「ハロウィン」タグアーカイブ

映画『ハロウィン』×「Dead by Daylight」 “ブギーマン”から逃げ切れナイト!レポ


映画情報どっとこむ ralph 全米でNo.1超ヒットとなった『ハロウィン』が、4月12日(金)、全国公開となります!

この度、≪映画×eスポーツ≫実況イベント「ブギーマンから逃げ切れナイト!」が行われ、柏木べるくら、RaMu、SUMOMOXqX、梨蘭が登場しました!

本イベントは、世界的人気ゲーム「Dead by Daylight」に映画『ハロウィン』の主人公ローリー・ストロードと殺人鬼“ブギーマン”(Shape)が登場していることで実現。有名実況YouTuberたちがブギーマンとして、会場から抽選で選ばれたサバイバーたちとゲームをプレイする、映画PRイベントとしては史上初の<映画×eスポーツ>の実況イベント!YouTube、Periscopeにて生放送を実施し、会場にいる観客はもちろん、オンライン上でも観戦出来ました!

イベント
日程:4月9日(火)
場所:渋谷クラブクアトロ
登壇:柏木べるくら、RaMu、SUMOMOXqX、梨蘭 
(MC:こーすけ)
サプライズゲスト:ブギーマン

映画情報どっとこむ ralph

『ハロウィン』の予告映像上映後、MCの呼びかけで、「Dead by Daylight」(略称:DbD)の動画配信で有名なYouTuber柏木べるくら、グラビアアイドルであり、無類のゲーム好きで知られるRaMu、FPSプロゲーマーのSUMOMOXqX、タレントでゲームストリーマーの梨蘭の総勢4名がステージに登場!

会場に集まった総勢約200名の『ハロウィン』ファン、DbDファンに温かい拍手で迎えられた。
まずは映画『ハロウィン』についてトーク。

べるくらさん:原点回帰した完璧な続編!実際に1作目から40年後もローリー役は同じジェイミー・リー・カーティスが演じているのがファンとしては嬉しいし、40年越しの対決がとにかく胸熱なんです!

とハロウィンシリーズの大ファンらしい感想を述べた。

RaMuさん:ゲームは顔がつるつるしてるけど、映画はマスクが老けてた!!ブギーマンって隙がなくて、ただ立っているだけ、見ているだけなのが怖い。

とブギーマンの印象について語った。また、

RaMuさん:前作を観てなかったけど、過去に何があったか説明してくれるから大丈夫!

と、本作が初めての鑑賞でも問題ないと話します!

また、DbDから『ハロウィン』を知ったというSUMOMOXqXさんは

SUMOMOXqXさん:映画内でブギーマンがいつの間にか後ろにいるところが印象的でした。ゲーム内でも近くに来ないと心音が聞こえなくて神出鬼没なので、その印象のまんま。「これゲームで見たやつだ!」って(笑) DbDから入った人でも楽しめます!

梨蘭さん:ゲーム内で流れる音楽が映画にも出てくるのが感動した!ローリーが素晴らしい!同じ女性として、闘う女性が出てくるのは嬉しいです。

と語った。また、今回は映画の本編映像の一部を特別に上映!

登壇者たちは各々が印象的だったシーンについてトークに花を咲かせた!


映画情報どっとこむ ralph 続いて、フォトセッションの時間へ。と、突然場内に劇中の音楽が鳴り響き、ざわつく会場内。ゲストたちも「え?!何?!」 と大騒ぎの中、なんと、ブギーマンが登場!!
思いがけないサプライズゲストに会場内は大喝采に包まれた!その後もブギーマ ンは度々客席内を訪れては、ゲームを傍観したり、観客を担いで会場を盛り上げた。
映画情報どっとこむ ralph そしていよいよゲームコーナー。先ずはゲストからキラーをべるくら、他3名と観客1名がサバイバーを務め、【第一儀式】と称したデモンストレーションプレイ。べるくらがサバイバー全員の殺害に成功し、キラーの勝利となった。その後は、ゲスト1名がキラー、観客4名がサバイバーを務め、キラー(ゲスト)とサバイバー側(観客)の対決を行った。
どの対決もキラー、サバイバーの熱い攻防戦が繰り広げられ、会場は大盛り上がりとなった!!各対決のキラー、結果は以下の通り。

【第二儀式】キラー:梨蘭、結果:サバイバー側勝利
【第三儀式】キラー:SUMOMOXqX、結果:サバイバー側勝利
【第四儀式】キラー:RaMu、結果:サバイバー側勝利
【第五儀式】キラー:RaMu、結果:サバイバー側勝利
【第六儀式】キラー:SUMOMOXqX、結果:サバイバー側勝利
【第七儀式】キラー:柏木べるくら、結果:キラー勝利

最後に、

梨蘭さん:素敵なイベントでした!ホラーは怖いけど好きって人でも楽しめるので是非映画観てください!

RaMuさん:DbDそして映画のイベントは初めてでしたが、こんなにも沢山のDbDファン『ハロウィン』ファンの皆さんに会えて嬉しかったです!

SUMOMOXqXさん:オフラインでのイベントは初めてで楽しかったです!『ハロウィン』はホラー映画としてめちゃくちゃ面白かったので観てください!

べるくらさん:人に見られている中でゲームをプレイするのは新鮮でした。DbDは映画の要素がすごく良く落とし込まれていて両方素晴らしいので、是非映画を観て、そしてブギーマンでプレイしましょう!

と、それぞれメッセージをおくりイベントは幕を閉じました。

なお、Periscopeでの実況動画配信は24万人の視聴者となった。


ゲーム「Dead by Daylight」とは?
サバイバー4名、キラー1名がフィールド内で鬼ごっこを行うオンライン専用ゲーム。生存者はフィールドにある発電機5個を直し、ゲートからの脱出を図る。キラーは発電機を直される前に生存者の全滅を目標とする。ハードはPC版、PS4版、今秋にはNintendo Switchでも発売が決定する超人気ゲーム。ネット上での実況動画も非常に人気作品。

映画情報どっとこむ ralph 『ハロウィン』
原題:Halloween

【STORY】
ジャーナリストのデイナとアーロンは、40年前のハロウィンに起きた凄惨な殺害事件の真相を追っていた。殺人鬼の名前はマイケル・マイヤーズ。彼は40年間、一言も話すことなく動機や感情は一切不明。あまりの恐怖に人々は彼を“ブギーマン”と名付けた。事件の被害者で唯一の生き残りローリー・ストロードにインタビューするも収穫はなかった。しかし、ローリーは再びマイケルが目の前に現れることを恐れ、いつ起きるか分からない非常事態に一人備えていたのだ。その予感は最悪の形で現実となる。ハロウィン前夜、精神病棟から患者を輸送する車が横転し、マイケルが脱走してしまう。娘のカレンはローリーの言うことを信じず、孫娘アリソンもパーティに出かけてしまっている。ローリーは再び街に解き放たれた“ブギーマン”と対峙することを決意。恐怖に満ちたハロウィンの夜が始まる―。

***********************************

監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン
脚本:ダニー・マクブライド、デヴィッド・ゴードン・グリーン 
製作:ジェイソン・ブラム
音楽:ジョン・カーペンター、コーディ・カーペンター
出演:ジェイミー・リー・カーティス、ジュディ・グリア、アンディ・マティチャック、ニック・キャッスルほか

配給:パルコ
宣伝:スキップ
2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/106分/R-15指定
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
© 2018 UNIVERSAL STUDIOS
Anything labeled AA68_D is: Ryan Green/Universal Pictures


 


『ハロウィン』を試写した「Dead by Daylight」人気実況者らより激熱コメントが到着


映画情報どっとこむ ralph この度、全米でNo.1超ヒットとなった『ハロウィン』が、4月12日(金)、全国公開となります。

世界的に脚光を浴び、以降のホラー映画に多大な影響を与えた。公開から40年の時を経て、新たな恐怖が解き放たれる。


そしてこのたび、40年の時を経て再びブギーマンとローリーの宿命の対決を描いた新生『ハロウィン』をいち早く鑑賞した「Dead by Daylight」人気実況者たちから感想コメントが到着!

今回コメントを寄せたのは、動画内で毎回オススメ映画を紹介し、映画好きとしても知られる柏木べるくら、プロゲーミングチーム「野良連合」のストリーム部門に所属するれぷちん、毎日生配信で視聴者を楽しませている女性実況者の柚子木しろ、ハイテンションな実況で人気のふぉじょれおP、映画公式YouTubeチャンネル「ぶぎーまんちゃんねる」にもいち早く注目したさとくろ、ゲーム実況だけでなく、映画紹介マンガを投稿するなど漫画家としても活動するアーノルズはせがわの5名。

映画情報どっとこむ ralph 日々視聴者を熱くさせる見事なプレイを披露している彼らの、ゲームさながらに繰り広げられるブギーマンvsローリーの決死のチェイスに胸を熱くするコメントが並んだ。

柏木べるくら(youtuber) 
壮絶なローリーとマイケルの戦い
ホラーの枠を超えた知的なストーリーは
爽快感さえありました
期待を裏切らない熱い続編

れぷちん(YouTuber)
今作は1作目から40年後の話だが、年を取ってもマイケルはカッコイイ!そして聞き覚えのあるあの音楽が流れたときは鳥肌が立った!

柚子木しろ(動画クリエイター) 
あの事件から40年後のハロウィンの夜 女子高生だったローリーがおばあちゃんに、娘カレンを巻き込み、マイケルとの因縁の対決。

ふぉじょれおP(ゲーム実況界の大統領)
ラストは’反撃のラッシュ’で大興奮!ローリーが家族を守るためマイケルに立ち向かう勇敢な姿が超カッコよかった!

さとくろ(ゲーム実況者)
後ろ!後ろ!と言いたくなるマイケルのステルスキラーぶり!!普段は感情を見せないマイケルがローリーと対峙するときだけ見せる感情的な雰囲気に引き込まれます。

アーノルズはせがわ(漫画家)
40年経っても衰えない怪力!死体を彩る独創性!言葉は話さないが殺意は伝わる!クライマックスの緊張感にあなたは耐えられるか…!


未来記事:
映画『ハロウィン』×「Dead by Daylight」 “ブギーマン”から逃げ切れナイト!柏木べるくら、RaMu、SUMOMOXqX、梨蘭 登壇レポート
http://eigajoho.com/148455



映画情報どっとこむ ralph いよいよ公開が迫ってきた本作。ブギーマンとの宿命の対決に臨むローリーは“決死の一撃”を放ち、再び死地を脱することが出来るのか!?ぜひその行方を劇場で確かめてほしい。

ハロウィン
原題:Halloween

STORY
ジャーナリストのデイナとアーロンは、40年前のハロウィンに起きた凄惨な殺害事件の真相を追っていた。殺人鬼の名前はマイケル・マイヤーズ。彼は40年間、一言も話すことなく動機や感情は一切不明。あまりの恐怖に人々は彼を“ブギーマン”と名付けた。事件の被害者で唯一の生き残りローリー・ストロードにインタビューするも収穫はなかった。しかし、ローリーは再びマイケルが目の前に現れることを恐れ、いつ起きるか分からない非常事態に一人備えていたのだ。その予感は最悪の形で現実となる。ハロウィン前夜、精神病棟から患者を輸送する車が横転し、マイケルが脱走してしまう。娘のカレンはローリーの言うことを信じず、孫娘アリソンもパーティに出かけてしまっている。ローリーは再び街に解き放たれた“ブギーマン”と対峙することを決意。恐怖に満ちたハロウィンの夜が始まる。

***********************************

監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン
脚本:ダニー・マクブライド、デヴィッド・ゴードン・グリーン 
製作:ジェイソン・ブラム
音楽:ジョン・カーペンター、コーディ・カーペンター
出演:ジェイミー・リー・カーティス、ジュディ・グリア、アンディ・マティチャック、ニック・キャッスルほか
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
配給:パルコ 宣伝:スキップ
2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/106分/R-15指定


久間田琳加 ブギーマン登場で大絶叫 『ハロウィン』JKジャパンプレミア


映画情報どっとこむ ralph ≪声にならない声で「ヤバい」を連発!りんくま、!!!≫

1978年、公開から40年の時を経て、新たな恐怖が解き放たれる。
全米でNo.1超ヒットとなった『ハロウィン』が、4月12日(金)、全国公開となります。

この度、本作の公開を記念し、JK(女子高生)ジャパンプレミアを開催。久間田琳加、ブギーマンが登壇するイベントが行われました!
日時:3月20日(水)
場所:ブロードメディア試写室
登壇:久間田琳加、ブギーマン

映画情報どっとこむ ralph ”りんくま”の愛称でティーンの間で絶大な人気を誇るモデル・女優の久間田琳加さんをゲストに迎え、トークイベントを実施!

映画を観終えた女子高生たちの前に登場した久間田さんは、

久間田さん:私も最前列でみんなと一緒に観ていたんですけど、激ヤバい!!ちょ~怖かったです!

とまずは映画の感想を述べた。いつ来るかわからない恐怖に

久間田さん:ずっと眉をしかめて観ていました。。

と終始怖かった模様。


もともとホラーはあまり得意じゃないという久間田さんは、本作を

久間田さん:今まで観たホラー映画の中で結構上位に入る怖さ。

と評価。上映中は女子高生たちの悲鳴がそこかしこから聞こえていたようだが、

久間田さん:私はホラー映画では怖くて声が出せないタイプで、口パクで「ヤバいヤバいヤバいヤバいヤバい、、」って一人で言っていました。

と語ります。

映画情報どっとこむ ralph 劇中に登場する恐怖の化身ブギーマンについては、

久間田さん:いつの間にか移動していて、急に出てくる感じが怖い!あと何も喋らないから、それが一番怖い。

と言い、続いて怖かったシーンについての話題では

久間田さん:日常的なシーンが多く出てきて、、お手洗いとか、家の中とか、自分の生活の中にもブギーマンが出てきそうで怖いです。

と語った。もしブギーマンに襲われたら?という質問には

久間田さん:自家用ジェットとか用意して上空に逃げます!または船とか大きく移動できるもので逃げる!

しかし、もしもいきなり来たら?と聞かれると

久間田さん:ずっと立ちすくんでしまいそう。ローリーのようには戦えないです。

とここで映画の主人公ローリー・ストロードの話題に。
久間田さん:40年間ずっと同じ思いを持ったまま生きてこられたのは本当にすごいと思います。

とトラウマを抱えたまま40年間を過ごしてきたローリーの精神力についてコメント。また、

久間田さん:銃を持つ姿がかっこいいと思いました!

と強い女性への憧れも語った。

映画情報どっとこむ ralph イベントもいよいよ終了、と思いきや、突如会場内が暗転し不穏な音楽が鳴り響き、ざわつく会場内。

先ほどはホラー映画は声を抑えてしまうと言っていた久間田だったが、「きゃー!何?!」と今日一の絶叫リアクション!
なんと、劇中のホラーキャラクター“ブギーマン”がサプライズ登場!「何が一番怖いって、目が真っ黒なんですよね。」と

感情の読めない不気味さに怯えつつも、ブギーマンとの2ショット写真撮影も実現した!!
映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・

久間田さん:4月は新学期が始まるのでみんなで映画を観て仲良くなるきっかけになればいいなと思います。
と女子高生たちへ向けてコメントしイベントは終了した。


『ハロウィン』
原題:Halloween

【STORY】ジャーナリストのデイナとアーロンは、40年前のハロウィンに起きた凄惨な殺害事件の真相を追っていた。殺人鬼の名前はマイケル・マイヤーズ。彼は40年間、一言も話すことなく動機や感情は一切不明。あまりの恐怖に人々は彼をブギーマン”と名付けた。事件の被害者で唯一の生き残りローリー・ストロードにインタビューするも収穫はなかった。しかし、ローリーは再びマイケルが目の前に現れることを恐れ、いつ起きるか分からない非常事態に一人備えていたのだ。その予感は最悪の形で現実となる。ハロウィン前夜、精神病棟から患者を輸送する車が横転し、マイケルが脱走してしまう。娘のカレンはローリーの言うことを信じず、孫娘アリソンもパーティに出かけてしまっている。ローリーは再び街に解き放たれた“ブギーマン”と対峙することを決意。恐怖に満ちたハロウィンの夜が始まる―。

***********************************

監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン
脚本:ダニー・マクブライド、デヴィッド・ゴードン・グリーン 
製作:ジェイソン・ブラム 音楽:ジョン・カーペンター、コーディ・カーペンター
出演:ジェイミー・リー・カーティス、ジュディ・グリア、アンディ・マティチャック、ニック・キャッスルほか
配給:パルコ 宣伝:スキップ
2018年/アメリカ/カラー/デジタル//106分/R-15指定


『ハロウィン』動機、感情、すべて不明!戦慄の本予告&新ビジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度、全米でNo.1超ヒットとなった『ハロウィン』が、4月12日(金)全国公開となることが決定しました!
1978年、ホラー映画の鬼才ジョン・カーペンター監督が生み出した『ハロウィン』は後世に語り継がれるホラーキャラクター“ブギーマン”と恐怖を煽る象徴的な音楽で全米を震撼させ、32万5000ドルの製作費で4700万ドルの興行収入を記録。世界的に脚光を浴び、以降のホラー映画に多大な影響を与えた。公開から40年の時を経て、新たな恐怖が解き放たれる。

先日ブギーマンさんが、浅草寺でひとり大ヒット祈願をしたとの報告でざわつかせましたが・・・


このたび、すべてが謎に満ちた神出鬼没の恐怖の化身・ブギーマンがハロウィンの夜に忍び寄る、戦慄の本予告が解禁! さらに、闇夜にたたずむブギーマンを捉えた新ビジュアルを解禁させていただきます!

解禁された本予告では、40年前のハロウィンの夜に人々を震撼させた殺人事件の犯人、“ブギーマン”ことマイケル・マイヤーズの恐怖が再来する様子が収められている。また、40年前の事件の唯一の生き残り、ローリー・ストロード(ジェレミー・リー・カーティス)がブギーマンと対峙する様子も切り取られ、2人の運命が再び交錯することに期待が高まる本映像の注目ポイントをご紹介!


映画情報どっとこむ ralph ★動機・感情不明、人知を超えた怪力、そして不死身…。すべてが謎の恐怖の化身、ブギーマン現る!

不気味なマスクに素顔が覆われて感情は一切不明、大人を片手で軽々と持ち上げる人知を超えた怪力、何発もの銃弾を受けても立ち上がる不死身の肉体…。その生い立ちも、行動の動機もすべてが謎に包まれた恐怖の化身・ブギーマン。本映像では、トイレに立てこもる女性の頭上から人の歯を降らせるなど、その際立った異様さが観る者の恐怖を掻き立てている。40年の沈黙を経て、再び街に解き放たれた恐怖の化身・ブギーマンが再びハロウィンの夜を震撼させる!!

★安全な場所なんてない― 神出鬼没!忍び寄るブギーマンの恐怖に絶叫必至!!

すべてが謎に包まれたブギーマンのもうひとつの恐怖の秘訣は、その神出鬼没さにあり!40年前の事件を知る唯一の生き残りであるローリーが「安全な場所なんてない」と語るとおり、本映像ではリビングやトイレ、さらにはクローゼットまで、様々な場所に突如現れては人々に襲いかかるブギーマンの姿が確認できる。気配もなく忍び寄るその存在に気づいたとき、人々はただ恐怖し、絶叫するしかない…!!

★ヤツはずっとこの時を待っていた…。ブギーマンとローリー40年越しの宿命の激突!

マイケルが精神病棟から患者を輸送する車が横転し、マイケルが脱走したことを知ったローリーは「ヤツはずっとこの時を待っていた」とブギーマンの再来を予期していたことを明かす。さらに、「必ず私の元に来る」「私がやるしかない」と長きにわたり苦しめられてきた因縁に決着をつけるべく、ブギーマンに銃口を向けるローリー!しかし、不死身の肉体に銃弾は届かず、ついにはドアを突き破って伸びてくるブギーマンの手に捕らえられてしまう!はたして、40年越しに対峙する2人の宿命の激突の結末はいかに!?

映画情報どっとこむ ralph さらに、新たに解禁された新ビジュアルには巨大な包丁を手にし、家の前に不気味にたたずむブギーマンの姿とともに、「恐怖が、忍び寄る。」というブギーマンの特徴を端的かつ最大限に表現したコピーが添えられ、より一層の恐怖が掻き立てられる仕上がりとなっている。
ヤツはじっとこちらを見つめている。我々の住む街にもブギーマンがいるかもしれない、そんな錯覚すら起こす恐ろしいビジュアルだ。気配もなく忍び寄るブギーマンの恐怖にあなたは打ち勝つことが出来るのか…。世界が震撼した究極のショッキングホラーをぜひ劇場で体感してほしい!

ハロウィン
原題:Halloween


【STORY】
ジャーナリストのデイナとアーロンは、40年前のハロウィンに起きた凄惨な殺害事件の真相を追っていた。殺人鬼の名前はマイケル・マイヤーズ。彼は40年間、一言も話すことなく動機や感情は一切不明。あまりの恐怖に人々は彼を“ブギーマン”と名付けた。事件の被害者で唯一の生き残りローリー・ストロードにインタビューするも収穫はなかった。しかし、ローリーは再びマイケルが目の前に現れることを恐れ、いつ起きるか分からない非常事態に一人備えていたのだ。その予感は最悪の形で現実となる。ハロウィン前夜、精神病棟から患者を輸送する車が横転し、マイケルが脱走してしまう。娘のカレンはローリーの言うことを信じず、孫娘アリソンもパーティに出かけてしまっている。ローリーは再び街に解き放たれた“ブギーマン”と対峙することを決意。恐怖に満ちたハロウィンの夜が始まる―。

***********************************


監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン
脚本:ダニー・マクブライド、デヴィッド・ゴードン・グリーン 
製作:ジェイソン・ブラム
音楽:ジョン・カーペンター、コーディ・カーペンター
出演:ジェイミー・リー・カーティス、ジュディ・グリア、アンディ・マティチャック、ニック・キャッスルほか

配給:パルコ
宣伝:スキップ
2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/106分/R-15指定
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS


『ハロウィン』ブギーマン、浅草寺でひとり大ヒット祈願&おみくじは大吉


映画情報どっとこむ ralph この度、全米でNo.1超ヒットとなった『ハロウィン』が、4月12日(金)、全国公開となることが決定。
≪都内に佇むブギーマン、今後も各所に神出鬼没?!≫

来日を果たした2月28日の夜はあいにくの雨模様。
気配を消して現れたブギーマンは、気づいたときには雷門の前に立っていた。
まずは来日を記念して雷門前で撮影をしていると6名の若い男女グループが恐る恐る近づいてきて、恐いもの知らずなのか、写真を撮りたいと希望。「日本には何をしにきたんですか?」と男子に問いかけられるも無言を貫くブギーマン。しかし、撮影は快諾し、みんなで記念撮影を行った。いきなりの人気ぶりに表情には出ないが満足そうに奥の浅草寺へと足を運んだ。

浅草寺ではお賽銭を投げ、
プロモーション用の包丁(おもちゃ)を手にはさみ日本式に手を合わせ映画『ハロウィン』の大ヒットを祈願。
夜の境内にひとりでいるブギーマンは不気味そのもの。近寄りがたい雰囲気を知ってか知らずか、五重の塔をバックに撮影も行い、早くも日本の観光スポットを楽しんでいるようだった。

さらに、ここで運試しとおみくじにも初挑戦。片手で勢いよくおみくじを振る姿は包丁を何度も振り下ろす姿に見え、恐怖を覚えざるを得ない。
そこで飛び出したおみくじ。
書いてある番号の引き出しから紙を取り出すと、そこにはなんと「大吉」の文字が。「凶」の割合が多いという噂の浅草寺のおみくじでこの結果は、大ヒット間違いなし?!
表情には出ないがさらに気分をよくしたブギーマンはそのままタクシーで押上に移動。後部座席に乗ったブギーマンをバックミラーで何度か確認する運転手さんの顔は恐怖を通り越し、微笑んでいた。
押上に到着すると急ぎ足でスカイツリーのふもとへと移動。撮影のベストポジションを確認し、スカイツリーをバックにこれからの日本のプロモーションに意気込みを感じさせるポーズで写真を撮影し、初日の稼働を終えた。


果たして、次はどこにブギーマンが現れるのか!?乞うご期待です。

映画情報どっとこむ ralph 映画公式サイトに設置された「日本にブギーマン現る。」のページで出没したスポットが随時マッピングされていくのでこちらもお楽しみに。

『ハロウィン』
原題:Halloween

4月12日(金)、全国公開

@map.html


STORY
ジャーナリストのデイナとアーロンは、40年前のハロウィンに起きた凄惨な殺害事件の真相を追っていた。殺人鬼の名前はマイケル・マイヤーズ。彼は40年間、一言も話すことなく動機や感情は一切不明。あまりの恐怖に人々は彼をブギーマン”と名付けた。事件の被害者で唯一の生き残りローリー・ストロードにインタビューするも収穫はなかった。しかし、ローリーは再びマイケルが目の前に現れることを恐れ、いつ起きるか分からない非常事態に一人備えていたのだ。その予感は最悪の形で現実となる。ハロウィン前夜、精神病棟から患者を輸送する車が横転し、マイケルが脱走してしまう。娘のカレンはローリーの言うことを信じず、孫娘アリソンもパーティに出かけてしまっている。ローリーは再び街に解き放たれた“ブギーマン”と対峙することを決意。恐怖に満ちたハロウィンの夜が始まる―。

***********************************

監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン
脚本:ダニー・マクブライド、デヴィッド・ゴードン・グリーン 
製作:ジェイソン・ブラム
音楽:ジョン・カーペンター、コーディ・カーペンター
出演:ジェイミー・リー・カーティス、ジュディ・グリア、アンディ・マティチャック、ニック・キャッスルほか
配給:パルコ 宣伝:スキップ
2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/106分/R-15指定