「トム・クルーズ」タグアーカイブ

トム・クルーズらMI6チーム来日に1000人のファンがお出迎え!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』


映画情報どっとこむ ralph トム・クルーズが伝説的スパイ:イーサン・ハントを演じる大人気アクション映画『ミッション:インポッシブル』シリーズ。その最新作となる『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』が、8月3日(金)より日本公開となります。

そして!!!!!!!

この度、公開に先駆け、トム・クルーズを筆頭にヘンリー・カヴィル、サイモン・ペッグ、クリストファー・マッカリー監督の4名が7月17日(火)、プロモーションの為に来日しました。
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』トム・クルーズ来日 空港取材概要
日時:7月18日(火)  
場所:羽田空港 国際線到着ロビー

映画情報どっとこむ ralph トム・クルーズが、ヘンリー・カヴィル、サイモン・ペッグ、クリストファー・マッカリー監督らとともに、本作のプロモーションのために来日しました。

トム・クルーズの来日は『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』以来約2年ぶりにして実に通算23回目!

トム演じるイーサンの前に立ちはだかる敏腕CIAエージェントのウォーカーを演じたヘンリー・カヴィルは『マン・オブ・スティール』(13)以来5年ぶり、

前回『スター・トレック BEYOND』(16)の来日時に一際大きな声援を浴び日本での大人気ぶりを示したサイモン・ペッグは約2年ぶり、

そしてトム絶大の信頼のもとシリーズ初の続投監督を務めたクリストファー・マッカリー監督は前作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(15)以来3年ぶりとなります。

羽田空港の到着ロビーでは、多くの報道陣と、子供から大人まで、男性、女性問わず、幅広い層のファン約1000人が、「Welcom to Japan」と書かれたお手製のボードや、お手製のトム写真入りうちわを握りしめ、到着をいまかいまかと待ちわびました。

そしてロビーにトム、ヘンリー、サイモン、クリストファー監督が姿を現した瞬間、悲鳴にも似た大きな歓声があがり、あちこちから「トムー!」「ヘンリー!」「サイモン!」といった声で溢れるなど、ファンは大熱狂!!白熱した雰囲気の中、キャスト、監督それぞれが、一人ひとり丁寧にサインや握手、写真撮影に応じるものの、その中で一番ファンが白熱していたのがトムの神対応のファンサービス!いつまでもおさまらぬ、来日史上最大規模の熱狂ぶりに、トムの不動の人気ぶりを証明しました。
映画情報どっとこむ ralph マスコミの前にも姿を現し

トム:また日本に帰ってこれて本当に嬉しいです。明日のジャパンプレミアで、またファンの皆さんにお会いできることに興奮していますし、とても楽しみにしています。

と笑顔でコメントを寄せました。
4人は揃って登場する7月18日(水)に開催される予定の記者会見とジャパンプレミア レッドカーペット・イベントでは日本のファンに向けて、どんな言葉が繰り出されるのか?

ご期待ください!


ミッション:インポッシブル/フォールアウト』 
原題:MISSION:IMPOSSIBLE -FALLOUT

8.3(金)日本公開 2D/3D/IMAX/4D

公式サイト:
http://missionimpossible.jp/ 

公式Twitter:
https://twitter.com/mimovie_jp 
(#mijp)

***********************************

監督・製作・脚本:クリストファー・マッカリー『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』『アウトロー』
製作:J.J.エイブラムス『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『スター・トレック』シリーズ、トム・クルーズ

出演:トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヴィング・レイムス、レベッカ・ファーガソン、アレック・ボールドウィン、ミシェル・モナハン、
ヘンリー・カヴィル、ヴァネッサ・カービー、ショーン・ハリス、アンジェラ・バセットほか

© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.


トム・クルーズら登場にパリが沸いた!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ワールドプレミア


映画情報どっとこむ ralph この度、全世界の公開に先駆け、現地時間7月13日(金)に『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』のワールドプレミアがフランス・パリのエッフェル塔とセーヌ川を挟んで対峙するシャイヨー宮で開催されました。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ワールドプレミア 実施概要
登壇ゲスト:トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヘンリー・カヴィル、レベッカ・ファーガソン、
アンジェラ・バセット、ヴァネッサ・カービー、ミシェル・モナハン、クリストファー・マッカリー(監督)
日時:7月12日(木)(現地時間)
開催場所:フランス・パリ
会場:シャイヨー宮

映画情報どっとこむ ralph 作品の重要なロケ地でもあるパリの地への豪華キャスト凱旋の日を待ちに待った世界中から選ばれたファン約1000人と共に、世界中から多くのマスコミも取材に駆け付け、変わらない注目度の高さを証明した本作。

ファンが心待ちにする中、長く敷かれたレッドカーペット上に、伝説の敏腕スパイ:イーサン・ハント役のトム・クルーズをはじめ、今作からイーサンのライバルとして登場するCIAの敏腕エージェント、オーガスト・ウォーカー役のヘンリー・カヴィル、『ミッション』シリーズ初となる監督続投を成し遂げたクリストファー・マッカリー監督、シリーズ3作目からイーサンと共にミッションをこなす愛されキャラ、ベンジー役のサイモン・ペッグ、また、本作でシリーズ復帰を果たしたことでも話題のイーサンの妻ジュリア役のミシェル・モナハン、イーサンとチームに近寄る謎の女ホワイト・ウィドウ役のヴァネッサ・カービー、前作のヒロインとして登場し早くもシリーズ屈指の人気を獲得しているイルサ役のレベッカ・ファーガソン、新たなCIA長官エリカ・スローン役のアンジェラ・バセットら、新旧超豪華なキャストが集結!





映画情報どっとこむ ralph 彼らが登場しレッドカーペットが一層華やかに彩られると、会場からは割れんばかりの大きな歓声が沸きあがりました。
トムは約1時間半に渡り、他キャスト陣も心よくファンサービスに応じましたが、カーペット上ですれ違うとお互い冷やかし合ったり、ハグしたりと和気あいあいとした様子も見せ、チームワークの良さを垣間見せました。その後、雄大なエッフェル塔をバックにしたステージにキャストたちが登場すると、ワールドプレミアは熱狂の渦に。

トムとマッカリー監督と言えば、通算7作目となるタッグを組むほどお互い良きパートナーですが、壇上で固く握手を交わすなど、その空気感からは長年にわたる厚い信頼関係が伺え、作品への更なる期待を高まらせました。

なお、日本での来日キャンペーンは7月18日(水)記者会見&プレミアが開催される予定です。

映画情報どっとこむ ralph トム・クルーズ(イーサン・ハント役/プロデューサー)/コメント

―映画の見所と、今のお気持ちを教えてください―

楽しくてアクション満載のエンターテインメント大作だよ。とても嬉しい!日本にも早く行きたいよ!

―日本のファンへ一言お願いします―

皆さんのために作りました。M:Iをお楽しみに!日本で会いましょう!!


◆サイモン・ペッグ(ベンジー・ダン役)/コメント

―トム・クルーズの魅力について―

トムは観客を楽しませたい!その一心だけだと思う。全身全霊でそう思っているのが伝わってくる。
生半可な人間ではないよ。生活面も全て全力投球だ。観客にリアルな体験を届けるために身を粉にして、
作品にそれが詰まっているから、スクリーンで追体験できるよ!


―日本へ行ったらやりたいことは?―

(まず)食べる!! あとはジブリ美術館。宮崎監督の大ファンなんだ。それから東京をぶらぶらしたいな。


―日本のファンへ一言お願いします―

日本の皆さん、こんにちは!レッドカーペットで会いましょう!ものすごく楽しみです!皆で集まりましょう。
部屋番号は着いたら連絡するよ(笑)


◆ヘンリー・カヴィル(オーガスト・ウォーカー役)/コメント

―出演が決まったときはどんな気持ちだった?―

自分がマッカリー監督やトム・クルーズと仕事できるなんて!!それもいっぺんに2人とも映画界の巨人だ。
毎日が映画学校のようだったよ。2人ともすごく丁寧に教えてくれて、素晴らしい機会だったよ。


―トムとの共演はどうだった?―

トムは本当に心が広くて、知識を惜しみなく教えてくれるんだ。
映画作りやスタントについても質問できた。とてもオープンで何時間でも話してくれたよ。本当に優しい人で大好きだ。


◆レベッカ・ファーガソン(イルサ・ファウスト役)/コメント

―再出演が決まったと聞いた際の心境について―
ウソでしょ?信じられない!何が起きてるの?どうすれば?という感じね。ちょっと大げさだけど、そんな風に思ったわ。


―本作でのイルサについて―

演じる身としては、既に確立された人物の弱い部分を見つけ出すこと、感情の部分でつながることで共感できるようになるわ。
この作品にはそういった曖昧で生々しい側面がある。
直球のアクションだけでなく人の闇の部分を描いているの。それが面白かった。


―日本のファンへ一言お願いします―

作品を楽しみにしてくれて嬉しいわ。観に来ない人は探し出してやるわ!言っちゃった(笑)

映画情報どっとこむ ralph ミッション:インポッシブル/フォールアウト
原題:MISSION:IMPOSSIBLE -FALLOUT

公式HP:
http://missionimpossible.jp/

公式Twitter:
https://twitter.com/mimovie_jp
#mijp

物語・・・
盗まれた3つのプルトニウムを奪還するミッションを遂行中の“イーサン・ハント”は回収に成功するが、仲間の救出時に、何者かにプルトニウムを再び奪われてしまう。
イーサンとIMFチームは、世界数カ所での“同時核爆発を未然に防ぐ新たなミッション”を受ける。
だがハントの動きを不服とするCIAは、敏腕エージェントのウォーカーを監視役につけた。
手がかりは正体不明の男の名と、彼が接触する謎めいた女の存在のみ。
成り行きで収監中の敵“ソロモン・レーン”の脱走に手を貸すハントは、その影響で味方の女スパイ“イルサ”とも対立してしまう。
一方、同行するウォーカーはイーサンを疑い、やがて二人は対決の時を迎える。
世界に刻一刻と迫る<終末の危機>へのカウントダウンの中で、いくつもの<フォールアウト(余波)>がイーサン・ハントに降りかかるのだった・・・。

日本公開:8月3日(金)
全米公開:7月27日(金)予定

***********************************

監督・製作・脚本:クリストファー・マッカリー『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』『アウトロー』
製作:J.J.エイブラムス『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『スター・トレック』シリーズ、トム・クルーズ
出演:トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヴィング・レイムス、レベッカ・ファーガソン、アレック・ボールドウィン、
ミシェル・モナハン、ヘンリー・カヴィル、ヴァネッサ・カービー、ショーン・ハリス、アンジェラ・バセットほか
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.


トム・クルーズ長年の夢!ヘイロージャンプ『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』メイキング映像到着


映画情報どっとこむ ralph トム・クルーズが伝説的スパイ:イーサン・ハントを演じる大人気アクション映画『ミッション:インポッシブル』シリーズ。その最新作となる『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(原題:MISSION:IMPOSSIBLE -FALLOUT)が、8月3日(金) 日本公開(全米公開7月27日)。
すでに、パリ・凱旋門前を爆走する “バイクアクション”や、撮影中のアクシデントにより骨折を負ったことが大々的に報じられるも、見事な回復力によって驚異的なスピードで撮影を再開し大きな話題をさらった“ビルジャンプ”、2000時間の飛行訓練の末にトム自ら “ヘリコプター”を操縦した“超絶ヘリスタント”など、世界を驚かせ続けるトム・クルーズ自らがノースタントで挑む「全て、本物」のド迫力のアクションは本作でも健在!”フォールアウト=予期せぬ余波”というタイトルと、これまでイーサンが挑んだミッションすべてが本作の物語に繋がるという、さらなるストーリーの拡がりに期待が高まり、さらに先日、トム・クルーズ、ヘンリー・カヴィル、サイモン・ペッグ、クリストファー・マッカリー監督4人の来日が発表され、ますます意気上がり日本中からの熱い注目を一身に浴びている本作!


この度、トム・クルーズが長年の夢だった”ヘイロー(HALO:High Altitude Low Opening)ジャンプ”に挑んだ、上空7620mから時速320キロで落下!! 究極のアクションに迫った特別メイキング映像が到着しました!

映画情報どっとこむ ralph このほど到着したのは、高高度降下低高度開傘(こうこうど こうか ていこうど かいさん)、通称HALO=ヘイロージャンプと呼ばれる、超高速落下スカイダイビングに挑むトムの姿を捉えたメイキング映像。

視認外の上空から敵地に潜入するために編み出された、成層圏ギリギリの高さ7620mから特別な酸素マスクを装着して時速320キロで高速落下、地表寸前でパラシュートを開くという、史上初めて俳優が挑戦した前代未聞の撮影を見事成功させ、映画史に残る不可能を可能にしたアクションの舞台裏が映し出されています。特殊装備無しでは、いかなる人間でも失神してしまう空中降下のエキスパートでしか成し得ない不可能な撮影を実現させるため、特殊な酸素マスクを開発、リハーサルの為に世界最大級のセットに巨大送風機を用意し入念に準備。世界で唯一撮影許可が下りたアラブ首長国連邦(UAE)で、トレーニングやテストを含め実に106回ものヘイロージャンプを行ったトムは

トム:UAEの協力がなければ完遂できなかった。

と国家規模のプロジェクトだったことを激白。



映画情報どっとこむ ralph カメラマンやスタッフと共に宙へ飛び出す瞬間の息詰まる緊張感、空中衝突のリスクと戦いながらの撮影によって長年の夢だったアクションを成し遂げました。

上がってきた映像の出来に非常に満足そうな表情を見せるトムはさらに

トム:危険なスタントがたくさんあるけど、全てリアルに生身で作り上げた、これまでにないシーンになった。危険をくぐり抜けてこうして話せるのが嬉しいよ。

と明かしており、映像表現のめざましい技術進歩によって表現の幅が確実に広がっているアクション映画においても、「すべて、本物」のアクションによる圧倒的な迫力を追求してやまないトム・クルーズの姿勢は変わらず。常にまだ見ぬ新たな超絶アクションで我々を驚かせ続けてくれるトム劇場で!!

映画情報どっとこむ ralph 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』 
原題:MISSION:IMPOSSIBLE -FALLOUT 

8.3(金)日本公開 2D/3D/IMAX/4D


公式サイト:
http://missionimpossible.jp/

公式Twitter:
https://twitter.com/mimovie_jp 
(#mijp)


***********************************

監督・製作・脚本:クリストファー・マッカリー『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』『アウトロー』
製作:J.J.エイブラムス『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『スター・トレック』シリーズ、トム・クルーズ

出演:トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヴィング・レイムス、レベッカ・ファーガソン、アレック・ボールドウィン、ミシェル・モナハン、
ヘンリー・カヴィル、ヴァネッサ・カービー、ショーン・ハリス、アンジェラ・バセットほか

© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.


トム・クルーズ ら来日が決定!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』


映画情報どっとこむ ralph 全世界累計興収3000億円以上(※1ドル=109円換算)、トム・クルーズが伝説的スパイ:イーサン・ハントを演じる大人気アクション映画『ミッション:インポッシブル』シリーズ。その最新作となる『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(原題:MISSION:IMPOSSIBLE -FALLOUT)が、8月3日(金) 日本公開となります。

この度、トム・クルーズ、ヘンリー・カヴィル、サイモン・ペッグ、クリストファー・マッカリー監督の来日が決定しました!

映画界きっての親日家としても有名なトム・クルーズは、『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』以来約2年ぶりにして実に通算23回目の来日!大人気テレビ番組に次々出演したり、一日で大阪・福岡・東京の三大都市を弾丸ツアーで駆け抜けたり、前作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(15)では、歌舞伎町セントラルロードを大々的にプレミア会場とするなど、来日する度に我々を驚かせ、神対応すぎるファンサービスでも日本を沸かせてきたトム。

トム:日本に行くのが待ちきれないよ!いまクリス・マッカリーと映画を仕上げているんだ。7月に皆さんに会えるのを楽しみにしているよ!

とコメント。本シリーズのプロデューサーも務めるトムが”シリーズの集大成”と豪語する最新作を引っ提げ、今度はどんな形で我々を喜ばせてくれるのか期待が高まります!!

映画情報どっとこむ ralph さらにシリーズ初登場のキャラクターとして大きな注目を集めている、トム演じるイーサンの前に立ちはだかる敏腕CIAエージェントのウォーカーを演じたヘンリー・カヴィルは『マン・オブ・スティール』(13)以来5年ぶり、前回『スター・トレック BEYOND』(16)の来日時に一際大きな声援を浴び日本での大人気ぶりを示したサイモン・ペッグは約2年ぶり、そしてトム絶大の信頼のもとシリーズ初の続投監督を務めたクリストファー・マッカリー監督は前作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(15)以来3年ぶりの来日を果たします。

4人は揃って、7月18日(水)に開催される予定の記者会見とジャパンプレミア レッドカーペット・イベントに登場し、その模様は当日Twitterでの生中継も予定!2018年・日本の夏が、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』に熱狂すること間違いありません!


ミッション:インポッシブル/フォールアウト』 

原題:MISSION:IMPOSSIBLE -FALLOUT 
8月3日(金) 日本公開

公式サイト:
http://missionimpossible.jp/ 

公式Twitter:
https://twitter.com/mimovie_jp 
(#mijp)

すでに、【パリ・凱旋門前を爆走するバイクアクション】、
全世界のメディアで大々的に報じられた【トムが骨折したビルジャンプ】、
2000時間の飛行訓練の末にトム自ら “ヘリコプター”を操縦し上空で展開する【超絶ヘリスタント】、
成層圏ギリギリの高度約8,000mから特殊マスクを装着しスカイダイビングし地上寸前でパラシュートを開く【ヘイロージャンプ】など、

トム・クルーズ自らがノースタントで挑む「全て、本物」のド迫力のアクションは本作でもさらにパワーアップ!”フォールアウト=予期せぬ余波”というタイトルと、これまでイーサンが挑んだミッションすべてが本作の物語に繋がるという、さらなるストーリーの拡がりにますます期待が高まります!

***********************************

全米公開:7月27日(金)
監督・製作・脚本:クリストファー・マッカリー『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』『アウトロー』
製作:J.J.エイブラムス『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『スター・トレック』シリーズ、トム・クルーズ
出演:トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヴィング・レイムス、レベッカ・ファーガソン、アレック・ボールドウィン、ミシェル・モナハン、ヘンリー・カヴィル、ヴァネッサ・カービー、ショーン・ハリス、アンジェラ・バセットほか
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
   


耳キーン!!な高低差ジャンプ!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』日本版本予告


映画情報どっとこむ ralph 全世界累計興収3000億円以上(※1ドル=109円換算)、トム・クルーズが伝説的スパイ イーサン・ハントを演じる大人気スパイアクション映画『ミッション:インポッシブル』シリーズ。全世界待望の最新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』が8月3日(金)より日本公開決定。

今作の監督は、前作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』でメガホンを取りトム・クルーズから絶大な信頼を得て、本シリーズで初めて同一監督による続投となったクリストファー・マッカリー。

そんな最新作の衝撃の日本版本予告が解禁!

2/15に解禁された日本版予告では、イーサン・ハントが【トムが骨折したビルジャンプのシーン】、【ヘリにロープでしがみつくアクション】や【2000時間の飛行訓練、ヘリスパイラル飛行操縦】など怒涛の生身のアクションに挑戦し、特に話題となった!

そして今回初解禁となった日本版本予告では、本作の一番の見所でもある、“ヘイロージャンプ”と呼ばれる超高速落下スカイダイビングにトムが挑戦するシーンが登場!ヘイロージャンプとは、レーダーを避ける軍の潜入作戦用に開発されたもので、酸素がほとんどない成層圏ギリギリ上空7620mの高さから特殊マスクを装着しパラシュートを開かず時速320キロで下降、地上寸前でパラシュートを開くという降下方法。

高度7620mは、なんとシリーズ4作目で登場した世界一高いビルであるブルジュハリファ=828mの9倍、さらに5作目でトムが素手でつかまったジェット機の高度=1524mの5倍となる高さ。

選び抜かれた兵士のみしか行わない超危険なジャンプを自らやってのけた!前代未聞!全て、本物の大迫力アクションがこれでもかと詰め込まれた日本版本予告。

日本版だけの試みとして、予告の後半では、『ミッション:インポッシブル』のテーマ曲を長尺で聞かされるにくい演出が施され、胸躍る内容となっている!

映画情報どっとこむ ralph 前作『ローグ・ネイション』が5作目にしてシリーズ最高傑作と呼び声の高い中、最新作『フォールアウト』の撮影を終えたトムは

トム:シリーズの集大成だ。作品もミッションも凄まじい。シリーズを続けてきたひとつの到達点と言える、これまでで最高の『ミッション』になった。ハラハラドキドキで感動的で笑えるし、特にアクションは最高だ!

と自信たっぷりに豪語。誰もが知る”映画の中の映画”である『ミッション:インポッシブル』シリーズがさらなる高みへと進化を遂げ、不可能が連鎖する史上最難関のミッションにイーサンが挑む!

ミッション:インポッシブル/フォールアウト
原題:MISSION:IMPOSSIBLE -FALLOUT

日本公開 2D/3D/IMAX/4D

物語・・・
盗まれたプルトニウムを奪還するミッションを遂行中の“イーサン・ハント”は回収に成功するが、捕まった仲間の命と引き替えに、敵にプルトニウムを渡してしまう事件が起きた。イーサンとIMFチームは、標的となった<3つの都市>の“同時核爆発を未然に防ぐ新たなミッション”を受ける。だがCIAは敏腕エージェントのウォーカーの同行を条件とした。猶予は72時間。手がかりは“ジョン・ラーク”という正体不明の男の名前のみ。情報を得るため、やむなく収監中の敵“ソロモン・レーン”の脱走に手を貸すが、その影響で味方の女スパイ“イルサ”との信頼関係は失われてしまう。イーサンを疑い始めたウォーカーが睨みを効かせる中でのミッション遂行は動きを制限され困難を強いられたが、その確執は高まり、ついにイーサンはウォーカーとの対峙を迫られる。やがてタイムリミットが刻一刻と迫る絶体絶命の中で、チームの仲間や愛する妻の命まで危険にさらされる等、いくつもの<フォールアウト(影響)>がイーサン・ハントに降りかかる。

公式サイト:
http://missionimpossible.jp/

公式Twitter:
https://twitter.com/mimovie_jp

#mijp

***********************************


監督・製作・脚本:クリストファー・マッカリー『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』『アウトロー』

製作:J.J.エイブラムス『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『スター・トレック』シリーズ、トム・クルーズ

出演:トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヴィング・レイムス、レベッカ・ファーガソン、アレック・ボールドウィン、ミシェル・モナハン、ヘンリー・カヴィル、ヴァネッサ・カービー、ショーン・ハリス、アンジェラ・バセットほか
全米公開:7月27日(金)予定
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.