「ドキュメンタリー映画」タグアーカイブ

『BOOM BOOM SATELLITES』ラストライブでドキュメンタリー映画制作発表!


映画情報どっとこむ ralph 新木場STUDIO COASTにて、BOOM BOOM SATELLITESのラストライブが行われた。

今回のライブは、昨年逝去したボーカル川島道行不在の中、3月にベストアルバム『19972016』のリリースと共に開催が発表されたもので、ファンと唯一コミュニケーションがとれる“ライブ”でバンド活動を締めくくりたいという2人の想いを形にした13曲のステージとなった。この模様は全国7都市の映画館にてライブ・ビューイングも行われました。

また、ドキュメンタリー映画が制作されることが発表!ファンへの最後のプレゼントに!

「FRONT CHAPTER – THE FINAL SESSION
– LAY YOUR HANDS ON ME SPECIAL LIVE」ライブ

日程:2017年6月18日(日)
会場:新木場STUDIO COAST
時間:OPEN/START 18:00/19:00

<セットリスト>
M1 LAY YOUR HANDS ON ME
M2 NINE 
M3 DRESS LIKE AN ANGEL
M4 BACK ON MY FEET
M5 MORNING AFTER
M6 KICK IT OUT
M7 A HUNDRED SUNS
M8 FOGBOUND
M9 BLIND BIRD
M10 STARS AND CLOUDS
M11 STAY
M12 FLARE
M13 NARCOSIS

映画情報どっとこむ ralph ファンの前で初披露となったラストシングル「LAY YOUR HANDS ON ME」からスタートしたライブは、紗幕が張られたステージからイントロの雑踏音が流れる中、会場が一瞬静まったと同時に川島の大きなブレスが響き渡り、ボーカルと共に動く波紋が映し出された。


続く「NINE」では、川島のシルエットを思わせる映像が投影され、歓声がわき上がると、4曲目「BACK ON MY FEET」で紗幕が開き、メンバー中野雅之、サポートドラム福田洋子、サポートギター山本幹宗のツアーメンバーに加え、ボーカルの立ち位置には川島のマイクスタンドも並び、まるで4人で演奏しているかのような光景が広がった。

その後、ライブでの定番曲「MORNING AFTER」や、代表曲ともいうべき「KICK IT OUT」を披露し、中野が“川島と共に”熱唱した。

そして「BLIND BIRD」が始まると、再び下りた紗幕に歌詞と都会の映像が浮かび上がり、幻想的な世界が映し出された。最後のEPに収録されている「STARS AND CLOUDS」が鳴り響くと、会場は一斉に静まり返り、
川島最愛のバラード「STAY」が演奏され、感動的なクライマックスともとれる演出に拍手が巻き起こった。


川島が最後にレコーディングしたコーラスと共にライブで初披露となった「FLARE」「NARCOSIS」が会場を包むと、彼らのこれまでの軌跡を辿る映像が投影され、涙ぐむ観客の姿も。

「最後に言いたいことがあります。BOOM BOOM SATELLITESでした!ありがとうございました!」と2013年の武道館ライブで川島が放ったMCが流れ、20年の軌跡に幕を閉じた。


映画情報どっとこむ ralph
全てを出し切った中野は、「長いこと支えていただいて言葉がありません。本当にBOOM BOOM SATELLITESのことを大事にしてくれてありがとうございました。あなたたちは僕と川島くんが一番大切にしてきた誇りです。これからも僕たちが作ってきた音楽を大事にしてください。」と涙ながらに語りかけた。

「6月18日、きっと川島くんはステージにいるだろうなという確信がある」という中野の言葉通り、川島と中野2人でつくったライブでバンドの集大成を迎えることができた。

さらにこの日、ブンブンのドキュメンタリー映画が制作されることが発表され、ファンにとっては“最後のプレゼント”ともいえる今作の情報に期待が集まる。


リリース情報
BOOM BOOM SATELLITES べストアルバム「19972016」発売中
・初回盤(CD4枚組60曲+Blu-Rayライブ映像ベスト盤全5枚組豪華パッケージ)
    SRCL9211~9215/¥6,667+tax
・通常盤A(19972007 -Remastered- 2枚組) 
    SRCL9216~9217/¥3,333+tax
・通常盤B(20082016 2枚組)
    SRCL9218~9219/¥3,333+tax

オフィシャルHP
http://www.bbs-net.com/

***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

バックストリート・ボーイズ ドキュメンタリー映画3月28日より公開


『BACKSTREET BOYS:SHOW‘EM WHAT YOU’RE MADE OF』
映画館独占スペシャルパフォーマンス映像全貌解禁!

BackstreetBoysドキュメンタリー映画
スーパーボーイズグループ“バックストリート・ボーイズ”が、結成20周年を記念し製作したドキュメンタリー映画『BACKSTREET BOYS:SHOW ‘EM WHAT YOU’RE MADE OF』を、イギリスで行われる最新ライブパフォーマンス映像付で2015年3月28日(土)より公開となります。

ワールドワイドでの公開に際して行われたこのライブ・パフォーマンスは、ロンドンのイーストエンドのドミニオン・シアターで行われ、ドキュメンタリー映画上映終了後、バックストリート・ボーイズが登壇。

熱狂的なファンが見守る中、アコースティックライブを行いI Want It That Way、As Long As You Love Me、Shape Of My Heart、Show ‘Em (What You’re Made Of)、In A World Like Thisといったこれまでの大ヒット曲から、最新曲まで息の合ったハーモニーを披露。

IMG_7325_(C)_Pulse_Films/More2Screen_2015
この様子はヨーロッパ16ヶ国、480館でライブ・ビューイングされました。

そして、間もなく公開される日本でもこの最新ライブをドキュメンタリー映画と併せて映画館独占で上映します!!

結成20年という歳月を経たからこそ公開できるバックストリート・ボーイズの真実が詰まった映画と、映画館でしか体験することが出来ない最新ライブパフォーマンスまで、バックストリート・ボーイズの過去から現在に至る全てを堪能することが出来るスペシャルな1本となることは必至!!

BSB:サブ2※本画像のみコピーライトは以下になります(c)More2Screen_2015 (c)_Francesca_Foley
『BACKSTREET BOYS:SHOW ‘EM WHAT YOU’RE MADE OF』映画館独占スペシャルパフォーマンス映像付

2015年3月28日より全国ロードショー
(c)More2Screen 2015 (c) Francesca Foley
製作会社:Pulse Films/K-Bahn LLC 制作会社:A Missing In Action / Pulse Films production
製作・出演:Nick Carter、Howie Dorough、Brian Littrell、AJ Mclean、Kevin Richardson
監督:Stephen Kijak    プロデューサー:Mia Bays
2015年/イギリス/HD/5.1ch/カラー/デジタル/129分予定(本編104分+スペシャルパフォーマンス映像25分予定)
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン

公式サイト:http://liveviewing.jp/contents/backstreetboys/

是非映画館へ!

公開劇場(2015年3月6日現在)は以下の通り。

北海道
札幌市札幌シネマフロンティア

宮城県
宮城郡MOVIX利府

東京都
中央区TOHOシネマズ 日本橋
港区品川プリンスシネマ
港区TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
新宿区新宿ピカデリー
豊島区シネマサンシャイン池袋

神奈川県
横浜市横浜ブルク13
川崎市TOHOシネマズ 川崎

千葉県
千葉市シネプレックス幕張

埼玉県
さいたま市ユナイテッド・シネマ 浦和
鶴ヶ島市シネプレックスわかば

茨城県
水戸市シネプレックス水戸

新潟県
新潟市ユナイテッド・シネマ新潟

静岡県
浜松市TOHOシネマズ サンストリート浜北

愛知県
名古屋市TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ
名古屋市イオンシネマ ワンダー

大阪府
大阪市大阪ステーションシティシネマ
大阪市TOHOシネマズ なんば

京都府
京都市T・ジョイ京都

兵庫県
神戸市109シネマズHAT神戸

広島県
広島市109シネマズ広島

愛媛県
東温市シネマサンシャイン重信

福岡県
福岡市T・ジョイ博多

沖縄県
島尻郡サザンプレックス

********************************************************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

池上彰氏推薦コメント3Dドキュメンタリー「大津波3.11未来への記憶」


映画「大津波3.11未来への記憶」

東日本大震災の発生直後から3年あまりにわたって、東北沿岸の変わりゆく被災地と、そこに暮らす人々を3Dカメラで記録したドキュメンタリー映画。(3D上映|本編82分)
http://www.ootsunami.jp

NHK&ソニーさんによる3D表現での未来へのわすれないはいかがでしょう。
※本作品の収益の一部は、被災地復興支援に役立てられます。

大津波
作品に対する推薦コメントが到着しています。

忘れたい。でも、忘れない。忘れてはいけない。
そんな被災者の思いを3Dで映像化。3Dという新たな技術によって表現できた世界がある。
大自然に痛めつけられながらも、自然と共に生きる人々。ここに、人間と自然との新たな営みがある。

—–池上 彰(ジャーナリスト)


あの日、劇場が大きく揺れ、楽屋のテレビに大津波が映っていました。
改めてこの映画を拝見し、そこから立ち直ろうとする東北の方々のご苦労を察し、涙いたしました。
日本に生きる以上、他人事ではなく、伝えていかなければ、との思いを新たにいたしました。

—–七世 中村芝雀(歌舞伎役者)


津波で身近な人を亡くされた方の気持ちが、ひしひしと伝わってくる。
大災害に遭遇したとき命を守り生き抜くことの大切さや、生き残った者として災害を後世に伝えることの意義を改めて教えてくれる貴重な映画だ

—–河田惠昭(阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター長/関西大学社会安全研究センター長・教授)

大津波ポスター◆公開予定劇場

3月14日~27日
 仙台|チネ・ラヴィータ
3月14日~20日
 神戸|OSシネマズ神戸ハーバーランド
3月21日~
 東京|ヒューマントラストシネマ渋谷
3月21日~4/3
 山形|MOVIE ON(ムービーオン)やまがた
3月28日~4/10
 長野県|アイシティシネマ

ほか、全国順次上映

◆イベント上映(映画館以外での特別上映会)

3月10日(火)仙台|東北大学川内萩ホール
国連防災世界会議プレイベント「東日本大震災メモリアル」

3月11日(水)神戸|人と防災未来センター
「阪神・淡路大震災20年語り部のつどい」
大津波6-f
********************************************************************

製作著作:NHKメディアテクノロジー
協賛:NHKエンタープライズ、NHKエデュケーショナル、NHKグローバルメディアサービス、NHKプロモーション、NHKアート、NHK出版、NHKビジネスクリエイト、NHKアイテック

配給:ソニー”Livespire”

(c) 2015 NHKメディアテクノロジー




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

原発って?「無知の知」第20回平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞を受賞


11月1日よりポレポレ東中野にて公開中のドキュメンタリー映画

無知の知

が、第20回平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞を受賞しました。
無知の知ポスタs
本作は、震災後原発に疑問を持った監督・石田朝也が、福島の人々に話を聞くうち、

原発ってなんだろう?

という率直な疑問を、

事故当時の菅直人内閣の関係者、歴代総理大臣原子力工学の第一人者、新しいエネルギーの開発者たちに突撃インタビューしていくドキュメンタリー。

市民団体平和・協同ジャーナリスト基金は、歴史家・色川大吉氏、慶応義塾大学名誉教授・白井厚氏が代表委員をつとめ、反核・平和、協同・連帯、人権擁護等を推進するための報道に寄与されたジャーナリストを顕彰する活動を続けています。

今回は候補作品106点(活字部門43点、映像部門63点)の中から大賞2点、奨励賞5点、荒井なみ子賞1点が選ばれました。映画としての受賞は本作のみです。授賞式は13日。
福島原発
無知の知_管直人 そして!

これを受けてポレポレ東中野では12月5日(金)までの上映でしたが、

<石田監督最後のお願い 『無知の知』ラスト9days 特別上映>が決定しました。
連日18:30からの上映で、ゲストトークも開催していく予定だそうです。

石田監督最後のお願い 『無知の知』ラスト9days 特別上映
12月20日(土)~12月28日(日) 連日18:30より
場所:ポレポレ東中野
〒164-0003 東京都中野区東中野4-4-1 ポレポレ坐ビル1Fにて受付、劇場は同ビル地下

12月20日よりポレポレ東中野にて“再突撃”ロードショー!

無知の知

公式ホームページ muchinochi.jp

********************************************************************

【出演】
枝野幸男 内閣官房長官(震災当時) 福山哲郎 内閣官房副長官(震災当時) 菅直人 内閣総理大臣(震災当時) 下村健一 内閣広報審議官(震災当時) 班目春樹 内閣府原子力安全委員会元委員長(震災当時) 金子熊夫 外務省原子力課初代課長 澤田哲生 東京工業大学助教 工学博士 渡部恒三 元国会議員(福島県選出) 与謝野馨 元国会議員(日本原子力発電出身) 村山富市 第81代内閣総理大臣 鳩山由紀夫 第93代内閣総理大臣 細川護煕 第79代内閣総理大臣 藤家洋一 前原子力委員会委員長
藤島昌治 星野良美 広畑裕子 大関弘一 大内節子 黒坂榮 冨沢真理 冨沢守 森園かずえ 箱崎亮三 高橋荘平 奥村健朗 加藤直 加藤幹子 飯高まなみ

【スタッフ】監督・編集:石田朝也
ゼネラル プロデューサー:大塚馨 エグゼクティブ プロデューサー:北島成治・松本典丈・櫻井隆 アソシエイト プロデューサー:植田真仁 撮影:松崎高久 録音:小松一之 ラインプロデューサー:米倉宏一 音響設計:芹川賢 協力:株式会社ケイ・アイ・エス・株式会社PINE10・ 株式会社バルーン・アンド・カンパニー 特別協賛:パルシステム生活協同組合連合会 協賛:生活クラブ事業連合生活協同組合連合会・生活クラブ生活協同組合・静岡・株式会社大地を守る会・グリーンコープ・東都生活協同組合
デジタル/カラー/モノラル/107分 企画・制作:株式会社大風 配給:アルゴピクチャーズ
製作:「無知の知」製作委員会 
©「無知の知」製作委員会2014
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

AKB48 3都市同時舞台あいさつ決定!


AKB48の2012年を追ったドキュメンタリー映画

『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN少女たちは涙の後に何を見る?』

が2月1日に公開しましたが、本作の好調なスタートを記念して、2月7日(木)に「大ヒットスタート御礼!3都市同時舞台あいさつ」を行う運びとなりました。

パチパチパチ

イベント詳細ですが、
タイトル:
『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN
 少女たちは涙の後に何を見る?』
 大ヒットスタート御礼!3都市同時舞台あいさつ

日程:2月7日(木)
1)名古屋:TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ(スクリーン3・241席) 17:40上映前
登壇者:AKB48 市川美織、竹内美宥、SKE48 木崎ゆりあ、木本花音、古畑奈和、松井玲奈

2)大阪:TOHOシネマズ なんば(スクリーン7・272席) 18:45上映前
登壇者:AKB48 加藤玲奈、藤江れいな、NMB48 小笠原茉由、小谷里歩、上西恵、吉田朱里

3)福岡:TOHOシネマズ 天神・ソラリア館(スクリーン7・261席) 18:00上映前
登壇者:AKB48 大家志津香、梅田彩佳、HKT48 多田愛佳、兒玉遥、松岡菜摘、本村碧唯

皆さん行ってみてね!

********************************************************************


たかみなの涙の向こうにあるものは
©2013「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会

【作品概要】
2005年12月8日、AKB48誕生から7年・・・。
念願の東京ドーム公演、そして前田敦子卒業によって、新たなる新時代の幕が明ける。
2012年のAKB48新時代へ歩み出した第1歩に完全密着したドキュメンタリー。

夢の東京ドーム公演、選抜総選挙、じゃんけん大会などの舞台裏はもちろん、握手会の舞台裏への潜入や「次世代」と呼ばれるメンバーの新たな“センター”を巡る想いなど、2012年のAKB48に完全密着し、悩みながらも成長し続ける少女たちの未来を予想する。

AKB48史上最も大きな出来事となった“絶対エース”前田敦子の卒業発表の時、他のメンバーたちはどんな心境だったのか・・・。また一方で、様々な理由でグループ活動を辞退していった元メンバーへもカメラを向け、それぞれの想いが語られる。

そして、AKB48メンバー誰もが夢みる“立ち位置0”の責任と重圧。「そこに立つものにしか解らない」という“AKB48のセンターとは何か”が、いま明かされる。監督を務めるのは、高橋栄樹。アイドル・ドキュメンタリー作品の金字塔と高い評価を受けた前作に続き独自の視点で少女たちの素顔を浮き彫りにしていく・・・。
また、劇中のインタビューにおいてAKB48・1期生の板野友美が卒業を発表したことでも注目を集めている。

2012年のAKB48は、ドラマティックな一年だった。
しかし、その裏側は、もっと、ドラマティックでセンセーショナルなものである。秋元 康

《作品情報》 
『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN
少女たちは涙の後に何を見る?』
公開表記:TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国公開中
配給:東宝映像事業部
企画:秋元 康/監督:高橋栄樹/出演:AKB48/上映時間:127分
主題歌:「After rain」(発売未定)
作詞:秋元 康/作曲:Sungho/編曲:野中“まさ”雄一
歌唱メンバー:板野友美、大島優子、柏木由紀、北原里英、小嶋陽菜、篠田麻里子、島崎遥香、高橋みなみ、峯岸みなみ、横山由依、渡辺麻友、石田安奈、松井珠理奈、小谷里歩、渡辺美優紀、多田愛佳、指原莉乃、高城亜樹、仲川遥香、鈴木まりや、宮澤佐江(以上21名 表記はグループ別50音順)
©2013「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会
公式HP:www.2012-akb48.jp




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ