「トム・ウィルキンソン」タグアーカイブ

真実と正義の追求はすべてここからはじまった― 『否定と肯定』本編冒頭特別映像が解禁


映画情報どっとこむ ralph 2016 年トロント国際映画祭正式出品作品、レイチェル・ワイズ、ティモシー・スポール、トム・ウィルキンソンというイギリス を代表する名優たちによる、ホロコーストを巡る法廷劇 『否定と肯定』が12月8日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全 国公開となります。

真実とは何か?
ユダヤ人歴史学者と否定論者。
かつてない対決 の行方は

本作の元となった裁判は、欧米でセンセーショナルに報道され、注目を集め、議論を巻き起こし続けた。歴史とは、そして言論の自由の定義と は何なのか。

本編冒頭特別映像が解禁。


映画情報どっとこむ ralph 映し出されるのは、<ホロコースト否定論者>デイヴィッド・アーヴィング(ティモシー・スポール)の演説。“大量虐殺は趣味以前の問題だ”、”ガス室では誰も死んでない”メディア操作に長けている彼は自らの主張を声高に謳い上げている。その一方で、本作の主人公アメリカで教鞭を執 る歴史学者のデボラ・E・リップシュタット(レイチェル・ワイズ)は、アーヴィングのようなホロコースト否定論者がどのように歴史の事実を捻じ曲 げようとしているのか、学生たちに講義を行う。

正反対のことを語る両者の主張がこの先どう重なりぶつかり合っていくのか、証明すること、真 実の追求とは一体何なのか――これから始まる″ホロコースト“を巡る信念の闘いを予感させる映像となっている。

否定と肯定
原題:DENIAL

公式サイト:
http://hitei-koutei.com/

世論形成において、客観的な事実より、虚偽であっても個人の感情に訴える者が強い影響力を持ち、事実を軽視する社会 的風潮。「ホロコースト」という最大にして最悪の世界史を題材とした本作は、歴史の真実を伝えていかなくてはならないという普遍的なテーマ と現代に生きる我々一人ひとりに対し警鐘を鳴らしている。 ユダヤ人歴史学者・リップシュタットは、『ナイロビの蜂』でアカデミー賞®助演女優賞に輝いたレイチェル・ワイズが熱演。対する歴史学者に は『ターナー、光に愛を求めて』のティモシー・スポール、年長弁護士に『フィクサー』のトム・ウィルキンソンという老練の名優の競演が作品 に重厚さを与えている。さらには大ヒットドラマシリーズ「SHERLOCK(シャーロック)」のモリアーティ役を演じたアンドリュー・スコット、『ダンケルク』のジャック・ロウデンら人気急上昇中の若手俳優らが脇を固める。

***********************************

監督:ミック・ジャクソン『ボディガード』
出演:レイチェル・ワイズ『ナイロビの蜂』『ロブスター』、トム・ウィルキンソン『フル・モンティ』『フィクサー』、ティモシー・スポール『ターナー、光に愛を求めて』
原作:「否定と肯定 ホロコーストの真実をめぐる闘い」デボラ・E・リップシュタット著(ハーパーコリンズ・ジャパン)
2016 年/イギリス・アメリカ/英語/110 分/カラー/シネスコ/5.1ch/日本語字幕:寺尾次郎
配給:ツイン
© DENIAL FILM, LLC AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2016
       


”真実“とは何か? ユダヤ人歴史学者VS否定論者の法廷劇『否定と肯定』予告到着!


映画情報どっとこむ ralph 2016 年トロント国際映画祭正式出品作品、レイチェル・ワイズ、ティモシー・スポール、トム・ウィルキンソンというイギリス を代表する名優たちによる、ホロコーストを巡る法廷劇『否定と肯定』が12月8日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国 公開となります。

〝真実“とは何か? ユダヤ人歴史学者と否定論者。かつてない対決 の行方は― 本作の元となった裁判は、欧米でセンセーショナルに報道され、注目を集め、議論を巻き起こし続けた。歴史とは、そして言論の自由の定義と は何なのか―。世論形成において、客観的な事実より、虚偽であっても個人の感情に訴える者が強い影響力を持ち、事実を軽視する社会 的風潮。「ホロコースト」という最大にして最悪の世界史を題材とした本作は、歴史の真実を伝えていかなくてはならないという普遍的なテーマ と現代に生きる我々一人ひとりに対し警鐘を鳴らしている。

ユダヤ人歴史学者・リップシュタットは、『ナイロビの蜂』でアカデミー賞®助演女優賞に輝いたレイチェル・ワイズが熱演。対する歴史学者に は『ターナー、光に愛を求めて』のティモシー・スポール、年長弁護士に『フィクサー』のトム・ウィルキンソンという老練の名優の競演が作品 に重厚さを与えている。さらには大ヒットドラマシリーズ「SHERLOCK(シャーロック)」のモリアーティ役を演じたアンドリュー・スコット、『ダンケルク』のジャック・ロウデンら人気急上昇中の若手俳優らが脇を固める。ひとりの女性のもとに 、秀英 弁護団チームが結集!

共に立ち向かう 予告編 が完成 。


揺るがぬはずの歴史上の事実を裁判で争うという衝撃の実話。このたび解禁となった予告編では、この裁判が当時いかにセンセーショナルでイギリスをはじめ世界中で 注目を集めた大きな事件であったかが伺える。

歴史学者としてアメリカの大学で教鞭をとり、決して忘れてはならないホロコーストの 事実を伝えてきたユダヤ人のデボラ・E・リップシュタット。彼女の講演にホロコースト否 定論者のアーヴィングが突如現れ、聴衆の前で奇襲ともとれる口撃を始めた。その後、 標的にされたリップシュタットは、アーヴィングの策略で自著をアメリカではなくシステムの 異なる英国の司法制度のもとで名誉毀損で訴えられてしまう。

映画情報どっとこむ ralph <起訴された側に立 証責任がある>
という不利な立場に置かれる中で、彼女は大きな声で“ホロコーストはなかった”と歪曲されようとする真実、声なき声を 正しく世界に伝えるために、法廷という場で立ち向かうことを決意するが・・・・。メディアを通して差別や偏見がいつの間にか広がり、真っ直ぐ に伝えるだけでは覆せないもどかしさを抱えるリップシュタット演じる、レイチェル・ワイズの真に迫った表情が胸に突き刺さる。彼女と、彼女の信 念を支える弁護団チームの選択とはなんだったのか。歴史を揺るがしかねない大きな事態となった前代未聞の裁判の行方はー。 。

否定と肯定
原題:DENIAL
公式サイト:http://hitei-koutei.com/

***********************************

監督:ミック・ジャクソン『ボディガード』
出演:レイチェル・ワイズ『ナイロビの蜂』『ロブスター』、トム・ウィルキンソン『フル・モンティ』『フィクサー』、ティモシー・スポール『ターナー、光に愛を求めて』
原作:「否定と肯定 ホロコーストの真実をめぐる闘い」デボラ・E・リップシュタット著(ハーパーコリンズ・ジャパン)
2016 年/イギリス・アメリカ/英語/110 分/カラー/シネスコ/5.1ch
日本語字幕:寺尾次郎
配給:ツイン
© DENIAL FILM, LLC AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2016
    


ガーデニングから始まるシンデレラ物語『マイ ビューティフル ガーデン』公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph イギリスから届いた、美しい庭を舞台とした映画『マイ ビューティフル ガーデン』の公開初日が、4月8日(土)に確定しました!!

シネスイッチ銀座ほか全国順次公開となります。


イギリス人にとってはなによりも特別な庭を舞台に、植物嫌いな女の子が、植物大好きな初老の男性から、ガーデニングの素晴らしさを一から手ほどきされることになる心温まる人間ドラマ。

「ダウントン・アビー」で人気を博したジェシカ・ブラウン・フィンドレイと、英国を代表する名優トム・ウィルキンソン、「SHERLOCK/シャーロック」ジム・モリアーティー役でお馴染みのアンドリュー・スコット、次世代英国イケメン ジェレミー・アーヴァインなど、イギリス俳優勢が魅力的な演技を見せています。



映画情報どっとこむ ralph 幸せを運ぶ奇跡の種が芽吹くとき、人生が輝き始める。 ガーデニング大国として知られる英国。自然の摂理のままに季節の草花やハーブを育てるイングリッシュ・ガーデンは、ここ日本のガーデナーたちの間でもとても人気だ。英国ではバックヤード(裏庭)の空間をとても大切にしています。

監督・脚本を手がけたサイモン・アバウドは

「庭好きの人々は“やあ、元気かい?”と同じように“今日の君の庭の花はどうだい?”と挨拶する。ある人々にとっては、ほんの小さな地面が重要な意味をもつ。そのことにとても興味を惹かれたんだ」

とこの物語の着想について話す。


しかし、監督自身はガーデニングについて無知だったそうで・・・・

「だからこそ、植物が苦手な主人公が庭づくりを一から手ほどきされる話を思いついたんだ。

こうして『マイビューティフルガーデン』は生まれました。


映画情報どっとこむ ralph 物語の主人公、ベラ・ブラウン。

絵本作家になる夢を持ちながら自分の殻から抜け出せない。

立派なバックヤード付きのアパートに暮らすが、その庭はひどいありさま。彼女は予測不能に枝葉を伸ばす植物に恐怖を感じ、まったく手入れができずにいた。しかしある日、家主から庭を元どおりにしなければ退去してもらうと通告され・・・

そんな彼女を救ったのは、庭づくりをこよなく愛する隣に住む老人アルフィーだった。彼にとっては、ガーデニングとはカオス(混沌)に美を見出すこと。偏屈者の老人と自分を変えられない孤独な女性。

・・・そして、夢をかなえていく現代のシンデレラストーリーにシンプルなメッセージが込められたとってもチャーミングな『マイ ビューティフル ガーデン』は、2017年4月よりシネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー

公式サイト:
my-beautiful-garden.com

***********************************

監督:サイモン・アバウド 
出演:ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ、トム・ウィルキンソン、アンドリュー・スコット、ジェレミー・アーヴァイン

2016年/イギリス/92分/カラー/シネスコ
提供・配給:ココロヲ・動かす・映画社 ○ 
配給協力・宣伝:クレストインターナショナル 

配給:ココロヲ・動かす・映画社 ○ 
© This Beautiful Fantastic UK Ltd 2016


ガーデニングで始まるシンデレラ物語『マイ ビューティフル ガーデン』予告到着


映画情報どっとこむ ralph 美しいイングリッシュガーデンから生まれた現代のシンデレラストーリー。

マイ ビューティフル ガーデン

が、4月シネスイッチ銀座ほか全国順次公開となります。


イギリス人にとってはなによりも特別な庭を舞台に、植物嫌いな女の子が、植物大好きな初老の男性から、ガーデニングの素晴らしさを一から手ほどきされることになる心温まる人間ドラマです。

「ダウントン・アビー」で人気を博したジェシカ・ブラウン・フィンドレイと、英国を代表する名優トム・ウィルキンソン、「SHERLOCK/シャーロック」ジム・モリアーティー役でお馴染みのアンドリュー・スコット、次世代英国イケメン ジェレミー・アーヴァインなど、イギリス俳優勢が魅力的な演技を見せています。

映画情報どっとこむ ralph 幸せを運ぶ奇跡の種が芽吹くとき、人生が輝き始める。 ガーデニング大国として知られる英国。自然の摂理のままに季節の草花やハーブを育てるイングリッシュ・ガーデンは、ここ日本のガーデナーたちの間でもとても人気だ。英国ではバックヤード(裏庭)の空間をとても大切にしています。

監督・脚本を手がけたサイモン・アバウドは

「庭好きの人々は“やあ、元気かい?”と同じように“今日の君の庭の花はどうだい?”と挨拶する。ある人々にとっては、ほんの小さな地面が重要な意味をもつ。そのことにとても興味を惹かれたんだ」

とこの物語の着想について話す。


しかし、監督自身はガーデニングについて無知だったそうで・・・・

「だからこそ、植物が苦手な主人公が庭づくりを一から手ほどきされる話を思いついたんだ。

こうして『マイビューティフルガーデン』は生まれました。



物語の主人公、ベラ・ブラウンは立派なバックヤード付きのアパートに暮らすが、その庭はひどいありさま。彼女は予測不能に枝葉を伸ばす植物に恐怖を感じ、まったく手入れができずにいた。しかしある日、家主から庭を元どおりにしなければ退去してもらうと通告され。

絵本作家になる夢を持ちながら自分の殻から抜け出せないベラ。

そんな彼女を救ったのは、庭づくりをこよなく愛する隣に住む老人アルフィーだった。彼にとっては、ガーデニングとはカオス(混沌)に美を見出すこと。偏屈者の老人と自分を変えられない孤独な女性。


映画情報どっとこむ ralph 互いを疎ましいと感じながらも2人は庭づくりを通して特別な関係を築いていくようになる。そして、手が届かないと思っていた夢をかなえていく、まさに現代のシンデレラストーリー。


マイ ビューティフル ガーデン
原題:This Beautiful Fantastic
2017年4月よりシネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー

公式サイト:
my-beautiful-garden.com

***********************************

監督:サイモン・アバウド 
出演:ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ、トム・ウィルキンソン、アンドリュー・スコット、ジェレミー・アーヴァイン

2016年/イギリス/92分/カラー/シネスコ
提供・配給:ココロヲ・動かす・映画社 ○ 
配給協力・宣伝:クレストインターナショナル 

配給:ココロヲ・動かす・映画社 ○ 
© This Beautiful Fantastic UK Ltd 2016


『きみがくれた物語』タキシード・ウェディングドレス着用で無料


映画情報どっとこむ mari 作家ニコラス・スパークスが贈る最新作『きみがくれた物語』が8月13日(土)より、渋谷シネパレス他にて全国公開。

運命を感じて結ばれたふたりの前に立ちはだかる過酷な運命と、真実の愛をつらぬための選択を描く本作は、ニコラス・スパークス自身が、「『きみに読む物語』を超えた感動作」と評し、ラブストーリーの新たな名作として注目を集めています。

この度、東京・渋谷シネパレス、大阪・シネマート心斎橋にてタキシード・ウェディングドレス着用でご来場のカップル無料キャンペーンが決定しました。

タキシード・ウェディングドレスイメージ
運命的な恋に落ち、夫婦となった二人の前に大きな壁が立ちはだかる・・・そんなとき、どんな【選択】をするか?本作を、一人でも多くのカップルに観ていただき、一番身近にある【真実の愛】を見直してもらうべく、タキシード&ウェディングドレスでご来場いただいたカップルを対象に鑑賞無料キャンペーンを実施いたします。タキシード&ドレス着用でご来場ください(※渋谷シネパレスとシネマート心斎橋のみの実施)。『きみがくれた物語』が、お二人の強い永遠の絆をより強いものとすること間違いなし!

映画情報どっとこむ mari 「きみがくれた物語」ポスター物語・・・

あなたなら 愛する人のために どこまで できるだろうか。人は幾度となく人生の岐路に立ち、そのたびに選択を迫られる。

もし真実の愛を貫くための、人生最大の決断の時が訪れたら――?

ノースカロライナ州の海沿いにある小さな町で運命的な出会いを果たして結ばれた、トラヴィス(ベンジャミン・ウォーカー)とギャビー(テリーサ・パーマー)。二児を授かり幸せな家庭を営む二人だったが、久しぶりのデートの約束にトラヴィスが遅れた日、ギャビーが交通事故にあってしまう。自責の念に駆られるトラヴィスは、目を覚まさないギャビーを前に「真実の愛のために人はどこまでできるのか」と何度も自問する。選択肢は白か黒か、二つしかない。

トラヴィスには人生でもっとも重い、究極の選択が求められていた…。

きみがくれた物語

2016年8月13日(土)、渋谷シネパレスほか全国ロードショーです。

***********************************

出演:ベンジャミン・ウォーカー、テリーサ・パーマー、マギー・グレイス、アレクサンドラ・ダダリオ、トム・ウィルキンソン、トム・ウェリング

監督:ロス・カッツ 『ロスト・イン・トランスレーション』 『マリー・アントワネット』(プロデューサー)

製作:ピーターサフラン 『死霊館 エンフィールド事件』
脚本:ブライアン・サイプ
撮影:アラー・キビロ 『しあわせの隠れ場所』
編集:ジョー・クロッツ『プレシャス』
美術:マーク・ガーナー 『きみに読む物語』
原題:The Choice/2016年/アメリカ/カラー/111分/DCP
配給:AMGエンタテインメント 
(C) 2016, Choice Films, LLC All Rights Reserved.