「ハーヴェイ・カイテル」タグアーカイブ

ウェス・アンダーソン監督が日本舞台でアニメ映画『Isle of Dogs』(原題)


映画情報どっとこむ ralph 全世界で大ヒットし、アカデミー賞最多9部門ノミネート、最多4部門受賞の『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)の製作陣が再結集する、20世紀フォックス映画配給にて、2018年の全世界公開予定の映画『Isle of Dogs』(原題)。


本作は、全編にわたり日本を舞台とし、失踪した愛犬を探す少年と犬たちの壮大な旅と冒険をストップモーション・アニメーションで描きます。

声優陣として、ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、野村訓市といった、アンダーソン監督作品常連の豪華俳優陣に加え、新たにスカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノら多彩な才能が集結したことでも話題となっている本作は、ただいま絶賛製作中です。

映画情報どっとこむ ralph 先日、海外ニュースサイトのIndieWireでのインタビューにおいて、最新作『Isle of Dogs』(原題)のアイデアの源泉について語ったウェス・アンダーソン監督。

アンダーソン監督がまず挙げているのが、70年代にTVアニメ(ストップモーション・アニメーション)として一世を風靡した、 “ランキン・バス クリスマス スペシャル”です。アンダーソン監督は、この作品を子供の頃に夢中で見ていたといい

アンダーソン監督:いつか自分でもあんな作品(人形アニメーション)を作って見たかったんだよ。

と語っています。

映画情報どっとこむ ralph そして、もう一つアイデアの源泉として挙げているのが、黒澤明監督です。本作を制作にするにあたって、黒澤明監督への熱烈なる敬愛を余すことなく表明しているアンダーソン監督ですが、

アンダーソン監督:新作、「Isle of Dogs」は黒澤作品からの影響の方が(ストップモーション・アニメーションより)大きいかもしれないね。

と断言。そこでこの度、日本のファンに向けて特別に、ウェス・アンダーソン監督本人にお気に入りの黒澤作品を聞きました!

アンダーソン監督:もちろんお答えするよ!挙げるとすれば、『天国と地獄』『悪い奴ほどよく眠る』『酔いどれ天使』かな。

ひとつめに挙げた“ランキン・バス クリスマス スペシャル”を制作したランキン・バス・プロダクションは、日米合作作品も多く残しており、のちに関連会社が宮崎駿監督作品『風の谷のナウシカ』の制作母体となったことでも知られていますが、黒澤監督同様、宮崎駿監督作品にも深い敬意を持っていると明かしているアンダーソン監督の日本文化への愛が垣間見られます。

単に日本を舞台としているだけでなく、日本のエンターテイメントの源流にまで視野に入れた最新作、『Isle of Dogs』でどのような世界が展開されるのか、今から期待が膨らみます。

***********************************

    


戸田奈津子x井関惺『Smoke』トークイベントで懐かしみながら語った!


映画情報どっとこむ TJ 不朽の名作『Smoke』がデジタルリマスター版となって 12 月 17 日(土)より公開となりました。この作品は 21 年前 YEBISU GARDEN CINEMA で記録的なロングラン上映をはたし、その後日本中でヒットしたもの。

そして本作の字幕翻訳を務めた戸田奈津子さんと製作総指揮である井関惺さんによるトー クショーがYEBISU GARDEN CINEMA にて行われました!
smokedr%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88
日付:12 月 17 日(土)
会場:YEBISU GARDEN CINEMA
登壇:戸田奈津子、井関惺

映画情報どっとこむ TJ 見終えたばかりの温かい拍手の中、登壇したお二人。

まず、21 年前に公開した映画『Smoke』が再び上映することへの思いを聞かれると、

井関さん:映画をつくっていると、自分の思ってたようなものができないことがよくある。 でも今回はこうやって再上映するということは褒めていただけたということ。単純にすごく嬉しい です。

と、再上映に至ったことへの喜びを語り、 一方で

戸田さん:あの頃から21 年も経ったなんて信じられな〜い。私の中では 10 年ぐらいの感覚。 とんでもなく時がすぎていくわ。昔からある映画をこうやって観るチャンス を与えられることは、オールドファンからして涙がでるくらい嬉しいです。

と喜びを語りました。

映画情報どっとこむ TJ 本作をつくることになった経緯を聞かれると

井関さん:1995 年、12 月25日にニューヨークタイムズ紙にのった、ポール・オースターの短編小説が原作になっています。オースターのニューヨーク 三部作を読んでいた私は彼の大ファンでした。ちょうど、『Smoke』の監督、ウェイン・ワンが日本に来ていて、ニューヨーク・タイムズ紙に載った本作の原作でもある、『オーギー・レンのクリスマス・ストーリ―』の切り抜きをみせられ感激して。ポール・オースターの大ファンでもあったので、ほとんどその名前だけに反応し、「制作したい!」と言いました。それが始まりです。

と説明。
smokedr%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88%e4%ba%95%e9%96%a2
また本作の製作費が約550万ドルで

井関さん:当時の日本円で7、8億円ぐらいですかね。

と話すと

戸田さん:うぁ~!すごいわね〜!

と、言う戸田さんに

井関さん:でも戸田さんが(字幕) をやってるのは、いつも100億円のばかりでしょ!

と井関から突っ込みが!これには苦笑いの戸田さんは

戸田さん:私、お金のことって分かんないのよ。

と、ありすぎて無頓着なのか?な戸田さんに・・・

井関さん:戸田さんって数字がダメなんですよ。本当に。

とフォロー!

映画情報どっとこむ TJ 本作をつくるにあたってのエピソードなどを聞かれると、

井関さん:ポール役とオーギー役は最初テ ィム・ロビンスとトム・ウェイツに決まっていたんです。ですが、ティム・ロビンスは途中で『ノ ー』といいだし、トム・ウェイツは夫婦問題で行方不明。結果、ハーヴェイ・カイテルがオーギー役、ウィリアム・ハートがポール役をすることになりました。

と本作をつくるまでの貴重な裏話を説明。 名作に隠された裏話や、再上映するにあたっての思いなど、貴重なトークを繰り広げ本イベント は終了しました。

『Smoke』がデジタルリマスター版

YEBISU GARDEN CINEMA にて絶賛上映中! 全国順次公開!

公式サイト:smoke-movie.com

舞台はNYのブルックリンの片隅の小さな煙草屋。店主オーギー(ハーヴェイ・ カイテル)と常連客の作家ポール(ウィリアム・ハート)を軸に、街の人々の偶然の出会い、見えない絆を描いた本作。原作は現代アメリカを代表する作家ポール・オースターの短編「オーギー・レンのクリスマス・ストーリー」。翻訳を東大名誉教授・アメリカ文学研究者の柴田元幸のほかに村上春樹も手掛けている(「翻訳夜話」文春新書刊)。そのポール・オースターが 自ら脚本を手掛けた。監督はウェイン・ワン。それぞれの真実と嘘、現在と過去が交錯するエピソード。そしてすべてが集約されていくようにトム・ウェイツの名曲「INNOCENT WHEN YOU DREAM」が流れるモノクロームのラストは必見!当時粋な大人の映画の魅力に浸った あなたも、苦労や小さな幸せをたくさん味わったあなたも「大切なものの多くは煙のようなもの。見えそうで見えない真実の物語」を確かめてください。

***********************************

監督: ウェイン・ワン
脚本: ポール・オースター
出演: ハーヴェイ・カイテル、ウィリアム・ハート、ストッカード・チャニング、ハロルド・ベリノー、フォレスト・ウィテカー、アシュ レイ・ジャッド

字幕翻訳:戸田奈津子

1995 年/原題 SMOKE/日米合作/DCP デジタルリマスター/113 分/ヴィスタサイズ

提供:ポニーキャニオン
配給:アークエンタテインメント
宣伝:アティカス
(c) 1995 Miramax/N.D.F./Euro Space


高橋真麻、阿佐ヶ谷姉妹と“幸せいっぱいの歌声”披露!!グランドフィナーレイベントで


映画『グランドフィナーレ』は、カンヌ国際映画祭はじめ世界中の映画祭で絶賛を浴びた、イタリアの奇才、パオロ・ソレンティーノ監督の待望の最新作。

この度、4月16日(土)の公開を記念し、本作が“音楽映画”ということにちなみ、フリーアナウンサーである高橋真麻さん、そしてお笑いコンビ・阿佐ヶ谷姉妹の“芸能界を代表する歌姫たち”による、トーク&ライブイベントが銀座にて行われました!
「グランドフィナーレ」0407イベント3
「グランドフィナーレ」0407イベントゴージャスな衣装に身を包み登場した高橋さん。すでに鑑賞したという映画について

高橋さん:とても芸術的な作品でどの場面を切り取っても画になるような作品だなと感じましたし、色味も構図もすごく素敵でした!

と話し、さらに映画のストーリーについても

高橋さん:年を重ねることに対して、こういう老後を過ごせたらいいな、今を大事にしていかなきゃいけないなと感じました。

と魅力を熱く語りました。

そして、もう一組、芸能界の中でも“歌ウマなお笑いコンビ”としてお馴染みの阿佐ヶ谷姉妹が、いつものトレードマークであるピンクの衣装に身を包み、童謡「春が来た」のメロディーに乗せて登場。

映画についての印象を聞かれると、

渡辺さん:主人公が住んでいるホテルに個性豊かなみなさん泊まっていて、わたしもあんなホテルに泊まってみたい!

と率直な印象を語った。さらに

木村さん:お姉さんは“じじ専“なのでね。

と切り出すと、本作のキャストに触れ、

渡辺さん:マイケル・ケインもハーヴェイ・カイテルも、たたずまいから仕草までセクシーで、飽きることなく堪能させていただきました。

と語り会場に笑いが!

高橋さん:良い年の取り方をされていますよね。

と思わず同意する場面も。

さらに、ピアノやトランペットが趣味な“音楽好き”な面に触れられると

渡辺さん:アカデミー賞にノミネートされた『シンプル・ソング』は魂に響くような歌でしたし、劇中に流れる“ジャスト”という曲がまたとっても心地よい曲で、真似したいなぁなんて思いました。

高橋さん:私も歌うのも聞くのも好きなんですが、クラシックだけではなくロックなど様々なので、いろんな音楽が楽しめる作品ですよね。

と話し、音楽トークで盛り上がる場面も見られました。そして阿佐ヶ谷姉妹がネタの披露をリクエストされる場面では、映画のイメージに合わせたというアダルティーなショートコンサートを披露し、“阿佐ヶ谷ワールド”全開の歌で会場を大いに盛り上げました!
「グランドフィナーレ」0407イベント2
終始和やかな雰囲気でトーク&ライブが進む中、話は映画の舞台である“高級ホテル”についての話題に。一流俳優・高橋英樹を父に持つ娘として

高橋さん:大学生の時に母親とイタリアにある“お城”をイメージしたホテルに行ったことがあって、そこは芸術的で神秘的で素敵でした。

と語り、さらに映画の内容にちなみ、“セレブ”ならではのエピソードを問われると

高橋さん:小学生の時に大好きだったタカラジェンヌの方が家に遊びに来たことがあって、それはすごく嬉しかったですね。

と語り、会場を沸かせました。

そしてイベントの最後には、阿佐ヶ谷姉妹が本作の主題歌でもある「シンプル・ソング#3」を熱唱しました。


そんな阿佐ヶ谷姉妹に負けてられまいと、今度は高橋が歌で映画の感想を・・・

アルプスのホテルで~私も癒された気分~♪

とオペラ風に高らかで歌で表現すると、会場は大きな拍手と笑いに包まれ、イベントが終了しました。

『グランドフィナーレ』ポスター物語・・・
世界的にその名を知られる、英国人音楽家フレッド(マイケル・ケイン)。 今では作曲も指揮も引退し、ハリウッドスターやセレブが宿泊するアルプスの高級ホテルで優雅なバカンスを送っている。長年の親友で映画監督のミック(ハーヴェイ・カイテル)も一緒だが、現役にこだわり続ける彼は、若いスタッフたちと新作の構想に没頭中だ。そんな中、英国女王から出演依頼が舞い込むが、なぜか頑なに断るフレッド。その理由は、娘のレナ(レイチェル・ワイズ)にも隠している、妻とのある秘密にあった──。



美しいアルプスのホテルを舞台に、引退した音楽家が、キャリアの最後に大輪の花を咲かせるべく、人生の全てをかけて大舞台に挑むまでの愛と葛藤を描いた感動作です。

グランドフィナーレ

は、4月16日(土)より新宿バルト9、シネスイッチ銀座、Bunkamuraル・シネマ、シネ・リーブル池袋他で全国順次公開です。

********************************************************************

監督:パオロ・ソレンティーノ『グレート・ビューティー/追憶のローマ』
出演:マイケル・ケイン『サイダーハウス・ルール』、ハーヴェイ・カイテル『スモーク』、レイチェル・ワイズ『ナイロビの蜂』、ポール・ダノ『それでも夜は明ける』、ジェーン・フォンダ『大統領の執事の涙』

原題:YOUTH

2015/イタリア、フランス、スイス、イギリス/124分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル
字幕翻訳:松岡葉子
© 2015 INDIGO FILM, BARBARY FILMS, PATHÉ PRODUCTION, FRANCE 2 CINÉMA, NUMBER 9 FILMS, C -FILMS, FILM4


21世紀の映像魔術師パオロ・ソレンティーノ『グランドフィナーレ』予告編解禁!


息を呑む映像美、壮大な音楽 “シネマティックオペラ”がここに誕生!!

この度、カンヌ国際映画祭を始め世界の映画祭で話題沸騰となり、本年度アカデミー賞主題歌賞にノミネートとなった映画『YOUTH』が邦題を『グランドフィナーレ』として、4月16日(土)より新宿バルト9、シネスイッチ銀座、Bunkamuraル・シネマ、シネ・リーブル池袋他で全国順次公開となります。
『グランドフィナーレ』YOUTH
監督は、『グレート・ビューティー/追憶のローマ』でアカデミー賞(R)外国語映画賞に輝き、新作を発表するたびに、権威あるカンヌ国際映画祭コンペティション部門への正式出品を勝ち取ってきた、イタリアの奇才パオロ・ソレンティーノ。

“21世紀の映像の魔術師”と称される監督が放つ、壮麗な映像美で描いた全世界注目の最新作の、予告編が遂に解禁となりました!


映像では、アルプス山脈の広大な風景や、高級リゾートホテルに集うセレブ達の豪華な生活が、壮大で美しい音楽とともに映し出される。一見、華やかな隠居生活を送る世界的音楽家・フレッド(マイケル・ケイン)であったが、女王陛下から、自身が作曲した『シンプル・ソング』の指揮を依頼されたものの、なぜか頑なに断ってしまう。その理由は、誰にも明かしていない、妻とのある秘密にあった──。家族を顧みず、音楽にすべてを捧げてきたフレッドが、娘のレナ(レイチェル・ワイズ)や友人のミック(ハーヴェイ・カイテル)、さらにホテルでの様々な出会いを通じ、どのような人生のクライマックスを迎えるのか。彼が見つけた人生の真実とはー?


主演には、『ハンナとその姉妹』『サイダーハウス・ルール』で2度のアカデミー賞を獲得した名優マイケル・ケインを迎え、引退した音楽家、フレッドがキャリアの最後に大輪の花を咲かせるべく、人生のすべてを賭けて大舞台に挑むまでの愛と葛藤を描きます。フレッドの親友で映画監督のミックには、『スモーク』『ピアノ・レッスン』のハーヴェイ・カイテル。その他、レイチェル・ワイズ、ポール・ダノ、そして本作では自身を彷彿とさせる大女優に扮した圧巻の演技で、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされたジェーン・フォンダといった、豪華キャストが脇を固めます。

本年度アカデミー賞(R)にノミネートされた主題歌「シンプル・ソング」を始め、ストラヴィンスキーやドビュッシーなどの名曲が彩る、”シネマティックオペラ”がここに誕生。ゴージャスでエレガントな非日常の世界の先に待つ、壮大なる感動のフィナーレが日本に響き渡ります!


物語・・・
世界的にその名を知られる、英国人音楽家フレッド(マイケル・ケイン)。 今では作曲も指揮も引退し、ハリウッドスターやセレブが宿泊するアルプスの高級ホテルで優雅なバカンスを送っている。長年の親友で映画監督のミック(ハーヴェイ・カイテル)も一緒だが、現役にこだわり続ける彼は、若いスタッフたちと新作の構想に没頭中だ。そんな中、英国女王から出演依頼が舞い込むが、なぜか頑なに断るフレッド。その理由は、娘のレナ(レイチェル・ワイズ)にも隠している、妻とのある秘密にあった──。

グランドフィナーレ

は、4月16日(土)より新宿バルト9、シネスイッチ銀座、Bunkamuraル・シネマ、シネ・リーブル池袋他で全国順次公開です。

********************************************************************

監督:パオロ・ソレンティーノ『グレート・ビューティー/追憶のローマ』
出演:マイケル・ケイン『サイダーハウス・ルール』、ハーヴェイ・カイテル『スモーク』、レイチェル・ワイズ『ナイロビの蜂』、ポール・ダノ『それでも夜は明ける』、ジェーン・フォンダ『大統領の執事の涙』

原題:YOUTH

2015/イタリア、フランス、スイス、イギリス/124分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル
字幕翻訳:松岡葉子
© 2015 INDIGO FILM, BARBARY FILMS, PATHÉ PRODUCTION, FRANCE 2 CINÉMA, NUMBER 9 FILMS, C -FILMS, FILM4


YOUTH邦題を『グランドフィナーレ』で公開決定!


この度、カンヌ国際映画祭を始め世界の映画祭で話題となり、本年度アカデミー賞主題歌賞にノミネートとなった映画『YOUTH』の邦題が『グランドフィナーレ』として、4月16日(土)より新宿バルト9、シネスイッチ銀座、Bunkamuraル・シネマ、シネ・リーブル池袋他で全国順次公開することが決定しました。

グランドフィナーレ

『グランドフィナーレ』
『グレート・ビューティ/追憶のローマ』でアカデミー賞(R)外国語映画賞に輝いたイタリアの奇才パオロ・ソレンティーノの最新作は・・・

引退した音楽家がキャリアの最後に大輪の花を咲かせるべく、人生のすべてを賭けて大舞台に挑むまでの愛と葛藤を描きます。

主人公の音楽家を演じるのは、名優マイケル・ケイン。彼の娘に、レイチェル・ワイズ。

親友の映画監督にはハーヴェイ・カイテル。人気俳優役に、ポール・ダノ。

また、大女優ジェーン・フォンダが圧巻の演技で、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされました。


『グランドフィナーレ』ポスターアルプスの高級リゾートホテルでの人間模様を、本年度アカデミー賞(R)にノミネートされた主題歌「シンプル・ソング」を始め、ストラヴィンスキーやドビュッシーなどの名曲が彩ります。ゴージャスでエレガントな非日常の世界の先に待つ、壮大なる感動のフィナーレが今、日本中に響き渡るー!

グランドフィナーレ

2016年4月16日(土)新宿バルト9、Bunkamuraル・シネマ、シネスイッチ銀座他 全国順次ロードショーです!

********************************************************************

監督:パオロ・ソレンティーノ
『グレート・ビューティ/追憶のローマ』

出演:マイケル・ケイン『サイダーハウス・ルール』、ハーヴェイ・カイテル『スモーク』レイチェル・ワイズ『ナイロビの蜂』、ポール・ダノ『それでも夜は明ける』、ジェーン・フォンダ『大統領の執事の涙』

© 2015 INDIGO FILM, BARBARY FILMS, PATHÉ PRODUCTION, FRANCE 2 CINÉMA, NUMBER 9 FILMS, C -FILMS, FILM4