「ニック・オファーマン」タグアーカイブ

池上彰 登壇 レイ・クロックとは何者だったのか『ファウンダー』トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』が7月29日(土)より全国公開となります。

7月25日、テレビ東京ビジネスオンデマンド・日経W倶楽部共同開催の特別試写会が開催され、上映前のトークイベントにジャーナリスト の池上彰氏が登壇。登壇するなり、挨拶もそこそこ、さっそく本作の主人公、マイケル・キートン演じるレイ・クロックについて話が及んだ。

日米の経済の違いが分かる! レイ・クロックとは何者だったのか―『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』
THE FOUNDER

ジャーナリスト池上彰氏登壇トークイベント
日程:7月 25 日(火)
会場:神楽座
登壇:池上彰
司会:相内優香(テレビ東京アナウンサー)

映画情報どっとこむ ralph 本作の感想を聞かれ、池上さんは 20 年ほど前に本でレイの存在を知り、本作を観て久しぶりに思い出したそう

池上さん:(レイは) 非常にアグレッシブな人物。ここまでやらなければならないのか、もしくはこれだけやったからこそ 帝国(マクドナルド)を築くことができたのか。映画を観た人がそれぞれ判断を任されるそん な作品です。個人的には<ルート 66(道路)>を東から西へ横断するシーンが出てきますが、 私くらいの世代には、テレビドラマの影響でこれが大変懐かしくてたまらなかった。1950 年代のアメ リカってこうだよね、と思える。あの時代の雰囲気や車などそういう見方も楽しいかもしれません。

人生の転機について 52歳でマクドナルド兄弟と出会ったレイ。池上の転機といえばNHKの退職時とも言えるのでは? と共通点について投げかけると

池上さん:確かに辞めていますけどレイと一緒にしないでください!(彼と一 緒なんて)ありえないですね、マクドナルド兄弟側になっていた可能性はあるかもしれないですけどね(笑)。兄弟の品質へのこだわりに共感をしました。たしかにとても実直で、もう少し融通がきけばレイとの衝突もここまでにはならなかったと思わない所もあります。どちらの側にも共感ができました。レイは兄弟が気付かなかったチャンスに気 付き、その説得力はなかなかなものでした。一方で兄弟は FC 展開をすることで自分たちの手にはおえないほど大きくなり、このままではいけな いのではないかと葛藤する。販売するモノへのこだわりです。これは現代版の「集中と選択」ですよね。

と現代に通じる会社を甦らせるため に必要な成長戦略に紐づけて解説。劇中のミルクシェイクのエピソードでは、牛丼のFC店「吉野家」が一時使用したという粉末のタレ問題 を思い出したと語り、画期的なシステムを構築し、発見した人間が成功者になりえたゆえんをマイクロソフト、ユニクロ、Amazonなどを例に出 し、場内多くの観客を唸らせていた。

タイトル「ファウンダー」の真意とは

池上さん:映画のタイトル「ファウンダー」はものすごい皮肉です。はたして 創業者は誰か、という問題に行き着きます。この30秒で ハンバーガーを提供するシステムのファウンダーはマクドナル ド兄弟。マクドナルドの店を帝国にしたのはレイですから。 今の時代だったら、どこかの国がすぐやりますけどパクっちゃえ ばいいことなんです。でもレイはこの<マクドナルド>に固 執したんですね。なぜか?それが映画の最後に明かされる んですよ。ネタばれになるからここまで・・! アメリカの資本主義はこういう人達がいるから発展した んですね。日本人はマクドナルド兄弟へ共感を得る人が多いと思います。だから日米の経済の違いが出てくる。 日本がデフレを突破できないのは、そういう見方できるんじゃないでしょうか。観たくたるでしょう?観たら観たで、 知らない誰かに教えたくなる、そんな映画なんです!」と池上節が炸裂。自著の告知も交えながら、がっちり観客を掴み場 内を沸かせつつ、トークイベントは終了となった。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
1954 年アメリカ。52 歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある 日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟 が経営するハンバーガー店<マクドナルド>があった。合理的な流れ作業の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・ 高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契 約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレ イは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。



***********************************

監督:ジョン・リー・ハンコック
脚本:ロバート・シーゲル(『レスラー』)
出演:マイケル・キートン、ニック・オファーマン、ジョン・キャロル・リンチ、ローラ・ダーン
2016 年/アメリカ/英語/カラー/115 分/

© 2016 Speedee Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
提供:KADOKAWA、テレビ東京、BS ジャパン、テレビ大阪
配給:KADOKAWA


椎木里佳こういう成功の仕方もある『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』


映画情報どっとこむ ralph ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』が7月29日(土)より全国公開となります。

その一般試写会が行われ、上映後知られざる〝マクドナルド“誕生のウラにさらに切りこむべく、映画評論家の町山智浩さんと高校時代より“女子高生社長”として知られる若手起業家・株式会社AMF代表取締役社長 の椎木里佳さんが登壇しトークイベントが行われました。

日程:7月3日(月)
会場:神楽座
登壇:町山智浩(映画評論家)、椎木里佳(株式会社 AMF 代表取締役社長)

映画情報どっとこむ ralph 観終わったばかりの観客を前に、

町山さん:(主人公の)レイ・クロックは、最初はいい人かと思うん ですけどね、だんだん本性がでてきますよね。

椎木さん:だんだん最後はもうレイ・クロックさんの事嫌い になりませんでしたか?!良い人だってもっていたのが悔しくなるくらい後半は嫌な人になっていまし た。

と両極面を見せるマイケル・キートン演じるレイ・クロックという人物についてフォーカス。

町山さん:レイは、ポジティブシンキングを最初に提唱したノーマン・ヴィンセント・ピール牧師の自己啓 発本のレコードを持ち歩き聴いている。あんな気合いの入れ方すごいですよね(笑)。
<成功した 自分を想像しろ、成功してからの自分を想像していない人は成功しない!>
という考えです。日本 でも未だに売れていてベストセラーになっていますが、あの本のいちばんの問題はあのドナルド・トランプが唯一師匠として仰いでるのがピール牧師ということ。トランプは彼の教会で最初の結婚式も挙げてるくらいで・・・。レイ・クロックとトランプは同じ師匠をもった兄弟みたいなものなんですよ!

と明かすと会場はへぇ~とどよめき、頷く人の姿も。 椎木は「成功した時の自分をイメージする、大きな目標を立てる、ということはしてはいました。人を 踏みつけてまで登りつめたい、というその欲求はすごい。私自身は彼のようなビジネスには憧れません が・・・ビジネマンとしてはすごいと思いました。

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph マクドナルドがもたらしたこと

町山さん:マクドナルドが出現したことによって、アメリカという国は均一化されていったんです。フォード自動車のすごかっ たところは、画期的な流れ作業のシステムを作ったこと。マクドナルド兄弟の作ったスピードサービシシステムで、アメ リカ中どこの店に行っても同じ味が食べられるようになった。50年代、マクドナルドが出来たことでアメリカの味が均 一化されたんです。面白いのが、看板メニューのビッグマックは出来たのは、勝手に支店がオリジナルメニューを作ったことで生まれました。同じメニューを提供するために勝手なことをするな、と言うけど皆それぞれ味を変えちゃうんで す。掟を破って、生まれていく。(笑)でも、ビックマックの発明者も最後はマクドナルドに権利取られちゃったんで すけどね・・・。それとは別ですが、映画にも登場する二番目の妻は慈善家としてアメリカでは有名です。よく言われ ているのが、貧しい人たちの最初のきっかけを作るという取組みが知られています。そういう意味では世の中の役に は立っているのかもしれません。

さらに、現在のアメリカでは、映画『スーパーサイズミー』や「ファースト・フードネイシ ョン(邦題:ファストフードが世界を食いつくす)」が出版されるなど、アメリカではここ 2 年位減収していること、均一化というマクドナルドのビジネスモデルが終わりにむかっているという現状も語った。

―名前の由来 劇中レイ・クロックがマクドナルドという名前を欲しがったエピソードに触れ、椎木の会社「AMF」の由来を聞く と、

椎木さん:家訓で『感謝(appreciation)、謙虚(modesty)、全力(fullpower)』の頭文字からとり ました。

と話し、祖父の家に額装して飾ってあるという意外な(?)由来が明かされる一幕も。 アメリカの映画の在り方 マクドナルド本社と本作の関わりについてMCから聞かれると、

町山さん:この作品はオーソライズ(公認)がされていないからマクドナルドのマーク(M)も勝手に使っているんです。この映画と似ている所もある Facebook の創始者を描いた映画『ソーシャル・ネットワーク』も非公認でしたが、芸術を作るのに許可なんかいらない、これが出来ないと面白くならないんです!どんどんやった方が良い、日本も真似するべき。<フェアユース>といって無許可でやれ るんですが、日本は名前をちょっと変えたりするけど誰かがやれば凡例ができる!

と力説した。

映画情報どっとこむ ralph そして最後に、本作のみどころについて、

椎木さん:ビジネスパーソンとしては(レイは)確実にすごい人。特に若い人はこういう成功の仕方もあるのかと、知ることができる作品なので観てもらいたい。

町山さん:まさにアメリカンドリー ムの話。元は移民であった男の良い面、悪い面両側面を描いた、<これぞアメリカ>という映画になっていると思う。

と締めくくりイベントは終了した。



ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ
原題『The Founder』

物語・・・
1954 年アメリカ。52 歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな 店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店<マクドナルド>があった。合理的な流れ作業の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。

次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいく。

公式サイト:thefounder.jp

***********************************

監督:ジョン・リー・ハンコック
脚本:ロバート・シーゲル(『レスラー』)
出演:マイケル・キートン、ニック・オファーマン、ジョン・キャロル・リンチ、ローラ・ダーン
2016 年/アメリカ/英語/カラー/115 分/

© 2016 Speedee Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
提供:KADOKAWA、テレビ東京、BS ジャパン、テレビ大阪
配給:KADOKAWA
  


マクドの野望の原点『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』予告編が解禁


映画情報どっとこむ ralph ジョン・リー・ハンコック監督&マイケル・キートン主演最新作 『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』が7月29日(土)より角川シネマ有楽町、角川シネマ新宿、渋谷シネパ レスほか全国公開となります。

マイケル・キートンが変貌?!予告編が解禁!

サラリーマン人生も半ばを過ぎた50代にして、マック&ディック兄弟の“マクドナルド” と出会い、その革新的なシステムに勝機を見い出し、壮大なフランチャイズビジネス で世界最強のハンバーガー帝国の創業者となったレイ・クロック。


予告編冒頭では「どうやって世界一のファウンダーにのぼりつめたのか」こちらに向かって語りかけるレイ・クロックの姿が。

マクドナルド兄弟が信じたのは、その革新的な 〝スピード・サービス・システム“に驚き魅了され、大きな夢を描いた熱意溢れる実直なセールスマンのはずだった。やがて彼の野心、欲望はとどまることなく、むきだし になり豹変していく・・・。「きれいごとだけでは絶対に叶わない。」成功のためなら手 段を選ばず、決して満足することのない飽くなき野望を持つレイ。

時に痛ましくもあり ながら、魅力とカリスマ性を同時に放つ主人公を、マイケル・キートンが怪演。

THE FOUNDER


映画情報どっとこむ ralph レイ の妻役にはローラ・ダーン(『わたしに会うまでの 1600 キロ』)、マクドナルド兄弟 にはニック・オファーマン(『ロング・トレイル!』)、ジョン・キャロル・リンチ(『テッド 2』)ら実力派俳優たちが脇を固め、圧倒的なテンションでアメリカ全土、そして世 界中を制覇したハンバーガー帝国の”誰も知らない誕生のウラ”がいま暴かれる!

原題『The Founder』

物語・・・
1954 年アメリカ。52 歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな 店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店<マクドナルド>があった。合理的な流れ作業の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。

次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいく。

公式サイト:thefounder.jp

***********************************

監督:ジョン・リー・ハンコック
脚本:ロバート・シーゲル(『レスラー』)
出演:マイケル・キートン、ニック・オファーマン、ジョン・キャロル・リンチ、ローラ・ダーン
2016 年/アメリカ/英語/カラー/115 分/

© 2016 Speedee Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
提供:KADOKAWA、テレビ東京、BS ジャパン、テレビ大阪
配給:KADOKAWA


アントレプレナーを目指すあなたに!マクドナルドの原点『ファウンダー』日本公開決定!


映画情報どっとこむ ralph ジョン・リー・ハンコック監督、マイケル・キートンを主演に迎えた最新作「The founder」が邦題『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』として7月29日(土)より角川シネマ有楽町ほか全国公開と決定しました。

世界最強のハンバーガー帝国マクドナルドの創業者。

彼はどのようにして10億ドル規模の巨大企業を築き上げていったのか?

世界中の企業家たちに今なお絶大な影響を与え続ける世界最大級のファーストフードチェーンを築き上げた男、レイ・クロック。

サラリーマン人生も半はを過ぎた50代にして、マック&ディック兄弟の“マクドナルド”と出会い、その革新的なシステムに勝機を見い出し、手段を選はず資本主義経済や競争社会の中でのし上がっていく姿は、まさにアメリカン・ドリームの原点。

映画情報どっとこむ ralph 本作ではギラギラとした野心と圧倒的な情熱を持ち、アクは強いが人々を魅了するレイをマイケル・キートンが見事に体現。

レイの妻役にはローラ・ダーン)、マクドナルド兄弟にはニック・オファーマン、ジョン・キャロル・リンチら実力派俳優たちが脇を固めています。


公開情報とあわせて解禁されたポスターヒジュアルは、世界中が愛する、あのマークを背負ったマイケル・キートン。

思い描いた壮大な夢はきれいごとだけでは叶わない。冴えないセールスマンだった男が、情熱で登りつめていく姿は英雄か、怪物か。

映画情報どっとこむ ralph すべてのアントレプレナーに!!

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ

7月29日(土)より角川シネマ有楽町ほか全国公開です。

公式サイト: thefounder.jp

***********************************

監督:ションリー・ハンコック
脚本:ロバート・シーゲル
出演:マイケル・キートン、ニック・オファーマン、ジョン・キャロル・リンチ、ローラ・ダーン

2016年/アメリカ/英語/カラー/ 115分/
原題『The Founder』
© 2016 Speedee Distribution. LLC. ALL RIGHITS RESERVED
   
提供: KADOKAWA、テレビ東京、BSジャパン、テレビ大阪
配給: KADOKAWA