「ハード・コア」タグアーカイブ

映画『ハード・コア』山下敦弘監督、完全監修予告映像&昭和レトロポスター解禁!


映画情報どっとこむ ralph これまで数々の話題作を生み出してきた山田孝之と監督・山下敦弘の盟友コンビが、愛読書であったコミック「ハード・コア-平成地獄ブラザーズ」を完全映画化!豪華キャスト、スタッフで贈る映画『ハード・コア』が11月23日(金・祝)に全国公開となります!

この度、本作の監督である山下敦弘が自ら手がけたポスター&予告映像が解禁となりました!


山田孝之、佐藤 健、荒川良々ら豪華キャスト、スタッフで送る、切なくて可笑しい、まさにこの平成末期に必見の、男たちの人生活劇。 「腐っているのは世の中なのか、俺たちなのか――」


この度解禁となったのは山下敦弘監督自らが監修し制作したディレクターズカット版予告映像。

世間に馴染めず純粋すぎる男・右近とそんな右近の唯一の友人・牛山のうだつの上がらない生活から謎のロボット、ロボオとの出会いによって男たちの生活が一変していく様子を描いた本作。

左近が右近に殴りかかり「間違ってるのが世の中だろうが」と吐き捨てると、右近が「間違ってることを間違ってるって言って何が悪い!俺はちゃんと生きたいんだよ!」と熱いシーンも描かれており、山下監督がこのキャラクターたちを心から愛しているのがよくわかるシーンとなっています。さらに本作のエンディングテーマでもある「なだらかな夜」がこの男たちにそっと寄り添い優しく包み込んでいるかのようで涙を誘う映像に仕上がっております。山下敦弘監督は「映画『ハード・コア』の魅力をひとつの予告編に絞ることなんて出来ない!と思ってしまい、自ら予告編を作ってしまいました。自分自身で予告編を作るのはこれが最初で最後だと思います。」と制作の意図を説明するなど、本作への思い入れの深さがよくわかります。


映画情報どっとこむ ralph さらに、このディレクターズカット版予告と同じく山下敦弘監督が手がけたポスターも解禁!
先日解禁となった本ポスターとは打って変わり、まるで昭和の作品を意識した仕上がりで、どこか懐かしさを覚えるポスターとなっております。

映画情報どっとこむ ralph 20年ほど前に原作と出会い、盟友でもある山田孝之といつか映画化しようと夢見ていた本作。

このオリジナルのポスターと予告が示す通り、山下敦弘監督の本気が伺える作品です。

映画『ハード・コア

11月23日(金・祝) 全国公開

hardcore-movie.jp



現代日本。
都会の片隅で細々と生きる権藤右近(山田孝之)はあまりにも純粋で、曲がったことが大嫌いだ。間違いを正そうとする自らの信念をいつも暴力に転嫁させてしまうため、仕事も居場所もなくしてきた。そんな右近の仕事は、山奥で怪しい活動家の埋蔵金探しを手伝うこと。共に働く牛山(荒川良々)だけが唯一心を許せる友人だ。二人を見守るのが、右近の弟・権藤左近(佐藤 健)。一流商社に勤務するエリートだが、腐った世の中にうんざりし、希望を失っていた。ある日、そんな彼らの前に、謎の古びたロボット(ロボオ)が現れ、男たちの人生が一変するような一大事が巻き起こる。数々の話題作を生み出してきた山田孝之と監督・山下敦弘の盟友コンビが、愛読書であったコミック「ハード・コア-平成地獄ブラザーズ」を完全映画化。


***********************************

山田孝之 佐藤 健 荒川良々 石橋けい 首くくり栲象 康すおん / 松たか子

監督:山下敦弘
脚本:向井康介
原作:狩撫麻礼・いましろたかし「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」(ビームコミックス/KADOKAWA刊)
音楽:Ovall(Shingo Suzuki mabanua 関口シンゴ)
エンディングテーマ:Ovall feat. Gotch 「なだらかな夜」(origami PRODUCTIONS)
配給:KADOKAWA
制作プロダクション:マッチポイント
©2018「ハード・コア」製作委員会
   


山田孝之 佐藤 健 荒川良々映画『ハード・コア』第31回東京国際映画祭の特別招待出品決定!


映画情報どっとこむ ralph これまで数々の話題作を生み出してきた山田孝之と監督・山下敦弘の盟友コンビが、愛読書であったコミック「ハード・コア-平成地獄ブラザーズ」を完全映画化!

豪華キャスト、スタッフで贈る映画『ハード・コア』が11月23日(金・祝)に全国公開となります!


この度、10月25日(木)より開催されます、第31回東京国際映画祭の特別招待枠に、本作『ハード・コア』が出品されることが決定いたしました!

東京国際映画祭での上映に関し、

山下監督:東京国際映画祭での上映がワールドプレミアとなるので、世界で一番最初に観れるチャンスです。原作に出会ってから20年近く経っているのですが、原作への想いというか意地というか、とにかく全てが詰まっている作品なので、心して観てほしいですね。

とコメント。

また、25日(木)のオープニングセレモニーでは、山下敦弘監督と本作に登場する謎のロボット“ロボオ”と共にレッドカーペットを歩くことが決定!
山下監督:ロボオはもちろんロボットなんですけど、映画の中でも重要な仲間というか登場人物で、この作品の一番のスターです。そのスターと一緒に歩けることは光栄に思います。山田君と佐藤君を差し置いて映画の中のスターと一緒に歩くので、是非シャッターチャンスを逃さないように!
と意気込みを語っており、異色のセレモニーになること間違いなしです!

映画情報どっとこむ ralph 平成最後の開催となる、日本最大の映画祭を『ハード・コア』が盛り上げます!

映画『ハード・コア

11月23日(金・祝) 全国公開

hardcore-movie.jp

現代日本。
都会の片隅で細々と生きる権藤右近(山田孝之)はあまりにも純粋で、曲がったことが大嫌いだ。間違いを正そうとする自らの信念をいつも暴力に転嫁させてしまうため、仕事も居場所もなくしてきた。そんな右近の仕事は、山奥で怪しい活動家の埋蔵金探しを手伝うこと。共に働く牛山(荒川良々)だけが唯一心を許せる友人だ。二人を見守るのが、右近の弟・権藤左近(佐藤 健)。一流商社に勤務するエリートだが、腐った世の中にうんざりし、希望を失っていた。ある日、そんな彼らの前に、謎の古びたロボットが現れ、男たちの人生が一変するような一大事が巻き起こる。数々の話題作を生み出してきた山田孝之と監督・山下敦弘の盟友コンビが、愛読書であったコミック「ハード・コア-平成地獄ブラザーズ」を完全映画化。山田孝之、佐藤 健、荒川良々ら豪華キャスト、スタッフで送る、切なくて可笑しい、まさにこの平成末期に必見の、男たちの人生活劇。 「腐っているのは世の中なのか、俺たちなのか――」

***********************************

山田孝之 佐藤 健 荒川良々

石橋けい 首くくり栲象 康すおん / 松たか子

監督:山下敦弘
脚本:向井康介
原作:狩撫麻礼・いましろたかし「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」(ビームコミックス/KADOKAWA刊)
音楽:Ovall(Shingo Suzuki mabanua 関口シンゴ)
エンディングテーマ:Ovall feat. Gotch 「なだらかな夜」(origami PRODUCTIONS)
配給:KADOKAWA 制作プロダクション:マッチポイント
©2018「ハード・コア」製作委員会


山田孝之・佐藤健・荒川良々 映画『ハード・コア』可笑しく切ない本予告映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 山田孝之と監督・山下敦弘の盟友コンビが、愛読書であったコミック「ハード・コア-平成地獄ブラザーズ」を完全映画化!
豪華キャスト、スタッフで贈る映画『ハード・コア』が11月23日(金・祝)に全国公開となります!

この度、本作の本予告映像が解禁となりました!

現代日本―。都会の片隅で細々と生きる権藤右近(山田孝之)はあまりにも純粋で、曲がったことが大嫌いだ。
間違いを正そうとする自らの信念をいつも暴力に転嫁させてしまうため、仕事も居場所もなくしてきた。
そんな右近の仕事は、山奥で怪しい活動家の埋蔵金探しを手伝うこと。共に働く牛山(荒川良々)だけが唯一心を許せる友人だ。
二人を見守るのが、右近の弟・権藤左近(佐藤 健)。一流商社に勤務するエリートだが、腐った世の中にうんざりし、希望を失っていた。
ある日、そんな彼らの前に、謎の古びたロボットが現れ、男たちの人生が一変するような一大事が巻き起こる。

数々の話題作を生み出してきた山田孝之と監督・山下敦弘の盟友コンビが、愛読書であったコミック「ハード・コア-平成地獄ブラザーズ」を完全映画化。

山田孝之、佐藤 健、荒川良々ら豪華キャスト、スタッフで送る、切なくて可笑しい、まさにこの平成末期に必見の、男たちの人生活劇。
「腐っているのは世の中なのか、俺たちなのか――」



ついに解禁となった予告映像では、世間に馴染めず純粋すぎる男・右近とそんな右近の唯一の友人・牛山のうだつの上がらない生活が映し出されており、謎のロボットとの出会いによって2人の生活が一変していく様子が描かれています。

“ロボオ”と名付け、右近と牛山は共同生活を続けていくうちに、自分たちと同じ1人ぼっちな”ロボオ”との間に芽生えた友情をユーモアも交えながら描かれております。

左近に殴りかかる右近の姿や、爆弾を持って「もう、後戻りできないところまで来てるんだよ」という意味深な台詞、警察に囲まれる右近、牛山、ロボオの姿など、物語の結末が非常に気になる内容となっています。

さらに、OvallとASIAN KUNG-FU GENERATIONボーカル,ギターの後藤正文=Gotchのコラボレーションで書き下ろされたエンディングテーマ「なだらかな夜」(Ovall feat.Gotch)に載せてロボオと共に空へ飛び去っていく衝撃のシーンもあり、山下敦弘監督と山田孝之が作り出す世界観が凝縮された予告映像となっております。

11月23日(金・祝) 全国公開

hardcore-movie.jp

***********************************

山田孝之 佐藤 健 荒川良々 石橋けい  首くくり栲象  康すおん / 松たか子
監督:山下敦弘
脚本:向井康介
原作:狩撫麻礼・いましろたかし「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」(ビームコミックス/KADOKAWA刊)
音楽:Ovall(Shingo Suzuki mabanua 関口シンゴ) 
エンディングテーマ:Ovall feat. Gotch 「なだらかな夜」(origami PRODUCTIONS)
配給:KADOKAWA
制作プロダクション:マッチポイント
©2018「ハード・コア」製作委員会 


松たか子ほか豪華キャストの参戦決定!山田孝之と山下敦弘監督が仕掛ける『ハード・コア』に!


映画情報どっとこむ ralph これまで数々の話題作を生み出してきた山田孝之と監督・山下敦弘の盟友コンビが、愛読書であったコミック「ハード・コア-平成地獄ブラザーズ」を完全映画化!『ハード・コア』の公開日が11月23日(金・祝)に決定し、今回、新キャストとポスタービジュアルが解禁となりました!


現代日本。
都会の片隅で細々と生きる権藤右近(山田孝之)はあまりにも純粋で、曲がったことが大嫌いだ。間違いを正そうとする自らの信念をいつも暴力に転嫁させてしまうため、仕事も居場所もなくしてきた。そんな右近の仕事は、山奥で怪しい活動家の埋蔵金探しを手伝うこと。

共に働く牛山(荒川良々)だけが唯一心を許せる友人だ。

二人を見守るのが、右近の弟・権藤左近(佐藤 健)。一流商社に勤務するエリートだが、腐った世の中にうんざりし、希望を失っていた。

ある日、そんな彼らの前に、謎の古びたロボットが現れ、男たちの人生が一変するような一大事が巻き起こる。

山田孝之、佐藤健、荒川良々に続き、この度解禁となった新キャストには、石橋けい、首くくり栲象、康すおん、藤原季節、という超個性派メンバーが結集し、原作に登場する唯一無二のキャラクターを熱演しています。

映画情報どっとこむ ralph さらに、松たか子のスペシャル参加も決定!

山田孝之演じる右近が酔い潰れるバーで出会う謎のOLを演じており、場末のカラオケバーで、美しい歌声を披露するサプライズ演出もあるなど、その役どころに注目が集まっています。


さらに、解禁となった本ポスターは右近、左近、牛山、そして謎のロボットが一点を見据える姿があり、


「家族なんていらねぇ。俺たちは空だって飛べるんだ。」

というキャッチコピーが、現代社会に溶け込めないどうしようもない男たちの物語を表しています。


切なくて可笑しい、この平成末期に必見の男たちの人生活劇。

ハード・コア
11月23日(金・祝)全国劇場公開。
hardcore-movie.jp

***********************************

出演:山田孝之 佐藤 健 荒川良々 石橋けい  首くくり栲象  康すおん / 松たか子
監督:山下敦弘
脚本:向井康介
原作:狩撫麻礼・いましろたかし「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」(ビームコミックス/KADOKAWA刊)
配給:KADOKAWA
制作プロダクション:マッチポイント
©2018「ハード・コア」製作委員会 


山田孝之 x 佐藤健 x 荒川良々と山下敦弘監督で製作開始『ハード・コア』!


映画情報どっとこむ ralph 伝説的コミック『ハード・コア-平成地獄ブラザーズ』(原作:狩撫麻礼/いましろたかし)が、山田孝之と山下敦弘がタッグを組み、映画『ハード・コア』として完全映画化されます!!

山田孝之は本作で主演、プロデュースを務め(二作目となる映画プロデュース)、盟友・山下敦弘がメガホンを取る本作。

共演者には、『るろうに剣心』シリーズをはじめ、多くのヒット作で主演をつとめる、若手実力派ナンバーワン俳優・佐藤 健。

今回、山田孝之と初となる兄弟役を演じ、佐藤は「山田孝之ファンとしては、山田孝之との兄弟役と聞き2秒で出演を決めました。」と語っている。
また、多くの人気舞台から、近年ではTV・映画と広く活躍、存在感と個性溢れる演技力で注目を集める、荒川良々も参戦!!

ウェルメイドな邦画の金字塔がまた1本、誕生の予感がする。

映画情報どっとこむ ralph キャストの皆さんからのコメントが届いています!

◆山田孝之さん
全くどうしようもなく不器用な男の生き様を見ていると、イライラしてくる。でも嫌いになれない。この男の不器用さは自分に足りない部分なのでは?とすら思えてくる。そして男たちの結末に、僕は泣いた。それはきっと、曲がった世界を真っ直ぐ生きる男の姿、そこに間違いなく憧れがあるからだろう。

◆佐藤 健さん
山田孝之ファンとしては、山田孝之との兄弟役と聞き2秒で出演を決めました。詳しく話を聞いていくと、素敵な共演者の方々、原作、そして山下監督とご一緒できるとのことで、棚から牡丹餅的な気持ちです。不思議な魅力を漂わせる映画になればいいなと思っております。ご期待ください。

◆荒川良々さん
オファーを頂いて、自分が生きてくうえでのバイブル「ハード・コア」の映画化、「やっっっと来た!」と感じています。
山下監督と、10年程前に下北沢の居酒屋で初めてお会いした時に「ハード・コア」の話しになり映画化になるなら牛山の役は自分しかいないという話しをしたとかしないとか…
まさか実現するとは、初めての山下組!死ぬ気でやります!山田孝之さんとは2度目の共演です。今回はガッツリです。食うか食われるか!下から見るか上からみるか!相手にとって不足なし!首を洗って待ってろよ!佐藤健さんとは、今回が初対面です、よろしくお願いします。現在邦画はビックリする程漫画原作ばかりです…。原作を読んでいる方にも、読んでいない方にも楽しんでもらえるような、スゴイ映画になるよう一生懸命に挑む所存です!乞うご期待!!役作りは完璧に仕上がってます!早く始めて下さい!

映画情報どっとこむ ralph 監督と原作先生からのコメントも届いています。

◆山下敦弘監督
「なんで今「ハード・コア」を映画化するの?」と、ある友人に言われました。
“今”っていうのがこのご時世って事なのか、僕の監督のキャリアにおいてなのか意味は分かりませんが、ともかく傑作マンガ「ハード・コア」を前にしてご時世もキャリアもへったくれも無いです。
山田孝之の口から「山下さん「ハード・コア」って読みました?」っていう言葉が飛び出して早5年。
もうこれはやらねばというか、やる運命というかハッキリ言って使命にも似た境地です。
原作を初めて読んだのは確か23歳くらいの頃。とにかく興奮しっぱなしで、自分の描きたいこと、描くべきことが全て詰まっていると感じました。
が、しかし41歳になった今、あの頃の興奮はありません。この19年で何かを得ては確実に何かを失なったんだと思います。気付いたら主人公の右近より歳とってました。
そんな普通のオッさんがマンガ界の中でも純度の高い『ハード・コア』を監督します。是非とも楽しみにしていてください。

◆狩撫麻礼先生/作 [原作]
いましろたかし君とコンビが組める。「ハード・コア」のすべては、そこから発想しました。
最下層の男たちの世間とのギクシャク、それに尽きます。山下敦弘は良き映像作家である、と思います。映画に期待しています。

◆いましろたかし先生/画 [原作]
なんというのか、この漫画を実写でやろうという人達が現れるとは思ってもみませんでした。楽しみです。

映画情報どっとこむ ralph あらすじ・・・

ドン底に生きる純粋すぎる2人の男―最後に賭ける希望への光!
切なくておかしい、爽快な友情物語。

現代日本――。都会の片隅で決して豊かでも恵まれてもいない日々を送る、正真正銘のアウトロー、権藤右近(山田孝之)。あまりにもピュアで、世知辛い世の中に馴染めず信念を曲げることができない。自分を見下し、利用しようとする奴らに卑屈になれず、常に戦い居場所を失くしてきた。そんな彼と、素朴な友人・牛山(荒川良々)の、面白くも無為な日々を歯がゆい気持ちで見守るのが、権藤の弟・権藤左近(佐藤 健)。彼らはやがて、あまりに破天荒な事件に巻き込まれ、人生を一変するやも知れない事態に直面する―。  演じる役柄の幅広さと演じ切る演技力から、日本映画界において確かな実力と独特な存在感を高く評価される俳優・山田孝之。本作では主演を務めるほか、 “人気実力派俳優”という謳い文句を更に超え、二作目となる映画プロデュースも果たす。 盟友・山下敦弘監督と組み、愛読書であったコミック「ハード・コア-平成地獄ブラザーズ」(原作:狩撫麻礼/いましろたかし)を完全映画化!閉塞感漂う現代日本への生命力溢れるメッセージを伝えるような、おかしくも切ない物語に賛同し、集結した俳優陣も超豪華。『るろうに剣心』シリーズをはじめ、多くのヒット作で主演をつとめる、若手実力派ナンバーワン俳優・佐藤 健。多くの人気舞台から、近年ではTV・映画と広く活躍、存在感と個性溢れる演技力で注目を集める、荒川良々。

***********************************

山田孝之 佐藤健
荒川良々
原作:狩撫麻礼/いましろたかし「ハード・コア-平成地獄ブラザーズ」 エンターブレイン刊
監督:山下敦弘 脚本:向井康介
制作プロダクション:マッチポイント
配給:KADOKAWA
© 2018「ハード・コア」製作委員会