「チャニング・テイタム」タグアーカイブ

『スモールフット』ジャイアンでお馴染み・木村昴が美声を披露本編シーン解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 『ミニオンズ』(15)、「怪盗グルー」シリーズを手掛けた原作・音楽スタッフが贈る、この秋一番の“モジャかわ”ミュージック・ファンタジー♪『スモールフット』が10/12(金)より全国公開!


“モジャかわ”なイエティ・ミーゴのスモールフット(=人間)探しの旅を、思わず歌いたくなるようなポップな音楽に乗せて、コミカルで表情豊かに描きます!

更に、木村昴や宮野真守、早見沙織、立木文彦ら、人気・実力ともに兼ね備えた超豪華吹き替え声優陣が、その歌唱力をいかんなく発揮する劇中歌で、作品を盛り上げます。
この度、木村昴が吹き替えを担当する主人公ミーゴが、ダンスを交えて陽気に劇中歌「PERFECTION」を披露する、楽しさ満点の本編シーンが解禁となります!
解禁された映像では、ミーゴがご機嫌なダンスやステップを踏みながら、自分の暮らす村が大好きな様子や、いつかみんなの役に立ちたいという志を歌っており、彼のまっすぐで純粋なキャラクターが伝わってくる曲となっております。

また、そんなミーゴのキャラクターを更に際立たせているのは、木村昴の歌声。

ダミ声で音痴なジャイアン役とは一転、明るく軽快に劇中歌を歌い、美声を披露しています。



スモールフット

10月12日(金) 新宿ピカデリー他 ロードショー! ※US公開9月28日(金)

公式サイト:
http://smallfoot.jp

***********************************

監督:キャリー・カークパトリック
製作:ボニー・ラドフォード、グレン・フィカーラ、ジョン・レクア 
製作総指揮:ニコラス・ストーラー、フィル・ロード、クリストファー・ミラー、ジャレッド・スターン、セルジオ・パブロス、キャリー・カークパトリック
キャスト:チャニング・テイタム、ジェームズ・コーデン、ゼンデイヤ、コモン、レブロン・ジェームズ ほか
吹き替えキャスト:木村昴(ミーゴ)、宮野真守(パーシー)、早見沙織(ミーチー)、立木文彦(ストーンキーパー) ほか
エンドソング:ナイル・ホーラン「Finally Free」
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
配給:ワーナー・ブラザース映画


ミュージック・ファンタジー・アニメ♪『スモールフット』日本公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 体は巨大、だけど臆病で心優しい“モジャカワ”イエティのミーゴ。
初めて出会った人間たちと巻き起こす“イエティとヒトの絆の物語”『ミニオンズ』(15)、「怪盗グルー」シリーズを手掛けた原作・音楽スタッフが贈る、この秋いちばんのミュージック・ファンタジー・アニメーション映画『SMALLFOOT』が、『スモールフット』の邦題で10/12(金)より日本公開決定!

併せて、“モジャカワ”なイエティの主人公、ミーゴの場面写真も解禁となりました。

本作は、ハリウッドの人気俳優たちの圧巻の歌声を背景に、イエティと人間たちとの出会いが巻き起こす、クスッと笑えて、心あたたまる“絆”の物語。主人公のミーゴは、人里離れた雪深い山頂の村に住む、もじゃもじゃヘアで身を包み、体は大きくとも臆病でおっちょこちょいな、心優しきイエティ(雪男)。ある日、生まれて初めて小さな足をもつ“人間”に出会ってしまったミーゴは、村中で、伝説の「スモールフット」との奇跡の出会いを話しまわるが、誰も信じてくれない・・・。

その存在を証明できず、仲間から次第に疎遠になるミーゴは、村を離れ、スモールフット=人間探しの旅に出る。そして、ついに人間たちが暮らす街を発見するミーゴだったが、ふつうだと思っていた自分の姿や、その大きさ、その声は人間たちの暮らす街の行く先々で大騒動を巻き起こす。そう、人間たちから見ると自分が「伝説」の生き物だったのだ。そして、そんなイエティと人間たちとの間にはある秘密があった。

映画情報どっとこむ ralph この心温まるアニメーション映画を生み出したスタッフは、『怪盗グルーの月泥棒3D』(10)、『ミニオンズ』(15)の原作を手掛けたセルジオ・パブロス、同2作のほか、『怪盗グルーのミニオン危機一髪』(13)、『怪盗グルーのミニオン大脱走』(17)の音楽を手掛けたエイトル・ペレイラが再タッグ。“モジャカワ”なイエティたちをコミカルかつ情感豊かに描きつつ、極上の音楽とともに盛り上げる。

主人公のミーゴ役には、話題作『キングスマン:ゴールデン・サークル』(17)に出演し、ジョエル&イーサン・コーエン兄弟の『ヘイル、シーザー!』(16)でその歌声を披露したチャニング・テイタム。また、ミーゴと出会う人間のパーシーは、『ピーターラビット』(18)にピーターラビット役で出演し、アメリカの舞台・ミュージカルの最高賞と名高いトニー賞で、演劇主演男優賞の受賞歴もあるジェームズ・コーデンが演じる。そして、ヒロインのミーチー役を務めるのは、世界的アーティストとしてだけでなく女優としても活躍し、『スパイダーマン:ホームカミング』(17)、『グレイテスト・ショーマン』(17)と、話題作への出演が続くゼンデイヤ。彼らがその歌唱力をいかんなく発揮し、キャラクターたちの心情を歌い上げる美声に、聞き惚れてしまうこと間違いなしだ!

また、“モジャカワ”な主人公ミーゴの場面写真も解禁!思わず触りたくなってしまうようなモジャモジャした長い毛と豊かな表情が魅力のミーゴは、初めて出会った“スモールフット”=人間の存在に好奇心いっぱい!人間の足をまじまじと見つめる愛くるしいミーゴの姿に、一体これからどんな物語が始まるのか、期待が高まります。

最高のスタッフ・キャスト陣により、ミーゴとヒトとの絆、そして彼らを取り巻くキャラクターの心情を感動の歌声で包む、この秋いちばんの極上ミュージック・ファンタジーが誕生した!


スモールフット

2018年10月12日(金) 
※US公開9月28日(金)

***********************************

キャスト:チャニング・テイタム、ゼンデイヤ、ジェームズ・コーデン、コモン、レブロン・ジェームズ ほか

監督:キャリー・カークパトリック
製作:ボニー・ラドフォード、グレン・フィカーラ、ジョン・レクア 
製作総指揮:ニコラス・ストーラー、フィル・ロード、クリストファー・ミラー、ジャレッド・スターン、セルジオ・パブロス、キャリー・カークパトリック
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.


超サイコな女ボス・ポピー映像到着!『キングスマン:ゴールデン・サークル』


映画情報どっとこむ ralph 表の顔は、ロンドンの高級テーラー。その実態は、どの国にも属さない世界最強のスパイ機関だった!

全世界が熱狂した『キングスマン』から2年。イギリスから世界に飛び出して、キレッキレの超絶アクションも、ギミック満載のスパイ・ガジェットも、常識破りのパワーアップ!

『キングスマン:ゴールデン・サークル』が、2018年1月5日(金)より全国ロードショーとなります!

この度、
許されざるヘマを犯した部下を、極刑に処すため直接ミンチ機にブチ込ませる超サイコな女ボス・ポピーの、上品な笑みで悪趣味すぎる発言を繰り出す狂いっぷりに身の毛もよだつ本編映像が到着!


今回到着した映像は・・・

映画情報どっとこむ ralph

謎の麻薬組織“ゴールデン・サークル”のイカれた女ボス・ポピー(ジュリアン・ムーア)のアジトとなる、1950年代の古き良きアメリカにこだわって作り上げられた“ポピー・ランド”内の赤基調のポップなダイナーで、新部下のアンヘル(トム・ベネディクト・ナイト)に、ミスをした部下チャールズ(キース・アレン)をミンチ機にブチ込むよう高らかな笑顔で指示するシーン。あまりにも無邪気に、正気の沙汰とは思えない発言が繰り出されたことに思わず笑いあう一同ですが、ピカピカで邪悪なミンチ・マシーンを楽しそうに起動させるポピーの姿に場の雰囲気が一変。

いよいよ本気だと悟ったチャールズも時すでに遅し、ポピーの口笛で出動した

2匹の獰猛なロボット犬に追い詰められ、覚悟を決めたアンヘルに抱え上げられ脳天から…!?
上品な笑顔と純粋な気持ちで、悪趣味の限りを尽くした制裁をくだすポピーの狂気が象徴される場面です!

演じているのは、『アリスのままで』(14)で第87回アカデミー賞(R)最優秀主演女優賞を獲得するなど輝かしいキャリアを誇る名女優ジュリアン・ムーア。
映画情報どっとこむ ralph 前作に引き続きメガホンをとったマシュー・ヴォーン監督が、ヒーローと同等に悪役こそが作品にとって最重要となることを意識し

「愚かにならず、共感を呼び、本物と思えるような悪役の陰謀を考え出すのはとても大変だ。彼女は正しいか?間違っているか?彼女が望んでいることは筋が通っているが、そのやり方は適切ではないよね!」

と誕生秘話を明かすこのポピー役ですが、今までに誰も見たことのない強烈な悪役を届けたいという想いからジュリアンへのオファーを決断。なんと最初のオファーは本作でハリーを演じるコリン・ファース経由だったそうで、ジュリアンは「コリンからメールがきて、マシューが“キングスマン”の続編について私と話をしたいそうだと知らせてくれたの。前作はとても気に入ったし、すごく革新的でユーモラスだと思ったわ。ポピーはとても人間くさくて、魅力的で親しみやすいところがあるの。でも、悪役であることは確かよ。間違いなく社会病質者ね。このとても英国的なスパイの世界のなかで、典型的なアメリカらしいアイディアをもて遊んでいる。そこがとてもいいと思ったわ」と振り返っています。
マシューが”間違ったアメリカのスウィートハート”と表現する謎多きポピー。サイコの極致である女ボスの仕掛ける巨大な陰謀を、果たしてエグジー(タロン・エガートン)、ハリーらキングスマンの一流エージェントたちは阻止できるのでしょうか!?

キングスマン:ゴールデン・サークル

公式サイト:
http://kingsman.jp/

公式Twitter:
@kingsmanjp

***********************************

監督:マシュー・ヴォーン
出演:コリン・ファース ジュリアン・ムーア タロン・エガ―トン マーク・ストロング ハル・ベリー エルトン・ジョン
チャニング・テイタム ジェフ・ブリッジス
原題:Kingsman: The Golden Circle
全米公開日:2017年9月22日
配給:20世紀FOX映画
PG12
画像:© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
動画:© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved


『キングスマン:ゴールデン・サークル』日本版オリジナルポスターが完成


映画情報どっとこむ ralph 表の顔は、ロンドンの高級テーラー。
その実態は、どの国にも属さない世界最強のスパイ機関だった!
全世界が熱狂した『キングスマン』から2年。

最新作『キングスマン:ゴールデン・サークル

が、2018年1月5日(金)より全国ロードショーとなります!

そして!

マシュー・ヴォーン監督からの「日本のファンのために」という熱烈な要望により制作された日本版オリジナルポスターが完成しました!

普段、クリエイティブに人一倍こだわりを持つマシュー監督も一発OKを出した本ポスターのテーマは“クレイジー・アクション&ポップ”。
背後のキングスマンシンボルの奥に覗いているのは、強大な敵ゴールデン・サークルのボスでありヴォーン監督が”間違ったアメリカのスウィートハート”と称するポピー(ジュリアン・ムーア)が、50年代のアメリカを意識して造らせた拠点ポピーランド。「グリース」や「アメリカン・グラフィティ」を彷彿とさせる世界に、さらに、おもちゃ箱をひっくり返した様な、カラフルで可愛らしいアイテムが大量に飛び出してくるなど、ポピーランドで繰り広げられる激しくブッ飛んだバトルが予想されるものとなっている。

そしてポピーランドを背景に、街のチンピラだった面影はどこへやら鮮やかなジャケットを纏いすっかり一流エージェントの風格を漂わせる主人公エグジー(タロン・エガートン)、彼の師であり前作で死んだと思われたものの本作で驚きの復活を果たすハリー(コリン・ファース)を筆頭に、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)、本作で出会うアメリカの同盟スパイ機関:ステイツマンのメンバーであるシャンパン(ジェフ・ブリッジス)、テキーラ(チャニング・テイタム)、ジンジャー(ハル・ベリー)、謎の敵ゴールデン・サークルのボスであるポピーと超豪華キャストがスタイリッシュに登場。

映画情報どっとこむ ralph 熱烈な日本のファンにリスペクトを示したマシュー・ヴォーン監督は

ヴォーン監督:(前作は)イカれた映像だったせいで人々は楽しんでくれたけど、元になったのはストーリーなんだ、今回もクレイジーでクールなアクションシーンになっているところはいくつもあるけど、私がやろうとしていることはどれも必然性があるんだ。

と続編となる本作を単なる繰り返しにとどまらないことを強調しています!!

キングスマン:ゴールデン・サークル
原題:Kingsman: The Golden Circle


公式サイト:
http://kingsman.jp/

公式Twitter:
@kingsmanjp

***********************************

監督:マシュー・ヴォーン
出演:コリン・ファース ジュリアン・ムーア タロン・エガ―トン マーク・ストロング ハル・ベリー エルトン・ジョン
チャニング・テイタム ジェフ・ブリッジス

全米公開日:2017年9月22日
配給:20世紀FOX映画
PG12
画像:© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
動画:© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved
     


『キングスマン:ゴールデン・サークル』ScreenX版特別予告到着


映画情報どっとこむ ralph 表の顔は、ロンドンの高級テーラー。その実態は、どの国にも属さない世界最強のスパイ機関だった!全世界が熱狂した『キングスマン』から2年。

最新作『キングスマン:ゴールデン・サークル』が、2018年1月5日(金)より全国ロードショーとなります!

この度、日本初の3面スクリーン(正面+左右側面)での上映システム・スクリーンXで本作の上映が決定!

視界の限界を超えた究極の臨場感によって、キングスマンの世界観に没入できる衝撃的な映画体験の全貌が垣間見られるScreenX版特別予告が解禁です!
ScreenX(スクリーンエックス)」システムは、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場に日本初導入された、正面だけでなく左右側面(壁面)にも映像が投影される次世代型映画上映システム。270度という規格外のワイドスクリーンにより視角すべてで映画を感じることで観客を究極の臨場感へと誘う、従来の映画の枠を超えた大迫力の上映システムは、隅々までこだわり抜かれた世界観で観客を魅了し、ギミック満載でぶっ飛ばす超過激スパイアクションとの相性抜群!

映画情報どっとこむ ralph 解禁されたScreenX版特別予告からは、まるでエグジー(タロン・エガートン)、ハリー(コリン・ファース)らキングスマンの一流エージェントたちと共闘しているかのような圧倒的な没入感を予感させます。

オープニングで登場するロンドンのカー・チェイスシーンでは、左右のスクリーンでロンドン市内をハイスピードで走っている車の中にいるような体験ができる。3面スクリーンにはそれぞれ車の計測器、ペダル、タイヤ、サイドミラーで敵を確認するエグジーの視線等をマルチ画面で表現し、緊張感を倍増!

敵の基地であるポピーランドへ突入するアクションシーンでは、ロングテイクカメラの動きにScreenXの効果まで加わり、常識破りのリアルな戦闘シーンの体験が可能!約5分間続く戦闘シーンではカメラの動きにあわせて左右のスクリーンで雨のような弾丸が降り注ぐ感覚と、爆発による破片等をドラマチックに表現し、戦闘の真っ只中にいるようなリアル感を感じることができ、観る人のテンションを秒でアゲること間違いなし!
2018年の年明けは、体感度・興奮度MAXの衝撃的な映画体験によって常識破りのパワーアップで帰ってくる『キングスマン:ゴールデン・サークル』と共に視界の限界を超えた新たなアクション体験にぜひ酔いしれてください!

2018年1月5日(金) TOHOシネマズ 日劇他全国ロードショー

公式サイト:
http://kingsman.jp/
公式Twitter:
@kingsmanjp

物語・・・
スパイ機関“キングスマン”の拠点が、謎の敵、ゴールデン・サークルの攻撃により壊滅。

残されたのは、前作で一流のエージェントに成長した主人公エグジー(タロン・エガートン)と、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)のみとなってしまう。敵を追い、同盟を結ぶスパイ機関“ステイツマン”の協力を得るためアメリカに向かう二人。

しかし、表ではバーボン・ウイスキーの蒸留所と最高級のバーボンを提供する店を経営しているステイツマンは、英国文化に強い影響を受けたキングスマンと対照的に、コテコテにアメリカンなチームだった!

彼らは文化の違いを乗り越えて、ゴールデン・サークルが企む陰謀を阻止することができるのか!?

***********************************

監督:マシュー・ヴォーン
出演:コリン・ファース ジュリアン・ムーア タロン・エガ―トン マーク・ストロング ハル・ベリー エルトン・ジョン チャニング・テイタム ジェフ・ブリッジス
原題:Kingsman: The Golden Circle  
全米公開日:2017年9月22日  
配給:20世紀FOX映画  2017年/イギリス映画  PG12
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

20世紀フォックス映画アプリ配信中/新作映画情報・限定クーポン・ミニゲームをお届け!
※ダウンロードiPhone版はこちら