「トニ・セルヴィッロ」タグアーカイブ

『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』へコメント到着


映画情報どっとこむ ralph ピカソ、ゴッホ、フェルメール、マティス、ムンク、モネ…今なお行方不明の名画たち。ナチスに弾圧され奪われた美術品と、それに関わる人々の運命に迫る名画ミステリー『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』がいよいよ4月19日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開となります。

1933年から45年にかけて、ナチス・ドイツがヨーロッパ各地で略奪した芸術品の総数は約60万点にのぼり、戦後70年以上経った今でも10万点が行方不明と言われる。なぜ、ナチス・ドイツは、いやヒトラーは、美術品略奪に執着したのか? 本作は欧米で活躍する歴史家、美術研究家を始め、略奪された美術品の相続人や奪還運動に携わる関係者の証言を元に、ヒトラーの思想の背景と略奪された美術品が辿った闇の美術史に迫る。

今回、本作を公開に先駆けて鑑賞した各界著名人から絶賛コメントが到着!

映画情報どっとこむ ralph なるほど、あれば芸術戦争だったのか。悪しき芸術をめぐる撲滅派VS擁護派。ただ、「悪しき」かどうかは誰にも決められなかった。
─荒俣宏(作家)
まだ見ぬ奪われた多くの名作は今どこに。戦争は人命だけでなく芸術も奪った事実をもっと知るべきだ。
─榎木孝明(俳優)

それはいかにしてここにあるのか?
高精細度のデジタル・アーカイブが自然環境と化した時代、
唯一の現物に折り畳まれた履歴は新たな意味を帯びはじめる。
ドキュメンタリーの繊細な開封の手つきが
並のミステリや学術を蹴散らす。
―大澤聡(批評家・近畿大学文芸学部准教授)

やり過ごすことのできない無常と混沌。
“芸術と政治”相容れることのできない限りない矛盾が押し寄せてきた。
─奥田瑛二(俳優・映画監督)

これは、美術品がいかに所有の欲望を掻き立て、権力と結びつくかを暴露するドキュメンタリーだ。絵画が放つ、イメージを所有する」ことの抗いがたい魅力──。
私たちはもう、一枚の絵の背後に渦巻く欲望と略奪の歴史を思わずに、
名画を鑑賞することはできなくなった。
─香川檀(表象文化論・武蔵大学人文学部教授)

沢山の名画が権力の横暴で略奪された!
絵画は権力の象徴では無い!
作品を心から愛でる人の物だ‼
─片岡鶴太郎(俳優・画家)

「無関心は許されない。芸術家はこの世の悲劇や喜びに敏感な政治家であるべきだ」というピカソの言葉に共感!
─城戸真亜子(洋画家)

「自分たちはなぜヒトラーを可能にしてしまったのか」という戦後の問いを、
「人間はなぜ芸術を生みだしたか」と換えて自問した!
─鴻池朋子(美術家)

文化を続けていくということが、いかに脆く切なく、そしてだからこそ愛おしいことであるか。
そのささやかな世界を戦争は容易に破壊し、そして過去の遺産までをも消滅させてしまうのだ。
戦慄するドキュメンタリー。
─佐々木俊尚(作家・ジャーナリスト) 

美の危うき誘惑。ひとはしかし、その危うさを容易く忘れる。あまつさえ美を「正しさ」や「優生」の規範と取り違えながら。そうした危うさに鈍感となるとき、ひとびとはそれと知らぬまに「政治の美学化」に溺れてゆく。
これはたんに遠い異国の昔ばなしではない。
―新藤淳(国立西洋美術館 主任研究員)

ヒトラーの野望と消えた名作の行方。生々しい映像で真実を知り、喀血しそうな思いが、体中を駆け巡った。
美しければ美しいほど悲しい。
─ジュディ・オング(歌手・女優・木版画家)

創り手にとって作品は命そのもの…略奪された芸術品がまだ存命してるなら…あるべき場所に戻してあげたい
─髙橋ツトム(漫画家) 

ヒトラーによって、多くの不幸が生まれたあの時代。でもだからこそ、大きな戦いの中で、不幸の数に比例するように素晴らしい絵が多く生まれ、現在もなお、その絵の存在の強さが、戦いを継続させている。戦いを決着させるためにさまざまな専門家が立ち上がり、正義を模索していることを知った。
ヒトラーはきっとピカソになりたかったのだと思う。
―束芋(現代美術家)

権力!権力!!権力!!!虐殺を繰り返し、芸術性までをも破壊するヒトラー。彼にとっての平和とは。
自由な表現こその芸術の可能性を奪ったヒトラーに向けた、ピカソの言葉が難しく突き刺さる。
―檀れい(女優)

美術品を漁り「総統美術館」の建設を夢見たヒトラー。
ピカソ、フェルメール、ルノワール、ブリューゲル・・・、
数々の名画が映し出すのは、美と恐怖の物語
―中野京子(作家/「怖い絵」シリーズ)

作品の来歴調査という地味な仕事が今のアート界ではとても重要。そんな基本がよくわかる素晴らしいドキュメンタリーです。
―保坂健二朗(東京国立近代美術館)

強い悲しみ、強い喜び、強い感動。それは何者かが心の中に侵入してきた証。芸術とプロパガンダは相性がいい。ヒトラーが何をやったか。学ぶべきだ。
―堀潤(ジャーナリスト・元NHKキャスター)

アート作品は誰のものか?所有者か。権力者か。それとも公共財産なのか。アート作品は私たちが知らない歴史を露わにする。
―水野祐(法律家・弁護士)

文化の中心にはユダヤ人がいた―封印されてきた惨劇。忘却の彼方に葬らず、声を上げた勇敢な人々に感謝。
―本橋弥生(国立新美術館 主任研究員)

戦争とは美の略奪である。あるいは美を愛する者達による、美をもてあそぶ者達へのレジスタンスでもある。
愛か略奪か。この映画は、あなたに強くその選択を迫っている。
―森村泰昌(美術家)

映画情報どっとこむ ralph 『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』

英題:HITLER VERSUS PICASSO AND THE OTHERS

公式サイト:
hitlervspicasso-movie.com

4月19日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館他全国公開


***********************************


トニ・セルヴィッロ(『グレート・ビューティー/追憶のローマ』『修道士は沈黙する』

原案:ディディ・ニョッキ
監督:クラウディオ・ポリ 
2018年/イタリア・フランス・ドイツ合作/イタリア語・フランス語・ドイツ語・英語/ビスタサイズ/97分/
©2018 – 3D Produzioni and Nexo Digital – All rights reserved  
字幕監修:中野京子(作家/『怖い絵シリーズ』)/日本語字幕:吉川美奈子 
配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム
          




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』ティザービジュアルが解禁


映画情報どっとこむ ralph ピカソ、ゴッホ、フェルメール、マティス、ムンク、モネ…今なお行方不明の名画たち。ナチスに弾圧され奪われた美術品と、それに関わる人々の運命に迫る名画ミステリー『HITLER VERSUS PICASSO AND THE OTHERS』(英題)が邦題を『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』とし、2019年4月19日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開することが決定!

あわせてティザービジュアルが解禁となりました。

字幕監修は、大ベストセラー「怖い絵」シリーズ著者で、68万人を動員した「怖い絵展」監修も務めた作家・独文学者の中野京子さんが担当。

1933年から45年にかけて、ナチス・ドイツがヨーロッパ各地で略奪した芸術品の総数は約60万点にのぼり、戦後70年以上経った今でも10万点が行方不明と言われる。なぜ、ナチス・ドイツは、いやヒトラーは、美術品略奪に執着したのか? 本作は欧米で活躍する歴史家、美術研究家を始め、略奪された美術品の相続人や奪還運動に携わる関係者の証言を元に、ヒトラーの思想の背景と略奪された美術品が辿った闇の美術史に迫る。

ナチス・ドイツはふたつの手段で芸術を支配した。ひとつはピカソ、ゴッホ、ゴーギャン、シャガール、クレーらの傑作に「退廃芸術」の烙印を押しそれらを貶め、一方で、純粋なアーリア人による写実的で古典主義的な作品を擁護。 同時に、青年時代に画家志望だったヒトラーは、故郷近くのリンツに“総統美術館”を建設する野望を抱き、右腕的存在のゲーリング国家元帥や息のかかった画商を通じてユダヤ人富裕層が所有する古典美術の名品を次々と没収。オランダ、フランスなど周辺国を占領するとその勢いと大胆さは加速し、かのルーブル美術館やパリ在住のユダヤ人美術収集家から問答無用で憧れの名品や価値ある退廃美術の略奪を繰り返した。

ナチス・ドイツによる美術史上最悪の略奪と、今なお続く美術品の奪還を巡る相続人たちの粘り強い戦いを案内するのは、『グレート・ビューティ・追憶のローマ』(14)や『修道士は沈黙する』(18)など、イタリア映画界が誇る名優トニ・セルヴィッロ。 権力は芸術をも支配できると妄信するナチスが行った歴史上最悪の美術品強奪と破壊、そしてヒトラーの秘宝たちが辿った知られざる真実とは――?究極の美と権力に秘められた名画ミステリ―が完成した。

映画情報どっとこむ ralph 『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』
『HITLER VERSUS PICASSO AND THE OTHERS』

公式サイト:
hitlervspicasso-movie.com

2019年4月19日ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館他全国公開

***********************************

トニ・セルヴィッロ(『グレート・ビューティー/追憶のローマ』『修道士は沈黙する』)
原案:ディディ・ニョッキ
監督:クラウディオ・ポリ
2018年/イタリア・フランス・ドイツ合作/イタリア語・フランス語・ドイツ語・英語/ビスタサイズ/97分
字幕監修:中野京子(作家/『怖い絵シリーズ』)/日本語字幕:吉川美奈子
配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム
©2018 – 3D Produzioni and Nexo Digital – All rights reserved




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ロベルト・アンドー監督ミステリー『修道士は沈黙する』本編映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 『ローマに消えた男』で数多くの国内外の賞を受賞したロベルト・アンドー監督最新作 『修道士は沈黙する』が 2018 年 3 月 17 日(土)より Bunkamura ル・シネマほか全国順次ロードショーとなります。

美しきドイツの高級リゾートホテルを舞台に繰り広げられる知的ミステリー イタリアの政界を背景にした風刺劇『ローマに消えた男』のロベルト・アンドー監督は今回、“物質主義 vs 精神主義”を題材に選び、バルト海に面したリゾート地の高級ホテルで開かれる G8(先進国首脳 会議)を舞台にしたスタイリッシュで知的なミステリーを完成させた。

清貧に生きるイタリア人修道士ロベルト・サルスを演じるのは『グレート・ビューティー/追憶のローマ』のトニ・セルヴィッロ。アンドー監督とは 『ローマに消えた男』以来 2 度目のタッグを組んでいる。
キーパーソンとなる国際通貨基金(IMF)の専 務理事、ダニエル・ロシェには『八日目』でカンヌ国際映画祭男優賞に輝いたフランスの名優ダニエル・オ ートゥイユ、ゲストとして招かれた絵本作家、クレール・セスにはデンマーク出身で『ワンダーウーマン』の主 人公ダイアナの母役としても記憶に新しいコニー・ニールセンと国際的に活躍する一流の俳優たちの豪 華共演作となっている。

G8の大臣達が歌うルー・リードの名曲「ワイルド・サイドを歩け」本編映像が到着!


天才的エコノミストとして知られる IMF の専務理事、ダニエル・ロシェの誕生日会に招かれた G8 の大臣 ら。会食後、ゲストの一人、ロックミュージシャンのマイケル・ウィンツェルとカナダの大臣を中心にルー・リード の楽曲「ワイルド・サイドを歩け」を口ずさみ楽しい宴が過ぎていく。
その裏では、サルスがロシェに自室に呼び出されていた。

映画情報どっとこむ ralph 実際に、G8 などの集まりには、作家やロックスターなどの文化人が参加することが多々 あり、

写真は『修道士は沈黙する』ロベルト・アンドー監督来日のもの
アンドー監督:今回登場するロックスターは、U2 のボーカル、ボノとブームタウン・ラッツのシンガー、ボブ・ゲルドフがモデルです。彼らは実際に、アフリカの貧困をなくすための大使として G8 に参加しています。

とモデルにした人物 たちを明かした。また、ルー・リードの曲を登場させた経緯については、


アンドー監督:ある世代にとっては自由や愛の夢を意味している曲です。大臣た ちも若いころに歌った歌だと思います。その頃には自由や愛の価値があったのですが、今では彼らは全く違う人間になっているわけです。あの歌を歌うけれど、その歌詞や言葉を裏切りながら彼らは生きているというところが面白かったのでこの歌を使いました。

とコメントし ている。サスペンスの中にクラシックやポップスミュージックを織り交ぜ、映画監督以外にも舞台やオペラの演出も手掛けてきたロベルト・アンド ー監督ならではの演出とユーモアのセンスが垣間見えるシーンとなっている。

映画情報どっとこむ ralph 修道士は沈黙する
原題:Le confessioni
訳すと告解。

2018 年3月17日(土)より Bunkamura ル・シネマほか全国順次ロードショー


shudoshi-chinmoku.jp

物語・・・
バルト海に面した高級リゾート地ハイリゲンダムで開催される G8財務相会議の前夜、国際通貨基金専務理事のダニエル・ロシェは各国の財務相に加えて、異色の3人のゲストを招いて 自身の誕生祝いを開催する。

会食後にロシェはゲストの一人、イタリア人修道士ロベルト・サルスを自室に呼び、告解をしたいと告げるがその翌朝、ビニール袋を被ったロシェの死体が発見さ れる。

自殺か他殺か?

告解を受けたサルスは口を噤む中、警察の極秘捜査が続けられていく。発展途上国の経済に大きな影響を与えかねない重要な決定を発表する記者会見の時間が迫ってくる。各国財務相の政治的駆け引きに巻き込まれたサルスは、ロシェの葬儀で自らの思いを語り始めるのだった。

***********************************

監督・原案・脚本:ロベルト・アンドー
出演:トニ・セルヴィッロ/ダニエル・オートゥイユ/コニー・ニールセン/モーリッツ・ブライプトロイ/マリ=ジョゼ・クローズ

2016 年/イタリア=フランス/イタリア語・仏語・英語/カラー/108 分/シネスコ/ドルビーデジタル
字幕:寺尾次郎
©2015 BiBi Film-Barbary Films
配給:ミモザフィルムズ
後援:イタリア大使館/在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
特別協力:イタリア文化会館
協力:ユニフランス




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『修道士は沈黙する』ロベルト・アンドー監督×小沼純一ティーチイン


映画情報どっとこむ ralph 2018年3月17日(土)より Bunkamura ル・シネマほか全国順次ロードショー の『修道士は沈黙する』のロベルト・アンドー監督と、『映画に耳を 聴覚からはじめる新しい映画の話』の著者である早稲田大学文学学術院教授の小沼純一教授が登壇し、トークイベントが先週の週末行われました。

日付: 1月27日
会場:イタリア文化会館 アニェッリホール
登壇:ロベルト・アンドー監督
ゲスト:小沼純一(早稲田大学文学学術院教授)

映画情報どっとこむ ralph アンドー監督は小沼教授と本作を初めて観た日本の観客に対し

アンド―監督:一緒に映画についてお話しすることができてとても嬉しいです。

と挨拶。

まずは、映画に含まれたサスペンスの要素についての話から対談がスタート。

アンドー監督:政治や権力の世界に関わっている人たちがどのような人なのかを描きたかったのです。 この映画の中にはかなりアイロニカルな場面が色々あると思うが、ほとんどの場面で動物が演 じています。色々な意味で捉えられると思いますが、自由を選んだと捉えられると思います。 この映画では希望の場面が多くないので、希望の光を作品に入れたかったのです。修道 士はものを壊していく、邪魔していく人間として出てきます。大臣たちを含めた心を失っている人間たちに対して、心を持っているものとし て動物が出てくるのです。

と解説した。

また、小沼教授から音楽の力について問われると、

アンド―監督:ニコラ・ピオヴァーニが書いてくれた曲はサスペン スの要素を掻き立てるし、修道士の宙に浮いた存在、精神性というものも表してくれてお り、非常に気に入っています。シューベルトの『冬の旅』という曲は今の政治経済状況の中 で自分たちが“冬の旅”をしていて、そこから出られないという風に捉えることができるので はないかと思っています。

と劇中使用曲の意図について話しました。


映画情報どっとこむ ralph 小沼教授:今回の映画ではヨーロッパの個人を大事にする、個人主義的なことがよく感じ取れて、それがなにか告解、 告白をするということと重なってくるのではないでしょうか?

と自身の見解を述べると、
アンドー 監督:この映画は非常に内面的なことを描いており、それは個から生まれるものになって ほしい。修道士が受けた告解は個人の領域であり、誰も知るべきところでないとこです。現代 ではすべて透明で誰でも知っているという状況にあるけれども、かたや映画の中では権力が 秘密を持っています。G8 が生まれた経緯は民主主義的なことがあるけれども、それにも関わらず実際にあの場で行われていることは彼らの孤独をも感じさせます。この映画は実際に G8 が行われた場所で撮っていますが、非常に孤独を感じられる場所です。

と答えた。本作で重要な要素の一つである数式について問われると、

アンドー 監督:この映画のヒントになったのは、ヒッチコックの『私は告白する』という映画です。数式と いうのは幻想という意味で経済のシンボルだと思いますが、この映画の中で国際通貨基金のダニエル・ロシェ専務理事は修道士にこの 数式は何の意味もないと説明します。彼のやっていることは実際にはトリックがあるが見えないわけです。そういう意味では数式というのは空っ ぽの抜け殻みたいなことですが、トリックのシンボルだと思います。映画に出てくる数式は知り合いの数学者に作ってもらいました。公開後に 新聞記事である記事が掲載され、数学的な価値があると知り、とても嬉しかったです。

と語り、最後に監督は今回の来日で“安藤”という判子を買ったと、会場を沸かせイベントを締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph 修道士は沈黙する
2018 年 3 月 17 日(土)より Bunkamura ル・シネマほか全国順次ロードショー
shudoshi-chinmoku.jp

物語・・・
バルト海に面した高級リゾート地ハイリゲンダムで開催される G8財務相会議の前夜、国際通貨基金専務理事のダニエル・ロシェは各国の財務相に加えて、異色の3人のゲ ストを招いて自身の誕生祝いを開催する。

会食後にロシェはゲストの一人、イタリア人修道士ロベルト・サルスを自室に呼び、告解をしたいと告げるがその翌朝、ビニール袋を被ったロシェの死体が発見される。

自殺か他殺か?告解を受けたサルスは口を噤む中、警察の極秘捜査が続けられていく。

発展途上国の経済に大きな影響を与えかねない重 要な決定を発表する記者会見の時間が迫ってくる。各国財務相の政治的駆け引きに巻き込まれたサルスは、ロシェの葬儀で自らの思いを語り始めるのだった。

***********************************

監督・原案・脚本:ロベルト・アンドー
出演:トニ・セルヴィッロ/ダニエル・オートゥイユ/コニー・ニールセン/モーリッツ・ブライプトロイ/マリ=ジョゼ・クローズ
2016 年/イタリア=フランス/イタリア語・仏語・英語/カラー/108 分/シネスコ/ドルビーデジタル
原題:Le confessioni
字幕:寺尾次郎 ©2015 BiBi Film-Barbary Films
配給:ミモザフィルムズ 後援:イタリア大使館/在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
特別協力:イタリア文化会館
協力:ユニフランス
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

自殺か、他殺か?『修道士は沈黙する』ポスタービジュアルと予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph 『ローマに消えた男』で数多くの国内外の賞を受賞したロベルト・アンドー監督最新作『Le confessioni(原題)』が邦題『修道士は沈黙する』として 2018 年 3 月 17 日(土)より Bunkamura ル・シネマ ほか全国順次ロードショーが決定しました。

ロベルト・アンドー監督が今回題材として選んだのは、“物質主義 vs 精神主義”の構図を核に据えた知的でスタイリッシュな異色ミステリー。


イタリア人修道士ロベル ト・サルスを演じるのは『グレート・ビューティー/追憶のローマ』のトニ・セルヴィッロ。アンドー監 督とは『ローマに消えた男』以来 2 度目のタッグを組んでいる。キーパーソンとなる議会の重要 人物、ダニエル・ロシェには『八日目』でカンヌ国際映画祭男優賞に輝いたフランスの名優ダニ エル・オートュイユ、ゲストとして招かれた絵本作家、クレール・セスにはデンマーク出身で『ワンダーウーマン』の主人公ダイアナの母役としても記憶に新しいコニー・ニールセンと国際的に活躍する一流の俳優たちの豪華共演作となっている。

スタイリッシュでミステリアスなポスタービジュアルと予告編が解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度公開された予告編では、清貧に生きるイタリア人修道士サルスが世界経済を牛耳る 大臣たちの集まりに招かれ、そこで起きた思わぬ事件に次第に巻き込まれていく様子が描か れている。 舞台はバルト海に面したリゾート地の高級ホテルで開かれるG8(先進国首脳会議)。議会に参加する予定の8か国の大臣と、ロックスター、絵本作家、そして修道士という異色の3人はゲストとして、天才的エコノミストとして知られる国際通貨基金(IMF)のダニエル・ロシェ専務理事の誕生日を祝う夕食会に招かれる。

会食後、サルスはロシェから告解がしたいと告げられるがその翌朝、ビニ ール袋をかぶったロシェの死体が発見されるのだった。容疑者として真っ先に浮上したサルスは戒律に従って沈黙を続ける。

自殺か、 他殺か?

そしてサルスがロシェから聞いたものは一体――?


映画情報どっとこむ ralph オペラの舞台演出も手掛けてきたロベルト・アンドー監督がクラシックやポ ップスミュージックを織り交ぜ、権力批判が横溢しつつ、全体のトーンはシリアスにまとめられたサスペンス作品。

修道士は沈黙する

2018 年 3 月 17 日(土)より Bunkamura ル・シネマほか全国順次ロードショー
shudoshi-chinmoku.jp

***********************************

監督・原案・脚本:ロベルト・アンドー
出演:トニ・セルヴィッロ/ダニエル・オートゥイユ/コニー・ニールセン/ モーリッツ・ブライプトロイ/マリ=ジョゼ・クローズ
2016 年/イタリア=フランス/イタリア語・仏語・英語/カラー/108 分/シネスコ/ドルビーデジタル

原題:Le confessioni /字幕:寺尾次郎
配給:ミモザフィルムズ
後援:イタリア大使館/在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
特別協力:イタリア文化会館
協力:ユニフランス
©2015 BiBi Film-Barbary Films




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ