「トム・スターリッジ」タグアーカイブ

エル・ファニング『メアリーの総て』で、3つの初挑戦


映画情報どっとこむ ralph 200年にわたり愛され続けてきたゴシック小説の金字塔「フランケンシュタイン」。

この恐ろしくも哀しい〈怪物〉を生み出したのは、わずか18歳の少女メアリー・シェリーだった―。ティム・バートン、ギレルモ・デル・トロ、デヴィッド・リンチら、今世紀の鬼才たちにも絶大な影響を与え、リドリー・スコット、スティーヴン・スピルバーグ、ジェームズ・キャメロンなどの巨匠たちも深いリスペクトを表明。「高慢と偏見」のジェーン・オースティン、「ジェーン・エア」のシャーロット・ブロンテと並び、イギリス文学史に名を残す女流作家メアリー・シェリーの知られざる人生を初めて映画化した物語『メアリーの総て』が12月15日(土)より全国順次ロードショーとなります。


監督は、『少女は自転車にのって』(12)で第86回アカデミー賞外国語映画賞サウジアラビア代表に選出、各国の批評家から絶賛を浴びたハイファ・アル=マンスール。今最も世界から注目を集める女優エル・ファニングを主演に迎え、哀しくも美しいメアリーの人生を極上の映像美でスクリーンに焼き付けました。19世紀イギリスを舞台に描かれる、華麗な美術と衣装の数々にも目を奪われる、この冬必見の注目作です!

今作では、新たな階段を登ったとも言えるエル・ファングの女優としての成長も要チェック!
劇中で3つの初挑戦に挑んでいます!

それは!

1つは、歴史映画に初めて出演&主演したこと。
2つめは、はじめて母親役を演じたこと。
3つめは、これまで誰も演じてこなかったメアリーの人生を演じたこと

『マレフィセント』(14)のオーロラ姫役で美しく成長した姿で世界を魅了し、その後も『ネオン・デーモン』(16)や『パーティで女の子に話しかけるには』(17)など、個性的な魅力を発揮してきたエル・ファニング。本作では、これまでの映画で誰も演じてこなかった女流作家・メアリー・シェリーの人生を初めて演じ、意外にも、実は本作で歴史映画に初出演!さらに、劇中では初めての母親役を演じている。

ファニングは、自身が初めて演じることになったメアリー・シェリーという女性を「彼女はパワフルで、感受性が豊か。常にアンテナを張り巡らせていて、あらゆることを必死でキャッチしようとする。好奇心旺盛で観察力が鋭い、特別な女の子なの。」と分析。

さらに、初めての歴史映画で主演という役柄を演じたことに対しては「おもしろかったわ! 今までコルセットを付けたり、時代物の衣装を着たことはなかったの。立ち居振る舞いや姿勢はいつもと全然違ってくるわね。例えば、シーンの動きを確認する時は、普段着のスウェットで椅子に座っていたりするけれど、コルセットを付けてセットに戻ってくると、その動きは無理だって気付くの」と撮影当時を振り返っている。

自身初の母親役にも挑戦し、パーシー・シェリー演じるダグラス・ブースと親子3人で子供を抱いて幸せそうに微笑む姿や、一人子供を見つめるシーン写真が解禁された。

初めての歴史映画で初めての母親役に挑み、これまでに誰もその生涯を演じてこなかったメアリー・シェリーを初めて演じたたファニング。奇しくも、当時のメアリーと同年代であるファニングの貴重な瞬間が詰まった本作。ぜひ、スクリーンでご堪能ください!

映画情報どっとこむ ralph で、下北沢B&Bにてトークイベント開催決定!

映画の公開を記念して12月2日(日)にて下北沢B&Bでのトークイベントの開催が決定しました!

NHHの「100分de名著」で『フランケンシュタイン』の回で講師を務めた廣野由美子氏と、ロクサーヌ・ゲイの『バッド・フェミニスト』や、『世界を変えた50人の女性科学者たち』などの翻訳も手がける野中モモさんをお迎えし、メアリーが生きた社会と人生について、現代の我々が生きる社会とも照らし合わせながら読み解きます。

<イベント情報>
日程:2018年12月2日(日)
時間:15:00~17:00(14:30 開場)
場所:下北沢 B&B
出演:廣野由美子(英文学者)× 野中モモ(ライター・翻訳家)
入場料:1,500円 + 1ドリンクオーダー
詳しくはこちら

映画情報どっとこむ ralph メアリーの総て

12月15日(土)より シネスイッチ銀座、シネマカリテほか 全国
gaga.ne.jp/maryshelley 


<STORY>
「不幸」に抱かれ、「死」に口づけられ、世紀の傑作を産んだ。
19世紀イギリス 小説家を夢見るメアリーは“異端の天才”と噂される、妻子ある詩人パーシー・シェリーと出会う。互いの才能に強く惹かれあった二人は、情熱に身を任せ、駆け落ちする。愛と放蕩の日々は束の間、メアリーに襲い掛かる数々の悲劇。失意のメアリーはある日、夫と共に滞在していた、悪名高い詩人・バイロン卿の別荘で「皆で一つずつ怪奇談を書いて披露しよう」と持ちかけられる。深い哀しみと喪失に打ちひしがれる彼女の中で、何かが生まれようとしていた──。

***********************************

監督:ハイファ・アル=マンスール『少女は自転車にのって』
出演:エル・ファニング、ダグラス・ブース『ノア 約束の舟』、ベル・パウリ―『ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出』、トム・スターリッジ『オン・ザ・ロード』
原題:MARY SHELLEY/2017年/イギリス、ルクセンブルク、アメリカ/121分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル
字幕翻訳:牧野琴子
配給:ギャガ 
© Parallel Films (Storm) Limited / Juliette Films SA / Parallel (Storm) Limited / The British Film Institute 2017