「ナオミ・ワッツ」タグアーカイブ

スーザン・サランドンが語る『アバウト・レイ 16 歳の決断』


映画情報どっとこむ ralph 『リトル・ミス・サンシャイン』(アカデミー賞主要 2 部門受賞)では、幸せの黄色いバスに乗った落ちこぼれ家族を、『サンシャイ ン・クリーニング』では、事件現場のクリーニングをする崖っぷち家族を描いてきたチームが再び集結し製作した映画『アバウト・レイ 16 歳の決断』(『3 Generations』)がこの度、2018年2月3日(土)に新宿ピカデリーにて公開します。

『マレフィセント』のオーロラ姫役で一躍人気を博し、ソフィア・コッポラの新作など出演作が相次ぐエル・ファニングがトレンドマークのロングヘア―から一転、本当の自分を求め、心も身体も男になると決断したトランスジェンダー(FTM)の主人公・レイを熱演。

そして、アカデミー賞に2度のノミネートを誇るナオミ・ワッツが、恋多きシングルマザー・マギーに、名優スーザン・サランドンが、破天荒なレズビアンのおばあちゃん・ドリーに扮しています。

_B5E8527.cr2


最初は「レイの決断」に戸惑いながらも、次第に誰よりもレイの一番の理解者となっていく二人。

映画情報どっとこむ ralph 本作ではトランスジェンダーのレイのことをなかなか理解できない、レズビアンのドリーを 演じたスーザン・サランドン。


スーザン:私の役目はたくさんの無知な質問をすること。‟性の自己認知“と性的指向”の違いはいまだによくわからない。トランスジェンダーとレズビアンは異なるものだから、レイのことを理解しきれないの。でも、レイの身体が変わったとしても、愛する孫には変 わらないと最後に気づく。

と、どんなことがあっても孫を愛する祖母ドリーについて語った。


そして

スーザン:パートナーのリンダと私のもう一つの役目はユーモアと話の背景を伝えることだっ た。(レイやマギーが)昔はどうだったかドリーたちは知っているの。そして心のゆとりには ユーモアが必要よ。さもないと心が折れて情報を取り込めないわ。

とドリーたちの役割、 ユーモアの重要性について語っています。

シリアスなシーンとユニークなシーンの描き方については

スーザン:皆それぞれが、お互いを信頼 しているから言い合えるのよ。そこが笑えるのね。言いたいことが言えてないと観客は心 配になるけど、一日の終わりにお互いに寄り添っている。そして侮蔑したりあらさがしをし たりしている。キャラクターの持ち味がジョークになっているの。

と家族の信頼関係を描 けているからこそ生み出せると、『リトル・ミス・サンシャイン』から引き継がれた家族のユ ーモアについて語りました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『アバウト・レイ 16 歳の決断
原題:3 Generations

2月3日( 土 ) 新宿ピカデリーほかにて 、全国ロードショー 。

「誕生日の願い事は毎年同じだ。“男になれますように”」


16歳になり、身も心も男の子として生きたいと決断した主人公・レイ(エル・ファニング)。

医者から受け取ったホルモン治療に ついての見慣れない資料に呆然とするシングルマザーのマギー(ナオミ・ワッツ)は、「突然、息子を育てることになるなんて・・」 と、動揺を隠せない。共に暮らすレズビアンのおばあちゃんのドリー(スーザン・サランドン)もレイのカミングアウトをイマイチ 理解ができないでいる。

一方、髪を短く切り、身体を鍛え、少しずつ“本当の自分”に近づいていくことで生き生きしてくるレイ。

そんな姿を見てマギーは意を決して、治療の同意書のサインをもらうために、何年も会っていない別れた夫に会いに行くのだが、そ こでまさかの“家族の秘密”が明らかになる―!

<自分自身に正直に生きる>ためのレイの決断とはー?

新たな人生を歩き出す人へ贈る、希望の物語。

***********************************

監督:ゲイビー・デラル
出演:ナオミ・ワッツ、エル・ファニング、スーザン・サランドン、リンダ・エモンド、テイト・ドノヴァン、サム・トラメル
配給:ファントム・フィルム
© 2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.


詩人の文月悠光 朗読&トークイベント 映画『アバウト・レイ 16 歳の決断』


映画情報どっとこむ ralph 映画『アバウト・レイ 16 歳の決断』が2月3日より新宿ピカデリー他全国公開いたします。

『マレフィセント』のオーロラ姫役で一躍人気を博し、 ソフィア・コッポラの新作など出演作が相次ぐエル・ファニングがトレンドマークのロングヘア―から一転、本当の自分を求め、心も身体も男になる と決断したトランスジェンダー(FTM)の主人公・レイを熱演。そして、アカデミー賞に 2 度のノミネートを誇るナオミ・ワッツが、恋多きシングル マザー・マギーに、名優スーザン・サランドンが、破天荒なレズビアンのおばあちゃん・ドリーに扮します。

そしてこの度、スペース FS 汐留にて詩人の文月悠光さんをお呼びしトークイベントが行われました。

『アバウト・レイ 16 歳の決断』 朗読つきトークイベント
日付:1 月 15 日(月)
場所:スペースFS汐留
登壇:文月悠光(詩人)

映画情報どっとこむ ralph MCを勤めた映画ライターの門間雄介さんから映画の感想を尋ねられると、

文月さん:レイのトランスジェンダーという設定に注目しがちで、性的マイノリティの深刻な話として、見る前に覚悟がいるのかなという思いがありましたが、実際は深刻過ぎずに描いていることに好感 が持てました。

鑑賞前の先入観と鑑賞後の印象の差について語り・・・、

文月さん:イの話だけでなく、家族の中のユーモアや、母親の葛藤など 周囲の人たちにも焦点を当てていて面白かったです。

と本作の感想を率直に語る文月さん。

それを受けて「LGBT 映画というのが全面に押し出されていないですよね」というMCに、

文月さん:LGBT という型から自由になっていっているのもこの映画のいいところだなと 思います。

とジャンル映画にとらわれていないことを評価しました。

映画情報どっとこむ ralph 印象的なシーンを聞かれると

文月さん:(マギーが)‟私はひとりで娘を失 った、これからもひとりで息子を育てていく“というセリフがありましたが、悩みに悩んで一人でレイを育てた矜持が感じられて、祖母に対してはまだ弱く少女らしさがあり、ある種まだ母親になれなかったマギーが殻を破った印象的なシーンでした。

と熱く語った。 さらに

文月さん:自分が母になったときは子供がレイのような状況になった時に、どんな風に支えられるか自然と考えてしまった。特殊な家族ではなく、自分と地続きの不安や葛藤の中にこの人たち(マギーやレイたち)もいるのかなという感覚で見ていました。

と本作が描く普遍的な問題に共感していました。


そして本作をから受けた印象を書き下ろした詩「わたしたちの愛し方」を披露。

会場から感動の拍手が沸き上がり、詩の着想を聞かれると、

文月さん:(本作を)家族たちの群像劇としてとらえたときに、食卓のシーンが印象的でした。祖母とその同性のパートナーと母、当たり前のように一緒に食事をしているけど、少しギクシャクしているいびつさは、親しい友達との距離感とは違うものを感じさせ印象的でした。

と詩の冒頭『食卓に八つの手を集わせる。~(一部抜粋)』について説明。

さらに

“もっと みんなのことを知りたい”というレイの言葉や表情から現れる、彼の気持ちの変化や世界観が広がっていく様子に感化されました。鏡のシーンはエル・ファニングの目と中性的な佇まいと複雑な感情ながらもきれいな表情は素敵だなと思い、詩にも取り入れました。

と本作の印象的なシーンから得た強い想いとともに、詩への着想について語った。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

文月さん:大きなテーマとして、自分の不完全さ、少し世間一般から外れている部分も魅力的で愛おしいものであると肯定してく れる映画です。家族の在り方や自分自身の在り方をレイの物語と重ね合わせて、変わっていけるきっかけになればいいと思います。

と観客にメッセージ送り、大きな拍手の中イベントは幕を閉じた。 今回披露された文月悠光の詩「わたしたちの愛し方」は『アバウト・レイ 16 歳の決断』劇場販売用パンフレットにて全文掲載されます。


アバウト・レイ 16歳の決断
原題:3 Generations
2017年2月3日(土)より、新宿ピカデリー他にて全国ロードショー

「誕生日の願い事は毎年同じだ。“男になれますように”」
16歳になり、身も心も男の子として生きたいと決断した主人公・レイ(エル・ファニング)。医者から受け取ったホルモン治療についての見慣れない資料に呆然とするシングルマザーのマギー(ナオミ・ワッツ)は、「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、動揺を隠せない。共に暮らすレズビアンのおばあちゃんのドリー(スーザン・サランドン)もレイのカミングアウトをイマイチ理解ができないでいる。一方、髪を短く切り、身体を鍛え、少しずつ“本当の自分”に近づいていくことで生き生きしてくるレイ。そんな姿を見てマギーは意を決して、治療の同意書のサインをもらうために、何年も会っていない別れた夫に会いに行くのだが、そこでまさかの“家族の秘密”が明らかになる―!

<自分自身に正直に生きる>

ためのレイの決断とはー?新たな人生を歩き出す人へ贈る、希望の物語

***********************************

監督:ゲイビー・デラル
出演:ナオミ・ワッツ、エル・ファニング、スーザン・サランドン、リンダ・エモンド、テイト・ドノヴァン、サム・トラメル
配給:ファントム・フィルム
© 2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.


トランスジェンダーを熱演したエル・ファニング『アバウト・レイ 16歳の決断』新場面写到着!


映画情報どっとこむ ralph 映画『アバウト・レイ 16歳の決断』(原題は『3 Generations』)がこの度、2018年2月3日(土)に新宿ピカデリーにて公開致します。

『マレフィセント』のオーロラ姫役で一躍人気を博し、ソフィア・コッポラの新作など出演作が相次ぐエル・ファニングがトレンドマークのロングヘア―から一転、本当の自分を求め、心も身体も男になると決断したトランスジェンダー(FTM)の主人公・レイを熱演。

そして、アカデミー賞に2度のノミネートを誇るナオミ・ワッツが、恋多きシングルマザー・マギー。

名優スーザン・サランドンが、破天荒なレズビアンのおばあちゃん・ドリーに扮します。

最初は「レイの決断」に戸惑いながらも、次第に誰よりもレイの一番の理解者となっていく二人。ぶつかり合い、傷つけ合っても、家族だから何度でもやり直せる。新しい時代の新しい家族の形が、観る者に大きな愛を惜しみなく与えてくれる、感動の物語が誕生しました。


映画情報どっとこむ ralph この度解禁となった場面写真は計6点。

スケートボードを片手に友人達と談笑する姿や、

ガムを噛みながら車から流れゆく景色を見つめるレイの自然な姿を捉えたもの。

また、心だけでなく、身体も本当の男の子に近づける為、トレードマークのニット帽を被り、タンクトップ姿で腹筋に励む姿、

そして、電子ピアノに合わせてジャズをアレンジする才能をもつレイが、音楽に合わせ熱唱するシーンなど、

エル・ファニングの様々な表情と一面を堪能できる場面写真。
果たしてどんなシーンなのか。

映画情報どっとこむ ralph 『リトル・ミス・サンシャイン』(アカデミー賞主要2部門受賞)では、幸せの黄色いバスに乗った落ちこぼれ家族を、『サンシャイン・クリーニング』では、事件現場のクリーニングをする崖っぷち家族を描いてきたチームが再び集結し製作した

『アバウト・レイ 16歳の決断』
原題:3 Generations
2017年2月3日(土)より、新宿ピカデリー他にて全国ロードショー


「誕生日の願い事は毎年同じだ。“男になれますように”」
16歳になり、身も心も男の子として生きたいと決断した主人公・レイ(エル・ファニング)。医者から受け取ったホルモン治療についての見慣れない資料に呆然とするシングルマザーのマギー(ナオミ・ワッツ)は、「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、動揺を隠せない。共に暮らすレズビアンのおばあちゃんのドリー(スーザン・サランドン)もレイのカミングアウトをイマイチ理解ができないでいる。一方、髪を短く切り、身体を鍛え、少しずつ“本当の自分”に近づいていくことで生き生きしてくるレイ。そんな姿を見てマギーは意を決して、治療の同意書のサインをもらうために、何年も会っていない別れた夫に会いに行くのだが、そこでまさかの“家族の秘密”が明らかになる―!
<自分自身に正直に生きる>ためのレイの決断とはー?新たな人生を歩き出す人へ贈る、希望の物語

***********************************

監督:ゲイビー・デラル
出演:ナオミ・ワッツ、エル・ファニング、スーザン・サランドン、リンダ・エモンド、テイト・ドノヴァン、サム・トラメル
配給:ファントム・フィルム
© 2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.


エル・ファニング映画『アバウト・レイ 16 歳の決断』日本版予告編到着


映画情報どっとこむ ralph エル・ファニングがトレンドマークのロングヘア―から一転、本当の自分を求め、心も身体も男になると決断したトランスジェンダー(FTM)の主人公・レイを熱演している映画『アバウト・レイ 16 歳の決断』(原作『3 Generations』)が2018 年2月3日(土)に新宿ピカデリーにて公開となります。
エル・ファニングの母で恋多きシングルマザー・マギー役は、アカデミー賞に2度のノミネートを誇るナオミ・ワッツ。そして名優スーザン・サランドンが、破天荒なレズビアンのおばあちゃん・ドリーに扮します。
最初は「レイの決断」に戸惑いながらも、次第に誰よりもレイの一番の理解者となっていく二人。ぶつかり合い、傷つけ合っても、家族だから何度でもやり直せる―。新しい時代の新しい家族の形が、観る者に大きな愛を惜しみなく与えてくれる、感動の物語が誕生しました。

そして、この度、日本版予告編、ポスタービジュアル、主題歌情報が解禁となりました。
映画情報どっとこむ ralph 解禁された予告編では、心も身体も男の子として生きたいと決断したレイ<エル・ファニング >の為、見慣れないホルモン治療の同意書を医者から受け取る恋多き母親マギー<ナオミ・ ワッツ>、そして“レズビアンでいいじゃないか”とイマイチ理解ができていないレズビアンのおばあちゃんドリー<スーザン・サランドン>の家族の掛け合いから展開されていく。同意書には元夫 のサインも必要だが、レイがホルモン治療を受けることに困惑しサインを拒絶される。一方、 “自分に正直に生きたいんだ”と今すぐにでも治療をしたいと母親に訴えかけるレイ。

映像では、 母親と抱きしめ合う姿や、ベッドではしゃぐ姿など仲の良さがうかがえるも、レイが泣き叫ぶシーンなど、ぶつかり合いながらも、寄り添い、互いを理解しようとする母と子の葛藤がうかがえる。 家族だからこそ、傷つけあっても何度もやり直せる。不器用な家族の愛に溢れた予告編です。

映画情報どっとこむ ralph また、予告編で使用されているテーマソングを歌うのは、甘く切ない歌声を響かせ、今最も 注目されている 19 歳の若き天才シンガー【ショーン・メンデス】。

動画サイトに歌を投稿したのち、歌手デビューを果たし、「タイム」誌の「最も影響力のあるティーンエイジャー」に 3 年連続で選出。本作で披露している主 題歌「life of the party」の歌詞は、『とにかく自由に振る舞って 周りのことは気にもしないで』『「普通」でなくてもかまわない どうせ失敗するのなら』など、レイの生き方を後押しするような、本作をより一層色付ける主題歌となっている。

映画情報どっとこむ ralph 映画『アバウト・レイ 16 歳の決断』
原題:3 Generations
「誕生日の願い事は毎年同じだ。“男になれますように”」 16 歳になり、身も心も男の子として生きたいと決断した主人公・レイ(エル・ファニング)。医者から受け取ったホルモン治療に ついての見慣れない資料に呆然とするシングルマザーのマギー(ナオミ・ワッツ)は、「突然、息子を育てることになるなんて・・」 と、動揺を隠せない。共に暮らすレズビアンのおばあちゃんのドリー(スーザン・サランドン)もレイのカミングアウトをイマイチ 理解ができないでいる。一方、髪を短く切り、身体を鍛え、少しずつ“本当の自分”に近づいていくことで生き生きしてくるレイ。 そんな姿を見てマギーは意を決して、治療の同意書のサインをもらうために、何年も会っていない別れた夫に会いに行くのだが、そ こでまさかの“家族の秘密”が明らかになる―! <自分自身に正直に生きる>ためのレイの決断とはー? 新たな人生を歩き出す人へ贈る、希望の物語

2017 年 2 月 3 日(土)より、新宿ピカデリー他にて全国ロードショー

***********************************

監督:ゲイビー・デラル
出演:ナオミ・ワッツ、エル・ファニング、スーザン・サランドン、リンダ・エモンド、テイト・ドノヴァン、 サム・トラメル
配給:ファントム・フィルム
© 2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.
 


エル・ファニング トランスジェンダー(FTM)の主人公熱演『アバウト・レイ 16歳の決断』


映画情報どっとこむ ralph 映画『アバウト・レイ 16歳の決断』(『3 Generations』)。本作は製作国であるアメリカでの公開延期により、日本公開も同様に延期になっておりましたが、この度、2018年2月3日に新宿ピカデリーでの公開が正式決定しました。

『マレフィセント』のオーロラ姫役で一躍人気を博し、ソフィア・コッポラの新作など出演作が相次ぐエル・ファニングがトレンドマークのロングヘア―から一転、本当の自分を求め、心も身体も男になると決断したトランスジェンダー(FTM)の主人公・レイを熱演。

そして、アカデミー賞に2度のノミネートを誇るナオミ・ワッツが、恋多きシングルマザー・マギーに、名優スーザン・サランドンが、破天荒なレズビアンのおばあちゃん・ドリーに扮します。

最初は「レイの決断」に戸惑いながらも、次第に誰よりもレイの一番の理解者となっていく二人。
ぶつかり合い、傷つけ合っても、家族だから何度でもやり直せる。新しい時代の新しい家族の形が、観る者に大きな愛を惜しみなく与えてくれる、感動の物語が誕生しました。この度、本国予告(日本語字幕入り)も併せて解禁いたします。


*トランスジェンダーとは?→身体の性と心の性が異なる。
*FTMとは?→女性の身体で生まれてきたが、性自認が男性。

映画情報どっとこむ ralph アバウト・レイ 16歳の決断
原題:3 Generations

2018年2月3日(土)、新宿ピカデリーほかにて、全国ロードショー


物語・・・ 
「誕生日の願い事は毎年同じだ。“男になれますように”」
16歳になり、身も心も男の子として生きたいと決断した主人公・レイ(エル・ファニング)。医者から受け取ったホルモン治療についての見慣れない資料に呆然とするシングルマザーのマギー(ナオミ・ワッツ)は、「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、動揺を隠せない。共に暮らすレズビアンのおばあちゃんのドリー(スーザン・サランドン)もレイのカミングアウトをイマイチ理解ができないでいる。一方、髪を短く切り、身体を鍛え、少しずつ“本当の自分”に近づいていくことで生き生きしてくるレイ。そんな姿を見てマギーは意を決して、治療の同意書のサインをもらうために、何年も会っていない別れた夫に会いに行くのだが、そこでまさかの“家族の秘密”が明らかになる。

***********************************

監督:ゲイビー・デラル
出演:ナオミ・ワッツ、エル・ファニング、スーザン・サランドン、リンダ・エモンド、テイト・ドノヴァン、サム・トラメル  
配給:ファントム・フィルム
© 2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.