「デイミアン・チャゼル」タグアーカイブ

チャゼル監督・ゴズリング・ZOZO前澤友作『ファースト・マン』特別鼎談映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 世界中の映画賞を席巻した『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督と主演ライアン・ゴズリングによる最強コンビが贈る最新作は心躍るミュージカルから一転、人類で初めて月に降り立ったアポロ11号船長のニール・アームストロングの視点でその歴史的偉業である月面着陸計画を描いた映画『ファースト・マン』が2月8日(金)に全国公開を迎える。
昨年12月上旬に本作のプロモーションのためデイミアン・チャゼル監督と主演ライアン・ゴズリングが来日。
2023年に打ち上げ目標として、世界的なアーティストをSpaceX社が開発した完全再利用型次世代ロケットStarshipで月周回に招待し、そこで受けたインスピレーションをもとに作品を創作するというアート・プロジェクト「#dearMoon」のホスト・キュレーターを務める前澤友作氏との豪華で貴重な3ショットが実現した。本作の公開を記念し、その模様の特別ダイジェスト版映像を公開する。


鼎談では、月周回飛行を民間で初めて体験することとなる前澤氏から「#dearMoonプロジェクト」にかける想いや月周回の概要、さらに本作を通じて監督、主演の立場から人類初の月面着陸を追体験したデイミアン・チャゼル監督とライアン・ゴズリングによる『ファースト・マン』の製作秘話などで盛り上がった。チャゼル監督は「アポロ計画以来、月に行った人間はいない。前澤さんが月に行くのは素晴らしいこと。次世代の人が行くことができるようになるから」と話し、チャゼル監督、ライアンふたりから前澤氏にエールが送られると、前澤氏は「『ファースト・マン』で体験したことが実際に体験できるなんて楽しみですね」と語っている。

映画情報どっとこむ ralph 実在したニール・アームストロングというキャラクターが、ライアンの徹底したリサーチと、ふたりの間に存在した共通点によって、劇中でどのように映し出されていくのか・・・

映画『ファースト・マン』
原題:『FIRST MAN』 

公式Twitter:
@firstmanmoviejp 

公式サイト:
http://www.firstman.jp/


アカデミー賞3部門受賞『セッション』で全世界から脚光を浴び、続く『ラ・ラ・ランド』では最年少記録となる監督賞の受賞を含むアカデミー賞6冠に輝き、評価と人気を確立させたデイミアン・チャゼル監督。『ラ・ラ・ランド』よりも先に企画されていたという入魂の最新作『ファースト・マン』では、再び演技派ライアン・ゴズリングとタッグを組み、息を呑むほどの緊張感とダイナミックな映像で、まるで宇宙空間を旅しているような臨場感を体感させる大迫力のエンターテインメント作品で新境地を切り開いた。まだ携帯電話も無かった時代に、月へと飛び立った アポロ 11 号。人類初の月面着陸という、前人未踏の未知なるミッションにして、人類史上最も危険なミッションが、アポロ11号船長ニール・アームストロングの視点で描かれる。アームストロングには、ゴールデン・グローブ賞受賞の演技派ライアン・ゴズリング。アームストロングを支える妻ジャネットを、『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作で主演に大抜擢されたクレア・フォイが演じる。音楽は、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞受賞のほかチャゼル監督をデビュー作から支えるジャスティン・ハーウィッツが務める。

過去記事:
ライアン・ゴズリング、デイミアン・チャゼル監督来日!
『ファースト・マン』イベント

http://eigajoho.com/134134


***********************************

全米公開:10月12日(金)
監督/製作:デイミアン・チャゼル(『ラ・ラ・ランド』(17)、『セッション』(15)
出演:ライアン・ゴズリング(『ラ・ラ・ランド』(17)、『ブレードランナー 2049』(17)、クレア・フォイ(『蜘蛛の巣を払う女』(19)、カイル・チャンドラー(『キャロル』(16)、ほか

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、アダム・メリムズ、ショジュ・シンガー 
脚本:ジョシュ・シンガー(『スポット・ライト 世紀のスクープ』(16) 
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ(『セッション』(15)、『ラ・ラ・ランド』(17)
※作品公開年は全て日本公開年
原作:「ファーストマン:ニール・アームストロングの人生」著/ジェイムズ・R・ハンセン
配給宣伝:東宝東和 

写真用クレジット:©Universal Pictures
映像用クレジット:©2018 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『宇宙兄弟』ムッタとヒビトが『ファースト・マン』の魅力を熱血大解説!映像解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督と主演ライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだ待望の最新作『ファースト・マン』(原題:FIRST MAN)を“月面着陸から50周年のアニバーサリーイヤーとなる2019年”の2月8日(金)に公開。

すでに発表されている今期の賞レースにおいては、アカデミー賞の前哨戦として最も注目されるゴールデン・グローブ賞ではクレア・フォイが助演女優賞にノミネートされ、『ラ・ラ・ランド』に続き本作でも作曲を担当したジャスティン・ハーウィッツが作曲賞を受賞したほか、北米最大の映画批評家賞、放送映画批評家賞が実施するクリティクスチョイスでは作曲賞と編集賞の2部門、サテライト賞でも作曲賞を受賞!さらに先日発表された英国アカデミー賞では助演女優賞ほか、脚色賞など7部門でノミネート!第22回ハリウッド映画賞では監督賞、編集賞、作曲賞ほかワシントンDC映画批評家協会賞を始め全米各地の映画批評家賞で様々受賞するなど今後アカデミー賞に絡んでくる作品としてますます注目を浴びている。

映画情報どっとこむ ralph この度、大人気漫画『宇宙兄弟』と映画『ファースト・マン』の“宇宙コラボ”第2弾となる、特別コラボレーション映像を解禁させていただく運びとなりました!


『宇宙兄弟』での宇宙という壮大な夢を目指しながら、夢を実現するために力強く歩む登場人物たちと、映画『ファースト・マン』で描かれるニール・アームストロングら宇宙飛行士たちの月面着陸を始め宇宙計画に不屈の精神で挑戦する姿勢に親和性があることから実現した本コラボレーション。

第1弾では本作の解説委員に就任した南波六太(ムッタ)と南波日々人(ヒビト)が約50年前に実現された「人類初の月面着陸」についてわかりやすく説明し、映画制作陣にインタビューをした様子が描かれたチラシが劇場に設置された。
そして、いよいよ解禁となった第2弾特別コラボレーション映像には、ムッタとヒビトが劇中で描かれる過酷な訓練や、壮絶な宇宙体験、そして命懸けで月面着陸計画に挑むニール・アームストロングらの姿について熱血大解説!ムッタの「本気の失敗には価値がある」や、ヒビトの「もし諦めきれるんならそんなもん夢じゃねえ」といった名台詞も飛び出し、本映像を観れば、『宇宙兄弟』ファンはもちろん、誰もが人類の夢をかけた壮大な宇宙ドラマに胸が高まること間違いなしの仕上がりとなっている。

さらに映像にはアニメ『宇宙兄弟』でムッタの声を演じた平田広明さんと、ヒビトの声を演じたKENNさんが本映像のため録音した特別ナレーションも収録されている。

映画情報どっとこむ ralph 『宇宙兄弟』の原作者である小山宙哉先生は、今回の特別コラボレーションについて

小山先生:ハリウッド映画と日本の漫画がコラボすることにおいて『宇宙兄弟』が選ばれたことに驚き、嬉しく感じています。月面に立つという壮大な偉業の中でも、1人の宇宙飛行士にとっては、家族のことを想ったり、自分に関わる小さなことを実は大事にしている と感じさせる場面が描かれます。そういった描写に『ファースト・マン』と『宇宙兄弟』の通じる部分を感じ共感しました。

とコメント。実際完成された映像については

小山先生:『ファースト・マン』の予告映像にアニメ版『宇宙兄弟』の映像が差し込まれるということに恐縮しつつも、声優さんの盛り上げる力に感動し、喜んでおります。劇中の打ち上げシーンはリアリティがあり、とても恐ろしく、本作を観たら“宇宙飛行士になりたいという人がいなくなってしまうのではないか?”と思ってしまうほど、宇宙へ行くことは死と隣り合わせで、覚悟と度胸が必要だと感じました。『ファースト・マン』は歴史ものであり、宇宙史として史実に基づいています。これから宇宙開発に関わる人たちのためにも、残しておく価値がある作品です。

と明かした。

ムッタとヒビトも月への熱い想いを共鳴させる映画『ファースト・マン』にぜひご期待ください!



★映像・画像クレジット:
(c)2018 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
(c)小山宙哉・講談社/読売テレビ・A-1 Pictures

★書影のクレジット:
©小山宙哉/講談社 もしくは ©Chuya Koyama/Kodansha

映画情報どっとこむ ralph
映画『ファースト・マン』
原題:『FIRST MAN』 

公式Twitter:
@firstmanmoviejp 

公式サイト:
http://www.firstman.jp/


***********************************


全米公開:10月12日(金)
監督/製作:デイミアン・チャゼル(『ラ・ラ・ランド』(17)、『セッション』(15)
出演:ライアン・ゴズリング(『ラ・ラ・ランド』(17)、『ブレードランナー 2049』(17)、クレア・フォイ(『蜘蛛の巣を払う女』(19)、カイル・チャンドラー(『キャロル』(16)、ほか

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、アダム・メリムズ、ショジュ・シンガー 
脚本:ジョシュ・シンガー(『スポット・ライト 世紀のスクープ』(16) 
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ(『セッション』(15)、『ラ・ラ・ランド』(17)
※作品公開年は全て日本公開年
原作:「ファーストマン:ニール・アームストロングの人生」著/ジェイムズ・R・ハンセン
配給宣伝:東宝東和 

写真用クレジット:©Universal Pictures
映像用クレジット:©2018 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

2月8日(金)に公開映画『ファースト・マン』ライアンの繊細な演技に期待高まる本編映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 人類初の月面着陸という、前人未踏の未知なるミッションにして、人類史上最も危険なミッションが、アポロ11号船長ニール・アームストロングの視点で描いていく。

この度、ライアン・ゴズリングがリサーチを重ねた繊細な演技が映し出される本編映像が到着しました!

今回解禁されたのは、アポロ11号の乗組員に任命されたニール・アームストロング船長(ライアン・ゴズリング)、バズ・オルドリン操縦士(コリー・ストール)、マイケル・コリンズ操縦士(ルーカス・ハース)の3名が、出発に向けての記者会見に登壇する様子が映し出されたワンシーン。会場には人類初の月面着陸という華々しいミッションに目を輝かせ、我こそ先に質問しようと次々に挙手する記者たちと、“第1号”になれるかもしれない喜びに心を躍らせながら意気揚々と質問に答えるバズの姿が。しかし、ニールだけは記者たちの羨望の眼差しに目をしかめ、“もし成功したら…”という質問にも「皆、成功を目指しています」と淡泊に回答。続けて、“人類初の月面着陸に何を持っていくのか?”と問われるも「少しでも多くの燃料を」と毅然とした態度を貫くのだった。

周りから英雄として讃えられる一方で、幼い娘を失くした過去や、命を落としていった仲間たちの想いを背負いながら過酷なミッションに向き合っていくニールの複雑な心情を、名優ライアン・ゴズリングが持ち前の演技力で繊細に演じる。



映画情報どっとこむ ralph ニールを演じるにあたり、実際の家族に会ったり、当時の本人を知る関係者に話を聞いたりと、積極的に行動していたというライアンはニール・アームストロングという人物について

ライアン:ニールの控えめで、地味な性格が印象的だった。典型的なカウボーイでも、早口のパイロットでもない。口数が少なくて、黙って部屋の隅に座っているけど、瞬時にあらゆる物事を査定することができる一番頭のいいタイプの人間なんだ。」

と自身の見解を説明。そんなライアンの劇中の演技を、

チャゼル監督:ニールはいつも自分に特別な要素はないと主張していた。周囲の状況によって偶然月に立った最初の人間になったといっていた。ニールにはそういった正常さがあったし、ライアンの演技はすごくさりげなく、彼の性格を表していたよ。

さらに実際にニール本人と会ったことのある原作者ジェイムズ・R・ハンセンも

ハンセン:ライアン以上にニールを演じられる俳優はいない。彼にはニールと同じように内省的で静かで控えめなところがある。それに彼自身の解釈でアームストロング像を描いて、細部にまで気を配らないとわからないようなニールの特徴を見事に表現しているんだ!

と大絶賛。


映画情報どっとこむ ralph 実在したニール・アームストロングというキャラクターが、ライアンの徹底したリサーチと、ふたりの間に存在した共通点によって、劇中でどのように映し出されていくのか・・・

映画『ファースト・マン
原題:『FIRST MAN』 

公式Twitter:
@firstmanmoviejp 

公式サイト:
http://www.firstman.jp/


***********************************


全米公開:10月12日(金)
監督/製作:デイミアン・チャゼル(『ラ・ラ・ランド』(17)、『セッション』(15)
出演:ライアン・ゴズリング(『ラ・ラ・ランド』(17)、『ブレードランナー 2049』(17)、クレア・フォイ(『蜘蛛の巣を払う女』(19)、カイル・チャンドラー(『キャロル』(16)、ほか

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、アダム・メリムズ、ショジュ・シンガー 
脚本:ジョシュ・シンガー(『スポット・ライト 世紀のスクープ』(16) 
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ(『セッション』(15)、『ラ・ラ・ランド』(17)
※作品公開年は全て日本公開年
原作:「ファーストマン:ニール・アームストロングの人生」著/ジェイムズ・R・ハンセン
配給宣伝:東宝東和 

写真用クレジット:©Universal Pictures
映像用クレジット:©2018 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ファースト・マン』ジャスティン・ハーウィッツがゴールデングローブ賞作曲賞受賞!


映画情報どっとこむ ralph 東宝東和は『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督と主演ライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだ待望の最新作『ファースト・マン』(原題:FIRST MAN)を“月面着陸から50周年のアニバーサリーイヤーとなる2019年”の2月8日(金)に公開いたします。

第76回ゴールデングローブ賞の授賞式が1月6日(日/現地時間)に開催され、『ファースト・マン』の劇伴を手掛けたジャスティン・ハーウィッツが作曲賞を受賞しました!

『ファースト・マン』の音楽については、本日発表されたゴールデングローブ賞のほか、サテライト賞でも作曲賞を受賞、全米各地の映画賞で作曲賞を受賞しているほか放送映画批評家賞でもノミネート。チャゼル監督の短編デビュー作品ほか『セッション』、『ラ・ラ・ランド』でもオリジナル作曲を手がけたジャスティン・ハーウィッツですが、『ラ・ラ・ランド』に続き、2作品連続2度目の受賞という快挙を成し遂げました!『ファースト・マン』で描かれるニール・アームストロングが好んで聞いていたと言われるテルミンを楽曲に盛り込むために自ら演奏するなど、『ラ・ラ・ランド』の心躍るミュージカルから、壮大な宇宙、歴史的偉業の「月面着陸」まで幅広いジャンルのオリジナル曲に挑戦し活躍する若き才能。チャゼル作品の音楽に欠かせない存在となったハーウィッツが感謝の気持ちを込めたスピーチを行いました。

映画情報どっとこむ ralph <授賞式スピーチ内容>
★ジャスティン・ハーウィッツ(作曲賞)
この映画の曲を手掛けるにあたり、関わってくださった皆さんに感謝します。
そして監督のデイミアン、彼はとても才能に溢れていて、誠実で、すべての細やかなディテールにおいて助けてくれました。本当にありがとう!
映画情報どっとこむ ralph ◆『ファースト・マン』について
アカデミー賞3部門受賞『セッション』で全世界から脚光を浴び、続く『ラ・ラ・ランド』では最年少記録となる監督賞を受賞を含むアカデミー賞6冠に輝き、評価と人気を確立させたデイミアン・チャゼル監督。『ラ・ラ・ランド』よりも先に企画されていたという入魂の最新作『ファースト・マン』では、再び演技派ライアン・ゴズリングとタッグを組み、息を呑むほどの緊張感とダイナミックな映像で、まるで宇宙空間を旅しているような臨場感を体感させる大迫力のエンターテインメント作品で新境地を切り開いた。まだ携帯電話も無かった時代に、月へと飛び立った アポロ 11 号。人類初の月面着陸という、前人未踏の未知なるミッションにして、人類史上最も危険なミッションが、アポロ11号船長ニール・アームストロングの視点で描かれる。アームストロングには、ゴールデングローブ賞受賞の演技派ライアン・ゴズリング。アームストロングを支える妻ジャネットを、『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作で主演に大抜擢されたクレア・フォイが演じる。音楽は、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞受賞のほかチャゼル監督をデビュー作から支えるジャスティン・ハーウィッツが務める。すでに発表されている今期の賞レースにおいては、第22回ハリウッド映画賞で監督賞、編集賞、作曲賞を受賞し、アトランタ映画批評家協会賞ではオリジナル作曲賞、そしてワシントンDC映画批評家協会賞では編集賞をそれぞれ受賞!さらに、先日発表された今後の映画賞を占うサテライト賞ではオリジナル作曲賞を受賞したほか、7部門でノミネート、放送映画批評家賞でも10部門でノミネートされている。なお、本日発表となったゴールデングローブ賞では助演女優賞にクレア・フォイがノミネートされている。

『ファースト・マン』
原題 :『FIRST MAN』

2019年2月8日(金)全国ロードショー!

公式 Twitter:
https://twitter.com/firstmanmoviejp

公式サイト:
http://www.firstman.jp/

***********************************

監督/製作:デイミアン・チャゼル(『ラ・ラ・ランド』(17)、『セッション』(15)

出演:ライアン・ゴズリング(『ラ・ラ・ランド』(17)、『ブレードランナー
2049』(17)、クレア・フォイ(『蜘蛛の巣を払う女』(19)、カイル・チャンドラー(『キャロル』(16)、ほか

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、アダム・メリムズ、ショジュ・シンガー
脚本:ジョシュ・シンガー(『スポット・ライト 世紀のスクープ』(16)、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(18)
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ(『セッション』(15)、『ラ・ラ・ランド』(17)
原作:「ファーストマン:ニール・アームストロングの人生」著/ジェイムズ・R・ハンセン
配給宣伝:東宝東和
写真(c)Universal Pictures
映像用クレジット:(c)2018 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

漫画『宇宙兄弟』と映画『ファースト・マン』の“宇宙コラボ”決定!ムッタとヒビトが解説委員に!


映画情報どっとこむ ralph 東宝東和は『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督と主演ライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだ待望の最新作『ファースト・マン』(原題:FIRST MAN)を“月面着陸から50周年のアニバーサリーイヤーとなる2019年”の2月8日(金)に公開となります。

大ヒット漫画『宇宙兄弟』と映画『ファースト・マン』の“宇宙コラボ”が決定!

『宇宙兄弟』は、2007年から講談社「モーニング」にて現在も連載中の大ヒット漫画。幼い頃の夢に30歳を超えてから再挑戦する兄、南波六太(ムッタ)と兄を信じ支える弟、南波日々人(ヒビト)との兄弟愛。
そして「宇宙開発」という舞台で描かれる濃厚な人間ドラマが好評を博し、2018年1月現在(既刊32巻)で累計2000万部を超え、アニメ化や実写化もされた。

宇宙という壮大な夢を目指しながら、夢を実現するために力強く歩む登場人物たちと、映画『ファースト・マン』で描かれるニール・アームストロングら宇宙飛行士たちの月面着陸を始め宇宙計画に不屈の精神で挑戦する姿勢に親和性があり、『宇宙兄弟』と『ファースト・マン』のコラボが誕生した。
さらに『宇宙兄弟』の主人公ムッタとヒビトが映画『ファースト・マン』の解説委員に就任。

12月28日(金)から全国劇場(一部劇場を除く)に設置されるチラシや、来年1月下旬から解禁される特別映像で、『ファースト・マン』や約50年前に実現された「人類初の月面着陸」についてく二人が分り易く解説してくれる。さらに、『宇宙兄弟』著者、小山宙哉先生からの動画メッセージも解禁を予定している。

ムッタとヒビトによる“熱血解説”を見て、一足早く劇場で“月面着陸”を体感できる。

映画情報どっとこむ ralph ファースト・マン
原題 :『FIRST MAN』

2019年2月8日(金)全国ロードショー!

公式サイト:
http://www.firstman.jp/

公式 Twitter:
@firstmanmoviejp

アカデミー賞3部門受賞『セッション』で全世界から脚光を浴び、続く『ラ・ラ・ランド』ではアカデミー賞最年少記録となる監督賞を受賞したほか6冠に輝き、評価と人気を確立させたデイミアン・チャゼル監督。『ラ・ラ・ランド』よりも先に企画されていたという入魂の最新作『ファースト・マン』では、再び演技派ライアン・ゴズリングとタッグを組み、息を呑むほどの緊張感とダイナミックな映像で、まるで宇宙空間を旅しているような臨場感を体感させる大迫力のエンターテインメント作品で新境地を切り開いた。まだ携帯電話も無かった時代に、月へと飛び立った アポロ 11 号。人類初の月面着陸という、前人未踏の未知なるミッションにして、人類史上最も危険なミッションが、アポロ11号船長ニール・アームストロングの視点で描かれる。アームストロングには、ゴールデングローブ賞受賞の演技派ライアン・ゴズリング。アームストロングを支える妻ジャネットを、『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作で主演に大抜擢されたクレア・フォイが演じる。音楽は、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞受賞ほかチャゼル監督をデビュー作から支えるジャスティン・ハーウィッツが務める。 『ファースト・マン』は第76回ゴールデングローブ賞、北米で最大の批評家協会による放送映画批評家協会賞、サテライト賞ほか全米各地の映画批評家賞で受賞やノミネートされている。


過去記事:ライアン・ゴズリング、デイミアン・チャゼル監督来日!『ファースト・マン』記者会見
http://eigajoho.com/134134

***********************************

監督/製作:デイミアン・チャゼル(『ラ・ラ・ランド』(17)、『セッション』(15)

出演:ライアン・ゴズリング(『ラ・ラ・ランド』(17)、『ブレードランナー 2049』(17)、クレア・フォイ(『蜘蛛の巣を払う女』(19)、カイル・チャンドラー(『キャロル』(16)、ほか

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、アダム・メリムズ、ショジュ・シンガー
脚本:ジョシュ・シンガー(『スポット・ライト 世紀のスクープ』(16)、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(18)
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ(『セッション』(15)、『ラ・ラ・ランド』(17)
原作:「ファーストマン:ニール・アームストロングの人生」著/ジェイムズ・R・ハンセン
配給宣伝:東宝東和

写真©Universal Pictures
映像用クレジット:©2018 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
『宇宙兄弟』
©小山宙哉/講談社 ©Chuya Koyama/Kodansha




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ