「ティルダ・スウィントン」タグアーカイブ

森山未來、みうらじゅん、石野卓球ら著名人から『サスペリア』どハマり絶賛コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 『君の名前で僕を呼んで』で世界の映画ファンを魅了したルカ・グァダニーノ監督が、あの伝説の傑作ホラーを再構築した『サスペリア』が、2019年1月25日(金)より全国ロードショーとなります。

70年代ドイツを舞台に、名門バレエ・カンパニー<マルコス>に巣食う禁断の秘密を、オリジナルとは異なる視点で大胆にアレンジした本作。本年度ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門で上映されると、すべての想像を超えた衝撃的すぎる内容に歓声と怒号の入り混じる賛否両論が巻き起こり、<本年度最大の問題作>と大きな話題に。

監督は、77年公開のオリジナル版『サスペリア』の大ファン。
オリジナルの設定やキャラクターをベースに、まったく新しい予測不可能な物語として構築。そして音楽を全プロデュースしたのは、劇判初となるレディオヘッドのトム・ヨーク。時に呪文の様に重なり合う音楽や、恐怖や哀愁を伝えるメロディーが作品に不穏な彩りを添え、かつてないホラー映画を誕生させました。

映画情報どっとこむ ralph この度、画家のヒグチユウコが、サスペリアへの想いが溢れ、描き下ろしたオリジナルイラストを制作。

本映画の製作サイド公認の「日本限定 ヒグチユウコ画ポスター」が完成いたしました!

ベルリンを拠点とする世界的に有名な舞踊団“マルコス・ダンス・カンパニー”に夢と希望を胸にアメリカからやってきた主人公・スージー・バニヨン(ダコタ・ジョンソン)とカリスマ振付師マダム・ブラン(ティルダ・スウィントン)の2種のイラストによるポスターが到着。先日来日したグァダニーノ監督にこのポスターを提供すると、「素晴らしい!!サインしてくれ!」とヒグチ氏のポスターを絶賛し、実際に持って帰国されました。


このイラストによるポスターに加え、デザイナー大島依提亜氏による「日本限定デザインポスター」も到着。

映画情報どっとこむ ralph そして!

ルカ・グァダニーノ監督が生まれ変わらせた新『サスペリア』に、著名人からの興奮と絶賛のコメントの数々が到着しました!

著名人からのコメント ※敬称略 順不同

森山未来(俳優・ダンサー)
この映画でおそらく最も重要な役割を担っている振付家、ダミアン・ジャレと何度か仕事をしている身としては、彼のプリミティブかつデモーニッシュな世界観がこんなにも生きる映画はもうないのではないかと思わせるほど。海外のコンテンポラリーダンス事情を少しでもわかる人にとっては、恐ろしいながらも何を観ているのだかわからなくなってきてなんだか笑けてくる、呪われた舞踏団を率いるなんとかバウシュの気持ちいいほどのぶっとびホラー。

夏木マリ(歌手・俳優・演出家)
大好きな世界
監督はグァダニーノ、
そして、ティルダ・スウィントン
トム・ヨーク、ダミアン・ジャレ
と来たら、エネルギーが凄まじいこと間違いなかった。
破壊と構築のアート
完全保存版をありがとう。

みうらじゅん(イラストレーターなど)
どれだけ観客を不安タスティックな気持ちにさせるか?
それがホラー映画の使命であるからして、サスペリアは堂々、不安タスティック映画祭最優秀作品賞を与えられるであろう。

石野卓球 (DJ / Producer)
決して皆んなで観た方がいいです。

Koji Nakamura (ミュージシャン)
新たに生まれ変わったサスペリアの新しい恐怖を深く味わうには、何度も映画館に足を運ぶ必要があるかもしれない。散りばめられた恐怖を繋げ合わせるように。

小島秀夫(ゲームクリエイター)
あのルカ・グァダニーノ監督の最新作だが、「君の名前で客を呼んで」はいけない。「サスペリアの名前で僕を呼んで」もいけない。
本作は、カップル向けホラーとは違う。まさにバレエ・ダンサーの如く、醜悪と美のギリギリの境界線を突いてくる、ルカ監督からダリオ・アルジェントへの返信(ラブレター)”Re:suspiria”なのだ。だから、”君”は、オリジナル版以上にトラウマを負うことになる。決して軽い気持ちで観ないように。ルカ好きの”僕”は、ひとりで観る。それ程までに悍ましい。

町山智浩(映画評論家)
タランティーノがこれを観て泣いたと聞いて、何言ってやんでえ、そんな映画じゃないだろ、と思ったが、実際に観たら、涙が頰を……。

瀧本幹也 (写真家)
まるで上質なアート作品や舞台を観ているよう!大胆な構図と不安を誘うカメラワークに魅了された!

西村佑子(魔女研究家)
ドイツ赤軍によるハイジャック事件と「再生」を求める「太古の母たち」の幻想世界とが見事に交錯。「唯一の母」の誕生は女性へのオマージュか。ホラーの枠では括れない作品。

ヴィヴィアン佐藤(ドラァグクイーン/美術家)
作品世界の恐怖ではない。 『君の名前で僕を呼んで』を世に出した人物が、この映画を産んでしまった恐怖と驚嘆に襲われる。

鶴田法男(映画監督)
映画作家が優れた作品のリメイクに挑んだときの姿勢としては非常に正しいけれど、観客を困惑させる悪魔のような作品がこのルカ・グァダニーノ監督の『サスペリア』だ。

映画情報どっとこむ ralph サスペリア

公式サイト:
gaga.ne.jp/suspiria

2019年1月25日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー


物語・・・
1977年、ベルリンを拠点とする世界的に有名な舞踊団<マルコス・ダンス・カンパニー>に入団するため、スージー・バニヨンは夢と希望を胸にボストンからやってきた。初のオーディションでカリスマ振付師マダム・ブランの目に留まり、すぐに大事な演目のセンターに抜擢される。そんな中、マダム・ブラン直々のレッスンを続ける彼女のまわりで不可解な出来事が頻発、ダンサーが次々と失踪を遂げる。一方、心理療法士クレンペラー博士は、患者であった若きダンサーの行方を捜すうち、舞踊団の闇に近づいていく。やがて、舞踊団に隠された恐ろしい秘密が明らかになり、スージーの身にも危険が及んでいた――。

***********************************

監督:ルカ・グァダニーノ『君の名前で僕を呼んで』
音楽:トム・ヨーク(レディオヘッド)
出演:ダコタ・ジョンソン、ティルダ・スウィントン、ミア・ゴス、ルッツ・エバースドルフ、ジェシカ・ハーパー、クロエ・グレース・モレッツ
©2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC All Rights Reserved 


決してひとりでは見ないでください。『サスペリア』ティザーポスターが解禁


映画情報どっとこむ ralph 『君の名前で僕を呼んで』で世界の映画ファンを魅了したルカ・グァダニーノ監督最新作は、あの伝説の傑作『サスペリア』(77年)の再構築。今作のタイトルにおいても、『サスペリア』(ギャガ配給)に決定。この度、ティザーポスターが解禁となりました。公開は2019年1月より全国ロードショーとなります。


――決してひとりでは見ないでください。――


今回解禁されたポスターは、真っ赤に染まった空間の中に、本作『サスペリア』の頭文字Sが毒々しく浮かび上がり、その不穏さから既に恐ろしい雰囲気が漂っています。メインコピーの「決してひとりでは見ないでください。」は、41年前のオリジナル版『サスペリア』公開時とまったく同じものを採用。映画鑑賞の常識を覆すようなこのコピーは、当時大人から子供まで一世を風靡したことでも知られるが、今回は文字が逆になるなどいびつな表現が、何かを表しているのかどうか、センセーショナルさを感じさせます。

さらに、本作の公開前に、12月には監督のルカ・グァダニーノの来日が決定です!!!

映画情報どっとこむ ralph サスペリア

公式サイト:
gaga.ne.jp/suspiria


70年代ドイツを舞台に、名門バレエ・カンパニー<マルコス>に巣食う禁断の秘密を、オリジナルとは異なる視点で大胆にアレンジした本作。

本年度のヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門で上映されるや、上映後は観客総立ちの約8分間という圧巻のスタンディングオベーション!

しかし予想を超えるほどの衝撃的すぎる内容ゆえ歓声と怒号の入り混じる賛否両論が巻き起こり、レビューサイトでも様々な議論が飛び交うなど、大きな話題に。

また、『君の名前で僕を呼んで』で女性を中心に映画ファンを虜にしたルカ・グァダニーノ監督。

77年公開のオリジナル版『サスペリア』の大ファンでもある監督の渾身の本作は、そのオリジナル版の監督であるダリオ・アルジェントも絶賛の太鼓判を押し、試写でいち早く観たクエンティン・タランティーノ監督はその完成度の凄さに、涙しながらルカ監督にハグをしたというニュースが駆け巡るなど、世界中で話題となっております。

***********************************

監督:ルカ・グァダニーノ『君の名前で僕を呼んで』
音楽:トム・ヨーク(レディオヘッド)
出演:ダコタ・ジョンソン、ティルダ・スウィントン、ミア・ゴス、ルッツ・エバースドルフ、ジェシカ・ハーパー、クロエ・グレース・モレッツ
©Courtesy of Amazon Studios
  
  


ルカ・グァダニーノ監督『サスペリア(原題)』レディオ・ヘッドのトム・ヨーク『Suspiria』リリース決定!


映画情報どっとこむ ralph 現在開催中の第75回ヴェネチア国際映画祭にて、公式上映(現地時間9/1)が行われ、観客の間で大きな賛否が巻き起こっているルカ・グァダニーノ監督(『君の名前で僕を呼んで』)の待望の最新作『Suspiria(原題)』ですが、この度、本作の音楽を全て手がけているレディオ・ヘッドのトム・ヨークによる最新アルバム『Suspiria (Music for the Luca Guadagnino Film)』が10月26日 (金) に世界同時リリースされることが公式発表されました。

トム・ヨークが書き下ろした25もの楽曲を収録した本作には、インストゥルメンタル曲のみならず、「Unmade」「Has Ended」、そして今回1stシングルとして公開された「Suspirium」といったトム・ヨークのヴォーカルがフィーチャーされた楽曲も含まれる。
Credit: Greg Williams

ホラー映画のための音楽制作は、トムに新たな挑戦と機会をもたらし、アルバム『サスぺリア』は彼の今までのどのような作品とも一線を画すものになった。ピアノ/ヴォーカルのバラードは“1977年のベルリン”という映画の設定にインスピレーションを受けたクラウトロック風なモジュラーシンセ曲、多層からなるヴォーカル、そして、恐怖、憧れ、哀愁を伝えるメロディーが合わさり、混沌的かつまとまりのある音楽の呪文が生まれている。

本作ではトム・ヨークが作曲とアレンジを担当し、レコーディングとプロデュースは、トム・ヨークとサム・ペッツ・デイビーズが行った。さらにアルバムには、ロンドン・コンテンポラリー・オーケストラと聖歌隊がフィーチャーされている。またトムの息子であるノア・ヨークが「Has Ended」と「Volk」でドラムを、パーシャ・マンスロブが「Suspirium」でソロフルートを演奏している。

映画情報どっとこむ ralph サスペリア(原題)

2019年 1月、TOHOシネマズ 日比谷 他 全国ロードショー


現在開催中のヴェネチア国際映画祭では、ダコタ・ジョンソン、ティルダ・スウィントン、クロエ・グレース・モレッツら超豪華な女優陣と共にトム・ヨーク、そしてルカ・グァダニーノ監督がレッドカーペットに揃って登場。『サスペリア』の世界を彷彿とさせるエレガントなスーツやドレスで、各々の個性を爆発させたひときわ華やかな公式上映となった。

上映時には、観客総立ちで約8分間という圧巻のスタンディングオベーション。

しかし予想を超えるほどの衝撃的すぎる内容ゆえブーイングも聞こえるなど、様々な反響が見られた。

日本では『君の名前で僕を呼んで』で女性を中心に映画ファンを虜にしたグァダニーノ監督。
77年公開のオリジナル版『サスペリア』の大ファンでもある監督の渾身の本作。監督は「14歳で初めて『サスペリア』を観たときから大ファン。自分ならではの解釈で映画化したかった」と、 長らく本作への思いを抱いていた事を話していた。

***********************************

監督:ルカ・グァダニーノ『君の名前で僕を呼んで』『胸騒ぎのシチリア』
出演:ダコタ・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、ミア・ゴス、ティルダ・スウィントンほか
配給:ギャガ 


本当の恋愛に恐怖症女子が覚醒!『エイミー、エイミー、エイミー!』予告編


映画情報どっとこむ ralph 恋愛恐怖症女子の覚醒!
きっと明日が楽しみになる! ニューヨーク版こじらせ女子が、全米で圧倒的な支持を得て、1 億ドル突破の大ヒット!!

TRAINWRECK』(原題)が邦題を『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』と決定し、3月4日(土) よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほかで全国公開となりました。

この度解禁された予告編は、 母を捨て、離婚した父に『一夫一婦制は悪だ』と熱弁され、同じようにその言葉を繰り返す幼い女の子2人の映像からスタート。


映画情報どっとこむ ralph そんな父の影響で、完全にこじらせ女子と化してしまった主人公エイミー。色んな 男性と一夜限りの関係を持ち、だが【決して泊まらせはせず】、ことが終われば家に帰し、デートに誘われれば『もう会わない』と断ち切るエイミー。

良いアパートに住み、良い友人もいる、そんな満足しているエイミーの元へ、新たな仕事、スポーツ 医の紹介記事の執筆がまいこむ。スポーツ医(アーロン)との出会いをきっかけに、2人でバスケ鑑賞や、馬車に乗ってはしゃぐ姿など、幸せそうな一面がうかがえる。そんな中、一夜を共にしたことをきっかけに、本当の恋愛を知らないエイミーと、恋愛経験が少ないアーロンとの不器用な電話でのやりとりなどもコミカルに描かれています。

エイミーは本当の恋愛を掴むことができるの?NYらしいアップテンポな曲とともに、予測不可能な恋の展開をうかがわせます!

映画情報どっとこむ ralph 合わせて、解禁されたポスタービジュアルは、道路の真ん中でシーツを身にまとい、まるで一夜をすごした男性から逃げているかのような、そんな様子をうかがわせるポスターです。

また、『ルーム』アカデミー賞受賞のブリ―・ラーソンや、『胸騒ぎのシチリア』のティルダ・スウィントンなど、豪華な俳優陣が背景に!!

エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方

2017年3月4日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国順次公開!


物語・・・
幼い頃に離婚した父親から、「一夫一婦なんて悪だ!」と教えられたエイミー(エイミー・シ ューマー)。

その影響で恋愛はせず男性とは一夜限りの関係と割り切り自由奔放に生きていた。そ んな生活にマンネリ感を持ち始めた頃、仕事でスポーツ外科医のアーロン(ビル・ヘイダー)の記事 を執筆することになり彼を取材する。

アーロンとの出会いをきっかけに、エイミーは自身の恋愛感や 人生を見つめ直し生きていこうと決心するが、今までの自分が邪魔をしてアーロンとの関係にも亀 裂が・・・。

今さら自分を変えることも出来ず諦めかけたエイミーだったが、ある行動に出る。

原題:TRAINWRECK

***********************************

監督:ジャド・アパトー
脚本:エイミー・シューマー
製作:ジャド・アパトー、バリー・メンデル
製作総指揮:デヴィッド・ハウスホルター/プロダクション・デザイナー:ケヴィン・トンプソン

撮影:ジョディ・リー・リップス
音楽:ジョン・ブライオン
音楽監修:マニシュ・ラヴァル、トム・ウルフ

出演:エイミー・シューマー、ビル・ヘイダー、ブリー・ラーソン、ティルダ・スウィントン、コリン・クイン、ジョン・シナ、レブロン・ジェームズ
2015年/アメリカ映画/英語/125分/カラー/ビスタサイズ/5.1chドルビーデジタル
(C)2015 UNIVERSAL STUDIOS.ALL RIGHTS RESERVED.
    


レイフ・ファインズのインタビュー映像到着『胸騒ぎのシチリア』


映画情報どっとこむ mari 先日『サスペリア』のリメイクが発表され、話題になっているルカ・グァダニーノ監督の公開中の新作『胸騒ぎのシチリア』。

本作は、シチリアの美しい孤島を舞台に、声を失った歌手マリアンと、彼女をとりまく、年下の恋人、昔の男、昔の男の娘と名乗 る謎の美女が、愛と欲望にかられ、嫉妬と誘惑の果てに、あってはならない事件を巻き起こすという、ひと夏のヴァカンスを描 いた物語。

この度、ザ・ローリング・ストーンズの歴史を作ったと自負する音楽プロデューサーで、主人公の元カレ・ハリーを演じたレイフ・ ファインズのインタビューが到着!『シンドラーのリスト』や『イングリッシュ・ペイシェント』で知られる名優レイフ・ファインズが、 従来の二枚目俳優としての殻を破り、破天荒な“主人公の昔の恋人”として、物語を揺り動かす狂言まわしを務めている。 話題をさらった見事なダンスシーンについてもはにかみながら語っています。
%e8%83%b8%e9%a8%92%e3%81%8e%e3%81%ae%e3%82%b7%e3%83%81%e3%83%aa%e3%82%a201 そして、レイフは本作でアカデミー賞の前哨戦とし て注目を集めるインディペンデント・スピリット賞にて助演男優賞にもノミネート!発表は2月25日となります。

映画情報どっとこむ mari

明るくにぎやかで人を楽しませる一方、昔の恋人に魂の救済を求める男。 大胆にイメージを脱却したレイフ・ファインズ自らが語る新境地。

レイフが演じたハリーは、ザ・ローリング・ストーンズの音楽プロデューサーで、彼らの歴史を作ったと自負する男。そしてロックスター・マリ アン(ティルダ・スウィントン)のプロデューサーでもある。物語が進むにつれ、じつは彼らが恋人でもあった過去がフラッシュバックするのだ が、このハリーという男、とにかく喋り捲る。一方マリアンは声帯を手術し声が出せないという設定で、二人の対比が鮮やかだ。

レイフ:当 初マリアンにはセリフがあったが、ティルダは話すべきではないと感じた。彼女は静養中でハリーの友人でもある年下の恋人とも話せない。 そこにハリーが現れ、彼女を取り戻そうと騒動を起こすんだ。

と語り、「声」がその後起こる人間関係へ大きく影響することを示唆する。 物語の舞台となったシチリア州パンテッレリーア島について

レイフ:常にいろんな方向から風が吹いている。南地中海での撮影はすばらしい経 験だったが暴風が吹き荒れていて撮影するには大変な環境だった。

と撮影を振り返った。 話題をさらったダンスシーンについては

レイフ:“ハリーはダンスがうまい”と脚本に書かれていた。僕はほろ酔いで少し踊ることはあってもダン スには自信がなかった。振付ではなく即興だよ。実際に『エモーショナル・レスキュー』が流れ、スタッフも含めみんな楽しんだと思う。

とはに かんだ笑顔を見せた。 また、ティルダ・スウィントンとルカ・グァダニーノ監督はタッグをくんで21年という長きにわたるパートナーだが、レイフとルカ監督は初の 顔合わせ。ルカ監督について

レイフ:オープンで柔軟性がある。と同時に確固たる考えをもっている。ルカとティルダに創造的な絆があるのは当然 だが、ティルダは開放的なので疎外感は感じなかった。全員が一丸となって意見を言い合えるオープンな現場だったよ。

と語っています。

映画情報どっとこむ mari 物語・・・
世界的な人気を誇るロック歌手のマリアン(ティルダ・スウィントン)は、痛めた声帯と心を癒す為、年下の恋人のポール(マティア ス・スーナールツ)とシチリアのパンテッレリーア島で優雅な時間を過ごしていた。ところが、マリアンの元彼でカリスマ音楽プロデューサーの ハリー(レイフ・ファインズ)が、セクシーな娘ペン(ダコタ・ジョンソン)を連れて押しかけてくる。彼らの欲望と嫉妬の果てに、とある朝、プール の底に何者かが沈んでいるのが発見された・・・。マリアンはこの旅で、自分にとって必要な愛を、大胆に掴み取る。
%e8%83%b8%e9%a8%92%e3%81%8e%e3%81%ae%e3%82%b7%e3%83%81%e3%83%aa%e3%82%a2sub1
胸騒ぎのシチリア

新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国公開中!

***********************************

監督:ルカ・グァダニーノ『ミラノ、愛に生きる』
出演:ティルダ・スウィントン『フィクサー』/レイフ・ファインズ『グランド・ブダペス ト・ホテル』/ダコタ・ジョンソン『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』/マティアス・スーナールツ『リリーのすべて』

2015 年/イタリア・フランス/英語/125 分/ビスタ/カラー/5.1ch/PG12
原題:A Bigger Splash
日本語字幕:石田泰子
配給:キノフィルムズ/木下グループ

© 2015 FRENESY FILM COMPANY. ALL RIGHTS RESERVED