「テアトル新宿」タグアーカイブ

ディーン・フジオカ 大いに『海を駆ける』を語った!公開御礼舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 深田晃司監督の最新作『海を駆ける』。

自然は時に豊かに美しく、時に脅威となり人を飲み込み、また人間の生活は自然と共にあるという様を、インドネシアの美しい海、そして国籍や宗教を越えて育まれる若者たちの友情を通して描く、ファンタジー。

この度、ディーン・フジオカ、深田晃司監督が登壇して公開御礼舞台挨拶が行われました。
公開したからこそ語れる撮影秘話や、ラウ(ディーンさんの役)の魅力をディーンさんが深めに語りました。

日程:6月6日(水) 
場所:テアトル新宿
登壇:ディーン・フジオカ、深田晃司監督

映画情報どっとこむ ralph MCの呼び込みで、ディーンさんと深田監督が会場の扉から現れると、大きな歓声と拍手、そして、応援上映だっけ?と間違えるほどの無数の青いサイリュームの海のなか登壇。

ディーンさん:皆さん!現実に戻ってきてください!

と、観終えたばかりのお客さんに呼び掛けるディーンさん。

ディーンさん:映画どうでしたか?(大拍手)ありがとうございます。今日はリピーターが多いと聞きました。映画で何度も観ていただけること。光栄です。一緒に楽しみましょう。
との言葉に大きな拍手で答える観客の皆さん。

深田監督:声が・・・2時間前に出なくなっちゃって・・・ラウに治してもらおう。リピータの方が多いのは監督として嬉しいですね。ツイッターの感想も、それぞれ違うんです。見え方がそれぞれ違っている。
と、かすれた声の監督に対し劇中のラウの手かざしを披露。

監督の声とは対照的に良い声のディーンさんはオファーを受けた時のことを

ディーンさん:リピーターの皆さんは何度も聞いているかもしれませんが、映画館すらない、機材も何もないアチェで映画を撮ると言うことが狂気の沙汰にしか思えなかったんです。

と、インドネシアに住んでいるからこその遠い感があったそう。

ディーンさん:自分の知っているインドネシアではないところ。宇宙と地上がつながっているような、命の中の宇宙。手塚治虫先生的な物を感じながら。わからない不確かなものに対してのワクワクと。。逆のどうとるのか不安な気持ちでした。

と、率直に語るディーンさん。

深田監督:アチェで17万人が亡くなった津波の後に大学の調査で入りました。津波もそうですが、第2次大戦では日本軍が占領していて、そして、戦後はODAで日本が支援したり。日本とのつながりを感じてもらいたかったんですね。そして、オリジナル脚本で、わかりやすくない題材はなかなか映画にするのが大変で、日本とインドネシアとフランスの方々で共感していただいた方たちの力もあって7年かけて創った作品です。感無量です。

映画情報どっとこむ ralph 今回アチェでのロケでは、撮影班はほとんどインドネシア人。

ディーン:少数精鋭の日本人が現地のスタッフがインドネシアスタッフの中に入る感じ。。。ブートキャンプみたいな。基盤自体がまだな土地でしたから、移動も住むところも、東京で暮らすのとは違いますからね。大変でしたが楽しかったです。一つのゴールに向かっていくのは貴重な体験でした。
深田監督:楽しかったですね。スタッフは大変だったと思います。特に最後の場面はCGを使っていませんので。撮影できるのか当日出来上がってるのを見るまで心配でした。

と、現地&日本スタッフが苦労した賜物がラストシーンであることを明かしました。(細かい描写はネタバレなので割愛しました。)

ラウ役をディーンさんにオファーしたのはなぜか問われた監督。さらに声が出なくなっているのを振り絞って

深田監督:ラウのキャスティングは難航しまして。ラウと言う超全的なものを演じられる役者がいなくて・・何人かにディーンさんを勧められまして。Google検索でお顔を拝見して、ラウ見つけたと思いました!自然とか植物とか宇宙とか美しいなと思える人が良かったので。

ディーンさん:Googleのおかげで役ゲットですね。グーグルさんありがとうございます!
と、茶目っ気たっぷり!こうして得た役ラウへのアプローチは

ディーンさん:セリフは少ないし、、人間じゃないんで、監督のイメージに近づけるように、佇まいや表情や体形や肌の色とかも健康的な色にして、いろいろ気にしながら演じました。トレーニングも、ムキムキはおかしいし痩せすぎも変んですからね。

と、体系維持も含めて、役作りしたそう。。どんな体かは、ディーンさん全裸姿をお見せになっていますので、是非劇場でチェック。


映画情報どっとこむ ralph 言語に関しては、日本語・インドネシア語・英語で進むお話ですが、実はほかの言語もラウは操っているそうですが、本編ではカットしてしまったと監督。

そんな監督の演出については
ディーンさん:驚いたのは最初の読み合わせで、英語の台詞を日本語でもインドネシア語でも行って、アイデンティティとかバックグラウンドを消して特定でき無くする演出は、初めてでフレッシュでしたね。それから、現場では無駄がない。色々なことがあるのに、労働環境も整えて、深田組の良さを感じました。勉強になりました。


実際に本作を観た感想は

ディーンさん:冷静に見ると、監督が脚本の冒頭に書いている通り、宇宙には満足だけど世界には不満足だと。その一言のがこの作品の宇宙観だと思ったし、納得できる。体の中にエコー(Echo)するんです(大拍手)

と、自分のセカンドシングルを引き合いに出して、会場を沸かせます。
深田監督:(お相撲さんのような声で)うれしいです。皆さんの反響が自分が思ってもみなかったものだったり、映画と監督は、子と親。子供の子と監督は全部わかってるかと思うとそうではないんです。独り立ちした子供がどんなふうに観ていただけているのかツイッターで確認しています。国境を超えて海は繋がっていて、世界にどう映るのかも楽しみです・・・・ごっつあんです!(大爆笑&大拍手)

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
ディーンさん:何度も観たかったり聞きたかったり食べたかったり。そういうものは記憶に残ります。この作品もそういうものになれたらいいなと思っています。ハッシュタグ:#海を駆けてきた でお願いします。僕も書いてみようと思っています。

と締め、深田監督とお客さんをバックにセルフィーなディーンさん。有言実行となりそうな締めくくりでした。

海を駆ける

絶賛公開中!

公式HP:umikake.jp

インドネシア、バンダ・アチェの海岸で倒れている謎の男が発見される。片言の日本語やインドネシア語を話すが正体は不明。その謎の男にラウ(=インドネシア語で「海」)と名付けて預かることになった、災害復興の仕事をしている貴子と息子のタカシたち。その周辺で謎の男・ラウは様々な不思議な奇跡と事件を巻き起こしていくーー 果たしてラウは何者なのか…

***********************************


キャスト
ディーン・フジオカ 太賀 阿部純子 アディパティ・ドルケン セカール・サリ 鶴田真由

スタッフ
監督・脚本・編集:深田晃司
企画制作:日活   
配給:日活 東京テアトル
©︎2018 “The Man from the Sea” FILM PARTNERS   


ディーン・フジオカ、太賀、鶴田真由、阿部純子、セカール・サリら登壇!『海を駆ける』初日


映画情報どっとこむ ralph 深田晃司監督の最新作『海を駆ける』。

自然は時に豊かに美しく、時に脅威となり人を飲み込み、また人間の生活は自然と共にあるという様を、インドネシアの美しい海、そして国籍や宗教を越えて育まれる若者たちの友情を通して描く、ファンタジー。

この度、5月26日に公開初日を迎えるにあたり、深田監督と主要キャストのディーン・フジオカさん、太賀さん、鶴田真由さん、阿部純子さんが集合します。

インドネシアからもジャーナリスト希望で皆と一緒にラウの身元を調べるイルマ役のセカール・サリさんも緊急来日しました!

日程:5月26日(土)
場所:テアトル新宿
登壇:ディーン・フジオカ、太賀、鶴田真由、阿部純子、セカール・サリ、深田晃司監督

映画情報どっとこむ ralph 観終えたばかりのお客様の熱い拍手の中キャストと監督が登壇。

ディーンさん:自前で通訳します。(インドネシア語で)『皆さん、こんにちは。私はラウです。』っていうフェイントをかけながらも、ディーン・フジオカでした。今日はここで皆さんに会えて嬉しく思います。ありがとうございます。

太賀さん:(インドネシア語で)『こんにちは。私の名前は太賀です。今日は見に来てくださってありがとうございます。』(ディーンさんから「太賀」って言ってなかったよ?とツッコまれると)太賀マンジャと言いました。マンジャとは“甘えん坊”という意味です。インドネシアでは、あだ名で“太賀マンジャ”と呼ばれていました。

鶴田さん:(インドネシア語で)『こんにちは。鶴田真由です。』 映画の中ではたくさん喋っていますが、もうすっかり忘れてしまいました(笑)

阿部さん:(英語で)『みなさん、こんにちは。サチコを演じました阿部純子です。本日はお越しいただきありがとうございます。今日はドキドキしているんですが、ディーンさん、深田監督、皆と一緒に初日を迎えられてとても嬉しいです。最後までどうぞ、よろしくお願いします。』

セカールさん:(日本語で)『みなさん、こんにちは。私はセカール・サリです。どうぞよろしくお願いします。』

深田監督:(インドネシア語で)『おはようございます。私は深田晃司です。ありがとうございます。』最後に「テレマカシ」と言いましたが、「ありがとうございます」という意味です。現地でたくさんつかった単語です。

映画情報どっとこむ ralph <アディパティ・ドルケンさんからビデオメッセージ>

アディパティ・ドルケンさん:Hi guys! I hope you enjoy the movie, and for Koji and team, good luck guys!
(日本語訳)劇場の皆さん、映画楽しんでもらえると嬉しいです。深田監督、チームの皆さん、映画の幸運を祈ります。

太賀さん:(ビテオを見て)短っ!(笑) マディパディは寝起きですかね?(笑)

ディーンさん:髪型がだいぶ変わってますね!元気そうで良かったです。こちらには日本を代表する太賀マンジャがいますからね。現場では、インドネシアのスタッフのみんなが「まずあそこのキャスティング会社の人に会った方が良いよ」りとか「インドネシアでどうやったら太賀マンジャが成功するか」を真面目に考えていて、太賀マンジャはマスコット的存在でした。

太賀さん:ちょっとでもいけるんじゃないかと思った自分を反省していますが、まずは日本でがんばろうと!(笑)

深田監督:多分この映画がインドネシアで公開されたら、たぶん太賀くんオファーされますよ!

太賀さん:そういえば、ご飯食べるやり方も最初、ディーンさんに教えて頂いたんですよ。4フィンガーではなく3フィンガーで食べるんですよね。
ディーンさん:慣れてくるとノールックで話ながら食べてましたね。

映画情報どっとこむ ralph レインストッパー(雨を止める祈祷師:雨乞いの逆)の話になり…
ディーンさん:日本でレインストッパー業をやったら絶対成功すると思いますよ!(笑)普段はコーヒーを飲んで、タバコをすってるだけなんですが、雨雲が近づいてくると弟子と二人で来て、彼らが祈っていると雨雲がなくなっていくんです。

阿部さん:本当に雨がふらなかったですよね。

ディーンさん:クランクインする前は、1週間雨が降ってたんですが、撮影を開始した途端、ずっと雨降らなかったんですよ!

深田監督:本当にクランクインしたら、振らなくなって、クランクアップしたら大雨が降ってきて!スピリチャルなことは信じないけど、これは信じた方が徳だなと思いました。

ディーンさん:信じないって!『海を駆ける』はスピリチュアルの塊ですよ!(笑)

映画情報どっとこむ ralph 撮影は去年の8月頃。初日を迎え撮影時を振り返って、日本と違って撮影スタイルが大変だった事や面白い発見出来事、印象深い思い出は?
太賀さん:海を駆けるシーンですかね。このシーンで、実は、海の中に橋があるんです!本番前に服は濡れてはいけないので、ある程度の緊張感を持って撮影する段階だったんですが、橋に入る前に海にズッコケてダイブしちゃって、ずぶ濡れになるっていうのが印象に残ってますね(笑)

深田監督:海を駆けるシーンを最初の段階から書いていて、初稿の時からこのタイトルだったんですが、どうやって走らせるかっていうのをスタッフで議論していました。最初はルーランナーで走ってもらって合成しようかと思ったんですが、色々試した結果無理だな…と。そこで実際に40mくらいの橋を作ってもらいました。海が満ちて橋が隠れたくらいのところで走ってもらって。だから満潮になってしまうとダメなんですよ。30分くらいのタイミングを狙って撮影し、このシーンはCGは使ってない生の映像です!

ディーンさん:なかなかインド洋で海に向かって走って行くと、周りが全部海なので、今思っても不思議な景色、体験でした。振り返って頭から海につっこむってやったんですが、耳や鼻に水が全部入っっちゃって、衝撃でしたね。鼻から塩水を入れるのって耳鼻科であるじゃないですか。結構スッキリしましたね(笑)

鶴田さん:息子と二人でご飯を食べているシーンが結構好きです。こういうシーンで、家族の絆や他人には見せないリラックスした感じが良いですよね。

阿部さん:海のシーンですごく忘れられないシーンがあって、砂浜を歩くシーンで私が勢い余って、海につっこんでしまって、海におぼれかけて…監督がカットをかけてくださらなくて「そのまま続けて下さい」って感じで…(笑)あのシーンは焦りました(笑)

セカールさん:クリスとサチコが勘違いをしてしまうシーンで、それが誰のせいかというとタカシのせいなんですね(笑)タカシがその後登場するんですが、タカシの表情を見るとおかしくて笑いを堪えるのが大変でした。

太賀さん:顔を見るたびに笑いが止まらなかったですもんね。

セカールさん:自分に「笑わない笑わない」と言い聞かせてました。自分が笑いだしたらまたクリスがビンタをされる羽目になるので(笑)

映画情報どっとこむ ralph
最後に一言

ディーンさん:この作品は観た人それぞれの価値観や人生観が問われる作品だと思います。違う意見がエクスチェンジされる、そんなキッカケになる映画だと思います。日本、インドネシア、中華圏、フランスのみならず、この作品が海を越えて駆けていけるよう、是非皆さん、応援をお願いします。
深田監督:いつもいい映画は何かと考えると、鏡のような映画が良いと思っています。見た人それぞれのインドネシアに対する考え方があぶり出されてくる映画になっていれば良いなと思います。バンダ・アチェに初めて行ったのは2014年で、そこから7年たって今日に至ります。バンドアチェで17万人の方が亡くなった災害のことを3.11に津波が来た直後の日本人の私が話を聞いたときに、津波の被害にあっている人はどこの国にもいるし、世界はバラバラなようだけど繋がっているともいえると当時思いました。この映画を世界のたくさんの方に観てもらって色々と感じてもらいたいと思います。

海を駆ける

テアトル新宿、有楽町スバル座ほか全国ロードショー中!&インドネシア、中華圏、フランスでも公開へ!

2018年5月26日

公式HP:
umikake.jp

インドネシア、バンダ・アチェの海岸で倒れている謎の男が発見される。片言の日本語やインドネシア語を話すが正体は不明。その謎の男にラウ(=インドネシア語で「海」)と名付けて預かることになった、災害復興の仕事をしている貴子と息子のタカシたち。その周辺で謎の男・ラウは様々な不思議な奇跡と事件を巻き起こしていくーー 果たしてラウは何者なのか…


***********************************

キャスト:
ディーン・フジオカ 太賀 阿部純子 アディパティ・ドルケン セカール・サリ 鶴田真由

スタッフ:
監督・脚本・編集:深田晃司
企画制作:日活
配給:日活 東京テアトル
©︎2018 “The Man from the Sea” FILM PARTNERS


寺島しのぶ・南果歩・忽那汐里・平栁敦子監督で女子ト~ク! 『オー・ルーシー!』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 寺島しのぶ、南果歩、忽那汐里らが女子会トークで本音炸裂!
寺島しのぶ、恋するならジョシュや役所広司でもなくダントツでエキストラ?

昨年のカンヌ国際映画祭批評家週間に日本人監督作品として10年ぶりに選出される快挙を成し遂げ、その後の世界各国の映画祭に出品された話題作『オー・ルーシー!』が、4月28日(土)より全国公開となります。

その直前となる3月26日(月)には東京のテアトル新宿で完成披露試写会が行われ、主演の寺島しのぶさん、共演の南果歩さん、忽那汐里さん、平栁敦子監督が参加しました。

映画『オー・ルーシー!』 完成披露試写会イベント 
日時:3月26日 (月)
場所:テアトル新宿
登壇:寺島しのぶ、南果歩、忽那汐里、平栁敦子監督 
MC:八雲ふみね 

映画情報どっとこむ ralph 寺島さん:桜満開の中、新宿御苑ではなく、テアトル新宿をお選び頂きまして、ありがとうござます。一生懸命節子を演じております、何か心に響きますと幸いです。

と挨拶。続けて、

南さん:本当に夜桜見物よりも、本作品を選んで頂きありがとうございます。平栁監督、寺島さん、汐里さん皆で東京とロサンゼルスロケをし、皆さんもルーシーとともに旅をして、ゆっくり楽しんでください!

と挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 今月3日にインディペンデント・スピリット賞授賞式に参加した寺島さんは

寺島さん:行かないと分からないことがあるなと思いましたし、何よりもフランシス・マクド―マンドと会話できたことが宝物です!

とすると

平栁監督:ノミネートされて、皆さんに知られたことが自分の中ですごく大きく、寺島さんとブルカーペットを歩けたのは、一生の宝物です!

と感慨深そう。劇中で節子が金髪のカツラを被ることによって、普段とは違う自分になることにちなみ普段とは全く違う、素の自分でいられるアイテムを尋ねられた

寺島さん:和服を着ると身も引き締まりますし、着物を着る文化も大切だと思います。

と回答。

南さん:自分では着ない衣装を着ると別モードに入ります。(笑)衣装とヘアメイクで気分が変わります。

と話すと周囲も共感。

忽那さん:スポーツをしている時、急に性格が変わって、すごくめんどくさくなります(笑)

と会場を温めます。

映画情報どっとこむ ralph 本作品の節子(寺島)と綾子(南)の姉妹ケンカにちなみ、姉妹や家族ケンカについてのエピソードを聞かれると、

寺島さん:姉に支配されることはこういうことかと感じました。イヤなものだな(笑)~。

と話すと、

南さん:実生活では姉が4人いまして、寺島さんの言っていることは良く分かります。

と納得の表情。続けて

南さん:5人兄弟だと、それぞれ違って、慰めてくれる姉が登場したり、逃げ道がありましたね。ただ、食べ物の恨みはすごかったですね(笑)

と冗談交じりで話す。続けて、

南さん:作品では、寺島さんと姉妹役で本気の言い合い、本気のケンカを沢山経験でき、初共演でしたが、お互いスイッチが入りました(笑)

と話します。

恋をするならジョシュ演じるジョンのようにちょっと謎めいた男との恋、役所演じる小森のように派手さはないけど優しく包み込んでくれるような恋どちらの恋を選ぶか聞かれると・・・・

寺島さん:ダントツでモーテルの入り口にいたエキストラさん!!(笑)

という意外な回答に南さん、忽那さんも爆笑。

南さん:役所広司!トムです。

忽那さん:トムかな~(笑)

と恐る恐る回答。

平栁監督:断然、役所さん(トム)です

と本音!

映画情報どっとこむ ralph 最後に

寺島さん:日本で上映できること非常に嬉しく思っておりますし、本作品がまだまだ翼を広げて、世界で上映されること願っております。

と挨拶。

平栁監督:皆さんが想像しているコメディではなく、ダークコメディなんですが、人生に困惑するということも大事じゃないか、そこに秘めた可能性を感じてほしいです。

と実感を込めながら作品をアピールした。


作品名:『オー・ルーシー!』 
4月28(土) ユーロスペース、テアトル新宿 他にてロードショー

“43歳、独り身”で”職場では空気のような存在”。楽しみもなく憂鬱な毎日を送る節子が、姪の美花(忽那汐里)に「英会話の教室をとって授業料を肩代わりしてほしい」と頼まれ、英会話講師・ジョン(ジョシュ・ハートネット)がいる怪しげな英会話教室に通い始める。 その教室で”ルーシー“というアメリカンネームと金髪のウィッグを与えられ、ジョンにつづいて「ハーイ!」と発声練習を繰り返し、同じくトムと名付けられた会社員・小森(役所広司)とネイティブ・アメリカンな挨拶を交わす節子。

最初は戸惑いつつもジョンの親密な”ハグ“によって自分の中に眠っていた感情を呼び起こされ、やがてジョンに恋をする節子だったが、実は姪の美花とジョンが付き合っていることを知ってしまう。ジョンが忘れられない節子は行方をくらました二人を追って、姉の綾子(南果歩)とともに東京から一路カリフォルニアへ!

そりが合わない姉との二人旅。ジョンとの真夜中の“秘密”のドライブ。 姪の美花と“女の対決”!? 旅の果てに節子が迎える結末とは・・・。恋の炎はこうまでも「オンナ」を変えるのか!? 痛いけど痛快、痛くて結構! 人生に不器用なあまり暴走してしまう節子からきっと目が離せない!!

***********************************

監督・脚本:平栁敦子
出演:寺島しのぶ、南果歩、忽那汐里、役所広司、ジョシュ・ハートネット
エグゼクティブ・プロデューサー:ウィル・フェレル アダム・マッケイ
プロデューサー:ハン・ウェスト 木藤幸江 ジェシカ・エルバーム 平栁敦子
共同脚本:ボリス・フルーミン
配給:ファントム・フィルム
(日本・アメリカ合作/カラー/ビスタ/95分)
(c) Oh Lucy,LLC
     


尾野真千子の究極の選択に一同唖然!『素敵なダイナマイトスキャンダル』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph カルチャー・エロ雑誌を世に送り出した編集長・末井昭さんの自伝的エッセイを、柄本佑主演で映画化した『素敵なダイナマイトスキャンダル』が本日公開を迎え、その初日舞台挨拶が行われました。

登壇したのは、主人公の末井昭を演じた柄本佑さん、妻・牧子役の前田敦子さん、愛人・笛子役の三浦透子さん、母・富子役の尾野真千子さん、末井の心の友・近松役の峯田和伸さん、写真家・荒木役としてスクリーンデビューを果たした音楽監督の菊地成孔さん、原作者の末井昭さん、そして冨永昌敬監督が登壇しました。

『素敵なダイナマイトスキャンダル』初日舞台挨拶
日時:3月17日(土)
場所:テアトル新宿
登壇:柄本佑、前田敦子、三浦透子、尾野真千子、峯田和伸、菊地成孔(音楽監督)、末井昭(原作)、冨永昌敬(監督)

映画情報どっとこむ ralph “知る人ぞ知る伝説の編集長・末井昭”を演じて

柄本さん:原作エッセイの表紙で女装姿の末井さんを見て、“昔、夜中にパチンコ雑誌のCMに出てた人だ!”と一致しました。僕と全体的に似てると思いました。女装のシーンでは末井さんから“パンティーとブラジャーは見えなくてもスイッチだからつけるといいよ”とアドバイスを頂きました。

と話す柄本さん。

また先月のプレミア上映の際に末井さん本人と初対面して

前田さん:プレミアの時は出演者の方だと思っていて、舞台に立って気づきました。ちゃんとご挨拶できなくて…はじめまして(笑)

と演じた“天然な妻”そのもので挨拶。

作品に関わる前に唯一、末井さんを知っていたという峯田さんは

峯田さん:原作も読んでいて、末井さんと交流はあったのでどんな形でもいいので出たいと思いました。

と、一緒に仕事ができた喜びを語りました。

映画情報どっとこむ ralph また、“初めての試み”を明かすコーナーでは

柄本さん:ストリーキングとか…やったことあったら、今ここにいないですよね(笑)

前田さん:冨永監督とご一緒するのが初めて。

三浦さん:ベッドシーンと20〜30代と幅のある役。

尾野さん:着物の帯にダイナマイトを差したこと。まさかそこに差すと思ってなかったです。

菊地さん:俳優ではないので決まったセリフで動くということが初めて。当時の荒木先生の体型に近づけるよう役づくりしました。デ・ニーロメソッドです(笑)

と、それぞれ。

【母がダイナマイト心中】【伝説のエロ雑誌編集長】【ストリーキング】と何かとスキャンダルな原作者・末井の半生を描いているということで、「エロ雑誌編集長とストリーキング。やるならどっち!?」という究極の質問に

尾野さんのみがまさかの“ストリーキング”を選択。

どよめく登壇者と会場に

尾野さん:究極だから!究極の選択だからやるの。究極じゃなかったらもちろんやりたくない!

と弁解する尾野さん。それに対し

三浦さん:極論ですが、ストリーキングはやろうと思えば明日できるじゃないですか!

と答え、「それもそうだね」と柄本はじめ全員が納得しかけたところ、

尾野さん:みんなおかしいよ!

とツッコミ。そこに冷静に

峯田さん:ストリーキングみたいなことは、ずっとやってきたんで…

と呟くと、ライブパファーマンスで裸になる峯田さんに全員が納得。

末井さん:もぞもぞしちゃダメなんですよ。一瞬でね(笑)

と被せて会場は大爆笑。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

監督:当時を知っている人にはもちろんですが、若い人に観て頂きたいです。平成生まれの人にとっては絵空事みたいなものかも知れませんが、末井さんの半生はすごくヒントがある。若い人が観て、末井さんより自分の方が面白いと思って欲しい。

と語り、舞台挨拶を締めました。


素敵なダイナマイトスキャンダル

絶賛公開中!

公式HP:
dynamitemovie.jp

芸術は爆発だったりすることもあるのだが、僕の場合、お母さんが爆発だった―
バスも通らない岡山の田舎町に生まれ育った末井少年は、7歳にして母親の衝撃的な死に触れる。肺結核を患い、医者にまで見放された母親が、山中で隣家の若い男と抱き合いダイナマイトに着火&大爆発!!心中したのだ──。青年となり上京した末井昭は、小さなエロ雑誌の出版社へ。のち編集長として新感覚のエロ雑誌を創刊。読者の好奇心と性欲をかきたてるべく奮闘する日々の中で荒木経惟に出会い、さらに末井のもとには南伸坊、赤瀬川原平、嵐山光三郎ら、錚々たる表現者たちが参集する。その後も発禁と創刊を繰り返しながら、数々の雑誌を世におくりだしていく……。昭和のアンダーグラウンドカルチャーを牽引した稀代の雑誌編集長の実話を元に綴られた自伝的エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」がまさかの映画化!ダイナマイト心中という衝撃的な母の死。この数奇な運命を背負って、転がる石のように生きていた青年が辿り着いた先は──。稀代の雑誌編集長の《笑いと狂乱》の青春グラフィティ。

***********************************


柄本 佑 前田敦子 三浦透子 峯田和伸 松重 豊 村上 淳 尾野真千子
中島 歩 落合モトキ 木嶋のりこ 瑞乃サリー 政岡泰志 菊地成孔 島本 慶 若葉竜也 嶋田久作
監督・脚本:冨永昌敬 原作:末井 昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」(ちくま文庫刊) 音楽:菊地成孔 小田朋美 主題歌:尾野真千子と末井昭「山の音」(TABOO/Sony Music Artists Inc.) 配給・宣伝:東京テアトル 
2018年/日本/138分/5.1ch/ビスタ/カラー/デジタル/R15+
©2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会 


柄本佑、前田敦子、尾野真千子ら登壇!『素敵なダイナマイトスキャンダル』東京プレミア上映舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph それは7歳の時に母親が隣家の若い息子とダイナマイト心中するという壮絶な体験をした末井青年が、工員、キャバレーの看板描きと職を転々としながら、70〜80年代のサブカルチャーを牽引する伝説のエロ雑誌編集長となっていくまでを描いた青春グラフィティです。

3月17日の公開に先駆け、2月26日(月)テアトル新宿にて東京プレミア上映舞台挨拶が行われ、主人公の末井昭を演じた柄本佑さん、妻・牧子役の前田敦子さん、愛人・笛子役の三浦透子さん、母・富子役の尾野真千子さん、原作者の末井昭さん、そして冨永昌敬監督が登壇しました。

『素敵なダイナマイトスキャンダル』東京プレミア上映舞台挨拶
日時:2月26日(月)
場所:テアトル新宿
登壇:柄本佑、前田敦子、三浦透子、尾野真千子、末井昭(原作)、冨永昌敬監督

映画情報どっとこむ ralph 3月17日(土)の公開に向けて意気込みを・・・

柄本さん:観て頂ければわかる作品です!面白いと思った方は宣伝の方お願いします!

前田さん:佑さんがすごいぴったりだと思いました。ぜひ楽しんで帰ってください

三浦さん:笛子(三浦が演じた役)のシーンはネタバレしないで話せないですが…

柄本さん:愛人て言うのもネタバレだしね。

三浦さん:(宣伝で)「電波な愛人」って、もう言っちゃってますしね(笑)。台本を頂いた時から映像になるのが楽しみでした。今日、観て頂けるのがすごく楽しみです。
尾野:爆発する尾野真千子です(笑)。とてもユニークな映画なので楽しんでご覧ください。


冨永監督:末井さんに映画化さしてくださいと言ったのが7、8年前、そのさらに5年くらい前に原作となる本を手にとって、絶対映画化しよう!と思いました。他の人に取られないよう早くしなきゃ!と。なので、感無量すぎて…他の作品でもこういう舞台挨拶の機会を頂きますが、今回は特に嬉しいです。ありがとうございます!

と話す監督。原作者の末井さんは既に3回見たそうで
末井さん:2時間18分の長い映画ですが、飽きない!何回も何回も観て欲しい。熱量も高いし、女優さんたちが素晴らしい演技だし。悪いところがないですね!

と、自分が主人公の映画を大絶賛!

映画情報どっとこむ ralph 女優3人と共演した感想を聞かれた柄本さんは

柄本さん:前田さんは「僕のあっちゃん」にしたくなる魅力のある人。他の作品に出ているのを見ると「僕はこうしたいんだ!」と思ってしまうような魅力的な女優さんです。色気を垂れ流した白いキャンバスですね。

前田さん:いいキャッチフレーズをつけて頂きました(笑)

柄本さん:三浦さんはチョイチョイチョイっというシーン(ラブシーン)があるんですけど、なんというかどっしりとされていて…僕の方がついていきます!みたいな。付いて行きたくなるくらい後ろ姿たくましい女優さんです。

と、後姿が逞しいと言われ、当然ながら不満げな三浦さん。

柄本さん:尾野さんとは共演シーンがないんです。完成を観て、すごい綺麗です!本当色っぽくて、スローのカットが必見!髪の毛がほつれてるんですけど、似合うんですよね。あまり観たことのない尾野さんを観ていただけるのかな、と。褒めてますよ!
尾野さんは満面の笑顔でよく言ったと言わんばかりに腕にタッチ。

映画情報どっとこむ ralph ここで、原作者にご自身の奥さん役が前田さん、愛人役が三浦さん、母親役が尾野さんというキャスティングについて聞くと

末井さん:贅沢すぎるというか。びっくりしました。柄本さんとは初顔合わせの時に飲みに行きましたが、どうも他人に思えない。親戚のような人な気がしました(笑)

柄本さん:原作本の表紙の写真を見て、俺に似てると思いました。

と感想を述べる柄本さんは監督がどうしてもこの役をやって欲しかったようで

監督:単純に佑くんと仕事がしたかったというのもあるんですが、男前に見える時と面妖な時があって、両方持っている人。一瞬でその両方を見せてくれる人を佑くんしか知らないです。複雑だけど明るい人を誰がやるか考えたときに、佑くんしか出てこなかったんです。引き受けてくださってすごく嬉しかった。女優陣んのキャストは末井さんを驚かせたいなと。そしてお客さんも納得してくれる方達にしようと。

と監督ですが・・・

監督:引き受けてくださってびっくりしたんですけど(笑)

と笑いを誘っていました!

映画情報どっとこむ ralph ここで、尾野さんと原作者の末井さんは主題歌「山の音」をデュエットしている本作。音楽を担当した菊地成孔さんのアイデアだったそうで

尾野さん:朝ドラの劇中歌を歌ったことはあるんですが、主題歌は初めてです…恥ずかしいわ〜!楽しかったんですが、恥ずかしいです。この話もういい、って思うくらい(笑)

柄本さん:エンドロールの歌ですが、ほとんど映画のラストシーンくらいの比重なので、最後まで観て頂ければ感動もひとしおかと。

尾野さん:あっちゃんが歌った方が良かった、って思わないでください(笑)
と、恐縮しきり。

映画情報どっとこむ ralph 実話なので、女装シーンのアドバイスを末井さんが行ったそうで

末井さん:振袖の女装シーンがあるんですが、その時にちょっとコツを教えてあげました。和服なので下は何を着てもいいんですが、それじゃダメ。女性用パンティとブラジャーをつけると、気持ちが入っていきます。

柄本さん:ブラジャーとパンティはスイッチなので着た方がいいよと言われて、すぐに衣装さんにお願いしました。そのまま胸囲を計られて準備してもらいました。着けているときは変化がないんですが、ブラジャーを外す時に思わずトップを隠してしまう。女性の気持ちがわかりました(笑)

と会場を温め、映画タイトルにちなみ、【現場でのスキャンダル】を披露。

柄本さん:劇中のストリーキングのシーンで前貼りが3回ほど外れていた!

というギリギリアウトな秘密を告白。尾野は着物の裾が乱れるシーンの撮影時、

尾野さん:監督がサーっときて、パっと乱すんです。スキャンダルですよね!

と、me too運動が盛んな映画業界で危うくセクハラ問題にも発展しそうな現場エピソードを暴露。

でも、一同爆笑のプレミアイベントとなりました。

dynamitemovie.jp

―芸術は爆発だったりすることもあるのだが、僕の場合、お母さんが爆発だった―
バスも通らない岡山の田舎町に生まれ育った末井少年は、7歳にして母親の衝撃的な死に触れる。肺結核を患い、医者にまで見放された母親が、山中で隣家の若い男と抱き合いダイナマイトに着火&大爆発!!心中したのだ──。青年となり上京した末井昭は、小さなエロ雑誌の出版社へ。のち編集長として新感覚のエロ雑誌を創刊。読者の好奇心と性欲をかきたてるべく奮闘する日々の中で荒木経惟に出会い、さらに末井のもとには南伸坊、赤瀬川原平、嵐山光三郎ら、錚々たる表現者たちが参集する。その後も発禁と創刊を繰り返しながら、数々の雑誌を世におくりだしていく……。昭和のアンダーグラウンドカルチャーを牽引した稀代の雑誌編集長の実話を元に綴られた自伝的エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」がまさかの映画化!ダイナマイト心中という衝撃的な母の死。この数奇な運命を背負って、転がる石のように生きていた青年が辿り着いた先は──。稀代の雑誌編集長の《笑いと狂乱》の青春グラフィティ。

***********************************

柄本 佑 前田敦子 三浦透子 峯田和伸 松重 豊 村上 淳 尾野真千子

中島歩 落合モトキ 木嶋のりこ 瑞乃サリー 政岡泰志 菊地成孔 島本 慶 若葉竜也 嶋田久作

監督・脚本:冨永昌敬
原作:末井 昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」(ちくま文庫刊)
音楽:菊地成孔 小田朋美 主題歌:尾野真千子と末井昭「山の音」(TABOO/Sony Music Artists Inc.)
配給・宣伝:東京テアトル 2018年/日本/138分/5.1ch/ビスタ/カラー/デジタル/R15+

©2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会