「ハイテンション・ムービー・プロジェクト」タグアーカイブ

高良健吾 『アンダー・ユア・ベッド』待望の予告編解禁! ヒロイン西川可奈子コメント


映画情報どっとこむ ralph KADOKAWAとハピネットの共同制作によって、閉塞気味のこの映画界において、「リミッターを外せ!」を合言葉に、あえてタブーとされる題材をテーマに、クリエイター達の感性と才能を思うままに爆発させた、“ジャンル映画”の中でも特にエッジの立った

作品を共同で開発、発信していくプロジェクト『ハイテンション・ムービー・プロジェクト』を立ち上げました。

4月12日(金)に公開間近の第一弾1人の女性の4つの人格を4人で演じる異色作!

『殺人鬼を飼う女』そして、第二弾!高良健吾主演の『アンダー・ユア・ベッド』の公開が7月19日(金)に決定&本予告映像が解禁!

今回の予告映像では、主演高良健吾が覗き続けたヒロインが明らかになると共に作品の大枠が露わになった興味深い映像となっております。



映画情報どっとこむ ralph 西川可奈子(佐々木千尋役)さんからコメント到着!
千尋でいた期間は本当に苦しかったですね…。 現状から抜け出す為の選択がどれ程大変で勇気のいる事か…。 迫る恐怖や不安な日々を一緒に戦って過ごしている内に気づけば自然 と体重も落ちていました。高良さんはその場で生まれる感情を繊細に 受けて下さるので、三井くんの前では自然体の優しい千尋でいれた気 がします。苦しいはずの現場の空気感が程よく心地良いと思えたのは、 きっとその場にいる全員が、俳優高良健吾さん、そしてこの作品に惚れ 込んでいたからだろうと感じました。 仕上がりを観た時、初めて抱いた感情がこの映画にはあって…。改めて この作品をこの組でやれた事、そして安里監督との出会いに心から感謝 します! 安里組全員の覚悟が乗っかったこの作品の熱量が画面を通して 1 人でも多くの方に響くと嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph アンダー・ユア・ベッド

7月19日(金) テアトル新宿ほか全国順次ロードショー

サイト URL:
http://underyourbed.jp

Twitter:
@UYB_movie

[STORY]
「今、こうして名もない男がベッドの下で虫のように横たわっている。そして、そこで毎日…彼女を、ただ見つめているんだ」 雨の日の無人のエレベーター。誰かの香水の香りが残っている。俺は思い出す。この香り…、11 年前、たった一度だけ名前を 呼んでくれた佐々木千尋のことを。親からも学校のクラスメイトからも誰からも名前すら憶えられたことのないこの俺を「三井くん」と呼んでくれた時のこと。 俺は人生で唯一幸せだったあの感覚にもう一度触れたいと思い、彼女を探し出すことにした。家庭を持った彼女の家の近所に 引っ越し鑑賞魚店を開店し、自宅に侵入、監視、盗撮、盗聴、彼女の近くで全てを覗き見ていたいと思った。だが、俺の目に映 ったのは、全く別人に変わり果てた姿だったのだが。

『ハイテンション・ムービー・プロジェクト』第一弾

殺人鬼を飼う女

4月12日(金)テアトル新宿 池袋シネマ・ロサほか全国順次ロードショー

***********************************

出演:高良健吾 西川可奈子 安部賢一 三河悠冴 三宅亮輔
原作:大石 圭「アンダー・ユア・ベッド」(角川ホラー文庫刊)
監督・脚本/安里麻里
製作:ハピネット KADOKAWA
制作プロダクション:ザフール
R18+
配給:KADOKAWA
©2019 映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

高良健吾 主演『アンダー・ユア・ベッド』キービジュアル&場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、KADOKAWAとハピネットの共同製作によって、閉塞感を漂う邦画界において、「リミッターを外せ︕」を合言葉に、あえてタブーとされる題材をテーマに、クリエイター達の感性と才能を思うままに爆発させた、“ジャンル映画”の中でも特にエッジの効いた作品を共同で開発、発信していくプロジェクト『ハイテンション・ムービー・プロジェクト』を立ち上げました。

記念すべきプロジェクト第一弾は4月12日公開『殺人⻤を飼う女』。先日、完成披露試写会にてお披露目され、劇場公開への期待と話題が高まっております。

映画情報どっとこむ ralph そしてプロジェクト第二弾となる今夏公開予定『アンダー・ユア・ベッド』。

待望のキービジュアルと場面写真を初解禁いたします!

「覗いていたい。このままずっとー」

今回解禁したビジュアルでは、高良健吾演じる主人公・三井直人が、11年前に一度だけコーヒーを飲んだ最愛の女性をベッドの下から覗く様子が具体的に明らかになってきた。男の眼前を青白く細い足が横切り、その様子を至近距離から虚ろな目でじっと見つめる…、とても異常な状態に身を置く男の様子を描き出す大胆で不気味なビジュアルが完成した。どのようにしてベッドの下に潜り込んだのか?「ずっと覗いていたい」男の異常執着体質はどこから生まれたのか?男がベッドの下から覗き見たものは一体何なのか?変質的ではあるが、どこか繊細で孤独な雰囲気を漂わせる三井の姿に妄想が掻き立てられる。

映画情報どっとこむ ralph さらに、今回初解禁となります場面写真は、

木陰から女性を監視する高良、
自宅から望遠レンズ越しに女性を盗撮する高良、
観賞用のグッピーを食い入るように見つめる高良、
高良覗きシリーズ3点を合わせて解禁。

30年間存在しなかった男の孤独に蝕まれた愛は、狂気となるのか―。


『アンダー・ユア・ベッド』

物語・・・
「もう一度、名前を呼ばれたい」雨の日の無人のエレベーター。誰かの香水の香りが残っている。俺は思い出す。この香り…11 年前、たった一度、名前を呼んでくれた彼女のこと。誰からも名前すら憶えられたことのないこの俺を「三井くん」と呼んでくれた時のこと。人生でもっとも幸福だったあの感覚を思い出したい。俺は、彼女を監視する事にした。彼女の家のベッドの下で―。

***********************************

主演:高良健吾
原作:大石 圭「アンダー・ユア・ベッド」(角川ホラー文庫刊)
監督・脚本/安里麻里
製作:ハピネット KADOKAWA
制作プロダクション:ザフール
配給:KADOKAWA
©2019映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会 R18+




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

高良健吾 主演『アンダー・ユア・ベッド』その女の自宅に潜入!ベッドの下から全てを覗き見る・・・


映画情報どっとこむ ralph この度、「リミッターを外せ︕」を合⾔葉に、あえ てタブーとされる題材をテーマに、クリエイター達の感性と才能を思うままに爆発させた、“ジャンル映画”の中でも特にエッジの⽴っ た作品を共同で開発、発信していくプロジェクト『ハイテンション・ムービー・プロジェクト』が⽴ち上がりました。

今回はプロジェクト第二弾となる『アンダー・ユア・ベッド』の主演を高良健吾が演じることが情報解禁となりました!


メガホンを取ったのは安里麻里監督。

黒沢清監督、塩田明彦監督の助監督を経て 2004 年『独立少女紅蓮隊』で劇場長編映画デビュー。切れのいい演出 が高い評価を得る。2014 年『バイロケーション』ではホラー要素と謎解きミステリー、人間ドラマを融合させ、各方面で絶賛を浴び た。その他の作品に大ヒットシリーズの三連作『リアル鬼ごっこ3・4・5』『劇場版零~ゼロ~』、米澤穂信原作『氷菓』など確かなファ ンを獲得している。原作は『殺人鬼を飼う女』と同じく大石圭。93年に「履き忘れたもう片方の靴」で第 30 回文藝賞佳作。他の著書 に「殺人勤務医」「湘南人肉医」「復讐 執行人」「飼育する男」「檻の中の少女」「人間処刑台」「甘い鞭」「殺人調香師」「あの夜に あったこと」等がある。

安里麻里監督コメント
原作『アンダー・ユア・ベッド』は「もう一度名前を呼ばれたい男」の話だ。ただ「名前を呼んでくれた」という些細な事が、主人公・三井にとっては、 かけがえのない幸せの記憶。その女を妄想的に想う。変質的であり、純粋でもある。この危ういキャラクターを描いてみたかった。狂気か愛か分 からない瞬間をいくつも。緊張感と過敏すぎる空気感。そんなヒリヒリする映画を作ろうと思った。 主人公・三井は高良健吾さんに演じてもらった。繊細な役どころで、同じシーンでもニュアンスを変えていくつか芝居をしてもらう事があった。こち らが一言投げかけるだけで、まるで別人のような顔つきに変わっていて、よく驚かされた。「目を離してる間に何か塗りました?」とメイク部に聞い たほど。とんでもない役者と出会ってしまったと思う。 暴力描写はかなり激し目だ。でも、だからこそ裏腹に、大きな癒しがこの映画にはある。このカタルシスを、多くの人に味わって欲しい。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、家でも学校でも誰からも必要とされず存在を無視され忘れられてきた男が、学生時代に初めて「名前を呼んでくれた」女性との11 年ぶりの再会を夢見て、追い始める処から始まる。

しかし、目の前に現れた彼女は別人のように変わっていた。

何故?彼女に何が起こっているのか。

男は、彼女を監視するようになり、自宅に潜入しベッドの下で真上の彼女を想い過ごし始める。加速度的に暴走していく男。これは愛ゆえの盲目なのか、それとも狂気なのかー。

愛する彼女への一途で純粋な思いと、異常で孤独な男の切なさ、繊細な役柄を高良健吾が演じる。

主演・高良健吾(三井直人)さんコメント

いつもより個人的な想いが多くある現場だった気がします。続けてこられたからこそご褒美 が多かったというか。若い現場だったのでエネルギーもあって気持ちがいい組でした。 この作品は心から痛々しくて不気味ですから、ご褒美、気持ちがいいという想いは現場中 にはゼロ、むしろマイナスになるのですが、それでも、確かにあったと今でも思える日々、 現場でした。 観る人をなんともいえない気持ちにさせる作品なのかもしれませんし、R 指定がついている ので観る人を選んでいますが、笑えるか笑えないかは気分次第の不気味な愛と緊張がある 作品だと思います。

映画情報どっとこむ ralph 『アンダー・ユア・ベッド』

今夏テアトル新宿ほか全国ロードショー

サイト URL:
http://underyourbed.jp

Twitter:
@satsu_under
[STORY]
もう一度、名前を呼ばれたい 雨の日の無人のエレベーター。誰かの香水の香りが残っている。俺は思い出す。この香り…11 年前、たった一度、名前を呼んでく れた彼女のこと。誰からも名前すら憶えられたことのないこの俺を「三井くん」と呼んでくれた時のこと。 人生でもっとも幸福だったあの感覚を思い出したい。俺は、彼女を監視する事にした。彼女の家のベッドの下で―。


***********************************


高良健吾

原作:大石圭「アンダー・ユア・ベッド」(角川ホラー文庫)
監督・脚本:安里麻里
配給:KADOKAWA
©2019 映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会 R18+




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ