「トラヴィス・ナイト」タグアーカイブ

バンブルビー役を木村良平が演じることが発表!3月22日公開映画『バンブルビー』


映画情報どっとこむ ralph 過去5作品の全世界での累計興行収入が43億7700万ドル(約5000億円)突破の世界的大ヒットシリーズ『トランスフォーマー』。

そのシリーズ最新作『バンブルビー』が、3月22日(金)に日本公開!

この度、本作の吹替え版キャストとして、バンブルビー役を木村良平さんが演じることが決定しました!
シリーズを代表する大人気キャラクターであるバンブルビーが主人公、そしてバンブルビーが声を失った秘密がついに描かれることが明かされている本作において、大いに注目が集まること必至であるその”声”。オリジナルの英語版では『メイズ・ランナー』シリーズ主演のディラン・オブライエンが演じていたことが発表され年末の話題となりました。

日本語吹替版については、昨年12月に開催された東京コミコン2018のステージ上で、レジェンド声優・玄田哲章さんがオプティマス・プライム役への続投を発表してから「バンブルビーの声は!?」と熱狂的ファンの間でバンブルビー声優の予想合戦が加熱。そして、この度、2015年から「トランスフォーマーアドベンチャー」「キュートランスフォーマー 帰ってきたコンボイの謎」シリーズなどで同役を務め、新世代のトランスフォーマーファンに絶大な人気を誇る木村良平さんが演じることが決定しました!!木村さんは、7月に解禁されたティザー予告の際にナレーターを務めており、その時からファンの間では待望論が沸き起こっていました。この度実現した玄田オプティマスとの、世代を超えたトランスフォーマー声優同士の夢の共演に期待が高まります。

映画情報どっとこむ ralph ハリウッドが手掛ける映画『トランスフォーマー』でバンブルビーの声を聞くことを心待ちにしていた多くのファンにとってこれ以上ない待望のキャスティングであることはもちろん、木村さん自身にとっても念願のハリウッド版への参戦!

木村さん:これまで数年に渡ってバンブルビーを演じる機会がありましたが、キャラクターと一つの作品を越えて縁ができると、役という以上に、不思議な親近感を感じてくるものですね。彼の新たな作品に参加できてとても嬉しかったです。

と意気込みを語ってくれました。


映画情報どっとこむ ralph また、この度木村良平さんの声優決定を記念し、ムビチケオンラインでは、先日発表された玄田哲章さんのオプティマスボイスメッセージに続き、木村バンブルビーの、チャーリーを守ってあげたい気持ちが愛おしくなる、眼福ならぬ、耳福必至のオリジナルボイスメッセ-ジ特典の追加が決定!渾身の演技で吹き込まれたバンブルビーの”イケボ”がスクリーンに響き渡り日本中を魅了すること間違いありません!

木村良平さん ボイスメッセージ特典付き 
ムビチケオンライン券の詳細はこちら

映画情報どっとこむ ralph 『バンブルビー』
原題:Bumblebee

公式サイト:
bumblebeemovie.jp/

公式twitter:
@Bumblebee_JP

待望のシリーズ最新作は、シリーズきっての人気キャラクターのバンブルビーが主人公。作品の舞台は、シリーズ一作目となる『トランスフォーマー』(‘07)でバンブルビーがサムと出会う以前の1980年代にさかのぼり、これまで語られることの無かったエピソードが初めて明かされます。
チャーリーを演じるのは、近年では『スウィート17モンスター』(‘16)など、等身大のティーンを演じ、同世代の圧倒的な支持を集めるアカデミー賞(R)ノミネート女優ヘイリー・スタインフェルド。そして、『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(‘16)のトラヴィス・ナイトが実写映画監督デビューを果たした。
先頃解禁された予告編では、”ドジだけど優しい”可愛さ全開のバンブルビーの魅力に注目が集まり、バンブルビーとチャーリーとの間に芽生える友情と、これまでのシリーズとは異なった新しい展開に、米・映画批評サイトRotten Tomatoesの93%フレッシュ(1/8時点)というハイスコアをはじめ”シリーズ最高傑作”の呼び声も高いほど世界中から絶賛の声が殺到、また2019年初の世界興収No.1を見事獲得しており、(1/5-6週末世界興行収入 Variety調べ)日本での公開が待ち望まれています。
***********************************

監督:トラヴィス・ナイト 『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』
原案:クリスティーナ・ホドソン
脚本:クリスティーナ・ホドソン、ケリー・フレモン・クレイグ
製作:ドン・マーフィ、トム・デサント、ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、マイケル・ベイ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、ブライアン・ゴールドナー、マーク・ヴァーラディアン、クリス・プリガム
キャスト:ヘイリー・スタインフェルド(『トゥルー・グリット』、『スウィート17モンスター』)、ジョン・シナ、ジョージ・レンデボーグJr.、ジョン・オーティス、
ジェイソン・ドラッカー、パメラ・アドロン、ステファン・シュナイダー
全米公開:2018年12月21日
配給:東和ピクチャーズ
(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.


ヘイリー・スタインフェルドが『バンブルビー』のために書き下ろしたエンディングテーマ到着!


映画情報どっとこむ ralph 過去5作の全世界での累計興行収入が43億7700万ドル(約5000億円)を突破し、昨夏には日本でも『トランスフォーマー/最後の騎士王』が公開され大ヒットしたことが記憶に新しい、世界的大ヒットシリーズ『トランスフォーマー』。そのシリーズの”はじまり”を描く最新作『バンブルビー』が、2019年3月22日(金)に日本公開いたします!
待望のシリーズ最新作は、シリーズきっての人気キャラクターのバンブルビーが主人公。

作品の舞台は、シリーズ一作目となる『トランスフォーマー』(‘07)でバンブルビーがサムと出会う以前の1980年代にさかのぼり、これまで語られることの無かったエピソードが初めて明かされます。チャーリーを演じるのは、映画デビュー作『トゥルー・グリット』(‘11)で第83回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、近年では『スウィート17モンスター』(‘16)など、等身大のティーンを演じ、同世代の圧倒的な支持を集めるヘイリー・スタインフェルド。

監督は、第89回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされた『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(‘16)で知られるトラヴィス・ナイトが実写映画監督デビューを果たした。

先頃解禁された予告編では、”ドジだけど優しい”可愛さ全開のバンブルビーの魅力に注目が集まり、バンブルビーとチャーリーとの間に芽生える友情に、これまでのシリーズとは異なった新しい展開に、本作への期待が高まっています。

映画情報どっとこむ ralph この度、自身が主演を務める『バンブルビー』のエンディングテーマとして使用される、ヘイリー書き下ろしの新曲「バック・トゥ・ライフ/Back To Life」の配信が開始されました!

ヘイリーにとって自身が出演する映画の楽曲を担当するのは今回が初めての快挙。
トラヴィス・ナイト監督は「音楽は我々の人生の中でも、特に青春時代は大きな部分を占めていて、ヘイリーは、今作の製作過程でインスパイアされたことをテーマにして、楽曲「Back To Life」を描き下ろし!
「Back To Life」は素晴らしい楽曲で、今作の魂を捉えたものだ。ヘイリーが今作で体験したことを通して、楽曲を書いてくれたこと自体が素晴らしい話だし、僕自身もそんな彼女を誇りに思っているよ」と、思春期の少女チャーリーを演じきったヘイリーが本作の為に創り上げた楽曲に太鼓判!
「私があなたを取り戻すから、私があなたをよみがえらせるから」という、劇中でのバンブルビーとチャーリーとの心の繋がりを思わせる歌詞が、映画のクライマックスで響き渡ります!


★日本の為だけの、ヘイリー・スタインフェルド特別コメント映像



自分の居場所を見つけられない思春期の少女チャーリーは、海沿いの小さな廃品置き場で、ボロボロの黄色い車を見つける。「バンブルビー」と名付け、修理したこの車が、やがて普通の車ではないと気づくのに、時間はかからなかったー。1987年、まだ地球は平和な生活を送っていた。その時までは。

公式サイト:
http://bumblebeemovie.jp/
公式Twitter:
@Bumblebee_JP
***********************************

監督:トラヴィス・ナイト 『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』
原案:クリスティーナ・ホドソン
脚本:クリスティーナ・ホドソン、ケリー・フレモン・クレイグ
製作:ドン・マーフィ、トム・デサント、ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、マイケル・ベイ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、ブライアン・ゴールドナー、マーク・ヴァーラディアン、クリス・プリガム
キャスト:ヘイリー・スタインフェルド 『トゥルー・グリット』、『スウィート17モンスター』、ジョン・シナ、
ジョージ・レンデボーグJr.、ジョン・オーティス、ジェイソン・ドラッカー、パメラ・アドロン、ステファン・シュナイダー
全米公開:2018年12月21日
原題:Bumblebee
配給:東和ピクチャーズ
(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS,
and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.


はじめての相棒は、少女だった。『バンブルビー』 日本版特報&ティザービジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 過去5作の全世界での累計興行収入が43億7700万ドル(約5000億円)を突破し、昨夏には日本でも最新作『トランスフォーマー/最後の騎士王』が公開され大ヒットしたことが記憶に新しい、世界的大ヒットシリーズ『トランスフォーマー』。そのシリーズ最新作である、『バンブルビー』が、2019年春、日本公開となります。

シリーズきっての人気キャラクターのバンブルビーが主人公となる本作の舞台は、シリーズ一作目となる『トランスフォーマー』(‘07)でバンブルビーがサムと出会う以前の1980年代にさかのぼり、これまで語られることの無かったエピソードが初めて明かされます。傷ついたバンブルビーと、自分の居場所を見つけられない思春期の少女チャーリーとの運命的な出会いを描いた本作で、チャーリーを演じるのは、映画デビュー作『トゥルー・グリット』(‘11)でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、最近では『スウィート17モンスター』(‘16)など、等身大のティーンを演じ、同世代の観客の熱烈な支持を集めるヘイリー・スタインフェルド。監督は、昨年の第89回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされた『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(‘16)で知られるトラヴィス・ナイトが初の実写映画監督デビューを果たすなど、これまでのシリーズとは異なった、新しいイメージの作品になることが間違いありません。

映画情報どっとこむ ralph この度、本作の日本版特報映像&ティザービジュアルを解禁させていただきます!

孤独な18歳の少女チャーリーが出会ったのは、廃車寸前の黄色い車。

それが、全てのはじまりだったー。
アニメ版「トランスフォーマー」シリーズでバンブルビーの声を長年担当する木村良平さんのナレーションから始まる本映像。映像内では、チャーリーから向けられた手のひらに頬を寄せる愛らしい様子やトランスフォームをしてみせるものの目の前のチャーリーに盛大に砂をかけてしまうドジな姿、また、これまでのシリーズでは見られなかった変形をみせるバンブルビーの姿が確認できます。

果たして、バンブルビーは、何のために地球に来たのか?


映画情報どっとこむ ralph 併せて解禁された、ティザービジュアルでは、夕日に向かって佇むチャーリーとバンブルビーの姿がノスタルジックな雰囲気。
どのような二人の心の交流が描かれるのか

バンブルビー

2019 春 「はじまり」が幕を開ける。

公式サイト:Bumblebee.jp

自分の居場所を見つけられない思春期の少女チャーリーは、海沿いの小さな廃品置き場で、ボロボロの黄色い車を見つける。「バンブルビー」と名付け、修理したこの車が、やがて普通の車ではないと気づくのに、時間はかからなかったー。1987年、まだ地球は平和な生活を送っていた。その時までは。

***********************************

監督:トラヴィス・ナイト 『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』
原案:クリスティーナ・ホドソン
脚本:クリスティーナ・ホドソン、ケリー・フレモン・クレイグ
製作:ドン・マーフィ、トム・デサント、ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、マイケル・ベイ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、ブライアン・ゴールドナー、マーク・ヴァーラディアン、クリス・プリガム

キャスト:ヘイリー・スタインフェルド 『トゥルー・グリット』、『スウィート17モンスター』、ジョン・シナ、ジョージ・レンデボーグJr.、ジョン・オーティス、ジェイソン・ドラッカー、パメラ・アドロン、ステファン・シュナイダー
全米公開:2018年12月21日 [予定]
原題:Bumblebee 
配給:東和ピクチャーズ

(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.


トランスフォーマー初スピンオフ『バンブルビー』公開決定!1980年代にさかのぼります。


映画情報どっとこむ ralph 『トランスフォーマー』シリーズ初のスピンオフ作品として、2018年12月に全米公開を予定している『バンブルビー』の日本公開が、2019年春、に決定しました!!!

記念すべきシリーズ初のスピンオフ作品は、シリーズきっての人気キャラクターのバンブルビーが主人公。

作品の舞台は、シリーズ一作目となる『トランスフォーマー』(‘07)でバンブルビーがサムと出会う以前の1980年代にさかのぼり、これまで語られることの無かったエピソードが初めて明かされます。バンブルビーって黄色が好きなのね。VWビートルになってます!

映画情報どっとこむ ralph 傷ついたバンブルビーと、自分の居場所を見つけられない少女チャーリーとの、二人の心の交流を描くと噂されている本作で、チャーリーを演じるのは、映画デビュー作『トゥルー・グリット』(‘11)でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、最近では『ピッチ・パーフェクト2』(‘15)や、『スウィート17モンスター』(‘16)など、等身大のティーンを演じ、同世代の観客の熱烈な支持を集めるヘイリー・スタインフェルド。

監督は、昨年の第89回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされた『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(‘16)で知られるトラヴィス・ナイトが初の実写映画監督デビューを果たすことでも話題を集めています。

映画情報どっとこむ ralph 今作では初めて、過去5作全ての監督を務めたハリウッドの大ヒットフィルムメイカー マイケル・ベイ以外の監督がメガホンを取ることも注目を集めていて、これまでのシリーズとは異なった、新しいイメージの作品になることが間違いありません。

トラヴィス監督が、アニメ作品で培った独創的なビジョンがどのように、『トランスフォーマー』シリーズお馴染みのアクションシーンに反映されるのか!!気になります!

そしてこの度、7月21日(土)に、地上波放映される『トランスフォーマー/リベンジ』放映終了後に、本作の特別映像が解禁となります!『トランスフォーマー』シリーズの新たなる幕開けとなるスピンオフ第一弾『バンブルビー』の最新情報を是非お見逃しなく!

***********************************

監督:トラヴィス・ナイト 『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』
製作:スティーヴン・スピルバーグ、マイケル・ベイ
キャスト:ヘイリー・スタインフェルド 『トゥルー・グリット』、『スウィート17モンスター』
全米公開:2018年12月21日
原題:Bumblebee
配給:東和ピクチャーズ
© 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. © 2018 Hasbro. All Rights Reserved.


のん 美少年過ぎ!映画秘宝でなりきりコスプレ『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』


映画情報どっとこむ ralph 日本を舞台としたストップモーションアニメ『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』が11月18日(土)全国ロードショーとなります。

そして!映画雑誌『映画秘宝』(洋泉社発行)にて2017年11月号(9月21日発売)より連載が開始した、女優・創作あーちすととして活躍する“のん”さんによる天下無敵の電撃連載「ヒーローになりたい!」。

本企画は、古今東西、憧れのヒーロー映画を“のん”さんが観まくる!だけでなく、ズバリ! なりたいヒーローに“のん”さんが、実際になってみる! というスペシャルな企画です。

この度、連載第3回目となる2018年1月号(11月21日発売)にて、「ヒロインよりも、ヒーローに憧れます!」と語る“のん”さんが、“ワンダーのん”こと『ワンダーウーマン』の次に変身に挑んだのが・・・・

本作の少年主人公クボ。
今回“のん”さんが、きゃりーぱみゅぱみゅなどのスタイリング・衣装デザインを手がける飯嶋久美子さんと、レッド・ツェッペリン、ディープパーブルからユーミン、YMO、福山雅治など数々の著名ミュージシャンを撮影してきた写真家・三浦憲治さんとタッグを組み挑戦したクボは、中世の日本を舞台に大活躍するまだ少年のヒーロー。なんと体長わずか23cm程度の人形ながら、4800万以上のパターンを表現可能な顔を持ち、三味線を奏でることで不思議な力を持ち、折り紙を自由自在に操るというオリジナルキャラクターです。
映画情報どっとこむ ralph 本作を鑑賞して、

のんさん:『KUBO』めっちゃ面白かったです!主人公が弾く三味線がすごくカッコいい。三味線の音色が物語のなかに自然に溶け込んでいくのが心地よくて楽しかったです。そして“日本のアニメみたい”といわれる理由もよくわかりました。ストーリー展開も、この映画が大事にしている“人の想い出が一番強いんだ”というテーマ性も、日本のアニメと通じる部分が沢山ありました。日本の折り紙や、クワガタ、サルのキャラクターの面白さなど、ジャパニーズかわいいが満載!

と、熱く語っていただいたロングインタビューも掲載!
映画情報どっとこむ ralph 企画概要 映画秘宝“のん”さん連載「ヒーローになりたい!」

■今回の特集内容:11Pの大特集!!
・『KUBO』“のん”さん表紙
・『KUBO』“のん”さん巻頭グラビア&インタビュー
・映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』メイキング&スタッフインタビュー
・“のん”さん新曲「スーパーヒーローになりたい」インタビュー

■月刊雑誌『映画秘宝
ワンテーマのA5判ムックとして現・映画評論家の町山智浩が 95 年に創刊。
99 年に A4判の隔月刊雑誌としてリニューアル。02 年より月刊化。
主にアクション、ホラー、SF映画などのジャンル映画の特集を中心とした誌面作りでコアな映画ファン層から絶大な支持を得る。本誌とは別に「2002年東京
国際ファンタスティック映画祭」より「映画秘宝まつり」を毎年開催。チケットは例年完売で、1,000 人を超える来場者数を集めている。@eigahiho

■のん
93年兵庫県生。趣味・特技:ギター、絵を描くこと、洋服作り。著書に『創作あーちすと NON』(太田出版)。新レーベル「KAIWA(RE)CORD」発足記念『オヒロメ・パック』のアナログ7インチEP盤発売中! 映画『この世界の片隅に』blu-ray&DVDはバンダイビジュアルより絶賛発売中! 最新情報はのん公式サイトへ!

映画情報どっとこむ ralph ★本格デビュー第1弾シングル「スーパーヒーローになりたい」
11月22日(水)「KAIWA(RE)CORD」より発売★


[CD]1,200円+TAX
    収録楽曲:
①スーパーヒーローになりたい
②へーんなのっ
③I LIKE YOU
④タイムマシンにおねがい(WORLD HAPPINESS 2017 MIX)

[CD+DVD]2,000円+TAX
DVD収録映像:「のん、ride 音 music」
※WOWOWチームが追っかけた映像を編集したレコーディング風景、リハ風景などに密着したドキュメント。

さらに!11月22日(水)発売“のん”さんの本格デビュー第1弾シングルCD『スーパーヒーローになりたい』のメイキングインタビューも掲載!作詞・作曲を高野寛さんが担当、映画秘宝連載企画と楽曲名が酷似している理由なども語っていただいています!

映画情報どっとこむ ralph KUBO/クボ 二本の弦の秘密

11/18(土)より新宿バルト9ほか全国公開 配給:ギャガ

三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボ。幼い頃、闇の魔力を持つ祖父に狙われ、助けようとした父親は命を落とした。その時片目を奪われたクボは、最果ての地まで逃れ母と暮らしていたが、更なる闇の刺客によって母さえも失くしてしまう。
追手である闇の魔力から逃れながら、父母の仇を討つ準備を進めるクボは、道中出会った面倒見の良いサルと、ノリは軽いが弓の名手のクワガタという仲間を得る。やがて、自身が執拗に狙われる理由が、最愛の母がかつて犯した悲しい罪にあることを知る―。

公式HP:
http://gaga.ne.jp/kubo

***********************************

監督:トラヴィス・ナイト
声の出演:アート・パーキンソン(クボ)、シャーリーズ・セロン(サル)、マシュー・マコノヒー(クワガタ)、ルーニー・マーラ(闇の姉妹)、レイフ・ファインズ(月の帝)

原題:Kubo and the two strings/2016/アメリカ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/字幕翻訳:石田泰子
©2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved.