「ナナ」タグアーカイブ

ナナ、春馬、あなご、金時 スター猫大集合!「旅猫リポート」勝手に!?ネコデミー賞授賞式


映画情報どっとこむ ralph 「図書館戦争」「植物図鑑」などで知られる有川浩作品の中でも評価が1、2を争うほど高い「旅猫リポート」を福士蒼汰さんと猫のナナ(声:高畑充希さん)で映画化。10月26日(金)より全国公開し、大ヒット上映中です。

そして!

この度、本作の主演猫・ナナをはじめ、「Y!mobile ふてニャンシリーズ」で人気の春馬、映画「猫侍」で主演猫を演じた日本猫のあなご、大ヒットドラマ「猫忍」で役者猫デビューした後、多数のCMで活躍する日本猫の金時といった超豪華スター猫が大集結し、勝手に一夜限りのネコデミ―賞授賞式を開催!

最優秀主演猫賞に輝いたのは本作の主役猫・ナナ!スター猫の仲間入りを果たした記念セレモニーとして、ナナの手形をとり受賞を祝福しました。


『旅猫リポート』 勝手に!?ネコデミー賞授賞式
日時:11月14日(水)
場所:丸の内ピカデリー スクリーン1(東京都千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン9F)
登壇:ナナ 「旅猫リポ―ト」、春馬 「Y!mobile ふてニャンシリーズ」、あなご 「猫侍」、金時 「猫忍」、ZOO動物プロ・北村まゆみ

映画情報どっとこむ ralph 10月26日に全国公開した本作は、悟とナナの旅の結末に「感動」「号泣」の声が多くあがり、中でも、「ナナの演技がすごい。嬉しい時と寂しい時、何かを訴えている時…表情が違う。瞳孔の大きさが違うとかではなくもう表情が違う。ナナが作り出す空気が違う。やっぱり天才猫だ。日本アカデミー賞をもらうべき!」と、ナナの演技に対しての称賛の声が非常に多くあがっております。

今回は、そんな主演猫のナナに、勝手にネコデミー賞として、最優秀俳優猫賞を送る授賞式を行いました。

大歓声の中、客席後方の扉より登場したナナ。

改めて最優秀俳優猫賞を受賞した気持ちを聞かれると

ナナさん:ありがとよ!気持ちだけもらっとくよ。

とまんざらでもない様子。
さらに、この受賞の喜びを誰に伝えたいかと聞かれ

ナナさん:それは・・・言わせんな!恥ずかしい、、悟に決まってんだろ。

と映画撮影時からプロモーションまで長い時間を共に過ごし、確かな信頼関係を築いた相棒の悟、福士蒼汰さんへ少し照れながらも喜びのコメントが贈られました。

改めてナナのこの快挙に「本当に感激しております。頑張った甲斐がありました。最初に映画出演のオファーをいただいた時は、本当に実写で実現できるのかどうか不安でしたが、皆さんの協力があって無事撮影できました。本当にありがとうございました。」とナナのトレーナーである北村まゆみさんからも観客の皆様へ感謝のコメントが。

映画情報どっとこむ ralph ここで、俳優猫の先輩である、春馬、あなご、金時(きんとき)がスペシャルプレゼンターとして登場!




まずはY!mobileのふてニャンでお馴染み、ふてぶてしい、ふて顔とキャラクターのCMで大ブレイクの春馬。
実は内心ドキドキしており、それを悟られないように強がっている表情が、ふてぶてしく見えるとの噂も。続いて、映画『猫侍』で大活躍したあなご。現在20歳、人間でいうと88歳。自然体の演技ときれいな毛並みを持った超ベテラン女優です。最後に、映画『猫忍(ねこにん)』で鮮烈なスクリーンデビューを果たした金時。
古めかしい名前は、毛色が金時豆に似ていることから命名。
期待の若手俳優です。そんな大活躍中の豪華先輩の俳優猫の皆さんがナナの授賞のお祝いに駆けつけました。

春馬より、ナナへ賞状の贈呈が行われ
あなたは映画『旅猫リポート』において、繊細な表情、ダイナミックな動き、そして感情の乗った演技をし、多くの人々を魅了しました。本年最も優れた演技をした俳優猫です。よってここにその栄誉をたたえこれを賞します。
と賞状が読み上げられると、会場の皆さんからもあたたかい拍手が送られました。これをもってスター猫の仲間入りとし、手形取りならぬ肉球取りが行われ、最後に4匹の猫さんたちが場内を練り歩き、お客様に優しく見守られながら大盛況のうちにイベントは終了しました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『旅猫リポート
大ヒット上映中!

公式HP:
http://tabineko-movie.jp/ 

公式twitter:
@tabineko_movie


<ストーリー>
元野良猫のナナは、交通事故にあったところを心優しい猫好きの青年・悟に助けられ、5年間、飼い猫として幸せに暮らしてきた。
とある事情でナナを手放さなくてはならなくなった悟は、新しい飼い主を探す旅に出る。
「さあ行こう。これは僕らの最後の旅だ」
悟とナナは、悟の小学校時代の親友、高校時代の初恋の人など悟がこれまでの人生で出会った大切な人たちを、順に訪ねていく。それは図らずも悟の人生をふりかえる旅となる。強い絆で結ばれた一人と一匹のおかしく、切なく、あたたかい物語。

旅の終わりに明かされる、悟の「秘密」とは――

***********************************

原作:有川浩 『旅猫リポート』(講談社文庫)
出演:福士蒼汰、高畑充希(声の出演)、ナナ
広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介
前野朋哉 田口翔大 二宮慶多 中村靖日/戸田菜穂
橋本じゅん 木村多江 田中壮太郎 笛木優子
竹内結子
監督:三木康一郎
脚 本:有川浩 平松恵美子
音楽:コトリンゴ
企画・配給:松竹
©表記:©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社



福士蒼汰、広瀬アリス 猫と一緒にレッドカーペット『旅猫リポート』第31回東京国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 本作が、第31回東京国際映画祭 特別招待作品として上映されることを記念し、主演の福士蒼汰、主演猫のナナ、三木 康一郎監督登壇の舞台挨拶を行いました。

また、福士が主演猫のナナと一緒に、東京国際映画祭開幕して以来史上初、猫と一緒にレッドカーペットを歩きました!

『旅猫リポート』第31回東京国際映画祭レッドカーペット
日時:10月25日(木)
場所:六本木ヒルズアリーナ
登壇:福士蒼汰、広瀬アリス、ナナ、三木康一郎監督

大勢の人で溢れた六本木ヒルズアリーナに、オープニングイベントとしてレッドカーペットが敷かれ、映画祭に出品・招待される作品のキャス ト・スタッフが続々と登場しました。

ほどなくして、けやき坂通りに停められた車より、悟を演じた福士蒼汰、杉千佳子を演じた広瀬アリス、 そして三木康一郎監督が登場すると、場内は歓声に包まれました。ステージまで上がり、フォトセッションブース等を通った後に、本作の主 演猫であるナナもサウンドバイツエリアから参加!

福士に抱きかかえられたり、お利口に座って待つ姿に、観客のみならず、マスコミからも 「かわいい…!」の声が漏れました。 東京国際映画祭公式インタビューの部分では、福士は自身が演じた悟という役柄に対して「悟はとてもやさしい人物で、自分自身も猫 が大好きなので、猫に対してや動物に対する接し方は、自分自身を反映させた部分が多いです」と語りました。男気のある杉千佳子役 を演じた広瀬は「福士さんと大野拓朗さんと3人のシーンが多かったのですが、千佳子が2人を引っ張っていた部分が多かったです。自分 自身も男っぽい部分があるので、自分と似てるなと思いながら演じていました」と話しました。 レッドカーペットを歩き終えた福士は、ナナについて「大勢の人がいたので、緊張している素振りもあったが元気でした」と話しました。

映画情報どっとこむ ralph また、 初めての東京国際映画祭のレッドカーペットについても「(レッドカーペットでのインタビューやスチール撮影が)意外と長くてびっくりしました が、初めての東京国際映画祭のレッドカーペットはとても楽しめました!」と愉しそうに語り、レッドカーペットを後にしました。

旅猫リポート

10月26日(金) 全国ロードショー

物語・・・
元野良猫のナナは、交通事故にあったところを心優しい猫好きの青年・悟に助けられ、5年間、飼い猫として幸せに暮らしてきた。 とある事情でナナを手放さなくてはならなくなった悟は、新しい飼い主を探す旅に出る。 「さあ行こう。これは僕らの最後の旅だ」 悟とナナは、悟の小学校時代の親友、高校時代の初恋の人など悟がこれまでの人生で出会った大切な人たちを、順に訪ねていく。 それは図らずも悟の人生をふりかえる旅となる。強い絆で結ばれた一人と一匹のおかしく、切なく、あたたかい物語。 旅の終わりに明かされる、悟の「秘密」とは――

公式HP:
http://tabineko-movie.jp/

公式twitter:
https://twitter.com/tabineko_movie

***********************************


原作:有川浩 『旅猫リポート』(講談社文庫)
出演:福士蒼汰、高畑充希(声の出演)、ナナ 広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介 前野朋哉 田口翔大 二宮慶多 中村靖日/戸田菜穂 橋本じゅん 木村多江 田中壮太郎 笛木優子 竹内結子
監督:三木康一郎
脚 本:有川浩 平松恵美子
音楽:コトリンゴ
企画・配給:松竹
©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社


福士蒼汰 愛猫ナナと特別招待作品『旅猫リポート』舞台挨拶に登場! 第31回東京国際映画祭イベント


映画情報どっとこむ ralph 本日から始まった第31回東京国際映画祭特別招待作品として『旅猫リポート』が上映されることを記念し、主演の福士蒼汰さん、主演猫のナナさん、三木康一郎監督登壇の舞台挨拶を行いました。そして、その後、福士蒼汰さん初めての東京国際映画祭レッドカーペットへ!


第31回東京国際映画祭イベントオフィシャルレポート
日付:10月25日(木)
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
登壇:福士蒼汰、ナナ、三木康一郎監督

映画情報どっとこむ ralph 上映後、まだ、涙をぬぐうお客様の姿もある中、主演の福士さん

福士さん:今日は上映後ということで、(会場のお客様を見渡し)皆さんのお 顔を見るとそれぞれいろんなことを考えていらっしゃるのかなと思います!

と話し、続けて、

三木監督:本日は集まっていただきありがとうございます。映画いかがだったでしょうか?

とお客様の様子を伺うと、客席からは拍手喝采が!

三木監督:ありがとうございます。とても優しい映画になったと思います。今日はたくさん映画の話しが出来ればと思います。

とお客様のリアクションを受け、感謝の思いを伝えました。


本作が東京国際映画祭の特別招待作品に選ばれたと聞いた際のことを、

福士さん:非常に嬉しかったです。自分が出演している作品が東京国際映画 祭に出品されたのは初めてなので、このような機会にたくさんの方に映画を観ていただけてとても光栄です。

とその気持ちを語った福士さん。

三木監督:撮影中は必死だったけど、映画祭に出品されるなんて思ってもなかったので、こういった場で上映していただけるのは、俳優とスタッフの皆さんが頑張ってくれたおかげだと思うので感激しています。

と話しました。東京国際映画祭だけではなく、カナダのファンタジ ア映画祭での上映や、現在7ヵ国での配給も決定しており、海外にも広がっている本作の上映。そんな状況を

福士さん:僕はこの映画は、普遍的なものがあると思っています。動物や人に対する愛情だとか、全世界の人が愛せる、同じ感覚があるものが作品の題材であることが、世 界中の皆さんに観ていただける理由にあるのかなと思います。

三木監督:猫の人気が世界的なんだなと思いました。世界中の人が猫が好きなんですね。

と自身の想いを話しました。

映画情報どっとこむ ralph そして、猫好きな心優しい青年を演じた福士さんは、

福士さん:悟はとても穏やかで優しい青年なので、その優しさは何で何だろうと考えていくうちに、ただ優しいだけじゃなくて、彼の持っているネガティブな心がポジティブに変わっていく、そんな彼の心情を意識して演じました。人とある 一定の距離を取ってしまう彼にとって、ナナだけは心から信頼できる存在、そんな気持ちも大切にしていました。監督からも『福士くんのまま でいいから』と言ってもらえたので、僕自身の中にある悟に共感できる部分も意識して演じていました。

と話し、

三木監督:すごいちゃん と考えてくれてたんだね。ありがとうございます。

と福士さんの演技を改めて振り返りました。 また、本作で有川浩さん原作の映画で監督を務めるのは二本目の監督は

三木監督:猫を撮影するということが初めてだったんですが、 有川先生からは、猫の気持ちを何よりも優先して撮影を行ってくださいと言われていました。なのでナナが嫌そうだったら撮影も中断。作品 もナナ中心に描かれているので、ナナが映画を観る人の心をしっかりつかむことができる表情なのか、撮影中はナナの顔をずっと見てました。

と、有川さんのナナ愛を明かしつつ、自身が作品に込めた想いも語りました。

さらに、劇中で名演技を見せたナナに関して

福士さん:最近仲良くなったんじゃないかなと実感します。やっぱり猫が何を考えているのか はわからないので、僕のことを覚えていてくれているのかちょっと不安だったんですけど、最近はずっと顔を見てくれたり、抱っこした時に落ち着いてくれたりするので、ちょっと仲良くなれたのかなと思いますね。

と仲の良さをアピールしました。 この後、オープニングイベントのレッドカーペットにナナと登場する予定の福士さんは

福士さん:猫がレッドカーペットを歩くのは初めてらしくて、放し飼い で歩かせてみたいですけどね(笑)。なかなかない機会をいただけたと思うので、特別な時間を1秒1秒感じてしっかり歩きたいです。

と、 その意気込みを明かしました。 舞台挨拶最後、フォトセッションに登場したナナを抱き

福士さん:ナナちゃん皆さんを前にちょっとドキドキしてますけど、今日も元気です!

とナナの様子を語ってくれた福士さん。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・、

福士さん:明日から映画が公開になります。たくさんの人に観ていただきたいです。今日という日を大事に、この後レッドカー ペットも頑張ります!

とお客様へメッセージが語られ、大盛況のままイベントは幕を閉じました。



「旅猫リポート」は10月26日(金) 全国ロードショー

公式HP:
http://tabineko-movie.jp/

公式twitter:
https://twitter.com/tabineko_movie


物語・・・
元野良猫のナナは、交通事故にあったところを心優しい猫好きの青年・悟に助けられ、5年間、飼い猫として幸せに暮らしてきた。 とある事情でナナを手放さなくてはならなくなった悟は、新しい飼い主を探す旅に出る。 「さあ行こう。これは僕らの最後の旅だ」 悟とナナは、悟の小学校時代の親友、高校時代の初恋の人など悟がこれまでの人生で出会った大切な人たちを、順に訪ねていく。 それは図らずも悟の人生をふりかえる旅となる。強い絆で結ばれた一人と一匹のおかしく、切なく、あたたかい物語。 旅の終わりに明かされる、悟の「秘密」とは。

映画情報どっとこむ ralph <第31回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭 
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

***********************************



原作:有川浩 『旅猫リポート』(講談社文庫)
出演:福士蒼汰、高畑充希(声の出演)、ナナ 広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介 前野朋哉 田口翔大 二宮慶多 中村靖日/戸田菜穂 橋本じゅん 木村多江 田中壮太郎 笛木優子 竹内結子
監督:三木康一郎
脚 本:有川浩 平松恵美子
音楽:コトリンゴ
企画・配給:松竹

©表記:©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社
    


福士蒼汰、ナナ(猫)『旅猫リポート』公開直前イベント 2連発!神田明神で大ヒット祈願も!


映画情報どっとこむ ralph 有川浩先生作品「旅猫リポート」が待望の実写映画化!
1人の青年と1匹の猫が新しい飼い主を探す旅物語に描かれる、人間同士の関係を超えた2人の絆に、猫好きの人のみならず、多くの 人の心をとらえ、涙なくしては読めないという評判の感動作です。

そして!

この度、映画公開を近くに控え、主演の福士蒼汰が映画史上初となる主演猫のナナ(猫)と一緒に、勝負事に強い江戸総鎮守 である神田明神にて大ヒット祈願を行いました! また、猫の行動や心理、特性に精通し、猫の行動心理学の専門家である猫学者・高野八重子を特別講師にお迎えし、『旅猫リ ポート』特別講義イベントを実施!

前野朋哉も加わり、福士とともに猫の深層心理について学びました。映画の見どころとなっている ナナが魅せる表情や演技など、ここでしか聞けない撮影時のエピソードが語られました!


『旅猫リポート』公開直前イベント 2連発!

日時:10月8日(月)
①ニャるほど!特別講義
場所:松竹 イベントスペース
登壇:福士蒼汰、ナナ(猫)、高野八重子(猫学者)
②大ヒット祈願イベント
場所:神田明神
登壇:福士蒼汰、ナナ(猫)

映画情報どっとこむ ralph ①ニャるほど!特別講義(11:00~松竹 イベントスペース)

会場には猫を実際に飼われている飼い主さんが集まり、主演の福士蒼汰さん(宮脇悟役)、前野朋哉さん(悟の中学校時代の友 人・吉峯大吾役)と、猫研究の第一人者・ 高野八重子(たかの・やえこ)先生が登壇。

高野先生を講師に迎え、猫の深層心理を理解する講義が行われました。
集まったお客様へ

福士さん:今日は猫についてお話を聞けるということで楽しみです。

と挨拶があり、続けて

福士さん:7つ歳が離れていますが 悟の同級生役を演じました。今日は高畑さんじゃなくてすみません。(笑)

と会場の笑いを誘った前野さん、そして

高野先生:映画を拝見しましたが、悟さんとナナちゃんのコンビが素晴らしくて、涙が止まりませんでした。みなさん感動する映画だと思いますので、是非観ていただきたいです。

と作品への思いを語りました。
まず、映画の撮影やプロモーション活動でナナと一緒にいる時間が多い福士さんへ、今の猫の気持ちの理解度を聞かれると

福士さん:撮影の時も ずっと一緒にいたので、人との共演シーンよりもナナとの撮影が多かったし最近もプロモーションで毎日も会っているので可愛くて仕方ないで すね。この映画の撮影で初めて猫とちゃんと触れ合ったので最初は不安でしたが、ナナはとても賢くていい子で助かりました。

とナナとの様子を明かしました。

また、劇中で子猫との触れ合いがあって、

福士さん:僕は犬派なんですが(笑)、今日は猫のこともっと知りたいと思ってきました。猫は昔少し育てていた時期もありました。

と自身の猫の思い出を語りました。


ここで、会場に集まった実際に猫を飼っているお客様の中から、猫に関する疑問・質問が。最初の質問は、最近猫を飼い始めたという方 から、猫が喜んでいる、甘えている時の行動・しぐさについて。これについて高野先生から、①のどをゴロゴロ鳴らす②体をスリスリとこすりつ けてくる、という猫の代表的な喜ぶ表現が二つあげられました。

その話を聴いて

福士さん:ナナの方に手を伸ばしたりした時に、手にスリスリしてきてくれたり、ゴロゴロと鳴いているのが聞けて、それがすごく嬉しかったことがありました。僕にとっても癒しでした。猫派というよりナナ派 ですね。」とナナとのエピソードを披露。さらに、

「ナナは毛並みもくりっとしててめちゃめちゃ可愛いんですよ。 、、(前野さんを見て)彼の毛 もくりっとしてますね。ちょっとゴロゴロ言ってみて(笑)

と前野さんに振ると、前野さんも「ゴロゴロ〜」と猫の声真似をして会場は大盛り上がり。 続いて、ツンデレな印象が強い猫は、人間に対してヤキモチを妬くことがあるのかどうか、という質問。これに関して

高野先生:猫はヤキモ チや嫉妬をしやすい生き物です。猫によってその差はありますが、特に子猫の時から飼い主と一緒に過ごしており、飼い主を母親のように 慕っている場合は嫉妬しやすい傾向にあります。猫は人間の脳に似ていて、人間のように悲しんだり、喜んだり、そして時にはヤキモチや嫉 妬をすることもあるのです。

と、猫の知られざる意外な性質を明かしました。司会からこの質問の流れで

福士さんと前野さんのツンデレ パーセントは?

という質問があると、

福士さん:親しい仲だったらツンが8割・・親友とか家族に対してだと、心を許してしまい逆にそっけ なくなることもあります。でもたまにデレちゃったりして。僕は猫タイプだと思います。

と明かし、

前野さん:僕はツンツンしないで、犬みたいに クンクンしてます。10割クンクンです!(笑)

とそれぞれ自身の親しい人へのツンデレパーセントについて語り会場を盛り上げました。


最後は、自由な猫を見ていて自分も猫になりたいと考えてしまうというお客様より、自分が猫になれたとしたら何をしたいか聞かれ、

福士さん:外に出たいし、常にジャンプしていたい!ナナも予想外の動き方をよくするんです。あの猫の身体能力を体験してみたいですね。

と、その願望を語り、

前野さん:猫の社会でやっていけるようにまずボスに<今日からお世話になります。>と挨拶に行きます。そのあとで 敷地内の交友関係を深めていきますね。猫になっても誰かにクンクンしていたい。(笑)

と話しました。

そして、高野先生の講義を通じて猫の深層心理を学んだお二人に、どれだけ猫の気持ちを理解しているかを検証!ということで、主演 猫・ナナが登場し、どちらがナナの気を引けるか仲良く遊べるかを対決!

しかし、登場するや否や、福士さんにべったりなナナの様子を見て 「これ勝ち目ないじゃん・・」と思わずこぼす前野さん。初対面の前野さんが抱っこしようと試みるも、ナナからは強烈な猫パンチが炸裂! 一方福士さんに抱かれると安心したようにじっと腕の中に収まるナナでした。

どちらがナナの気を引くのが上手だったか、結果は一目瞭然。

最終的に高野先生による判定も

高野先生:福士さんと息ピッタリですね。ナナも優し い目をしていて、気持ちを許しています。これは福士さんが圧勝ですね!

と、改めて専門家から見ても確かなナナと福士さんの信頼関係が明らかになりました。

福士さん:一緒にいる中で、いろいろとナナのことがわかってきました。一緒にいればいるほど仲良くなっていけるのが猫の魅 力だなと思います。

と福士さんも嬉しさ込めてを語りました。

最後に、

福士さん:猫ちゃん好きや動物好きの方にはもちろん、まだ動物と 触れ合ってこなかった方わからない方にも観ていただきたいです。人間の心を映した映画だと思うので、ぜひ大切な人と劇場で楽しんでく ださい!

とお客様へメッセージが語られ、大盛況のままイベントは幕を閉じました。

映画情報どっとこむ ralph ②大ヒット祈願イベント
(13:00~神田明神)

福士さんと主演猫のナナ(猫)さんは午前中のイベントから移動!

勝負事に強い江戸総鎮守である神田明神にて大ヒット祈願を行いました。

猫と一緒に御祈祷イベ ントは映画史上初!御祈祷後、福士さんによる直筆の特製絵馬を持って、実際に御祈祷に参加された神職さんと巫女さんも含めた フォトセッションが行われました。

その後、ナナと共に祈祷をしたばかりの

福士さん:御祈祷は厳かな雰囲気の中で行われ、心が清められ ました。ナナは最初、初めての場所に興味津々な様子でしたが、次第にリラックスして祈祷を終えることができました。

とナナの様子も踏 まえその感想を語りました。
そして、神田明神は勝負の神様と言われていることから、自身の勝負運を上げる方法について聞かれると、

日々の努力をしている人が 運をつかめると思います。運はいつも誰の前にもあって、それをつかめるかどうかは、その人がこれまで準備をしてきたかどうか。なので僕は勝 負運を掴めるよう、いつも準備しているようにしています。

とその強い思いを明かしました。

また、御祈祷を担当された神職さんは大の猫好きだそうで、

神職さん:予告を拝見したのですが、とても楽しみにしている映画です。この映画を観たらきっと心が温まって泣いてしまいそうですね。

と話し、映画の公開に期待を寄せました。


最後に・・・

旅猫リポートは僕にとって特別な作品になりました。猫好きな方、動物好きな方はもちろん、それ以外の方にも観ていただきた いと思います。人と人の心を繋げる、そんな心を描いた作品なので是非映画館でそれを感じていただきたいです。

とメッセージが送られ、 イベントは幕を閉じました。

映画情報どっとこむ ralph 『旅猫リポート』
10月26日(金) 全国ロードショー

公式HP:
http://tabineko-movie.jp/

公式twitter:
https://twitter.com/tabineko_movie


ストーリー
元野良猫のナナは、交通事故にあったところを心優しい猫好きの青年・悟に助けられ、5年間、飼い猫として幸せに暮らしてきた。 とある事情でナナを手放さなくてはならなくなった悟は、新しい飼い主を探す旅に出る。 「さあ行こう。これは僕らの最後の旅だ」 悟とナナは、悟の小学校時代の親友、高校時代の初恋の人など悟がこれまでの人生で出会った大切な人たちを、順に訪ねていく。 それは図らずも悟の人生をふりかえる旅となる。強い絆で結ばれた一人と一匹のおかしく、切なく、あたたかい物語。 旅の終わりに明かされる、悟の「秘密」とは――

***********************************

原作:有川浩 『旅猫リポート』(講談社文庫)
出演:福士蒼汰、高畑充希(声の出演)、ナナ 広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介 前野朋哉 田口翔大 二宮慶多 中村靖日/戸田菜穂 橋本じゅん 木村多江 田中壮太郎 笛木優子 竹内結子

監督:三木康一郎
脚本:有川浩 平松恵美子
音楽:コトリンゴ
企画・配給:松竹
©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社
   


福士蒼汰 主演「旅猫リポート」完成! 猫のナナと声の高畑充希ら8名登場のレッドカーペット!


映画情報どっとこむ ralph 「旅猫リポート」が福士蒼汰で待望の実写映画化!
1人の青年と1匹の猫が新しい飼い主を探す旅物語に描かれる、人間同士の関係を超えた2人の絆に、猫好きの人のみならず、多くの 人の心をとらえ、涙なくしては読めないという評判の感動作です。

この度、10月26日(金)の全国公開に先駆け、福士蒼汰 高畑充希 竹内結子 広瀬アリス 大野拓朗 山本涼介 ナナ 三木康一郎監督が勢揃いし完成記念プレミアイベントが行いました!!

カーペットセレモニーでは、メインビジュアルにある菜の花畑をイメージしたイエローカーペットを主演の福士蒼汰がナナ(猫)を抱き登場、高畑充希による生アテレコも披露されるなど、豪華共演者達による撮影裏話がたっぷりと語られました。


「旅猫リポート」完成記念プレミアイベント
日付:9月25日(火)
場所:
登壇:福士蒼汰 高畑充希 竹内結子 広瀬アリス 大野拓朗 山本涼介 ナナ 三木康一郎監督

映画情報どっとこむ ralph ■カーペットセレモニー(16:30~銀座松竹スクエア)

会場となる大階段には、劇中に登場する菜の花畑をイメージした黄色いカーペットがあしらわれ、「ほらサトル、みんなお待ちかねなんだか ら、行くよ!」と、ナナの掛け声を合図に登場した、主演の福士蒼汰さん(宮脇悟役)、(福士さんに抱きかかえられ)猫のナナ、竹内 結子さん(香島法子役)、広瀬アリスさん(杉千佳子役)、大野拓朗さん(杉修介役)、山本涼介さん(澤田幸介役)、三木 康一郎監督。

福士さん:可愛い猫・ナナと一緒に良い映画が作れました!

と会場に集まったお客様へ挨拶があると、続けて、悟の 叔母・法子を演じて

竹内さん:福士さん演じる悟をそばで支える法子を演じました。横でそわそわしているナナを見て気が気じゃない ですが(笑)今日は楽しんでください。

とコメント。そして、メインキャストである猫のナナにマイクが振られると…

高畑さん:吾輩はナナである。ま、今 日はみんな最後まで楽しんでってくれよ!

とお馴染みナナの声と共に、ナナの声を担当した高畑充希さんが登場!

高畑さん:今裏でしゃべってました(笑)初めて生ナナちゃんに会えて嬉しいです。

とナナとの対面を果たし歓喜のコメント。

登壇者が揃い、話は映画撮影中のエピソードについて。本作で猫のナナとのシーンが多かった福士さんは、

福士さん:ナナは本能で動くので僕も本 能でお芝居をしていました。

とナナとの撮影の思い出を語り、撮影後、完成した作品を観て

福士さん:今回自分が出演している映画を観て、初 めて自分で泣いてしまって。いつも現場のことを思い出したり、自分のお芝居が気になったりしてしまうのですが、この映画で初めて自分の 作品を客観的に観ることができました。僕がお芝居で泣いているシーンを観ていて、自分で泣いてしまいました。涙が自然に溢れてきて不 思議な感覚でした。

とその感想を話しました。 また、ナナの声を担当して

高畑さん:作品自体が少しセンチメンタルな要素もあるので、ナナだけは感情的にならず良い意味でドライに、 そして、魅力的なナナの表情に合わせて声を入れました。

とナナを演じた際の想いを語り、

竹内さん:ナナが本当に本能で動く、猫らし い仕草が可愛くて。ナナのおかげでほんわかと穏やかな現場でした。楽しかったです。

と撮影当時を振り返りました。 そして、本作では悟の高校の同級生・千佳子を演じた広瀬アリスさん。ご自宅では犬を飼っているということで、

広瀬さん:(ペットの犬を)もうより 一層愛情を注いでいます。一番愛してるよ!と声を掛けて、写真を撮って!

と本作に出演し、以前よりもさらに動物と人間の絆を実感 している様子。千佳子と同じく悟の同級生である修介を演じた大野さんは、これまでも有川浩さん原作の映像作品に出演していることから

大野さん:有川先生の作品の中でも、この作品は小説から大好きで読む度に泣いて・・台本読んでも泣いて、映画見て泣いて・・たくさん涙しま すが、優しくて暖かい作品なので、綺麗な涙を流して日々の疲れを癒せる作品です。

と有川浩さんの作品ならではの魅力をたっぷりと語 りました。さらに、自身も猫好きだという山本さんは、本作では悟の幼少期からの友人で、子供の頃から飼い猫に深い愛情をかけてきた悟 をよく知る幸介を演じました。そんな山本さんから見た撮影中の福士さんとナナの様子を

山本さん:僕も生まれた頃から猫が近くにいて。なのでナナ が何考えているかわかっているつもりです(笑)。蒼汰くんとナナの関係性はお互いが信頼しあってるようで、ナナもリラックスしてて良いコンビ だなと思って見てました。蒼汰くんに抱っこされていると大人しくて。

と、二人の、抜群に相性の良い様子を明かしました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・

三木監督:今回有川先生から猫を中心とした撮影をとご要望があり、猫シフトな現場でした。役者としてのナナは素晴らし い表情もするし良いところもたくさんありましたが、たまに猫らしく気ままな一面もありました(笑)。

と撮影中のナナの様子を話しました。する と

大野さん:頻繁に有川先生が現場にいらしていて、先生が率先してナナをあやしたり、雨の中ずぶ濡れになってナナをケアされていました。

と、キャスト・スタッフ一丸となってナナを一番に想う、そんな暖かい撮影現場を思わせるエピソードが披露されました。


「旅猫リポート」

10月26日(金) 全国ロードショー

公式HP:
http://tabineko-movie.jp/
公式twitter:
https://twitter.com/tabineko_movie


<ストーリー>
元野良猫のナナは、交通事故にあったところを心優しい猫好きの青年・悟に助けられ、5年間、飼い猫として幸せに暮らしてきた。 とある事情でナナを手放さなくてはならなくなった悟は、新しい飼い主を探す旅に出る。 「さあ行こう。これは僕らの最後の旅だ」 悟とナナは、悟の小学校時代の親友、高校時代の初恋の人など悟がこれまでの人生で出会った大切な人たちを、順に訪ねていく。 それは図らずも悟の人生をふりかえる旅となる。強い絆で結ばれた一人と一匹のおかしく、切なく、あたたかい物語。 旅の終わりに明かされる、悟の「秘密」とは――

***********************************

原作:有川浩 『旅猫リポート』(講談社文庫)
出演:福士蒼汰、高畑充希(声の出演)、ナナ 広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介 前野朋哉 田口翔大 二宮慶多 中村靖日/戸田菜穂 橋本じゅん 木村多江 田中壮太郎 笛木優子 竹内結子
監督:三木康一郎
脚本:有川浩 平松恵美子
音楽:コトリンゴ
企画・配給:松竹
©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社