「チャン・ドンゴン」タグアーカイブ

韓国×北朝鮮×米国の関係みておくべき!?映画かも『 V.I.P. 修羅の獣たち 』


映画情報どっとこむ ralph 韓国国家情報院の要員&警察×北朝鮮工作員×米国CIAの息をのむ対立が一目でわかる男たちの狂宴。

『新しき世界』でセンセーションを巻き起こしたパク・フンジョン監督最新作『V.I.P. 修羅の獣たち』が、6月16日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショーとなります。
本作は、韓国の国家情報院とCIAの企てにより、北から亡命したエリート高官の息子が連続殺人事件の有力な容疑者とされ、これを隠蔽しようとする者、捕らえようとする者、復讐しようとする者、それぞれ別の目的を持つ男たちの物語。全世界で唯一の分断国家という特性を生かし、韓国初の“企画亡命者”を扱った本作は、《もし、北からのVIP(=最重要人物)が実は殺人事件の容疑者だったら?》という疑念からスタートし、スージー・キム事件(※とある企業の香港駐在員だった男性が夫婦喧嘩の末嫁を殺し、それを隠蔽しようと嫁を北朝鮮のスパイだと騙すが、当時の政府はそれがデタラメと認識したものの、当時の独裁政権を維持しようと北朝鮮の仕業と操作した事件)をモチーフにした、韓国×北朝鮮×米国の国家機関間での利害関係と政治、そこから発生するジレンマを描いたクライム・アクション大作!

映画情報どっとこむ ralph 米CIAと韓国国家情報院を行き来する人物・パク・ジェヒョク役は『泣く男』以来、3年ぶりの映画出演となるチャン・ドンゴン。

連続殺人事件の容疑者を追う警察チェ・イド役に『エンドレス 繰り返される悪夢』のキム・ミョンミン、

北朝鮮からやってきた保安省所属の冷徹な工作員リ・デボム役に『密偵』のパク・ヒスン、

米CIA要員ポール・グレイ役に日本でも大ヒットを記録したハリウッド大作『アルマゲドン』やアカデミー賞2部門に輝く『ファーゴ』、 『ジョン・ウィック:チャプター2』などで強烈な印象を残すスウェーデン出身の名優ピーター・ストーメア、

全登場人物が追うサイコパス殺人鬼であり、北朝鮮から亡命させられたVIPキム・グァンイル役は、人気・実力共に若手No.1俳優のイ・ジョンソク。

豪華な顔ぶれが大集合!
中でも少年のような清涼な魅力で女心を惹きつけてきたイ・ジョンソクが初の悪役に挑み、北朝鮮のなまりや英語での演技まで、ベテラン俳優に引けを取らない凄まじい集中力と演技への情熱を見せ、驚くべき相乗効果を生み出すと共に新たな姿を披露している。

映画情報どっとこむ ralph そして、この度、韓国の国家情報院&警察×北朝鮮の工作員×米国のCIAの息をのむ対立が一目でわかる画像解禁!

国家情報院の要員・パク・ジェヒョクに扮したチャン・ドンゴンが橋上でタバコを吸う姿
北朝鮮から亡命したVIPキム・グァンイル(イ・ジョンソク)を間にし、対立していく警察チェ・イド(キム・ミョンミン)の姿。
そして、違う場面でキム・グァンイルの胸ぐらをつかむふたりの姿
まで、熱く感情的なキャラクターらが衝突しながら緊張感が高まる犯罪ドラマの一面を表しております!

映画情報どっとこむ ralph 分断国家という特性を生かした作品は昔話になるかもしれない。そんな”今”だからこそ、”実際ありそうな物語”を追求し、激しいアクションシーンはもちろん、本国ではスナッフフィルム並みの猟奇的な描写で賛否両論を巻き起こした問題作

『V.I.P. 修羅の獣たち』。
原題:브이아이피/英題:V.I.P.
6.16(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー

4つの狂気が交錯する――。

韓国国家情報院と米CIAの企てにより、北から亡命させられたエリート高官の息子キム・グァンイルが連続殺人事件の有力な容疑者として浮上する。彼が犯人であることを本能的に確信した警視のチェ・イドはグァンイルを追うが、国家情報院の要員パク・ジェヒョクの保護により捜査網を潜っていくのだった。さらには保安省所属の工作員リ・デボムまでが介入し、事態は思いもよらない方向へと進んでいく。

公式HP:
http://klockworx-asia.com/vip/

***********************************

監督:パク・フンジョン『新しき世界』
出演:チャン・ドンゴン『泣く男』、キム・ミョンミン『エンドレス 繰り返される悪夢』、パク・ヒスン『密偵』、イ・ジョンソク「観相師-かんそうし-」、ピーター・ストーメア 『ジョン・ウィック:チャプター2』『ファーゴ』『アルマゲドン』
2017年/韓国公開8月23日/128分/シネマスコープ/レイティング:R15+
配給:クロックワークス
©2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved



韓国×北朝鮮×米国の国家組織を巻き込む連続殺人事件『V.I.P. 修羅の獣たち』브이아이피予告編解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『新しき世界』でセンセーションを巻き起こしたパク・フンジョン監督最新作『V.I.P. 修羅の獣たち』 、6月16日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショーとなります。

そして、この度、本作の本ビジュアル、予告編映像が解禁!



解禁された予告編映像では、連続殺人事件のニュースが流れ、犯人を捕まえようと必死になった崖っぷちに立たされた警察(キム・ミョンミン)、北朝鮮の制服を身にまとった謎の工作員(パク・ヒスン)、“企画亡命者”として韓国にいる要人の息子(イ・ジョンソク)と彼を警戒している国家情報員(チャン・ドンゴン)、<交差する四つの狂気>、<国家機関の攻防戦>というキャッチと共に迫力満点のカーチェイス、激しいアクションシーンが盛り込まれ、最後はVIPキム・グァンイル(イ・ジョンソク)の血まみれであざ笑いゾッとする姿が激しく心に余韻を残していく。

また、併せて解禁した本ビジュアルは、警察、工作員、要人の息子、国家情報員、4人の横顔と、下部にはグァンイルに銃を向け合い、息のつまるような緊張感を醸し出す。
“実際ありそうな物語”を追求し、激しいアクションシーンはもちろん、本国ではスナッフフィルム並みの猟奇的な描写で賛否両論を巻き起こした問題作『V.I.P. 修羅の獣たち』。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、韓国の国家情報院とCIAの企てにより、北から亡命したエリート高官の息子が連続殺人事件の有力な容疑者とされ、これを隠蔽しようとする者、捕らえようとする者、復讐しようとする者、それぞれ別の目的を持つ男たちの物語。全世界で唯一の分断国家という特性を生かし、韓国初の“企画亡命者”を扱った本作は、《もし、北からのVIP(=最重要人物)が実は殺人事件の容疑者だったら?》という疑念からスタートし、スージー・キム事件(※とある企業の香港駐在員だった男性が夫婦喧嘩の末嫁を殺し、それを隠蔽しようと嫁を北朝鮮のスパイだと騙すが、当時の政府はそれがデタラメと認識したものの、当時の独裁政権を維持しようと北朝鮮の仕業と操作した事件)をモチーフにした、韓国×北朝鮮×米国の国家機関間での利害関係と政治、そこから発生するジレンマを描いたクライム・アクション大作!

米CIAと韓国国家情報院を行き来する人物・パク・ジェヒョク役は『泣く男』以来、3年ぶりの映画出演となるチャン・ドンゴン。連続殺人事件の容疑者を追う警察チェ・イド役に『エンドレス 繰り返される悪夢』のキム・ミョンミン、北朝鮮からやってきた保安省所属の冷徹な工作員リ・デボム役に『密偵』のパク・ヒスン、米CIA要員ポール・グレイ役に日本でも大ヒットを記録したハリウッド大作『アルマゲドン』やアカデミー賞2部門に輝く『ファーゴ』、 『ジョン・ウィック:チャプター2』などで強烈な印象を残すスウェーデン出身の名優ピーター・ストーメア、そして全登場人物が追うサイコパス殺人鬼であり、北朝鮮から亡命させられたVIPキム・グァンイル役は、人気・実力共に若手No.1俳優のイ・ジョンソクが扮し、その豪華な顔ぶれが大集合!中でも少年のような清涼な魅力で女心を惹きつけてきたイ・ジョンソクが初の悪役に挑み、北朝鮮のなまりや英語での演技まで、ベテラン俳優に引けを取らない凄まじい集中力と演技への情熱を見せ、驚くべき相乗効果を生み出すと共に新たな姿を披露している。

映画『 V.I.P. 修羅の獣たち
原題:브이아이피/英題:V.I.P.

6.16(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー

公式HP:
http://klockworx-asia.com/vip/

4つの狂気が交錯する――。

韓国国家情報院と米CIAの企てにより、北から亡命させられたエリート高官の息子キム・グァンイルが連続殺人事件の有力な容疑者として浮上する。彼が犯人であることを本能的に確信した警視のチェ・イドはグァンイルを追うが、国家情報院の要員パク・ジェヒョクの保護により捜査網を潜っていくのだった。さらには保安省所属の工作員リ・デボムまでが介入し、事態は思いもよらない方向へと進んでいく。

***********************************

監督:パク・フンジョン『新しき世界』
出演:チャン・ドンゴン『泣く男』、キム・ミョンミン『エンドレス 繰り返される悪夢』、パク・ヒスン『密偵』、イ・ジョンソク「観相師-かんそうし-」、ピーター・ストーメア 『ジョン・ウィック:チャプター2』『ファーゴ』『アルマゲドン』

2017年/韓国公開8月23日/128分/シネマスコープ/レイティング:R15+
配給:クロックワークス

©2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved


韓国ノワール パク・フンジョン監督の最新作『V.I.P. 修羅の獣たち』公開日決定


映画情報どっとこむ ralph 韓国ノワールの巨匠――『新しき世界』パク・フンジョン監督の最新作
チャン・ドンゴン × イ・ジョンソクら豪華キャストが大集合

誰もが恐れる”アイツ”が、北からやって来た

『V.I.P.(原題)』が、『V.I.P. 修羅の獣たち』 という邦題で、6月16日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショーとなります。

本作は、韓国の国家情報員とCIAの企てにより、北から亡命したエリート高官の息子が連続殺人事件の有力な容疑者とされ、これを隠蔽しようとする者、捕らえようとする者、復讐しようとする者、それぞれ別の目的を持つ男たちの物語。

全世界で唯一の分断国家という特性を生かし、韓国初の“企画亡命者”を扱った本作は、《もし、北からのVIP(=最重要人物)が実は怪物だったら?》という疑問からスタートし、韓国×北朝鮮×米国の権力機関の間での利害関係と政治、そこから発生するジレンマを描いたクライム・アクション大作!

映画情報どっとこむ ralph 米CIAと韓国国家情報院を行き来する人物・パク・ジェヒョク役は『泣く男』以来、2年ぶりの映画出演となるチャン・ドンゴン。連続殺人事件の容疑者を追う警察チェ・イド役に『エンドレス 繰り返される悪夢』のキム・ミョンミン、北朝鮮からやってきた保安省所属の冷徹な工作員リ・デボム役に『密偵』のパク・ヒスン、米CIA要員ポール・グレイ役に日本でも大ヒットを記録したハリウッド大作『アルマゲドン』やアカデミー賞2部門に輝く『ファーゴ』、 『ジョン・ウィック:チャプター2』などで強烈な印象を残すスウェーデン出身の名優ピーター・ストーメア、そして全登場人物が追うサイコパス殺人鬼であり、北朝鮮から亡命させられたVIPキム・グァンイル役は、人気・実力共に若手No.1俳優のイ・ジョンソクが扮し、その豪華な顔ぶれが大集合!中でも少年のような清涼な魅力で女心を惹きつけてきたイ・ジョンソクが初の悪役に挑み、北朝鮮のなまりや英語での演技まで、ベテラン俳優に引けを取らない凄まじい集中力と演技への情熱を見せ、驚くべき相乗効果を生み出すと共に新たな姿を披露している。

映画情報どっとこむ ralph そして、この度、本作の場面写真もあわせて解禁!
銃を向けている情報院の要員パク・ジェヒョク(チャン・ドンゴン)と、片手でVIPキム・グァンイル(イ・ジョンソク)を抑えている警察チェ・イド(キム・ミョンミン)の姿。そして、血まみれで、あざ笑うような、ぞっとするような狂気を帯びた眼差しをみせているVIPキム・グァンイル(イ・ジョンソク)の姿は、息のつまるような緊張感を醸し出し圧倒的な存在感を放つ。 “実際ありそうな物語”を追求し、激しいアクションシーンはもちろん、本国ではスナッフフィルム並みの猟奇的な描写で賛否両論を巻き起こした問題作『V.I.P. 修羅の獣たち』。

映画『V.I.P. 修羅の獣たち
原題:브이아이피
英題:V.I.P.

6.16(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー

公式HP:
http://klockworx-asia.com/vip/

4つの狂気が交錯する――。

韓国国家情報院と米CIAの企てにより、北から亡命させられたエリート高官の息子キム・グァンイルが連続殺人事件の有力な容疑者として浮上する。彼が犯人であることを本能的に確信した警視のチェ・イドはグァンイルを追うが、国家情報院の要員パク・ジェヒョクの保護により捜査網を潜っていくのだった。さらには保安省所属の工作員リ・デボムまでが介入し、事態は思いもよらない方向へと進んでいく。

***********************************

監督:パク・フンジョン『新しき世界』
出演:チャン・ドンゴン『泣く男』、キム・ミョンミン『エンドレス 繰り返される悪夢』、パク・ヒスン『密偵』、イ・ジョンソク「観相師-かんそうし-」、ピーター・ストーメア 『ジョン・ウィック:チャプター2』『ファーゴ』『アルマゲドン』

2017年/韓国公開8月23日/128分/シネマスコープ/レイティング:R15+
配給:クロックワークス

©2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
    


今どきのグッとくる“泣き男子”事情とは?涙ソムリエが分析!


イ・ジョンボム監督の最新作『泣く男』が18日より公開されました。

泣く男ポスター初日にはアクション映画好きと見られる男性客を中心に、チャン・ドンゴンファンの女性、そしてカップルまで幅広い世代が劇場!

「深みとリアリティが増したアクションが素晴らしい」
「ラストが切なくてウルッときた」
「最初のシーンからずっと目が離せなかった!」

など多くのコメントがSNSで賑わっています!

しかしアクション以外にも、たった一人で全てを背負った主人公ゴンがある場所で人知れず慟哭する姿にグッと来たという映画業界人が多いようです。

泣く男
一昔前までは男が人前で泣くのはカッコ悪いとされていた。「男の子なんだから泣かないの!」と母親に叱られた経験を持つ男子は少なくないはず!

でも、時代は変わり、様々な苦難や重圧を乗り越えた男子が思わず涙する姿は私達に感動を与えます。

泣く男_チャンドンゴン1
涙活でお馴染みの涙ソムリエ・嵯峨崇司氏は、現代の泣き男子事情をこう分析しています。

「現在は我慢することや強がることが美徳とされていた昔とは違い、素直になることが本当の男らしさ、弱さを認めることが真の強さなのだ、と気付いた時代なのだと思います。 そしてもう一つ、涙を見せるということは、それが愛する人であれ憧れの人であれ、その人の心に触れられる絶好の機会なのだと思います。例えば『鬼の目に涙』という言葉がありますが、今まで怖いと思っていた人がふと涙を見せると、それだけで少し距離が近くなったように感じてしまうものです。

『泣く男』では、感情や存在を否定されても耐え続ける一見強面な殺し屋ゴンが一粒の涙を流すところに、見ている者はカタルシスを感じ、グッとくるのではないでしょうか。感動して泣く涙は人間にしか備わっていない機能だそうです。だから涙は神様が与えてくれた贈り物だと私は考えます。貴方はゴンの泣く姿に何を思うでしょうか。」

人恋しくなるこの季節、『泣く男』を見て男の涙にグッと感動するのもいいかもしれません。

『アジョシ』監督イ・ジョンボムが描く、もうひとつの男のカタルシスその殺しの報酬は贖い。完璧だった殺し屋が犯した、ただ一つの過ち。

逃れようのない罪に自ら課したラスト・ミッションとは―

公式HP: http://nakuotoko.jp/

********************************************************************

         
監督・脚本:イ・ジョンボム『熱血男児』、『アジョシ』
出演:
チャン・ドンゴン『ブラザーフッド』、『マイウェイ 12,000キロの真実』 
キム・ミニ 『火車 HELPLESS』、『恋愛の温度』  
ブライアン・ティー『スターシップ・トゥルーパーズ2』、『ウルヴァリン:SAMURAI』 キム・ヒウォン『アジョシ』、『ミスターGO!』   
2014年/韓国/116分/R15+  
©2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved


ブレまくる岡田に渇!デヴィ夫人『泣く男』公開直前イベントで


チャン・ドンゴン主演。イ・ジョンボム監督最新作

『泣く男』

公開直前イベントが実施されました!

当日は、劇中のチャン・ドンゴン着用衣装を身にまとった、ますだおかだの岡田圭右さんと、タイトな女豹(メヒョウ)柄の衣装に身を包んだ“セクシー・女豹・スナイパー”デヴィ夫人が登壇しました

泣く男1016イベント1
【イベント実施概要】
日程:10月16日(木) 
場所:Gibson Brands Showroom TOKYO
登壇者:ますだおかだ岡田圭右、デヴィ・スカルノ

MC:色々な局面でぶれているお笑い界の「泣く男」岡田さんの登場!

拳銃を片手に、黒いスーツで颯爽と登場した岡田さん。 開口一番。

岡田さん:ほんとに、岡田の芸風はぶれているのかー。元々、いや今も漫才師だけど、くずれたんだー。くーっ!

と叫ぶが、会場内の笑い声のなさに、

岡田さん:初めてシーンという音を聞きました

と早くも“泣く男”ぶりを披露!

実は岡田さんが来ているグレーのTシャツは、実際映画の中で殺し屋ゴンを演じる、チャン・ドンゴンが着用した衣装で岡田さんにジャストサイズだったらしく

岡田さん:今日、私は、オカチャン・ドンゴンです!(シーン)くーっ。劇中アクションでボロボロになったこのドンゴンTシャツのように、顔で笑って岡田の心はいつもボロボロなんですよー。心の中はこんな状態。毎日いろんな仕事のあと、心の中は傷だらけです。この衣装は私の心を忠実に表しています。

とさらに自虐的に続ける。

MC:映画の感想について。

岡田さん:銃撃戦は本当に迫力があって、リアルな世界観がすごい。チャン・ドンゴン演じるゴンが冷酷なんだけど、あることをきっかけにぶれちゃうことで、よりハラハラドキドキする展開になっていくのですが、私も元々漫才師で突っ込みだったのに、いつのまにか“ぶれる”というよりくずれちゃったわけでして。でも実は変化する、進化しているのですよ。ぶれないと思われる人も、時代にあわせてぶれているんだと思いますし、あれ、かっこいいコメント言おうと思ったけど、なんのこっちゃわからなくなった。

とついついコメントもぶれまくりの岡田さん。

ここで、現在本作の公式サイトで実施中のチャン・ドンゴンのメインビジュアルについた吹き出しに一言いれる「ゴンの一言キャンペーン」に、岡田さんも挑戦!

岡田さん:あ、73.2、、うわ73(kg)超えてしもた。あかーん、寝る前のお菓子やめよ。

という実体験に基づいた答えを披露するも、残念ながら会場は沸かず。

すると、全身金色で胸元がセクシーな女豹スーツに身を包んだデヴィ夫人が、マシンガンを手にバンバンといいながら、登場!(デヴィ夫人の衣装はなんとポールダンスをする時の自前の衣装!) 

デヴィ夫人:ずいぶんチャン・ドンゴンと違うわね。

MC:本作の感想をお願いします。

デヴィ夫人:最初から最後まですごいアクションでハリウッド超える迫力とスピード感!そしてチャン・ドンゴンさんが日本の俳優さんにはない魅力で、スタントを使わずほとんどのアクションをこなしているなんてすごいわ。そしてただのアクション映画ではなく、人間の心の葛藤を描いた大作だわ。

と大絶賛!

MC:映画でも描かれている男の美学

デヴィ夫人:ギャーギャー泣くんじゃなくて、心の中で泣くっていうのが男らしいのよ。でもW杯のときに、長友選手がインタビューの途中涙をこらえられなかった姿には泣かされたわね。


デヴィ夫人の横で、何を勘違いしたのか、例の元議員のマネをしながら

岡田さん:この映画をキャンペーンしたいだけなんですぅぅ!

デヴィ夫人:なにやってるのよ、見てるほうが恥ずかしいわ!

と殺し屋バリのするどいダメだしで一蹴。

【泣く男】1016イベントトーク
MC:本作の魅力を
デヴィ夫人:私、最初どうしてこのタイトルにしたのかわからなかったけれど、最後になったら、なぜかってわかるの。どうして冷徹なゴンに心が宿ったのか。殺し屋だけれども、人間の葛藤がある。最後のシーンは衝撃で心打たれるわ。

最後に・・・

岡田さん:この映画は10月18日より開店ガラガラ。わぉ!

会場の反応にも負けず、その芸風を炸裂しながら、大盛り上がりのうちにイベントは終了となりましたとさ。


その殺しの報酬は、贖い。

完璧だった殺し屋が犯した、ただ一つの過ち。逃れようのない罪に、自ら課したラスト・ミッションとは―

『泣く男』

10月TOHOシネマズ有楽座ほか全国ロードショー
公式HP: nakuotoko.jp

********************************************************************


泣く男ポスター監督・脚本:イ・ジョンボム 『熱血男児』、『アジョシ』
出演:チャン・ドンゴン『ブラザーフッド』
   キム・ミニ 『火車 HELPLESS』、『恋愛の温度』
   ブライアン・ティー『ウルヴァリン:SAMURAI』
   キム・ヒウォン『アジョシ』、『ミスターGO!』

2014年/韓国/116分/R15+
©2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved