「デイビッド・イェーツ」タグアーカイブ

エディ・レッドメイン、ジュード・ロウらツアー最終日!「ファンタビ」恒例の鏡開きで公開初日をお祝い!


映画情報どっとこむ ralph 今世紀最高の“ハリー・ポッター魔法ワールド”最新作が、世界中に魔法をかける! 舞台は、あのホグワーツ魔法魔術学校、そしてパリの魔法界へ!

ハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が11 月 23 日(金・祝)より全国ロードショーがスタートしました!

ワールドツアー最終地点となる日本で、エディ・レッドメインやジュード・ロウをはじめとする 豪華来日キャストが3日間プロモーション。

21日:ジャパンプレミアレッドカーペットhttp://eigajoho.com/132802

22日:スペシャルファンイベントhttp://eigajoho.com/132951

とこなし、来日ツアー最終日であり本作の公開日となる11月23日に初日舞台挨拶が行われ、「ファンタビ」恒例の名前入り法被姿での鏡開きで公開初日をお祝いしました!


『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 初日舞台挨拶
実施:11月23日(金・祝)       
場所:丸の内ピカデリー
登壇: エディ・レッドメイン(ニュート役)、ジュード・ロウ(ダンブルドア役)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ役)、アリソン・スドル(クイニー役)、ダン・フォグラー(ジェイコブ役)、クローディア・キム(ナギニ役)


映画情報どっとこむ ralph 夢のような豪華キャスト陣を迎えての来日ツアー最終日となる公開初日。
ホグワーツ魔法魔術学校の制服に身を包んだコスプレ姿のポッタリアンやニュートやクイニーといった「ファンタビ」のキャラに扮したファンタビのファンらが集まった満席の場内。
エディ・レッドメイン、ジュード・ロウ、キャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、クローディア・キムが登場すると、あたたかい拍手が起こり、豪華なキャストを迎え入れると・・・・

多くのファンタビ・コスプレとニフラーのぬいぐるみを持つ観客に感激のご様子の皆さん!

主人公のニュートを演じたエディは

エディ:コンニチハ!
と日本語でご挨拶。続けて
エディ:今日はLABOR THANKS GIVINGDAY!勤労感謝という日だって知ってるよ!その日を私たちと時間を一緒に過ごすことを選択してくれて、心から感謝しています!この2年間、みんなに言いたくても言えなかった秘密を今日からやっと伝えることができます!日本のファンは本当に情熱的で、素晴らしくて、魔法ワールドの中でも一番!本編には驚きや動物(ビースト)たちが登場するので楽しんでください!

と、公開初日を迎える喜び、そして日本のファンへの感謝を述べました。

映画情報どっとこむ ralph そして。。。
若き日のダンブルドアを演じたジュード・ロウは映画の見どころポイントを問われると
ジュード:わーーー。。 一つだけ!?沢山あるから・・・。アッ(エディを指して)凄い良い演技をしてる人がいるんだ・・・。そして、

とお茶目に悩みつつも、本作で初登場となるベイビーニフラーを挙げ、

ジュード:ベビーニフラーが出てくるシーン。凄い可愛らしいんです!クリエイターが天才的に素晴らしくて、色々な色のニフラーが出てきてとにかくとても可愛いんです!で、エディーは捕まえようとするんだけどね。ジャグリングみたいに!楽しんで!

とジェスチャーを交えて説明。

映画情報どっとこむ ralph ワールドツアー最終地点となる日本の公開初日!
ということで、2年前の『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』での来日プロモーションでも実施された「ファンタビ」恒例の日本ならではの祝い方である鏡開きで公開初日を祝い!合わせて日本の伝統衣装であるキャストの名前入りの半被も準備され、2度目の半被となるアリソンさんは
アリソン:これ大好き!持って帰りたいな!そー再びこの場に来ることが出来て光栄です。本作のワールドツアーの最後を飾るのが日本ですが、こうやって締めくくることが出来て嬉しいです。全開は嬉しくて・・泣きそうになったんですけど今日は我慢します!愛を下さり、応援してくださって本当に感謝しています!
日本ハ魔法ミタイ!

と日本のファンに感謝。

また、前回のプロモーションの際は、1日早く日本を出なくてはならず、今回のイベントで初めての鏡開きとなるキャサリンは
キャサリン:全開はエイリアンの撮影があって 1日早く帰らなくっちゃで、その日は宇宙船につられて、エイリアンを撃ちまくってたの。(鏡開きは)今までやったことがないのでプロの方から学びたいです。一緒にマネしてやりたいと思います!

と意気込みを見せました。

そして、ファンタビ!「大ヒット!」とのお客さんの掛け声に合わせ、鏡開き!!!!
日本酒の匂いと日本の風習に興味津々キャスト陣!!

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・

これから映画を観る観客に向けて

ジュード:世界中をまわって東京という地が最終地点となります。とにかく魔法のファミリーを代表して言いますが、日本と言う素晴らしい文化、人々の温かい歓迎に心から感謝しています!最高の終着点になったと思います!絶対に戻ってきます!

とメッセージが贈られ、イベントは大盛り上がりの中、幕を閉じました。


ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

11月23日(金・祝) 3D/4D/IMAX® 同時公開

公式サイト:fantasticbeasts.jp 
twitter:@fantabi_jp  
映画 公式ハッシュタグ #ファンタビ
魔法界 公式サイト:wizardingworld.jp

物語・・・
シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュートに、最強の敵が登場!ある日、ニュートは魔法界と人間界を脅かす「黒い魔法使い」グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。ホグワーツの恩師ダンブルドア先生から彼を追うことを託されたニュートは、仲間や魔法動物たちとともにパリへ向かう。パリではグリンデルバルドが言葉巧みに賛同者を増やし、勢力を広げていた。そしてその手はついに仲間たちにまで‐‐‐果たしてニュートと仲間たちはこの最大の危機から世界を救えるのか!?
***********************************

監督:デイビッド・イェーツ(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品)
脚本:J.K.ローリング(「ハリー・ポッター」シリーズ著者)
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、「ハリー・ポッター」全8作品) 
出演:エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、エズラ・ミラー、ジュード・ロウ、ジョニー・デップ  他 
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
     


エディ・レッドメイン、ジュード・ロウら『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』レッドカーペット


映画情報どっとこむ ralph ハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が11月23日(金・祝)より全国ロードショーとなります!

そしてこの度、魔法動物<ビースト>を愛する主人公・ニュート役のアカデミー賞受賞俳優のエディ・レッドメイン、シリーズ屈指の人気キャラクター ダンブルドア先生役のイギリスの名優ジュード・ロウはじめ、本作の主要キャラクターを演じた超豪華な6名のキャストが来日!!!

来日キャンペーン初日である11月21日(水)に世界行脚のプレミアツアーを締めとしてワールドツアーファイナルプレミア in JAPANをおこないました!


【11月 21日(水)】 ワールドツアーファイナルプレミア in JAPAN
レッドカーペットイベント


場所:六本木ヒルズ アリーナ
登壇:エディ・レッドメイン(ニュート役)※2年ぶり4回目来日、ジュード・ロウ(ダンブルドア役)※6年半ぶり8回目の来日
キャサリン・ウォーターストン(ティナ役)、アリソン・スドル(クイニー役)、
ダン・フォグラー(ジェイコブ役)、クローディア・キム(ナギニ役) 
桐谷美玲、芦田愛菜

映画情報どっとこむ ralph 100名を超える報道陣、そして コスプレをしたファンを含む約1000人のファンたちが集まり大盛り上がりの会場!

レッドカーペットには、本作の日本語吹替え版で主人公ニュートの声を担当した宮野真守さん、若き日のダンブルドアの声を担当した森川智之、「ハリー・ポッター」魔法ワールドファン代表の高橋愛さん、「ファンタビ」ファンのダンテ・カーヴァーさん、ニュートが繰り出す魔法脳のような高速スピンやローラースケートダンスを披露する美少女3人組グループ「Spindle」さん、日本一のフォロワーを持ち本作のセットビジットに参加した大関れいかさん、筋金入りのポッタリアンでJ.K.ローリングにも会った事のある小関裕太さん、そしてハリー・ポッター魔法ワールド公式アンバサダーの桐谷美玲さんが登場!


そして、遂に本作の豪華来日キャスト陣がレッドカーペットに!

主人公ニュート役のエディ・レッドメイン、ダンブルドア役のジュード・ロウ、ティナ役のキャサリン・ウォーターストン、クイニ―役のアリソン・スドル、ジェイコブ役のダン・フォグラー、ナギニ役のクローディア・キムが会場に現れ、会場からは悲鳴に近い歓声が沸き起こり、観客のテンションはマックスに!!レッドカーペットではキャスト達がファンたちと一緒にセルフィーを撮るなどのファンサービス、さらには、レッドカーペットでエディがダンにいたずらを仕掛けたり投げキッスを送ったりと仲の良さを披露し、熱気に包まれました。

映画情報どっとこむ ralph まずは、ステージに、豪華キャスト陣登壇の前にハリー・ポッター魔法ワールド公式アンバサダーである桐谷美玲と“ファンタビ”オフィシャルアンバサダーである芦田愛菜が登壇!

先だって行われたイギリス・ロンドンのプレミアに参加し、エディとの2ショットも撮ることが出来た桐谷さんは

桐谷さん:ロンドンは本当にすごい盛り上がりで華やかなレッドカーペット歩けて光栄でした。日本でプレミアをやれるのは格別。すごく嬉しいですし、どこの国よりも盛り上げたいと思っています!」と、アンバサダーとしての意気込みを、芦田は「先に映画を観させていただいて衝撃的なことが沢山起こって今でも興奮が止まらないです!

といよいよあと2日で公開となる本作への熱い想いを明かします。

本日杖を持ってイベントに参加しているお2人ですが、実は本作の造形美術監督のピエール・ボハナが作った世界に一つだけの杖。
桐谷さんはロンドンプレミア(http://eigajoho.com/131872)の際に訪れたリーヴスデンにあるスタジオでピエールに特別に作ってもらい、

桐谷さん:特別に作っていただいたのでどうしようとそわそわした気持ちです。

と感無量の表情を見せ、先だってピエール・ボハナが来日した時(http://eigajoho.com/126723)にもらった芦田さんは

芦田さん:杖を持つことが夢だったので、本当に夢のようです。

とコメントを寄せました。

映画情報どっとこむ ralph そして、いよいよ豪華キャスト陣がステージに登壇!

桐谷さんと芦田さんが“エディ”と叫ぶと、ステージに登場してニュートの魔法のトランクに異変が起こり、ステージの台がせりあがります。豪華来日キャスト陣が登場!


主人公のシャイでおちょこちょいな魔法動物学者ニュートを演じたエディさんは

エディさん:コンニチワ!東京に来れて興奮しています。2年間秘密にしていた、新作の秘密をやっと日本の皆さんに放つ時が来ました!日本のファンの皆さん最高です!

と、興奮したご様子。ダンブルドア役のジュード・ロウや黒い魔法使い役のジョニー・デップ、ナギニ役のクローディアと共演して

エディーさん:最初の作品で4人は家族のように仲良くなった。新しいメンバーはどうだろうと疑いをもっていたが、今は才能の溢れる彼らと一緒にできて嬉しく思いますし、ナギニやダンブルドアといった非常に有名なキャラクターを演じていて素晴らしかったです。

と語ります。

正義感の強いアメリカ魔法省の闇払いティナ役を演じたキャサリンさんもエディさんは

エディさん:ミンナダイスキ!今回も戻ってくることができて心から喜んでいます。いつものように皆さんに温かく歓迎していただいて感動しています、

と、2年ぶりに日本に本作のプロモーションで戻ってくることが出来た喜びを明かしました。ストーリーはもちろんのことニュートとティナの関係について気になる本作。MCにその点について問われると

キャサリン:シーッ!

と可愛らしいリアクションをしながら

キャサリン:J.K.ローリングがニュートとティナの結婚までの美しい旅路を、時間をかけて共有してくれると思います!

と、2人の関係性について語ります。

エディさん:この映画のなかでニュートがちょっと遊び心で誘うところも奇妙なやり方なので、楽しみにしてください!

と付け加えました。


映画情報どっとこむ ralph シリーズ初の“マグル”の仲間、ジェイコブを演じて

ダン・フォグラーさん:このように迎え入れてくれて本当にありがとうございます。マグルを演じる僕が皆さんとステージで同じ時を共有できてうれしく思います。本作も皆さんきっとすごく気に入ってくれると思います。1作目に続いて、同じ4人組が登場してファンタスティックな芝居をしていますし、ダンブルドアを演じているジュード・ロウは本当に完璧に演じているし、ナギニ役のクローディアも素晴らしい!非常に壮大な魔法ワールドをご堪能いただけると思います!魔法ワールドに復活できて嬉しい!まるで夢がかなった、宝くじに当たったような気分でジェイコブと同じ気持ち。魔法ワールドや魔法動物などの魔法ワールドにビックリしていますが、僕もこのシリーズに参加できて本当にびっくりしていて本当にラッキーな男だなと思っています!

と「ファンタビ」シリーズに参加できる喜びを話してくれました!

ティナの妹・クイニ―役のアリソン・スドルは

スドルさん:みんなに会えなくて寂しかった。日本は私たちにとって特別な場所だと思っていて、今回も世界各国を巡って日本が最終地点になってようやこの地に来ることができて嬉しい。日本が温かく迎え入れてくれて嬉しいですし、元気がもらえる時差ボケになっても皆さんがいれば!

と挨拶。

ナギニ役を演じたクローディア・キムは

キムさん:日本に本作を持ってお祝いできることが嬉しいですし、アジア人としてこの映画に参加出来て嬉しい!

とニッコリ。新しいキャラとして登場して、

キムさん:最初に作品の脚本を読んだ時から惚れこみました。人間として脆い部分や邪悪な部分があって、そういうキャラクターを演じる事が出来て光栄に思う。作品はまだまだ続きますが、その先を楽しみにしてください」と新たにファンタビチームに加わっての感想を教えてくれた・

そして、本作のキーパーソンとなる若きダンブルドアを演じたジュード・ロウは

ロウさん:今回、初参加ということでキャストやチームが温かく迎え入れてくれた。ファンタビの世界に入れることは人生の中のハイライトに入ったと思う。

と、本作から参戦した心境を明かし、沢山コスプレをしている観客がいる会場を見て、

ロウさん:次回はダンブルドアの髭を生やしてください。今から生やせば間に合います!

と笑いを誘う一幕もありました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・エディとジュードに桐谷と芦田からの質問タイムが設けられたりとイベントは大盛況の中、幕を閉じました。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』

が11月23日(金・祝) 3D/4D/IMAX® 同時公開

公式サイト:
fantasticbeasts.jp 
twitter:
@ifantabi_jp  

公式ハッシュタグ #ファンタビ 

魔法界 公式サイト:
wizardingworld.jp


***********************************

監督:デイビッド・イェーツ(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品)

脚本:J.K.ローリング(「ハリー・ポッター」シリーズ著者)

プロデューサー:デイビッド・ヘイマン(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、「ハリー・ポッター」全8作品) 

出演:エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、エズラ・ミラー、クローディア・キム、ジュード・ロウ、ジョニー・デップ  他

配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.


ファンタビ新作のパリ・プレミアにエディ・レッドメイン、ジュード・ロウら豪華キャスト登場!


映画情報どっとこむ ralph 今世紀最高の“ハリー・ポッター魔法ワールド”最新作が、世界中に魔法をかける! 舞台は、あのホグワーツ魔法魔術学校、そしてパリの魔法界へ!

ハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が11 月 23 日(金・祝)より全国ロードショー!

そんな本作のワールドプレミアが11月9日(※日本時間)に最新作の舞台であるパリで開催!

主演のエディ・レッドメインやジュード・ロウら豪華キャストのほか、シリーズの生みの親であり、本作でも脚本を務めるJ.K.ローリングが登壇!大盛り上がりのイベントとなりました!プレミア開催に合わせ、日本版ポスタービジュアルも解禁に!


『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』パリ・ワールドプレミア
実施:日本時間:11月9日(金)
場所:UGCシネシティベルシー
登壇(予定): エディ・レッドメイン(ニュート役)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ役)、アリソン・スドル(クイニー役)、ダン・フォグラー(ジェイコブ役)、エズラ・ミラー(クリーデンス役)、ゾーイ・クラビッツ(リタ役)、カラム・ターナー(ニュートの兄:テセウス役)、クラウディア・キム(ナギニ役)、ジュード・ロウ(ダンブルドア役)、J.K.ローリング(脚本)、デイビッド・イェーツ(監督)

映画情報どっとこむ ralph いよいよ日本での公開まで2週間を切った本作。今回の舞台は「ハリポタ」シリーズでお馴染みのホグワーツ魔法魔術学校、そしてパリの魔法界へ!物語も魔法も更にパワーアップし、ますます目が離せない本作のワールドプレミアが、物語の舞台となるパリで行われました。

会場にはイベントが始まる数時間前から、本作の主人公ニュートやグリンデルバルドのコスプレをしたり、ホグワーツ魔法魔術学校の制服を着たファンたちの姿が!更に、魔法使いの大きな杖のオブジェがレッドカーペット横に飾られたり、3Dプロジェクションマッピングで劇中でのパリの魔法界が映し出されるなど魔法ワールド一色に包まれた会場。

エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、エズラ・ミラー、ゾーイ・クラヴィッツ、カラム・ターナー、クラウディア・キム、ジュード・ロウ、J.K.ローリング、デイビッド・イェーツ監督ら豪華キャストたちが姿を現すと歓声が沸き起こりました!


世界中を飛び回るシャイでおっちょこちょいな魔法動物学者である主人公ニュートを演じたエディ・レッドメインはパリでのプレミアについて
レッドメイン:素晴らしいよ。パリが舞台の映画だからね。でも撮影はイギリス・リーヴスデンのスタジオでやったからパリには来なかったんだ。やっとここに来れたよ。ここにいる僕らみんな興奮しているよ。

とパリに来れたことに感無量の様子。

また、日本への来日が決定しているレッドメインですが

レッドメイン:前回妻と日本に行ったんだけどとても良い時間を過ごしたよ。毎度食事はおいしいしね。エズラがカラオケに行くと脅してきているよ(笑)みんな楽しみにしているよ!


と、2年前の来日時を振り返るとともに、今回のプロモーションが楽しみににしていることを明かしました。

映画情報どっとこむ ralph また、本作で「ハリポタ」シリーズでお馴染みのダンブルドア先生を演じるジュード・ロウは

ロウ:パリは素晴らしい街だよ。この都市の素晴らしさが映画の大部分を支えているよ!

とパリが本作の魅力の一つとなっていることを明かします。そしてエディとともに、2週間後に日本への来日を予定しているロウは

ロウ:食事も、イルミネーション、ショッピングも楽しみにしているよ。今回は京都に行こうと思っているんだ。お寺を回りたいね」と、日本での滞在を心待ちにするコメントを寄せてくれました。


「ハリポタ」&「ファンタビ」シリーズの生みの親であるJ.K.ローリングは今作の舞台であるパリでのワールドプレミアについて


ローリング:最高の気分よ。パリは大好きな都市の一つよ。来られて嬉しいわ。

と喜び、2年ぶりに本作を心待ちにする観客へお披露目することについて

ローリング:安心したわ。私はストーリーを知っているし、今続編に取り掛かっているから、今日ついにみなさんとストーリーを共有できてとても嬉しいわ。やっと色々自由にお話することができるわ。

と、胸中を明かしました。

映画情報どっとこむ ralph レッドカーペットでは、エディをはじめとする豪華キャスト陣が、ファンたちと握手をしたりサインをしたり、これから本作を観る観客とともにカウントダウンをしたりと、観客とキャストたちが一体となり、大盛り上がりのイベントとなりましたとさ。


『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

11月23日(金・祝) 3D/4D/IMAX® 同時公開


物語・・・
シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュートに、最強の敵が登場!ある日、ニュートは魔法界と人間界を脅かす「黒い魔法使い」グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。ホグワーツの恩師ダンブルドア先生から彼を追うことを託されたニュートは、仲間や魔法動物たちとともにパリへ向かう。パリではグリンデルバルドが言葉巧みに賛同者を増やし、勢力を広げていた。そしてその手はついに仲間たちにまで‐‐‐果たしてニュートと仲間たちはこの最大の危機から世界を救えるのか!?

公式サイト:fantasticbeasts.jp 
twitter:@fantabi_jp

映画 公式ハッシュタグ #ファンタビ 
魔法界 公式サイト:wizardingworld.jp


***********************************

監督:デイビッド・イェーツ(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品)
脚本:J.K.ローリング(「ハリー・ポッター」シリーズ著者)
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、「ハリー・ポッター」全8作品) 
出演:エディ・レッドメイン、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、エズラ・ミラー、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル 他
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.


ファンタビ&ハリポタ魔法ワールド 桐谷美玲アンバサダー就任!!


映画情報どっとこむ ralph ハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が11月23日(金・祝)から全国ロードショーとなる。

最新作では、主人公のニュートとその仲間たち、ティナ、クイニー、ジェイコブはもちろん、ジュード・ロウが演じるニュートの恩師・ダンブルドア先生や、ジョニー・デップが演じる最強の敵・グリンデルバルドが登場するなど、さらにパワーアップした作品に。

この度、同魔法シリーズの大ファンである桐谷美玲が、ハリー・ポッター魔法ワールドを全面的に応援する“アンバサダー“に就任することが決定。あわせて桐谷のコメント入り特別予告映像も解禁となりました。

 

映画にテレビ、CMと各界から引っ張りだこの桐谷が、「ハリー・ポッター」や「ファンタビ」新作の最新情報を日本全国に届ける役割を果たす。

桐谷は、小学生時代に「ハリー・ポッター」の小説を読んで以来、魔法ワールドの魅力にどっぷりとハマってしまい、小説は全巻読破はもちろん、映画はすべて映画館で鑑賞しているほか、USJのハリポタエリアもプライベートで訪れるなど、筋金入りの「ハリポタ」&「ファンタビ」ファンです。

映画情報どっとこむ ralph
アンバサダーに就任する事が決まって桐谷さんからコメントが届いています。

Q:「ハリー・ポッター」魔法ワールドのアンバサダーに就任して、今のお気持ちをお聞かせいただけますでしょうか?

桐谷さん:お話を聞いたときに本当にいいんですか?!とういう気持ちでいっぱいでした。初めて本を読んだときからずっとファンで、本も映画も全て観ていましたし、ファンタビももちろん観ていたので、大好きな作品のアンバサダーになれて凄く嬉しいです。

Qハリー・ポッターシリーズとの出会いのきっかけは何でしたか?

桐谷さん:小学生の頃に「ハリー・ポッターと賢者の石」の本が発売されて、クラス中大ブームで、映画化もされて家族で観に行って。魔法の呪文を練習したりしていましたね。

Qハリー・ポッター魔法ワールドの好きなところ、特に伝えたい!と思う魅力はどんなところでしょうか?

桐谷さん:こんな魔法が本当に使えたら楽しいんだろうなと思えるような素敵な魔法が沢山あって、ハリー・ポッターの世界でもファンタビの世界でもそういうものが沢山増えているところと、仲間との絆がすごく丁寧に描かれていてこういうは仲間最強だなって思えます。あの世界観が大好きなので、観て貰えばわかると思うんですけど、あの世界観にどっぷりと浸ってもらいたいです。

Qファンタビの中で好きなキャラクターは?

桐谷さん:みんな魅力的ですが、一人だけ人間のジェイコブ。とにかくいい人ですよね。ちょっとコミカルで、魔法が使えない人間だからこそのリアクションが面白かったり、そういうところが好きです。

Qファンタビの最新作ではどんなところに期待していますか?

桐谷さん:ホグワーツやダンブルドア先生が出てきたり、ハリー・ポッターの世界ともどんどん繋がっていく物語になっていくのでそこに期待しています。

Q女性目線でニュートの魅力はどんなところですか?

桐谷さん:かわいい所です。ちょっと不器用で人見知りっぽいところや、だけど魔法動物たちを本当に大切にして愛しているところがすごく可愛いです。でもちょっとおっちょこちょいなところが母性本能をくすぐられます。

Qもし魔法が使えるならどんな魔法を使って、どんなことをしたいですか?

桐谷さん:片付けの魔法を使いたいです。振るだけで部屋中綺麗になったら最高ですよね。
片付けはしますけど、魔法でできたらいいなって思います。

Q映画に登場する魔法動物や魔法、魔法アイテムで使ってみたいもの、好きなものがありましたら教えてください。

桐谷さん:ニフラーが可愛いです。こんなに見た目が可愛いのに、ちょっといたずらなところがあって憎めないし、でもニフラーにだったらいたずらされても許せちゃうような愛らしさがあるので、飼いたいですね。家にいたら楽しいだろうなって思います。

Qこれまでに魔法にかけられたのではないかと感じたような出来事はありましたか?

桐谷さん:足つぼマッサージの後とか。(笑)空が飛べそうなくらい体が軽くなります。

Q魔法使いではないかと感じるような人はいますか?

桐谷さん:冷蔵庫にあるものだけでちゃちゃちゃとご飯が作れる人。すごいなと思います。レシピを見なくても目分量で作っても美味しくなる人。私の母親もそうですがかっこいいですよね。

映画情報どっとこむ ralph 桐谷のアンバサダーとしての活動は、秋にパリで盛大に行われる予定のワールドプレミアを現地取材し、レポートをするという大役に加え、テレビCMにも登場予定となっており、キラキラと魔法のように輝く桐谷の活躍にますます目が離せない。

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』

は11月23日(金・祝)全国公開。

公式サイト:fantasticbeasts.jp 
twitter:@fantabi_jp
公式ハッシュタグ #ファンタビ  


物語・・・
シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュートに、最強の敵が登場!ある日、ニュートは魔法界と人間界を脅かす「黒い魔法使い」グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。ホグワーツの恩師ダンブルドア先生から彼を追うことを託されたニュートは、仲間や魔法動物たちとともにパリへ向かう。パリではグリンデルバルドが言葉巧みに賛同者を増やし、勢力を広げていた。そしてその手はついに仲間たちにまで‐‐‐。果たしてニュートと仲間たちはこの最大の危機から世界を救えるのか!?
***********************************


監督:デイビッド・イェーツ(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、「ハリー・ポッター」シリーズ後半4作品)
脚本:J.K.ローリング(「ハリー・ポッター」シリーズ著者)

プロデューサー:デイビッド・ヘイマン(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、「ハリー・ポッター」全8作品)

出演:エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、エズラ・ミラー、ゾーイ・クラヴィッツ、カラム・ターナー、クローディア・キム、ウィリアム・ナディラム、ケビン・ガスリー、カーメン・イジョゴ、ポピー・コービー=チューチ、ジュード・ロウ、ジョニー・デップ

配給:ワーナー・ブラザース映画 
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.


ホグワーツ魔法学校の撮影メイキング含む特別映像初公開『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』


映画情報どっとこむ ralph 世界中で約 900 億円の興行収入をたたき出し、日本でも 73.5 億円の大ヒットとなって魔法のような“ファンタビ”現象を巻き起こした『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。そして今年、ハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が 11 月 23 日(金・祝)から全国ロードショーとなります。
新作では、主人公のニュートとその仲間たち、ティナ、クイニー、ジェイコブはもちろん、ジュード・ロウが演じるニュートの恩師・ダンブルドア先生や、
ジョニー・デップが演じる最強の敵・グリンデルバルドが登場するなど、
さらにパワーアップした作品となっています!魔法界に迫るかつてない最大の危機にニュートたちはどう立ち向かうのか?

映画情報どっとこむ ralph この度、最新作のメイキングやキャストコメントが入った特別映像が解禁する運びとなりました!

最新作では「ハリー・ポッター」シリーズでおなじみのホグワーツ魔法魔術学校が登場することでも話題を呼んでいますが、この度公開された映像でも「ハリー・ポッター」シリーズから続くロケ地での、ホグワーツ魔法学校の撮影風景が映しだされています。またシリーズの生みの親であるJ.K.ローリングの「ホグワーツに戻りたかったの。」というコメントや、主演のエディ・レッドメインが「ハリー・ポッターシリーズで記憶に残る名前や歴史が『ファンタビ』最新作にも織り込まれている!」と興奮気味に語る様子からも、本作で久しぶりに登場するホグワーツ魔法学校への期待が膨らむ映像となっています。

合わせて解禁となったのは、主人公ニュートを演じるエディ・レッドメインと、最新作から初登場となる「ハリー・ポッター」シリーズ屈指の人気キャラクター、ダンブルドアを演じるジュード・ロウのコメント。


映像ではホグワーツでの撮影について、

ジュード・ロウ:撮影までは平気だった。脚本も読んだし、冷静に受け止めていた。でも当日、教室に入った途端に―圧倒されてしまったんだ。生徒のほうが僕よりはるかに冷静に見えた。教師初日の緊張はすごかったよ。それが映画に出ていないといいけど…でも素晴らしかったんだよ。ホグワーツが僕たちの心の奥底に残っていたから大丈夫だった。予告編を見て、僕はほかの皆と同じようにワクワクしたんだ。

と緊張と興奮を語ると、エディ・レッドメインはニュートのボグワーツ魔法学校の学生時代のことについて言及。

ジュード・ロウ:ニュートは、ホグワーツにもなじまず、浮いている。でもダンブルドアは彼の個性を見ている。情熱をもった子供なんだ。ふたりには絆がある。でもホグワーツ時代のニュートはアウトサイダーだ。魔法動物に夢中になっている。若いニュートの素晴らしいシーンがあって。

とニュートとダンブルドア先生の関係について明かしました。

映画の公開がますます待ち遠しくなるファンが続出しそうだ。



映画情報どっとこむ ralph 映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

公式サイト:
fantasticbeasts.jp 
twitter:
https://twitter.com/fantabi_jp

公式ハッシュタグ #ファンタビ 

シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュートに、最強の敵が登場!
ある日、ニュートは魔法界と人間界を脅かす「黒い魔法使い」グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。
ホグワーツの恩師ダンブルドア先生から彼を追うことを託されたニュートは、仲間や魔法動物たちとともにパリへ向かう。
パリではグリンデルバルドが言葉巧みに賛同者を増やし、勢力を広げていた。そしてその手はついに仲間たちにまで‐‐‐
果たしてニュートと仲間たちはこの最大の危機から世界を救えるのか!?

***********************************

監督:デイビッド・イェーツ(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、「ハリー・ポッター」シリーズ後半4作品)
脚本:J.K.ローリング(「ハリー・ポッター」シリーズ著者)
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、「ハリー・ポッター」全8作品)
出演:エディ・レッドメイン、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、エズラ・ミラー、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル 他
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.