「ティモシー・ハットン」タグアーカイブ

『ゲティ家の身代金』お蔵入り救ったリドリー・スコット監督オフィシャルインタビュー


映画情報どっとこむ ralph フォーチュン誌によって、世界で初めての億万長者に認定された石油王ジャン・ポール・ゲティ。1973年ローマで彼の孫が誘拐され、当時史上最高額とも祝える身代金を要求されたものの、その支払いを拒否した世界一有名な誘拐事件が、巨匠リドリー・スコットの手によりついに映画化。

『ゲティ家の身代金(原題:All the Money in the World)』が遂に今週5月25日(金)に日本公開となる。


このたび、『ゲティ家の身代金』のメガホンをとった巨匠:リドリー・スコットのインタビューが到着。

お蔵入り寸前だった本作を見事仕上げた彼は、インタビューにて、すぐに投資家の所へ行き、「僕たちはこれを直せる。誰をキャストし直すことが出来るかわかっている。再撮をして、予定通りに公開出来るよ」と語ったとコメントしています。

映画情報どっとこむ ralph それでは、リドリー・スコット監督オフィシャルインタビュー全文をどうぞ!


Q.驚異的なスピードで再撮を決定なさって、当初の予定通り年内公開、というのが信じられませんでした。この奇跡を可能にしたのは一体なんだと思いますか?

リドリー・スコット監督:素晴らしい効率の良さと、たくさんの経験だよ。そこには何のマジックもない。やっていることをちゃんとわかっていることだ。僕にはすごく経験がある。(最終的に)やらないといけないことがわかっていた。それは、基本的にケヴィン・スペイシーを入れ替えることだった。さもなければこの映画は消え去ってしまっただろう。このままではスタジオは、この映画にプリント代や広告費をかけないからね。公開日に行き着く前に死んでしまっただろう。僕のパートナーや僕に、そういうことを起こさせることは出来なかった。なぜなら、(製作費を出したのは)ソニーじゃないからだよ。プライベートの投資家なんだ。だから僕は彼のところに行って、「僕たちはこれを直せる。誰をキャストし直すことが出来るかわかっている。再撮をして、予定通りに公開出来るよ」と言ったんだ。僕にはそれを出来ることがわかっていた。なぜなら僕のチームは、どんなことでもとてもうまく出来るからだよ。彼らはとても優れている。正確さがとても大事なんだ。

Q.クリストファー・プラマーのことをすぐに思いついたんですか?

リドリー・スコット監督:クリストファー・プラマーの名前は常に候補者のリストにあった。かなり前にこのプロジェクトをやっていた時にね。実は、このプロジェクトを始めたのは多分、5月か6月なんだ。とても早く製作が進んだんだ。リストには2人しか載っていなかった。ケヴィン・スペイシーとクリストファー・プラマーだ。それで、僕はクリストファーに電話をかけたんだ。

Q.これは、世界一裕福な男がターゲットとなった世紀の大誘拐でした。

リドリー・スコット監督:そうだね。

Q.そのためにスキャンダラスに語られてきた実在の事件を映像化するにあたって、最も焦点を当てて描きたかったのはどんな点でしたか?

リドリー・スコット監督:僕は、事実に基づいたストーリーが好きなんだ。ほとんどジャーナリズムのようなストーリーが好きだ。僕がこれまでに手がけた他のジャーナリスティックな映画は、多分「アメリカン・ギャングスター」だ。「ブラック・ホークダウン」もそうかもしれない。それから間違いなく今作だ。

今作はジャーナリスティックな扱いが要求される。それは、僕が普段やっていることと違うものだよ。なぜなら、僕はたくさんサイエンス・フィクションをやるからだ。いろんな作品をやる。多様性のあるものをね。でも、僕は、今についての題材をやるのが好きなんだ。現代社会について。今日についてのものを。

これは、70年代に僕が経験したシンドロームだった。僕はこの事件のことをとてもよく知っていた。なぜなら、僕はロンドンで、60年代、70年代、とても楽しい時を過ごしたからだよ。だから、それに関わった人々を何人か知っていた。もちろん、とても興味を持った。でも、僕が企画開発したわけじゃない。脚本が送られて来たんだ。

Q.2017年公開作、そして今後アナウンスされるものも含め、監督、プロデューサーとして膨大な数の作品を手がけていらっしゃいます。そのペースが年々加速しているようにも感じます。その原動力は一体何でしょうか?

リドリー・スコット監督:それもまた経験だと思うよ。じっくり考えないことを学ぶんだ。くよくよ考えない。ただやるんだよ。今作で(ケヴィン・スペイシーとクリストファー・プラマーを)入れ替えたように、じっくり考えていないで、(その問題を解決するために)何か実際にやることだ。最も大変で最も困難なことは、どんな題材であっても、それを書くことだよ。一旦、それが脚本に書かれて、その題材についてのビジョンがあれば、フィルムメーカーやライターの見方によって、どんなことでも興味深いものになる。だから僕は多くの映画を手がけているんだ。自分がやっていることが大好きだからだよ。

Q.最後に、日本のファンにメッセージをいただけますか?今作の最大の見どころは何でしょうか?

リドリー・スコット監督:この映画は、みんなが考えているものじゃないと思う。裁判事件であるとか、トーキングヘッズ(画面に語り手の顔が出てくるもの)じゃないんだ。今作には、とてもストレスフルで、時にはかなり暴力的なところが出てくる。多くの意味で、それは家族の崩壊についてのストーリーなんだ。でもまた、子供のために立ち向かったこの女性の人生におけるとても緊張した瞬間だ。ミシェル・ウィリアムズによって演じられたこの女性の意志の強さや勇気は、最も重要なものだ。ファンタスティックだよ。


映画情報どっとこむ ralph ゲティ家の身代金
原題:『All the Money in the World』

物語・・・
“世界中のすべての金を手にした”といわれる大富豪ゲティ。17歳の孫ポールが誘拐され1700万ドルという破格の身代金を要求されたゲティは、こともあろうことかその支払いを拒否。彼は大富豪であると同時に稀代の守銭奴だったのだ。離婚によりゲティ家を離れ一般家庭の人間となっていたポールの母ゲイルは、息子のために誘拐犯のみならず【世界一の大富豪】とも戦うことに。警察に狂言誘拐を疑われ、マスコミに追い回され、疲弊していくゲイル。一方、一向に身代金が払われる様子がないことに犯人は痺れを切らし、ポールの身に危険が迫っていた。それでもゲティは頑なに支払いを拒む。愛する息子を助け出すため、母は一か八かの賭けに出るのだった…。
***********************************

監督:リドリー・スコット
脚本:デビッド・スカルパ 上映時間:133分 2017年アメリカ 全米公開:2017年12月25日
出演:ミシェル・ウィリアムズ、クリストファー・プラマー、ティモシー・ハットン、ロマン・デュリス、チャーリー・プラマー、マーク・ウォールバーグ

原作:ジョン・ピアースン著『ゲティ家の身代金』(ハーパーコリンズ・ジャパン刊)
配給:KADOKAWA
©2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


「普通じゃないんだ ゲティ家の人間は」日本版 名言キャラクター『ゲティ家の身代金』ポスター4種解禁!!


映画情報どっとこむ ralph フォーチュン誌によって、世界で初めての億万長者に認定された石油王ジャン・ポール・ゲティ。
1973年ローマで彼の孫が誘拐され、当時史上最高額とも祝える身代金を要求されたものの、なんと!

その支払いを拒否!!!

世界一有名な誘拐事件が、巨匠リドリー・スコットの手によりついに映画化。
『ゲティ家の身代金』が5月25日(金)に日本公開となります。


この度、主人公のアビゲイル・ハリスを始め、映画の中心となる4人のキャラクターポスターが解禁。それぞれの印象的なビジュアルと共に、キャラクターを象徴する台詞が記載されている。

ゲイルの上に掲げられた台詞は

「巨大な帝国と戦っているの」

息子を誘拐された苦悩や誘拐犯への怒りに加え、本来ならば協力し合えるはずの身内であるゲティとも戦わなければならない彼女の憔悴しきった姿から、誘拐犯と世界一の大富豪を同時に戦わなければならない過酷さが見て取れる。

映画情報どっとこむ ralph さらに彼女の息子であり、誘拐される張本人、ジョン・ポール・ゲティ三世の上に掲げられた台詞は

「普通じゃないんだ ゲティ家の人間は」

大富豪の孫のため、身代金の支払いも問題ないと高を括る犯人に対して、絶望とも諦めともつかない表情の彼の姿から、ゲティに対する思いが伺える。


また、彼らを救うべく交渉人として犯人と向き合うフレッチャー・チェイスが

「“犯人とは交渉しない”と思わせるのも交渉術だ」

という台詞から、彼の交渉人として腕前と自信を感じ取ることができる。


そして、本作最大の敵と言っても過言ではないジャン・ポール・ゲティ

「“提示された額から値引く”これが鉄則だ」

という、孫の身代金に対しての言葉とは思えない、常人には理解し難い狂人めいた台詞に恐怖を覚える。


そんな”世界一の大富豪”に”普通の母”は、どのようにして立ち向かっていくのか。

映画情報どっとこむ ralph ゲティ家の身代金

“世界中のすべての金を手にした”といわれる大富豪ゲティ。17歳の孫ポールが誘拐され1700万ドルという破格の身代金を要求されたゲティは、こともあろうことかその支払いを拒否。彼は大富豪であると同時に稀代の守銭奴だったのだ。離婚によりゲティ家を離れ一般家庭の人間となっていたポールの母ゲイルは、息子のために誘拐犯のみならず【世界一の大富豪】とも戦うことに。警察に狂言誘拐を疑われ、マスコミに追い回され、疲弊していくゲイル。一方、一向に身代金が払われる様子がないことに犯人は痺れを切らし、ポールの身に危険が迫っていた。それでもゲティは頑なに支払いを拒む。愛する息子を助け出すため、母は一か八かの賭けに出るのだった…。

***********************************

監督:リドリー・スコット 
出演:ミシェル・ウィリアムズ/クリストファー・プラマー/ティモシー・ハットン/ロマン・デュリス/チャーリー・プラマー/マーク・ウォールバーグ
脚本:デビッド・スカルパ
原作:『ゲティ家の身代金』ジョン・ピアーソン(ハーパーコリンズ・ジャパン刊)
配給:KADOKAWA
©2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


セクハラ問題で撮り直しに10億円!等々『ゲティ家の身代金』を町山智浩大いに語った!公開記念トーク


映画情報どっとこむ ralph フォーチュン誌によって、世界で初めての億万長者に認定された石油王ジャン・ポール・ゲティ。

1973年ローマで彼の孫が誘拐され、当時史上最高額ともいえる身代金を要求されたものの、その支払いを拒否した世界一有名な誘拐事件が、巨匠リドリー・スコットの手によりついに映画化。

『ゲティ家の身代金』が5月25日(金)に日本公開となります。この公開に先駆け、本日5月7日、映画評論家・町山智浩を招き公開記念トークイベントを行いました。

映画『ゲティ家の身代金』公開記念トーク
日時:5月7日(月)
場所:神楽座
登壇:町山智浩(映画評論家)

映画情報どっとこむ ralph 足元の悪い中、本イベントを楽しみにしていた多くのファンが会場へ詰めかけた本イベント。
登壇も早々、劇中に使用されているZOMBIESの「Time of the Season」について、

町山さん:この歌は歌詞の中で“who’s your daddy”という部分があるのですが、”お金持ちのお父さんがいるよ“という意味で、歌詞が内容とリンクしているんですよ。リドリー・スコット監督が使う劇中に使用している楽曲は必ず意味があるので、そこにも注目して見てください。

と見どころを説明。

さらに、完成のかなり前からリドリー・スコット監督にインタビューができる予定だったという

町山さん:12月のクリスマス公開予定だったが、ケビン・スペイシーのセクハラ問題で、10月くらいに、公開できないかもという話があって、映画が公開できないかもしれないとなりました。普通であれば、このまま中止か、長い時間をかけて取り直すところですが、彼は一ヶ月前から、急遽撮り直し、そのままの日程で公開したので、すごいです。しかも、取り直しのシーンは、10億円かかっていると言っていましたね。

と映画内容同様、日本だと考えられない金額も飛び出しました。


また、リドリー・スコットに、ケビン・スペイシーのことをどう思うかを聞いたという町山さんは

町山さん:“行方不明で見つからず、弁護士としか連絡がとれないから、ぶっ殺したいよ!”と言っていましたよ!彼は、巨匠という感じではなく、メイキングでは、Fワードをやたら言うおじいちゃんなんですよ。

と話すと、会場は大きな笑いに包まれた。 さらにキャスティングについて

町山さん:監督はゲティ役を元々クリストファー・プラマーで予定していましたが、映画会社から人気のあるケビン・スペイシーでと言われ、キャスティングされたので、結果として変更になり良かったので喜んでいました。ただ、全て同じ構図で取り直したにも関わらず、違う映画になってしまったと言っており、ケビン・スペイシー版は、冷酷非情の金持ちに見えるが、 クリストファー・プラマー版は、人情を感じる人柄となっています。そんなクリストファー・プラマーはまったく本人について調査せず、ケビン・スペイシー版のフィルムも見ず、台本だけ読み、自分の解釈で演じたと語っていますが。それでアカデミー賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞のノミネートでもオファーから一ヶ月ないというスピードというのだから、本当にすごいです。

彼の演技力を裏付ける話も語った。

映画情報どっとこむ ralph 続いてMCから、「今から45年前に実際に起きた事件ということですが、アメリカでは相当有名な事件なんでしょうか」とふられ

町山さん:犯人から、誘拐された息子の耳が送られてきた段階で、日本でも大きく報道されていました。アメリカでも、『クリスマスキャロル』のスクルージのような“とんでもないケチ親父”ということで、有名で、クリスマスに公開する意味は、スクルージなんだという意味もあるんです。リドリー・スコット監督が本作を撮ろうと思った理由も、“母が頑張った”というところに惹かれたからで、監督の頭の中には、シェイクスピアの『リア王』があり、末娘のコーデリアを裏に見たとも言っていました。

と本作のモデルとなった作品についても触れた。

さらに、

町山さん:この作品は、見終わった後、登場人物がその後どうなったかを調べると、さらに面白いですよ。ゲティは孫が14人、奥さんが5人いますが、どの奥さんとも一緒に暮らしておらず、子供ができると捨てていくような人物で、お金を持っているが寂しい男を表す象徴的なセリフもあるので、注目していただきたいです。

と注目ポイントについても話し、さらにリドリー・スコット自身に実在する当時の誘拐犯のグループ(イタリアのカラブリア州を仕切っている”ンドランゲタ“)から、脅迫状が届いたという衝撃のエピソードも飛び出し、

町山さん:彼らの組織は、世襲制になっており、レストラン等も含め経営し、街の経済を仕切っている上に、イタリアのGDPの3%は彼らの組織で、国家権力も刃向かえないんです。それを踏まえて見てみるとさらに楽しめます。また、本作の原題である『All the Money in the World』は、「世界中のお金があっても、◯◯は買えない」などに使うイディオムでもあり、まさにゲティを象徴しているんです。

と原題の意味について説明すると会場から、感嘆の声が。

そして、ミシェル・ウィリアムズのゲティから信じられないことを言われ、酷すぎて逆に笑ってしまうような演技が素晴らしいという町山は、彼女とマーク・ウォルバーグとの賃金格差の問題についても、

町山さん:ハリウッドの通例通り、男のほうが高い金額をもらったことを後で知った監督も怒ったこの騒動ですが、その後マーク・ウォルバーグは、セクハラ被害者のための基金「Time’s Up」寄付したりなど、#MeTooムーブメントに一番影響を受けた映画なんですよ。

と今の時代を象徴する作品であるということについても言及した。

映画情報どっとこむ ralph
続き、戦う女性を描き続けている監督についても

町山さん:リドリー・スコット監督は、フェミニスト映画のパイオニアでもあって、『テルマ&ルイーズ』や『G.I.ジェーン』など、一貫して、強い女性を描いています。何故、そういった作品を撮り続けるのか聞いたら、彼のお母さんがそういう人で、自分たち兄弟をあまり家にいなかった父の代わりに一生懸命育ててくれたので、女性といえばお母さんのイメージになっていると語っていて、それはまさに、本作にも反映されています。

と語り、

最後に・・・

町山さん:この映画は強烈ですよ!!目ん玉開いてガッツリ見てください。タランティーノですら、カメラをよけたシーンが、“俺はそんなぬるいことはやらねえ!”と言って撮ったやんちゃ親父の強烈な作品です。

とこれから作品を鑑賞する観客を煽り、イベントは幕を閉じた。

ゲティ家の身代金
原題:『All the Money in the World』


***********************************

監督:リドリー・スコット
脚本:デビッド・スカルパ
上映時間:133分 2017年アメリカ
全米公開:2017年12月25日

出演:ミシェル・ウィリアムズ、クリストファー・プラマー、ティモシー・ハットン、ロマン・デュリス、チャーリー・プラマー、マーク・ウォールバーグ
原作:ジョン・ピアースン著『ゲティ家の身代金』(ハーパーコリンズ・ジャパン刊)
配給:KADOKAWA
©2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
   


『ゲティ家の身代金(原題:All the Money in the World)』予告到着!


映画情報どっとこむ ralph フォーチュン誌によって、世界で初めての億万長者に認定された石油王ジャン・ポール・ゲティ。
1973年ローマで彼の孫が誘拐され、当時史上最高額とも祝える身代金を要求されたものの、その支払いを拒否した世界一有名な誘拐事件が、巨匠リドリー・スコットの手によりついに映画化『ゲティ家の身代金(原題:All the Money in the World)』が5月25日(金)に日本公開となります。

非情な誘拐犯、そして冷酷な大富豪と戦う、一人の母―――――

このたび、『ゲティ家の身代金』の最新予告編が完成。クリストファー・プラマーの重厚で迫真の演技から、ゲティの狂人ぶりと、この事件の異常さを十分に感じることができる。また、息子を救出するために奔走する母親役のミシェル・ウィリアムズは、アカデミー賞女優を経て、円熟した演技を魅せつけており、この異常な事件の真の主人公としての存在感を遺憾なく発揮している。



映画情報どっとこむ ralph さらに、一挙お披露目となった場面写真では、立ったまま驚いた様子で電話をするゲイルの緊迫した状況が伝わってくるカット。
誘拐され憔悴しきった表情で空を見つめているポール。
そして、警察車両の横で凛々しい表情を浮かべるチェイス、
犬を横に携え、荘厳な雰囲気の屋敷で、どっしりと構えるゲティが写されている。
また、誘拐犯と睨み合い、悲惨な状況でも折れない心が見て取れるポールのカットや、
その息子を救うべく、チェイスと共に奮闘するゲイルのカットも解禁。

非常な誘拐犯、そして冷酷な大富豪と戦う、一人の母を描いた本作。豪華役者陣による極上なサスペンスに期待していただきたい。

映画情報どっとこむ ralph 1973年、日本をはじめ世界中を震撼させた誘拐事件があった。人質は【世界一の大富豪】であるアメリカ人石油王ジャン・ポール・ゲティの孫、ジョン・ポール・ゲティ三世。イタリア人左翼ゲリラの犯人から要求された1,700万ドル(約50億円※)という破格の身代金もさることながら、50億ドル(1.4兆円)の資産を持つゲティがその身代金の支払いを拒否したことでも有名で、日本の新聞、週刊誌でも大きく報道された。

当時、世界中で話題となったこの衝撃の事件を現代のスクリーンに蘇らせたのは、『オデッセイ』、『アメリカン・ギャングスター』、『グラディエーター』、『エイリアン』など、数々の不朽の作品を世に放つ、巨匠リドリー・スコット監督。主人公ゲイルを演じるのは、『マリリン 7日間の恋』でゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞、アカデミー賞ノミネートを果たした実力派女優ミシェル・ウィリアムズ。世間の好機の目に晒されながらも気丈に大富豪と誘拐犯に立ち向かう強い母親を演じた。また、元CIAの交渉人チェイス役には、『ディパーデッド』『テッド』と、コミカルな役からシリアスまで幅広い演技に定評のあるマーク・ウォールバーグが名を連ねる。そして、億万長者であり狂人という、本作の裏の主人公ともいえるジャン・ポール・ゲティを演じるのは、アカデミー賞助演男優賞ノミネートのクリストファー・プラマー。

ゲティ家の身代金

原題:『All the Money in the World』

《STORY》
“世界中のすべての金を手にした”といわれる大富豪ゲティ。17歳の孫ポールが誘拐され1700万ドルという破格の身代金を要求されたゲティは、こともあろうことかその支払いを拒否。彼は大富豪であると同時に稀代の守銭奴だったのだ。離婚によりゲティ家を離れ一般家庭の人間となっていたポールの母ゲイルは、息子のために誘拐犯のみならず【世界一の大富豪】とも戦うことに。警察に狂言誘拐を疑われ、マスコミに追い回され、疲弊していくゲイル。一方、一向に身代金が払われる様子がないことに犯人は痺れを切らし、ポールの身に危険が迫っていた。それでもゲティは頑なに支払いを拒む。愛する息子を助け出すため、母は一か八かの賭けに出るのだった…。

***********************************

出演:ミシェル・ウィリアムズ、クリストファー・プラマー、ティモシー・ハットン、ロマン・デュリス、チャーリー・プラマー、マーク・ウォールバーグ

監督:リドリー・スコット
脚本:デビッド・スカルパ
上映時間:133分 2017年アメリカ

原作:ジョン・ピアースン著『ゲティ家の身代金』(ハーパーコリンズ・ジャパン刊)
配給:KADOKAWA
©2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールドの邦題『ゲティ家の身代金』に決定!日本版ポスター公開


映画情報どっとこむ ralph “世界中のすべての金を手にした”と言われた【世界一の大富豪】石油王ジャン・ポール・ゲティ。
1973年に発生し、1700万ドル(当時のレートで約50億円)の身代金を要求された彼の孫の誘拐事件を巨匠リドリー・スコットが映画化した『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』の邦題が、『ゲティ家の身代金』に決定し、公開日が5月25日(金)と発表されました。

それに併せて日本版ポスターが初公開!

1700万ドルという破格の身代金を要求されるも、50億ドル(当時のレートで約1.4兆円)の資産を持つゲティがその支払いを拒否したことが有名で、日本の新聞、週刊誌でも大きく報道された。しかしこの事件の裏側で、誘拐犯と身代金を拒むゲティの間で戦い続けた人質の母親がいたことはあまり知られていない。離婚で一族を離れていた”一般家庭の母”は、いかに2つの強敵に立ち向かったのか。実話に基づく、華麗で異常な傑作サスペンスが誕生した。

誘拐されたポールの母親アビゲイル・ハリス(以下ゲイル)を演じるのは、『ブルーバレンタイン』『マリリン 7日間の恋』でアカデミー賞(主演女優賞)にノミネートされた実力派ミシェル・ウィリアムズ。誘拐犯とゲティという2つの敵と闘う勇敢な“普通の母”を演じている。また、ゲティに誘拐犯との交渉のために雇われ、次第にゲイルを助ける存在となっていく元CIAのフレッチャー・チェイスを演じるのは、『ディパーテッド』『テッド』と、コミカルからシリアスな役までその幅広い演技力に定評のあるマーク・ウォールバーグ。さらに、その圧倒的な存在感で世界一の大富豪・ジャン・ポール・ゲティを演じたのは、『人生はビギナーズ』でアカデミー賞助演男優賞を受賞した名優クリストファー・プラマー。

映画情報どっとこむ ralph 当初、ゲティの役はケヴィン・スペイシーが演じるはずだったが、セクハラ疑惑の発覚により、2017年11月に降板。映画は既に完成、全米公開は1ヶ月後に控えていたが再撮影を決行し、急遽クリストファー・プラマーがキャスティングされ1週間後には撮影を開始。その2週間後には映画を完成させ、アカデミー賞(助演男優賞)、ゴールデングローブ賞(監督賞、主演女優賞、助演男優賞)、英国アカデミー賞(助演男優賞)にノミネートされるという史上空前の快挙を果たすこととなる。クリストファー・プラマーは本作で自らが持つアカデミー賞演技部門ノミネートの歴代最高齢記録を更新した。そして、この豪華役者陣を束ねるのは、『エイリアン』『ブレードランナー』『オデッセイ』『グラディエーター』などハリウッドで数々の金字塔を打ち立ててきた巨匠リドリー・スコット監督。再撮影を即座に決断し、お蔵入りも危惧された本作を救った手腕はリドリー・スコットにしか出来ない離れ業であり、役者陣の協力があってこその大逆転劇となった。



ゲティ家の身代金
原題:オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド

リドリー・スコットが再撮影をしてまで描きたかった本作。

5月25日(金) 全国公開

物語・・・
“世界中のすべての金を手にした”といわれる大富豪ゲティ。17歳の孫ポールが誘拐され1700万ドルという破格の身代金を要求されたゲティは、こともあろうことかその支払いを拒否。彼は大富豪であると同時に稀代の守銭奴だったのだ。離婚によりゲティ家を離れ一般家庭の人間となっていたポールの母ゲイルは、息子のために誘拐犯のみならず【世界一の大富豪】とも戦うことに。警察に狂言誘拐を疑われ、マスコミに追い回され、疲弊していくゲイル。一方、一向に身代金が払われる様子がないことに犯人は痺れを切らし、ポールの身に危険が迫っていた。それでもゲティは頑なに支払いを拒む。愛する息子を助け出すため、母は一か八かの賭けに出るのだった…。

***********************************

監督:リドリー・スコット
出演:ミシェル・ウィリアムズ/クリストファー・プラマー/ティモシー・ハットン/ロマン・デュリス/チャーリー・プラマー/マーク・ウォールバーグ

脚本:デビッド・スカルパ
原作:『ゲティ家の身代金』ジョン・ピアースン著(ハーパーコリンズ・ジャパン刊)

配給:KADOKAWA
©2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.