「ハイスクール・フリート」タグアーカイブ

TrySail夏川椎菜「ぜひ劇場でこの愛を感じてほしい」『劇場劇場版 ハイスクール・フリート』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 『ストライクウィッチーズ』『ガールズ&パンツァー』などを手がける鈴木貴昭原案のオリジナルアニメーションとして2016年4月からTV放送された本作。“国土水没により海上大国となった日本”という時代背景に合わせ緻密に練られた設定と世界観を舞台に、教育艦「晴風」の艦長となった明乃をはじめ、副長の宗谷ましろら、艦で共に過ごす仲間たちの豊かな個性や、少女たち同士の関係性を魅力的に描き出し、そんな可愛いキャラクターたちとは一見ミスマッチな艦隊バトルシーンは、ミリタリーファンも納得の綿密な設定考証に基づきリアルに描写され、放送開始から大きな話題となった。放送後も続編を望む声はやまず、2017年5月のOVA発売を経て、満を持して2020年1月18日(土)より絶賛“航海”中となっています!

そして!

この度、本作の公開記念舞台挨拶を2月9日(日)に実施。
当日はゲストに夏川椎菜(岬明乃役)、雨宮天(知名もえか役)、麻倉もも(伊良子美甘役)と主題歌も担当したTrySailが登壇!去年開催された「ハイフリ」3周年記念イベントで麻倉が獲得した“劇場版の舞台挨拶好きなところ行ける権利”で博多~広島で舞台挨拶が行われました。

0209「ハイフリ」舞台挨拶

「劇場版 ハイスクール・フリート」実施 公開記念イベント
日付:2月9日(日)
場所:ティ・ジョイ博多 ~ 広島バルト11 
登壇:夏川椎菜、雨宮天、麻倉もも(TrySail)

映画情報どっとこむ ralph 去年横須賀で開催された「ハイスクール・フリート」3周年記念イベントで“劇場版の舞台挨拶好きなところ行ける権利”をかけたゲームが行われ、見事麻倉さんが優勝して、この舞台挨拶が決定したとのこと。

地元福岡に凱旋した麻倉は「ライブでは3人で来ることはありましたが、中々のんびりできないので…。でも昨日はおいしいものをいただきました(笑)」とコメントし、夏川・雨宮と共に海鮮を食べて舞台挨拶前夜を楽しんだ様子。

劇場版の印象について聞かれると夏川は「ハイスクール・フリートは本当にキャラクターが多くて、今回も新キャラが追加されていたり、いろんなシーンがあったりしたんですけど、そんな中でも小ネタとかが散りばめられているので、キャラクター愛を感じて、すごく見応えがありました」と細かい部分に注目してほしいと語る。

そんな夏川演じる岬明乃を幼馴染として支える知名もえか役を演じた雨宮は「もかちゃん〈知名もえかの愛称〉が今回初めて艦長らしい言葉をいっぱい言えてるんですよ!武蔵の艦長なんですけど、TVシリーズではあまりかっこいい言葉が言えてなかったので、今回はすごくかっこよくてうひょってなりました(笑)」 と喜びを表しました。

麻倉は「戦闘シーンももちろんかっこよくて好きなんですが、前半の日常シーンでのミケちゃん〈岬明乃の愛称〉とシロちゃん〈宗谷ましろの愛称〉のやりとりが本当に可愛くて、なんか夫婦みたいな感じでニヤニヤしちゃいました(笑)」とし、自身が演じたキャラクターについては「(炊事委員の)美甘ちゃんは、最初から最後までずっとご飯のことばっかり言ってましたね(笑) シリアスなシーンである一言を言うのですが、確かTVシリーズの最初の台詞でもあるんですよね」とコメント。 さらに夏川は「ミケちゃんとシロちゃんの成長を感じるシーンも多くあって、お互いが主張していたことを受け入れて支え合える関係になっていたなと。ミケちゃんが表情とか台詞も大人っぽさが増していて、危険なことや別れがあってミケちゃん自身も成長した姿が描かれています」 と注目してほしい箇所を紹介。

楽曲について雨宮は「大事なシーンで“High Free Spirits”が流れていて嬉しかったですし、熱かったですね!」
それに続き、夏川も「TrySailのライブでも、あのイントロが流れるとお客さんもすごい盛り上がるし、私たちも鳥肌が立ってテンションが上がります!」 とコメントし。麻倉は「TVシリーズの時のことも思い出しますし、あのシーンはなんか気持ち的に優勝みたいな感じでした(笑)」 

さらに主題歌については、夏川「今回の歌詞は、劇場版の内容に寄り添いつつ、出会いと別れがあるこの時期だからこそ響く歌になっているんじゃないかなと思います」 雨宮「立場によって思い浮かべるところが違うからそれぞれ刺さるんじゃないかと思います」 麻倉「レコーディングの時は劇場版の内容は知らなかったけど、仲間を思う気持ちとか帰るところがあるみたいな、切ないけどあったかい気持ちが歌詞で表現されていたので、あまり切なすぎず前向きな音で力強く歌いました」とアピールした。

4週目の来場者特典で宗谷ましろ役のLynnと伊良子美甘役の麻倉ももが担当したキャラクターソングが配布されており、麻倉は「美甘ちゃんは晴風カレーの歌といえばいいのか、本当に材料とか食べ物の名前が流れていて、美甘ちゃんしか歌えないような歌になっています。私もレコーディングの時におなか減ったなと思いました(笑)」とコメント。夏川は「キャラクターソングは歌詞がどのキャラクターにも寄り添った内容になっていて、ミケちゃんのキャラソンはアニメで出てきた名セリフが入っていたりとか、艦長としての思いだったりが詰め込まれていた歌でした。 副長のシロちゃんのキャラソンはこの映画のもう一つのエンディングみたいな曲になっているなと思いました!ぜひ映画を観た後に聞いて欲しい」と鑑賞後の楽しみ方をファンに勧めた。

最後に夏川が「キャストだけでなく、スタッフの皆さんの愛を注いで作られた作品だと思いますので、ぜひ何度でも劇場にお越しいただき、愛を感じていただければと思います」と力強く締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph 「劇場版 ハイスクール・フリート」

アニメ公式サイト:
https://www.hai-furi.com/
公式 Twitter:
@hai_furi

「劇場版 ハイスクール・フリート」

<ストーリー>
今からおよそ 100 年前、プレートのずれにより、多くの国土を水没によって失った日本。
国土保全のため次々と築かれた水上都市はいつしか海上都市となり、それらを結ぶ航路の増大に伴い、海の安全を守る職業「ブルーマーメイド」が女生徒たちの憧れとなっていた。
そんな「ブルーマーメイド」に憧れ、横須賀女子海洋学校に入学した岬明乃は航洋艦「晴風」の艦長に任命され、クラスのメンバーと共に海洋実習に参加する。艦を動かし、目的地へと向かうだけの安全な航海のはずが、彼女たちを待ち受けていたのは、数々の危機(ピンチ)。教員艦からの突然の発砲、暴走する他学生艦との戦闘、救難船の救護活動など、数々の困難を辛くも乗り越え、無事に陸に帰還したことで、メンバー同士の間に固い絆が結ばれるのだった。
その騒動から 1 ヶ月後、テスト休みを満喫する晴風メンバーに新たな危機(ピンチ)が訪れる。それは晴風クラスが解体されるというもの。晴風メンバーは、動揺しながらも再び一丸となり、クラスの解体を阻止したことで、絆をより深めていくのだった。

そして、晴風クラス解体危機から3ヶ月──
横須賀では、呉・舞鶴・佐世保を含めた全女子海洋学校の生徒が一堂に会し文化祭と体育祭を行う「競闘遊戯会」が開
催され、明乃たち晴風クラスのメンバーも歓迎祭の準備に追われていた。
大和・信濃・紀伊など超大型艦のクラスも集い、様々な演し物や競技で賑わう中、彼女たちに新たな“危機(ピンチ)”が迫っていた……!

***********************************

<キャスト>
夏川椎菜 、Lynn、古木のぞみ、種﨑敦美、黒瀬ゆうこ 、久保ユリカ 、麻倉もも、雨宮天 他

制作スタッフ
原案 :鈴木貴昭
キャラクター原案 :あっと
総監督 :信田ユウ
監督 :中川 淳
脚本 :鈴木貴昭・岡田邦彦
キャラクターデザイン・総作画監督 :中村直人(「ミス・モノクローム」キャラクター原案協力)
音楽 :小森茂生(F.M.F)(「けいおん」他)  CGグラフィック制作 :グラフィニカ(SSSS.GRIDMAN、四月は君の嘘)
制作 :A-1 Pictures(ソードアート・オンライン、Fate/Apocrypha、グランブルーファンタジー、アイドルマスターシンデレラガールズ等) 
配給 :アニプレックス
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

古木のぞみ・鶴岡聡・夏川椎菜・黒瀬ゆうこ・久保ユリカ「劇場版 ハイスクール・フリート」油壺マリンパークコラボイベント


映画情報どっとこむ ralph 『ストライクウィッチーズ』『ガールズ&パンツァー』などを手がける鈴木貴昭原案のオリジナルアニメーションとして2016年4月からTV放送された本作。“国土水没により海上大国となった日本”という時代背景に合わせ緻密に練られた設定と世界観を舞台に、教育艦「晴風」の艦長となった明乃をはじめ、副長の宗谷ましろら、艦で共に過ごす仲間たちの豊かな個性や少女たち同士の関係性を魅力的に描き出し、そんな可愛いキャラクターたちとは一見ミスマッチな艦隊バトルシーンは、ミリタリーファンも納得の綿密な設定考証に基づきリアルに描写され、放送開始から大きな話題となった。放送後も続編を望む声はやまず、2017年5月のOVA発売を経て、満を持して2020年1月18日(土)、完全新作アニメーションとして全国ロードショーされる。

本作の12月21日(土)、22日(日)に油壺マリンパークとのコラボイベントを実施いたしました。
21日(土)は古木のぞみ・鶴岡聡、22日(日)は夏川椎菜・黒瀬ゆうこ、久保ユリカがそれぞれ登壇しイルカショーへの参加やスペシャルトークショーが開催されました。

「劇場版 ハイスクール・フリート」油壺マリンパークコラボイベント
場所:油壺マリンパーク  
登壇:
12月21日(土):古木のぞみ、鶴岡聡
12月22日(日):夏川椎菜、黒瀬ゆうこ、久保ユリカ

映画情報どっとこむ ralph 21日(土)の古木、鶴岡は、ペンギンの歩き方をマネしながらステージに登場し、油壺まで駆け付けた本作のファンや一般のお客さんを沸かせました。

イルカショーは代表して古木が挑戦し、イルカとの握手や古木の合図でジャンプをしたりと無事成功!続けてトークショーで好きな生き物を聞かれると古木は「ペンギンが好きです。とても綺麗なフォルムをしてて、可愛いからです。だから登場の時マネしました(笑)」と答え、登場の理由を明かした。一方、鶴岡は「動物がすごい好きで、水族館とか動物園とかよく行くんです。実は小学校の時にここ(油壺マリンパーク)にも来たことがあって、確認のために親にまで電話して聞きました!そんな思い出の場所にまさか自分が立てるなんて、不思議な気持ちですね」と喜びを露わにした。劇場版のアフレコについて聞かれ「スタッフに提案しながら収録したシーンもあったので、そのシーンがどうなったか気になりますね」と鶴岡。注目してポイントを聞かれた古木は「あっちゃん(種﨑敦美)と新しい新ネタを披露するところがあるので楽しみです」とコメント。

締めのコメントでは古木の無茶ぶりが続く中、ハイフリおじさん(=ハイフリのファン)代表として鶴岡が「念願の劇場版がいよいよ公開します。大きな決断を出さなければいけない時がきますので、ぜひ彼女たちを皆さんで見届けてあげて欲しいと思います。本日はありがとうございました」とコメントし、1日目のイベントは終了いたしました。

映画情報どっとこむ ralph 22日(日)は夏川、黒瀬、久保が登場。

客席には多くのファンが詰めかけ、イルカは前日より元気な様子。かねてからイルカショーの出演を楽しみにしていた久保は「触ったことのない生き物の感触がしました。驚きと感動が溢れています。ずっと夢だったので実現してよかったです」と興奮のコメント。

トークショーでは、久保は「(イルカの)あの感触がわからなくて、みんなと“固いこんにゃくかな?”とか話してました(笑)。でも子供の時から強がってこういった機会を逃してきたので、初めてやれてよかったなと思いました。今年イチはしゃぎました」と改めて興奮を露わに。コメントに対し夏川は「久保さんは握手でしたけど、実は私、子供の頃にイルカとキスしたことあるんですよ」と驚きのコメント。劇場版についてのトークでは、先日解禁した本予告について夏川は「あそこまで見せちゃっていいの?って思いました。ミケちゃんとシロちゃんの関係がどんどん変わっていく中で、考えさせられる内容になっているのかなと思います」と期待するコメント。黒瀬は「今回も仁義のない感じのやりとりがあるんじゃないですかね」とファンへじらしつつみどころを説明。今後予定されている劇場版の舞台挨拶について黒瀬は「たぶん油壺まで来てくれた皆さんは全国どこでも来てくれるんじゃないですか(笑)」と呼びかけて笑いを誘いました。

締めの挨拶では「本当にハイフリという作品に関わらせていただいてから、いろんな経験をさせていただきましたが、まさかイルカとアシカとも共演できるなんて思わなかったです(笑) いよいよ公開まであと少し、皆さんと一緒にウキウキしながら年を越したいと思っております。それでは劇場の公開に向かってヨーソロー!」と期待をこめたメッセージを送りました。

イベントの終盤ではサイン入りのコラボ限定クリアファイルをかけて、集まったファンとジャンケン大会を実施し、大盛況の中、イベントは終了いたしました。

映画情報どっとこむ ralph 「劇場版 ハイスクール・フリート」

2020年1月18日(土)全国ロードショー

***********************************

キャスト
夏川椎菜 、Lynn、古木のぞみ、種﨑敦美、納沙幸子、黒瀬ゆうこ、久保ユリカ、麻倉もも、雨宮天 他

原案 :鈴木貴昭
キャラクター原案 :あっと
総監督 :信田ユウ
監督 :中川 淳
脚本 :鈴木貴昭・岡田邦彦
キャラクターデザイン・総作画監督 :中村直人(「ミス・モノクローム」キャラクター原案協力)
音楽 :小森茂生(F.M.F)(「けいおん」他)  
CGグラフィック制作 :グラフィニカ(SSSS.GRIDMAN、四月は君の嘘)
制作 :A-1 Pictures(ソードアート・オンライン、Fate/Apocrypha、グランブルーファンタジー、アイドルマスター シンデレラガールズ等) 
配給 :アニプレックス




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『劇場版 ハイスクール・フリート』 「三笠」TrySailライトアップ点灯式&TVシリーズ一挙上映イベント


映画情報どっとこむ ralph 2020年1月18日(土)、『劇場版 ハイスクール・フリート』 が完全新作アニメーションとして全国ロードショーとなります。

この度、本作の主題歌を担当するTrySailが“ハイフリ”の舞台となる横須賀・三笠にてライトアップイベントを行いました。当日はTrySail(夏川椎菜、麻倉もも、雨宮天)が登壇し、記念艦三笠がTrySail色に点灯!さらに本作の主題歌MVを初お披露目いたしました。そして同日夜には新宿バルト9にてTVシリーズの一挙上映会も開催!上映前の舞台挨拶には豪華キャスト陣と原案の鈴木貴昭さんが登壇しました。

映画情報どっとこむ ralph ➀ 世界三大記念艦「三笠」TrySailライトアップ点灯式
場所:横須賀 三笠公園  (神奈川県横須賀市稲岡町82)  
登壇:夏川椎菜、麻倉もも、雨宮天 (TrySail)
 


12月14日(土)、横須賀・三笠公園にて、劇場版の公開を記念して「世界三大記念艦「三笠」TrySailライトアップ点灯式」が開催された。イベントには、TrySail(麻倉もも・雨宮天・夏川椎菜)が登壇し、ファンと共にライトアップを見届けるほか、劇場版の見どころや新曲『Free Turn』についてトークを繰り広げた。

イベント開始を待ちわびる約700人のファンの歓声に応え、三笠の艦内から登場したTrySailの3人。集まったファンの多さに驚きを見せながらも、さっそく点灯式を実施。作品にちなみ、ファンと共に「ヨーソロー!」と声を合わせると、艦首からイエロー・ピンク・ブルーとTrySailのイメージカラーにライトアップ。メンバーは興奮気味に「綺麗!」「強そう!「TrySailのグッズみたいだね(笑)」と喜びを露わにした。

これまでイベントなどで横須賀を訪れる機会が多かったという夏川は、劇場版の発表を受けた際の心境について「横須賀を訪れる度に街全体が『ハイフリ』を応援してくれていて! 自分が演じるキャラクターが商店街の色々な場所にあるのを見ていたので、そのみなさんに新しいストーリーをお見せできる喜びを強く感じました!」と熱弁した。

そして、TrySailが担当する劇場版主題歌『Free Turn』のMVが会場限定で初公開。TVアニメのOP『High Free Spirits』を引き継く楽曲の世界観を一足先に堪能することができた。

タイトルの『Free Turn』には、“リターン”という単語も込められていると話す雨宮は「自由にそれぞれの道を行くけれど、歌詞の中に<ただいま言える場所>というフレーズがあるように、いつでも帰ってこれる場所といったニュアンスが込められています」とコメント。続けて夏川は、明乃の信念でもある“海の仲間はみんな家族”に通ずる部分がある歌詞だと語る。

麻倉は「それぞれの道を行くけどまた同じところに戻ってこれるよ、という意味が込められたストーリー仕立てのMVになっています」と、3人の様々な表情が垣間見える映像に言及。ストーリーも事前に用意されており、それぞれ割り振られた役に沿って収録を進めたという裏話を披露した。なお、冒頭から確認できる夏川のフェリー上のシーンは、実際に早朝から航行中の船内で収録したのだとか。

さらに、CDの発売日が1月22日(水)、先行配信が公開日の1月18日(金)に決定。加えて、アニメイラスト含む、3種類のCDジャケットも解禁となった。

初回生産限定盤・通常盤のジャケット撮影は三笠の艦内で行われており、夏川は「3人集まればTrySailごっこができます!(笑)」と呼びかけ笑いを誘う。

雨宮も「海しりとりをすれば、それはTrySailですね(笑)」と撮影中は“海しりとり”なる、海に関するワード限定のしりとりをしていたことを明かし「素の表情がいっぱいで楽しい雰囲気になっています」とジャケットのポイントを解説。最後は3人から一言ずつ、劇場版や『Free Turn』に懸ける想いが語られたところでイベントは締めくくられた。

映画情報どっとこむ ralph ② TVシリーズ 5.1ch一挙上映イベント
場所:新宿バルト9  
登壇:夏川椎菜、麻倉もも、古木のぞみ、黒瀬ゆうこ、鈴木貴昭(原案)


同日、新宿バルト9にて、「TVシリーズ「ハイスクール・フリート」5.1chオールナイト一挙上映&トークイベント」が開催された。イベントには、岬 明乃役・夏川椎菜、立石志摩役・古木のぞみ、納沙幸子役・黒瀬ゆうこ、伊良子美甘役・麻倉もも、原案&脚本・鈴木貴昭が登壇。TVシリーズの収録・制作秘話や、公開目前の劇場版にちなんだテーマトークが展開した。

盛大な拍手に迎えられながら登壇したキャスト陣だが、最初の挨拶の段階でファンに上映前のストレッチを促したり、客席を勝手に「○○科ゾーン」と各科に区分したりと、早くもフリーダムな空間に。鈴木も「他の作品と比べて圧が強い! キャストも圧が強い!(笑)」と圧倒されていた。

TVアニメの放送開始から3年半以上経つ『ハイスクール・フリート』。ここで改めてオーディション時のエピソードが語られた。「合格しているとは思ってなかった」と率直な感想を述べた夏川はもともとミーナ役を受けており、オーディションのスタジオで明乃も演じてほしいとオーディション原稿を渡されたのだとか。

その中には、緊迫したシーンにおける「いっけぇぇぇ!」のようなセリフがあり、スタッフからもっと振り切ってほしいとディレクションを受けたそう。要望に応えるには、キャラクターを維持できないほどの本気の叫びをせざるを得なかっただけに、落ちたと思い込んでいたという。

そこで鈴木は「(そのセリフを)言えるかどうかが肝でした。ちゃんと伝わる声を出せるのかが大事だったので」と答えると、夏川は「あのとき振り切っていて良かったんですね」と笑顔を浮かべた。

一方、幸子を受けていた古木も、スタジオで志摩も演じてほしいと言われたそう。喜怒哀楽が込められた「うい」の一言のレパートリーに苦戦したり、ラットに感染した際のセリフからネタバレを食らうという思い出話を披露して会場の笑いを誘った。

本作が立ち上がった経緯について尋ねられた鈴木は、艦船をテーマにした作品のオファーに対して温めていたネタとして提案したことを明かした。

しかし、アニメとして制作するには難しいテーマだったようで「人数を削りに削っても30人もいるじゃないですか。ひとつの船にいっぱいいるから画面に入らない。それをどうやって割り振るのかが大変で」と泣く泣く削った要素があったとコメント。

また、TVシリーズでは多くの艦船を登場させたかったものの、3Dモデルの制作の都合上で実現できなかったことを吐露。しかし、「劇場版にちょろっとありますけど……(笑)。大和型4艦はTVシリーズで出せなかったので」と期待の高まる一言でファンを沸き上がらせた。

そして、文化祭と体育祭を行う競闘遊戯会が描かれている劇場版にちなみ、学生時代の思い出についてトークが展開していく。黒瀬は中高ともに所属していた生物部のエピソードを披露。“カッコいい役職だから”と部員全員が部長に憧れていたようだが、なんと部長の選抜方法は畑でバッタの捕獲数を競うといったもの。その結果、黒瀬は副部長に就任できたと答え、意外な女子校での生活が明らかになった。

黒瀬と同様に中高と女子校に通っていた麻倉だが、直前の流れからバッタは触ったことはあるかと尋ねられると「もちろん! けっこう野生児だったので、木に登って果物を食べたりしました(笑)」と黒瀬に続いて意外な回答で会場をどよめかせた。しかし、体育祭自体が行われていなかったり、学園祭は部活で回れなかったりと学生らしい思い出は多くないと明かす。

すると「学生時代(制服姿)の写真見せてもらったことがある」と何気なく呟いた黒瀬に、表情を一変させて「え!? どういうこと!?」と即座に反応したのは夏川。ステージ端まで黒瀬に詰め寄るも、麻倉からの「そっか見せてなかったか! じゃあ今後も見せていかないように!(笑)」と非情な一言で夏川にトドメを刺す。

しかし、それでも挫けない夏川(麻倉が中学3年生の時点で既に会っている)は、古木の「逆に(自分の写真も)見せていったらいいんじゃない?」という提案を武器に猛アタック。

「0歳から見せる! アルバム持ってくるね!(夏川)」「ちょっと重いなぁ……(苦笑)(麻倉)」「子供好きでしょ!? 私の子供時代の写真持ってくるから代わりに見せてね!(夏川)」「ちょっと遠慮しとく(笑)(麻倉)」と最後の最後まで食い下がるも、麻倉のガードを崩すことなくイベントは終了の時刻を迎える。最後は登壇者より、オールナイト一挙上映を楽しむファンへ向けてメッセージが贈られトークイベントの幕を下ろした。

***********************************

原案 :鈴木貴昭  
キャラクター原案 :あっと
総監督 :信田ユウ/監督 :中川 淳  脚本 :鈴木貴昭・岡田邦彦
キャラクターデザイン・総作画監督 :中村直人(「ミス・モノクローム」キャラクター原案協力)
音楽 :小森茂生(F.M.F)(「けいおん」他)  CGグラフィック制作 :グラフィニカ(SSSS.GRIDMAN、四月は君の嘘)
制作 :A-1 Pictures(ソードアート・オンライン、Fate/Apocrypha、グランブルーファンタジー、アイドルマスターシンデレラガールズ等) 配給 :アニプレックス

<キャスト>
夏川椎菜 、Lynn、古木のぞみ 西崎芽依、種﨑敦美、納沙幸子、黒瀬ゆうこ 、久保ユリカ 、麻倉もも、雨宮天 他




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ