは最悪の答えが。「全部に…」解き放たれたアナベルの力によって、ありとあらゆる展示物に夥しい死霊が憑りつき、そこはまさに、死霊の博物館と化した。逃げ場のない館で、狙われた少女たちに最恐の呪いが襲いかかる…!!

映画情報どっとこむ ralph 製作を務めたジェームズ・ワンは2018年7月18日(現地時間)に米・サンディエゴで行われたホラーイベント「SCAREDIEGO」(スケアディエゴ)内で、本作は「アナベル版ナイトミュージアムになるのさ!」と発言。夜な夜な動き出す展示物たちのごとく、保管室の呪われた品々の封印が解かれ大暴れする姿が見られるかも?!また、3月26日(火)にはワンのInstagramにて本作のFirst Lookが投稿され、全世界で大きな話題を呼んだ。画像とあわせて「彼女は最近の僕の映画たちにこっそりカメオ出演していたかもしれないね(僕は肯定も否定もするつもりはないよ笑)、でも…今回は確実に彼女が主役だよ!」というコメントも!大ヒットアメコミ映画へのカメオ出演も果たしていると噂のアナベル人形がついにこの秋、スクリーンのセンターへ!!どんな活躍が見られるのか?!乞うご期待!

『アナベル 死霊博物館』
原題:Annabelle Comes Home
9月20日(金)全国ロードショー

***********************************

監督・脚本:ゲイリー・ドーベルマン(『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』) 
製作:ジェームズ・ワン(『死霊館』『ワイルド・スピード SKY MISSION』『アクアマン』)
出演:マッケナ・グレイス、マディソン・アイズマン、ケイティ・サリフ、パトリック・ウィルソン、ベラ・ファーミガ ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
宣伝:スキップ
2019年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/
【お問い合わせ】
宣伝:スキップ・超常現象研究部門(石坂・石塚・鶴岡)TEL:03-3437-3025 FAX: 03-3437-3027 mail: info@skip-skip.co.jp
配給:ワーナー・ブラザース映画
© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

リーアム・ニーソン『トレイン・ミッション』で13年ぶりに来日決定!


映画情報どっとこむ ralph 『96時間』の絶対的アクションスター、リーアム・ニーソンが、通勤電車を舞台に放つ傑作サスペンス・アクション『トレイン・ミッション』が、3月30日(金)より全国公開いたします。

全米初登場作品中No.1獲得。

巨匠スティーヴン・キングをして、「傑作!!ヒッチ・コックとアガサ・クリスティが交錯したような至極のサスペンス」(※1月14日Twitterより)と言わしめた本作。通勤電車を舞台に、始発から終点までリアルタイムで進行される緊迫怒涛のノンストップ・サスペンスの誕生に世界が沸くなか、本作のプロモーションのため主演のリーアム・ニーソンが来日することが正式決定!世界が誇る“最強のアクションスター”が『バットマン ビギンズ』(05)以来13年ぶりに日本に降臨する。
リーアムの来日に合わせ、3月18日(日)にはジャパンプレミアも開催予定!13年ぶりに日本の地に立つ彼が、最初に放つ一言とは!? 昨年の“アクション引退宣言”に戸惑うファンの声も多い中、名優リーアムが語るその胸中に、大いに注目です!

日時:3月18日(日) 17:30の回(上映前舞台挨拶)
会場:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇(予定):リーアム・ニーソン

映画情報どっとこむ ralph 本作でリーアムが演じるのは、刑事を退職し長年勤めてきた保険会社を60歳で突如リストラされた不運な男・マイケル。途方に暮れながら帰路に向かう電車内、見知らぬ女(ヴェラ・ファーミガ)から「乗客の中から〈ある人物〉を探し出せば、10万ドル支払う」と持ちかけられる。ヒントはわずか3つ。選ばれた理由も分からずに、大金に目がくらんだマイケルは、元警官のスキルを駆使して“捜査”を開始。疾走する電車を駆け回り、わずかなヒントを元に容疑者を絞り出していくが、妻と息子が人質に取られていることが発覚。駅の数だけ仕掛けられた罠に翻弄されながら、次第にマイケルは壮大な陰謀へと巻き込まれていく。

映画情報どっとこむ ralph 公開された予告編では、非情な罠に立ち向かわざるを得ない状況に陥ったマイケルの悲痛な姿が、加速する電車のごとく疾走感溢れるテンポでスリリングに描かれる。時間も手掛かりもないまま犠牲者だけが増え続ける危機的状況に追い詰められるマイケル。連結部、車輪の下…決死の捜査が続くなか徐々に終着駅へと近付き…。一瞬垣間見える熾烈なアクションシーンの片鱗は、マイケルに待ち受ける闘いが、如何に壮絶なものであるかを物語っている。


「マイケルがごく普通の男であることに惹かれた。」綿密に練られた脚本に加え、これまで演じたことのないキャラクター像に魅せられたと語るリーアムが作り出すのは、大ヒットシリーズ『96時間』よりもリアルな生身のアクションと、かつてない哀愁溢れる演技で、誰もが応援せずにはいられない、“傷だらけのヒーロー”。人生の酸いも甘いも知り尽くした現在のリーアムだからこそ生み出された、どこにでもいる乗客による<孤独な闘い>の行く末は、果たしていかなる結末を迎えるのか―。

映画情報どっとこむ ralph トレイン・ミッション

3月30日(金) 全国ロードショー

TOHOシネマズ日比谷にて3月29日(木)特別先行上映!
***********************************

監督:ジャウマ・コレット=セラ『ロスト・バケーション』
出演:リーアム・ニーソン『96時間』シリーズ/ヴェラ・ファーミガ『ディパーテッド』/パトリック・ウィルソン『オペラ座の怪人』/サム・ニール『マイティ・ソー バトルロイヤル』/エリザベス・マクガヴァン『タイタンの戦い』/ジョナサン・バンクス『ビバリーヒルズ・コップ』/フローレンス・ピュー
提供:ポニーキャニオン・ギャガ
配給:ギャガ(GAGAロゴ)
原題:THE COMMUTER/2018/アメリカ、イギリス/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/105分/字幕翻訳:伊原奈津子 gaga.ne.jp/trainmission © STUDIOCANAL S.A.S.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

至極のサスペンス『トレイン・ミッション』邦題&公開日決定


映画情報どっとこむ ralph 始発駅から終着駅までの105分。いつもの通勤電車で、定年間近でリストラされた男に突如降りかかる、逃げ場なしの危険な罠。

「100人の乗客から1人を捜し出せ。報酬は10万ドル。」

1月12日より全米公開され、初登場作品中No.1を獲得。巨匠スティーヴン・キングをして、「傑作!!ヒッチ・コックとアガサ・クリスティが交錯したような至極のサスペンス」(※1月14日Twitterより)と言わしめた本作。日本でも期待の声が高まる中、この度、『トレイン・ミッション』の邦題で、3月30日(金)より全国公開することが決定しました!

映画情報どっとこむ ralph 10年間勤めてきた保険会社を、60歳で突如リストラされたマイケル(リーアム)。

途方に暮れながら帰路についた彼の前に見知らぬ女が座り、乗客の中から〈ある人物〉を探し出せば、10万ドル支払うと持ちかける。ヒントはわずか3つ。マイケルは100人の乗客から1人を特定するのは無理だと諦めかけるが、妻と息子の命が危ないと脅され、元警官のスキルを駆使して“捜査”を始める。やがて〈ある人物〉に関する機密情報が明かされ、物語は壮大な陰謀へと疾走していく。終点というタイムリミットが迫るなか、絶対絶命の窮地に陥った彼は、標的を見つけ出すことができるのか?果たして、この謎≪ミッション≫に隠された真の目的とは。

公開されたポスタービジュアルでは、


「この謎が、解けるか?」という挑戦的なキャッチコピーが掲げられ、伏線と思わしきワードが散りばめられる。駅のホームに立ちすくむマイケル(ニーソン)の鬼気迫る表情からは、ただならぬ緊迫感が漂い、課せられた謎≪ミッション≫が一筋縄ではいかないことを暗示させる。

爆炎に包まれる通勤電車の中、頭脳と肉体を限界まで駆使して挑む、マイケルの壮絶な戦いの行方に期待が高まるばかりだ。

通勤電車という“日常の空間”が突如“危険な罠”へと変わる、始点から終点までのリアルタイム・サスペンス、遂に日本上陸!

トレイン・ミッション

は、3月30日(金)TOHOシネマズ 日比谷 他 全国ロードショー。

映画情報どっとこむ ralph
STORY
10年間勤めてきた保険会社を、60歳で突如リストラされたマイケル。いつもの通勤電車で帰路につき、常連客に挨拶しながらも、頭の中は住宅ローンと息子の学費のことでいっぱいだ。そんな彼の前に見知らぬ女が座り、「乗客の中から、ある重要な荷物を持った人物を捜して欲しい」と持ちかける。ヒントは3つ。常連客ではなく、終着駅で降りる、プリンと名乗る乗客。高額な報酬に抗えず、元警官の経験を生かし捜し始めるが、次から次へと襲いくる罠、深まる謎、さらには、妻と息子が人質に取られたことを知る。やがて、プリンが国家をも揺るがす重大事件の目撃者であることを突き止め、ようやく6人にまで絞り込んだ時、巧妙に仕組まれていた恐るべき陰謀が明かされる。

***********************************

監督:ジャウマ・コレット=セラ『ロスト・バケーション』
出演:リーアム・ニーソン『96時間』シリーズ/ヴェラ・ファーミガ『ディパーテッド』/パトリック・ウィルソン『オペラ座の怪人』/サム・ニール『マイティ・ソー バトルロイヤル』/エリザベス・マクガヴァン『タイタンの戦い』/ジョナサン・バンクス『ビバリーヒルズ・コップ』/フローレンス・ピュー
提供:ポニーキャニオン・ギャガ
配給:ギャガ(GAGAロゴ)




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ