「ニッポン・コネクション」タグアーカイブ

田中征爾監督 映画『メランコリック』ドイツ日本映画祭「ニッポン・コネクション」観客賞受賞!


映画情報どっとこむ ralph アップリンク渋谷にて 8 月公開の映画『メランコリック』が、ドイツで開催された第 19 回日本映画祭「ニッポン・コネクション」で観客賞を受賞いたしました。

映画『メランコリック』は、名門大学を卒業後、うだつの上がらぬ生活を送っていた主人公・和彦が、たまたま訪れた銭湯でバイトを始めるが、その銭湯は閉店後の深夜、風呂場を「人を殺す場所」として貸し出していることを知り…。ひょんなことから人生が動きだしてしまう人間模様を変幻自在な展開とストーリーで描いた、巻き込まれ型サスペンス・コメディ。

上映は現地時間 6 月 1 日に行われ、観客からも「ドイツでは公共浴場が減っていっているので、少し感傷的になった 」、「 素晴らしい作品をありがとう!! 」、「 今後のプロジェクトが気になる! 」など賞賛の声が寄せられた。映画『メランコリック』は、第 31 回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門で監督賞を受賞し、第 21 回ウディネファーイースト映画祭での新人監督作品賞に続いての連続快挙となる。
田中征爾監督は「”見た人が退屈しませんように”といつも願っているので、 観客賞は”楽しんでもらえた証拠”という事で 、とても僕をほっとさせてくれる賞です。そしてヨーロッパの方々にも面白いと思ってもらえたという事実が、とても嬉しいです」とコメント。


なお続々と世界各国の映画祭へ出品が決定していて、現地時間 6 月 15 日(土)~24 日(月)まで、中国・上海で開催れる第 22 回上海国際映画祭のパノラマ部門での正式出品が決定。続いて現地時間 6 月 27 日(木)~7 月 7 日(日)まで、韓国・富川で開催される第 23回富川(プチョン)国際ファンタスティック映画祭ワールドファンタスティック・ブルー部門での出品も決定いたしました。

日本での公開もますます期待がたかまるばかりです。

映画情報どっとこむ ralph 映画『メランコリック』

2019年8月、アップリンク渋谷ほか全国順次公開

・公式HP:
https://www.uplink.co.jp/melancholic/
・Twitter:
https://twitter.com/melancholic1331
・Instagram:
@melancholic.jp/


バイトを始めた銭湯は、深夜に風呂場で人を殺していた――!?
名門大学を卒業後、うだつの上がらぬ生活を送っていた主人公・和彦。ある夜たまたま訪れた銭湯で高校の同級生・百合と出会ったのをきっかけに、その銭湯で働くこととなる。そして和彦は、その銭湯が閉店後の深夜、風呂場を「人を殺す場所」として貸し出していることを知る。そして同僚の松本は殺し屋であることが明らかになり…。

***********************************


監督・脚本・編集:田中征爾

出演:皆川暢二、磯崎義知、吉田芽吹、羽田真 、矢田政伸 、浜谷康幸、ステファニー・アリエン、大久保裕太、山下ケイジ、新海ひろ子、蒲池貴範 他
撮影:髙橋亮
助監督:蒲池貴範
録音:宋晋瑞、でまちさき、衛藤なな
特殊メイク:新田目珠里麻
TAディレクター:磯崎義知
キャスティング協力:EIJI LEON LEE
チラシ撮影:タカハシアキラ


製作:OneGoose
製作補助:羽賀奈美、林彬、汐谷恭一
プロデューサー:皆川暢二
宣伝:近藤吉孝(One Goose)
チラシデザイン:五十嵐明奈
後援:VーNECK、松の湯
宣伝協力:アップリンク

配給:アップリンク、神宮前プロデュース、One Goose
(2018年/カラー/日本/DCP/シネスコ/114分)




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

夏帆主演『ブルーアワーにぶっ飛ばす』 ドイツ日本映画祭・第21回台北映画祭出品&箱田優子監督参加!


映画情報どっとこむ ralph 箱田優子初監督作『ブルーアワーにぶっ飛ばす』が10月11日(金)よりテアトル新宿、ユーロスペースほか全国公開。

先日の第43回香港国際映画祭ヤング・シネマ・コンペティション部門へ出品され、現地で絶賛の嵐だった本作。


この度、ドイツにて開催される第19回日本映画祭「ニッポン・コネクション」、第21回台北映画祭への出品が決定しました。

ドイツ日本映画祭「ニッポン・コネクション」&第21回台北映画祭出品決定!!

台北映画祭へは箱田優子監督も参加!

先日の第43回香港国際映画祭ヤング・シネマ・コンペティション部門へ出品され、満員御礼、観た人から絶賛の声が絶えなかった本作。

日本公開前から海外で注目集めている本作が、この度5月28日よりドイツ、フランクフルトで開催される第19回日本映画祭「ニッポン・コネクション」の出品が決定!世界最大の日本映画祭と言われる同映画祭では、第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、世界から多大な注目を集めた『寝ても覚めても』や、第75回ヴェネチア国際映画祭出品『斬、』、第69回ベルリン映画祭出品『きみの鳥はうたえる』なども上映される予定。

世界各国を賑わせた日本映画が参加する中、新人監督の箱田優子の『ブルーアワーにぶっ飛ばす』がニッポン・ビジョン部門での上映が決定し、同映画祭がヨーロッパプレミアとなる!

映画情報どっとこむ ralph さらに6月27日から台北で開催する第21回台北映画祭の国際ニュータレントコンペティション部門への出品も決定した。

毎年約160作品が上映され、約10万人の映画ファンが参加する台北最大の映画祭。
2007年より「国際ニュータレントコンペティション部門」が設けられ、国際審査員によって「最優秀映画」および「特別審査員賞」が選出される。新人監督の発掘に力を入れている同映画祭へ、箱田監督が『ブルーアワーにぶっ飛ばす』を引っさげ参加する予定。

映画情報どっとこむ ralph 初監督作品にして続々と世界各国の映画祭への出品が決まる『ブルーアワーぶっ飛ばす』。

10月11日(金)よりテアトル新宿、ユーロスペースほか全国ロードショー!

www.blue-hour.jp

『ブルーアワーにぶっ飛ばす』
***********************************


出演:夏帆 シム・ウンギョン  渡辺大知 / 黒田大輔 上杉美風 小野敦子 / 嶋田久作 伊藤沙莉 高山のえみ / ユースケ・サンタマリア でんでん 南果歩

監督・脚本:箱田優子 
製作:中西一雄 
企画・プロデュース:遠山大輔 
プロデューサー:星野秀樹 

撮影:近藤龍人 
照明:藤井勇 録音:小川 武 
美術:井上心平 
編集:今井大介 音楽:松崎ナオ

製作:「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会 
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント 制作プロダクション:ツインズジャパン 

配給:ビターズ・エンド
2019年/日本/カラー/アメリカンビスタ/DCP5.1ch/92分
©2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

独ニッポン・コネクションにて『オー・ルーシー!』が大賞受賞&寺島しのぶ「ニッポン名誉賞」


映画情報どっとこむ ralph この度、ドイツ・フランクフルトにて開催されている「ニッポン・コネクション」にて 映画『オー・ルーシー!』が大賞を受賞し、主演の寺島しのぶさんが現地へ渡航し、 女優として「ニッポン名誉賞」も受賞、授賞式に参加。

今年で第18回となる「ニッポン・コネクション」は、ドイツ、フランクフルトで5月29日~ 6月3日まで開催され、2017年の第17回映画祭での上映作品数は100作品を超え、 16,000人を超える来場する世界最大の日本映画祭となっている。大作からイン ディーズ作品交えながら、幅広いジャンルの最新日本映画を集めた上映プログラム となっており、寺島の出演作品としては、『オー・ルーシー!』((18’)監督・平栁敦子)、 『幼な子われらに生まれ』(( 17’)監督・三島有紀子)、『裏切りの街』((16’)三浦大輔 監督)、『ヴァイブレータ』((03’)監督・廣木隆一監督)が上映されました。

寺島さんは、日本映画界に特別な功績を残した人物に贈られる、「ニッポン名誉賞」を受賞し、Mousonturm,Saalで行われた映画祭クロージングの舞台に登壇。会場に集まった500名の観客の前に登場すると、熱狂的な日本映画 ファンからは歓声が上がり、

寺島さん:まだ発展途上の私がこのような賞を頂いて良いのかと思いましたが、これからの 私への期待だと思い、有り難くお受けしました。ベルリン映画祭で銀熊賞をいただき、今回名誉 賞を頂きました。ドイツで二度も素敵な賞を頂き心から嬉しく思っています。ドイツ大好きです!

とニッポン名誉 賞受賞の喜びを表現。又、映画祭開催中上映された作品の中で、観客によって選ばれるニッポン・シネマ部門 の最優秀作品賞である「ニッポンシネマアワード」には自身の主演作である、映画『オー・ルーシー!』が選ばれ

寺島さん:“観客賞”は作り手にとって本当に嬉しい賞です。これはロスにいる平柳監督に頂いた賞だと思いますので、 すぐ連絡します。益々ドイツが大好きです!

と興奮した様子でドイツでの評価を喜びました。
写真:©Jumpei Tainaka

映画情報どっとこむ ralph オー・ルーシー!
公式HP:
http://oh-lucy.com/

あらすじ
43 歳、独り身の節子は職場では空気のような存在。通い始めた英会話教室でアメリカ人の ジョン先生に出会い、ハグされたことから一気にフォーリン・ラブ!ところがジョン先生は節子の姪 の美花とまさかの逃避行⁉ 仕事もうっちゃって節子は愛しのジョンを追って一路 L.A.へ!英 会話教室のクラスメート・トムこと小森も登場して、節子の恋と旅の行方はいったいどうなる

***********************************

出演:寺島しのぶ 南 果歩 忽那汐里/役所広司/ジョシュ・ハートネット
エグゼクティブ・プロデューサー:ウィル・フェレル アダム・マッケイ『マネーショート』
プロデューサー:ハン・ウェスト 木藤幸江 ジェシカ・エルバーム 平栁敦子
共同脚本:ボリス・フルーミン
配給:ファントム・フィルム
日本・アメリカ合作/カラー/ビスタ/95 分
映倫R15+
(c) OH LUCY,LLC. All Rights Reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

「お盆の弟」ドイツ映画祭「ニッポン・コネクション」正式招待決定!


7月25日(土)より公開の映画。
古き良き日本映画のたたずまいを彷彿とさせる

お盆の弟」。

この度、ドイツ・フランクフルトで行なわれる映画祭「ニッポン・コネクション」に正式招待されることが決定しました。

ニッポン・コネクション 公式web:
http://www.nipponconnection.com/nc-2015-japanese.html

お盆の弟
今年で15回目となるニッポン・コネクションは6月2日〜7日までの6日間にわたって行なわれる世界最大の日本映画祭。

「お盆の弟」は現地時間6月6日ニッポン・ヴィジョンズ部門にて上映されます。

この映画祭は観客と映画人との交流を重視。毎年数多くの監督、俳優、プロデューサーらが来場します。

本作では大崎章監督と脚本家の足立紳さんが招待されています。

なお、英語タイトルは「OBON Brothers」。

本映画祭にてワールドプレミア上映、初お披露目となります。


日本での公開は7月25日(土)より新宿K’s cinemaにて。

公式サイト:http://obonbrothers.com
お盆の弟 概要
お盆の弟ティザー 売れない映画監督のタカシ(渋川清彦)は妻から別居を申し渡され、ガンで入院していた兄マサル(光石研)の看病を口実に実家に舞い戻っていた。兄のためにご飯を作り、地元の悪友・藤村と起死回生のシナリオ作りをする毎日。しかし藤村は初めてできた彼女に夢中だ。藤村から紹介された涼子を兄に紹介したいと思うも、彼女はタカシに本気になっている様子。そんな折、別居中の妻からついに離婚が切り出され…。不惑の年を前にして未だに迷い日々もがき、女たちに振り回されながら、映画監督として再起をはかる男の姿を優しく描き出す。

長年名助監督として日本映画を支えてきた大崎章監督の「キャッチボール屋」(05)以来10年ぶりとなる新作。脚本は盟友・足立紳(「百円の恋」)。そして大崎監督の分身とも言える主演のタカシに、いまや出演オファーが絶えない人気俳優・渋川清彦。そのほか光石研、渡辺真起子、田中要次、河井青葉、岡田浩暉ら実力派がそろった。全編モノクロームの映像で贈る、愛すべきオトナたちの再生物語。

********************************************************************

出演:渋川清彦、光石研、岡田浩暉、河井青葉、渡辺真起子、田中要次、柳田衣里佳、後藤ユウミ、梶原阿貴、川島夕空、三浦景虎、稲川実代子、伊藤毅
監督:大崎章 
脚本:足立紳 
エグゼクティブプロデューサー:狩野善則、八木原末吉、貫井孝道、石川眞男
ゼネラルプロデューサー:小池浩、小板橋貴行、町田昌美 
プロデューサー:金森保 撮影監督:猪本雅三(J.S.C)

製作:Breath/キリシマ1945 
配給宣伝:アルゴ・ピクチャーズ
2015年/1時間47分/デジタル 
(C)2015映画「お盆の弟」製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ