「デイビッド・イェーツ」タグアーカイブ

ファンタビ&ハリポタ魔法ワールド 桐谷美玲アンバサダー就任!!


映画情報どっとこむ ralph ハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が11月23日(金・祝)から全国ロードショーとなる。

最新作では、主人公のニュートとその仲間たち、ティナ、クイニー、ジェイコブはもちろん、ジュード・ロウが演じるニュートの恩師・ダンブルドア先生や、ジョニー・デップが演じる最強の敵・グリンデルバルドが登場するなど、さらにパワーアップした作品に。

この度、同魔法シリーズの大ファンである桐谷美玲が、ハリー・ポッター魔法ワールドを全面的に応援する“アンバサダー“に就任することが決定。あわせて桐谷のコメント入り特別予告映像も解禁となりました。

 

映画にテレビ、CMと各界から引っ張りだこの桐谷が、「ハリー・ポッター」や「ファンタビ」新作の最新情報を日本全国に届ける役割を果たす。

桐谷は、小学生時代に「ハリー・ポッター」の小説を読んで以来、魔法ワールドの魅力にどっぷりとハマってしまい、小説は全巻読破はもちろん、映画はすべて映画館で鑑賞しているほか、USJのハリポタエリアもプライベートで訪れるなど、筋金入りの「ハリポタ」&「ファンタビ」ファンです。

映画情報どっとこむ ralph
アンバサダーに就任する事が決まって桐谷さんからコメントが届いています。

Q:「ハリー・ポッター」魔法ワールドのアンバサダーに就任して、今のお気持ちをお聞かせいただけますでしょうか?

桐谷さん:お話を聞いたときに本当にいいんですか?!とういう気持ちでいっぱいでした。初めて本を読んだときからずっとファンで、本も映画も全て観ていましたし、ファンタビももちろん観ていたので、大好きな作品のアンバサダーになれて凄く嬉しいです。

Qハリー・ポッターシリーズとの出会いのきっかけは何でしたか?

桐谷さん:小学生の頃に「ハリー・ポッターと賢者の石」の本が発売されて、クラス中大ブームで、映画化もされて家族で観に行って。魔法の呪文を練習したりしていましたね。

Qハリー・ポッター魔法ワールドの好きなところ、特に伝えたい!と思う魅力はどんなところでしょうか?

桐谷さん:こんな魔法が本当に使えたら楽しいんだろうなと思えるような素敵な魔法が沢山あって、ハリー・ポッターの世界でもファンタビの世界でもそういうものが沢山増えているところと、仲間との絆がすごく丁寧に描かれていてこういうは仲間最強だなって思えます。あの世界観が大好きなので、観て貰えばわかると思うんですけど、あの世界観にどっぷりと浸ってもらいたいです。

Qファンタビの中で好きなキャラクターは?

桐谷さん:みんな魅力的ですが、一人だけ人間のジェイコブ。とにかくいい人ですよね。ちょっとコミカルで、魔法が使えない人間だからこそのリアクションが面白かったり、そういうところが好きです。

Qファンタビの最新作ではどんなところに期待していますか?

桐谷さん:ホグワーツやダンブルドア先生が出てきたり、ハリー・ポッターの世界ともどんどん繋がっていく物語になっていくのでそこに期待しています。

Q女性目線でニュートの魅力はどんなところですか?

桐谷さん:かわいい所です。ちょっと不器用で人見知りっぽいところや、だけど魔法動物たちを本当に大切にして愛しているところがすごく可愛いです。でもちょっとおっちょこちょいなところが母性本能をくすぐられます。

Qもし魔法が使えるならどんな魔法を使って、どんなことをしたいですか?

桐谷さん:片付けの魔法を使いたいです。振るだけで部屋中綺麗になったら最高ですよね。
片付けはしますけど、魔法でできたらいいなって思います。

Q映画に登場する魔法動物や魔法、魔法アイテムで使ってみたいもの、好きなものがありましたら教えてください。

桐谷さん:ニフラーが可愛いです。こんなに見た目が可愛いのに、ちょっといたずらなところがあって憎めないし、でもニフラーにだったらいたずらされても許せちゃうような愛らしさがあるので、飼いたいですね。家にいたら楽しいだろうなって思います。

Qこれまでに魔法にかけられたのではないかと感じたような出来事はありましたか?

桐谷さん:足つぼマッサージの後とか。(笑)空が飛べそうなくらい体が軽くなります。

Q魔法使いではないかと感じるような人はいますか?

桐谷さん:冷蔵庫にあるものだけでちゃちゃちゃとご飯が作れる人。すごいなと思います。レシピを見なくても目分量で作っても美味しくなる人。私の母親もそうですがかっこいいですよね。

映画情報どっとこむ ralph 桐谷のアンバサダーとしての活動は、秋にパリで盛大に行われる予定のワールドプレミアを現地取材し、レポートをするという大役に加え、テレビCMにも登場予定となっており、キラキラと魔法のように輝く桐谷の活躍にますます目が離せない。

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』

は11月23日(金・祝)全国公開。

公式サイト:fantasticbeasts.jp 
twitter:@fantabi_jp
公式ハッシュタグ #ファンタビ  


物語・・・
シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュートに、最強の敵が登場!ある日、ニュートは魔法界と人間界を脅かす「黒い魔法使い」グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。ホグワーツの恩師ダンブルドア先生から彼を追うことを託されたニュートは、仲間や魔法動物たちとともにパリへ向かう。パリではグリンデルバルドが言葉巧みに賛同者を増やし、勢力を広げていた。そしてその手はついに仲間たちにまで‐‐‐。果たしてニュートと仲間たちはこの最大の危機から世界を救えるのか!?
***********************************


監督:デイビッド・イェーツ(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、「ハリー・ポッター」シリーズ後半4作品)
脚本:J.K.ローリング(「ハリー・ポッター」シリーズ著者)

プロデューサー:デイビッド・ヘイマン(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、「ハリー・ポッター」全8作品)

出演:エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、エズラ・ミラー、ゾーイ・クラヴィッツ、カラム・ターナー、クローディア・キム、ウィリアム・ナディラム、ケビン・ガスリー、カーメン・イジョゴ、ポピー・コービー=チューチ、ジュード・ロウ、ジョニー・デップ

配給:ワーナー・ブラザース映画 
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.


ホグワーツ魔法学校の撮影メイキング含む特別映像初公開『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』


映画情報どっとこむ ralph 世界中で約 900 億円の興行収入をたたき出し、日本でも 73.5 億円の大ヒットとなって魔法のような“ファンタビ”現象を巻き起こした『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。そして今年、ハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が 11 月 23 日(金・祝)から全国ロードショーとなります。
新作では、主人公のニュートとその仲間たち、ティナ、クイニー、ジェイコブはもちろん、ジュード・ロウが演じるニュートの恩師・ダンブルドア先生や、
ジョニー・デップが演じる最強の敵・グリンデルバルドが登場するなど、
さらにパワーアップした作品となっています!魔法界に迫るかつてない最大の危機にニュートたちはどう立ち向かうのか?

映画情報どっとこむ ralph この度、最新作のメイキングやキャストコメントが入った特別映像が解禁する運びとなりました!

最新作では「ハリー・ポッター」シリーズでおなじみのホグワーツ魔法魔術学校が登場することでも話題を呼んでいますが、この度公開された映像でも「ハリー・ポッター」シリーズから続くロケ地での、ホグワーツ魔法学校の撮影風景が映しだされています。またシリーズの生みの親であるJ.K.ローリングの「ホグワーツに戻りたかったの。」というコメントや、主演のエディ・レッドメインが「ハリー・ポッターシリーズで記憶に残る名前や歴史が『ファンタビ』最新作にも織り込まれている!」と興奮気味に語る様子からも、本作で久しぶりに登場するホグワーツ魔法学校への期待が膨らむ映像となっています。

合わせて解禁となったのは、主人公ニュートを演じるエディ・レッドメインと、最新作から初登場となる「ハリー・ポッター」シリーズ屈指の人気キャラクター、ダンブルドアを演じるジュード・ロウのコメント。


映像ではホグワーツでの撮影について、

ジュード・ロウ:撮影までは平気だった。脚本も読んだし、冷静に受け止めていた。でも当日、教室に入った途端に―圧倒されてしまったんだ。生徒のほうが僕よりはるかに冷静に見えた。教師初日の緊張はすごかったよ。それが映画に出ていないといいけど…でも素晴らしかったんだよ。ホグワーツが僕たちの心の奥底に残っていたから大丈夫だった。予告編を見て、僕はほかの皆と同じようにワクワクしたんだ。

と緊張と興奮を語ると、エディ・レッドメインはニュートのボグワーツ魔法学校の学生時代のことについて言及。

ジュード・ロウ:ニュートは、ホグワーツにもなじまず、浮いている。でもダンブルドアは彼の個性を見ている。情熱をもった子供なんだ。ふたりには絆がある。でもホグワーツ時代のニュートはアウトサイダーだ。魔法動物に夢中になっている。若いニュートの素晴らしいシーンがあって。

とニュートとダンブルドア先生の関係について明かしました。

映画の公開がますます待ち遠しくなるファンが続出しそうだ。



映画情報どっとこむ ralph 映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

公式サイト:
fantasticbeasts.jp 
twitter:
https://twitter.com/fantabi_jp

公式ハッシュタグ #ファンタビ 

シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュートに、最強の敵が登場!
ある日、ニュートは魔法界と人間界を脅かす「黒い魔法使い」グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。
ホグワーツの恩師ダンブルドア先生から彼を追うことを託されたニュートは、仲間や魔法動物たちとともにパリへ向かう。
パリではグリンデルバルドが言葉巧みに賛同者を増やし、勢力を広げていた。そしてその手はついに仲間たちにまで‐‐‐
果たしてニュートと仲間たちはこの最大の危機から世界を救えるのか!?

***********************************

監督:デイビッド・イェーツ(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、「ハリー・ポッター」シリーズ後半4作品)
脚本:J.K.ローリング(「ハリー・ポッター」シリーズ著者)
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、「ハリー・ポッター」全8作品)
出演:エディ・レッドメイン、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、エズラ・ミラー、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル 他
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.


米コミコンにエディ・レッドメインら集結!『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』


映画情報どっとこむ ralph 興行収入は全世界で約900億円、そして日本でも73.4億円の大ヒットを記録し、世界中を魔法の興奮で包んだ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』から2年――。

さらにパワーアップした、今世紀最高のハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の主要キャストが、7月21日、米・サンディエゴで開催された、世界最大級のポップカルチャーの祭典“コミコン2018”に勢ぞろいし、最新作について語った!
映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 コミコン2018 & 最新映像解禁

日時:7月21日(土)
場所:米サンディエゴ、サンディエゴコンベンションセンター ホールH
登壇:エディ・レッドメイン(ニュート)、ジュード・ロウ(ダンブルドア先生)、ジョニー・デップ(グリンデルバルド)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ)、アリソン・スドル(クイニー)、ダン・フォグラー(ジェイコブ)  エズラ・ミラー(クリーデンス)、カラム・ターナー(テセウス)、ゾーイ・クラヴィッツ(リタ)、クラウディア・キム(マレディクタス)

映画情報どっとこむ ralph コミコン2018の会場となる超満員の熱気に満ちたサンディエゴコンベンションセンターのホールHには『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のプレゼンテーションを見るために詰めかけた約6500人の観客が集まり、本作の主人公:ニュートを演じたエディ・レッドメインを始めとする豪華キャストが登場!

観客から割れんばかりの歓声が起こるなか、エディが、杖の先に光を灯す呪文“ルーモス”と唱えると会場が明るくなり、
エディ:ここに呼んでくれてありがとう!この会場の中を歩いて来る時の気持ちったらとってもスペシャルだったよ!

と笑顔を見せた。ニュートのコスプレをしたファンから、「ハリーポッターシリーズならどの役を演じたい?」と質問を投げかけられると、同じ魔法動物を愛する「ハグリッドを演じたいな」と答える一幕も見られた。


続いて、コミコンで新たに解禁となった約3分にも及ぶコミコン予告編映像が流され、
https://www.youtube.com/watch?v=-8Ib6yGpyao ​

エディ:いつもこの世界にいられることをうれしく思っているよ。みんなに愛され、様々な言語に訳されているこのJ.K.ローリングの創り出した素晴らしい世界に。僕はただ従うだけ、というかこのクリエイティブで想像力豊かな(J.K.ローリングの)世界にぼくは身をゆだねて泳いでいるような感覚でいるんだ。

と、ウィザ―ディングワールドが世界に広がっていくことについての想いを述べた。

ウィザ―ディングワールドの“公式ファン”であると語るクリーデンスを演じたエズラ・ミラーは、予告編について

ミラー:萌えるシーンしかないですよね、すごすぎ!ホグワーツ、ダンブルドア、ニフラーたくさん出るし、(ニコラス)フラメルだよ!?

と興奮気味に本作の魅力をアピール。

映画情報どっとこむ ralph 若きダンブルドア先生を演じたジュード・ロウは、本作のダンブルドアは45歳であると明かし、
ジュード:『若い』ダンブルドアと呼ばれていることが嬉しいね。僕も今45歳だけど、もう若くないって感じているから(笑)

とおどけながら、

ジュード:デイビッド・イェーツは素晴らしい監督で、僕に自由にこのキャタクターを作り上げさせてくれたんだ。キャラクターの特徴で引き継いでる部分はたくさんあって、相変わらずお茶目で、人に影響を及ぼす手段を持っているよ。特にニュートに対してだけど。あとは秘密を持っているんだ。この点に関してはJ.K.ローリングが作り上げたキャラクターすべてに共通すると思っているよ。いくつかの闇の部分があって、それは物語上で徐々に説明されるよ。

と、秘密について語った。

また、

ジュード:いろいろ起こるんだ。魔法界とマグル(ふつうの人間)の世界の双方が絡み、魔法界に暮らしていた魔法使いたちが突如、魔法界と人間界のどちら側につくかの選択を迫られることになる。もしかしたらこれまでの魔法ワールドの物語のなかでも最も深みのあるストーリーかも!

と、ファンタビの世界で起こる危機について教えてくれた。 

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・

ジョニー・デップが “黒い魔法使い”グリンデルバルドの姿でサプライズ登場するとどよめきが起こり、会場のボルテージはマックスに!

ジョニー:みなさん、拍手は僕のためではなく、あなたたちのためのものだ。私はマグルを嫌っているとずっと言われていたが、嫌っているというのは事実ではない。マグルは他のものと同等だと言っているのだ。価値があり、また価値を与えている。魔法は限られた魂にしか宿らないのだ。人間界のためにどのような世界を作るのか。本当の自由の中に生きられる世界。私たちにとって公平な世界が作られる瞬間が来るだろう。

と、グリンデルバルドとして演説し、観客を魅了しました。

映画情報どっとこむ ralph 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』

11月23日(金・祝)、全国ロードショー 3D/4D/IMAX® 同時公開

公式サイト:fantasticbeasts.jp 

公式twitter:@fantabi_jp
ハッシュタグ #ファンタビ  

魔法界 公式サイト:wizardingworld.jp

***********************************


監督:デイビッド・イェーツ(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品)

脚本:J・K・ローリング(「ハリー・ポッター」シリーズ著者)
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、「ハリー・ポッター」全8作品) 
出演:エディ・レッドメイン、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、エズラ・ミラー、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル 他

© 2018 WBEI Publishing Rights © J.K.R.


『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ファンタビ・キックオフ・ファンイベント決定!


映画情報どっとこむ ralph 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は11月23日(金)より公開となります。

そして!先日に約2分もの予告映像が全世界一斉解禁となり、公開に向けて動き出した本作への期待が高まっています!

本作の第一弾前売り券が3月23日(金)より販売開始し、前売り特典として“ファンタスティック・マスキングテープ”が決定いたしました!更に、3月22日(木)に“ファンタビ・キックオフ・ファンイベント”の開催も決定!ワクワクが止まりません!

今回、第一弾前売り特典となる“ファンタスティック・マスキングテープ”には、本作の舞台にちなんで主人公ニュートとその仲間たちがロンドンとパリ、2つの街を旅するかのようなイラストが描かれていて、このデザインを見るだけでもニュートたちの旅の行方が気になるばかり。

また、新宿ピカデリーで全国の発売に先駆けて、発売前日の3月22日(木)に先行販売を行うことが決定致しました!!

当日は、先行販売にて”第一弾スペシャル特典付き前売ムビチケカード”をご購入頂いた方の中から先着270名様を、19:00から行われる”ファンタビ・キックオフ・ファンイベント”へご招待!!

映画情報どっとこむ ralph さらに、先着1,000名様にはキャスト来日時のバックステージパスが当たる、シリアル番号付ファンカードを配布!”ファンタビ・キックオフ・ファンイベント”は、登壇ゲストを招き、最新映像の公開や、ジャパンプレミア招待チケットを含む豪華プレゼントの数々が当たる抽選クイズ大会など、盛り沢山なファン垂涎のキックオフ・イベントで、コスプレで参加していただいた方には素敵なプレゼントも用意されているとのことです!

映画情報どっとこむ ralph ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

今度の舞台は、ロンドンとパリ。イギリスにもどってきた魔法動物学者の主人公ニュートは、強大な敵の魔法使い、グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。魔法界、そして人間界をもおびやかしかねない彼を追い、ダンブルドア先生とニュートがタッグを組み、ニュートの仲間、魔法動物(ビースト)たちとともに、一同はパリへと向かいます。


■公式サイト:
fantasticbeasts.jp
■公式ハッシュタグ:
#ファンタビ

***********************************

監督:デイビッド・イェーツ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品
原作/脚本:J・K・ローリング
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』『ハリー・ポッター』全8作品、J.K.ローリング
出演:エディ・レッドメイン(ニュート)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ)、アリソン・スドル(クイニー)、ダン・フォグラー(ジェイコブ)、ジュード・ロウ(ダンブルドア先生)、ジョニー・デップ(グリンデルバルド)、ゾーイ・クラヴィッツ(レタ)、カラム・ターナー(テセウス)他
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C) 2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights


新たな魔法にワクワク『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』初映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 「ハリー・ポッター」魔法シリーズ「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の初映像である約2分もの予告編映像が全世界一斉解禁となりました!



今度の舞台は、ロンドンとパリ。

イギリスにもどってきた魔法動物学者の主人公ニュートは、強大な敵の魔法使い、グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。
魔法界、そして人間界をもおびやかしかねない彼を追い、ダンブルドア先生とニュートがタッグを組み、ニュートの仲間、魔法動物(ビースト)たちとともに、一同はパリへと向かう。

今回の映像では、前作では登場しなかった、ハリー・ポッターたちの学び舎である、イギリスのホグワーツ魔法魔術学校に、魔法省の魔法使いたちがやってくるシーンから始まる。魔法使いたちが進む先には、なんと若き日のダンブルドア先生の姿が。ニュートの行方について、問いただされるダンブルドアのシーンもあり、二人の関係が信頼で結ばれたものであることがわかる内容も。

さらに、ニュートの相棒の魔法動物である“ボウトラックル”が走るかわいらしいシーンや、フクロウのような魔法動物など、新しい魔法動物も登場。ほうきで空を飛ぶ魔法使いのシーンや魔法学校の生徒たちの姿も描かれているほか、「ファンタビ」でニュートが出会った仲間である、ティナやクイニー、ジェイコブたちの姿もしっかりと盛り込まれている。

ハリー・ポッターから始まった魔法の物語に、再び新しい魔法がかかった内容に!

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
11月23日(金 ​・祝​)全国 ​ロードショー!​早く来い来い11月!

公式サイト:fantasticbeasts.jp
公式ハッシュタグ:#ファンタビ

***********************************

監督:デイビッド・イェーツ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品
原作/脚本:J・K・ローリング
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』『ハリー・ポッター』全8作品、J.K.ローリング
出演:
エディ・レッドメイン(ニュート)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ)、アリソン・スドル(クイニー)、 ダン・フォグラー(ジェイコブ)、ジュード・ロウ(ダンブルドア先生)、ジョニー・デップ(グリンデルバルド)、ゾーイ・クラヴィッツ(レタ)、カラム・ターナー(テセウス)他
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C) 2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights