「ハード・コア」タグアーカイブ

山田孝之 有言実行!石橋けいも登壇!『ハード・コア』本編+メイキング上映舞台挨拶!


映画情報どっとこむ ralph ドラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」(15)で絶妙なコンビネーションを見せ、「山田孝之のカンヌ映画祭」『映画 山田孝之3D』(17)の2本では、自由な映像表現で映画ファンを驚愕させた俳優の山田孝之と監督・山下敦弘。そんな盟友コンビによる待望の劇映画『ハード・コア』が11月23日(金・祝)に公開!

そしてこの度、本作の公開を記念して、12月7日(金)にヒューマントラストシネマ渋谷にて“祝・公開記念!!『ハード・コア』本編+メイキング上映イベント”が行われ、権藤右近役を演じた主演の山田孝之と、右近が思いを寄せる水沼多恵子を演じた石橋けい、本作のメガホンをとった山下敦弘監督、メイキング監督を務めた宮本杜朗が登壇しました。

このメイキングの上映は山田孝之さんが初日舞台挨拶で「メイキングの出来が良いので是非どこかで上映したい」と切望していたものです!

祝・公開記念!!『ハード・コア』本編+メイキング上映イベント
日付:12月7日(金)
場所:ヒューマントラストシネマ渋谷
登壇:山田孝之、石橋けい、山下敦弘監督、宮本杜朗メイキング監督

映画情報どっとこむ ralph 最初にこのメイキング上映イベントが開催されたいきさつについて
山田さん:壮絶な現場や、どのシーンを本編から落とすかどうかを話し合いをしている様子をぜひ表に出せたらいいなと思っていました。上映会が実現できて良かったです。

と本作を多くの人に届けたいという思いとイベント実現への喜びを語った

石橋さんは、父から“映画、面白かったよ!”と興奮交じりに電話があったというエピソードを披露。妖艶な役を演じた石橋さんは嬉しい反面複雑な心境であることを語った。


メイキング映像を見た山下監督は、

山下監督:撮影時を振り替えると未だに大変だったと感じるが、客観的に見ると、楽しそうに撮影している。

と撮影時の自分について語り、重ね

宮本メイキング監督:まだ映画が上映されているこの時期にメイキングを見てもらえることが本当に嬉しい。

と両監督の本作への力の入れ方が観客にも伝わる胸が熱くなる場面も。

宮本メイキング監督から、現場にメイキングのカメラが近くにいたら邪魔になるかと聞かれ

山田さん:気になるときは気になるけど。研ぎ澄まされていればカメラ100台いても大丈夫。

と答えた。

山田さん:山下監督はハード・コアで燃え尽きちゃってるって噂がありますけど…。

と山田さんが山下監督をいじるなど、2人の仲の良さが垣間見えるやり取りも!

映画情報どっとこむ ralph 最後に

山下監督:宮本くんが作ったメイキングをまたほかのとこでも上映していきたいです!

と熱い気持ち溢れるコメントでイベントを締めくくった。

ハード・コア

hardcore-movie.jp

本作は、90年代に漫画雑誌「グランドチャンピオン」で連載され、多くの読者の共感を呼んだ伝説のコミック「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」(作:狩撫麻礼、画:いましろたかし)の待望の映画化。

10年前に本書を読んで「男たちの結末に泣いた」という山田と20年近く前に愛読していた山下監督。映画化を夢みていた念願の企画が、ふたりがそれを表現するのに相応しい年齢になったいま、最高の形で具現化されます。30年近く前の男たちの狂おしくも熱いドラマが、生身の人間に命を吹き込まれてスクリーンで蘇ります!
【ストーリー】
現代日本―。都会の片隅で細々と生きる権藤右近(山田孝之)はあまりにも純粋で、曲がったことが大嫌いだ。間違いを正そうとする自らの信念をいつも暴力に転嫁させてしまうため、仕事も居場所もなくしてきた。そんな右近の仕事は、山奥で怪しい活動家の埋蔵金探しを手伝うこと。共に働く牛山(荒川良々)だけが唯一心を許せる友人だ。二人を見守るのが、右近の弟・権藤左近(佐藤健)。一流商社に勤務するエリートだが、腐った世の中にうんざりし、希望を失っていた。ある日、そんな彼らの前に、謎の古びたロボットが現れ、男たちの人生が一変するような一大事が巻き起こる。

***********************************

山田孝之 佐藤 健 荒川良々 石橋けい  首くくり栲象  康すおん / 松たか子
監督:山下敦弘
脚本:向井康介
原作:狩撫麻礼・いましろたかし「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」(ビームコミックス/KADOKAWA刊)
音楽:Ovall(Shingo Suzuki mabanua 関口シンゴ)
エンディングテーマ:Ovall「なだらかな夜feat. Gotch」(origami PRODUCTIONS)
配給:KADOKAWA
制作プロダクション:マッチポイント
©2018「ハード・コア」製作委員会


登壇者で一番ハードな生き方なのは?山田孝之?佐藤健?荒川良々?劇映画『ハード・コア』初日


映画情報どっとこむ ralph 俳優山田孝之さんと監督・山下敦弘。
盟友コンビによる待望の劇映画『ハード・コア』が11月23日(金・祝)に全国公開となります!

この度、
山田孝之、佐藤健、荒川良々ら平成を代表する豪華キャスト陣と本作に心血を注いだ山下敦弘らハード・コアな男たちが集結し、初日舞台挨拶を実施する運びとなりました。

平成初期に生まれた物語が平成の末に公開を迎える想いを熱く語ります。平成随一のハードな原作コミックを映画化した本作。『ハード・コア』のタイトルにちなみ、劇中で最もハードなシーンなど“ハード”にまつわるトークを繰り広げました!


映画『ハード・コア』初日舞台挨拶
日付:11月23日(金・祝)
会場:新宿バルト9
登壇:山田孝之、佐藤健、荒川良々、山下敦弘監督 ロボオ(謎のロボット)
映画情報どっとこむ ralph 山田さん:だいぶ前に山下監督と話をして、ちょっとづつ、ちょっとづつ進んできた作品で、公開は感慨深いなと思っています!観た方々が楽しそうなので安心しました!きっと大ヒットすることでしょう!

と、作品への想いを交えての挨拶からスタート。
佐藤さん:兄弟ですが、意見全然似てないけど、やっぱり兄弟!って役。なので、僕はあまり意識して演じませんでした!でも、観てみたら似てるなーと思いました。新鮮で大切な作品になりました。

荒川さん:原作が好きで・・・出れてよかったです!ありがとうございます。

そして
ロボオさん:・・・・

山下監督:原作を読んだのが20年前。映画化の話をしたのが10年前、5年前から企画を進めてようやく公開となりました。嬉しいので複雑で寂しさもあります。山田君!ありがとうございました。世界の隅っこを描いた物語がこんな大きな劇場で、こんな景色が観られるとは思っていなかったので。ありがとうございました。

と、一言挨拶からスタート

映画情報どっとこむ ralph あらためて、

山田さん:嬉しいですね。僕が映画化の話に乗ったときには絶版になっていた作品で。絶版の漫画を映画化するって普通やらないと思います。不思議な素敵な作品なので、原作も知ってもらえてうれしいです!

そんな、山田さんの表情から何が読み解けるかとの質問に

佐藤さん:読みとけん!この人自身読み解けたことがないです!(笑)

山田さん:横から見てるけど・・・・格好いいなー。(大拍手)髪あげてるのカッコいい!

佐藤さん:ありがとうございます。アプローチの仕方が綾野剛と一緒!

山田さん:綾野剛が俺に寄せてるんだよ!

と、LOVELOVEモードなお二人。

荒川さんは・・・

荒川さん:山下さんに牛山やらせてください!って調子に乗って言ってしまって。まさか実現して、こうして初日。
と、チャーミングな牛山役に会場からは拍手も。

映画情報どっとこむ ralph ここで、ハードな質問コーナー!?に

映像化に至るまでにハードだったことは

山田さん:現場が大変ハードでした!寝れない・暑い。丁度、ヨシヒコのイベント前で・・・本当につらかった!

と、吐露。

佐藤さんはハードだったシーンを

佐藤さん:火を燃やすシーン。熱くて全身やけどするんじゃないかと思うほどでした!

荒川さん:原作とラストが違うところ!

イベントでは監督が経緯を含めてお話になっていましたが・・・内容は劇場で確かめて。

どう生き方がハード?

佐藤さん:皆ハードに生きてるんじゃないですか?山田さん。この人ほどハードに生きてる人いない。役に入り込み方の深度が違う!本番中に気を失うこともあるぐらいですから。

山田さん:人生ハードです。

と、吐露。
荒川さん:忘年会のシーズン。鍋に顔・・・・・(会場苦笑)
山下監督:旬なハードだね。

と、タイムリーなめちゃブラックハードな生き方を紹介。

この中で、一番ハードなのはで指差し!全員がロボオさん!

山下監督:この後、編集に戻るんですから。

山田さん:彼はすごいハードだね。


勤労感謝な日、ハードな職業は

山田さん:消防士!

荒川さん:なんじゃろな・・・看護師さん!

山下監督:コナン・ザ・グレートのシュワちゃんの仕事。子供のころから大人になるまで石臼を回してて。あの仕事大変って子供のころ凄いなと思いました。あれは、筋肉になるなと。

佐藤さん:もしあったらと言う職業でいいですか?真夏の炎天下にロボの着ぐるみを着る仕事。脱ぐと足に水が溜まってて

山田さん:凄いんだよね。ロボオの汗?じゃない汁(油)が溜まっててね。ぶっ倒れたし。

ロボオさんに拍手が沸き起こり・・・

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

山田さん:DVDに入るメイキングの出来がいいので、劇場でかけたいなと思ってます。映画の現場の壮絶さがつたわる者になっています。

山下監督:自分の中では特別な作品なのでまとめられないですが。ようやく公開。皆さんに届けられる喜びでいっぱいで、可愛がってください!

映画『ハード・コア』
hardcore-movie.jp

現代日本―。都会の片隅で細々と生きる権藤右近(山田孝之)はあまりにも純粋で、曲がったことが大嫌いだ。間違いを正そうとする自らの信念をいつも暴力に転嫁させてしまうため、仕事も居場所もなくしてきた。そんな右近の仕事は、山奥で怪しい活動家の埋蔵金探しを手伝うこと。共に働く牛山(荒川良々)だけが唯一心を許せる友人だ。

二人を見守るのが、右近の弟・権藤左近(佐藤健)。一流商社に勤務するエリートだが、腐った世の中にうんざりし、希望を失っていた。

ある日、そんな彼らの前に、謎の古びたロボットが現れ、男たちの人生が一変するような一大事が巻き起こる。


***********************************

キャスト:山田孝之 佐藤 健 荒川良々 石橋けい 首くくり栲象 康すおん / 松たか子

監督:山下敦弘
脚本:向井康介
原作:狩撫麻礼・いましろたかし「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」(ビームコミックス/KADOKAWA刊)

音楽:Ovall(Shingo Suzuki mabanua 関口シンゴ)
エンディングテーマ:Ovall「なだらかな夜feat. Gotch」(origami PRODUCTIONS)
配給:KADOKAWA
制作プロダクション:マッチポイント
c2018「ハード・コア」製作委員会


劇映画『ハード・コア』兄の友達はロボット!?佐藤健 絶句!!シュールな笑いを誘う本編映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 俳優の山田孝之さんと山下敦弘監督。
そんな盟友コンビによる劇映画『ハード・コア』が11月23日(金・祝)に全国公開いたします!!

この度、佐藤健さん演じる権藤左近が兄の右近のお友達・ロボオに出会うなんともシュールな本編映像が解禁となりました!!


映画情報どっとこむ ralph 解禁された映像では、自宅に戻った右近の家に左近が上がり込んでおり

「お袋が兄貴の様子を見てこいって言うもんだからよ」と煙草を吸いながら話すと「ふざけんな。俺は誰にも迷惑なんてかけてない」と言い放ち、兄弟の関係性がわかるやり取りが繰り広げられます。

また、牛山とロボオが部屋に入り、ロボオを見た左近が「ユニークな友達がたくさんいて羨ましいぜ兄貴」と話しかけると、右近は左近の仕事の心配をし出し、この一体のロボットがいる異様な空間での兄弟の会話に思わず笑ってしまいます。

そして痺れを切らした左近が「兄貴、それなんだ?」と聞くと、右近は「ロボオだ。」と一言言うだけで他の説明を一切しないシュール過ぎる映像となっております。

撮影中もキャストやスタッフが笑いを堪えるのが必死だったと語るシーンであり、山田さんはこのシーンでの佐藤さんの演技を絶賛しており、

山田さん:左近が右近の部屋で初めてロボオを目撃するシーン。面白かったですね。一応不自然でありえない状況を、一生懸命スルーしようとしているあの感じも(笑)。

と讃えています。

映画情報どっとこむ ralph 劇映画『ハード・コア』

hardcore-movie.jp


「腐っているのは世の中なのか、俺たちなのか―」
現代日本―。都会の片隅で細々と生きる権藤右近はあまりにも純粋で、曲がったことが大嫌いだ。間違いを正そうとする自らの信念をいつも暴力に転嫁させてしまうため、仕事も居場所もなくしてきた。そんな右近の仕事は、山奥で怪しい活動家の埋蔵金探しを手伝うこと。共に働く牛山だけが唯一心を許せる友人だ。二人を見守るのが、右近の弟・権藤左近。一流商社に勤務するエリートだが、腐った世の中にうんざりし、希望を失っていた。ある日、そんな彼らの前に、謎の古びたロボットが現れ、男たちの人生が一変するような一大事が巻き起こる。

***********************************


キャスト:
山田孝之 佐藤 健 荒川良々 石橋けい  首くくり栲象  康すおん / 松たか子

監督:山下敦弘

脚本:向井康介
原作:狩撫麻礼・いましろたかし「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」(ビームコミックス/KADOKAWA刊)
音楽:Ovall(Shingo Suzuki mabanua 関口シンゴ)
エンディングテーマ:Ovall feat. Gotch 「なだらかな夜」(origami PRODUCTIONS)
配給:KADOKAWA
制作プロダクション:マッチポイント
©2018「ハード・コア」製作委員会
 


山田孝之、佐藤健、荒川良々ら平成地獄ブラザーズが揃った『ハード・コア』公開直前!!完成披露上映会


映画情報どっとこむ ralph 俳優山田孝之さんと監督・山下敦弘。
盟友コンビによる待望の劇映画『ハード・コア』が11月23日(金・祝)に全国公開となります!

この度、山田孝之、佐藤健、荒川良々ら平成を代表する豪華キャスト陣と本作に心血を注いだ山下敦弘、そして謎のロボット・ロボオらハード・コアな男たちが初めて一堂に会し、公開直前イベントが行われました!


映画『ハード・コア』公開直前!!完成披露上映会
日時:11月15日(木)
会場:新宿バルト9
登壇:山田孝之、佐藤健、荒川良々、山下敦弘監督、ロボオ(謎のロボット)

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手と歓声の中、キャストと監督が登場!

山田さん:どうも~。山下監督とだいぶ前から映画化したいねと話していた、やっと去年撮影して。来週公開。とても嬉しいです!

と、緩めでショートな挨拶からイベントはスタート。続いて、

佐藤さん:孝之君の弟役と言うことで即決で決めました!本当に出演できてよかった作品です。役者としての新しい扉を開いていただいたと思います。
と新しい面を大きな拍手と歓声鵜の方に観ていただきたいと、たくさん見て欲しいとアピール。

荒川さん:真っ赤だな~真っ赤だな~ツタの葉っぱが!どうも!皆様寒い中本当にありがとうございます。
と、ヤマダタカオさん的なご挨拶。

撮影の時より動きがロボットぽいと山田さんと佐藤さんに指摘されたロボオさんは気合が入っているそうで

ロボオさん:・・・・
無言のまま両手を上げてご挨拶!

山下監督:東京国際映画祭で上映して、ロボオだったり、原作者の狩撫麻礼先生だったりと登壇して。やっと、平成地獄ブラザースが揃いました!楽しんでください!
と、其々ご挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 本作を創ることになったきっかけを
山下監督:別の作品のオファーを受けていましたが、同じ原作者だったので、大好きだったハードコアにしてもらいました。山田孝之も好きなんで!と、プロデューサと話したことが切っ掛けです。5年位前からゆっくり温めました。

山田さん:そうですね、嬉しかったですよ!役作り無く素で演じてます。役と僕一心同体の感じですよ。

と嘘かホントか語役作り無しだそう。実は、山田さんが佐藤さんをひっぱってきたようで
山田さん:監督とプロデューサに佐藤健さんを左近にどうですか!って、飲みの席で「ハードコア」やる?って聞いたら「やりますよ!」って
佐藤さん:そうです。即決でした。真面目な話、役者:山田孝之が好きで。バクマンと何者で主演をやらせてもらったときに、孝之君が出てくれてうれしくて。今度は、支えようと思いました。

山田さん:嬉しい!大好きなんで。

と、場内沸かせ、続けて

佐藤さん:それから、今までやったことがない役だったので、やりたい欲求が沸いてきて。ヤサグレたかったんです。
とオファーを受けた理由を語りました。今までと違うヤサグレ健は是非劇場で!


二人の演技はどうだったか聞かれた荒川さん

荒川さん:素晴らしかったですよ。
と脱力系回答。

右近と左近どちらを演じたかった?と問われると

佐藤さん:右近のようには生きられないですよ。

山田さん:今ドキね~

佐藤さん:でも、信念貫くのって、生きられないけど。憧れではある。男からすると格好いいんです。

山田さん:だから好きになるんですよ。原作もね。

と、共感する二人。

愛すべき牛山さん役の荒川さん。

荒川さん:20代の頃に読んでて何かあるんだと想います。見た目も似てるし。山下監督にも言いました!

山下監督:最初に会った時に。荒川さんはマストだね。と5年前から決めました。

映画情報どっとこむ ralph 平成ももう終わり。平成の大事件は
山田さん:平成30年。5歳から今まで。。。一大事件。一杯ありますが・・・メディアが居るなかで言ったら、平成と一緒に俺も終わっちゃう!

と話す山田さん。

佐藤さん:面倒!!だな。先に考えとけ!僕は平成しか知らないですから!平成が終わることが僕の事件!

荒川さんはネズミの大事件のお話を披露。

山下監督:事件は沢山ありましたが・・・・ハードコアを創れたことですね!

と、拍手をもらう監督。すると、

山田さん:山下監督と出会ったこと!が一番の事件でした!

と、やっと回答に行きついた山田さんでした!



最後に・・・
山田さん:11月23日公開、タイへのも白い映画になっております。佐藤健さんも違った一面を見せており平成が終わるタイミングにぴったりの作品になってます!

と、ナレーションのような一言。
山下監督:テレビの向こうの可ですよね。20年近くかかって作れました。納得の出来なので後は劇場で観て下さい!

映画情報どっとこむ ralph 映画『ハード・コア』
hardcore-movie.jp

現代日本―。都会の片隅で細々と生きる権藤右近(山田孝之)はあまりにも純粋で、曲がったことが大嫌いだ。間違いを正そうとする自らの信念をいつも暴力に転嫁させてしまうため、仕事も居場所もなくしてきた。そんな右近の仕事は、山奥で怪しい活動家の埋蔵金探しを手伝うこと。共に働く牛山(荒川良々)だけが唯一心を許せる友人だ。

二人を見守るのが、右近の弟・権藤左近(佐藤健)。一流商社に勤務するエリートだが、腐った世の中にうんざりし、希望を失っていた。

ある日、そんな彼らの前に、謎の古びたロボットが現れ、男たちの人生が一変するような一大事が巻き起こる。
***********************************

キャスト:山田孝之 佐藤 健 荒川良々 石橋けい  首くくり栲象  康すおん / 松たか子

監督:山下敦弘 脚本:向井康介 原作:狩撫麻礼・いましろたかし「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」(ビームコミックス/KADOKAWA刊)

音楽:Ovall(Shingo Suzuki mabanua 関口シンゴ) 
エンディングテーマ:Ovall「なだらかな夜feat. Gotch」(origami PRODUCTIONS)
配給:KADOKAWA  
制作プロダクション:マッチポイント  
©2018「ハード・コア」製作委員会 


映画『ハード・コア』山下敦弘、いましろたかし先生が見せた“コア”な原作愛!!第31回東京国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 『ハード・コア』は、90年代に漫画雑誌「グランドチャンピオン」で連載され、多くの読者の共感を呼んだ伝説のコミック「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」(作:狩撫麻礼、画:いましろたかし)の待望の映画化。

10年前に本書を読んで「男たちの結末に泣いた」という山田と20年近く前に愛読していた山下監督。映画化を夢みていた念願の企画が、ふたりがそれを表現するのに相応しい年齢になったいま、最高の形で具現化されます。30年近く前の男たちの狂おしくも熱いドラマが、生身の人間に命を吹き込まれてスクリーンで蘇ります!

そして!

この度、10月31日(水)の第31回東京国際映画祭にて、山下敦弘監督と原作者のいましろたかし先生が登壇するティーチインイベントが行われました。

実写映画化した経緯やキャスティングについてなどお二人だからこそ語れる本作についての想いや、本作が完成する直前に亡くなってしまった原作者である狩撫麻礼さんへの想いを語っていただきました。またフォトセッションでは本作に登場する謎のロボット「ロボオ」も登場し、観客が沸きました。


日付:10月31日(水)
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇:山下敦弘監督、原作者いましろたかし

映画情報どっとこむ ralph 上映終了後、山下敦弘監督、いましろたかしが登壇すると大きな拍手が沸き起こった。

まず最初に「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」を映画化した経緯を聞かれると、

山下監督:8年くらい前に山田君と一緒に仕事をした時に山田君も原作がすごく大好きで、意気投合したのがきっかけです。実際に動き出したのは5年前くらい前。結構長い時間をかけてようやく実現しました。

と感慨深く語った。

いましろ先生:途中で企画倒れになるのではないかと思いましたね。実写化するのは難しい漫画ですし、前半と後半でかなり印象が違う作品ですから一本の映画にするのは綱渡りかなと思いました。

と実現不可能だと思っていた胸の内を明かした。


また、現場で演技指導などするのかと聞かれると

山下監督:こういうことをやりたいという自分のプランや考えは伝えましたが基本的には、山田君たちが作っていきました。ロボオは撮影当日までスーツが届かなかったので手取り足取りやりながら作っていった。

とお互いに信頼しながら作っていった現場を明かした。

その後、観客から二人への質疑応答に移行。観客から〈佐藤健さんをキャスティングした理由〉と聞かれると、

山下監督:原作のイメージに近かったというのもありますが、山田君と何度か共演をしていて仲が良いのを知っていたので、息が合う兄弟という役柄があっていると思いました。

と明かした。また観客からは「新しい佐藤さんが見ることができてとても新鮮でした」と称賛の声が上がった。


また、〈他の作品で山田さんと意見がぶつかるところを見たことがありますが、今回は意見が食い違ったりしましたか〉という質問に、

山下監督:今回は監督と主演という立場だったので言い合ったりはしましたが、ケンカは特にありませんでした。

と答えた。また山田さんのプロデューサーとしての役割を聞かれると

山下監督:山田君は原作が好きだったので、あくまで僕のイメージですが、原作を守る立ち位置だった。だからキャスティングなどは気にしていたし、原作に対して映画がどのようになっていくかをチェックする立ち位置でした。音楽や編集も立ち会ってくれました。

と語った。続いて、〈原作者である狩撫麻礼さんへの想い〉について聞かれると、

いましろ先生:狩撫さんとあったのはもう25年前で、今年の初めに亡くなってしまいました。狩撫さんが声をかけてくれなければこの漫画も映画もできていません。狩撫さんは映画が好きだったので、見ることなく亡くなってしまったのがちょっと残念です。

と語った。

山下監督:結局お会いできないままでしたし、完成する直前に亡くなってしまったので、とても残念でした。いまだに自分の中でハード・コアについてまだわからないことが多く、聞きたいことがいっぱいありましたが、聞くことができなかったな。

と狩撫への気持ちを語った。

映画情報どっとこむ ralph 〈漫画作品を実写化するにあたっての一番難しかったこと〉について聞かれると

山下監督:若い頃に読んでいて、好きだった原作を作品にするのは今回が初めてでした。自分の想い入れが強すぎて、自分と原作との距離感に最初はとても悩みました。

と語った。

最後に・・・

山下監督:とにかく一生懸命作りました。山田君含めみんなで頑張って作ったので、一人でも多くの人に見ていただければと思います。

と締めくくりました。

映画『ハード・コア』

hardcore-movie.jp


映画情報どっとこむ ralph
<第31回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

©TIFF

***********************************

山田孝之 佐藤 健 荒川良々 石橋けい  首くくり栲象  康すおん / 松たか子

監督:山下敦弘 脚本:向井康介 原作:狩撫麻礼・いましろたかし「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」(ビームコミックス/KADOKAWA刊)
音楽:Ovall(Shingo Suzuki mabanua 関口シンゴ)
エンディングテーマ:Ovall feat. Gotch 「なだらかな夜」(origami PRODUCTIONS)
配給:KADOKAWA  制作プロダクション:マッチポイント
©2018「ハード・コア」製作委員会