「デヴィッド・リンチ」タグアーカイブ

名優ハリー・ディーン・スタントン『ラッキー』に幾原邦彦、戌井昭人らコメント第ニ弾到着!!


映画情報どっとこむ ralph この度、 名優ハリー・ディーン・スタントン最後の主演作『ラッキー』が、2018年3月17日(土)より、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷、 ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国順次公開いたします。
本作は、自由で堅物で一匹狼、90歳の頑固じいさんラッキーとちょっと風変わりな街の人々の交流を描いた物語。『パリ、テキサス』『レポマン』『エイリアン』など200本以上の作品に出演したスタントンの人生になぞらえて描いたラブレターともいえる作品です。

『少女革命ウテナ』などで知られるアニメーション監督の幾原邦彦さん、兼ねてよりスタントンの大ファンだったという作家・戌井昭人さん、モデル業や執筆業など幅広い分野で活躍する小谷美由さんをはじめ、各界の著名人から、ハリー・ディーン・スタントンへの愛に溢れたコメント第二弾が到着しました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ラッキー』に魅了された著名人からの
ハリー・ディーン・スタントン愛溢れるコメント第二弾到着!!*敬称略・順不同

幾原邦彦(アニメーション監督)
感じることに正直に生きる。そのことは簡単そうで難しい。
それは意固地に生きる、ということでもある。そのとき、人生はどこにたどり着くのか。
ずっと気になっていたことをハリーは教えてくれた。
きっとつながっている。信じる勇気を与えてもらえた。

戌井昭人(劇作家・作家)
初めて出会ったハリー・ディーン・スタントンはやさぐれた感じだった。次は寂しい男だった。他にも色々な顔を見させてもらったけれど、いつもどこか遠くを見ているような目をしていた。何を見ていたんだろう? 最後に、偏屈だけどユーモアのある彼の日常を覗かせてもらった。あの目は最後のその先を見ていたのかもしれないと思った。

町山広美(放送作家)
♪降伏する準備はできている〜
なんて愛おしいラブソングだろう。
もう間に合わないし、何も取り返せないが、後悔も恐れも身の内にとどめて。「好きにすりゃいいんだ」と言える人は、暗い深淵をこんな顔で見るんですね。
かくありたいし、 こんな人に降伏したいしもうしてる。

高田漣 (音楽家)
名優ハリー・ディーン・スタントンの最後の名前は「ラッキー」。示唆に富んだ台詞の数々は「孤独」「死」「恋愛」などを朴訥と語る。彼が人生の終わり間際に観たものは?笑顔の意味とは?深く深く心にしみる映画です。

小谷 実由(モデル)
この世には、永遠もないし、絶対もない。ただひとつ、誰にでも最後には死という同じ現実がある。不思議なことにだいたいの人がその最後をわかっているようでわかっていない。同じことが起こるのに、その現実の受け取り方はきっと人それぞれ違う。どうせ全て無くなるものなら全力で笑って全うする人生でありたい。

マキヒロチ(漫画家)
名優ハリー・ディーン・スタントンの最後の主演作である『ラッキー』は、彼との最後の旅行のような映画。美味しそうに煙草を吸い、しっかり地を踏みしめて歩く彼の一瞬一瞬が、宝物となって残ります。気難しい彼が秘密を明かし、少しずつ私たちに心を開いていくにつれて、旅行が終わりに近づいていることを感じ胸がしめつけられます…「あぁ、まだ行かないで!」彼のことが好きだった人、彼の映画を見たことがある人、沢山の人に彼との旅行に出て欲しい。そして彼の微笑みに微笑んで欲しい。ありがとうラッキー、あなたがとっても恋しいよ!

松尾貴史(タレント)※Numero TOKYO 4月号より
この一人の老人の静かな日常を描いた80分、一時も目を離せませんでした。
深く刻まれた顔の皺のひとつひとつ、一挙手一投足に、咳払いから瞬きに至るまで、見逃すまいとする自分に驚きました。


コメント第一弾は以下
http://eigajoho.com/100725

映画情報どっとこむ ralph 映画『ラッキー

2018年3月17日(土)より、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

公式サイト:
http://www.uplink.co.jp/lucky/

公式Twitter:
@LuckyMovieJP


銀行強盗もしない、飛行機から飛び降りもしない、人助けもしない。
「人生の終わり」にファンファーレは鳴り響かない。

全ての者に訪れる「死」。
90歳の気難しい現実主義者ラッキーがたどり着いた、ある答え。

神など信じずに生きてきた90歳のラッキーは、今日もひとりで住むアパートで目を覚まし、コーヒーを飲みタバコをふかす。いつものバーでブラッディ・マリアを飲み、馴染み客たちと過ごす。そんな毎日の中でふと、人生の終わりが近づいていることを思い知らされた彼は、「死」について考え始める。子供の頃怖かった暗闇、去っていったペットの亀、「エサ」として売られるコオロギ——小さな街の人々との交流の中で、ラッキーは「それ」を悟っていく。
現実主義で一匹狼、すこし偏屈なラッキーを演じるのは、2017年9月に亡くなったハリー・ディーン・スタントン。名バイプレイヤーとして知られるジョン・キャロル・リンチが、全ての者に訪れる人生の終わりについて、スタントンの人生になぞらえて描いたラブレターともいえる初監督作品である。また、ラッキーの友人役として、映画監督のデヴィッド・リンチが出演。実際、長きにわたる友人である彼らを当て書きした脚本は哲学的で示唆に富んでおり、彼らの“素”を思わせるやりとりを見ることができる。

***********************************

監督:ジョン・キャロル・リンチ(『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』出演)
出演:ハリー・ディーン・スタントン(『パリ、テキサス』『レポマン』『ツイン・ピークス The Return』)、デヴィッド・リンチ(『インランド・エンパイア』『ツイン・ピークス』監督)、ロン・リビングストン(『セックス・アンド・ザ・シティ』)、エド・ベグリー・ジュニア、トム・スケリット、べス・グラント、ジェイムズ・ダレン、バリー・シャバカ・ヘンリー
2017/アメリカ/88分/英語/1:2.35/5.1ch/DCP
配給・宣伝:アップリンク
(c) 2016 FILM TROOPE, LLC All Rights Reserved
       


名優ハリー・ディーン・スタントン『ラッキー』にコメント第一弾到着!!


映画情報どっとこむ ralph この度、 名優ハリー・ディーン・スタントン最後の主演作『ラッキー』が、2018年3月17日(土)より、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷、 ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国順次公開いたします。
本作は、自由で堅物で一匹狼、90歳の頑固じいさんラッキーとちょっと風変わりな街の人々の交流を描いた物語。そして、 名バイプレイヤーとして知られるジョン・キャロル・リンチが、『パリ、テキサス』『レポマン』『エイリアン』など200本以上の作品に出演したハリー・ディーン・スタントンの人生になぞらえて描いたラブレターともいえる初監督作品。


兼ねてよりハリー・ディーン・スタントンの大ファンだという俳優の竹中直人さんから、アメリカ文学研究者で翻訳家の柴田元幸さんをはじめ、各界の著名人から、ハリー・ディーン・スタントンへの愛に溢れたコメント第一弾が到着しました。

コメントページ: http://www.uplink.co.jp/lucky/#comments

映画情報どっとこむ ralph <映画『ラッキー』に魅了された著名人からのハリー・ディーン・スタントンへの愛が込められたコメント第一弾到着!!>

*敬称略・順不同

竹中直人(俳優・映画監督)
大好きだったハリー・ディーン・スタントンがずっとずっと仏頂面をしているんだ。なんだか観ていてやんなっちゃう。
でも…でもね…ハリーが歌い出すんだ。メキシコの素敵な家族の前で… 是非スクリーンでハリーの姿を見届けて欲しい。ハリーの美しく優しさに満ち溢れた歌声を…

柴田元幸(アメリカ文学研究者/翻訳家)
主役のハリー・ディーン・スタントンはもちろん素晴らしいが、逃げられた100歳の亀について誰かが切々と語る場面があるだけでこの映画を好きにならないわけにはいかない。その誰かを演じているのがデヴィッド・リンチだというのはほとんどおまけのようなものである。

清水崇(映画監督)
本作は、今の僕らに地続きだ。ラッキーのような老人は世界中にいるし、彼のような老人を蔑み、小馬鹿にする人もよく見かける。自分も老人になっていっているのに……?僕が年老いた時、偏屈でも穏やかに自分らしく生きられるだろうか。役者が役者を見つめる本作には、劇的な要素など無い。先輩名優への監督の眼差しに、全ての人への優しさを感じた。

いましろたかし(漫画家)
死は各自色々であろうし誰でも死ぬのだが砂漠の中の小さな街をトボトボと歩き人と他愛ない話をしながら老いて死ぬのはやっぱりラッキーなのではないのだろうか?映画は全てを語るものではないし、ましてや詩的でノンストーリーの映画となれば
それを観た自分の印象が全てだと思ってるので、ああラッキーはツキがある奴だなあと感じた次第です。結構笑えました。

百々和宏(ミュージシャン/MO’SOME TONEBENDER)
若い頃は「どうせ俺たち死に向かって歩く囚人だから~」なんて嘯(うそぶ)く歌が好きだったが、人生も半ばを過ぎりゃ死生観も変わる。終末を意識し始めた頑固ジジイ・ラッキーの懺悔にシンパシーを感じ、彼を見つめる周囲の暖かい眼差しにホッコリし、自由を求め脱走したリクガメを応援したくなる。私もこの映画の登場人物になりたいと思った。

コメント第ニ弾は以下!
http://eigajoho.com/102185
映画情報どっとこむ ralph 映画『ラッキー

2018年3月17日(土)より、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

公式サイト:
http://www.uplink.co.jp/lucky/

公式Twitter:
@LuckyMovieJP


銀行強盗もしない、飛行機から飛び降りもしない、人助けもしない。
「人生の終わり」にファンファーレは鳴り響かない。

全ての者に訪れる「死」。
90歳の気難しい現実主義者ラッキーがたどり着いた、ある答え。

神など信じずに生きてきた90歳のラッキーは、今日もひとりで住むアパートで目を覚まし、コーヒーを飲みタバコをふかす。いつものバーでブラッディ・マリアを飲み、馴染み客たちと過ごす。そんな毎日の中でふと、人生の終わりが近づいていることを思い知らされた彼は、「死」について考え始める。子供の頃怖かった暗闇、去っていったペットの亀、「エサ」として売られるコオロギ——小さな街の人々との交流の中で、ラッキーは「それ」を悟っていく。
現実主義で一匹狼、すこし偏屈なラッキーを演じるのは、2017年9月に亡くなったハリー・ディーン・スタントン。名バイプレイヤーとして知られるジョン・キャロル・リンチが、全ての者に訪れる人生の終わりについて、スタントンの人生になぞらえて描いたラブレターともいえる初監督作品である。また、ラッキーの友人役として、映画監督のデヴィッド・リンチが出演。実際、長きにわたる友人である彼らを当て書きした脚本は哲学的で示唆に富んでおり、彼らの“素”を思わせるやりとりを見ることができる。

***********************************

監督:ジョン・キャロル・リンチ(『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』出演)
出演:ハリー・ディーン・スタントン(『パリ、テキサス』『レポマン』『ツイン・ピークス The Return』)、デヴィッド・リンチ(『インランド・エンパイア』『ツイン・ピークス』監督)、ロン・リビングストン(『セックス・アンド・ザ・シティ』)、エド・ベグリー・ジュニア、トム・スケリット、べス・グラント、ジェイムズ・ダレン、バリー・シャバカ・ヘンリー
2017/アメリカ/88分/英語/1:2.35/5.1ch/DCP
配給・宣伝:アップリンク
(c) 2016 FILM TROOPE, LLC All Rights Reserved


滝本誠×高橋ヨシキが語る「リンチの面白いところは・・・『デヴィッド・リンチ:アートライフ』公開記念


映画情報どっとこむ ralph 新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか絶賛公開中の映画『デヴィッド・リンチ:アートライフ』の公開を記念し、2月9日(金)アップリンク渋谷にて、映画・美術評論家の滝本誠さんとデザイナーでありライターの高橋ヨシキさんが登壇。リンチのアート・ライフについて熱いトークが繰り広げられました。

日時:2月9日(金)
会場:アップリンク渋谷
ゲスト:滝本誠(映画・美術評論家)、高橋ヨシキ(デザイナー、ライター)


映画情報どっとこむ ralph デヴィッド・リンチの創作に迫るドキュメンタリー映画『デヴィッド・リンチ:アートライフ』の公開記念トークイベントが2月9日(金)アップリンク渋谷にて行なわれ、ゲストに映画・美術評論家の滝本誠とデザイナーであり、ライターの高橋ヨシキが登壇。リンチのアート・ライフについて熱く語りました。

本作は、映像作品のみならず、絵画、写真、音楽など様々な方法で表現活動を続けているデヴィッド・リンチが、美術を専攻した学生時代の「退屈」と「憂鬱」、悪夢のような街フィラデルフィアでの暮らし、そして長編デビュー作『イレイザーヘッド』に至るまで自ら語ったドキュメンタリー映画。リンチを知り尽くしている両者でも「これだけ過去の映像が残っているのにはびっくりした」 と口を揃える。

映画の感想を

高橋さん:この映画で描かれているリンチの<アート・ライフ>は、実際はそうであるんだけど、リンチ的にみせたいところが詰まった映画だと感じました。<アート・ライフ>なのか<ライフ>なのかっていう問題もあるんだけど、“こういう風にありたい”っていうことが全面に出ているように観ていて感じました。

とコメント。一方、

滝本さん:自分の過去を自分の言葉で語っていくというのは、うれしいぐらいに物語を作っていけるから、この映画はリンチを主題としたフィクションの誕生といってもいいかもしれない。現在製作しているアート作品たちを証拠的なものとして挿入し、ディレクションをしている。これらのアート作品によってリンチの過去が魅力的に改変され、再構成されていっているように思います。

と説明。

映画情報どっとこむ ralph 劇中の中でリンチが”助成金が取れてよかった。これで映画がつくれるようになる”と語るシーンについて

高橋さん:このシーンを観てリンチは”映画”があってどんだけ幸せなんだろうと考えました。彼はロバート・ヘンライ著の『アート・スピリット』を手にして、その本が指し示すアーティストになろうと強い方向性でいたら、僕らがこうして今リンチの話をしていることは永遠にありえなかったし、個人で作っている映画よりも人を巻き込んでやっている映画が、ものすごい成功を収めているのもすごいですよね。

と指摘する。

またリンチのアート作品について

高橋さん:リンチの絵って、人がいて、物があり、セリフがあって、これってまるで映画のシーンじゃないのかなと観ていて思う。

と話すと、

滝本さん:リンチの面白いところは、目の前にあるものすべてをアートに変えることだと思います。

と締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph 【プロフィール】
滝本誠(たきもと・まこと)
1949年京都生まれ。映画・美術評論家。著書に『きれいな猟奇―映画のアウトサイド』(平凡社)、『渋く、薄汚れ。―ノワール・ジャンルの快楽』(フィルムアート社)、解説担当書にロバート・ヘンライ『アート・スピリット』(国書刊行会)などがある。最新刊は『映画の乳首、絵画の腓 AC 2017』(幻戯書房)。


高橋ヨシキ​(たかはし・よしき)
1969年東京生まれ。デザイナー、ライター。チャーチ・オブ・サタン公認サタニスト。雑誌『映画秘宝』でアートディレクションを手がける傍らライターも務める。また数多くの映画ポスター、DVDジャケットのデザインを担当。著書に映画評集『暗黒映画入門/悪魔が憐れむ歌』『暗黒映画評論/続・悪魔が憐れむ歌』(洋泉社)など多数。

映画情報どっとこむ ralph 映画『デヴィッド・リンチ:アートライフ
原題:David Lynch: The Art Life

公式サイト:
http://www.uplink.co.jp/artlife/

Twitter:
@LynchArtLifeJP

リンチが紡ぐ「悪夢」はどこから生まれるのか?
『ツイン・ピークス The Return』で再び世界を騒がせる、映画界で最も得体の知れない監督――その「謎」が「謎」でなくなる、かもしれない。

映像作品のみならず、絵画、写真、音楽など様々な方法で表現活動を続けているデヴィッド・リンチ。「その頃の僕の世界はとても小さく、近所の数ブロックに全てがあった」ハリウッドにある自宅兼アトリエで語られる過去。「恐怖が垂れ込める意地の悪い街」フィラデルフィアでの日常。その中に潜む「恐怖」「苦悩」は、まるでリンチ作品の登場人物のような姿で私たちの前に現れては消えていく。

アメリカの小さな田舎町で家族と過ごした幼少期、アーティストとしての人生に憧れながらも溢れ出る創造性を持て余した学生時代の退屈と憂鬱。後の『マルホランド・ドライブ』(2001 年)美術監督である親友ジャック・フィスクとの友情。生活の為に働きながら、助成金の知らせを待った日々。そして、当時の妻ペギーの出産を経てつくられた長編デビュー作『イレイザーヘッド』(1976 年)に至るまでを奇才デヴィッド・リンチ自らが語りつくす。

***********************************

監督:ジョン・グエン、リック・バーンズ、オリヴィア・ネールガード=ホルム(『ヴィクトリア』脚本)
出演:デヴィッド・リンチ
配給・宣伝:アップリンク

2016 年/アメリカ・デンマーク/88 分/英語/DCP/1.85:1
(C) Duck Diver Films & Kong Gulerod Film 2016


手塚眞が語る 父・手塚治虫とのリンチエピソード『デヴィッド・リンチ:アートライフ』公開記念イベント


映画情報どっとこむ ralph 新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか絶賛公開中の映画『デヴィッド・リンチ:アートライフ』。

その公開を記念し、1月31日(水)に新宿シネマカリテにて第2弾トークイベントが、ゲストにヴィジュアリストの手塚眞さん、聞き手に映画評論家の松崎健夫さんを迎え、リンチについて、またご自身の映画作りについてトークが繰り広げられました。


日時:1月31日(水)
会場:新宿シネマカリテ
ゲスト:手塚眞(ヴィジュアリスト)
聞き手:松崎健夫(映画評論家)

映画情報どっとこむ ralph ゲストは 映画『星くず兄弟の新たな伝説』の監督で、ヴィジュアリストの手塚眞氏、聞き手に映画評論家の松崎健夫氏が登壇。リンチについて、またご自身の映画作りについて熱いトークが繰り広げられました。

本作は、映像作品のみならず、絵画、写真、音楽など様々な方法で表現活動を続けているデヴィッド・リンチが、美術を専攻した学生時代の「退屈」と「憂鬱」、悪夢のような街フィラデルフィアでの暮らし、そして長編デビュー作『イレイザーヘッド』に至るまで自ら語ったドキュメンタリー映画。

本作の感想を聞かれ

手塚さん:リンチの学生時代の友人としてジャック・フィスクが出てきて感動しました!彼は『ファントム・オブ・パラダイス』やテレンス・マリック監督の美術監督で、リンチとは学生時代に途中で袂を分かつんですよね。その後フィスクは世界的に活躍し、『キャリー』のシシー・スペイセクと結婚しちゃったりする(笑)。リンチが『イレイザーヘッド』を撮っていた頃、フィスクはもちろん、それまでの仲間たちがもう既にバリバリ活躍していたはずだから、リンチは相当口惜しさがあったんじゃないかな。

と分析。それに対し

松崎さん:私の映像制作時代の師匠は撮影監督の栗田豊道さんなんですが、栗田さんがちょうどリンチと同じころAFI(アメリカン・フィルム・インスティチュート)に通っていて、聞いた話だと “デヴィッド ” とかという変人が卒業もせずにずっと映画を作っていると。それが後の『イレイザーヘッド』だったそうです。

と松崎さんもリンチの学生時代について語った。

映画情報どっとこむ ralph また、本作が『イレイザーヘッド』で終わる、ということをどう思うかという質問に

手塚さん:少年時代とか、監督デビューした当時の話など、そのところがリンチにとって“良き思い出” になっているからでしょうね。むしろ『イレイザーヘッド』から後の話はまだ語り切れない、時間が経たないと話せないものがあるのではないんでしょうか。その気持ちは僕もよくわかるんです。

答えた。

また、自著『父・手塚治虫の素顔』(新潮文庫刊)で父・手塚治虫先生とリンチについて語り合ったエピソードに触れ

手塚さん:父は本当に映画が好きでよく観ていたのですが、『ブルーベルベット』を観て“僕は大嫌いだ!学生映画だ”と、怒っていました。リンチの映画は編集がすごく変わっていて、普通はやっちゃいけない手法を平気でやる。僕はそこが好きだったんですが、父には“安っぽい”と映ったようです。

と話した。


映画情報どっとこむ ralph リンチと自身の共通点について聞かれると

手塚さん:全く逆。リンチは映画作家である以前からアーティスト。アートを志してその中で映画を発見していく。僕は最初から映画を撮りたくて、映画にしか興味がなかった。映画をやっていくなかでアートを見つけていった。

と説明、現在公開中の『星くず兄弟の新たな伝説』について話が及ぶと、

手塚さん:もともと『星くず兄弟の伝説』は、僕にとって「アクシデント」みたいなもの。近田春夫さんに頼まれて作り始めた。素人同然の人たちが集まって、さらにその知り合いなんかが出演した作品が、たまたまバブルの時代に乗っかって“商業映画”になってしまい、さらに今でいう“カルト映画”的な評価を受けた。新作ではその約30年後を描いてるわけですが、とにかく自由な作品になった。それに、リンチが『イレイザーヘッド』以降についてまだ語っていないように、僕も10年前だったら『星くず兄弟の伝説』の続編は作ってなかったし、話す気にすらならなかったと思います。

と自身を振り返った。

映画『デヴィッド・リンチ:アートライフ
原題:David Lynch: The Art Life

は 新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか絶賛公開中。

リンチが紡ぐ「悪夢」はどこから生まれるのか?

『ツイン・ピークス The Return』で再び世界を騒がせる、映画界で最も得体の知れない監督――その「謎」が「謎」でなくなる、かもしれない。

映像作品のみならず、絵画、写真、音楽など様々な方法で表現活動を続けているデヴィッド・リンチ。「その頃の僕の世界はとても小さく、近所の数ブロックに全てがあった」ハリウッドにある自宅兼アトリエで語られる過去。「恐怖が垂れ込める意地の悪い街」フィラデルフィアでの日常。その中に潜む「恐怖」「苦悩」は、まるでリンチ作品の登場人物のような姿で私たちの前に現れては消えていく。

アメリカの小さな田舎町で家族と過ごした幼少期、アーティストとしての人生に憧れながらも溢れ出る創造性を持て余した学生時代の退屈と憂鬱。後の『マルホランド・ドライブ』(2001 年)美術監督である親友ジャック・フィスクとの友情。生活の為に働きながら、助成金の知らせを待った日々。そして、当時の妻ペギーの出産を経てつくられた長編デビュー作『イレイザーヘッド』(1976 年)に至るまでを奇才デヴィッド・リンチ自らが語りつくす。

映画情報どっとこむ ralph 手塚眞監督作品
三浦涼介×武田航平『星くず兄弟の新たな伝説』初日舞台挨拶
http://eigajoho.com/96607


***********************************

監督:ジョン・グエン、リック・バーンズ、オリヴィア・ネールガード=ホルム(『ヴィクトリア』脚本)
出演:デヴィッド・リンチ
配給・宣伝:アップリンク
2016 年/アメリカ・デンマーク/88 分/英語/DCP/1.85:1/
   


CAFE:MONOCHROME、十誡、Tabela“デヴィッド・リンチ的”コラボドリンク提供決定!


映画情報どっとこむ ralph 2018年1月27日(土)より、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次公開となる、映画『デヴィッド・リンチ:アートライフ』の公開にあわせて、リンチコーヒーが飲める渋谷のCAFE:MONOCHROMEや、リンチ書籍も並ぶブックライブラリースタイルのカフェ・バー、十誡との豪華コラボレーションが実現。

さらに映画をイメージしたドリンクを提供してくれるカフェレストラン、バーのお店を募集です!


映画情報どっとこむ ralph リンチの世界観が融合した魅惑のコラボレーション

◆CAFE:MONOCHROME×『デヴィッド・リンチ:アートライフ』

コーヒー好きのリンチはリンチは自らのブランドによるオーガニックコーヒー豆「DAVID LYNCH COFFEE」作っている。その貴重なコーヒーが飲める渋谷のCAFE:MONOCHROMEでは映画からインスパイアされたケーキセットとクッキーを限定発売いたします。
・アート・ライフWITHダギーズチョコレートケーキセット 1,500円
映画『デヴィッド・リンチ:アート・ライフ』のメインビジュアルクッキーと『ツイン・ピークス The Return』でダギーが食べているチョコレートケーキをコンビネーションさせたスイーツセット。デヴィッド・リンチコーヒーとの相性、抜群です。

・デヴィッド・リンチ:アートクッキー3枚セット 1,200円
映画『デヴィッド・リンチ:アート・ライフ』に登場するアート作品がクッキーに。

■期間:1月20日(土)~

CAFE:MONOCHROME
東京都渋谷区宇田川町4-10 渡辺ビル201
tel.03-6452-5735

http://cafemonochrome.com/

※不定休につき営業日時はHPにて。

映画情報どっとこむ ralph ◆Bar十誡×『デヴィッド・リンチ:アートライフ』

”好事家の書斎”をコンセプトとした、感性を限りなく刺激するブックライブラリースタイルのカフェ・バー、十誡。壁一面に鎮座する書架の中には、デヴィッド・リンチの書籍も並びます。リンチの脳内をイメージした魅惑のカクテルで幻想的なひとときを。
・Melancholic(天上の憂鬱) 1,700円

コーヒー通であるデヴィット・リンチ監督をイメージしたエスプレッソマティーニです。オレンジビターズを一滴加えたビターでダークな味わい。グラスを飾る真っ赤な飴細工が、言語化不可能なリンチの脳内やメランコリックな感覚をイメージしています。

■期間:1月18日(木)18:00~

Bar十誡
東京都中央区銀座5-1-8 銀座MSビル地下二階
tel.03-6264-5775

https://www.zikkai.com/

※月曜定休日


映画情報どっとこむ ralph ◆Tabela×『デヴィッド・リンチ:アートライフ』

アップリンク渋谷の併設のカフェTabelaにて、映画『ブルーベルベッド』をイメージしたカクテルが公開日より登場。『デヴィッド・リンチ:アートライフ』の他にも、過去作を一挙上映する「デヴィッド・リンチの映画」特集上映も開催。
・ブルーベルベッド 700円

デヴィッド・リンチが自らの作風を確立したといわれる映画『ブルーベルベッド』をイメージしたカクテル。ラムをベースにオレンジの果皮を使って香りづけをしたブルーキュラソーとグレナデン・シロップのザクロの香りがアクセント。青と赤の色鮮やかな2層グラデーションは見た目にも楽しめる。飲み進めるごとにリキュールとシロップが混ざり合い豊かな風味に。

■期間:1月27日(土)~

カフェレストランTabela
東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1階
tel. 03-6825-5501
http://www.uplink.co.jp/tabela/

映画情報どっとこむ ralph 映画をイメージしたドリンクを提供してくれるカフェレストラン、バーのお店を募集!!

実施してくださる店舗様にはコラボメニューをご注文のお客様へのプレゼント用の映画オリジナルコースターを提供。SNS公式アカウントでも紹介してくれるそうです。
参加希望の方は以下のアドレスまで、件名を【デヴィッド・リンチ/コラボドリンク】とし、募集要項を明記の上ご応募ください。

■応募宛先:film@uplink.co.jp
■件名:デヴィッド・リンチ/コラボドリンク
————————————
▼▼▼募集要項▼▼▼
————————————
★お店の名前
★ご担当者名
★住所
★電話番号
★URL
★SNSアカウント
★提供予定のドリンク名称
★提供予定のドリンク説明


映画情報どっとこむ ralph 映画『デヴィッド・リンチ:アートライフ』作品情報

2018 年1月27 日(土)、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次公開

リンチが紡ぐ「悪夢」はどこから生まれるのか?
『ツイン・ピークス The Return』で再び世界を騒がせる、映画界で最も得体の知れない監督――その「謎」が「謎」でなくなる、かもしれない。

映像作品のみならず、絵画、写真、音楽など様々な方法で表現活動を続けているデヴィッド・リンチ。「その頃の僕の世界はとても小さく、近所の数ブロックに全てがあった」ハリウッドにある自宅兼アトリエで語られる過去。「恐怖が垂れ込める意地の悪い街」フィラデルフィアでの日常。その中に潜む「恐怖」「苦悩」は、まるでリンチ作品の登場人物のような姿で私たちの前に現れては消えていく。

アメリカの小さな田舎町で家族と過ごした幼少期、アーティストとしての人生に憧れながらも溢れ出る創造性を持て余した学生時代の退屈と憂鬱。後の『マルホランド・ドライブ』(2001 年)美術監督である親友ジャック・フィスクとの友情。生活の為に働きながら、助成金の知らせを待った日々。そして、当時の妻ペギーの出産を経てつくられた長編デビュー作『イレイザーヘッド』(1976 年)に至るまでを奇才デヴィッド・リンチ自らが語りつくす。



***********************************

監督:ジョン・グエン、リック・バーンズ、オリヴィア・ネールガード=ホルム(『ヴィクトリア』脚本)
出演:デヴィッド・リンチ
配給・宣伝:アップリンク
(2016 年/アメリカ・デンマーク/88 分/英語/DCP/1.85:1/原題:David Lynch: The Art Life)

(C) Duck Diver Films & Kong Gulerod Film 2016