「トム・ハーディ」タグアーカイブ

トム・ハーディ主演 マーベル・ダークヒーロー『ヴェノム』公開決定!映像初解禁!


映画情報どっとこむ ralph その一つで

すべてが変わる

得体の知れない何かに・・・


マーベル・コミック史上、最も謎に満ちたダークヒーロー、“ヴェノム”。
スパイダーマンの宿敵として知られ、高い人気を誇るこの凶悪ヴィランを、アカデミー賞®ノミネート俳優であるトム・ハーディが演じる。破壊的な守護者という複雑な特性を持つヴェノムの、新たなるユニバースがついに始動する!

悩み 苦しむ 俺の中の 悪魔が・・・・



映画情報どっとこむ ralph 主演は、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の大ヒットで知られ、また『レヴェナント:蘇えりし者』でアカデミー賞®助演男優賞に初ノミネートされたトム・ハーディ。またヒロイン役として、同じくアカデミー賞®ノミネート俳優のミシェル・ウィリアムスの出演が決定。監督は、長編デビュー作『ゾンビランド』の成功で知られ、『L.A.ギャング・ストーリー』でハードボイルドな世界を描いたルーベン・フライシャー。脚本は『アメイジング・スパイダーマン2』の原案・脚本をつとめたジェフ・ピンクナーをはじめ、現在世界中で大ヒットを巻き起こしている『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』でタッグを組んだスコット・ローゼンバーグらを迎えている。

ヴェノム』 
原題:VENOM  
2018年12月全国ロードショー

公式サイト:
http://www.venom-movie.jp

公式twitter:
@VenomMovieJP/

***********************************

全米公開:10月
監督:ルーベン・フライシャー (『L.A. ギャング ストーリー』『ゾンビランド』)
脚本:スコット・ローゼンバーグ&ジェフ・ピンクナー(『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』)、ケリー・マーセル(『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』)、ウィル・ビール(『L.A. ギャング ストーリー』)
キャスト:トム・ハーディ(『ダンケルク』『マッドマックス 怒りのデス・ロード』)、ミシェル・ウィリアムス(『グレイテスト・ショーマン』)、リズ・アーメッド(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』)、スコット・ヘイズ、リード・スコット
©&TM 2018 MARVEL


4DXで体験せよ!マッドマックス 怒りのデス・ロード<ブラック&クローム>


映画情報どっとこむ TJ 本年度アカデミー賞®にて最多12部門にノミネートし6冠を制した他、国内外で熱狂的なファンを生み出した『マッドマックス 怒り のデス・ロード』のモノクロ版、『マッドマックス 怒りのデス・ロード <ブラック&クローム>エディション』を2017年2月8日に発売。



本エディションは、ジョージ・ミラー監督自らが「ベスト・バージョン」と豪語しており、公開当時からファンの間では話題となっ ていた「幻のバージョン」です。

この度発売に先駆け、2017 年 1 月 14 日より新宿ピカデリー他全国 66 館にて劇場公開が決定、 うち48館は4DX劇場での上映となります
4dx
映画情報どっとこむ TJ 邦題:マッドマックス 怒りのデス・ロード <ブラック&クローム>エディション

%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9-%e6%80%92%e3%82%8a%e3%81%ae%e3%83%87%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc 物語・・・
油も、そして水も尽きかけた世界。主人公は、愛する家族を奪われ、本能だけで生きながらえてい る元・警官マックス(トム・ハーディ)。資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕われたマックスは、反逆を企てるジョーの右腕フュリオサ(シャーリーズ・セロン)、配下の全身 白塗りの男ニュークス(ニコラス・ホルト)と共に、ジョーに捕われた美女たちを引き連れ、自由への 逃走を開始する。凄まじい追跡、炸裂するバトル…。絶体絶命のピンチを迎えた時、彼らの決死 の反撃が始まる!

2017 年 1 月 14 日(土) 公開です!

公式HP:
マッドマックス 怒りのデス・ロード

***********************************

スタッフ

監督/脚本/製作:ジョージ・ミラー(「ベイブ」シリーズ『ハッピーフィート』)
脚本: ブレンダン・マッカーシー、ニコ・ラソウリス

キャスト:マックス:トム・ハーディ、フュリオサ:シャーリーズ・セロン、ニュークス:ニコラス・ホルト、 イモータン・ジョー:ヒュー・キース=バーン

劇場:新宿ピカデリー他全国
配給:ワーナー・ブラザース映画


『レジェンド 狂気の美学』監督、キャストらが語る特別映像解禁


映画情報どっとこむ ralph トム・ハーディが主演を務めた『レジェンド 狂気の美学』が6月18 日よりYEBISU GARDEN CINEMA、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショーとなります。
『レジェンド-狂気の美学』 20 世紀イギリス犯罪史上もっとも有名な犯罪者と言われる双子のクレイ兄弟。
イギリスでは「ギャングといえばクレイ兄弟」と言われるほど誰もが知る二人。モンティ・パイソンがスケッチのネタにし、関連書籍はこれまでに数十冊出版。TV シリーズ「ホワイトチャペル」シーズン2の題材になり、映画やドキュメンタリーなどの映像化も数知れず。

今でも露店やネットショップでは彼らの顔写真をプリントアウトしたT シャツやグッズが売られていて、ロンドンではクレイ兄弟ゆかりの地を巡るツアーも毎週3回実施されている。そしてクレイ兄弟ファンクラブも鋭意活動中。彼らは犯罪者、実在の人物という枠を超え、イギリスではカルチャーアイコンとして定着しているのです。

そんな、60 年代のロンドンで暗躍した彼らの真実の姿をトム・ハーディが一人二役で体現、その演技力は各国で絶賛、大きな話題となりました。この度、ブライアン・ヘルゲランド監督やキャストが、本作の主人公であるクレイ兄弟について語った特別映像を解禁となりました。

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁する映像はクレイ兄弟についての特別映像。


本映像では、クレイ兄弟を一人二役で演じたトム・ハーディの撮影中の様子も垣間見ることができるほか、兄レジナルドの恋人フランシスを演じたエミリー・ブラウニング、二人を追うニッパー・リード刑事を演じたクリストファー・エクルストン、そしてブライアン・ヘルゲランド監督他スタッフらがクレイ兄弟を語っている。兄レジナルドと弟ロナルドのキャラクターの違いや、ギャングスターとして成功した理由と時代背景など“クレイ兄弟入門編”と言えるような話から、本国でもほとんど認知されていないレジナルドの恋人フランシスについてまで、クレイ兄弟を知る知らないに関わらず大変興味深い内容となっている。また、兄弟の関係者らにもインタビューしたという監督と製作スタッフが、イギリス本国でもあまり知られていないフランシスがなぜ本作で語り部の役割も果たしているかについて言及しており、ギャングを題材にした映画では大変珍しい女性の語り部の採用の意図と経緯を知ることができます。

映画情報どっとこむ ralph トム・ハーディ主演『レジェンド狂気の美学』 60 年代ロンドン—華やかな時代のダークサイドを駆け抜けた双子のギャングスター、クレイ兄弟の真実の物語

レジェンド 狂気の美学

原題:Legend

6月18 日よりYEBISU GARDEN CINEMA,新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー。

公式HP:
http://www.legend-movie.net

***********************************

監督・脚本:ブライアン・ヘルゲランド
出演:トム・ハーディ/エミリー・ブラウニング/タロン・エガートン/デヴィット・シューリス/ポール・べタニー/クリストファー・エクルストン

2015 年/イギリス/英語/131 分/5.1ch/シネスコ/
日本語字幕:佐藤栄奈/提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム/R15+
(C) 2015 STUDIOCANAL S.A. ALL RIGHTS RESERVED.
   


トム・ハーディ主演『レジェンド狂気の美学』冒頭映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 60年代ロンドン。
華やかなダークサイドを駆け抜けた双子のギャングスタークレイ兄弟の真実の物語

トム・ハーディ主演『レジェンド狂気の美学

が 6月 18日より YEBISU GARDEN CINEMA、新宿シネマカリテ、 ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショーとなります。

この度、本作の冒頭映像が解禁となりました。
60年代のロンドンで暗躍した彼らの真実の姿をトム・ハーディが一人二役で体現。今回解禁する冒頭映像は、ギャングスターのイメージそのままの二人が高級車の後部座席で煙草の煙を燻らせるシーンから始まります。
レジェンド
映画情報どっとこむ ralph 続くシーンでは兄のレジナルドがロンドン、イースト・エンドの自宅前で自身の張り込みに就いている刑事二人に紅茶を差し入れ、彼らを茶化すようなやり取りをした後、寝坊をしたお抱え運転手を徒歩で迎えにいく。



道すがらすれ違う近所の主婦と気さくに挨拶を交わし、預かっていた忘れ物を手渡すその姿はロンドンの裏社会を手中に収めつつあったギャングらしからぬ描写ですが・・・・

映画情報どっとこむ ralph 本作の撮影にあたり、クレイ兄弟について徹底的にリサーチしたという監督のブライアン・ヘルゲランドは次のように語っています。

監督:クレイ兄弟の人生はこの半世紀近くもの間、伝聞やタブロイド紙の記事の中でまことしやかに語られ続け、その真実がどこにあるのかもはや分からなくなってしまっていた。クレイ兄弟はロンドンという街の一部であり伝説的な存在だ。彼らはギャングにまつわるどこまでも暴力的な逸話の数々の中心にありながらにして、地元のお年寄りのためにドアを紳士的に開けて待っていてくれる現代版ロビン・フッドでもある。しかしその人生について語られるたびに、作り手の意図によって真実が歪曲され作り変えられてしまった。この作品で凶暴という一般的なイメージにとどまらず、この映画全体から今や“伝説”となってしまった彼らも人間だということを観客に感じとってもらいたいんだ。
レジェンド_ポスター この作品を手掛ける中で、“他人の人生についてどれだけの人が真実を知っていると言えるのか?”という疑問に何度もぶつかることになったという制作陣が試行錯誤の末に描いたクレイ兄弟の物語。

約 3分間の冒頭映像に収められたレジナルドの恋人役を務めたエミリー・ブラウニングによる意味深なナレーションや、レジナルドの警察への挑発的な態度とイースト・エンドの人々への砕けた様子の対比は、本作を観る上での大きな手掛かりとなっています。

映画情報どっとこむ ralph 全英 No.1旦ヒット@スウィンギン・ロンドンの裏社早で“伝説”と呼ばれた双子のギャングスター。実話を基に描かれるその栄光と破滅。

トム・ハーディ主演『レジェンド狂気の美学』

原題 :Legend
公式 HP:
http://www.legend-movie.net
#レジェンド狂気の美学

***********************************


監督・脚本:ブライアン・ヘルゲランド

出演:トム・ハーディ(『マッドマックス怒りのデス・ロード』『レヴェナント:蘇りし者』)/エミリー・ブラウニング(『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』)/タロン・エガートン(『キングスマン』)/デヴィット・シューリス(『ハリー・ポッター』シリーズ)/ポール・べタニー(『アベンジャーズ /エイジ・オブ・ウルトロン』)/クリストファー・エクルストン(『マイティ・ソー/ダークワールド』) 2015年/イギリス/英語/ 131分/5.1ch/シネスコ
日本語字幕:佐藤栄奈/
提供:ニューセレクト/
配給:アルバトロス・フィルム/ R15+

(C) 2015 STUDIOCANAL S.A. ALL RIGHTS RESERVED.

クレイ兄弟とは?:レジナルド・クレイ/ロナルド・クレイ

1933年、ロンドン、イースト・エンドのホクストン生まれ。 10代の頃より、暴行、恐喝、強盗といった犯罪を重ねるが、二人からの報復を恐れ警察に通報しようとする者はおらずイースト・エンドで勢力を広げる。 1960年代にはナイトクラブのオーナーとしてロンドンの富裕層地区と言われるウエスト・エンドでも名を知られるようになり、貴族、俳優や歌手などの著名人、政治家などとも親交を持つ。しかし 1969年、殺人罪で逮捕、有罪となった。

1995年ロナルド心筋梗塞で死亡。
2000年レジナルド癌で死亡。
  


『レジェンド狂気の美学』日本版予告編とポスター完成!


60年代ロンドン。
華やかな時代のダークサイドを駆け抜けた双子のギャングスター、クレイ兄弟の真実の物語。

主演:トム・ハーディ(一人二役)×監督:ブライアン・ヘルゲランド


レジェンド狂気の美学

レジェンド_ポスター トム・ハーディが主演を務めた『レジェンド狂気の美学』が 6月18日より YEBISU GARDEN CINEMA、新宿シネマカリテほか全国ロードショーとなります。

そして、その日本版予告編とポスタービジュアルが完成しました。

20世紀イギリス犯罪史上もっとも有名な犯罪者と言われる双子のクレイ兄弟。

その兄弟をトム・ハーディがひとり二役で双子のレジナルドとロナルドを務め、その演技力は各国で絶賛、大きな話題となっています。

気になる予告編ですが・・・


60年代半ば最盛期のクレイ兄弟が高級車でロンドンの街を走る場面から始まる。兄弟の財政顧問であるレズリー・ペイン(デヴィッド・シューリス)の兄弟を盾にした恐喝まがいの交渉、他のギャングと兄弟のパブでの乱闘、兄レジナルドがアメリカン・マフィアから非合法なビジネスの依頼を受けるシーンなど、恐怖と暴力、そしてレジナルドの商才を武器に街を支配したと言われる二人を彷彿とさせるシーンが続きます。

そして中盤にレジナルドの恋人でのちに妻となる、フランシス( E・ブラウニング)が登場。レジナルドが彼女にプロポーズする姿なども盛り込まれており、以降フランシスのために裏社会から足を洗おうとするレジナルドと、そのことを快く思わない弟ロナルドの姿や兄弟の諍いが描かれ、フランシスの存在が本作で大きな役割を果たすことが示唆されている。

イギリスではその犯罪歴のみならず、底辺からトップに上り詰めた生き様そのものが“伝説”と称されるクレイ兄弟だが、本作ではこれまで語られることのなかった彼らの人間らしい苦悩や葛藤が描かれていることを予感させる予告編です。

ブライアン・ヘルゲランド監督が、知られざるギャングスターの真実の物語を鮮やかに描き出した。

レジェンド狂気の美学
原題:Legend

6月18日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMA,新宿シネマカリテ,ヒューマントラストシネマ有舉丁他にて全旨ロードショーです。

公式 HP:
http://www.legend-movie.net

クレイ兄弟とは?:レジナルド・クレイ/ロナルド・クレイ

1933年、ロンドン、イースト・エンドのホクストン生まれ。 10代の頃より、暴行、恐喝、強盗といった犯罪を重ねるが、二人からの報復を恐れ警察に通報しようとする者はおらずイースト・エンドで勢力を広げる。 1960年代にはナイトクラブのオーナーとしてロンドンの富裕層地区と言われるウエスト・エンドでも名を知られるようになり、貴族、俳優や歌手などの著名人、政治家などとも親交を持つ。しかし 1969年、殺人罪で逮捕、有罪となった。 1995年ロナルド心筋梗塞で死亡。 2000年レジナルド癌で死亡。

***********************************

監督・脚本:ブライアン・ヘルゲランド(『 L.A.コンフィデンシャル』『ミスティック・リバー』(脚本) /『42~世界を変えた男~』(監督))

出演:トム・ハーディ(『マッドマックス怒りのデス・ロード』『レヴェナント:蘇りし者』)/エミリー・ブラウニング(『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』)/タロン・エガートン(『キングスマン』)/デヴィット・シューリス(『ハリー・ポッター』シリーズ)/ポール・べタニー(『アベンジャーズ /エイジ・オブ・ウルトロン』)/クリストファー・エクルストン(『マイティ・ソー/ダークワールド』)

2015年/イギリス/英語/ 131分/5.1ch/シネスコ
日本語字幕:佐藤栄奈
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム
R15+
(C) 2015 STUDIOCANAL S.A. ALL RIGHTS RESERVED.#レジェンド狂気の美学