「ディーン・フジオカ」タグアーカイブ

深田晃司監督×ディーン・フジオカ『海を駆ける』場面写真解禁!


映画情報どっとこむ ralph 第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を『淵に立つ』で受賞した、深田晃司監督の最新作『海を駆ける』。

自然は豊かに美しく、時に脅威となり人を飲み込み、また人間の生活は自然と共にあるという様を、国籍や宗教を越えて育まれる若者たちの友情と、生と死の宿命を静かに見つめ、観るものの心を突き刺す美しき問題作。

この度、本作の場面写真を一気に解禁!

今回、解禁された場面写真は、少し焼けた肌に茶色のシャツを無造作に着るラウ(ディーン・フジオカ)、生まれも育ちもインドネシアの日系人タカシ(太賀)、タカシの従妹・サチコ(阿部純子)、タカシの母でアチェで仕事をしている貴子(鶴田真由)など、

穏やかなのにどこか不穏さが漂うラウ姿をはじめ、
インドネシアの2人乗りタクシーのベチャに乗り、楽しげなタカシとサチコの2ショットや、

ヒジャブをまとう貴子の姿など、
ムスリム文化の中で、彼らの宿命が一筋縄でいかないどこか不協和音を感じさせるカットが到着しました。

映画情報どっとこむ ralph 『海を駆ける』

公式HP:umikake.jp


奇跡を起こす正体不明の主人公のラウを演じるのは、ディーン・フジオカ。
国籍や言葉も不明だが、常に優しく微笑んでいる不思議な存在のラウを、自然体でありながらミステリアスに演じています。
そして、成り行きでラウと一緒に暮らすことになる日本人の貴子役には、多くの映画やドラマ、CMなど幅広く活躍し、『ほとりの朔子』に続き深田組は2度目の参加となる鶴田真由。その貴子の息子・タカシ役には、『ほとりの朔子』(14年)で鶴田と共演し、『淵に立つ』で第38回ヨコハマ映画祭・最優秀新人賞受賞している太賀が挑みます。さらにタカシの従妹を、『二つ目の窓』で主演を好演し、新人賞やまた、本作の舞台であるインドネシアからは、今最も注目されている若手2人が抜擢。タカシの同級生クリス役に、話題の映画やTVシリーズへの出演も多く、国民的人気俳優アディパティ・ドルケン。

クリスの幼馴染イルマ役には、2014年の映画デビュー以来、今最も活躍が期待されている新進気鋭のセカール・サリが務めます。

本作は、約1ケ月間インドネシアのバンダ・アチェでオールロケを敢行。2004年スマトラ島沖大震災で津波による壊滅的な被害を受けつつも復興を遂げた姿は、日本との共通の記憶を思い出させ、アジアならではの“はかなさ”と情緒が漂うクオリティ・ピクチャーが誕生いたします。


物語・・・

インドネシア、バンダ・アチェの海岸で謎の男(ディーン・フジオカ)が倒れている。

日本からアチェに移住し、NPO法人で地震災害復興支援仕事をしながら息子タカシ(太賀)と暮らす貴子(鶴田真由)。
タカシの同級生のクリス(アディパティ・ドルケン)、その幼馴染でジャーナリスト志望のイルマ(セカール・サリ)が、貴子の家で取材をしている最中、その日本人らしき謎の男が発見されたとの連絡が入る。まもなく日本からやって来る親戚のサチコ(阿部純子)の出迎えをタカシに任せ、貴子は男の身元確認に向かう。記憶喪失ではないかと診断された男は、しばらく貴子の家で預かることになり、海で発見されたことから“ラウ”=インドネシア語で「海」と名付けられる。

ほかに確かな手掛かりはなく、貴子と共にイルマ、タカシやクリス、サチコも、ラウの身元捜しを手伝うことになる。

片言の日本語やインドネシア語は話せるようだが、いつもただ静かに微笑んでいるだけのラウ。しかしその周りでは少しずつ不可思議な奇跡と現象が起こり始めていた。果たしてラウは何者なのか…。
***********************************

キャスト:
出演:ディーン・フジオカ 太賀 阿部純子 アディパティ・ドルケン セカール・サリ 鶴田真由

スタッフ:
脚本・監督:深田晃司
企画・制作:日活
配給    :日活 東京テアトル
(C)2018「海を駆ける」製作委員会


映画「坂道のアポロン」がデックス東京ビーチとタイアップキャンペーン


映画情報どっとこむ ralph 東京・お台場の商業施設「デックス東京ビーチ」では、映画『坂道のアポロン』の公開に合わせて「デックス東京ビーチ×映画『坂道のアポロン』公開記念タイアップキャンペーン」を、2018年2月17日(土)から3月23日(金)まで実施します。
今回のキャンペーンは、小玉ユキ先生原作の、一生ものの友情と恋と音楽との出会いを描いた感動作『坂道のアポロン』(3月10日(土)全国ロードショー)の公開を記念して行われます。


デックス東京ビーチの通年点灯型イルミネーション「お台場イルミネーション“YAKEI”~映画『坂道のアポロン』Ver.~」の展開をはじめ、パネル&小道具展、映画前売り鑑賞券や映画オリジナルグッズ台本ノートが当たるプレゼントキャンペーンなどで映画の世界観をお楽しみいただけます。

映画情報どっとこむ ralph
映画の予告編の放映や、主題歌との連動演出も!
お台場イルミネーション“YAKEI”~映画『坂道のアポロン』Ver.~
デックス東京ビーチの通年点灯型イルミネーション「お台場イルミネーション“YAKEI”」が、「お台場イルミネーション“YAKEI”~映画『坂道のアポロン』Ver.~」として点灯します。

人の動きを感知し映像に反映する屋外体感型イルミネーション「ILLUSION DOME(イリュージョンドーム)」では、1時間に2回、映画の予告編を放映します。高さ約20メートルの「台場メモリアルツリー」を中心にした全長 約200mにわたる「樹木イルミネーション」では、約22万球の光による、小田和正さんの歌う映画主題歌「坂道を上って」と連動した限定演出が楽しめます。

◆点灯期間: 2018年2月17日(土)から3月23日(金)までの18:00から24:00
※変更となる場合があります

◆連動時間: 「樹木イルミネーション」18:00から21:30の間で、毎時00分・30分スタート
「イリュージョンドーム」18:00から21:30の間で、毎時15分・45分スタート
(予告編音声連動演出時以外は、通常の「アクアリウムVer.」となります)

◆場所:お台場海浜公園、デックス東京ビーチ3F シーサイドデッキ

映画の世界観を体験できる!パネル&小道具展開催
映画『坂道のアポロン』の世界観がお楽しみいただけるパネル&小道具展を、デックス広場にて開催します。
作品中で登場する実際に使用した小道具を間近で見ることができます。

◆期間:2018年2月17日(土)から3月23日(金)
◆開催時間:11:00から21:00
◆場所:シーサイドモール3F デックス広場


世界観を体験して応募しよう!プレゼントキャンペーン実施
ご来館いただいたお客様に抽選で映画『坂道のアポロン』前売り鑑賞券や映画オリジナルグッズ台本ノートが当たるプレゼントキャンペーンを実施します。
・前売り鑑賞券プレゼント
3Fデックス広場のスタンプ台に設置された応募用紙にスタンプを押して5Fレストラン広場へ向かうと、映画前売り券が抽選で1日30名様に当たるガラポン抽選会に参加できます。
◆期間:2018年2月17日(土)、18日(日)、24日(土)、25日(日)
◆開催時間:11:00から21:00
◆場所:シーサイドモール5F レストラン広場

台本ノートプレゼント
応募用紙に必要事項を記入し5Fレストラン広場の応募箱に投函すると、抽選で50名様に映画オリジナルグッズ台本ノートをプレゼント。
◆期間:2018年2月17日(土)から3月23日(金)
◆開催時間:11:00から21:00
◆場所:シーサイドモール5F レストラン広場

■お台場をジャズで楽しもう!映画挿入曲などを演奏するジャズライブ開催
映画『坂道のアポロン』の作品中で演奏された曲目をはじめとしたジャズナンバーの数々を、ジャズアーティストが3Fシーサイドデッキで演奏します。東京タワー、レインボーブリッジなどが一望できる都内屈指のビュースポットを背景にしたジャズライブで週末のデックス東京ビーチを盛り上げます。

期間: 2018年3月10日(土)、11日(日)、17日(土)、18日(日)
開催時間: 14:00、16:00、1日2回開催(1回あたり約40分)
場所: シーサイドモール3F シーサイドデッキ

映画情報どっとこむ ralph そして!


友情に、恋に、かけがえのない青春の日々に、胸躍るセッションが交錯する10年間を描いた、今春必見の感動作。

坂道のアポロン

2018年3月10日(土) 全国ロードショー

公式サイト:
http://www.apollon-movie.com/ 
公式twitter :
@apollonmovie

ストーリー
医師として病院に勤める西見 薫。忙しい毎日を送る薫のデスクには1枚の写真が飾られていた。笑顔で写る三人の高校生。10年前の夏、二度と戻らない、“特別なあの頃”の写真……あの夏、転校先の高校で、薫は誰もが恐れる不良、川渕 千太郎と、運命的な出会いを果たす。二人は音楽で繋がれ、荒っぽい千太郎に、不思議と薫は惹かれていく。ピアノとドラムでセッションし、千太郎の幼なじみの迎 律子と三人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、二人で奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長くは続かず――


***********************************

知念侑李  中川大志  小松菜奈
真野 恵里菜 / 山下 容莉枝 松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.) 野間口徹
中村梅雀  ディーン・フジオカ

監督:三木孝浩  
脚本:髙橋泉  
原作:小玉ユキ「坂道のアポロン」(小学館「月刊flowers」FCα刊)
製作幹事:アスミック・エース、東宝  
配給:東宝=アスミック・エース  
制作プロダクション:アスミック・エース、C&Iエンタテインメント

(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館


中川大志、小松菜奈、ディーン・フジオカ、真野恵里菜『坂道のアポロン』場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph 三木孝浩監督がメガホンを取り映画化 『坂道のアポロン』3月10日(土)に全国公開します。

主人公・西見薫(にしみかおる)を演じるのは、映画単独初主演となる知念侑李さん。
川渕千太郎(かわぶちせんたろう)役に中川大志さん、迎律子(むかえりつこ)役に小松菜奈さんを迎え、共演には、ディーン・フジオカさん、真野恵里菜さん、中村梅雀さん、山下容莉枝さん、ジャニーズJr./SixTONESの松村北斗さん、野間口徹さんら、実力派キャストが集結。

この度、本作の場面写真を一挙解禁。

今回解禁された場面写真、
律子と千太郎の制服姿。
律子の密かな片思いが甘酸っぱさを感じさせる千太郎とのツーショットや、

躍動感溢れる千太郎のドラム演奏シーン、
彼らが兄のように慕う桂木淳一(ディーン・フジオカ)、どこか物憂げな表情でたたずむ淳一の姿など、

千太郎が一目惚れする美女・深堀百合香(真野恵里菜)の視線の先には淳一(ディーン・フジオカ)
そして律子の父・勉(中村梅雀)が登場。

映画情報どっとこむ ralph 舞台は長崎県・佐世保。高校生の薫は、転校先の高校で、誰もが恐れる不良・千太郎と運命的な出会いを果たす。荒々しい千太郎に不思議と薫は惹かれていき、やがて音楽で絆を深めていく。ピアノとドラムでセッションし、二人を見守る千太郎の幼なじみの律子と三人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、二人で奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長くは続かず、ある事件を境に、千太郎は二人の前から姿を消してしまい・・・。

友情に、恋に、かけがえのない青春の日々に、胸躍るセッションが交錯する10年間を描いた、今春必見の感動作が誕生しました。

坂道のアポロン

2018年3月10日(土) 全国ロードショー


公式サイト:
http://www.apollon-movie.com/ 
公式twitter :
@apollonmovie

ストーリー
医師として病院に勤める西見 薫。忙しい毎日を送る薫のデスクには1枚の写真が飾られていた。笑顔で写る三人の高校生。10年前の夏、二度と戻らない、“特別なあの頃”の写真……あの夏、転校先の高校で、薫は誰もが恐れる不良、川渕 千太郎と、運命的な出会いを果たす。二人は音楽で繋がれ、荒っぽい千太郎に、不思議と薫は惹かれていく。ピアノとドラムでセッションし、千太郎の幼なじみの迎 律子と三人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、二人で奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長くは続かず――

***********************************

知念侑李  中川大志  小松菜奈
真野 恵里菜 / 山下 容莉枝 松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.) 野間口徹
中村梅雀  ディーン・フジオカ

監督:三木孝浩  
脚本:髙橋泉  
原作:小玉ユキ「坂道のアポロン」(小学館「月刊flowers」FCα刊)
製作幹事:アスミック・エース、東宝  
配給:東宝=アスミック・エース  
制作プロダクション:アスミック・エース、C&Iエンタテインメント

(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館


知念侑李×中川大志×小松菜奈 小田和正『坂道のアポロン』主題歌決定 予告解禁!


映画情報どっとこむ ralph 第57回小学館漫画賞一般向け部門受賞、「このマンガがすごい!オンナ編」第1位に輝いた、名作コミック「坂道のアポロン」が、単独初主演となる知念侑李、共演に中川大志、小松菜奈を迎え、青春映画の名手として知られる三木孝浩監督(『ホットロード』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』)がメガホンを取り映画化、2018年3月10日(土)に全国公開いたします。
原作は、人気漫画家・小玉ユキにより「月刊flowers」(小学館)にて連載された伝説的コミック。

予告編では、主人公で転校生の薫(知念)と、皆から恐れられる不良の千太郎(中川)がジャズを通じて心を通わせ、一生ものの友と出会う。本作の為に、ピアノとドラムを数か月猛特訓した2人のセッションのシーン。そして、薫の律子(小松)への淡く、儚い片想いや千太郎との衝突。なにか大きな事件を感じさせる10年間が描かれています。


映画情報どっとこむ ralph さらに、本作の主題歌が小田和正「坂道を上って」(アリオラジャパン)に決定し、音源も解禁!古希を迎えてもなお、唯一無二の存在感で全世代に愛され続ける小田和正が本作のためだけに書き下ろした新曲です。作品に寄り添いながら、懐かしく、そして切なさが込み上げてくる、感涙必須な楽曲となっています。
主題歌楽曲情報
「坂道を上って」 
作詞・作曲・編曲:小田和正 (アリオラジャパン)

小田和正さんからのコメント
ボクの高校も海を見下ろす高台にあったので、やはり坂道を上って通っていました。中学高校と6年間。で、この曲を書きながらその頃のあれこれを思い出すことになりました。参考までにと見せてもらった「坂道のアポロン」は素晴らしく、特に演奏の場面はスタッフの音楽に拘る気持ちが伝わって驚くほどの仕上がりでした。自分の書く曲が映画制作に携わった人たち、見る人たちの想いに少しでもそうことが出来れば嬉しいです。  

映画情報どっとこむ ralph 解禁された本ポスターでは知念と中川らがセッションを楽しむ姿と共に、「運命を変えてしまう出会いがある― 必泣の感動作」というコピーが添えられ、セッションの高揚感と熱い人間ドラマを感じさせる渾身のビジュアルに仕上がっています。こちらは公式サイトをチェック!

映画情報どっとこむ ralph 坂道のアポロン

アニメ化でもその音楽シーンの完成度の高さなどで話題を呼んだ、人気漫画の待望の映画化となります。舞台は長崎県・佐世保。高校生の西見薫(にしみかおる)は、転校先の高校で、誰もが恐れる不良・千太郎(せんたろう)と、運命的な出会いを果たす。荒々しい千太郎に不思議と薫は惹かれていき、やがて音楽で絆を深めていく。ピアノとドラムでセッションし、二人を見守る千太郎の幼なじみの律子(りつこ)と三人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、二人で奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長くは続かなかった。ある事件を境に、千太郎は二人の前から姿を消してしまい・・・。

主演・薫を演じるのは、映画単独初主演となる知念侑李。千太郎役に中川大志、律子役に小松菜奈を迎え理想的なキャストの中、青春映画の名手として知られる三木孝浩監督(『ホットロード』 『ぼくは明日、昨日の君とデートする』)がメガホンを取りました。
共演に、ディーン・フジオカ、真野恵里菜、中村梅雀、山下容莉枝、ジャニーズJr./SixTONESの松村北斗、野間口徹ら、実力派キャストが集結。友情に、恋に、かけがえのない青春の日々に、胸躍るセッションが交錯する10年間を描いた、2018年春必見の感動作が誕生しました。

公式サイト:
http://www.apollon-movie.com/ 
公式twitter :
@apollonmovie

ストーリー
医師として病院に勤める西見 薫。忙しい毎日を送る薫のデスクには1枚の写真が飾られていた。笑顔で写る三人の高校生。10年前の夏、二度と戻らない、“特別なあの頃”の写真……。あの夏、転校先の高校で、薫は誰もが恐れる不良、川渕 千太郎と、運命的な出会いを果たす。二人は音楽で繋がれ、荒っぽい千太郎に、不思議と薫は惹かれていく。ピアノとドラムでセッションし、千太郎の幼なじみの迎 律子と三人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、二人で奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長くは続かず・・・

***********************************

出演:知念侑李 中川大志 小松菜奈 
真野恵里菜 / 山下容莉枝 松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.) 野間口徹
中村梅雀 ディーン・フジオカ
監督:三木孝浩  脚本:髙橋泉  
原作:小玉ユキ「坂道のアポロン」(小学館「月刊flowers」FCα刊)
製作幹事:アスミック・エース、東宝
配給:東宝=アスミック・エース
制作プロダクション:アスミック・エース、C&Iエンタテインメント 
(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館
   


ディーン・フジオカ x 深田晃司監督『海を駆ける』ティザービジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph ディーン・フジオカ x 深田晃司監督で仕掛ける!人の絆。

深田監督は2011年東日本大震災後に大学研究チームの震災復興のリサーチに参加、2004年スマトラ島沖大震災で津波による壊滅的な被害を受けつつも復興を遂げた街バンダ・アチェを訪れた際に、本作のアイデアを想起したという。

自然は時に豊かに美しく、時に脅威となり人を飲み込み、また人間の生活は自然と共にあるという様を、インドネシアの美しい海、そして国籍や宗教を越えて育まれる若者たちの友情を通して描き出します。

この度、本作のティザービジュアルが、遂に公式サイトおよび上映劇場の一部映画館にて解禁!

何かを見つめるディーン・フジオカには、ミステリアスな雰囲気を感じさせる一方、ヒゲ姿も披露!今までのさわやかな存在感に加えワイルドさを感じさせるビジュアルに仕上がっています。人間の存在や生き方を深く見つめてきた深田晃司監督と、ディーン・フジオカがどんなタッグを見せてくれるのか!!

深田晃司監督からのコメント
共に震災による津波の被害を受けた2つの国の地で、見聞きして刺激を受けたことを、魅力ある俳優たちと共に大切に掬い取って作り上げた作品です。

ディーン・フジオカさんからのコメント
日本とインドネシア、私にとって大切な国々が共同製作したこの映画には、私達の文化や価値観に、新しい化学反応を起こす可能性が満ち溢れています。

映画情報どっとこむ ralph また、このビジュアルを起用した、ムビチケが、12/23より数量限定にて発売となります。

奇跡を起こす正体不明の主人公のラウを演じるのは、俳優、ミュージシャン、報道番組のインフルエンサーなど幅広く活躍するディーン・フジオカ。国籍や言葉も不明だが、常に優しく微笑んでいる不思議な存在のラウを、自然体でありながらミステリアスに演じます。

そして、成り行きでラウと一緒に暮らすことになる日本人の貴子役には、多くの映画やドラマ、CMなど幅広く活躍し、『ほとりの朔子』に続き深田組は2度目の参加となる鶴田真由。

その貴子の息子・タカシ役には、『ほとりの朔子』(14年)で鶴田と共演し、『淵に立つ』で第38回ヨコハマ映画祭・最優秀新人賞受賞している太賀が挑みます。さらにタカシの従妹を、『二つ目の窓』で主演を好演し、新人賞や主演女優賞の受賞歴もある若手実力派女優・阿部純子が務めます。

また、本作の舞台であるインドネシアからは、今最も注目されている若手2人が抜擢。
タカシの同級生クリス役に、話題の映画やTVシリーズへの出演も多く、国民的人気俳優アディパティ・ドルケン。クリスの幼馴染イルマ役には、2014年の映画デビュー以来、今最も活躍が期待されている新進気鋭のセカール・サリが務めます。
インドネシアの地で息づく人々の、友情と運命の行方が、静かに胸を揺さぶります。

海を駆ける

2018年 5月 全国ロードショー
公式HP:umikake.jp

物語・・・
インドネシア、バンダ・アチェの海岸で倒れている謎の男が発見される。片言の日本語やインドネシア語を話すが正体は不明。その謎の男にラウ=インドネシア語で「海」)と名付けて預かることになった、災害復興の仕事をしている貴子と息子のタカシたち。その周辺で謎の男・ラウは様々な不思議な奇跡と事件を巻き起こしていくーー 果たしてラウは何者なのか…

***********************************

出演:ディーン・フジオカ 太賀 阿部純子 アディパティ・ドルケン セカール・サリ 鶴田真由

脚本・監督:深田晃司
企画・制作:日活
配給:日活 東京テアトル
(C)2018「海を駆ける」製作委員会