「テュデュアル」タグアーカイブ

『子どもが教えてくれたこと』連日「日本語吹替版」上映&公開中トークイベント実施決定


映画情報どっとこむ ralph さて、フランスで23万人の動員を記録、病気を患いながらも前向きに生きる子どもたちの持つ力を丁寧に描き出した感動のドキュメンタリー『子どもが教えてくれたこと』が、いよいよ今週末7月14日(土)より公開となります!


先日公開に先駆けて、田園調布学園・中等部高等部図書館にて先行試写会を実施!生徒たちから

「病気な人はネガティブなのではという印象がありましたが、ポジティブな面を見て驚いた」
「イマドくんの原動力にびっくりしました」
「自分の家族、親戚のことを考えました」
「アンブルのお姉さんが、妹が病気だからという感じがなく、気を使わず面倒を見ている姿に感動しました。兄弟がどう感じているかを描いている映画でした」

など様々な声が寄せられました。

映画情報どっとこむ ralph さらに、7月14日(土)から上映開始となるシネスイッチ銀座では、連日2回目の上映回での日本語吹替版上映が決定。また公開中のトークイベントが下記の通り決定いたしました!​

また、上映館であるシネスイッチ銀座では

★公開中ゲストを招いてのトークイベントが決定

シネスイッチ銀座にてトークイベント開催!​

■猫沢エミさん(ミュージシャン・文筆家) ​
  7月15日(日)18:50の回上映後​

■細谷亮太さん(聖路加国際病院顧問 小児科医)​
  7月18日(水)12:50の回上映後

*上映期間などは、劇場に直接お問い合わせください。​
シネスイッチ銀座タイムテーブル 10:50/12:50/14:50/16:50/18:50

映画情報どっとこむ ralph 子どもが教えてくれたこと
原題:「Et Les Mistrals Gagnants」

7月14日(土)より、シネスイッチ銀座 ほか全国順次公開


そして!
この度、公式サイトにて、子育てサポートや小児の救急、療養中の遊び支援などや“子どもとの生活を豊かにする情報・こどもの生きる力を支えてくれる情報”をまとめたスペシャルコンテンツページをアップされたのでチェックしてみて!

公式HP:
kodomo-oshiete.com

***********************************

文部科学省特別選定(青年、成人、家庭向き)文部科学省選定(少年向き) ​

厚生労働省社会保障審議会特別推薦児童福祉文化財 東京都推奨映画   


監督・脚本:アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン
出演:アンブル、カミーユ、イマド、シャルル、テュデュアル
2016年/フランス/フランス語/カラー/80分/ヴィスタサイズ/DCP
日本語字幕:横井和子/字幕監修:内藤俊夫
後援:在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本
配給:ドマ
厚生労働省社会保障審議会特別推薦児童福祉文化財
文部科学省特別選定(青年、成人、家庭向き)文部科学省選定(少年向き)
東京都推奨映画
(c)Incognita Films-TF1 Droits Audiovisuels
    


フランス23万人動員感動のドキュメンタリー『子どもが教えてくれたこと』 公開決定!


映画情報どっとこむ ralph フランスで23万人が観た感動ドキュメンタリー

イタリア・ジッフォーニ映画祭で作品賞を受賞し、フランスで23万人の動員を記録した感動のドキュメンタリー

子どもが教えてくれたこと

が6月、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開することが決定!ポスタービジュアルも到着しました!

本作の主人公は、アンブル、カミーユ、イマド、シャルル、テュデュアルの5人のこどもたち。
彼らに共通するのはみな病気を患っているということ。

治療を続けながらも、毎日を精一杯生きる姿を優しい視線で追い続けます。

監督は、自分の娘を病気で亡くした経験を持ち、その日々を綴った著作が仏でベストセラーとなった女性ジャーナリスト、アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン。


アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン監督来日予定です!

映画「子どもが教えてくれたこと
原題:「Et Les Mistrals Gagnants

6月よりシネスイッチ銀座、他全国順次公開

公式HP:
kodomo-oshiete.com

***********************************

監督・脚本:アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン
出演:アンブル、カミーユ、イマド、シャルル、テュデュアル
2016年/フランス/フランス語/カラー/80分/ヴィスタサイズ/DCP 日本語字幕:横井和子
字幕監修:内藤俊夫

後援:在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本
配給:ドマ 文部科学省特別選定(青年、成人、家庭向き)文部科学省選定(少年向き)