「デビット伊東」タグアーカイブ

『サイゴン・クチュール』グエン・ケイ監督来日記者会見&トークショーに野宮真貴ほか登壇!


映画情報どっとこむ ralph 映画『サイゴン・クチュール』は1969年のサイゴンで、代々続くアオザイ仕立屋で母に対し反抗を繰り返す娘・ニュイがある日21世紀にタイムスリップ。変わり果てた自分と店の姿に自分の《人生》を変えるべく奔走するファッション・ファンタジー。1人の女性の成長を華やかに描き、女性が元気になれる【ビタミンムービー】。

12/21(土)より新宿K’sシネマほか全国順次公開の映画『サイゴン・クチュール』の監督来日イベントが11/11(月)に笹塚ボウルにて開催。グエン・ケイ監督のほか、野宮真貴さん、デビット伊東さん、落合賢さんが登壇されました。
映画情報どっとこむ ralph 黒のシックなアオザイで登場したケイ監督。1960年代を舞台にした映画を製作した理由について司会の映画ライター・新谷里映に問われると、「1960年代は素晴らしいことがたくさんあった、希望に満ちた時代でした。そんな時代を愛しているからです。」と答えた。また、母と娘の設定は脚本の初期段階では姉妹の設定であったことや、用意された衣装は231着に上ることなど、製作中の裏話を明かし、その度に会場からは驚きの声が上がった。

また、本作の特徴である華やかなアオザイの衣装についても言及。「ファッションデザイナーを務めたトゥイ・グエンから、フランスの植民地時代の象徴である花柄のタイルや、1960年代の象徴である水玉模様をアオザイのデザインに取り入れたいと提案されたんです。彼女のおかげで現代的でありながらもレトロな雰囲気を持つ、素晴らしい衣装となりました。嬉しいことに、この映画をきっかけにアオザイを普段から着る若い人たちが増えたんです」と明かした。

第1部の終盤にはベトナム映画『サイゴン・ボディガード』、『パパとムスメの7日間』などを手がける落合賢監督が登壇。落合が作中の華やかな色使いについて触れると、ケイ監督は「1960年代はポップな色使いをする時代でした。また、ベトナムのような熱帯の場所はトロピカルカラーが映えるんです。」と顔をほころばせた。
トークショーの第2部には、ミュージシャンの野宮真貴、ベトナムにラーメン店を出店しているデビット伊東が登場。作品について野宮は「とてもキュートでポップ!ピチカート・ファイヴで着ていたようなファッションがたっぷりでした。久しぶりにワクワクするような楽しい映画を観ました。ベトナムに知り合いのお店があり、アオザイをつくったことがあるのですが、劇中に出てきた水玉模様のアオザイがすごく欲しくなりました。」、デビットは「とにかくカワイイ映画。主人公の母親がいう「基本を大事にしろ」というセリフが印象に残りましたね。」とそれぞれ感想を述べ、その度にケイ監督は笑顔で感謝を伝えていた。

またケイ監督は2作目、そして3作目についても言及。「3作目は京都を舞台にしたいと思っているのですが、野宮さんには一番良いアオザイを10回くらい着替える役で出て欲しい。すごく似合うと思います。」とオファー。「ステージで10回着替えたことがあります。着替えは得意です。」と野宮が返すと、会場は大きな笑いに包まれた。

イベント終盤には、本作のコスチュームデザインを担当したテュイ・グエンによるブランドTHUY DESIGN HOUSEの革新的なファッションが立ち並ぶスペシャルファッションショーも開催。華やかなアオザイが会場を彩った。
そしてベトナム人ダンスグループ9Flowersが作品のテーマをバックにダンスを披露、会場は大いに湧き、イベントは終幕となった。
映画情報どっとこむ ralph 映画『サイゴン・クチュール』
原題:Cô Ba Sài Gòn 
英題:The Tailor 

12月21日(土)より新宿K’sシネマほか全国順次ロードショー!

***********************************

監督:グエン・ケイ/チャン・ビュー・ロック
配給宣伝:ムービー・アクト・プロジェクト
[2017/ベトナム/100分]
©STUDIO68




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

鎌田紘子のコスプレに男性陣はデレデレ!『ザ・ゲスト』ハロウィンミニ会見


11月8日(土)公開のアンノウン・スリラー

『ザ・ゲスト』 。

本作の公開を記念して10月30日(木)にニコニコ生放送にて公開記念特番を放送し、放送前に主人公デイヴィッドの名前から声がかかったデビット伊東さん、劇中に登場する可愛らしい衣装【実物!】を着用して登場の鎌田紘子さん、映画の添削なら俺に任せろ!と赤ペン瀧川先生、そして主人公の一見紳士的に見える振る舞いからジェントルさんの4名をお迎えしてマスコミ会見を行いました。

『ザ・ゲスト』オフィシャル①
『ザ・ゲスト』ニコニコ生放送前 ミニ会見

日 時:10月30日(木) 
場 所:ドワンゴ半蔵門スタジオ
登壇者:デビット伊東、鎌田紘子、赤ペン瀧川先生、ジェントル

本作が<アンノウン・スリラー>であることから、ゲストの皆さんにホラー映画を見ますか?という質問に及ぶとデビットさんがまさからの大のホラー映画嫌いだったことが判明!

さらにホラー映画を見た後はトイレに行けなくなることを明かすと他のゲストは大爆笑!
デビットさんの可愛い一面が伺えました。
さらに会見の合間、合間の絶妙なタイミングでデビットさんの
突っ込みが入るたび、笑いが起こりました!

また本日、唯一ゲストの中で女性だった鎌田さん。劇中で実際に使用された衣装のコスプレ姿で登場!そのキュートな姿に男性陣ゲストはデレデレな様子でした。

質疑応答の内容です!

Q:まずはご挨拶をお願いします。

デビットさん:デビット伊東です。よろしくお願いします。

鎌田さん:鎌田紘子です。よろしくお願いします!

赤ペン瀧川先生:なんでも添削家赤ペン先生でございます。よろしくお願いします。

ジェントルさん:元よしもと芸人で、今は司会や俳優をやってます、ジェントルです。
よろしくお願いします。

(すかさずデビットさんから「そうなの!?」と鋭い突っ込みが入り、全員爆笑)

Q:映画『ザ・ゲスト』は サスペンス?ホラーなのか??ジャンルを超越した<アンノウン・スリラー>と呼んでおりますがご覧になっていかがでしたか?普段スリラーやホラー映画をご覧になりますか?

デビットさん:僕は全く見ないですね。(笑)怖いのがダメ!子供時に『オーメン』とかゾンビ映画とか見て、おねしょしちゃったんだよね。(笑)本当に見ないし、全然トイレに行けなくなっちゃう!(作品は)見ましたよ。頑張ってトイレに行きました。

鎌田さん:普段、外国のホラー映画は見ないんですけど、日本のは(ホラー映画)は見ますよ。グロいのとかも見ますし。映画は、スリルがあって面白かったし主人公のデイヴィッドがめちゃくちゃイケメンで最高だと思いました。

赤ペン瀧川先生:サスペンス、スリラー映画はめちゃくちゃ見るんですよね。年間300~400本は見てる男なんです。なのにこの作品をひも解くためのヒントはなんだったんだろうなと思って、即2回見直したんですよね。サスペンスやアクションって言われてますけど、
実は脚本の根底にはSF的なものはあると思ったんです。だから皆さんが見る時、是非気をつけていただきたいですね。

(そこでデビットさんが「素晴らしい!彼だけのコメントだけを使ってください」と発言し、全員爆笑)

ジェントルさん:僕もあまりホラーは見ないんですけど、デビットさんと同じで『キョンシー』を見て怖かったんですよね。

(「『キョンシー』はコメディだからね!」と赤ペン瀧川先生が突っ込む)

今回の作品もジャンルを知らないで鑑賞していて、「イケメンが出てるな~」くらいだったんですけど、まさかこんな展開になるのか!と。最初から最後まであっという間で楽しめましたし、ダン・スティーヴンスが本当に格好良くて、写真を撮って速攻美容師さんに送って「この髪型にしてください」って言いましたね。

Q:皆さま“ゲスト”として番組などに招かれることも多いと思いますが、ここはアウェイだったなー!などゲストエピソードはございますか?

デビットさん:まずは今日ですかね!(笑)皆さんは経験がないかもしれませんが、僕たちがデビュー当時はいろいろあったんですよ。まずステージはないし。みかん箱の上でコントやったことあります?1畳くらいの広さはあるくらいで、「はい、こちらで~す」て言われたりもしていたので、今はアウェイ感はどこに行っても感じないですね。天井が抜けてようが(会場の天井が抜けている部分があったため)、みかん箱に比べたら全然大丈夫!(笑)

鎌田さん:私は基本的にどこに行ってもまだアウェイ感は感じますね。今も感じてますよ。

(それに対し、赤ペン瀧川先生「全然そんなことないと思いますよ」とコメント)

じゃあ馴染んでください!(笑)

(「心を許してくださったらいくらでも!」とデビットさん)

赤ペン瀧川先生:僕もまだ行くところ行くところアウェイ感は感じているんですが、じゃあホームはどこなんだろうと思った時、あんまりホームがないなって思ったんです。だからこの先もどこに行ってもアウェイ感で突っ込んでいくんじゃないかと思います。

ジェントルさん:僕はお笑いをやっていた時はいつもアウェイ感を感じてましたね。(芸人)1年目の時、スキー場のリフト乗り場でネタをする仕事があったんです。でもみんなスキーをしに来てるから見てくれないんですよね。それが1番辛かったですね。。

(MCが「今、東京国際映画祭をやっているんですが、ニコニコ動画さんも関わっていらして、そのバナーにこの特番の告知が付いていたんですよね」というフリをしたところ・・・)

デビットさん:バナーって何!!?バナー知ってた??

一同:知ってますよ!(笑)

デビットさん:知ってるの?!すいません、本当すいません・・・何か距離感が出ちゃった。(笑)

Q:ハロウィンの記念番組ということもありハロウィンのエピソードなどありますか?

デビットさん:日本のものじゃないしねぇ。日本は盆と正月でしょ!全く経験がないですね。

(MCが「最近は六本木とかでも仮装したり盛り上がっていますよね!」という発言に対して)

そんなのいたらなぐられちゃうよ!昔の彼女の話なんだけど、ハロウィンの格好で「かぼちゃ~」て笑わせようとしたら真剣に殴られましたからね。(笑)当時はそんなもんですよ。皆さんと世代も違いますからねぇ・・・

鎌田さん:毎年やりたいと思っているんですけど、コスプレした方ってみんなどこに行くんですかね?

(すかさず「それはこっちが知りたい!」とデビットさん)

わかんないですよね、それでいつもできなくて・・・だからハロウィンは未経験なんです。

(「じゃあこれから常にバナーを貼ってたらいいんじゃない?」とデビットさんが謎の提案、「バナー覚えちゃったからね!笑」と赤ペン瀧川先生)

赤ペン瀧川先生:ハロウィンを楽しむ世代とそうじゃない世代には明確な線引きがあると思うんです。僕はまだハロウィンが馴染んでいない世代なんですね。だからハロウィンで何をするのかもわかってなくて、「かぼちゃを煮るの?」みたいなくらいですよ。冬至とハロウィンの差がわかりませんよ。

(「かぼちゃ嫌いだしね」とデビットさん)

海外だとハロウィンはホラーですしね。

ジェントルさん:
僕は今32歳で(ハロウィン)パーティする世代じゃないんですけど、去年好きだった子からパーティに誘われたんですよ!僕は漫才している人間だったので、コント以外なかったんですよね、だから「何か仮装しないと!」と思って家に帰って探したら板前の衣装しかなかったんですよ・・・板前の衣装を着ていったら嫌われちゃって。

(「そりゃダメだろ!」とデビットさん)

何かちょっと違うと思われちゃったみたいで。
めちゃくちゃウケだんですけど、「ありえないだろ」ていう意味でウケたみたい。僕は笑い取れたから嬉しかったんですけど、女性からしたらダメだったらしくて、その後うまくいってないです・・・

(「もっと頑張れば良かったのに!」と元気付けるデビットさん)

Q:.最後に本作を一番褒めてくれそうな赤ペン瀧川先生より映画の見所をお願いします。
『ザ・ゲスト』オフィシャル②
デビットさん:以下、同文にしてください!

(全員、納得しつつ爆笑)

赤ペン瀧川先生:サスペンススリラーという一見怖そうなジャンルですが、そうゆうジャンルが苦手な方もきっと楽しめる作品だと思うので是非、この機会に手を出してみてください!

本作、映画館を出るときに絶対マジ!?なんで~って思いますよ!

『ザ・ゲスト』(原題:THE GUEST)

11月8日(土)より、シネマサンシャイン池袋他にて公開です!

公式サイト:the-guest.jp 

********************************************************************

『ザ・ゲスト』ポスター物語・・・
ある家族のもとにやってきた、一人の訪問者デイヴィッド。
美しい顔をした男の“真実”に迫る時、世界は銃声で包まれる。
あなたに彼の正体を見破ることができるのか―

ハロウィン間近、戦死した息子の戦友デイヴィッドが突如として訪問してくる。
礼儀正しく、謙虚でかつ容姿端麗な彼は一家に溶け込み、一家のそれぞれが抱える様々なトラブルを解決していく。

しかし、その見た目や言動には想像できない裏の顔と目的をもった人物であることが徐々に判明していく。遂には特殊部隊が出動。

激しい銃撃戦が繰り広げられ、閑静な街は一気に戦場と化す。
彼は何者で、本当の目的は何なのか―。

監督:アダム・ウィンガード『サプライズ』、『V/H/S』シリーズ  
脚本:サイモン・バレット『サプライズ』、『V/H/S』シリーズ 
出演:ダン・スティーヴンス「ダウントン・アビー」(TV)、『ナイトミュージアム3』、
マイカ・モンロー『ブリングリング』『とらわれて夏』
2014年/シネマスコープ/100分/5.1ch   R15+ 
字幕翻訳:齋藤敦子 
(C) 2013 Adam David Productions
提供:ハピネット、ショウゲート 
配給:ショウゲート 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ