「バンクーバー国際映画祭」タグアーカイブ

橋本愛 門脇麦 成田凌「ここは退屈迎えに来て」バンクーバー国際映画祭出品決定!


映画情報どっとこむ ralph
「R‐18文学賞」読者賞受賞し2012年に小説が発売されるや紀伊國屋書店スタッフによる「キノベス!2013」にランクインし、詩的なタイトルが印象的な山内マリコの処女小説「ここは退屈迎えに来て」がついに映画化!10月19日(金)より全国公開となります。

この度、9月27日から、カナダのバンクーバーにて開催される第37回バンクーバー国際映画祭のゲートウェイ部門に正式出品されることが決定。それに併せて場面写真も解禁になりました。


今回の出品に際し、廣木監督は、

「誰もが通る時間、通った時間。自分は何者でもない時間。そんな悲しく煩わしく素敵な時間を一緒に体現できる映画だと思います。何者でもない自分を共有出来る映画だと思います。久々のバンクーバーでどんな反応かまた皆さんと出会えるのも楽しみです」

と喜びのコメントを寄せてくれました。

なお、10月9日、10日には、橋本愛、廣木隆一監督が登壇する舞台挨拶の実施予定です。

映画情報どっとこむ ralph また、併せて解禁となった場面写真では、

橋本愛演じる<私>と柳ゆり菜演じる、親友<サツキ>にとって、特別な1日として思い出に残っている、憧れの<椎名くん>たちにゲームセンターに誘われ、ワクワクする気持ちが隠せない、初々しい表情の2人のカット。
そして、もう一枚では、制服姿がまぶしい<私>が、水しぶきを上げながらプールで全力ではしゃぐ、瑞々しい青春の1ページ
が映し出され、誰もがあの頃を思い出し、胸が締め付けられるシーンが満載となっている。


ここは退屈迎えに来て

10月19日(金) 全国公開

本作は、2004年の高校時代から2013年の現在まで、みんなの憧れの的だった<椎名くん>を柱にキャラクターを交差させながら描く、痛く切ない群像劇。主人公<私>を演じるのは、その透明感のある演技で高く評価される女優・橋本愛。元彼<椎名くん>を忘れられない<あたし>には、体当たりの演技で注目を浴びている若手実力派女優・門脇麦。そしてみんなのあこがれの的だった〈椎名くん〉を、独特の色気と存在感を放つ人気急上昇俳優・成田凌が演じている他、渡辺大知、岸井ゆきの、内田理央、柳ゆり菜、村上淳ら、出演作が後を絶たない実力派俳優陣が脇を固めている。監督はこれまで本格派ヒューマンドラマから恋愛モノまで、数々の作品で登場人物の繊細な心の機微を紡ぎ出してきた名匠・廣木隆一監督が、メガホンをとった。
【あらすじ】
マスコミ業界を志望して上京したものの、10年後地元に戻ってきた27歳の「私」(橋本愛)。実家に住みながらフリーライターとしてタウン誌で記事を書いている冴えない日々。高校時代に仲の良かった友達サツキ(柳ゆり菜)と久々に会った勢いで、男女を問わず皆の中心にいた憧れの椎名くん(成田凌)に連絡し、会いに行くことに。道中、「私」の中に椎名くんとの高校時代の忘れられない思い出が蘇るー。元カレ「椎名」を忘れられないまま地元でフリーターとして暮らす「あたし」(門脇麦)。元カレの友達と腐れ縁のような関係を続けているけれど、心は彼といたときの青春の輝かしい記憶に今もとらわれている。

***********************************

出演:橋本愛 門脇麦 成田凌 / 渡辺大知 岸井ゆきの 内田理央 柳ゆり菜 亀田侑樹 瀧内公美 片山友希 木崎絹子 / マキタスポーツ 村上淳

原作:山内マリコ「ここは退屈迎えに来て」幻冬舎文庫
監督:廣木隆一
脚本:櫻井 智也
制作プロダクション:ダブ
配給:KADOKAWA
© 2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会 


東出昌大『GONIN サーガ』でバンクーバー国際映画祭に!


9月26日(土)より全国公開された映画『GONIN サーガ』が9月24日から行われている北米最大の映画祭のひとつ、「バンクーバー国際映画祭」で上映されました。

石井隆の前作『GONIN』が95年に、『GONIN 2』が96年にそれぞれ本映画祭にて上映されていて、今回映画祭からの熱烈なオファーを受けて実現。

GONINinバンクーバ映画祭
石井隆監督も本作を引っ提げて映画祭へ初参加、そして本作の主演である東出昌大、自身初となる海外映画祭となり、揃って舞台挨拶に登壇!大盛り上がりとなりました。


『GONIN サーガ』バンクーバー映画祭 レポート

登壇日時:9月30日(水)  
場所:カナダ バンクーバー International Village
登壇者:東出昌大、石井隆監督

会場となったINTERNATIONAL VILLAGE THEATREには400人の観客が押し寄せ海外ジャーナリストやカナダ人、カナダ在住の日本人など多くの観客で満員御礼。自身初となる海外映画祭への出席を果たした東出昌大が上映終了後の劇場に登場すると、会場は大きな歓声に包まれました。


MC:英語話せるんですよね?

と、司会者のムチャぶり。東出さんはバンクーバー在住の日本人も多く詰めかけた会場を見て、

東出さん:不慣れな英語を話さなくてもいいんじゃないか、と思った(笑)。たくさんの国の方がいらっしゃる会場で、日本語だけでは不公平だから。

と東出らしい気遣いを見せ、この日のために用意し練習してきたという丁寧な英語のスピーチを披露。

Mr.Higashide:
Hi. I’m Masahiro Higashide, the main actor of GONIN Saga.
I hope you enjoyed the film. This is my first time to attend an international film festival.
I am very excited to be here today and it is an honor to have been invited.
Thank you very much.

東出さん:
GONINサーガで主演をつとめました東出昌大です。皆様、映画はお楽しみいただけたでしょうか?初めての海外映画祭参加で非常に興奮しています。ご招待いただき光栄に思っています。ありがとうございました。

その姿に、会場のファンから温かい拍手が贈られました。

拍手と歓声はそのまま熱い質問が飛び交うQ&Aに移り、早くも続編に関する質問が飛ぶなど、「GONIN」そして石井隆監督の、日本のみならず海外での高い人気を伺わせる舞台挨拶となりました。

さらに、劇場の外に設置されたレッドカーペットには劇場に入れなかったファンおよそ100人が詰めかけ、東出さんが登場すると会場は一気にヒートアップ。現地媒体のインタビュー取材に応じたあとは、もみくちゃになりながらも多くのサインや握手に応じるなどファンサービスを行い、映画祭ならではの観客との距離を存分に堪能していました。

184_GoninSaga_VFF
初の海外映画祭参加となった東出さんは、一泊‎三日というスケジュールでの参加で

東出さん:もう少しいたかった!観ているものは同じなのに、ここで笑うのか、とか、こんな見方もあったのか!と思うほど新鮮だった。映画はこんなふうに楽しんでいいものなんだと改めて思いました。映画に携わる人間として、これからも海外の人にも自信を持って贈りだせる作品を作っていかなければならないと思いました。

東出inバンクーバ映画祭
GONIN サーガ

TOHOシネマズ 新宿 他、大ヒット公開中!

公式サイト:gonin-saga.jp

********************************************************************

『GONIN-サーガ』ポスター
キャスト:
東出昌大 桐谷健太 土屋アンナ 柄本 佑 安藤政信 テリー伊藤 井上晴美 りりィ 福島リラ 松本若菜 菅田 俊 井坂俊哉 

根津甚八 鶴見辰吾 / 佐藤浩市(友情出演)/ 竹中直人 
監督・脚本:石井 隆 
原作:石井 隆『GONIN サーガ』(角川書店刊)
音楽:安川午朗 
挿入歌:「紅い花」ちあきなおみ/「ラストワルツ」森田童子 
製作:『GONIN サーガ』製作委員会 
制作プロダクション:ファムファタル 
配給:KADOKAWA/ポニーキャニオン
(C)2015『GONIN サーガ』製作委員会
 


『GONIN サーガ』バンクーバー国際映画祭へ


1995年に公開され石井隆監督作品の中でも絶大な人気のバイオレンスアクションの傑作として海外からの評価も高く続編を望まれてきた映画『GONIN』。

その続編で9月26日(土)より全国公開となる映画『GONIN サーガ』が、9月24日から行われる北米最大の映画祭のひとつ、「バンクーバー国際映画祭」への招待・上映が決定しました!!

GONIN-サーガ
石井隆の前作『GONIN』が95年に、『GONIN 2』が96年にそれぞれ本映画祭にて上映されており、今回映画祭からの熱烈なオファーを受けての実現となりました。

石井隆監督も本作を引っ提げ映画祭への凱旋を決行、舞台挨拶に登壇する予定です。

映画祭のプログラマーのトニー・レインズ氏からは

『GONIN-サーガ』ポスターレインズ氏:この凶暴な新作『GONIN SAGA』に驚きながら、石井隆について二つのことが明らか。

一つ目は、この20年間の社会的経済的な変化の中でも彼が最先端であり続け、数少ない監督にのみ可能なことだが、今について正確につかんでいるということだ。

二つ目は、日本ネオ・ノワールの、比類なきマスターであるということだ。

という惜しみない賛辞の言葉が寄せられ、『GONIN』が世界に与えた衝撃、そしてその続編となる本作への熱い支持がうかがえます。 

■石井隆監督 
バンクーバー映画祭での『GONINサーガ』上映会に寄せてのコメント

96年にモントリオールFANTASIA映画祭で石井隆特集”があり、『GONIN』『GONIN 2』が招待上映された。その帰路、僕はトロント、バンクーバーとナイアガラを訪れた。バンクーバーは、ハードボイルド映画そのままの倉庫が並ぶ波止場にスタンドバーがある港街で、街中でカーチェイスが出来る映画コミッションのある街だから、監督にぴったしですよ、と言われたからだ。さらにその足でナイアガラの滝を訪れて遊覧船で滝の近くまで行って雨を浴び、瀑布の裏にある洞窟の中から轟々たる水膜を震える思いで見るショットを妄想しながら、僕の頭の中では東京、香港、バンクーバー、ナイアガラを繋ぐ新しい『GONIN』の構想が湧き上がり、帰国後にすぐに長いプロットを書いた。しかし、そのプロットはシナリオに昇華しないまま誰の目にも触れずに埋もれたが、あれから20年近く、再び『GONIN サーガ』がバンクーバー映画祭で招待上映されると聞き、僕は眩暈とため息が漏れた。     

GONIN サーガ

9月26日(土)TOHOシネマズ 新宿他、全国ロードショー

公式サイト:gonin-saga.jp

■バンクーバー映画祭
 1982年よりカナダ・バンクーバーで開催されている北米最大の映画祭のひとつ。今年で34回目の開催となり、2014年は70カ国・ 349作品が上映、来場者数は約15万人という盛り上がりを見せた。過去に石井隆監督作『GONIN』(95年)、『GONIN 2』(96年)も上映されており、熱い支持を受ける。昨年は石井裕也監督の「バンクーバーの朝日」が観客賞を受賞したことでも話題になった。新作のワールドプレミアなども行われることから、非常に注目度の高い映画祭である。

会期:9月24日~10月9日
上映日程:
9月28日 21:15 ~/9月30日 12:30 ~(現地時間)
出品部門:Dragons & Tigers (東アジアの作品を特集・上映)

日本映画その他出品作品:『海街Diary』(是枝裕和監督)、『100円の恋』(武正晴監督)、『牡蠣工場』(想田和弘監督)

【前作『GONIN』からのSTORY】 
五人組による、広域指定暴力団五誠会系大越組襲撃事件から19年ー。五誠会は若き三代目の誠司(安藤政信)が勢力を拡大。一方、襲撃事件で殺された大越組の若頭・久松(鶴見辰吾)の遺児・勇人(東出昌大)は母・安恵(井上晴美)を支え、建設作業員をしながらまっとうな人生を歩む。勇人の幼馴染で大越組長の遺児・大輔(桐谷健太)は壊滅した大越組再興の夢を抱きながら、今は誠司のボディーガードをしていた。
そんなある日、19年前の襲撃事件を追う富田と名乗るルポライター(柄本 佑)が安恵を訪ねてくる。やがて、遺された者たちの歯車は大きく軋み始め、五誠会に囲われながらも深い恨みを宿す元アイドル・麻美(土屋アンナ)を巻き込んで、GONINの血と宿命に抗う新たな闘いが幕を開けるー。

********************************************************************

東出昌大 桐谷健太 土屋アンナ 柄本 佑 安藤政信 テリー伊藤 井上晴美 りりィ 福島リラ 松本若菜 菅田 俊 井坂俊哉 

根津甚八 鶴見辰吾 / 佐藤浩市(友情出演)/ 竹中直人 

監督・脚本:石井 隆 
原作:石井 隆『GONIN サーガ』(角川書店刊) 
音楽:安川午朗 挿入歌:「紅い花」ちあきなおみ/「ラストワルツ」森田童子 

製作:『GONIN サーガ』製作委員会 
制作プロダクション:ファムファタル 
配給:KADOKAWA/ポニーキャニオン 
PG-12 
(C)2015『GONIN サーガ』製作委員会





永作博美、佐々木希W主演『さいはてにて~』海外映画祭続々決定!



永作博美、佐々木希W主演『さいはてにて~』海外映画祭続々決定!
2015年2月公開の永作博美、佐々木希が主演を務める

『さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~』

現在開催中の第33回バンクーバー国際映画祭の正式招待作品として、9月27日、29日に上映する他、

第19回釜山国際映画祭、
第58回ロンドン映画祭、
第34回ハワイ国際映画祭、
第11回香港亜洲電影節

など全世界5ヶ国ほかの国際映画祭に正式招待されることが決定しました!

さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~
本作は、日本のさいはて・奥能登を舞台に、焙煎珈琲店を開いた岬と、この地に住むシングルマザーの絵里子、このふたりの女性と、その子どもたちの日常を通じ、人と交わることの喜びを紡ぐ珠玉のヒューマンドラマです。

2011年に世界農業遺産に日本で初めて認定された美しい能登の里海里山が、世界へ発信されることでも注目なのだそうです。

メガホンを取ったのは、アジアの名匠エドワード・ヤンの後継者とも目される台湾出身の女性監督・姜秀瓊(チアンショウチョン)、撮影はロンドンを拠点に活躍する真間段九朗と、海外の才能溢れる若手映画人たちが集結しました。

石川県珠洲市のオールロケで捉えられた美しい映像の中、本物の家族以上に深くつながり合う隣人たちの姿をやさしく穏やかな眼差しで切り取り、誰の心にも寄り添う普遍の物語をつくり上げています。

日本が世界に贈る、いま、心からのただいま。

『さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~』

2015年2月公開です。

公式サイト:http://www.saihatenite.com/

********************************************************************


『さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~』
主演:永作博美 佐々木希
監督:姜秀瓊(チアン・ショウチョン)
脚本:柿木奈子
©2014「さいはてにて」製作委員会