「テアトル新宿」タグアーカイブ

篠崎こころ、安城うらら、鈴木宏侑 松本優作監督 登壇映画『Noise ノイズ』舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 松本優作が15歳で体感した二つの解釈不能な状況ー中学時代の親友の自殺と2008年6月8日の秋葉原無差別殺傷事件ーから作った、人類史上最も凄惨な今を生きる世界の同時代映画『Noise ノイズ』。

多くの若手監督が目指すテアトル新宿にて、3月1日(金)初日を迎え、篠崎こころさん、安城うららさん、鈴木宏侑さん、そして、初監督・初長編映画の松本優作監督が登壇して舞台挨拶が行われました。

日付:3月1日(金)
場所:テアトル新宿
登壇:篠崎こころ、安城うらら、鈴木宏侑
松本優作・監督(司会進行兼)

映画情報どっとこむ ralph
この日、MCも務めた松本監督は声をつまらせ

松本監督:こうやって公開できて嬉しいです。

の言葉を出す事ができない松本監督に

篠崎さん:ハンカチをもってきました。

鈴木さん:今日はお母さんはどちらに?

と助け船を出すと、二階席から「ありがとうございました」とお母さんが観客に手を振り感謝を伝えると暖かな雰囲気に。

あらためて、初日を迎えて

篠崎さん:本日お越しいただきまして有難うございます。撮影から公開まで3年かかったので上映できたことが感慨深く思います。初日を迎えられたのも皆様のおかげだと思っております。上映続いていきますので応援よろしくお願いいたします。

安城さん:撮影は3年前で、ロンドンとオランダにも一緒に行かせていただいて、ようやく日本で劇場公開できるっていう実感はあまりなくて。この舞台に立ち、みなさんのお顔を見て、今ようやく実感しました。

鈴木さん:僕はスタッフも同時にやっていて撮影時や編集の松本監督の苦悩を知っていたので、やっとたくさんの人に見てもらえる映画になれて一安心しています。

松本監督:この映画を撮影した時は3年前くらい。23歳くらいの時にこの映画を撮影しました。当時はこうやって劇場公開ちゃんとできるかわからない状況で、もう映画を完成させることだけで一杯一杯でした。うまく行かないこともたくさんあったのでこうやって公開できて嬉しいです。。(言葉詰まる)。。


映画情報どっとこむ ralph 役作りについて

篠崎さん:特にしていません、脚本をいただいた時には大枠しか書いていなくて。撮影時に監督と二人でどうしようかを決めて台本を書き換えていたので(映画に映っているのは)素の22歳の時の私のまま。役作りは意識しませんでした。

安城さん:最後に秋葉原の街に出るんです、どうしようもない環境を自分から作ってしまったことに対してやるせない気持ちとかある中で。秋葉原という街はすごくキラキラしてて、そこに勝手に向かってしまうようなそんな気持ちで最後は演じました。役作りはヤンキーで荒れた感じで、私はヤンキーっぽくないので。ヤンキーではないけどヤンキーぶってる人を想像しながら、監督からいただいた映画とかを参考にやりました。

鈴木さん:きっかけは、松本さんがPVを撮影するということで撮影アシスタントとして行ったときに、映画を企画していてオーディションに来てくれと言われて行ったら僕一人、そこで松本さんと話しました。同じ神戸の出身だったり、母親のこととか共通点があって、松本さんを演じればいいのかなっていうのと同時に、モチーフになっている秋葉原の事件の犯人をどうやっていったらいいのか、あとは本などを参考にしました。

『Noise』に込めた思い

松本監督:この映画を作ったきっかけが2008年に僕の友達が亡くなってしまって。。(言葉詰まる)。。無差別に人を殺すということと自分を殺すということと元は同じじゃないか。。(言葉詰まる)。。亡くなった友達にもこの映画見てもらいたいなって思いますし、映画を作るにあたっていろんな苦悩とか壁があったんですけど公開できてよかったなと思います。

と、公開に感慨無量の監督でした。

映画情報どっとこむ ralph 『Noise ノイズ』

テアトル新宿にてロードショー!
3/29(金)よりシネ・リーブル梅田、
3/30(土)より名古屋シネマスコーレ、
今春 京都出町座、神戸元町映画館他順次

公式サイト:
https://noise-movie.com/


【STORY】
事件で母を亡くした少女は、強圧的な無職の父と暮らしながら地下アイドルのライブで歌う。アルバイトで暮らす青年は、母親が借りた闇金 からの取立てに家を追われボイスレコーダーに収録した憤りを公衆電話を使って吐きだす。制服のまま少女は、仕事と家庭内介護に疲れた父の家から 飛びだす。絶望の中に生きる若者たちと大人たちが見たものとは…。

***********************************


主演
篠崎こころ、鈴木宏侑、安城うらら

出演
小橋賢児、仁科貴、布施博、岸建太朗、來河侑希、川崎桜、日向すず、真中のぞみ

2018|日本|カラー|スコープ|DCP|3.0ch|115分
配給:マコトヤ
©「Noise」製作委員会
   


井浦新主演映画『嵐電』劇場公開初日が決定!!ポスタービジュアル到着


映画情報どっとこむ ralph 大阪アジアン映画祭オープニング上映作品として話題の井浦新主演映画『嵐電』劇場公開初日が5月24日(金)よりテアトル新宿、京都シネマほか全国順次で決定!同時にポスタービジュアルが完成しました!

京都市街を走る路面電車、京福電鉄嵐山線(通称らんでん)を舞台に、交錯する三つ恋愛を幻想的に描く

鎌倉からやってきたノンフィクション作家の平岡衛星(井浦新)は、嵐電の走る線路のそばに部屋を借り、嵐電にまつわる不思議な話を集める取材を開始する。そこには、衛星と彼の妻・斗麻子(安部聡子)が、かつて嵐電の街で経験した出来事を呼び覚ます目的があった。修学旅行で青森からやって来た女子学生・北門南天(窪瀬環)は、嵐電の駅で、電車をスーパー8で撮影する地元の少年・子午線(石田健太)と出会い夢中になる。

太秦撮影所の近くのカフェで働く小倉嘉子(大西礼芳)は、撮影所にランチを届けた折、東京から来たそれほど有名ではない俳優・吉田譜雨(金井浩人)に京都弁の指導をすることになり、台詞の読み合わせを行うが…。

監督は映画『ゲゲゲの女房』『ゾンからのメッセージ』などを手掛け、俳優としても活躍する鈴木卓爾。主演には第一線で活躍を続ける井浦新(『ワンダフルライフ』 『止められるか、俺たちを』、7月公開『こはく』)を迎え、心を揺さぶる恋愛映画に

『嵐電』

2019年5月24日(金)テアトル新宿、京都シネマほか全国順次公開

公式サイト:
www.randen-movie.com

***********************************

監督:鈴木卓爾
音楽:あがた森魚
出演:井浦新、大西礼芳、安部聡子、金井浩人
製作:ミグラントバーズ、オムロ、京都造形芸術大学/制作協力:北白川派
特別協力:京福電気鉄道株式会社、東映京都撮影所、右京じかん
後援:京都市
配給・宣伝:ミグラントバーズ、マジックアワー
2019年/日本/114分
  


永瀬正敏 菜 葉 菜ら登壇『赤い雪 Red Snow』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度2月1日(金)より全国公開されました映画『赤い雪 Red Snow』の公開記念舞台挨拶が、2月2日(土)に若手監督のあこがれでもあるテアトル新宿にて行われ、主演の永瀬正敏、菜 葉 菜、共演の井浦新、夏川結衣、佐藤浩市、甲斐さやか監督が登壇しました!

実際に起こった複数の事件からインスパイアされ、“10年に1本の脚本”と絶賛を浴びた、映画『赤い雪 Red Snow』。


東京・公開記念舞台挨拶イベント
日程:2月2日(土)
場所:テアトル新宿
登壇:永瀬正敏 菜 葉 菜 井浦新 夏川結衣  佐藤浩市  甲斐さやか監督

映画情報どっとこむ ralph 長編映画監督デビュー作の甲斐監督について

永瀬さん:新しい日本映画、新しい才能の誕生の瞬間に立ち会えました。甲斐監督は物凄く温和ですが、撮影中は自分の中でヴィジョンがあるので、ニコニコ可愛らしいながらも、ブレない引かない監督でした。

と静かにその才能を絶賛。

誘拐事件容疑者の娘役で、体当たり演技を披露した菜 葉 菜さんは、先輩方に囲まれて、プレッシャーで大変だったそうで

菜 葉 菜さん:憧れの存在でもあり、自分の中の負のスイッチが全開。撮影中は孤独感が襲ってきて、もがいていました。

と大役への心境を告白しつつ

菜 葉 菜さん:でも先輩方がそれぞれの形で見守ってくれて、支えてくれた。だから役として駆け抜けることができた。

とベテラン勢に感謝しきりだった。

映画情報どっとこむ ralph 少年失踪事件を追う記者役の井浦さんは

井浦さん:気づけば現場で若手をまとめる最年長になった中で、大先輩方に胸を借りる気持ちで、久々に夢中で芝居できた。僕が思い切り行ってもいなされる大先輩方でしたが、そこで思い切りぶつかることができたのは幸せでした。

と初心に帰ったような井浦さんは、佐藤さんの初日撮影をコッソリ見学したそうで

井浦さん:モニターに映った浩市さんの表情に背筋ゾクゾクした。それくらい浩市さんの不気味な笑みは怖かった。

と佐藤さんの怪演に縮み上がっていた。


しかし当の本人は

佐藤さん:正直あまり覚えてない。灯油をまくために家を出る場面では、息が切れてしまって大変だったよ。

と苦笑い。極悪人を演じる上で薄汚く見えるようにと、歯を黄ばませるという役作りを行ったそうで

佐藤さん:試写で完成品を観たけれど、なんか嫌な感じがして…。何が嫌なのかと考えたら『これ、三國連太郎だ!』と。“疑似”三國連太郎になっているんですよ。そんな自分が嫌でしたね。

と自虐で笑わせた。

永瀬さん:恐ろしく素晴らしかった。

と感心すると、

菜 葉 菜さん:ゲスだろうが外道だろうが、自分の初濡れ場が浩市さんで光栄でした!ウチの母親が羨ましがっていました!

とぶっちゃけて、佐藤を照れさせていた。

映画情報どっとこむ ralph 夏川さん:脚本が面白くて一気に読めた。それに監督が女性で、しかも初の長編作品を手掛けるという部分にも興味を持った。そんな現場に身を置きたいと思った。

と出演理由を回想。
子役を罵倒するシーンでは

夏川さん:本当に自分の娘なの!?というくらいの残酷さ。子役も演技初だったので、本気で何時間も泣いている姿を見て『トラウマになるのでは?』と心配でした。

と子役のメンタル面を心配。それに佐藤さんも

佐藤さん:意外にこう見えて僕は肝が小さいので、子役のシーンは辛かった。菜 葉 菜とか大人たちにやるのは全然平気なんだけど、子役は切なかったね。

と同調し


佐藤さん:作品のトーンが思った以上に陰惨。男が監督するとこうはならないだろうと思った。

と女性ならではの演出と分析。


最後に・・・

甲斐監督:たくさんの感想を呟いてほしい。

と本作の拡散を願い、

菜 葉 菜さん:撮影地・山形でもたくさんの方に観てもらい、いいスタートが切れました。東京でも沢山広めてほしいです!

永瀬さん:結末をご自宅に持って帰ってもらえる映画。そこから皆さんで映画を成長させてほしい。甲斐監督はこれが長編映画監督デビュー作ですが、このメンバーで第2弾『青い雪』を作ってほしい。

と再会を楽しみにしているようだった。

映画情報どっとこむ ralph
『赤い雪 Red Snow』

物語
ある雪の日、一人の少年が忽然と姿を消した。
少年を見失った兄・白川一希(永瀬正敏)は、自分のせいで弟を見失ったと思いこみ、心に深い傷を負う。少年誘拐の容疑者と疑われた女の周りでは次々と怪しい殺人事件が起こるが、真実は闇へと落ちていった。30年後。
事件の真相を追う記者・木立省吾(井浦新)が容疑者と疑われた女の一人娘・江藤早百合(菜 葉 菜)を見つけ出したことにより、「被害者の兄」と「容疑者の娘」の運命の歯車が大きく動き始める。一つの事件で深い傷を負った人間の、曖昧な記憶を辿る葛藤の中に垣間見えた真実は、それぞれの運命を予想もしない結末へと導いていく。それぞれの記憶が氷解した先に見えたものは何か。全てを信じてはいけない。

***********************************

出演:永瀬正敏 菜 葉 菜 井浦新 夏川結衣 佐藤浩市
吉澤健 坂本長利 眞島秀和 紺野千春 イモトアヤコ 好井まさお
脚本監督:甲斐さやか
プロデューサー:浅野博貴
上映時間:106分
日本公開:テアトル新宿 他
制作:T-ARTIST
制作協力:ROBOT
制作プロダクション:トライアムズ
配給:アークエンタテインメント株式会社
製作著作:(c)『赤い雪』製作委員会
   


小松未来、桜井ユキら登壇!井樫彩監督の初長編映画『真っ赤な星』初日!


映画情報どっとこむ ralph 卒業制作の『溶ける』が、カンヌ国際映画祭正式出品となった井樫彩監督の初長編映画『真っ赤な星』が12月1日(土)に公開となり、テアトル新宿にて初日舞台挨拶が行われました。

登壇したのは、W主演の​小松未来さん、桜井ユキさん、そして、毎熊克哉さん、大原由暉さん、小林竜樹さん、​井樫彩監督。


『真っ赤な星』初日舞台挨拶
日付:12月1日
場所:テアトル新宿
登壇:小松未来、桜井ユキ、毎熊克哉、大原由暉、小林竜樹、井樫彩監督
MC 甲斐まり恵

映画情報どっとこむ ralph 観終えたばかりのお客様の前にキャスト、監督が登場!

井樫監督:この作品は私の初長編作品。そして、憧れのテアトル新宿で公開初日を迎えられて、感謝いたします!

小松さん:ご挨拶を色々考えたんですが、こんなに大勢の方の前で・・・・吹っ飛びました!ありがとうございます。
と、初々しい小松さん。

桜井さん:去年の夏、埼玉の山の中にこもって撮影して、いろんなことがあって。。今日を迎えられて嬉しいですし、感謝しています!

と吐露しながらも感謝するW主演のお二人。

毎熊さん:この作品を撮る1年前に井樫さんに会って、映画に出させていただいて。井樫さんにとっては一生に一度の長編デビューの日です!ドキドキしています!
と、語る毎熊さんは、午前中は「新宿パンチ」の舞台挨拶していた忙しさ。

大原さん:撮影では様々なことが起こっていて。初日を無事に迎えられて正直「ほっ」としてます。

小林さん:大勢のお客さん。嬉しいです!

と其々ご挨拶。それにしても撮影時に色々・・・何があったのか気になります。

映画情報どっとこむ ralph 続いて、井樫監督からキャスト其々の印象を語るコーナーに、
井樫監督:小松さんは、当時14歳で。なかなか難しい役で大変だったと思いますが最後までよく頑張ってくれました!

井樫監督:桜井さんは、まじ惚れしてます!毎熊さんは、現場で有難い存在で。相談相手になってもらいました!助けていただきました!

と監督が語ると、桜井さんも
桜井さん:すさんだ現場のオアシスみたいでした!

と付け加えます!

井樫監督:大原君は若いのにしっかりしていて、ほぼ任せきりでした!期待してます!小林さんは悪い役ですが本当は優しい人です!

と、キャストの名前を呼んで語る監督の姿は、まるで卒業式のよう。

映画情報どっとこむ ralph 大変だった。もしくは印象に残っているシーンを聞くと

桜井さん:撮影初日の病院シーン。作品の色がつく最初。気持ち的にも大切なシーンなので大変でした。

毎熊さん:キスシーン。最初、ほっぺに「チュッ」ってしたんです!そしたら、「毎熊さん!そういうチューじゃ無いんです!」って。罵倒されて。桜井さんが本番前に思いっきりしてみる?って。

と、男前な発言を桜井さんがしていたことを披露。
桜井さん:大切なシーンなので、出来上がった劇中のキスをイメージしてたのに・・・小鳥のようなキスして!???の空気が流れて。物足らないキスでした。

と、明かします。
小松さんは楽しかったことを聞かれて・・・

小松さん:キッチンのシーン。楽しかったです。あと田んぼのあぜ道のシーン。

これを受けて、そのあぜ道シーンを一緒に演じた大原さんは
大原さん:本当に良い役をいただきました!複雑な感じが難しくて、事前にいろいろ試行錯誤をしました!(撮影前に)監督とは台本にないシーンを小松さんと一緒に演じてみて、方向性を決めました!

と、ワークショップのようなことをしていたことを明かしてくれました!

酷い奴役の小林さんは

小林さん:僕の役は、ああ言う役ですし、居たのが2-3日だったので。皆さんのことを知れずに居ましたね。監督ともそんなに話していなくて。完成したのを観て「これが井樫彩か!」って思いました!

と語ります。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
小松さん:いろんなことがあって完成して本当に嬉しいです!沢山の方々にもっと観ていただきたいです!
桜井さん:撮影してから今まで、キャストとスタッフのみで共有していた作品への想いが、今日からは観て下さる方のものになるのだなと。楽しみです!

と、イベントを締めました。

映画『真っ赤な星

公式HP:
http://makkanahoshi.com/

物語・・・
片田舎の病院に怪我をして入院した 14 歳の陽(小松未来)。彼女はいつも優しく接してくれていた看護師の弥生(桜井ユキ)に 対し、特別な感情を抱き始めていた。だが退院の日、弥生が突然看護師を辞めたことを知る。 1 年後、陽は買い物の帰り道で偶然 弥生と再会する。そこにいたのは、過去の優しい面影はなく、男たちに身体を売ることで生計を立てている弥生だった。再会後、 学校にも家にも居場所がない陽は、吸い寄せられるように弥生に近づく。一方、弥生には誰にも言えない悲しい過去があった。満 たされない現実を冷めた目で見つめ、互いに孤独を抱えるふたりは、弥生のアパートで心の空白を埋める生活を始めていく——。

***********************************

キャスト:小松未来・桜井ユキ/毎熊克哉・大原由暉/小林竜樹・菊沢将憲・西山真来/湯舟すぴか・山谷武志・若林瑠海  大重わたる(夜ふかしの会)久保山智夏・高田彩花・長野こうへい/中田クルミ(声の出演) PANTA(頭脳警 察)

スタッフ:【撮影】萩原脩【照明】仁藤咲【録音・整音】柳田耕佑【衣装】藤山晃子【ヘアメイク】藤原玲子  【美術】内田紫織【助監督】満岡克弥【編集】小林美優【カラリスト】川村尚寛【音楽】鷹尾まさき 【スチール】北島元朗【デザイン】田中進【エグゼクティブ・プロデューサー】松坂喜浩 【プロデューサー】菅原澪、島野道春【アソシエイト・プロデューサー】髭野純、夏原健


村上虹郎、広瀬アリスら&ちょい遅れてリリー・フランキー登壇『銃』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 11月17日(土)、東京・テアトル新宿にて、映画『銃』の初日舞台挨拶が行われ、村上虹郎さん、広瀬アリスさん、日南響子さん、リリー・フランキーさん、新垣里沙さん、岡山天音さん、後藤淳平(ジャルジャル)、原作者の中村文則さん、武正晴監督、奥山和由プロデューサーが登壇しました。


初日舞台挨拶
日程:11月17日(土)  
場所:テアトル新宿 
登壇:村上虹郎、広瀬アリス、日南響子、リリー・フランキー、新垣里沙、岡山天音、後藤淳平(ジャルジャル)、原作者の中村文則先生、武正晴監督、奥山和由プロデューサー

映画情報どっとこむ ralph
舞台挨拶が始まると・・・重要人物一人が足りない・・・。

奥山プロデューサー:リリーさんがもうすぐ来るはずです。

と、リリー・フランキーさんの遅刻を暴露し、全員が不在のリリーさんをいじるところから舞台挨拶はスタート。

開始から5分ほど経過し、拍手を浴びながら姿を現したリリーさん

リリーさん:すいません!!12時からだと思っていました。

と弁明。

奥山Pは、原作の『銃』について

奥山P:リリー自分のバイブル。誰一人欠けても出来ていない運命の作品。

と自信のコメント。

その原作者の中村先生は、恐縮しながらも、

中村先生:お礼とお詫びを言いに来ました。

作品について聞かれ
村上さん:ニコチンとカフェイン。肉体的にも精神的にも中村文則ワールドで、蟻地獄のように引きずり込まれて、いつ抜け出せるのかと。

とハードな役柄だったことを振り返ります。


そんな村上さんに対し、

広瀬さん:(村上さんは)現場では怖かったですね。近くにはいたくなかった(笑)。
と距離を置いていたそうですが、その後の取材で一緒になって

広瀬さん:本性というか、性格がしっかりわかりました。

と、撮影時の印象とは違うことを明かしました。そして、今日の独特のファッションについても、

リリーさん:新宿で3時間で2回職務質問される。

とリリーさんが表現。

映画情報どっとこむ ralph ワンシーンのみの出演ながら舞台挨拶に登壇した後藤さんは、クランクイン前の本読みでの村上さんについて

後藤さん:入り込んでいて、机バーン!と叩いたり、びびりながら、そのまま役をやらせていただきました。

と、こちらもびびっていた様子です。

村上さん:『M-1』がんばって!
と、12月2日に放送される『M-1グランプリ2018』へのエールを送られると、

後藤さん:関係ないわ!(笑)

とツッコむシーンも。
また、後藤さんがビートルズ好きだと事前に調べて、ビートルズを聞いていたといったとして「気が使える」と後藤さんが人柄を讃えていました。

広瀬アリスさんからは、以前、リリーさんと会った際、今日の舞台挨拶では両胸の部分に穴が空いた服で登壇しようと計画していたことが明らかに。

遅刻したこともあり、図らずも話題の中心となったリリーさんですが、

最後は・・・

リリーさん:こういう映画が日本でちゃんと作られていることがいい!虹郎は親のいいところだけもらったな!

と絶賛。村上さん苦笑い!?

映画情報どっとこむ ralph 『銃』

11月17日(土)よりテアトル新宿ほか全国ロードショー

公式サイトURL
http://thegunmovie.official-movie.com/  

twitter
@GunMovie


物語・・・
雨が降りしきる河原で、思いがけず拳銃を拾った大学生の西川トオル。普段は、友人たちと青春を謳歌しているが、その内には 魅了された銃への高揚を秘めていた。トオルは、大切に家に保管していた銃を持ち歩いてみることにした。さらに緊張とスリル が増し、彼を満足させた。同じ大学のヨシカワユウコにも興味があるが、やがて銃は彼のなかで圧倒的な存在感を占めていく。 そして、突然の刑事の訪問。「次は、人間を撃ちたいと思っているんでしょう?」 次第に精神を追いつめられていくトオルは、 あることを決意するが。

***********************************


キャスト
村上虹郎 広瀬アリス
日南響子 新垣里沙 岡山天音 後藤淳平(ジャルジャル)
中村有志 日向丈 片山萌美 寺十吾 サヘル・ローズ 山中秀樹
村上淳 リリー・フランキー

スタッフ
企画・製作:奥山和由
監督:武正晴
原作:中村文則「銃」(河出書房新社)
脚本:武正晴・宍戸英紀
制作プロダクション:エクセリング
企画制作:チームオクヤマ
配給:KATSU-do 太秦
製作:KATSU-do
2018年/日本/カラー&モノクロ/DCP/5.1ch/97分
レイティング R15+
Ⓒ吉本興業