「バイオハザード:ヴェンデッタ」タグアーカイブ

クリス:東地宏樹とレオン:森川智之コメント!『バイオハザード:ヴェンデッタ』BD&DVDリリース向け!


映画情報どっとこむ ralph CG アニメーション映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』の ブルーレイ&DVDが9月6日(水)発売となります。

本作は、『バイオハザード』本来の魅力であるホラー要素を追求し、「原点回帰」したフル CG アニメーション映画の最新作。

シリーズ2 大キャラクターであるクリス、そしてレオンの共闘に加えて、ファンにはおなじみの人気キャラであるレベッカが最新の CG 技術によりハイクオ リティで描かれます!

lこの度、ブルーレイ&DVDに日本語吹替版が初収録されるにあたり、 クリス役を演じた東地宏樹とレオン役を演じた森川智之よりそれぞれコメントが到着!

映画情報どっとこむ ralph 東地宏樹さん(クリス・レッドフィールド役)コメント

Q:ブルーレイ&DVD に日本語吹替版が収録されるにあたり、 観てもらいたいシーンやセリフなどイチ推しのポイントを教えてください。
東地さん:やはり迫力あるアクションシーンですね。

Q:クリス・レッドフィールド役を演じるにあたり、意識された点や工夫されたことはありますか?
東地さん:すでにゲームなどで演じさせてもらっていましたが、CG アニメーションということで、より表情や力強さを意識しました。

Q:これまで数多くのキャラクターを演じられてきたと思いますが、東地さんにとってクリスはどんな印象ですか?
東地さん:どんな危険な状況も乗り切れると信じられる、たくましいキャラクターです。


Q:クリスとご自身で似ていると思うところは何かありますか?
東地さん:あまり似ていません(笑)。ですがリーダー的存在の強さにあこがれます。

Q:これから『バイオハザード:ヴェンデッタ』をご覧になる方へメッセージをお願いします。
東地さん:とにかくCGアニメーションのレベルがどんどんあがっています!! 実物と見まごう映像と迫力をお楽しみ下さい。そしてクリスの活躍も!東地宏樹「クリスのリーダー的存在の強さにあこがれます」 森川智之「多くのファンの方たちが持つレオンのイメージを壊さないように、演じております」

映画情報どっとこむ ralph 森川智之さん(レオン・S・ケネディ役)コメント

Q:ブルーレイ&DVD に日本語吹替版が収録されるにあたり、 観てもらいたいシーンやセリフなどイチ推しのポイントを教えてください。
森川さん:日本語吹き替えならではの台詞の掛け合いを楽しんでいただければと思います。 レオンとクリスがバディを組んで敵と戦うアクションシーンは迫力があり、とてもカッコいいです。 是非観ていただきたいですね。

Q:前作『バイオハザード ダムネーション』からレオン・S・ケネディ役を演じられていますが、 役を演じるにあたり意識された点や工夫されたことはありますか?
森川さん:バイオハザードというビッグタイトルと、レオンという人気キャラクターを演じるということで、とても気合いが入りました。 レオンに出会ってからというもの、多くのファンの方たちが持つレオンのイメージを壊さないように、演じております。

Q:これまで数多くのキャラクターを演じられてきたと思いますが、森川さんにとってレオンはどんな印象ですか?
森川さん:とても寡黙だけど背負っているものがそうさせる、孤独なヒーロー。そんな存在です。 世の男性が憧れ、世の女性が惚れる?そんな勝手な印象です(笑)。


Q:レオンとご自身で似ていると思うところは何かありますか?
森川さん:ありません、バイクも乗れないし、銃も撃てない、ましてゾンビと戦うなんて出来ません。ただ、お酒は好きですよ。

Q:これから『バイオハザード:ヴェンデッタ』をご覧になる方へメッセージをお願いします。
森川さん:今まで以上に迫力があって、映像が素晴らしいです。 ストーリーも引き込まれるし各キャラクターも細かく描かれていて、ファンの皆さんはとても満足出来るのではと思います。 是非、日本語吹き替えでご覧になってください。よろしくお願いします。

映画情報どっとこむ ralph

制作陣には日本が誇る超豪華スタッフが集結!エクゼクティブ・プロデューサー:清水 崇(『呪怨』『こどもつかい』)、 監督:辻本 貴則(『THE NEXT GENERATION -パトレイバー-』)、脚本:深見 真(『PSYCHO-PASS サイコパス』)、音楽: 川井 憲次(『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』)、原作監修:小林 裕幸(カプコン)(「バイオハザード」シリーズ)ら、日本が 誇る最高のスタッフ陣によって、最高の“恐怖”と“アクション”が幕をあけます! さらに、ブルーレイ&DVD には劇場で公開されなかった日本語吹替バージョンを初収録!東地宏樹(クリス役)、森川智之(レオン役)、 小清水亜美(レベッカ役)らおなじみのキャストに加え、桐本拓哉、大友龍三郎、大原さやか、戸松遥ら超豪華声優陣が登場。熱狂 的「バイオハザード」ファンとして有名な堀未央奈(乃木坂 46)も特別参加しています!

『バイオハザード:ヴェンデッタ』
ブルーレイ&DVD 9月6日(水)発売!
※デジタルセル先行配信中

■プレミアム・エディション【初回生産限定】
7,800円+税

■4K ULTRA HD&ブルーレイセット
7,800円+税

■ブルーレイ&DVDセット
5,800円+税

公式ホームページ

発売元・販売元:(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
© 2017 CAPCOM / VENDETTA FILM PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.

※発売日、特典、仕様及びジャケットのデザインは都合により変更される場合がございます。

***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『バイオハザード:ヴェンデッタ』御礼 トークショー〝新宿ピカデリー〟最終上映!


映画情報どっとこむ ralph シリーズ累計販売本数7,700万本を超えるサバイバルホラーゲームの代名詞『バイオハザード』シリーズ。そのフルCG長編アニメ映画最新作『バイオハザード:ヴェンデッタ』現在も、全国で大ヒット上映中です。

この度〝新宿ピカデリー〟での最終上映にあたり、最後にもう一度、ファンの皆様と素敵な時間を共有できる鑑賞会イベントを企画。
当日は上映前に本作に関わった2人のプロデュ-サー小林 裕幸さん(カプコンプロデューサー/原作監修)と篠原 宏康さん(バイオハザード:ヴェンデッタ プロデューサー)のトークショーを行います!また、上映終了後には最終上映を記念しての関連グッズの抽選会を実施します!

さらに当日イベント上映にご参加の方にはポストカードセット<非売品>をプレゼント!

そして、大ヒットにつき、ムーブオーバー上映も決定。ムーブオーバーは7/15(土)より〝角川シネマ新宿〟にて7/28(金)までの期間限上映となります!

映画情報どっとこむ ralph 『バイオハザード:ヴェンデッタ』大ヒット御礼!
〝新宿ピカデリー〟最終上映!最後にもう一度、みんなで一緒に鑑賞会!
プロデューサー トークショー付き概要

開催日7月14日(金)19:00の上映回
※トークショーは19:00からのスタートとなります。
※抽選会は本編上映終了後に行います。
実施劇場:新宿ピカデリー
ゲスト(予定)
小林 裕幸(カプコンプロデューサー/原作監修)
篠原 宏康(バイオハザード:ヴェンデッタ プロデューサー)
※登壇者は予告無く変更になることもございますのであらかじめご了承下さい。
※チケット発売、上映時間などに関する詳しい情報は劇場HPをご確認ください。

【鑑賞料金】通常料金
※前売鑑賞券、サービスデー・各種割引がご利用いただけます。
※各種ご招待券、SMTMembersクーポンはご利用いただけません。

【チケット販売】
[劇場インターネット販売]
SMTMembers会員様・非会員様共に 7月8日(土)00:00~ <7/7(金)24:00~>
[場窓口販売] 7月8日(土) 劇場オープン~
※劇場オープン時に空席のあった場合のみ窓口にて販売致します。
※インターネット販売で完売となった際は、窓口での販売は御座いません。
≪一般発売に関する注意事項≫
※チケットの販売はお一人様4枚までとさせていただきます。
※特別興行につき、各種招待券・株主優待・SMTMembersクーポンはご利用いただけません。
※オンライン販売でご購入の場合は、クレジット決済またはキャリア決済のみのお支払いとなります。(現金ではご購入いただけません)
※お電話でのご予約は承っておりません。
※転売・転用目的の購入は固くお断りいたします。
※ご購入後の払い戻し、座席変更は承っておりません。
※当日はマスコミによる取材が入る可能性がございます。予めご了承ください。

【入場者プレゼント】
『バイオハザード:ヴェンデッタ』大ヒット御礼!ポストカードセット
<クリス、レオン&レベッカ・3枚組>(非売品)
※ポストカードは6/24(土)実施のイベント時に配布したものと同一のものになります。)
※本イベント上映回をご鑑賞の方全員への入場者プレゼントとなります。
【抽選会】上映終了後に『バイオハザード:ヴェンデッタ』の素敵なグッズが当たる抽選会を実施します。

映画情報どっとこむ ralph ★ムーブオーバー上映情報★
公開大ヒットにつき、ムーブオーバーします。
上映劇場が変更になります。

劇場:角川シネマ新宿

上映期間:7/15(土)~7/28(金) 2週間、期間限定

***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

堀未央奈(乃木坂46)も参加!日本語吹替収録『バイオハザード:ヴェンデッタ』発売決定!


映画情報どっとこむ ralph ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントは、「バイオハザード」シリーズのフルCGアニメーション映画最新作、『バイオハザード:ヴェンデッタ』のブルーレイ&DVDを9月6日(水)に発売することが決定しました。

ゲームのみならず、映画、舞台、コミックと次々にフィールドを広げて全世界で圧倒的な支持を獲得している『バイオハザード』シリーズ。
本作は、『バイオハザード』本来の魅力であるホラー要素を追求し、「原点回帰」したフルCGアニメーション映画の最新作です。

制作陣には日本が誇る超豪華スタッフが集結!

エクゼクティブ・プロデューサー:清水 崇(『呪怨』『こどもつかい』)、監督:辻本 貴則(『THE NEXT GENERATION -パトレイバー-』)、脚本:深見 真(『PSYCHO-PASS サイコパス』)、音楽:川井 憲次(『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』)、原作監修:小林 裕幸(カプコン)(「バイオハザード」シリーズ)ら、日本が誇る最高のスタッフ陣によって、最高の「恐怖」と「アクション」が幕をあけます!
(※本来は辻本貴則監督の名前の「辻」は一点しんにょうとなります。)

さらに、ブルーレイ&DVDには劇場で公開されなかった日本語吹替バージョンを初収録!


東地宏樹(クリス役)、森川智之(レオン役)、小清水亜美(レベッカ役)らおなじみのキャストに加え、桐本拓哉、大友龍三郎、大原さやか、戸松遥ら超豪華声優陣が登場。熱狂的「バイオハザード」ファンとして有名な堀未央奈(乃木坂46)も特別参加しています!

【予告編映像(日本語吹替版)】

【予告編映像(日本語字幕版)】

映画情報どっとこむ ralph バイオハザード:ヴェンデッタ』ブルーレイ&DVD 9月6日(水)発売!
※デジタルセル 8月9日(水)順次配信
※PlayStation(TM)Video 7月26日(水)先行配信

■ブルーレイ&DVDセット 5,800円+税
■プレミアム・エディション【初回生産限定】 7,800円+税
■4K ULTRA HD&ブルーレイセット 7,800円+税

公式ホームページ


発売元・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(c) 2017 CAPCOM / VENDETTA FILM PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.

***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

Dolby Atmos で観るトークショー付き『バイオハザード:ヴェンデッタ』決定!


映画情報どっとこむ ralph シリーズ累計販売本数7,700万本を超えるサバイバルホラーゲームの代名詞『バイオハザード』シリーズ。

そのフルCG長編アニメ映画最新作『バイオハザード:ヴェンデッタ』興行収入も1億円は突破(公開14日目)し、現在も全国で大ヒット上映中です。

この度、ファンの皆さまが、驚異のサウンド〝ドルビーアトモス〟での上映とトークを合わせて楽しめる鑑賞会イベントを開催します!ミニトークには本作の脚本を担当し、ノベライズも執筆の深見真さん、そし本作で原作監修を務めた小林裕幸プロデューサー(カプコン)が登壇してトークを展開します。

映画情報どっとこむ ralph みんなで体験!驚異のサウンド〝Dolby Atmos (ドルビーアトモス)〟で観る『バイオハザード:ヴェンデッタ』鑑賞会(トークショー付き)

実施日:6月24日(土)
場所:イオンシネマ幕張新都心 スクリーン8
(千葉市美浜区豊砂1-1イオンモール幕張新都心グランドモール3階)
実施時間:12:00の回、上映終了後
登壇:深見真氏 (バイオハザード:ヴェンデッタ 脚本)
小林裕幸氏(カプコン プロデューサー/バイオハザード:ヴェンデッタ 原作監修)
※登壇者は予告無く変更になることもございますのであらかじめご了承ください。
※チケット発売、上映時間などに関する詳しい情報は劇場HP、または直接劇場へお問い合わせください。
イオンシネマ幕張新都心劇場公式HP

【鑑賞料金】通常料金
【チケット発売方法】
<e席リザーブ> 6月16日(金)午前 0:15より開始
こちら
<チケット窓口> 6月16日(金) 午前 9時より開始(劇場営業開始時間より)
【注意事項】
・e席リザーブでの発売はおひとりさま、6枚までの購入が可能です。
・パソコン、スマートフォンからも、e席リザーブにてご購入頂けます。
・先着販売となりますため、規定枚数に達し次第販売を終了させて頂きます。
・e席リザーブで完売した場合は、劇場窓口販売はありません。
・転売・転用目的の購入は固くお断り致します。
・場内でのカメラ(携帯カメラを含む)、ビデオによる撮影・録音等は固くお断りいたします。
・お電話でのご予約は承っておりませんので予めご了承くださいませ。

映画情報どっとこむ ralph

バイオハザード:ヴェンデッタ

2017年5月27日(土)公開です!

公式サイト:
biohazard-vendetta.com

物語・・・
対バイオテロ組織「BSAA」のクリス・レッドフィールドは、ある情報を基に、武器密売組織の拠点である謎の洋館へ突入する。探索の最中、クリスは国際指名手配犯であるグレン・アリアスと対峙するも、信じがたい光景を目の当たりにし、結果アリアスを逃してしまう。

一方、元ラクーン市警の特殊部隊「S.T.A.R.S.」の一員だったレベッカ・チェンバースは、現在は大学教授として、「死者が甦り、凶暴化する」という不可解な事件の調査、研究に携わっていた。

事件の調査により、「新型ウィルス」が関係していることを突き止めた彼女は、治療薬の開発に成功。その直後、研究所が何者かに襲撃され、レベッカは死の危険にさらされてしまう。協力を求めるため、新型ウィルスが関わる事件を最もよく知る人物、アメリカ大統領直轄のエージェント組織「DSO」所属のレオン・S・ケネディのもとへ向かうクリス。
再会を果たした二人は、アリアスの真の目的が“バイオテロ”だと掴み、その策略を阻止する為、彼を追いニューヨークへと向かうのであった。

***********************************

エグゼクティブ・プロデューサー:清水崇 『呪怨』シリーズ
監督:辻本貴則 『THE NEXT GENERATION パトレイバー』
脚本:深見真 『PSYCHO-PASS サイコパス』
音楽:川井憲次 『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』
原作監修:小林裕幸 『バイオハザード』シリーズ
製作:マーザ・アニメーションプラネット
配給:KADOKAWA
© CAPCOM / VENDETTA FILM PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『バイオハザード:ヴェンデッタ』辻本貴則監督&押井守トークショー上映決定!


映画情報どっとこむ ralph シリーズ累計販売本数7,700万本を超えるサバイバルホラーゲームの代名詞『バイオハザード』シリーズ。そのフルCG長編アニメ映画最新作『バイオハザード:ヴェンデッタ』が全国で大ヒット上映中です。

公開前に映画PRで対談が実現してましたが、この度、大ヒットを記念しまして、辻本貴則監督が普段から〝師〟と仰いでいる押井守氏( 『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』 )をゲストに迎え、上映終了後にトークショーを急きょ開催する運びとなりました。

遠慮なく言える師弟関係だからこそのトークが聞けるチャンスが到来!!かつ上映後のトークショーなので、ネタバレありのここでしか聞けない話を語っていただく予定だそうです!

映画情報どっとこむ ralph 『バイオハザード:ヴェンデッタ』大ヒット御礼!
辻本貴則監督&押井守氏によるスペシャル・トークショー付き上映

実施日:6月13日(火)
場所: 新宿ピカデリー (新宿区新宿3-15-15)
実施時間:19:30回上映終了後
登壇予定:
辻本貴則(『バイオハザード:ヴェンデッタ』 監督)
押井守(『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』『イノセンス』 『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』)
※登壇者は予告無く変更になることもございますのであらかじめご了承ください。
※チケット発売、上映時間などに関する詳しい情報は劇場HPをご確認ください。
新宿ピカデリー 劇場公式HP:こちら  

***********************************

エグゼクティブ・プロデューサー:清水崇 『呪怨』シリーズ
監督:辻本貴則 『THE NEXT GENERATION パトレイバー』
脚本:深見真 『PSYCHO-PASS サイコパス』
音楽:川井憲次 『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』
原作監修:小林裕幸 『バイオハザード』シリーズ
製作:マーザ・アニメーションプラネット
配給:KADOKAWA
© CAPCOM / VENDETTA FILM PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

緊急決定【バイオハザード:ヴェンデッタ】プロデューサー トークショー付上映 in大阪


映画情報どっとこむ ralph シリーズ累計販売本数7,700万本を超えるサバイバルホラー・アクションゲームの代名詞『バイオハザード』シリーズ。そのフルCG長編アニメ映画最新作『バイオハザード:ヴェンデッタ』が5月27日(土)より公開となりました!!

メイン館となる新宿ピカデリーでは、満席の回が続出する大ヒットスタートを切りました。この度、大ヒットスタートを記念しまして、「バイオハザード」シリーズのプロデューサーで本作の原作監修を務めたカプコンの小林裕幸氏と本作の製作に携われたプロデューサーである篠原宏康氏のふたりのプロデューサーが語るミニトークショーを大阪なんばパークスシネマにて開催する運びとなりました。

映画情報どっとこむ ralph ★『バイオハザード:ヴェンデッタ』大ヒット御礼!プロデューサー ミニトークショー付き上映★​

実施日:6月4日(日)​
場所:なんばパークスシネマ  (大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークス8F)​
実施時間:13:30の回上映終了後​
登壇(予定):
小林 裕幸 (カプコン プロデューサー / 『バイオハザード:ヴェンデッタ』 原作監修)​
篠原 宏康 (『バイオハザード:ヴェンデッタ』 プロデューサー) ​
MC:千葉 淳(『バイオハザード:ヴェンデッタ』 宣伝プロデューサー)​

※登壇者は予告無く変更になることもございますのであらかじめご了承ください。​
※チケット発売、上映時間などに関する詳しい情報は劇場HPをご確認ください。​
なんばパークスシネマ
劇場公式HP


【鑑賞料金】通常料金​
※前売鑑賞券、サービスデー・各種割引がご利用いただけます。
※各種ご招待券、PCMembersクーポンはご利用いただけません。​

【チケット販売】​
[劇場インターネット販売] PCMembers会員様・非会員様共に 6月1日(木)00:00~​
[場窓口販売] 6月1日(木) 劇場オープン~​
※劇場オープン時に空席のあった場合のみ窓口にて販売致します。
※インターネット販売で完売となった際は、窓口での販売は御座いません。​

≪一般発売に関する注意事項≫​
※チケットの販売はお一人様4枚までとさせていただきます。※特別興行につき、各種招待券・株主優待・PCMembersクーポンはご利用いただけません。​
※オンライン販売でご購入の場合は、クレジット決済またはキャリア決済のみのお支払いとなります。(現金ではご購入いただけません。)​
※お電話でのご予約は承っておりません。※転売・転用目的の購入は固くお断りいたします。​
※ご購入後の払い戻し、座席変更は承っておりません。※当日はマスコミによる取材が入る可能性がございます。予めご了承ください

映画情報どっとこむ ralph

映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』は全国公開中。

物語・・・
対バイオテロ組織「BSAA」のクリス・レッドフィールドは、ある情報を基に、武器密売組織の拠点である謎の洋館へ突入する。探索の最中、クリスは国際指名手配犯であるグレン・アリアスと対峙するも、信じがたい光景を目の当たりにし、結果アリアスを逃してしまう。一方、元ラクーン市警の特殊部隊「S.T.A.R.S.」の一員だったレベッカ・チェンバースは、現在は大学教授として、「死者が甦り、凶暴化する」という不可解な事件の調査、研究に携わっていた。事件の調査により、「新型ウィルス」が関係していることを突き止めた彼女は、治療薬の開発に成功。その直後、研究所が何者かに襲撃され、レベッカは死の危険にさらされてしまう。協力を求めるため、新型ウィルスが関わる事件を最もよく知る人物、アメリカ大統領直轄のエージェント組織「DSO」所属のレオン・S・ケネディのもとへ向かうクリス。再会を果たした二人は、アリアスの真の目的が“バイオテロ”だと掴み、その策略を阻止する為、彼を追いニューヨークへと向かうのであった

***********************************

エグゼクティブ・プロデューサー:清水崇 『呪怨』シリーズ
監督:辻本貴則 『THE NEXT GENERATION パトレイバー』
脚本:深見真 『PSYCHO-PASS サイコパス』
音楽:川井憲次 『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』
原作監修:小林裕幸 『バイオハザード』シリーズ
製作:マーザ・アニメーションプラネット
配給:KADOKAWA
© CAPCOM / VENDETTA FILM PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

製作陣熱すぎトーク『バイオハザード:ヴェンデッタ』プレミアムオールナイトレポ


映画情報どっとこむ ralph 全世界で累計売上本数7,700万本を超えるサバイバルホラーゲームの代名詞「バイオハザード」。そのフルCG長編アニメーション映画最新作『バイオハザード:ヴェンデッタ』の公開がスタートを切った。26日(金)に、世界最速公開で上映される『バイオハザード:ヴェンデッタ』と過去2作品を3本続けて観賞できるプレミアムオ–ルナイトが行われました。

本作のエグゼクティブ・プロデューサーの清水崇、監督の辻本貴則、『バイオハザード』シリーズのプロデューサーでもあり、原作監修のカプコンの小林裕幸、アニメーションを製作したマーザ・アニメーションプラネットから、本作プロデューサーの宮本佳を迎えてのトークイベントは大いに盛り上がった。

『バイオハザード:ヴェンデッタ』世界最速公開プレミアムオールナイト
日程:5月26日(金)
受付:新宿ピカデリー
登壇:エグゼクティブ・プロデューサー:清水崇、辻本貴則監督、原作監修カプコン小林裕幸、マーザ・アニメーションプラネット宮本佳P

映画情報どっとこむ ralph 制作陣は本作のTシャツを身にまとい登場。

清水EP:遅い時間にも関わらず来ていただいてありがとうございます。

と遅い時間にもかかわらず最速上映という事で足を運んでくれたみんなへ感謝を述べた。そして

辻本監督:世界最速上映なのですが、みなさん帰れなくなってきたわけではないですよね?

と映画を目当てに来てくれたのかといきなりお客様へ問いかけ、初めて観客に作品を披露する興奮のあまり自己紹介を忘れてしまい、「あなたは誰ですか?」とMCに突っ込まれる一幕も。挨拶をするだけなのに既に会場を沸かせていた。

「ヴェンデッタ」はいつ頃からどのように制作に向けて動き出したのか問われると、

マーザの宮本さん:2014年のマーザにもともとソニー・ピクチャーズさんで『バイオハザード』の映画関係のお仕事をしている方が入ってきて、せっかく新しいスタジオに入ったので、USのソニーの方と小林さんとお話ししたことから少しづつ『ヴェンデッタ』制作がスタートしたと聞いてます。多分2014年の今頃だったと思います。

と話してくれた宮本さんの話を受けて、

小林さん:話は結構前から出ていたけれども、色々なことに時間がかかってしまい、やっとGOできるとなったのが2015年の3月、4月ごろだったと思います。

とスタートするまでの道のり明かしてくれた。

映画情報どっとこむ ralph 2年前の段階では、清水さん、辻本さんの参加は決まってなく、スタッフもスタジオも変わることになり、こういうことをやりたい、期待したいとあったのかと質問されると、

小林さん:結局は、監督、プロデューサーが何をやりたいかという事だと思うんですね。最初に何やりますかとお2人がまだ決まっていなかった時に、「バイオハザード」をやりたい。実写みたいにバトルゲームとは違う世界観で、ポール・S・アンダーソンの世界観もできるし、ゲームに沿ったストーリーもできるしというところから、ゲームの世界観でやりたかったので、方向性が決まった感じなんです。

と語る。そして今回の原点回帰をテーマにしたのはと聞かれると、

小林さん:今回インタビューの中で原点回帰の話をしていて僕が原点回帰を言い出した風になってますが、実はマーザさんからやりたいなと提案があったんですよ。

と意外な事実を明かし。

宮本さん:マーザは、『バイオハザード』を今まで扱ったことがなかったんですけど、「バイオ」のゲームをやってきている年代が3、40代で、「バイオ」の1、2、3をやってきている世代。「バイオ」をやってた世代として、「バイオ」をやるならそのあたりをやりたいなと思ったので提案しました。

と語った。

そのようなやり取りを経て、コンセプトが決まって清水さん、辻本監督がようやく招聘されたことに関して、

清水さん:コンセプトが決まった後に、突然お話をいただきました。ただ僕自身の諸々のスケジュールとかがあって、ごねたわけではないんですが、CG制作には時間がかかると聞いていたし、途中で投げ出すわけにはいけないだろう、この状況で監督を引き受けるのは難しいかもと思って色々とお話をさせてもらったんです。そしてアクションもあるという事で僕の出番はないかなと思ったんですけどね。原点回帰ということで、ホラーという事もあり僕にお話をしてくれたんだと思うんです。そして監督ではないにしろ残って参加するのであれば結構僕言いますよとお伝えしたんですね。アクション押しでいくことになって辻本監督がはいられることになったので、最初のホラーの部分はかなり気にして画コンテとかチェックさせてもらったりとかしました。

とオファーをもらってからのことを語ってくれた。それを受けて

辻本監督:内容が決まるまでが結構大変で、お目付け役の清水さんが結構お忙しすぎて中々会えなかったんですよ(笑)。プロットがあがる前に色々と修正が来るわけですよ。プロットの枚数より多い、赤で修正が入ったものが来るわけですよ。多分血で書いたんでしょうね、足刺しながら書いたんでしょうね。血文字で呪われそうな字で書いてあって、あぁこれが清水崇かと思ったのが最初です。

と語り、それに続くように小林さん、宮本さんも「元の文字が見えないほど真っ赤だった」と。

清水さん:持ち上げられているのかディスられてるのかわからない。

と突っ込み会場を沸かせていた。赤字ネタで持ち上げられた清水さんは負けじと、

清水さん:辻本監督は、後から参加が決まった、引け目があったみたいでずーっと皆の顔をうかがって、監督なのに一番様子見てましたよね。

と反撃。すると

辻本監督:誰に従えば俺はこのプロジェクトで生き残れるかと様子見てて、最終的には全員に気使った方がいいのかと思ったんですよ。

と当時の心境を吐露。MCから「だから今までのストレスがこういったディスり方に。。。まさか舞台挨拶が発散の場になってるなんて」と言われてしまうなど、さらに突っ込みを受けていた。

映画情報どっとこむ ralph お互いに突っ込みながらもいい関係を築き上げている点に、

宮本さん:お2人とも実写の映画ではすごく活躍されているんですけれども、今回初めてのフルCGだったので、正直ビクビクしてました。小林さんは過去2作に関わっているので、正直こんなことをやったらコストかかるんじゃない?と最初から言ってくださっていて、清水さんと監督にはいつ言ったらいいのかなとヒヤヒヤしてたんですけれども、お2人とも感がすごく言い方なので、途中からスタッフが何だか変な顔をしていると、『ここ変えようか?』、『こここうしようか?』と言ってくださったので実は制作としては楽だったんですよ。

と持ち上げる。

宮本さん:消え物(食べるものは)なくなっていくじゃないですか?なくなっていくモデルを作らなくてはいけなくて、CGのディレクターの方がなんか気まずそうにしているから『どうしたの?』 と聞くと、『これ食べなきゃいけないですかね?食べかけがないので作らなきゃいけないんですよ。』 と言われ食事シーンが結構大変だという事に気づきました。」と辻本監督が初めての制作の現場体験を語ってくれ、清水さんも 「実写だったら、ハンバーガーにしよう、おにぎりもう1個欲しいとなればすぐに買いに行けるんです。

同じく実写との違いに気づいたと語った。

いくつか質問を予定してたが、話したいことがたくさんあるフタッフのトークであっという間に時間が来てしまい、まだ話し足りない感じの制作陣。ようやく一般の方々へみてもらえる日を迎え、

宮本さん:400人ぐらいのスタッフが、2年間皆さんに見てもらうべく頑張ってきました。是非楽しんでください。

小林さん:ゲームをしている人にはおなじみのクリス、レオン、レベッカが登場し、オリジナルのキャラクターも活躍します。今日は楽しんでみてください。そして明日も観に来てください。

と何度でも楽しめる作品だとアピール。

辻本監督:最速上映で朝までお付き合いしてもらわないといけない。でも本作を楽しみにしてくれている人たちに届けたくて創りました。皆さんに絶対満足してもらえる作品になっていると思います。是非楽しんでください。今日はホラーアクション、『バイオハザード』という事で集まってくれてますが、女性の方が思っていた以上に来てくださっていて実はほっとしています。アクションもですが、ドラマの部分もきちんと描けてると思います。もし楽しめたら明日以降また来てほしいですし、友達にも伝えてほしいです」といいつつもまとめれずまた会場を沸かせていた。

映画情報どっとこむ ralph 映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』は全国公開中。

***********************************

エグゼクティブ・プロデューサー:清水崇 『呪怨』シリーズ
監督:辻本貴則 『THE NEXT GENERATION パトレイバー』
脚本:深見真 『PSYCHO-PASS サイコパス』
音楽:川井憲次 『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』
原作監修:小林裕幸 『バイオハザード』シリーズ
製作:マーザ・アニメーションプラネット
配給:KADOKAWA
© CAPCOM / VENDETTA FILM PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

最新作『バイオハザード:ヴェンデッタ』限定クリアファイル配布が決定


映画情報どっとこむ ralph シリーズ累計販売本数7,700万本を超えるサバイバルホラー・アクションゲームの代名詞『バイオハザード』シリーズ。
そのフルCG長編アニメ映画最新作『バイオハザード:ヴェンデッタ』がいよいよ5月27日(土)より公開です。

公開劇場にてご来場いただきましたお客様へ、先着での配布が決定したのは映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』限定クリアファイル。

1週目はクリス、2週目はレオン、3週目はレベッカと毎週違うキャラクターで、劇場でしか手に入らないレアグッズとなります。

映画情報どっとこむ ralph 『バイオハザード:ヴェンデッタ』3週連続入場者プレゼント概要​

【第1弾(1週目)】​
名称:「『バイオハザード:ヴェンデッタ』 キャラクター・クリアファイル クリス・レッドフィールド Ver.」(非売品)​
配布期間:5月27日(土)~6月2日(金)​

【第2弾(2週目)】​
名称:「『バイオハザード:ヴェンデッタ』 キャラクター・クリアファイル レオン・S・ケネディ Ver.」(非売品)​
配布期間:6月3日(土)~6月9日(金)​

【第3弾(3週目)】​
名称:「『バイオハザード:ヴェンデッタ』 キャラクター・クリアファイル レベッカ・チェンバース Ver.」(非売品)​
配布期間:6月10日(土)~6月16日(金)​

※鑑賞者1名様につき、1つのお渡しとなります。​
※数量限定の為、なくなり次第配布終了となります、​
※入場者プレゼントを実施する劇場に関しましては、公式HPまたは該当劇場のHPをご確認くださいませ。​

公式HP:
biohazard-vendetta.com/news/

映画情報どっとこむ ralph 【ストーリー】​
対バイオテロ組織「BSAA」のクリス・レッドフィールドは、ある情報を基に、武器密売組織の拠点である謎の洋館へ突入する。探索の最中、クリスは国際指名手配犯であるグレン・アリアスと対峙するも、信じがたい光景を目の当たりにし、結果アリアスを逃してしまう。一方、元ラクーン市警の特殊部隊「S.T.A.R.S.」の一員だったレベッカ・チェンバースは、現在は大学教授として、「死者が甦り、凶暴化する」という不可解な事件の調査、研究に携わっていた。事件の調査により、「新型ウィルス」が関係していることを突き止めた彼女は、治療薬の開発に成功。その直後、研究所が何者かに襲撃され、レベッカは死の危険にさらされてしまう。協力を求めるため、新型ウィルスが関わる事件を最もよく知る人物、アメリカ大統領直轄のエージェント組織「DSO」所属のレオン・S・ケネディのもとへ向かうクリス。再会を果たした二人は、アリアスの真の目的が“バイオテロ”だと掴み、その策略を阻止する為、彼を追いニューヨークへと向かうのであった。

***********************************

エグゼクティブ・プロデューサー:清水崇 『呪怨』シリーズ
監督:辻本貴則 『THE NEXT GENERATION パトレイバー』
脚本:深見真 『PSYCHO-PASS サイコパス』
音楽:川井憲次 『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』
原作監修:小林裕幸 『バイオハザード』シリーズ
製作:マーザ・アニメーションプラネット
配給:KADOKAWA
© CAPCOM / VENDETTA FILM PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『バイオハザード:ヴェンデッタ』押井守、津田健次郎らコメント到着


映画情報どっとこむ ralph シリーズ累計販売本数7,700万本を超えるサバイバルホラー・アクションゲームの代名詞『バイオハザード』シリーズ。
そのフルCG長編アニメ映画最新作『バイオハザード:ヴェンデッタ』が5月27日(土)より公開いたします。

公開に先駆けましてマスコミ試写等で見ていただきました、各界の著名人よりコメントが到着しました!!

また、『バイオハザード:ヴェンデッタ』オフィシャルツイッター(@bio_vendetta)をフォローしキャンペーンツイートをRT(リツイート)すると、RT(リツイート)を行ったアカウントの方の中から抽選で映画オリジナルグッズが当たるRT(リツイート)キャンペーンを開催いたします。

映画情報どっとこむ ralph 到着コメント(順不同)

押井守(映画監督)
いまどき珍しい正統派バディ・ムービー。
男くさいクリスと悩めるレオンがタッグを組んで可憐なレベッカも健在です。
アクションとドラマにホラーも復活して欲張りだけど、ちゃんと火は通してます。劇場でもう一回見ようかな、と。

押切蓮介(漫画家)
呪怨もある!ガンカタもある!
この作品がバイオの中で一番好きかもしれません。勿論見終わった後はゲームの『バイオ』もやりたくなりました。これを書き終わったら間髪入れずにやるつもりです。

伊藤美和(『ゾンビ論』『ゾンビ映画大辞典』著者)
ゲームと映画、ホラーとアクションの美味しいとこ取り!個人的にはとても新鮮な映像体験でした。

津田健次郎(声優)
バイオハザードシリーズの世界観に、CG技術を存分に活かしたアクション。
とてもエンターテイメントしてました!

大河元気(声優)
これこそ待ち望んでいたバイオ映画!!このクリスが!このレオンが観たかった!!

映画情報どっとこむ ralph ★『バイオハザード:ヴェンデッタ』 RT(リツイート)キャンペーン概要★

【開催期間】5/19(金)17:00~5/31(水)<23:59まで>
【参加方法】オフィシャルツイッターをフォローの上、オフィシャルツイッターより発信されるキャンペーンツイートをRTで応募完了。
※ツイートをRT(リツイート)頂くだけで特に応募の手続きは発生しません。

【賞品】
A.マスコミプレスシート&ポスターセット 5名様
〝清水崇エグゼクティブ・プロデューサー〟&〝辻本貴則監督〟直筆サイン入り
マスコミプレスシート(A4サイズ・非売品)と劇場メインビジュアルポスター(B1サイズ・非売品)をセットで!
※画像はイメージです。※画像のプレスシートにサインを入れたものになります。

B.ノベライズ本 10名様
本作で脚本も務める、〝深見真〟氏によるノベライズ本を〝深見真〟氏の直筆サイン入りで!
※画像はイメージです。※画像のノベライズ本にサインを入れたものになります。
「バイオハザード ヴェンデッタ (深見真 著・角川ホラー文庫 刊)」
定価 605円(本体560円+税)発売日:2017年05月25日

【注意事項】
※当選者には後日、商品のお送り先について公式アカウントからDMにてご連絡があります。
※ご当選者へのご連絡及び商品の発送については6月中を予定しています。
※本キャンペーンの実施に関する問い合わせに関しては一切お答えできませんのであらかじめご了承ください。
※本キャンペーンは諸般の事情により期間内に早期終了の場合がございます。あらかじめご了承ください。
※商品の選択はできませんので、予めご了承くださいませ。

***********************************

エグゼクティブ・プロデューサー:清水崇 『呪怨』シリーズ
監督:辻本貴則 『THE NEXT GENERATION パトレイバー』
脚本:深見真 『PSYCHO-PASS サイコパス』
音楽:川井憲次 『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』
原作監修:小林裕幸 『バイオハザード』シリーズ
製作:マーザ・アニメーションプラネット
配給:KADOKAWA
© CAPCOM / VENDETTA FILM PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.

    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ペンギンズ登壇!映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』公開直前イベント


映画情報どっとこむ ralph 全世界で累計売上本数7,700万本を超える大ヒットゲームシリーズのフルCG長編アニメーション映画最新作『バイオハザード:ヴェンデッタ』。

公開を前に5月18日(木)、人気急上昇中のお笑いコンビ「ペンギンズ」のアニキさんとノブオさんがトークイベントに登場。

映画の魅力をおなじみの芸風に乗せて語るとともに、映画の世界観を体験できるPlayStation VRを体験した。

映画情報どっとこむ ralph 2人が映画あの宣伝のイベントに登場するのは今回が初めて。

「アニキ、こちらです」というノブオの先導で登場したアニキさんは渋い口調で

アニキさん:どうも、アロハとA-ウイルスでやらせてもらってます。

と本作にちなんだネタを披露。

続いてノブオの甲高い声とアニキの渋い口調を交互に交えながら映画の魅力を紹介し、笑いに。さらに

アニキさん:それじゃ最後にダジャレを一発!ロケットランチャーを乱射…

と独特の掛け合いを披露。

映画情報どっとこむ ralph 実はノブオさんは『バイオハザード』の熱烈ファン

ノブオさん:実写もフルCGアニメも全部見ています!ずっと好きだったからうれしくて…

と涙声で感激を語り、本作のTシャツを着て

ノブオさん:ノブオだぞ!

とトレエンの斉藤さんネタを見せるなどノリノリ。

ノブオさん:映像で度肝を抜かれて、ストーリーもハラハラ! 最初から最後まで胸がこんなにバクバクした映画は初めて!

といつも以上にさらに興奮した口調で語る。

映画情報どっとこむ ralph 一方、アニキさんはバイオハザードは初心者とのことだが、それを明かすと、思わず

ノブオさん:帰れ!

と、“バイオハザード愛”はアニキへの忠誠をも超えるほど…? 改めてアニキは、初体験の『バイオハザード』映画について

アニキさん:映像がキレイでびっくりしました。初心者が初めて見るにはうってつけの作品。やっぱりノブオは目をつけるところがいいな。

ノブオさん:ずっとアニキに見てほしかったんで嬉しいっす!

と感激していた。

映画情報どっとこむ ralph 本作では、レオンとクリスの初タッグが実現するという、ゲームファンにとってたまらない展開となっているが、

ノブオさん:嬉しい。ひとことで言うと『泣けるぜ』

とレオンの口癖で喜びを表現。司会者からアニキに、レオンとクリスの2人がハリウッドスターのような存在だと説明がされたが、これを受け、

ノブオさん:アニキはもっと有名だって言ってましたよね?

と振り、

アニキさん:言ってねえ。

と返すと、ノブオは司会者に

ノブオさん:言ってねぇよ!アニキは無名なんだよ!

と再びキレ気味に絶叫。これには

アニキさん:何て言っていいかわかんねぇ…

と困惑。

さらに、ゲームの人気キャラであるレベッカの存在について、

アニキさん:色っぽい。俺の行ってるスナックにはいねぇな。

と語ると、司会者が興味津々にちょっと照れてますか?と切り込んだが、

ノブオさん:アニキにそういう質問すんじゃねーよ! アニキ、童貞なんだから!

と衝撃の暴露。会場は爆笑に包まれ、

アニキさん:あんまりそこは言わないで…

と苦笑していた。

映画情報どっとこむ ralph この日は、アニキが5月24日より配信がスタートする「PlayStation VR」のスペシャルコンテンツで、映画の中の世界をゾンビの視点で体験!

途中、あまりのリアリティに思わず

アニキさん:うわっ! 怖い!


など生のリアクションも飛び出し「迫力がすごいです」とそのすさまじさを語ったが、

ノブオさん:アニキから聞いたことのないトーンの声が出てました。見てらんなかったっすね!

と失望コメントが飛び出し、会場は再び笑いに包まれた。

映画『バイオハザード:ヴェンデッタ

は5月27日(土)より公開です。

***********************************

エグゼクティブ・プロデューサー:清水崇 『呪怨』シリーズ
監督:辻本貴則 『THE NEXT GENERATION パトレイバー』
脚本:深見真 『PSYCHO-PASS サイコパス』
音楽:川井憲次 『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』
原作監修:小林裕幸 『バイオハザード』シリーズ
製作:マーザ・アニメーションプラネット
配給:KADOKAWA
© CAPCOM / VENDETTA FILM PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ