「ダミアン・ルイス」タグアーカイブ

ニコール・キッドマン イラク建国の砂漠の女王に『アラビアの女王 愛と宿命の日々』


映画情報どっとこむ ralph この度、イラク建国の立役者として尽力、現地の人々に“砂漠の女王”と称された、イギリス人女性ガートルード・ベルの半生を描いた

映画『アラビアの女王 愛と宿命の日々』

が、2017年1月21日(土)より、日本公開する事が決定。予告編が解禁。

人は彼女を“砂漠の女王”と呼んだ――
%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%83%93%e3%82%a2%e3%81%ae%e5%a5%b3%e7%8e%8b-%e6%84%9b%e3%81%a8%e5%ae%bf%e5%91%bd%e3%81%ae%e6%97%a5%e3%80%85%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc
20世紀初頭、ひとりの女性が英国を旅立ち、アラビアの地へ向かおうとしていた―。彼女の名はガートルート・ベル。イギリスの裕福な家庭に生まれ、オックスフォード大学を卒業した才女であった彼女は、上流階級の生活を捨て、アラビアの各地を約2,500kmも旅し、現地の部族と交流を続け、やがてイラク建国の立役者として尽力、イラクとヨルダン両国の国境線を引く偉業を成し遂げました。砂漠に魅せられ、研究に情熱を注いだ彼女を、アラビアの人々は“砂漠の女王”と呼び、尊敬の意を示しました。

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁となる予告編では、N・キッドマン演じる、かつてイラクとヨルダン両国の国境線を引き“アラビアの女王”と呼ばれたイギリス人女性ガートルード・ベルの多様な魅力と、ドラマに富んだ人生に迫る予告編となっています。冒頭では、イギリスの大邸宅で煌びやかなドレスを纏いダンスを踊る美しいベル(ニコール)の姿、一方で、優秀な学者であり海外への憧れを抱く、美しさと聡明を兼ね添えた女性である事を見せます。中盤では、広大なアラビアの砂漠を女性1人で旅する逞しい探検家の一面を覗かせ、さらには混沌とした情勢下で、現地の人々と交流を続ける中、部族の襲撃に遭い命を狙われる危険にもひるまず、勇敢に振る舞います。ベルの旅の経験・手記は、やがてヨーロッパ政府にとって重要な情報源となり諜報員として重宝されていきます。



そして今回、ベルと同時代に生きた伝説の英雄であり、アカデミー賞7部門受賞の名作『アラビアのロレンス』(62)の主人公トーマス・エドワード・ロレンスが登場!ロバート・パティンソン演じる新たな“アラビアのロレンス”と、“砂漠の女王”との友情にも期待が高まります。予告ではジェームズ・フランコ、ダミアン・ルイス等豪華俳優陣との恋愛も垣間見られ、全編を通して流れる祈りにも似た幻想的なイスラム音楽が、ベルの数奇な人生を巡る旅へと誘う予告編となっています!

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
彼女の決断が、やがて世界を動かす――
20世紀初頭、ひとりの女性が英国を旅立ち、アラビアの地へ向かおうとしていた。彼女はイギリス鉄鋼王の家庭に生まれ社交界にデビュー、オックスフォード大学を卒業した才女ガートルード・ベル。自由なトラベラーであり、考古学者であり、諜報員ともなった彼女は、やがて“イラク建国の母”と称されるほどにアラビアの地に根付き、情熱を注いでいくのだった。望んでも叶わない2度の悲恋、ロレンスとの出会い、度重なる困難―-。それらが彼女のこころを嵐のように翻弄し大きな傷跡を残したとしても、約束の地こそが、彼女の大いなる生命の源となっていく――。やがて時代は大きなうねりとともに転換し、彼女はその渦の中心の存在となっていくのだった…。

%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%83%93%e3%82%a2%e3%81%ae%e5%a5%b3%e7%8e%8b-%e6%84%9b%e3%81%a8%e5%ae%bf%e5%91%bd%e3%81%ae%e6%97%a5%e3%80%85
映画『アラビアの女王 愛と宿命の日々』
原題:QUEEN OF THE DESERT

が、2017年1月21日(土)より、日本公開です。

***********************************


監督・脚本:ヴェルナー・ヘルツォーク『フィツカラルド』、『狂気の行方』、『世界最古の洞窟壁画 3D 忘れられた夢の記憶』

出演:ニコール・キッドマン、ジェームズ・フランコ、ダミアン・ルイス、ロバート・パティンソン

アメリカ・モロッコ合作/128分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル 字幕
      


ニコール・キッドマン『アラビアの女王 愛と宿命の日々』ポスター解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度、20世紀初頭にアラビアへ渡り、砂漠に魅せられてイラン・ヨルダン・シリア・サウジアラビア等の各地を約2,500km旅し、イラク建国の立役者として尽力し“砂漠の女王”と称された、イギリス人女性ガートルード・ベルの半生を描いた映画『アラビアの女王 愛と宿命の日々』(原題:Queeen of Desert)が、2017年1月21日(土)より、日本公開が決定しました。

この度、公開決定に伴いポスタービジュアルも解禁です。
%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%83%93%e3%82%a2%e3%81%ae%e5%a5%b3%e7%8e%8b-%e6%84%9b%e3%81%a8%e5%ae%bf%e5%91%bd%e3%81%ae%e6%97%a5%e3%80%85%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc
ポスターはニコール・キッドマン演じる、ガートルード・ベルの遠くを見つめる姿を中央に大きく配置し、知性と逞しさ、美しさを兼ね添えたガートルード・ベルの強い女性像を表現しました。周りにはベルの愛した壮大な砂漠風景が広がり、ミステリアスな魅力を放つ共に、壮大な大河ロマンを想起させています。


人は彼女を“砂漠の女王”と呼んだ。
20世紀初頭、ひとりの女性が英国を旅立ち、アラビアの地へ向かおうとしていた。彼女の名はガートルート・ベル。イギリスの裕福な家庭に生まれ、オックスフォード大学を卒業した才女であった彼女は、良家との結婚や、良い家庭を持つ事に重きを置く、イギリス上流階級の生活を捨て、イラン・ヨルダン・シリア等、アラビアの各地を約2,500kmも旅し、各地の部族と交流を続け、やがてイラク建国の立役者として尽力、イラクとヨルダン両国の国境線を引く偉業を成し遂げました。

映画情報どっとこむ ralph 砂漠に魅せられ、土地に根付き、研究に情熱を注いだ彼女を、アラビアの人々は“砂漠の女王”と呼び、尊敬の意を示しました。時が経ち、彼女の存在は歴史の裏に隠されてしまいましたが、ガートルード・ベルの不思議な魅力に取りつかれ、再び光を当てたのは、世界三大映画祭全てで受賞経験を持つ、ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツォーク。

撮影はモロッコの砂漠地帯で4Kカメラを駆使して行われ、昼夜問わず常に過酷な気候がつづく砂漠での撮影に耐えながら、見事に取り上げました。スクリーンいっぱいに広がる砂漠の風景は圧巻の一言です。

また、ベルの人生に深く関わる豪華俳優陣が演じた3人にも注目。

ジェームズ・フランコ演じる、イギリス大使館の書記官との悲恋、アカデミー賞7部門を受賞の名作『アラビアのロレンス』の主人公でも有名なロバート・パティンソン演じるトーマス・エドワード・ロレンスとの友情、トルコの副領事官との叶わぬ恋(ダミアン・ルイス)、出会いと別れを繰り返し、やがて混沌としたアラビアの情勢に秩序をもたらした、彼女の壮大な大河ロマンに、ぜひご注目ください!!


映画情報どっとこむ ralph %e3%82%a2%e3%83%a9%e3%83%93%e3%82%a2%e3%81%ae%e5%a5%b3%e7%8e%8b-%e6%84%9b%e3%81%a8%e5%ae%bf%e5%91%bd%e3%81%ae%e6%97%a5%e3%80%85
アラビアの女王 愛と宿命の日々

2017年1月21日(土) 新宿シネマカリテほか全国順次公開です。

物語・・・・
彼女の決断が、やがて世界を動かす。
20世紀初頭、ひとりの女性が英国を旅立ち、アラビアの地へ向かおうとしていた。彼女はイギリス鉄鋼王の家庭に生まれ社交界にデビュー、オックスフォード大学を卒業した才女ガートルード・ベル。自由なトラベラーであり、考古学者であり、諜報員ともなった彼女は、やがて“イラク建国の母”と称されるほどにアラビアの地に根付き、情熱を注いでいくのだった。望んでも叶わない2度の悲恋、ロレンスとの出会い、度重なる困難―-。それらが彼女のこころを嵐のように翻弄し大きな傷跡を残したとしても、約束の地こそが、彼女の大いなる生命の源となっていく――。やがて時代は大きなうねりとともに転換し、彼女はその渦の中心の存在となっていくのだった…。

***********************************

監督・脚本:ヴェルナー・ヘルツォーク
出演:ニコール・キッドマン、ジェームズ・フランコ、ダミアン・ルイス、ロバート・パティンソン

原題:QUEEN OF THE DESERT/アメリカ・モロッコ合作/128分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル 
字幕翻訳:松浦美奈 
配給:ギャガ・プラス
©2013 QOTD FILM INVESTMENT LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
    


『われらが背きし者』MI6がユアンを尋問!映像公開


映画情報どっとこむ TJ スパイ小説の巨匠として知られる、ジョン・ル・カレ原作『われらが背きし者』が10月21日(金)より、TOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開となります。

%e3%82%8f%e3%82%8c%e3%82%89%e3%81%8c%e8%83%8c%e3%81%8d%e3%81%97%e8%80%85原作は、元MI6 という経歴を持ち、『裏切りのサーカス』などのスパイ小説の巨匠として知られる、ジョン・ル・カレが手掛ける大人気小説。昨今のパナマ文書にも通じる、国家を揺るがす大事件を背景に、友情、裏切、復讐、愛が複雑に絡み合う人間ドラマをスリリングかつエモーショナルに描き出した、緊迫のスパイ・エンタテインメントがここに誕生。


この度公開された映像は、ディマ(ユアン・マクレガー)からUSBを渡されたペリー(ユアン・マクレガー)が空港でMI6に尋問を受けるというシーン。
%e3%82%8f%e3%82%8c%e3%82%89%e3%81%8c%e8%83%8c%e3%81%8d%e3%81%97%e8%80%85%e5%b0%8b%e5%95%8f

旅行先のモロッコで出会ったロシア・マフィアの大物ディマから「助けてくれ」と懇願された大学教授のペリーは、「家族の命が危ない」というディマの言葉を信じ、機密事項が保存されたUSBをMI6に手渡す。しかしMI6の工作員ヘクター(ダミアン・ルイス)にロシア・マフィアと繋がりを持ったことを怪しまれ、妻のゲイル(ナオミ・ハリス)とともに尋問を受けること。

ペリーがディマの依頼を受けたこと知った際、思い切り不満げな表情を見せるゲイル。実はこの夫婦はある出来事がきっかけとなり不安定な関係が続いているのだが、その関係が物語の重要な要素であると監督のスザンナ・ホワイトは話している。「ゲイルは夫よりもずっと成功していて、ペリーは男としての自分を再定義しないといけない。ユアンは映画の冒頭では弱さをさらけ出し、次第に強さを獲得していく人物を見事に演じてくれたわ」と、絶賛。

複雑なペリーの心境を見事に体現したユアンの演技は必見だ。

われらが背きし者
原題:Our Kind Of Traitor

10/21(金)より、TOHO シネマズ シャンテほか全国ロードショー

公式HP
wareragasomukishimono-movie.jp
公式twitter:
@wareraga_movie

***********************************

原作:ジョン・ル・カレ「われらが背きし者」(岩波書店刊)
監督:スザンナ・ホワイト「パレーズ・エンド」
脚本:ホセイン・アミニ『ドライヴ』
出演:ユアン・マクレガー『ゴーストライター』、ステラン・スカルスガルド『ドラゴン・タトゥーの女』、ダミアン・ルイス「HOMELAND/ホームランド」、ナオミ・ハリス『007 スペクター』
2016年/イギリス=フランス/107分

提供:ファントム・フィルム、ハピネット
配給:ファントム・フィルム
©STUDIOCANAL S.A.2015/PG12
   


『われらが背きし者』予告編到着!ユアン・マクレガーからコメント!


映画情報どっとこむ TJ 元MI6 『裏切りのサーカス』などのスパイ小説の巨匠として知られる、ジョン・ル・カレ原作『われらが背きし者』が10月21日(金)より、TOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開となります。
われらが背きし者ポスター
昨今のパナマ文書にも通じる、国家を揺るがす大事件を背景に、友情、裏切、復讐、愛が複雑に絡み合う人間ドラマをスリリングかつエモーショナルに描き出した、緊迫のスパイ・エンタテインメントなんです!

主演を務めるのは、『ゴーストライター』でヨーロッパ映画賞男優賞を受賞した、イギリスを代表する名優ユアン・マクレガー。そのほか『ドラゴン・タトゥーの女』のステラン・スカルスガルド、「HOMELAND/ホームランド」のダミアン・ルイス、『007 スペクター』のナオミ・ハリスなど、名立たる実力派俳優達が脇を固めている。

この度、スリリングな展開に手に汗握る予告編が完成!



平凡な大学教授、ペリー(ユアン・マクレガー)とその妻ゲイル(ナオミ・ハリス)が、休暇に訪れたモロッコのマラケシュから物語は始まる。偶然知りあったロシア・マフィアのディマ(ステラン・スカルスガルド)から「助けてくれ」と相談を持ちかけられるペリー。ディマに渡されたUSBを手にイギリスに戻ると、MI6 のヘクター(ダミアン・ルイス)にも協力を要請されてしまう。国家を揺るがす危険な駆け引きに巻き込まれていくペリーとゲイルを待ち構える衝撃のラストとは―?

スリル溢れる危険な亡命劇を『スラムドッグ$ミリオネア』(08)でアカデミー賞®撮影賞を受賞した経験を持つ、アンソニー・ドッド・マントルが、圧倒的な映像美と共にドラマティックに映し出す本作。モロッコ、イギリス、フランス、スイス、フィンランドの5カ国に渡りロケが敢行され、各地の美しい風景も見どころの一つとなっている。

映画情報どっとこむ TJ また、主演のユアン・マクレガーからのコメントも到着!本作の出演を決めた理由を

マクレガー:脚本をものすごく気に入ったんだ。構成もよかったし、メインのキャラクターが4~5人いるんだけど、どれも面白く、その関係性に心動かされた。ペリーというキャラクターに惹かれたのは、サスペンス映画の主役らしからぬ人物だったからだと思う。僕はそういう役にいつも惹かれるのさ。

とコメント!!!

われらが背きし者
作品に心底惚れ込んだというユアンの熱のこもった演技と、緊張が途切れることないストーリー展開に期待して欲しい。

われらが背きし者
原題:Our Kind Of Traitor

われらが背きし者公式
公式twitter:
@wareraga_movie/

***********************************

原作:ジョン・ル・カレ「われらが背きし者」(岩波書店刊)
監督:スザンナ・ホワイト「パレーズ・エンド」
脚本:ホセイン・アミニ『ドライヴ』
出演:ユアン・マクレガー『ゴーストライター』、ステラン・スカルスガルド『ドラゴン・タトゥーの女』、ダミアン・ルイス「HOMELAND/ホームランド」、
ナオミ・ハリス『007 スペクター』
2016年/イギリス=フランス/107分
提供:ファントム・フィルム、ハピネット
配給:ファントム・フィルム
©STUDIOCANAL S.A.2015/PG12