「ナタリー・ポートマン」タグアーカイブ

『プラネタリウム』コラボ WALNUTと石川三千花イラストが到着


映画情報どっとこむ ralph ナタリー・ポートマンとリリー=ローズ・デップが姉妹役で初共演を果たした『プラネタリウム』が 9 月 23 日(土)より新宿バ ルト 9、ヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国公開いたします。

この度、本作と人気イラストレーターWALNUTと石川三千花が本作とコラボしたオリジナルイラストが到着。
『プラネタリウム』2ショット©WALNUT

『プラネタリウム』©石川三千花


イラストは劇中にも登場する印象的なシーンを切り取ったもので、ナタリー・ポートマン&リリー=ローズ・デップの美しい姉妹が描かれています。イラストになっても美しい姉妹の魅力が炸裂!本作の美しくも儚い世界観を見事に表したイラストにご注目ください。

映画情報どっとこむ ralph ハリウッドが誇るアカデミー®賞受賞女優ナタリー・ポートマンと、ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディを両親に持ち、シ ャネルのミューズとしても活躍するリリー=ローズ・デップが姉妹役で初共演を果たした本作は、ヴェネツィア国際映画祭 ワールドプレミアおよびトロント国際映画祭ガラ・コレクションで上映され大きな話題となりました。

監督は、フランスのソフ ィア・コッポラとの呼び声も高く、初の長編監督作『美しき刺』がカンヌ国際映画祭の監督週間部門で上映され、次世代の監督として称賛された美貌の天才レベッカ・ズロトヴスキが務めます。ナタリー・ポートマン演じる野心家の姉ローラと、リ リー=ローズ・デップ演じるピュアでイノセントな妹ローラ。パリを舞台にスピリチュアリストとして華々しく活躍する美しい姉 妹の、無垢で危うい少女性とその運命を描いた夢と狂気の物語。

『プラネタリウム』

9月23日(土)より新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国

物語・・・
1930年代、パリが最も華やかだったとき。アメリカ人スピリチュアリスト姉妹のローラとケイトのバーロウ姉妹は、憧れのパリへと向かう。美しく聡明な姉のローラはショーを仕切る野心家で、好奇心旺盛で純粋な妹のケイトは自分の世界に閉じこもりがちな少女。ショーでは死者を呼び寄せる降霊術を披露し、話題の美人姉妹として活躍し金を稼いでいた。そんな2人の才能に魅せられた映画プロデユーサーのコルベンは、世界初の心霊映画を撮影しようと姉妹と契約する。果たして姉妹の力は本物なのか?見えない世界を見せられるのか?姉妹の運命が狂いだす。

***********************************

監督:レベッカ・ズロトヴスキ
脚本:レベッカ・ズロトヴスキ、ロバン・カンピヨ
出演:ナタリー・ポートマン、リリー=ローズ・デップ、エマニュエル・サランジェ、アミラ・カサール、ピエール・サルヴァドーリ、ルイ・ガレル、ダーヴィット・ベネント、ダミアン・シャペル

提供:ファントム・フィルム/クロックワークス
配給・宣伝:ファントム・フィルム
宣伝協力:ブリッジヘッド PG12


ナタリー・ポートマンとリリー=ローズ・デップが姉妹役『プラネタリウム』予告到着


映画情報どっとこむ ralph ナタリー・ポートマンとリリー=ローズ・デップが姉妹役で初共演を果たした『プラネタリウム』が9月23日(土)より新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国公開となります。

監督は、フランスのソフィア・コッポラと言われる美貌の天才レベッカ・ズロトヴスキ。ナタリー・ポートマン演じる野心家の姉ローラと、リリー=ローズ・デップ演じるピュアでイノセントな妹ローラ。パリを舞台にスピリチュアリストとして華々しく活躍する美しい姉妹の、無垢で危うい少女性とその運命を描いた夢と狂気の物語。

この度、ナタリー・ポートマンとリリー=ローズ・デップ演じる姉妹が雪が舞うなかはしゃぎまわる本編映像が到着しました。

映画プロデューサーのコルベンが開いたパーティーに招かれたナタリーとリリー=ローズが演じるバーロウ姉妹。パーティーでおしゃべりをしていると、外では雪が舞い始めます。みんな一目散に家から飛び出て雪合戦を始め大騒ぎ!

リリー=ローズは、この場面について「一番楽しかったシーンね。夜で雪が降っていたの。エマニュエルに肩車をしてもらって、ナタリーが私にシャンパンをくれて、みんな、酔っ払ってるという状態ね。私はあのシーンで脚にケガをしたんだけど、撮影を止めたくなかったの。」と撮影を振り返ります。雪と美女という魅惑の組み合わせにより、ミステリアスで幻想的な世界が見事に表現された本編映像となっています。


プラネタリウム
原題:Planetarium 

9月23日(土)より新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国公開。

物語・・・
1930年代、パリが最も華やかだったとき。アメリカ人スピリチュアリスト姉妹のローラとケイトのバーロウ姉妹は、憧れのパリへと向かう。美しく聡明な姉のローラはショーを仕切る野心家で、好奇心旺盛で純粋な妹のケイトは自分の世界に閉じこもりがちな少女。ショーでは死者を呼び寄せる降霊術を披露し、話題の美人姉妹として活躍し金を稼いでいた。そんな2人の才能に魅せられた映画プロデューサーのコルベンは、世界初の心霊映画を撮影しようと姉妹と契約する。果たして姉妹の力は本物なのか?見えない世界を見せられるのか?姉妹の運命が狂いだす。

***********************************

監督:レベッカ・ズロトヴスキ 
脚本:レベッカ・ズロトヴスキ、ロバン・カンピヨ
出演:ナタリー・ポートマン、リリー=ローズ・デップ、エマニュエル・サランジェ、アミラ・カサール、ピエール・サルヴァドーリ、ルイ・ガレル、ダーヴィット・ベネント、ダミアン・シャペル
提供:ファントム・フィルム/クロックワークス
配給・宣伝:ファントム・フィルム
宣伝協力:ブリッジヘッド PG12
2016年/フランス・ベルギー映画/英語・フランス語/108分/シネマスコープ/カラー/字幕翻訳:松浦美奈 

© Les Films Velvet – Les Films du Fleuve – France 3 Cinema – Kinology – Proximus – RTBF
     


リリー=ローズ・デップのインタビューが到着『プラネタリウム』


映画情報どっとこむ ralph ナタリー・ポートマンとリリー=ローズ・デップが姉妹役で初共演を果たした『プラネタリウム』が9月23日(土)より新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国公開となります。

ハリウッドが誇るアカデミー®賞受賞女優ナタリー・ポートマンと、ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディを両親に持ち、シャネルのミューズとしても活躍するリリー=ローズ・デップが姉妹役で初共演を果たした本作は、ヴェネツィア国際映画祭ワールドプレミアおよびトロント国際映画祭ガラ・コレクションで上映され大きな話題となりました。

ナタリー演じる野心家の姉ローラと、リリー=ローズ演じるピュアでイノセントな妹ケイト。

パリを舞台にスピリチュアリストとして華々しく活躍する美しい姉妹の、無垢で危うい少女性とその運命を描いた夢と狂気の物語。

この度、リリー=ローズ・デップのインタビューが到着いたしました。

映画情報どっとこむ ralph 本作で映画出演4作目となったリリー=ローズ・デップ。

本作に出演することについて

リリー:『プラネタリウム』に出演したいと思ったのは、脚本の独創的な魅力と、レベッカ・ズロトヴスキとのミーティングでキャラクターに親近感を感じたからよ。最初は脚本をフランス語で読んだわ。勉強は英語でしていたから、フランス語で読むことは私のバックボーンに合うのよ。私にとって、フランス語で読むことは文学的な感じがするの。私が持っている別の文化背景で大好きなのよ。映画に出てみたくなったの。私が知っているアメリカ映画に比べてとってもフランスらしいものだったけれど。言うまでもないことだけど、そう思ったのは言語の問題じゃなく、私はフランスで働きたかったの。そのためには美しい映画で初めたかったんだけど、この脚本を読んで、“見つけた!!”って思ったのよ。

とフランス映画出演への熱い気持ちを語ります。


劇中ではナタリー・ポートマン演じるローラの妹、ケイトを演じるリリー=ローズ。
死者を呼び寄せるという難しい役柄について

リリー:ケイトのキャラクターが私の琴線に触れたのは、彼女の性格に共鳴したからね。私は元気で明るい部分もあるけど、彼女のように引っ込み思案でシャイな部分もあるのよ。自分の世界に引きこもったりしたりもするわ。ケイトは100パーセント地に足がついているわけじゃなくて、時々、生と死の間をさまよっているように思うの。霊を呼び寄せるスピリチュアリストという役柄を演じるのは、すごく大変だったわ。でも私は、死んだ後も魂が一緒にいるという考え方は好きだわ。

と自分自身と役柄の共通点を明かし、


リリー:逆説的ではあるけど、物語は悲しい話なのに、セットは楽しかったわ。一番、怖かったのは、泣かなきゃいけないシーンよ。でも全身全霊でキャラクターになりきり、感情移入して、太陽を見上げたの。太陽がちょっと手助けしてくれて(笑)、できたのよ。自分でも止められないくらいに自然に涙が溢れて。この追い詰められた状態が気に入ったのよ。目薬を使わずに、キャラクターに入り込みたかったの。結局のところ、これが映画で私の最初の本物の役柄となるでしょうね。


と女優リリー=ローズの才能を感じさせる経験を振り返りました。


また、本作でナタリー・ポートマンと姉妹役を演じたことについては

リリー:知っての通りナタリーは、すごいキャリアの持ち主で、彼女の出演した映画はほとんど見ていたの。私たちはよく似ているって言われるんだけど、こんなふうにナタリーとエマニュエルとレベッカ監督と一緒に映画に出演できてすごくラッキーだと思っているわ。

と素晴らしいチームで仕事ができたことを語りました。

映画情報どっとこむ ralph プラネタリウム

原題:PLANETARIUM
公式HP:
planetarium-movie.com

物語・・・
1930年代、パリが最も華やかだったとき。アメリカ人心霊術師のローラとケイトのバロウズ姉妹は、憧れのパリへと向かう。美しく聡明な姉のローラはショーを仕切る野心家で、好奇心旺盛で純粋な妹のケイトは自分の世界に閉じこもりがちな少女。

ショーでは死者を呼び寄せる降霊術を披露し、話題の美人姉妹として活躍し金を稼いでいた。そんな2人の才能に魅せられた映画プロデユーサーのコルベンは、世界初の心霊映画を撮影しようと姉妹と契約する。果たして姉妹の力は本物なのか?見えない世界を見せられるのか?姉妹の運命が狂いだす――。

***********************************

監督:レベッカ・ズロトヴスキ 
脚本:レベッカ・ズロトヴスキ、ロバン・カンピヨ
出演:ナタリー・ポートマン、リリー・ローズ・デップ、エマニュエル・サランジェ、アミラ・カサール、ピエール・サルヴァドーリ、ルイ・ガレル、ダーヴィット・ベネント、ダミアン・シャペル

提供:ファントム・フィルム/クロックワークス
配給・宣伝:ファントム・フィルム 
宣伝協力:ブリッジヘッド
2016年/フランス・ベルギー映画/英語・フランス語/108分/シネマスコープ/カラー/字幕翻訳:松浦美奈 


ナタリー・ポートマン来日『プラネタリウム』ジャパンプレミア


映画情報どっとこむ ralph ナタリー・ポートマンとリリー=ローズ・デップが姉妹役で初共演を果たした『プラネタリウム』が 9月23 日(土) より 新宿バルト 9、ヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国公開となります。

本作を公開前に来日したナタリー・ポートマンとレベッカ・ズロトヴスキ監督が登壇するジャパンプレミアがおこなわれました。


日程:7 月 20 日(木)
場所:新宿バルト 9
登壇:ナタリー・ポートマン,レベッカ・ズロトヴスキ

映画情報どっとこむ ralph ジャパンプレミアのチケットは即完売。
当日はナタリーと監督のファンの熱い熱気に包まれ大きな拍手に迎えられ登壇したナタリーは

ナタリー:コンバンハ。ワタシの新しい映画『プラネタリウム』デス。

と日本語で挨拶。 本作の魅力について

監督:すべてを受け入れ、“夢”とは何かを考えていただきたいです。劇場を後にしたときに、 世界が違って見えることを祈っています。ナタリーとリリー=ローズの美しい姿を満喫していただければと思いま す。

続けて

ナタリーさん:フランス語で演技をしているの で、ぜひそこも注目してください。そして共演のリリー= ローズ。彼女にとって本作は2作目の映画となります が、これから長く素晴らしいキャリアを歩むであろう彼女のスタート地点が見ることができるという点からもお楽しみください。

と説明。そんなリリー=ローズを妹役に 指名したのはナタリーであり、その時のことを

ナタリー:英語とフランス語の両方を話せる若い女優を監督が探しているときに、たまたまリリー=ローズの写真を見つけて、家族と言ってもおかしくはないくらいそっくりだな思ったの。私のほうがずいぶん年が上なのだけれども・・・

とはにかみました。

高校生のときに少し日本語を勉強していたというナタリーが

ナタリーさん:コンバンハ、ハジメマシテ、ワタシの名前はナタリーです、ワタシはトリ年デス。

と照れながらも流暢に日本語を 披露すると、満席の会場からは大きな拍手と共に盛り上がりを見せました。日本の映画への出演の可能性を尋ねると

ナタリーさん:機会があればぜひ!正直、日本語で演技できるのか不安はありますけど…。

と言うナタリー。

また、

監督:機会が あればぜひ日本で映画を撮影したい

と言うと、

ナタリー:一緒にやりましょうよ!

と声をかけ、仲睦ましい様子 が見られました。

ナタリーさんん:未だに“挑戦だ“と思える機会が与えられて いることが恵まれているなと思います。この作品でも監督が、今までの自分と全く違う演技を引き出してくて、そし て背中を押してくれました。新しいことにチャレンジしていくことを大切にしています。

と常に挑戦していく心構えを 明かしました。


映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
1930 年代、パリが最も華やかだったとき。アメリカ人スピリチュアリスト姉妹のローラとケイトのバーロウ姉妹は、憧れのパリ へと向かう。美しく聡明な姉のローラはショーを仕切る野心家で、好奇心旺盛で純粋な妹のケイトは自分の世界に閉じこもりがちな 少女。ショーでは死者を呼び寄せる降霊術を披露し、話題の美人姉妹として活躍し金を稼いでいた。そんな2人の才能に魅せられた 映画プロデユーサーのコルベンは、世界初の心霊映画を撮影しようと姉妹と契約する。果たして姉妹の力は本物なのか?見えない 世界を見せられるのか?姉妹の運命が狂いだす――。

9 月 23 日(土)より新宿バルト 9、ヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国公開です。



***********************************

監督:レベッカ・ズロトヴスキ 
脚本:レベッカ・ズロトヴスキ、ロバン・カンピヨ
出演:ナタリー・ポートマン、リリー=ローズ・デップ、エマニュエル・サランジェ、アミラ・カサール、ピエール・サルヴァドーリ、ルイ・ガレル、ダーヴィット・ベネント、ダミアン・シャペル

提供:ファントム・フィルム/クロックワークス
配給・宣伝:ファントム・フィルム 
宣伝協力:ブリッジヘッド PG12
2016年/フランス・ベルギー映画/英語・フランス語/108分/シネマスコープ/カラー/字幕翻訳:松浦美奈 
原題:Planetarium 
© Les Films Velvet – Les Films du Fleuve – France 3 Cinema – Kinology – Proximus – RTBF
     


ナタリー・ポートマンとリリー=ローズ・デップ『プラネタリウム』予告編到着


映画情報どっとこむ ralph ナタリー・ポートマンとリリー=ローズ・デップが姉妹役で初共演を果たした『プラネタリウム』が9月23日(土)より新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国公開となります。

その予告編とポスタービジュアルが到着しました!


ハリウッドが誇るアカデミー®賞受賞女優ナタリー・ポートマンと、ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディを両親に持ち、シャネルのミューズとしても活躍するリリー=ローズ・デップが姉妹役で初共演を果たした本作は、ヴェネチア国際映画祭ワールドプレミアおよびトロント国際映画祭ガラ・コレクションで上映され大きな話題となりました。

監督を務めるのは、フランスのソフィア・コッポラとの呼び声も高く、初の長編監督作『美しき刺』がカンヌ国際映画祭の監督週間部門で上映され、次世代の監督として称賛された美貌の天才レベッカ・ズロトヴスキ。

世界を驚かせた『ブラック・スワン』を越える野心を抱くナタリー・ポートマン演じる姉ローラと、ピュアでイノセントなリリー=ローズ・デップ演じる妹ケイト。パリを舞台にスピリチュアリストとして華々しく活躍する二人は、彼女たちに魅了された映画プロデューサーと出会ったことで、互いの運命を狂わせていくー。

映画情報どっとこむ ralph この度解禁された予告編は、ナタリー・ポートマン演じるローラとリリー=ローズ・デップ演じるケイトがショーの舞台に立つシーンから始まります。


アメリカからパリへとやってきたスピリチュアリストの姉妹、ローラとケイト。死者を呼び寄せる降霊術でお金を稼ぐ彼女たちのもとへ、映画プロデューサーのコルベンが訪れる。コルベンの「降霊術を撮りたい」という依頼に姉妹は協力し、世界初“本物の超常現象”映画の撮影が始まるー。「成功してすべてを手に入れるわ」と野心を膨らませていくローラ、「私には特別な才能がある」という純粋無垢なケイト、そして映画製作に大金をつぎ込んでいくコルベン。この美しい姉妹は本当に死者を呼び寄せることができる真のスピリチュアリストなのか、それとも人々を騙す世紀の詐欺師なのか。美しい姉妹の虜にされる幻想的でミステリアスな予告編となっています。

映像には熱い抱擁をかわす姉妹の様子も納められており、年の差18歳のナタリーとリリー=ローズの、まるで本当の姉妹のような雰囲気にも注目です。

プラネタリウム

9月23日(土)より新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国公開

物語・・・
1930年代、パリが最も華やかだったとき。アメリカ人スピリチュアリストのローラとケイトのバーロウ姉妹は、憧れのパリへと向かう。美しく聡明な姉のローラはショーを仕切る野心家で、好奇心旺盛で純粋な妹のケイトは自分の世界に閉じこもりがちな少女。ショーでは死者を呼び寄せる降霊術を披露し、話題の美人姉妹として活躍し金を稼いでいた。そんな2人の才能に魅せられた映画プロデユーサーのコルベンは、世界初の心霊映画を撮影しようと姉妹と契約する。果たして姉妹の力は本物なのか?見えない世界を見せられるのか?姉妹の運命が狂いだす。

***********************************

監督:レベッカ・ズロトヴスキ 
脚本:レベッカ・ズロトヴスキ、ロバン・カンピヨ
出演:ナタリー・ポートマン、リリー=ローズ・デップ、エマニュエル・サランジェ、アミラ・カサール、ピエール・サルヴァドーリ、ルイ・ガレル、ダーヴィット・ベネント、ダミアン・シャペル

提供:ファントム・フィルム/クロックワークス
配給・宣伝:ファントム・フィルム 
宣伝協力:ブリッジヘッド PG12
2016年/フランス・ベルギー映画/英語・フランス語/108分/シネマスコープ/カラー/字幕翻訳:松浦美奈 
原題:Planetarium 
© Les Films Velvet – Les Films du Fleuve – France 3 Cinema – Kinology – Proximus – RTBF