「ドニー・イェン」タグアーカイブ

ドニー・イェンからファンにメッセージ!『イップ・マン 継承』トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 4月22日に日本公開となったドニー・イェン主演の大人気シリーズ第3弾『イップ・マン 継承』。メイン館の新宿武蔵野館では初日から各回満席続き! 

また初回上映直後からSNS上では「イップ・マン史上最高傑作!ドニーさん最高!」「“その拳が伝えるのは、愛”というコピーどおり、ドニー・イェン演じるイップ・マンの妻への深い愛に号泣」といった絶賛コメントがあふれ、すでにリピーターも多数訪れる大盛況となっております。

公開翌日の23日(日)には、新宿武蔵野館にて日本公開記念イベントが行われました。

シリーズ3作を通して音楽を担当された川井憲次さん、ドニー・イェンの功夫映画について語らせたら右に出る者はいない達人・飯星景子さんが上映後のトークショーに登壇!本作における音楽制作の裏話や、香港での公開時にわざわざ現地まで観に行くほどの熱烈ファンである飯星さんならではのディープなトークを繰り広げました。

4月23日(日)
場所:新宿武蔵野館
登壇:川井憲次 飯星景子

映画情報どっとこむ ralph 川井さん:実は僕も今年になって試写で初めて完成版を観ました。

という川井さん、本作の音楽作りについて

川井さん:ウィルソン・イップ監督との仕事はやりやすいんです。完尺の映像を見て音楽をつけるんですが、三作目である本作では時代が少しずつ現代に近づいているので、その雰囲気を出してほしいと言われました。たとえばダンスシーンはその時代の雰囲気やイップ・マンと奥さんの甘い感じを出したかった。実はもともとは既成の曲を使う予定で、有名なスタンダードナンバーだったので(使用できるのか)監督に確認したところ、大丈夫と言っていたのに、そのあとに電話がかかってきて、やっぱり駄目だったから、川井さん作ってくれと(笑)。

とシリーズ3作の音楽を担当した川井さんならではのエピソードを明かしました。

映画情報どっとこむ ralph
さらに・・・

川井さん:監督は音楽に対してセンスがいい人。いつも僕の事務所にきてくれて、2作目(イップ・マン 葉問)の時は、最後の戦いで勝ったあとの音楽をもっと盛り上げたい、と監督が言うので。

と話すと、

飯星さん:イップ・マンが最後に・・・あのシーンですか?

と詳細解説が入り、

川井さん:そう、そこをもっとお祭りのようにしたいんだ、と言うから、監督にそのまま事務所の3階で待っていてもらって1時間半くらいで作り直して聞かせたりしたんです!

と現場で創るという驚愕なお話。

飯星さん:ファン的にはあのシーンでかなり血が沸騰します!

とご満悦なご様子。続けて

飯星さん:本シリーズだけでなく色々な作品に携わっている川井さんは“イップ・マン”のアクションシーンをどう受け止めていますか?

という質問には、

川井さん:イップ・マンには戦う理由があるんです。そして常に怒りや悲しみなど必ず背負うものがあり、音楽もそれが見えるような曲にしたい。しかも本人は淡々と戦っている。そういうイップ・マンの風格を大切にしてみたつもりです。うまくできたかは、自分では自信がないんですが・・・。

と話すと、

飯星さん:この映画でかなり大きな部分を川井サウンドは担っています!

と強く肯定し、会場から賛同する大拍手が!

映画情報どっとこむ ralph また、ファンも気になる本作のサウンドトラックの発売予定については

川井さん:今のところ出す予定はありません。

とのこと。ですが

飯星さん:ぜひ出しましょうよ~と、天馬電影(香港の製作会社)と話してください!私もぜひ欲しいですし、お客様もそうですよね(拍手)、そうだ、みんなで天馬電影宛にお願いメール出しましょう!私、本作でのエレベーターシーンで流れる曲が大好きで、死ぬほどいいですよね!

と熱すぎる思いが止まらない一幕も。

さらに、この日がなんと60歳のお誕生日の川井さんへ、サプライズで飯星さんからお花の贈呈があり、またドニー・イェンから川井さんへのメッセージが代読されました。

ドニー:こんにちは、ドニー・イェンです。川井憲次さんと私は長いお付き合いをさせていただいています。以前、私がアクション監督を務めた『修羅雪姫』という映画で川井さんと知り合い、本当に才能がある方だと思いました。当時、この『修羅雪姫』で私が撮影したアクションシーンに仮の音楽をつけていたんですが、川井さんはその音楽を参考にしながら、独自のフィーリングを取り入れてくれました。最終的に完成した音楽はとても映画にフィットするものになっていて、素晴らしいなと思いました。だから、川井さんのことはとても信頼しています。その後『セブンソード』という作品でもご一緒させていただき、それの流れでウィルソン・イップ監督に紹介させていただきました。その当時、私はイップ監督と『イップマン 序章』を準備していたのですが、この作品には川井さんの持つ経験、情感が必要だと感じたからです。「イップマン」は歴史的背景を伴う映画でもありますから音楽担当は川井さんがピッタリだと考えたのです。以来これまでシリーズ3作でずっとご一緒させていただきました。次回作「イップ・マン4」でも是非、川井さんに、音楽をつけてほしいと願っています。最後に、今日4月23日は川井さんの記念すべき60歳の誕生日だと伺いました。本当におめでとうございます。飯星さん、川井さん、今日はありがとうございました。


このメッセージに

川井さん:イップ・マン4のオファーですが、知らなかったけれど、またがんばります!

と笑顔で答えると会場も大盛り上がり。そして最後には、日本のファンへのメッセージもサプライズで披露され、

ドニー:『イップ・マン 継承』を見に来てくださったお客様、ありがとうございます。ドニー・イェンです。日本のファンの皆様が長年とても誠実に私のことを応援してくれているのを実感していて、とても感謝しています。ここ数年は時間が合わずになかなか日本を訪れることができませんが、皆様にとても会いたいです。近い将来、日本でファンミーティングなどができたらいいなと思っています。そして、この『イップマン 継承』も気に入ってもらえたらとても嬉しく思っています。今日は本当にありがとうございました。

というドニーからの温かい言葉には大きな歓声もあがり、ドニー・イェンそして本作への観客の熱い思いも感じるイベントとなりました。


映画情報どっとこむ ralph そして大ヒット御礼として、ドニー・イェン演じるイップ・マンのトレーディングカード3種を下記GW期間中ご来場の皆様全員にもれなく配布することが緊急決定!

これから観ようと思っている方、そしてすでに「継承」にハマったリピーターの方もぜひこの期間中にこの特製トレカを実施劇場にてゲットしてください!

◆トレーディングカード絵柄および配布日 
(配布日によってトレカの絵柄が異なります)
第1弾 4/29(土) 4/30(日)
第2弾 5/1(月)、5/2(火)
第3弾 5/3(水)、5/4(木)、5/5(金)

〇実施劇場(全国7館)
東京:新宿武蔵野館、立川シネマシティ
神奈川:シネマ・ジャック&ベティ
千葉:千葉劇場  
愛知:センチュリーシネマ  
大阪:シネマート心斎橋
兵庫:神戸国際松竹


公式サイト:
gaga.ne.jp/ipman3

***********************************

監督:ウィルソン・イップ 『イップ・マン』シリーズ
アクション監督:ユエン・ウーピン(『キル・ビル』、『グランド・マスター』他)、音楽:川井憲次(『イップ・マン』シリーズ)
出演:ドニー・イェン、マックス・チャン、リン・ホン、マイク・タイソン(特別出演)
原題:葉問3/2015年/中国・香港/広東語・英語/105分/カラー/シネスコ/字幕翻訳:鈴木真理子
配給:ギャガ・プラス
© 2015 Pegasus Motion Pictures (Hong Kong) Ltd. All Rights Reserved.  


ドニー・イェン&マイク・タイソンのメッセージ映像到着!『イップ・マン 継承』


映画情報どっとこむ ralph ドニー・イェンがブルース・リーの唯一の師と知られる詠春拳の達人イップ・マン(葉問)を演じ、アメリカでもスマッシュヒットを記録した人気シリーズの第3弾『イップ・マン 継承』が、いよいよ今週4月22日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開となります!

この度、今や“達人イップ・マン”が自身の代名詞となった主演のドニー・イェン、イップ・マン史上最凶の敵・フランク役の元ボクシング世界ヘビー級王者マイク・タイソン、そしてウィルソン・イップ監督から観客へのメッセージ映像が到着しました!

「劇場にぜひお越しください!」とにこやかに語るドニー・イェン。一方、「世界中のイップ・マンファンのみなさん、素晴らしいファイトシーンをドニーと作り上げたよ」と出来栄えに自信をみせるマイク・タイソン。

二人のファイトシーンは、のちにドニー・イェンが「タイソンは手加減しないから、数百ポンドの強烈なパンチはすごい威力でまったく気が抜けない!油断すれば即KOされると思った」と語るほど。


映画情報どっとこむ ralph さらに、ファンには嬉しいトークショー開催も決定!4月23日(日)、シリーズ3部作を通して音楽を担当する川井憲次氏、ドニー・イェンの功夫映画について語らせたら右に出る者はいない達人・飯星景子氏による公開記念トークショーを新宿武蔵野館にて実施決定。

【トークイベント概要】

会場:新宿武蔵野館  
日時:4月23日(日) 12:00の回上映後 トークショー実施
登壇者:川井憲次さん(本シリーズ作曲家)、飯星景子さん(作家・タレント)
※登壇者は予定につき、予告なく変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

料金:通常料金/全席指定席 ※前売券も使用可 ※各種招待券使用不可
発売日:オンライン予約販売:4月20日(木)24:00[=4月21日(金)0:00]より
劇場窓口:4月21日(金)開場時間(9:15)より
詳細は劇場公式サイトまで 

※配給のギャガ・プラスでは本トークショーでの川井憲次さんへの質問を大募集中!ハッシュタグ #教えて川井憲次さん  を付けてつぶやくだけ。奮ってご参加ください!

映画情報どっとこむ ralph また、『イップ・マン 継承』公開記念プレゼントキャンペーンも実施決定!

『イップ・マン 継承』を鑑賞したチケット半券を官製はがきに貼って応募すると、抽選で貴重なオリジナルグッズが当たります!香港公開時の激レアグッズや日本版ポスターなどファンには嬉しいアイテムばかり。

詳細は本作の公式サイトまで!

映画情報どっとこむ ralph 新宿武蔵野館に木人が展示してありました!!
蹴ったら痛そうっす!!

***********************************

監督:ウィルソン・イップ 『イップ・マン』シリーズ
アクション監督:ユエン・ウーピン(『キル・ビル』、『グランド・マスター』他)、音楽:川井憲次(『イップ・マン』シリーズ)
出演:ドニー・イェン 『イップ・マン』シリーズ、マックス・チャン 『グランド・マスター』、リン・ホン 『イップ・マン』シリーズ
パトリック・タム、特別出演:マイク・タイソン 『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』
原題:葉問3/2015年/中国・香港/広東語・英語/105分/カラー/シネスコ/字幕翻訳:鈴木真理子
配給:ギャガ・プラス
© 2015 Pegasus Motion Pictures (Hong Kong) Ltd. All Rights Reserved.  


ドニー・イェン『イップ・マン 継承』日本公開まで冒頭映像が特別解禁


映画情報どっとこむ ralph 香港映画界が生んだ本格派アクションスターにして、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』、『トリプルX:再起動』と話題作に次々出演、今改めて世界中から熱い視線を集めるドニー・イェン。
そのドニー・イェンがブルース・リーの唯一の師と知られる詠春拳の達人イップ・マン(葉問)を演じ、アメリカでもスマッシュヒットを記録した人気シリーズの第3弾『イップ・マン 継承』がいよいよ4月22日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開となります!

イップ・マン史上最凶の敵・フランク役の元ボクシング世界ヘビー級王者マイク・タイソン、不遇の天才武術家役のマックス・チャンらとの対決に期待が高まる中、日本公開まで1か月を切り、本編の冒頭映像が特別解禁となりました!



今回解禁となった映像冒頭、川井憲次氏の音楽とともに、木人椿に向かって、一人鍛錬を続けるイップ・マンの姿をゆっくりとらえる痺れるオープニング! そして続くファーストシーンでは「小龍」と名乗る男性が道場にいるイップ・マンを訪ねてやってくる。弟子を願い出る「小龍」に対するイップ・マンの答えとは? ドニー演じるイップ・マンの威厳ある佇まい、さらに「小龍」つまり若きブルース・リーと師匠イップ・マンのやり取りも必見です!
映画情報どっとこむ ralph また、立川シネマシティにて4月22日(土)より、ファン期待の“極上爆音上映”(略して「極爆」)が決定!

なんとカンフー映画の【極爆】上映は初!サブウーファーをうならせ、打撃の衝撃をリアルに感じられるよう調整するそうです。
立川シネマシティ公式サイト

1959年。好景気に沸く香港は、その一方で、無法地帯になりつつあった。裏社会を牛耳る最凶の不動産王・フランクによる暴挙から町を守るため、静かな達人イップ・マンは立ち上がる。だがそれは、自身の家族をも命の危険にさらすことを意味していた。さらには、武術“詠春拳”の正統をめぐって挑まれた死闘…。果たしてイップは、人生において最も大切なものを見出し、守り、伝えることができるのか?

イップ・マン-継承

4月22日(土) 新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。
公式サイト

***********************************

監督:ウィルソン・イップ 『イップ・マン』シリーズ

アクション監督:ユエン・ウーピン(『キル・ビル』、『グランド・マスター』他)

音楽:川井憲次(『イップ・マン』シリーズ)
出演:ドニー・イェン 『イップ・マン』シリーズ、マックス・チャン 『グランド・マスター』、リン・ホン 『イップ・マン』シリーズ、パトリック・タム

特別出演:マイク・タイソン
『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』
原題:葉問3/2015年/中国・香港/広東語・英語/105分/カラー/シネスコ
字幕翻訳:鈴木真理子
配給:ギャガ・プラス
© 2015 Pegasus Motion Pictures (Hong Kong) Ltd. All Rights Reserved.


​​ヴィン・ディーゼルVSドニー・イェン!? 『トリプルX:再起動』本編映像 


映画情報どっとこむ ralph ハリウッドのスーパースター・ヴィン・ディーゼルを筆頭に、世界各国のスターが集結していることでも注目を集める『トリプルX:再起動』が 2 月 24 日(土)より全国公開となります。この度、ヴィン・ディーゼルとドニー・イェンが森の中をバイクで爆走する、超エクストリームなバイクチェイス映像が到着しました!!
今回到着した映像はハリウッドを代表するスター、ヴィン・ディーゼルと中国最大級のスター、ドニー・イェンが、森の中でバイクチェイスを行うシーン!
遊ぼうぜ」とザンダー・ケイジ(ヴィン・ディーゼル)が乗るバイクを横から蹴とばすのは、人工衛星を墜落させるための特殊装置″パンドラの箱″を奪った最強の戦士ジャン(ドニ―・イェン)!ザンダーはパンドラの箱を奪還すべく、ジャンをバイクで追いかけますが、ジャンは森を飛び出し、バイクをサーフィン使用に変形!水上をバイクで駆け抜けます。



同等の実力を持った者同士ならではの緊張感溢れるエクストリーム・アクションが映し出されている本映像ですが、宿敵関係にあたるドニ―・イェン演じるジャンについてヴィンは、

ヴィン:彼はほとんどザンダーの対極にある男であると同時に、双子の兄弟のような存在なのさ…二人はともに、己の正義のもとにスリルを求める異端児で、映画の物語を追っていくうちに、そんな二人が似ていることが面白さ溢れるキャラクター形成へとつながっていくんだ!

と説明。また水上でのバイクアクションについては

ヴィン:水は、今回の撮影を通して最も難易度の高い要素を含んでいた。

と語っており、一筋縄ではいかない困難な撮影であったことを明かしています。

トリプルX:再起動
原題:『xXx: Return of Xander Cage』

公式サイト:www.xandercage.jp
公式FB:@XanderCage.jp

***********************************

出演者:ヴィン・ディーゼル、ドニー・イェン、ディーピカ・パーデュコーン、クリス、ルビー・ローズ、トニー・ジャー、ニーナ・ドブレフ、ロリー・マッキャン、マイケル・ビスピン、
トニ・コレット、サミュエル・L・ジャクソン、ネイマールJr.

監督:D・J・カルーソー
配給:東和ピクチャーズ 
全米公開:2017年1月20日(金)
 


ヴィン・ディーゼル『トリプルX:再起動』オフショット満載の特別映像


映画情報どっとこむ ralph 大ヒット作『トリプル X』(2002)の続編『トリプルX:再起動』が 2月24日(土)より全国公開となります。

ヴィン・ディーゼルで“トリプルX”が再起動する。
数あるスパイアクション・ムービーとは一線を画す映画として、今回再起動するブロック・バスターシリーズ3作目となる本作は、世間から身を隠していたエクストリーム・スポーツ界のカリスマであるザンダー・ケイジ(ヴィン・ディーゼル)が政府の極秘エージェントとなり、「パンドラの箱」と呼ばれる制御不能な軍事兵器を悪の力から奪回しようと、最強の敵ジャン(ドニー・イェン)と戦うこととなる。

そしてこの度、チーム“トリプルX”のリーダー、ザンダー・ケイジ演じるヴィン・ディーゼルの魅力が詰まった、エクストリーム・アクションが炸裂!オフショット満載の特別映像が到着しました!



ヴィン・ディーゼルが繰り広げるエクストリーム・スポーツを取り入れたド迫力のエクストリーム・アクションの数々とそのアクションを自ら身体をはってこなす姿に度肝を抜かれること間違いなしの本映像。

ヴィン:存在自体が❝極限❞をいくザンダーが、政府の極秘エージェントになる。ザンダーって男はヒーローになろうなんて少しも思っちゃいない.

と笑みを浮かべながら自身の役どころを説明するヴィンからは、再起動した本作に対する絶対的な自信が滲み出ています!!

映画情報どっとこむ ralph 孤独な1匹狼だった前作からは一変、本作においてはチームのリーダーとして統率し、仲間を大事にするザンダーの姿が描かれますが、凄腕スナイパーとしてチームの一員となり活躍するアデル役を演じたルビー・ローズは

ヴィン:ヴィンとザンダーには同じ魅力がある。ヴィンはオープンで寛大で寛容で、面白くてプロフェッショナルで仕事熱心で、完璧な現場を作り出してくれたわ。

と大絶賛!続けて

アデル:みんなが常に最高の気分でいて、彼が背中を押してくれるから、一人一人がリスクを取れると思っている。その上、常に愛してくれていて、見守ってもらえてもいる。だから、仕事っていう感覚ですらなくなるのよ。

とまるで仲の良いファミリーのように、ヴィンがアットホームな雰囲気を現場に持ち込んでくれたことを明かしており、それは映像内に収められているチャーミングなオフショットの数々からも確認できます。

映画情報どっとこむ ralph 本編においても、エクストリーム・アクションだけでなく、”チーム・トリプルX”として前作よりも格段にパワーアップしている本作!!世界の危機に立ち向かうアウトロー集団の、エクストリーム過ぎる活躍から目が離せません!!!

トリプルX:再起動

原題:『xXx: Return of Xander Cage』

公式サイト:
xandercage.jp
公式FB:
@XanderCage.jp

***********************************

出演者:ヴィン・ディーゼル、ドニー・イェン、ディーピカ・パーデュコーン、クリス、ルビー・ローズ、トニー・ジャー、ニーナ・ドブレフ、ロリー・マッキャン、マイケル・ビスピン、トニ・コレット、サミュエル・L・ジャクソン、ネイマールJr.
監督:D・J・カルーソー
配給:東和ピクチャーズ 
全米公開:2017年1月20日(金)