「ドラゴンボール超 ブロリー」タグアーカイブ

“超”盛り上がる応援上映『ドラゴンボール超 ブロリー』特別映像解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 12月14日(金)より全国467スクリーン(通常版:360sc/IMAX版:31sc/MX4D版:20sc/4DX版:56sc)にて公開された、映画『ドラゴンボール超 ブロリー」』(監督:長峯達也)、シリーズ初の応援上映の盛り上がりの様子を伝える特別映像を公開します。

1月15日に発表となった第42回日本アカデミー賞では、前作『ドラゴンボールZ 復活の「F」』に続き 2 作品連続で、優秀アニメーション作品賞を受賞し、1月14日まで興行収入は36億円を突破、前作の記録を超えるシリーズ最高興行収入の樹立が確実視され、さらには現地時間1月16日より北米でも公開が始まり続々と絶賛の声が聞こえている、まさに世界で盛り上がりをみせる本作。

そんな本作では1月10日(木)に北海道、東京、愛知、大阪、福岡の 5 大都市で「ドラゴンボール」劇場版シリーズ初となる応援上映会“カカロット!ベジータ!ブロリー!限界突破応援上映”を開催!2度や3度に留まらず、最高14回も本作を鑑賞しているという熱狂的なファンが集まり、上映中もバトルシーンで流れる歌に合わせて「GO!ブロリー!GO!GO!」という大合唱、さらに悟空たちが必殺技を放つシーンでは全員が「かめはめ波!」「フュージョン!ハッ!!」叫ぶ声が響いた。


東京会場では、上映前の舞台挨拶に登壇した孫悟空役・野沢雅子の「東映マークが出た瞬間から、『ドラゴンボール!!』って叫んでほしい」という声に応えるように冒頭から大盛り上がり。会場は終始ファンの大きな声につつまれていました。
過去記事:東京会場 
http://eigajoho.com/137753


この上映会の好評、及び全国より多数の希望の声を受けて、1月19日(土)、1月20日(日)に全国の映画館にて、応援上映の追加開催が決定している。

今回公開となった映像は、今週末の応援上映に向けて、盛り上がるポイントや楽しみ方を予習できるような、実際の劇場の熱量が伝わるものとなっております。



応援上映の実施劇場・日程は映画公式HPにて公表、各映画館でのスケジュール及びチケット購入に関しては、各劇場HPにて順次発表されます。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』

公式サイト :
http://www.dbmovie-20th.com/

【STORY】
これは、新たな“サイヤ人”の物語。
「力の大会」後の平和な地球。宇宙にはまだまだ見た事のない強者がいると分かった悟空は、更なる高みを目指して修業に明け暮れていた。そんなある日、悟空とベジータの前に現れたのは、見たことがないサイヤ人“ブロリー”。惑星ベジータ消滅とともにほぼ全滅したはずの“サイヤ人”がなぜ地球に?再び地獄から舞い戻ったフリーザも巻き込み、全く違う運命をたどってきた3人のサイヤ人の出会いは、壮絶な闘いへ??。



***********************************


原作・脚本・キャラクターデザイン:鳥山明
監督:長峯達也
作画監督:新谷直大
音楽:住友紀人
美術監督:小倉一男
色彩設計:永井留美子
特殊効果:太田 直
CGディレクター:牧野 快
製作担当:稲垣哲雄

製作:「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
配給:東映
配給協力:20世紀フォックス映画
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会


映画『ドラゴンボール超 ブロリー』日本アカデミー賞アニメ作品賞受賞&応援上映追加開催決定!


映画情報どっとこむ ralph 12月14日(金)より全国467スクリーン(通常版:360sc/IMAX版:31sc/MX4D版:20sc/4DX版:56sc) にて公開された、映画『ドラゴンボール超 ブロリー」』(監督:長峯達也)につきまして、全国の劇場にて 応援上映の追加開催が決定しました。 さらに第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞も受賞!!

1月10日(木)に北海道、東京、愛知、大阪、福岡の 5 大都市で「ドラゴンボール」劇場版シリーズ初と なる応援上映会“カカロット!ベジータ!ブロリー!限界突破応援上映”を開催。

会場では、悟空やベジータのコスプレをしたり、サイリウムや自作の応援グッズを持参した多くのファンが、思い思いにキャラク ターの名前を叫び、バトルシーンで流れる歌に合わせて「GO!ブロリー!GO!GO!」という大合唱、 さらに悟空たちが必殺技を放つシーンでは「かめはめ波!」「フュージョン!ハッ!!」という声が響き、 まさに観客も悟空たちに負けじと“限界突破”するかような熱気に包まれました。


この上映会の好評、及 び全国より多数の希望の声を受けて、1月19日(土)、1月20日(日)に全国の映画館にて、応援上映の 追加開催が決定しました。

実施劇場・日程は映画公式HPにて公表、各映画館でのスケジュール及びチケット購入に関しては、各劇場HPにて発表されます。

映画情報どっとこむ ralph また、本作は 1 月 14 日までの累計で 282 万 3,215 人を動員し、興行収入 36 億円を突破。
前作『ドラゴンボールZ 復活の「F」』(2015 年 4 月 18 日公開/最終興収 37.4 億円)を超えるシリーズ最高記録の樹立が確実視されています。

そして1月 15日、日本アカデミー賞協会より第 42回日本アカデミー賞優秀ア ニメーション作品賞の受賞が発表となりました!

前作『ドラゴンボールZ 復活の「F」』に続き 2 作品連続での受賞です。

今後、今週末の応援上映とともに更なる動員・興行収入を積み重ねていくことが期待されます。


映画『ドラゴンボール超 ブロリー』

公式サイト :
http://www.dbmovie-20th.com/

【STORY】
これは、新たな“サイヤ人”の物語。
「力の大会」後の平和な地球。宇宙にはまだまだ見た事のない強者がいると分かった悟空は、更なる高みを目指して修業に明け暮れていた。そんなある日、悟空とベジータの前に現れたのは、見たことがないサイヤ人“ブロリー”。惑星ベジータ消滅とともにほぼ全滅したはずの“サイヤ人”がなぜ地球に?再び地獄から舞い戻ったフリーザも巻き込み、全く違う運命をたどってきた3人のサイヤ人の出会いは、壮絶な闘いへ??。



***********************************

原作・脚本・キャラクターデザイン:鳥山明
監督:長峯達也
作画監督:新谷直大
音楽:住友紀人
美術監督:小倉一男
色彩設計:永井留美子
特殊効果:太田 直
CGディレクター:牧野 快
製作担当:稲垣哲雄

製作:「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
配給:東映
配給協力:20世紀フォックス映画
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会


野沢雅子がサイリウム両手に応援上映をファンと体験!『ドラゴンボール超 ブロリー』


映画情報どっとこむ ralph この度2018年12月14日(金)より大ヒット公開中の、映画『ドラゴンボール超 ブロリー』。

本作は公開初日を含めた12/14,15,16の3日間の動員数・興行収入ともに2位以下に大差をつけてぶっちぎりのNo.1を獲得 し、公開日より24日間で約260万人の動員と約33億円の興行収入を記録!前作『ドラゴンボールZ 復活の「F」』(興行収入 37.4億)超えはほぼ確実と言える超ヒットとなっています!

そして!
1月10 日(木)に新宿バルト9にて、「カカロット!ベジータ!ブロリー!限界突破応援上映」が行われ野沢雅子さんが応援に駆け付けました!


「カカロット!ベジータ!ブロリー!限界突破応援上映」
日程:2019年1月10日(木)
場所:新宿バルト9
登壇:野沢雅子、孫悟空(着ぐるみ)

映画情報どっとこむ ralph そして本日はなんと「ドラゴンボール」史上“初”となる応援上映イベント!この日集まったドラゴンボールファンたちと、孫悟空役のレジェンド声優・野沢雅子がなんと“人生初”の応援上映を体験した。 この日集まった観客は、サイリウムはもちろん、ベジータのコスプレやキャラクターの名前入りのうちわ、ドラゴンボールグッ ズを持参するなど、熱狂的なドラゴンボールファンばかり。すでに上映前から大熱狂の観客の前に、孫悟空の決め台詞 「オッス!オラ悟空」の台詞と共に野沢が登場!会場は序盤から大歓声に包まれた。

この日集まった観客は1度ならず2度、3度と鑑賞済みの熱狂的な「ドラゴンボール」ファンばかり!最も多い鑑賞数で14回鑑 賞済みの観客もおり、思わず

野沢さん:まだ映画はじまったばかりなのに!?すごいですね!

と驚きを隠せない様子だった。

野沢さん:今までの作品で1番の出来!!!

と太鼓判を押す本作。本日は鑑賞済みのお客様も多いということで、事前に ファンから集められた感想に野沢さんが回答した。

本作は圧倒的なバトルシーンが評判だが、「バトルが激しすぎて目で追えなかった。声優さんたちはどうしたんだ・・・。」とい う感想に、

野沢さん:よく聞いてくれました!実はアフレコの時は映像がまだ完成していなくて、線しかない 状態だったんです!線だけなのでどうやって悟空がやられているのかもわからないので、とても大変でした!(笑&驚)

とアフレコ時 のエピソードを語った。
また「ドラゴンボール」で泣くなんて!バーダックとギネのエピソードはずるい!」というコメントには、

「野沢さん:ドラゴンボールでみな さんが泣くとは思わなかったですが、そんな感想をいただけてうれしいです!

とコメントした。

映画情報どっとこむ ralph 今回初めて本作の応援上映を体験するファンのために、

野沢さん:“東映”のロゴマークが出た瞬間から「ドラゴンボー ル!!!」と叫んで盛り上がってくださいね!そして悟空やブロリーと一緒に、自分の叫びたいところで叫んでくださ い!

と応援ののりを伝授。

そして、なんとこの日は特別に野沢さんが劇場の座席に実際に座り、本編のワンシーンでファンと一緒に応援上映を体験!

突然のサプライズに観客からは歓喜の声が上がった。さらにスペシャルゲストの悟空も登場し、会場の熱気はマックスに!
これから初めて本作の応援上映を体験するファンに向けて

野沢さん:みんな!でっけえ声で応援してくれよな!

という野沢さんの掛け声とともに上映がスタート。

悟空とブロリーの戦闘シーンが画面に映し出され、「悟空がんばれー!」や「サイヤン ブラスター!」「Go!ブロリーGo!Go!」など劇中の歌詞に合わせてファンの大歓声が飛び交い、野沢さんも両手でサイリウムを振り“人生初”となる応援上映を体験。会場は一体感に包まれた。
応援上映を終えたばかりの野沢さんは興奮 冷めやらない様子で、

野沢さん:びっくりしました!すごい本当に!悟空はファンのみんなにこんなに応援してもらえて最高です!

とコメント。サイリウムのネオンカラーで彩られた会場は熱狂の渦に包まれこの日のイベントは終了した。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』について

公式サイト :
http://www.dbmovie-20th.com/


【STORY】
これは、新たな“サイヤ人”の物語。
「力の大会」後の平和な地球。宇宙にはまだまだ見た事のない強者がいると分かった悟空は、更なる高みを目指して修業に明け暮れていた。そんなある日、悟空とベジータの前に現れたのは、見たことがないサイヤ人“ブロリー”。惑星ベジータ消滅とともにほぼ全滅したはずの“サイヤ人”がなぜ地球に?再び地獄から舞い戻ったフリーザも巻き込み、全く違う運命をたどってきた3人のサイヤ人の出会いは、壮絶な闘いへ??。

***********************************

原作・脚本・キャラクターデザイン:鳥山明
監督:長峯達也
作画監督:新谷直大
音楽:住友紀人
美術監督:小倉一男
色彩設計:永井留美子
特殊効果:太田 直
CGディレクター:牧野 快
製作担当:稲垣哲雄

製作:「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
配給:東映
配給協力:20世紀フォックス映画
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会


ドラゴンボール超 ブロリー視点で演出《4DXブロリーエディション》1・11~上映開始!


映画情報どっとこむ ralph 全世界で桁外れの人気を誇る伝説的コミック「ドラゴンボール」の記念すべき劇場版20作品目最新作『ドラゴンボール超 ブロリー』4DXが、「ドラゴンボール」4DXシリーズ史上最高の大ヒットを記録しているなか、本作のタイトルロールである”ブロリー” の視点で演出された《4DXブロリーエディション》の上映が1月11日(金)より開始!(※一部劇場を除く)

2015年公開、シリーズ初4DX上映作『ドラゴンボールZ 復活の「F」』のオープニング成績をはるかに上回る勢いで、3年ぶりに公開された「ドラゴンボール」4DXシリーズに盛り上がったファンの反響は大きく、4DXはその熱意に応えるべく、4DXブロリーエディションの上映を決定しました。

『ドラゴンボール超 ブロリー』4DXは、過去 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、『ワイルド・スピード ICE BREAK』、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』といったハリウッド映画でも選び抜いた少数の作品のみ採用された”4DXエクストリーム版”での上映とのことで、公開前から4DXファンの中でも話題になっていたが、《4DXブロリーエディション》上映では、ライディングアクションに特化された”4DXエクストリーム版”の強度はそのままで、4DXの様々な環境効果を”ブロリー”の視点に焦点を当てて、演出に変化をかけたバージョンである。

例えば、ダイナミックな戦闘シーンで、モーションチェアの前後左右の動きや角度、バイブ効果が”ブロリー”の視点にあわせて動き、悟空やベジータがブロリーと対戦するメイン舞台となる「氷の世界」で空中での戦いを体験しているかのような環境効果が演出され、まるで”ブロリー”になったかのような体験と、劇中”ブロリー”が抱え込む気持ちも共感できるような体験が期待できる。

●《4DXブロリーエディション》の上映劇場はこちらからご確認ください

なお、4DXは、全世界1位、4D映画で2018年全世界年間動員2,000万人を突破し、爆発的に成⻑している体感型プレミアムシアター。特にヨーロッパや北米では、20〜30代の若い層を中心に【観る映画の代案:目で映画を観る体験を超えて体験する経験を与える】と、人気トレンドになっている。全世界62カ国、613スクリーンで運営中、日本国内では56劇場に導入中。(※2019年1月現在)

主人公になったかのような感覚で映画を鑑賞できます。

さらに、演出を盛り上げる香りや、臨場感を演出する煙など、様々な特殊効果で映画を<観る>から<体感する>へと転換します。

映画情報どっとこむ ralph 『ドラゴンボール超 ブロリー 』4DX 上映劇場

※劇場情報は、各劇場サイトよりご確認くださいませ。

※劇場により、対応している効果が異なります。

※上映劇場は変更となる場合があります。

【ユナイテッド・シネマ】
【シネマサンシャイン】
【USシネマ】
【109シネマズ】
【コロナシネマワールド】
【イオンシネマ】
【フォーラム那須塩原】
【アースシネマズ姫路】

●《4DXブロリーエディション》

上映劇場LISTはこちら

映画情報どっとこむ ralph 通常版は・・・

映画『ドラゴンボール超 ブロリー』について

◆公式サイト:
http://www.dbmovie-20th.com/


【STORY】
これは、新たな“サイヤ人”の物語。
「力の大会」後の平和な地球。宇宙にはまだまだ見た事のない強者がいると分かった悟空は、更なる高みを目指して修業に明け暮れていた。そんなある日、悟空とベジータの前に現れたのは、見たことがないサイヤ人“ブロリー”。惑星ベジータ消滅とともにほぼ全滅したはずの“サイヤ人”がなぜ地球に?再び地獄から舞い戻ったフリーザも巻き込み、全く違う運命をたどってきた3人のサイヤ人の出会いは、壮絶な闘いへ——。

***********************************

原作・脚本・キャラクターデザイン:鳥山明
監督:長峯達也
作画監督:新谷直大
音楽:住友紀人 美術監督:小倉一男
色彩設計:永井留美子 特殊効果:太田 直
CGディレクター:牧野 快 製作担当:稲垣哲雄

製作:「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
配給:東映
配給協力:20世紀フォックス映画

(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会


悟空:野沢雅子・ベジータ:堀川りょう!観客と超サイヤ人“かめはめ波”『ドラゴンボール超 ブロリー』


映画情報どっとこむ ralph この度2018年12月14日(金)より大ヒット公開中の、映画『ドラゴンボール超 ブロリー』が、本日12月23日(日)TジョイPRINCE品川にて、親子限定はじめてのIMAX上映会が行われました。

孫悟空役/野沢雅子さんとベジータ役/堀川りょうさん、そして!悟空、ベジータが登壇しました。

会場には2世代、3世代の親子連れが集まり、イベントの開始前から心待ちにする子供たちの声が聞こえ、大いに賑わっていました。


親子限定はじめてのIMAX上映会
日付:12月23日(日)
場所:TジョイPRINCE品川
登壇:野沢雅子 堀川りょう 孫悟空 ベジータ

映画情報どっとこむ ralph MCの呼び込みで登場した野沢さん、堀川さんはそれぞれ演じるキャラクターの台詞を披露!

野沢さん:オッス、オラ悟空!

堀川さん:これは、遊んでる場合じゃないな。

聴きなれたキャラクターの声に、子供たちだけでなく保護者の大人からも大きな拍手が起こりました。

ステージから見る幅広い年齢層の客席について

本イベントが親子限定上映会ということで、会場には多くの子供たちが集まりました。また、子供の頃にドラゴンボールを観ていた世代の保護者の大人の方々も多く見られました。

野沢さん:初回放送からもう、32年!お子さんがたくさん来てくださるのは嬉しいですね!私としては、お子さんたちの目がワクワクしてるのが、たまりません!

堀川さん:お父さんお母さんたちが観てくれて、その影響でお子さんたちにも観ていただいてるのかなと思います。二世代、三世代で来ていただいて本当に嬉しいです!

ドラゴンボールが長く愛される秘訣

野沢さん:ドラゴンボールには仲間たちがいるんです。そしてその仲間たちの活躍がいつも格好良いんですよ!

堀川さん:諦めないひたむきさであったり、夢を追う大切さがドラゴンボールの魅力かなと思います。不器用なほどにみんなまっすぐ!悟空はとくにピュアなんですよね。

映画情報どっとこむ ralph “はじめて”のIMAX上映会ということで、お二人の“はじめて”エピソード。

野沢さん:初めてのアフレコは、生放送の洋画だったんです。生放送で録り直しができないとなると、30代以上の方はとちりたくないので台詞をゆっくり読むんです。当然、口パクにあってない!私の役がしゃべってるのにまだ前の人が話してる!なんてことがありました。

堀川さん:初めてのアフレコを覚えています。俳優として活動していましたが、突然アニメのアフレコってできないんですよ。台本みると口パクあわないし、口パク観ると台詞わからなくなるので、どうしてもあわなくて、背中につめたい汗がつたいました。30分の台本すべて覚えてましたね。

ゴジータのアフレコについて

堀川さん:テレビシリーズのときは息を揃えてやってたんです。お互いこう出るかなと合わせると一発であうんです。今回はゴジータのシーンが長かったので、別撮りでしたね。

野沢さん:不思議と一発で合うのよね。

ここでなんと、フュージョンの台詞を生披露!

「フュージョン!ハッ!」と野沢さん、堀川さんの声がぴたりと揃うと、歓声と拍手が上がりました。


また、イベント当日は「クリスマスイブ」の前日、「クリスマスイブイブ」だということで、野沢さん、堀川さんから子供たちに抽選でプレゼントも用意されました!

そして、フォトセッションでは、入場の際に配られた「超サイヤ人ブルー」になれる「悟空の超サイヤ人ブルーの紙帽子」をつけて、客席の親子と一緒に野沢さん、堀川さん、悟空、ベジータがかめはめ波を打つシーンも見られました。

最後メッセージ

堀川さん:これから映画をじっくり楽しんでください。そしてこの作品だけでなく、他のアニメシリーズや劇場版をみる楽し見方もあるとおもいます!ドラゴンボールをよろしくお願いします!

野沢さん:私は好きな映画って2回3回と観てたんです。是非2回3回目は、お友達を誘ってみにきてください!

映画情報どっとこむ ralph そしてなんと、1月10日(木)に映画『ドラゴンボール超 ブロリー』の応援上映が、全国5都市で開催決定!
その名も“カカロット!べジータ!ブロリー!”限界突破応援上映“!!

新宿バルト9を皮切りになんとこの日全国5カ所の劇場で一斉開催!


【応援上映詳細】
▼日にち
1月10日(木)

▼実施劇場・
【東京】新宿バルト9 18:30の回 ※舞台挨拶付き※
※東京・新宿バルト9では、本作の“超”ヒットを記念して野沢雅子さん(孫悟空役)登壇の舞台挨拶を実施します!!
   その際、舞台挨拶および応援上映中にマスコミ取材が入ります。映り込む可能性がございますので、予めご了承ください。
  ※こちらの座席指定券は「チケットぴあ」のみでの販売となります。購入方法等の詳細はチケットぴあHPよりご確認ください。→http://w.pia.jp/t/dragonball-s/
  ※イベント上映会となるため前売券はご利用いただけません。東京・新宿バルト9以外の下記4劇場に関しましては前売券をご利用いただけます。

【大阪】梅田ブルク7 
【愛知】ミッドランドスクエアシネマ 
【福岡】T・ジョイ博多 
【北海道】札幌シネマフロンティア 
※上映時間は劇場により異なります。
決まり次第、本ページおよび各劇場のホームページにて告知させていただきます。
※大阪・愛知・福岡・北海道では応援上映のみの実施となります。舞台挨拶はございませんので、予めご了承ください。。

<当イベントの注意事項>
※コスプレでの参加もOKですが、劇場内および周辺施設でのお着替えはご遠慮ください。
※サイリウム、ペンライトの持ち込みや、声援等を許可している特別な上映回となります。静かに作品を鑑賞されたい方には不向きな上映となりますので、予めご了解頂きました上で、チケットをお買い求めください。
※火器類の持ち込み・クラッカー・笛などの鳴り物の使用、足踏み、飛ぶ、跳ねる、暴れる、物をたたく座席から離れて通路での鑑賞等、他のお客様へのご迷惑となる行為、危険な行為はご遠慮ください。
※サイリウム等は、他の方のご鑑賞の妨げにならない程度の長さ・明るさのものをご使用下さい。
※本上映会は全席指定・定員入替制での上映となります。
※応援上映をご鑑賞いただくには、該当の上映回の座席指定券が必要です。
※転売を目的としたご購入は固くお断りいたします。
※場内でのカメラ(携帯カメラを含む)、ビデオ等による撮影・録音等は固くお断りいたします。
※内容は、予告なく変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください
※いかなる事情が生じましても、ご購入、お引換後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』

公式サイト :
http://www.dbmovie-20th.com/


STORY
これは、新たな〝サイヤ人〟の物語。
「力の大会」後の平和な地球。宇宙にはまだまだ見た事のない強者がいると分かった悟空は、更なる高みを目指して修行に明け暮れていた。そんなある日、悟空とベジータの前に現れたのは、見たことがないサイヤ人“ブロリー”。惑星ベジータ消滅とともにほぼ全滅したはずの“サイヤ人”がなぜ地球に?再び地獄から舞い戻ったフリーザも巻き込み、全く違う運命をたどってきた3人のサイヤ人の出会いは、壮絶な闘いへ――。

***********************************

原作・脚本・キャラクターデザイン:鳥山明
監督:長峯達也
作画監督:新谷直大
音楽:住友紀人
美術監督:小倉一男
色彩設計:永井留美子
特殊効果:太田 直
CGディレクター:牧野 快
製作担当:稲垣哲雄

製作:「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
配給:東映
配給協力:20世紀フォックス映画
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会