「トム・ハーディ」タグアーカイブ

『ヴェノム』トム・ハーディ、ルーベン・フライシャー監督 《4DX版イチオシ!コメント映像》到着!


映画情報どっとこむ ralph この度、スパ イダーマン最⼤の宿敵であり、マーベル史上最も残虐な《悪》として新たに誕⽣する『ヴェノム』が、11⽉2⽇(⾦)より、全国の4DXシアターにて公開。
『ヴェノム』4DXは、本編開始から最⾼潮に達し、⾵やモーションチェアの振動により、耐えられないほどのスリル感を全⾝で味わえる。超⾼層ビルでのア クションシーンや、サンフランシスコの街をバイクで駆け抜けるチェイスシーン、そして、熱⾵、フラッシュ、⾵の効果の効果が極限に発揮された爆発シーンで は、”破壊的な4DX演出”が披露され、まるで爆発に巻き込まれたかのような感覚に!?とにかく⼿に汗を握る、本格的な4DX演出が駆使され、スリ ル、爽快感も最⾼潮になるはず!



そして、この度、本作の4DX上映を記念し、本作で主演・エディ/ヴェノム役を務めるトム・ハーディとルーベン・フライシャー監督による、《4DX版イチオシ!コメント映像》到着!

トーム・ハーディ:めちゃくちゃ濡れるよ!嵐の中にいるみたいだ。バイクアクションも最⾼だよ!


とスペクタクルな4DX版の⾒どころを語り、

ルーベン・フライシャー監督:とにかくアクション満載で4DXにピッタリな作品」とイチオシのコメントを述べ、バイクの疾⾛シーンの演出やサンフ ランシスコでの疾⾛シーンの⾵の効果に加え、「エディがベイブリッジの下でヴェノムと語り合うシーンでは、⾳や⾵などの効果のおかげで、まるで⾃⾝がその場にいるような通常の映画体験を超えた感覚を味わうことができるんだ。


と語り、アクションシーンだけでい場⾯でも4DX版だからこそ味わえる⾒どころをイ チオシ!特に、4DXで絶対観て欲しいシーンとしては「ライフ財団」から逃げるエディが夜中に森を疾⾛するシーンをあげ、多量のスモークをたいて霧と⾬ の演出を期待してほしいと、この秋、最⼤の注⽬作『ヴェノム』 4DX版のイチオシポイントをコメント。

映画情報どっとこむ ralph なお、4DXは、全世界1位4D映画で2017年全世界2,000万⼈を動員し、爆発的に成⻑している体感型のプレミアムシアター。特にヨーロッパ や北 ⽶20〜30代を中⼼とし、【観る映画の代案】として若い層に⼈気のトレンドになっている。

全世界59カ国、569劇場で運営中、⽇本国内で は55劇 場に導⼊中。(※2018年10⽉現在)

『ヴェノム』
原題:VENOM

11⽉2⽇(⾦)ロードショー

公式ホームページ:
http://www.venom-movie.jp/


物語・・・
未確認⾶⾏物体の墜落現場でシンビオートと呼ばれる地球外⽣命体を発⾒した〈ラ イフ財団〉。ライフ財団が“それ”を⽤いた⼈体実験で死者を出しているという噂をきい たジャーナリストのエディは、その真相を暴くべく取材を進める中でシンビオートに寄⽣さ れてしまう。その⽇から⾃分以外の“何か”の声が聞こえはじめ、⾃分の⾝体がコント ロールできなくなる。次第に増幅していく内なる〈悪意〉。エディとシンビオート、2つの⼈ 格が⼀つになるとき、ヴェノム誕⽣の時がついに訪れる─。

***********************************

監督:ルーベン・フライシャー
出演:トム・ハーディ ミシェル・ウィリアムズ リズ・アーメッド スコット・ヘイズ リード・スコット 他
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
©&™2018 MARVEL. ©2018 CPII. All Rights Reserved.


4DX映画史上、最も破壊力満載!!『ヴェノム』の無人4DX360°VR動画が公開!


映画情報どっとこむ ralph この度、スパイダーマン最大の宿敵であり、マーベル史上最も残虐な《悪》として新たに誕生する『ヴェノム』が、11月2日(金)より、全国の4DXシアターにて公開。
主人公のエディ(トム・ハーディ)が<シンビオート>と呼ばれる地球外生命体に寄生されてしまい、エディの体にとてつもない変化が起こり始める。解き放たれた〈悪〉が、体を蝕み、増殖していくにつれ4DX効果も激化していく!

この演出により、まるで⾃分もエディと同様に、徐々に4DX劇場に浸食されていくような感覚が体験できる!4DX演出は、本編開始から最高潮に達し、風やモーションチェアの振動により、耐えられないほどのスリル感を全身で味わえる。超高層ビルでのアクションシーンや、サンフランシスコの街をバイクで駆け抜けるチェイスシーン、そして、熱風、フラッシュ、風の効果の効果が極限に発揮された爆発シーンでは、”破壊的な4DX演出”が披露され、まるで爆発に巻き込まれたかのような感覚に!?とにかく手に汗を握る、本格的な4DX演出が駆使され、スリル、爽快感も最高潮になるはず!

映画情報どっとこむ ralph そして、この度、本作の4DX上映を記念し、『ヴェノム』の無人4DX360°VR動画が公開!



『ヴェノム』の予告映像に併せて、実際どのような4DX演出が披露されるのかが確認できし、4DXファンにはつい反響が。PC画⾯上では、youtube再生画⾯の左上マウスをドラックするか、映像左上のカーソルで前後左右に視点を動かすことで確認でき、スマートフォンのyoutubeアプリで本映像を観ると、視界の動きに合わせて映像を360度⾒回すことができるVRモードでの鑑賞が可能!

これを観れば絶対『ヴェノム』を4DXシアターで観たくなること間違い無しな、映像となっております!

また、「FEELTHEFIRSTANTI-HEROactionin4DX」というメッセージが刻まれた、4DXオリジナル・イラストも到着!ヴェノムを演じるのは『マッドマックス怒りのデス・ロード』『ダークナイトライジング』、そしてアカデミー賞®助演男優賞にノミネートされた『レヴェナント:蘇えりし者』等の作品で知られ、ダークな一面を持ち合わせながら圧倒的な演技⼒を誇る、トム・ハーディ。


この秋、『ヴェノム』4DX版を、是非!!

映画情報どっとこむ ralph
『ヴェノム』

原題:VENOM
公式ホームページ:
http://www.venom-movie.jp/


物語・・・
未確認飛行物体の墜落現場でシンビオートと呼ばれる地球外生命体を発見した〈ライフ財団〉。ライフ財団が“それ”を用いた人体実験で死者を出しているという噂をきいたジャーナリストのエディは、その真相を暴くべく取材を進める中でシンビオートに寄生されてしまう。その日から自分以外の“何か”の声が聞こえはじめ、自分の身体がコントロールできなくなる。次第に増幅していく内なる〈悪意〉。エディとシンビオート、2つの人格が一つになるとき、ヴェノム誕生の時がついに訪れる─。

***********************************

監督:ルーベン・フライシャー
出演:トム・ハーディ ミシェル・ウィリアムズ リズ・アーメッド スコット・ヘイズ リード・スコット 他
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
©&™2018MARVEL.©2018CPII.AllRightsReserved.


全米&インターナショナルともに絶好調No.1!全世界が「ヴェノム」に病みつき!!!


映画情報どっとこむ ralph 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『ダンケルク』のトム・ハーディがスパイダーマンの強敵を演じることでも話題を集める『ヴェノム』が11月2日(金)に公開致します。

スパイダーマン最大の宿敵であり、マーベル史上最も残虐な悪の存在として新たに誕生する『ヴェノム』(11月2日(金)日本公開)が10月5日(金)に全米4250館で待望の公開を迎え、オープニング・ウィークエンドで国内興行収入8000万ドルを記録し、全米初登場第1位に輝きました。そして2週目となる10月13日の週末も全米で3570万ドルの成績を上げ、2週連続No.1を記録しました!
海外での勢いもまだまだ留まらず、圧倒的な成績で2週連続第1位の王座をキープし、USを含むグローバルの興収は2週目のみで1億ドルを叩き出し、12日間の累計で3億7800万ドルに達しました。今週新たにフランスやベトナムなどで公開され、全54のマーケットで1位を記録。残すは日本と中国での公開となり、更なる「ヴェノム」旋風が巻き起こるに違いありません!

映画情報どっとこむ ralph 映画『ヴェノム』

11月2日(金) 全国ロードショー

公式サイト:
http://www.venom-movie.jp/

公式twitter:
@VenomMovieJP/

公式Facebook:
@VenomMovieJP/

“俺たちは――ヴェノムだ”
《誰もが望む、歴史的偉業》を発見した<ライフ財団>。
それは、世界を変えるはずだった。
正義感溢れるジャーナリスト、エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、そのライフ財団が人体実験で死者を出しているという噂を突き止めるために取材を試みるも、人体実験の被験者との接触により、“シンビオート”(地球外生命体)に寄生されてしまう。
この意思を持った生命体が語りかける声が聞こえ始めたエディの体には、とてつもない変化が起きていた。彼の中で解き放たれた<悪>が、体を蝕み、増殖していく――。
エディと一体となったヴェノムは、「俺たちは――ヴェノム」と名乗りをあげ、ヴェノム誕生の時がついに訪れた!


***********************************


原題:VENOM  全米公開:10月5日
監督:ルーベン・フライシャー (『L.A. ギャング ストーリー』『ゾンビランド』)
脚本:スコット・ローゼンバーグ&ジェフ・ピンクナー(『アメイジング・スパイダーマン2』)、
   ケリー・マーセル(『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』)、
   ウィル・ビール(『L.A. ギャング ストーリー』)

キャスト:トム・ハーディ(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』)、
     ミシェル・ウィリアムズ(『グレイテスト・ショーマン』)、
     リズ・アーメッド(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』)、
     スコット・ヘイズ、リード・スコット

©&TM 2018 MARVEL


『ヴェノム』歴代最高 全米オープニング成績記録樹立!&ポスタービジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph スパイダーマン最大の宿敵であり、マーベル史上最も残虐な悪の存在として新たに誕生する『ヴェノム』が10月5日(金)に全米4250館で待望の公開を迎え、7日(日)までのオープニング・ウィークエンドで国内興行収入8000万ドル(約91億円、1ドル=113.8円換算、10/8現在)を記録し、全米初登場第1位に輝きました!

この成績は2013年公開の『ゼロ・グラビティ』が持つ5578万ドルの10月のウィークエンド記録を大きく上回り、全米興行10月の新記録を樹立!

その勢いはアメリカ国内にとどまらず、すでに公開されたインターナショナルの各国でも驚異的な数字を叩き出しており、全世界興収はすでに2億ドルを突破!57の国と地域で初登場1位を獲得し、グローバルでも10月のオープニング記録更新となりました。ロシア、イギリス、メキシコ、オーストラリア、ドイツ、ブラジルなど、各国でマーベル作品のオープニング記録を次々と塗り替え、マーベル史上“最悪”のキャラクターが、“最高”の成績で全世界を席巻しました! 10月3日に全米よりも先行する形で公開になった韓国では5日間で累計1640万ドルに達し、ソニー作品として過去最高の初日成績を記録。

初日5日間ですでに『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』、『ワンダーウーマン』や『スーサイド・スクワッド』などの最終興収を超える成績となっています。まだまだ記録を“食い尽くす”ヴェノム の勢いに、世界中の熱い視線が注がれます!

そして日本では新ポスターが完成!巨大なヴェノムの前に描かれているのはメイン・キャストとなるエディ・ブロック(トム・ハーディ)、アン・ウェイング(ミシェル・ウィリアムズ)、カールトン・ドレイク(リズ・アーメッド)の3人。

映画情報どっとこむ ralph 主演のトム・ハーディは『ヴェノム』について、

トム・ハーディ:映画を楽しんでくれることを願っているよ。「ヴェノム」は食欲の塊で、人間のルールには一切従わない。何もかも持っていて、実は何も持っていないというミダス王の手のようだ。エディとヴェノムは、お互いに相手が必要なんだ。どちらかが死ぬと、二人とも死んでしまう。「おかしな二人」みたいさ。最高のキャラクターだよ。無慈悲で、基本的にルールは一切ないからね。すごく複雑なキャラクターなんだ。

と公開を待ち望むファンにその魅力についてコメントを寄せています。

映画情報どっとこむ ralph 史上最強のアッカンベー!

最も残虐な悪が誕生する瞬間――エディとヴェノムが“俺たちは、ヴェノムだ”と名乗りを上げる11月2日(金)の日本公開に、どうぞご期待ください!

ヴェノム
原題:VENOM  
11月2日(金) 全国ロードショー
全米公開:10月5日

公式twitter:
https://twitter.com/VenomMovieJP/

公式サイト:
http://www.venom-movie.jp/


物語・・・
《誰もが望む、歴史的偉業》を発見したライフ財団。それは、世界を変えるはずだった――。正義感溢れるジャーナリスト、エディ・ブロックは、そのライフ財団が人体実験で死者を出しているという噂を突き止めるために取材を試みるも、人体実験の被験者との接触により、“シンビオート”(地球外生命体)に寄生されてしまう。この意思を持った生命体が語りかける声が聞こえ始めたエディの体には、とてつもない変化が起きていた。彼の中で解き放たれた<悪>が、体を蝕み、増殖していく――。
エディと一体となったヴェノムは、「俺たちは――ヴェノムだ」と名乗りをあげ、ヴェノム誕生の時がついに訪れた!

***********************************

監督:ルーベン・フライシャー (『L.A. ギャング ストーリー』『ゾンビランド』)
脚本:スコット・ローゼンバーグ&ジェフ・ピンクナー(『アメイジング・スパイダーマン2』)、ケリー・マーセル(『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』)、ウィル・ビール(『L.A. ギャング ストーリー』)

キャスト:トム・ハーディ(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』)、ミシェル・ウィリアムズ(『グレイテスト・ショーマン』)、リズ・アーメッド(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』)、スコット・ヘイズ、リード・スコット
©&TM 2018 MARVEL


UVERworldの「GOOD and EVIL」が『ヴェノム』日本語版吹替版主題歌に!コメントあり


映画情報どっとこむ ralph スパイダーマン最大の宿敵であり、悪の魅力あふれるダークヒーローとして新たに誕生するマーベル最新作『ヴェノム』が11月2日(金)に公開となります。この度、UVERworldの新曲「GOOD and EVIL」(読み:グッドアンドイーヴル)が本作「ヴェノム」の日本語版吹替版主題歌に決定しました!

主人公である正義感溢れる敏腕ジャーナリスト、エディ・ブロック(トム・ハーディ)に<シンビオート>と呼ばれる意思を持った地球外生命体が接触したことで誕生するのが、ヴェノムだ。2つの魂で1つの存在にして、マーベル史上最も残虐な悪であるヴェノムは、スパイダーマン最大の宿敵としても知られる。

そのハードでクールな世界観にぴったりの楽曲を今回書き下ろしたUVERworldのメンバー、TAKUYA∞さんはもともとマーベル作品のファンであると言います。

映画情報どっとこむ ralph その喜びコメントが到着!
UVERworld メンバーコメント
【作詞:TAKUYA∞ 作曲:UVERworld】
スパイダーマンも大好きでマーベル作品をずっと見てきていたので、決まったときはすごく嬉しかったです。
“自分たちらしさ”というものはひとまず置いておいて、世界観にちゃんと寄り添った、このダークな感じ、そして疾走感もあって、最後に向かって上がっていく力強い感じをイメージして、曲を作りました。普段自分たちのコンセプトとは全く違うところでのコンセプトで曲が作れるなと思い、取り組む前から楽しみにしていましたし、作り上げていく中で、いつもと違った表現方法、力強い思いというか、かっこいいサウンドを追いかけていくのが楽しかったです。UVERworldとして一丸となって、映画『ヴェノム』の世界観というのをしっかりと引き立てられるように、普段以上に曲と向き合い、ライブをしながらまた曲と向き合ってという、ツアー中のなかで出来上がった曲なので、本当に生きた音が入っています。映画と楽曲の二つが一つになって、いい相乗効果が生まれると信じています。いい楽曲ができました。すごく素晴らしい映画だと思います。みなさん楽しみにしていてください!

◆シングル情報
2018年11月7日リリース
UVERworld「GOOD and EVIL / EDENへ」

・初回限定盤(CD+DVD)
SRCL-9904~5 ¥1,667(税抜)

・通常盤(CDのみ)
SRCL-9906 ¥1,204(税抜)

<収録曲>
1. GOOD and EVIL 映画『ヴェノム』日本語吹き替え版主題歌
2. EDENへ テレビ東京 ドラマ25 「インベスターZ」オープニングテーマ


<初回限定盤DVD収録内容>
結成18年を迎えた2018年6月6日に熊本B.9 V1で行われたライブから
「ODD FUTURE」「earthy world」を収録!

映画情報どっとこむ ralph 映画のアメリカ公開を目前に控え、全世界的に「ヴェノム」熱が過熱する中、UVERworldの疾走感のあるサウンドがさらにヴェノムの世界観を盛り上げる!

ヴェノム』 
原題:VENOM  

11月2日(金) 全国ロードショー

公式サイト:
http://www.venom-movie.jp/

公式twitter:
https://twitter.com/VenomMovieJP/ 

《誰もが望む、歴史的偉業》を発見した<ライフ財団>。それは、世界を変えるはずだった――。正義感溢れるジャーナリスト、エディ・ブロックは、そのライフ財団が人体実験で死者を出しているという噂を突き止めるために取材を試みるも、人体実験の被験者との接触により、“シンビオート”(地球外生命体)に寄生されてしまう。この意思を持った生命体が語りかける声が聞こえ始めたエディの体には、とてつもない変化が起きていた。彼の中で解き放たれた<悪>が、体を蝕み、増殖していく――。
エディと一体となったヴェノムは、「俺たちは――ヴェノム」と名乗りをあげ、ヴェノム誕生の時がついに訪れた!

***********************************

監督:ルーベン・フライシャー (『L.A. ギャング ストーリー』『ゾンビランド』)
脚本:スコット・ローゼンバーグ&ジェフ・ピンクナー(『アメイジング・スパイダーマン2』)、ケリー・マーセル(『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』)、ウィル・ビール(『L.A. ギャング ストーリー』)

キャスト:トム・ハーディ(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』)、ミシェル・ウィリアムズ(『グレイテスト・ショーマン』)、リズ・アーメッド(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』)、スコット・ヘイズ、リード・スコット

©&TM 2018 MARVEL