「チャラン・ポ・ランタン」タグアーカイブ

白石和彌監督がiPhoneで撮った!斎藤工 主演『麻雀放浪記2020』特報映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 大胆不敵!舞台は2020年。
そこで、いったい何がおころうとしているのか!?描かれているのは、社会への警鐘か?ブラックジョークか?

『孤狼の血』の白石和彌監督・最新作!!


2019年4月5日(金)全国公開の東映配給の新作映画『麻雀放浪記2020』。

そして1945年と2020年、二つの≪戦後日本≫を描く、予測不能の特報映像が解禁となりました!

今回解禁された特報映像は、戦後、果てしなく焼け野原となった東京を彷徨う“坊や哲”の後ろ姿から始まります。その行く先に映し出されるのは、レンガ造りの建物。看板には「OXCL」(オックス・クラブ)の文字が。タバコの煙が立ち込める中、男たちが博打に命を賭けている様子が克明に描かれます。退廃的な世界で、血を滾らせ生命力を燃やすアウトローたちの姿は、まさに阿佐田哲也・和田誠が描いてきた『麻雀放浪記』の真骨頂と言えるでしょう。

しかし、突如として【伝説の傑作小説よ、さらば。】という高らかな宣言と共に、舞台はモノクロの1945年から2020年へと変わります。そこにサブリミナル的に映し出されるのは予想を上回る東京の姿。

煌々とした光に包まれる謎の闘技場、朽ち果てた2020年東京五輪のポスター、核爆発、死亡事件を報じる新聞記事、未来的な研究所、覚醒するアンドロイドの眼、慟哭する“坊や哲”・・・“坊や哲”は何故、2020年の未来へとやって来たのか。

そこでは一体、何が起こっているのか…!観る者の想像力と飢餓感を最大限に煽った怒涛の展開、原作は勿論の事、過去の映画からは想像できなかった世界が炸裂し、特報映像は幕を閉じます。そして、まったく新しい挑戦が始まったことが予感されます。

 

映画情報どっとこむ ralph 昨年末に行われた日刊スポーツ映画大賞の授賞式にて

白石和彌監督:この新作、僕は大まじめに作った大傑作だと思うが、問題がありすぎて公開が危ぶまれている。気が気でない。

と本作について言及。
『凶悪』、『孤狼の血』といった危険な作品を手掛けてきたアウトローの第一人者までをも、ここまで言わしめてしまうほどの危険な内容となっています。

そして一番の注目は、映像の最後に放たれる【これでいいのか、ニッポン】というメッセージ。この言葉に込められた意味とは何なのか。 企画発表から、その余りにも過激で大胆不敵な設定に賛否が巻き起こっている本作。

初となる映像の解禁も、その全貌のほとんどがベールに包まれています。

麻雀放浪記2020

【ストーリー】
主人公・坊や哲がいるのは、2020年の“未来”。なぜ?人口は減少し、労働はAI(人 口知能)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれている・・・。そしてそこは“東 京オリンピック”が中止となった未来だった・・・嘘か?真か!?1945年の“戦後”から やってきたという坊や哲が見る、驚愕の世界。その時、思わぬ状況で立ちはだかるゲー ム“麻雀”での死闘とは!?

***********************************

企画:アスミック・エース
制作:シネバザール
配給:東映
原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
キャスト:斎藤工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、的場浩司、 岡崎体育、堀内正美、小松政夫 / 竹中直人 ほか 監督:白石和彌


斎藤工『麻雀放浪記2020』キャスト発表 第4弾ドサ健・出目徳・女衒の達は・・・


映画情報どっとこむ ralph 2019年4月5日(金)全国公開の東映配給の新作映画『麻雀放浪記2020』。不朽の名作として、今なお読み継がれている阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説「麻雀放浪記」が、和田誠監督の映画化以来、35年ぶりに再び映画化いたします。主演は、映画版『麻雀放浪記』を生涯ベストの1つと公言している斎藤工。

原案小説にも登場する重要人物たちを演じるキャストを、この度、解禁いたします!

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁となったのは、坊や哲がいたとされる1945年の“戦後”に登場してくるキャラクター。

主人公・坊や哲は、ベッキー演じるゆきがママをつとめる麻雀クラブ「オックス」で日々、“命がけ”で麻雀に挑んでいた。そこで激戦を共にしてきた、ドサ健・出目徳・女衒の達。


並々ならぬ熱で麻雀に没頭するドサ健を演じるのは、的場浩司。
原案小説でも不動の人気を誇る名キャラクターであり、1984年の和田誠監督版(以下、和田版)では鹿賀丈史が好演したこの役を、比類なき貫禄で魅せつけます。気迫のこもった凄まじい演技で、新たなドサ健像を確立させました。

■的場浩司(ドサ健)コメント
「ドサ健」を演じるにあたり強く意識した事は「リアルな雀士」である事です。作品をより面白く観て頂く為の絶対条件だと思いました。プライベートで使った事がない竹牌を常に持ち歩き、手に馴染ませるよう努めました。自分なりの「ドサ健」を創れたのではないかと思います。今の雀荘だと怒られちゃうかもしれませんが、映画を観た方が麻雀をする時に「ドサ健」の打ち方になってくれたら嬉しいです。
主演の斎藤工君とは初共演でしたが、不思議と初共演な感じがしませんでした。一緒に芝居をしていて本当に楽しかったです。芝居への愛情、スタッフ・キャストへの気配りと思わせない細かい気配りが出来る素敵な役者。また一緒に芝居が出来たら嬉しいです。
白石監督と初めて出会ったのは、白石監督がまだ助監督の時代。そこから月日を経て、少しでも監督に「初めて会った頃より成長したな。」と思ってもらえたら嬉しいです。この作品に出演させて頂きとても貴重な時間を過ごさせて頂きました。白石監督の想像力と包容力には脱帽です。僕の想像の斜め上をいっていました。再び現場でお会いできる日を切に願っています。

映画情報どっとこむ ralph そして、和田版では高品格が演じた、冷静に麻雀を打ち続け、勝つためには手段を選ばず完膚なきまで相手を叩き潰す出目徳役には、小松政夫。高品格がその年の助演男優賞を総ナメにしたこの当たり役を、今作では全く違ったアプローチで、殺気に満ちたユーモアを持って演じ上げます。その唯一無二の存在感で、博徒の刹那的な生き方や、只者ではない雰囲気を見事に創りあげました。

■小松政夫(出目徳役)コメント
出目徳の役と聞いただけで嬉しい想いでした。麻雀卓を囲んでいるシーンが多くて、みんなの表情がギラギラしている中で、僕だけが飄々としているということを心がけてみました。みんなと同じ方向ではなく、全体のバランスを大事にして演じました。「ああ、いい仕事をさせてもらった」という気持ちです。
阿佐田哲也さんの原作をそのままリメイクするのかなと思っていたので、昭和の情景描写を感じながら演じていました。そしたらとんでもない展開になっていて唸ってしまいました。時にはSFであり、時には昭和の世界に戻り、前屈みになって見入ってしまうような作品になっていると思います。麻雀はやったことがなかったので、みんなと一緒に練習しました。積み方とかがなかなか難しかったです。
斎藤工さんは迫力がありましたね。人生を賭けた勝負師の感情をあれほどまでに爆発させるのはさすがの一言でした

アウトサイダーを描き続けている白石和彌監督は、次のようにコメント

■白石和彌監督コメント
小松政夫さんの飄々としながらも変幻自在の表情と底抜けに明るいキャラクターが新しい出目徳像を作ってくれると思いました。ずっと見ていたくなる可愛い出目徳になりました。
的場浩司さんは助監督時代に何度かお仕事をさせて頂いていましたが、監督になってからは初めてです。「呼ぶの遅い!」と怒られましたが(笑)、ドサ健を演じて頂くための時間だったんだと思います。緊張感と凄みのあるドサ健を作ってくれました。

映画情報どっとこむ ralph さらに、和田版では加藤健一が演じた女衒の達には堀内正美がキャスティングされました。その鋭い眼光で、卓を囲む坊や哲たちを翻弄していきます。

熱き男が躍動するギャンブル・ドラマに、ぜひ、ご期待ください!平成最後、そして新元号が発布される4月に、いまを生きる人々にとっての<未来予想図>となる!!

映画『麻雀放浪記2020』

2019年4月5日(金)全国ロードショー!

主人公・坊や哲がいるのは、2020年の“未来”。なぜ?人口は減少し、労働 はAI(人口知能)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれてい る・・・。そしてそこは“東京オリンピック”が中止となった未来だった・・・嘘か? 真か!?1945年の“戦後”からやってきたという坊や哲が見る、驚愕の世 界。その時、思わぬ状況で立ちはだかるゲーム“麻雀”での死闘とは!?
***********************************

原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
キャスト:斎藤工
もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、的場浩司、 岡崎体育、堀内正美、小松政夫 / 竹中直人 ほか
監督:白石和彌
企画:アスミック・エース
制作:シネバザール
配給:東映
原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
  


斎藤工主演『麻雀放浪記2020』キャスト第2弾に、もも・ベッキー・竹中直人!


映画情報どっとこむ ralph この度、新作映画『麻雀放浪記2020』が、2019年4月5日(金)より、全国公開することが決定しました。

不朽の名作として、今なお読み継がれている阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説「麻雀放浪記」が、和田誠監督の映画化以来、35年ぶりに再び映画化いたします。

主演は、映画版『麻雀放浪記』を傑作の1つと公言している斎藤工さん。

斎藤さんは10年の歳月をかけて映画化を熱望し、ついに念願がかなって実現。1945年から2020年へとタイムスリップしたギャンブラー”坊や哲“を熱演いたします。

そして、メガホンを執るのは『凶悪』(13)、『孤狼の血』(18)など“いま日本映画で一番攻める作品を撮る”と言われる日本映画界のトップランナー、白石和彌が監督を務めます。

原作は、1945年の戦後を舞台にしたアウトローたちの青春期であり、その時代の空気や風俗も余すところなく活写。しかし、本作ではこの原作を原案とし、その精神を盛り込みながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジ。原案を敬愛し続けた製作陣が挑む、スーパーリブート作品がついに誕生いたします!

映画情報どっとこむ ralph 豪華キャストが決定し、この度、解禁となりました!

2020年、新たな「戦後」、東京オリンピックが中止の“未来”。
主人公・坊や哲を拾って面倒を見ることにした地下アイドル・ドテ子を、TBSテレビ「逃げるは恥だが役に立つ」のオープニング曲を手がける など、話題沸騰中の姉妹ユニット「チャラン・ポ・ランタン」のヴォーカル・ももが務めます。

原作では強運の持ち主の娼婦だったドテ子を、地下アイドルとして現代風にアレンジ。堂々とした立ち振る舞いで、キュートに、大胆に演じます。

もも(ドテ子役)コメント
「映画の出演オファーが来ている」え、私に?お話をいただいたときの感情は、あまりにも話が唐突で大きすぎて、とにかくビックリ、それだけでした。これだけ大きな映画出演のお話をいただいたのは初めてだったので、とにかく参加する以上は自分が足を引っ張る訳にはいかない、どんなにしばかれてもしがみついて乗り越えてみせる!と撮影初日から気合いをいれて撮影に臨みました。ぶっ飛んだ設定とキャラクターに最初は少し驚きましたが、演じた“ドテ子”というキャラクターに親近感や共感を覚えながら、次第に白石監督のリクエストに応えることにものすごくやり甲斐を感じられるようになって、緊張はいつの間にか消えていました。主演の斎藤工さんはじめ、共演者のみなさま、白石組のみなさまに支えらながら成長した“ドテ子”と”もも”を観ていただけると嬉しいです。


また、その地下アイドルたちを抱える芸能プロダクションの社長で、ドテ子の部屋に転がり混むクソ丸を、実力派俳優・竹中直人が演じます。

竹中直人(クソ丸役)コメント
クソ丸という強烈なキャラクターを演じてみて、まだまだやり足りない感じです。もっともっとクソになりたかったな…と思っています。共演のたくみ(斎藤工)くん、ももちゃんをもっと地獄に突き落としたかったです。でもね…いっしょうけんめいやりました。
たくみくんとは久しぶりの共演でとても嬉しかったです。そして楽しかった…。たくみくんの見せるあの柔らかな表情とチャーミングなお芝居にしびれながらも、たくみよ!地獄に堕ちろ!と強く念じながら現場を過ごす事が出来たのはまさにたくみくんの存在があったからこそです。再びたくみくんと共演出来る日が 来ることを深く願っています。
そして、初めての白石組に参加する事が出来てかなり嬉しかったですね。白石監督の眼差しはとてもシャープで揺るぎない。かっこいい監督でした。 無駄のない演出エネルギーに満ち溢れた監督ですね。どんどん巨匠になってしまうのかな…やんなっちゃうな… 。いつも監督に嫌われないようにといっしょうけんめいやりました。ぼくのクソ芝居にフッと笑ってくれている監督の表情にホッとしたりしていました。また是非次回作も呼んでくれたら良いな…って思っています。


そして、原作では加賀まりこが演じました、坊や哲がいた元の時代で哲に麻雀を教えたアパートの大家であり、麻雀クラブ「オックスクラブ」のママでもある・ゆきには、あのベッキーが扮し、初めての麻雀にも関わらず見事な牌さばきを披露します。

ベッキー(八代ゆき役)コメント
今回、『麻雀放浪記2020』のお話を頂いた時、すごく嬉しかったです。しかしオリジナル作品を観れば観るほど、役を頂いたことの責任の大きさを感じました。私が演じたクラブオックスのママは、背伸びしても、いや、脚立に登っても追いつかないくらい色気のある、オトナな女性。試行錯誤しながら、演じさせていただきました。
斎藤工さんは、“映画を心から愛している方”という印象があったので、今回映画でご一緒できて本当にうれしかったです。私が麻雀の技を披露するシーンの撮影で何度失敗しても、優しくしてくださいました。優しい方です。
白石監督は、周りを緊張させない明るさと元気さがあり、会った瞬間に『あ!これは撮影楽しくなるかも!』と思わせてくださる方でした。笑えるシーンも、シリアスなシーンも、明るい雰囲気で撮影が進んでいったのが印象的です。
多くの方に映画を楽しんで頂けますように。

映画情報どっとこむ ralph ジャンルを超えて混然一体となったキャストたちのセッションと、一貫して社会に溶け合えないアウトサイダーを描き続けている白石和彌監督が、後にも先にもない最高のエンターテイメントを完成させます。

白石和彌監督コメント

○もも(ドテ子)
チャラン・ポ・ランタンのももさんを最初に見た時、彼女が持っているエネルギーに圧倒されました。これはいつかご一緒したいと思い、今回ヒロインのドテ子をお願いしました。最初にお会いした時「歌を歌ってなかったら、私はドテ子です」と彼女は言いました。この   台詞がいかにヤバくて、チャラン・ポ・ランタンのももがどれだけイカれてるか、映画を見たらわかってくれると思います。

○ベッキー(八代ゆき)
ベッキーはプロになるつもり?という勢いで麻雀を練習してくれました。昭和の女・八代ゆきの妖艶さを高いクオリティで演じてくれています。この映画をまさかの舞台に連れて行ってくれるのは間違いなくベッキーの存在あってのことです。

○竹中直人(クソ丸)
竹中さんは僕が映画の世界を志した時のアイドルでした。10代の頃、竹中さんの出演作品をVHSテープに録画しては擦り切れるまで繰り返し見ていました。クソ丸という最高の役名で竹中さんにお願い出来たことを嬉しく思っています。ただただ下品でクソな役を喜んで演じて下さいました。


平成最後、そして新元号が発布される4月に、いまを生きる人々にとっての<未来予想図>となる!?

麻雀放浪記2020

の公開は平成の最後、2019年4月5日(金)。

「麻雀放浪記」の世界をこよなく愛する斎藤、そして白石をはじめとするスタッフたちだからこそ、大胆そして驚きの世界が繰り広げられる作品がいま生まれた。原作・阿佐田哲也の遺族もこの「新作」製作に賛同を惜しまない。奇しくも10月1日からスタートした「Mリーグ」(麻雀のプロリーグ)が白熱する今、映画は完成した。
***********************************


キャスト:斎藤工
チャラン・ポ・ランタンもも,ベッキー,竹中直人
監督:白石和彌
企画:アスミック・エース
制作:シネバザール
配給:東映
原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)


餃子だらけのチャラン・ポ・ランタンjuu-juu MV解禁 足立梨花 x ボイメン田村侑久 ラブコメ『キスできる餃子』


映画情報どっとこむ ralph 宇都宮を舞台にバツイチ子持ちの出戻りシングルマザーが、実家の餃子屋の再建に奮闘しながらも、イケメンゴルファーに恋をするラブコメディ足立梨花 x ボイメン田村侑久『キスできる餃子』。。
秦建日子監督が完全オリジナルで脚本も手掛けています!


そして!

餃子×LOVE!?映画業界初の新ジャンルムービーで話題の『キスできる餃子』の主題歌「juu-juu」を担当した、チャラン・ポ・ランタンの最新ミュージックビデオが解禁となりました!

ミュージックビデオは、映画の舞台にもなった、宇都宮で撮影が行われ、チャラン・ポ・ランタンとエキストラが無我夢中で、餃子を食べまくる衝撃的MVになりました!撮影に際して餃子&チャラン・ポ・ランタンファン総勢約100名が集まり撮影が行われ、撮影のテーマである“餃子”をひたすらに食べ続ける、という壮大な計画を叶えるべく、宇都宮の顔とも言える餃子店“宇都宮みんみん”を筆頭に、黄金に輝く、パリパリの餃子羽が特徴の“めんめん”若者によって復活した老舗名店“香蘭”の超有名3店舗がMV撮影に集結!撮影の為に、のべ300食の餃子を焼き上げました!そんな、宇都宮餃子全面バックアップ体制で仕上がった最新MVが焼き上がりました!!


映画情報どっとこむ ralph
チャラン・ポ・ランタンさんコメント

Q.撮影の感想は?

ももさん:楽しかったです!前日から餃子が食べられるんだ、ということでウキウキしてました。

小春さん:朝、撮影現場にきたら既に満席で(宇都宮のエキストラさんで)ビックリしました(笑)

Q.新曲「juu-juu」のについて

ももさん:恋するのもいいけど、焼き(妬き)過ぎないでね!という曲です。餃子を食べながらワイワイ聞ける曲です。映画『キスできる餃子』の中でもこの曲が流れますので、この応援ムービーと合わせて楽しんでいただければと思います。

小春さん:この映画に出会って無ければこの曲も映像もなかったので(宇都宮のみなさんと)こうして撮影できて嬉しかったです。


映画情報どっとこむ ralph キスできる餃子

6月22日(金)全国ロードショー
6/15(金)栃木県先行ロードショー

公式HP:kiss-gyo.jp

バツイチ子持ちのシングルマザーが地元の宇都宮に帰ってきた。実家の餃子屋の再建と子育てに奮闘するさなか、イケメンの新聞配達青年に出会ってしまう。しかし、彼の正体は今をときめくプロゴルファーだった…。果たして彼女の新たな恋は実るのか?そして餃子屋は再建できるのか…!?
***********************************

脚本・監督:秦建日子(『クハナ!』監督/「アンフェア」シリーズ原作)
出演:足立梨花 田村侑久(BOYS AND MEN)
佐野ひなこ 中島広稀 古川凛 大石吾朗 佐藤美希 勇翔(BOYS AND MEN)
浅野和之 麻生祐未
配給:ブロードメディア・スタジオ
制作:ホリプロ 
©2018「キスできる餃子」製作委員会


足立梨花 バツイチ子持ち『キスできる餃子』特報解禁!主題歌は チャラン・ポ・ランタン!


映画情報どっとこむ ralph 宇都宮を舞台にバツイチ子持ちの出戻りシングルマザーが、実家の餃子屋の再建に奮闘しながらも、イケメンゴルファーに恋をするラブコメディ『キスできる餃子』。

主演は、ドラマやバラエティーに幅広く活躍し、2017 年は主演映画が 2 本公開された足立梨花。
足立梨花さんからコメントが届いています!

足立さん:今回初めて、シングルマザーという役柄を、やらせていただきました。私が演じた役は、母親というのもあるんですけど、26歳という若さでもあるし、お母さんなんだけど、お母さんになりきれていない、たまに子供のことを忘れて恋に夢中になっちゃったり、目の前にあることに必死に食らいつく女の子で、演じていて楽しかったのと、ストレートな女の子なので、ここまでストレートで良いのか迷いもありながら演じさせていただきました!そして、本作はきっと“ほっこり”する作品になっていると思います。これを観たら、餃子っていいなぁ、宇都宮行ってみたいなぁ、恋っていいなぁと色んな事を思っていただきたいと思います!

映画情報どっとこむ ralph そして!餃子×LOVE!?映画業界初の新ジャンルムービーで話題の『キスできる餃子』の特報映像解禁に!

特報では主演の足立梨花が、大人から子供まで全ての人が大好きな食べ物餃子で起死回生の一発逆転を目論む?!姿や、イケメンのプロゴルファーに一目惚れするが、小さな娘に意味深な事を言われるなど、、予想のつかない波乱な展開を暗示した特報が出来上がりました!また、足立梨花から、本作への意気込みを語ったコメントも到着しました!



映画情報どっとこむ ralph そして、本作の主題歌を大人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のOPテーマを担当し一躍有名になった姉妹ユニット“チャラン・ポ・ランタン”が担当!本作の為に新曲「ページをめくって」を書き下ろし!その楽曲の一部が特報に流れております!恋も、仕事も、餃子焼きも、様々なことに挑戦し、日々頑張っている人への応援歌になっております。
また、挿入歌ではアツアツの餃子と恋をブギに乗せた「juu-juu」も描き下ろし!「およげたいやきくん」「スシ食いねェ!」と数々の名食べ物ソング達と肩を並べる?!餃子ソングができあがりました!そんな、チャラン・ポ・ランタンからもコメントが到着しております。


チャラン・ポ・ランタンさんからのコメント

もも:今回『キスできる餃子』で主題歌、そして挿入歌を担当することになりました!とっても嬉しいです!

小春:映画を観てから曲を描いたので、合わないはずがない!

もも:挿入歌の「juu-juu」は、餃子を食べながら聴くのにぴったりな曲になっています。

小春:食べていなくても、絶対に食べたくなる!そして、主題歌の「ページをめくって」は、一人の女性が成功に向けて走り抜ける感じを出せたと思います。

もも:バンドでワイワイ演奏しましたので、ぜひ、曲も一緒に楽しんでいただけたらなぁと思います!もちろん映画の公開もお楽しみに!

映画情報どっとこむ ralph キスできる餃子

6月22日(金)全国ロードショー
6/15(金)栃木県先行ロードショー

公式HP:kiss-gyo.jp

物語・・・
バツイチ子持ちのシングルマザーが地元の宇都宮に帰ってきた。
実家の餃子屋の再建と子育てに奮闘するさなか、イケメンの新聞配達青年(田村侑久(BOYS AND MEN))に出会ってしまう。
しかし、彼の正体は今をときめくプロゴルファーだった…。
果たして彼女の新たな恋は実るのか?そして餃子屋は再建できるのか…!?
***********************************

配給:ブロードメディア・スタジオ
脚本・監督:秦建日子(『クハナ!』監督/「アンフェア」シリーズ原作)
出演:足立梨花 田村侑久(BOYS AND MEN)
佐野ひなこ 中島広稀 古川凛 大石吾朗 佐藤美希 勇翔(BOYS AND MEN)
浅野和之 麻生祐未
配給:ブロードメディア・スタジオ 
制作:ホリプロ 
©2018「キスできる餃子」製作委員会