「ダニエル・ブリュール」タグアーカイブ

ジェシカ・チャステイン主演『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』本編映像到着


映画情報どっとこむ ralph ジェシカ・チャステイン主演『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』が12月15日(金)よりTOHOシネマズ みゆき座他にて公開となります。
第二次世界大戦中のポーランド・ワルシャワで、動物園の園長夫妻ヤンとアントニーナが、ユダヤ人を動物園に匿い、300名もの命を救った姿を描いた、知られざる感動の実話である本作。

この度、ジェシカ・チャステインが本物の動物たちと触れ合う本編映像が到着いたしました。

ジェシカ・チャステイン演じるワルシャワ動物園の園長婦人アントニーナ。彼女の日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに朝の挨拶をすること。今日もお供の子どもラクダのアダムと一緒に颯爽と園内を巡回し、動物たちを慈しみます。映像ではホワイトライオン、トラ、ホッキョクグマ、キリン、ゾウといったたくさんの動物たちが登場。ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園の雄大さや、賑わいを感じさせます。

プロデューサーのキム・ザビックが「ジェシカはいろんな意味でアントニーナに似ていました。そのひとつが、動物との仲良くなれる能力、第六感で通じあうものがあったんです。動物たちは伸び伸びと彼女に愛情を示していました」と撮影当時を振り返るように、ジェシカと動物たちの相思相愛な様子が溢れ出す本編映像となっています。

映画情報どっとこむ ralph ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命

原題:The Zookeeper’s Wife 

12月15日(金)よりTOHOシネマズ みゆき座他にて公開

zookeepers-wife.jp

物語・・・
1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。
時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。
この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

***********************************

原作:ユダヤ人を救った動物園 ヤンとアントニーナの物語(亜紀書房)
脚本:アンジェラ・ワークマン 
監督:ニキ・カーロ『スタンドアップ』 
出演:ジェシカ・チャステイン  ダニエル・ブリュール ヨハン・ヘルデンベルグ マイケル・マケルハットン 

後援:ポーランド広報文化センター 公益社団法人日本動物園水族館協会 
協力:赤十字国際委員会(ICRC) 
配給:ファントム・フィルム
宣伝:ファントム・フィルム、メゾン 
(C)2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.


感動の実話『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』予告編&ポスター


映画情報どっとこむ ralph オスカー・シンドラー、杉原千畝
と同じように300名ものユダヤ人を救った一人の女性がいた

ジェシカ・チャステイン主演『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』が12月にTOHOシネマズみゆき座他にて全国公開となります。

本作の原作は、作家ダイアン・アッカーマンのノンフィクション「ユダヤ人を救った動物園 ヤンとアントニーナの物語」(亜紀書房刊)。第二次世界大戦中のポーランド・ワルシャワで、動物園の園長夫妻ヤンとアントニーナが、ユダヤ人を動物園に匿い、300名もの命を救った姿を描いた、知られざる感動の実話です。主演は、アカデミー賞作品賞他多くの賞レースにノミネートされた『ゼロ・ダーク・サーティ』(キャサリン・ビグロー監督)で、CIAの女性分析官を演じたジェシカ・チャステイン。

この度、予告編とポスタービジュアルが完成。

この度解禁された予告編は、ジェシカ・チャステイン演じる動物園を営むアントニーナが動物たちに朝の挨拶をする瑞々しいシーンから始まります。しかし愛する家族や動物たちと過ごす幸せな毎日から一変、第二次世界大戦が開幕。爆撃を受けた動物園は多くの動物を失い壊滅状態に。同時に、ドイツの支配下となったポーランドで何千ものユダヤ人が殺されている状況を目の当たりにしたアントニーナは「彼らを見殺しにできない」と、動物園の地下室を彼らの隠れ家として匿うことを決意するー。自らの命の危険を冒しながらも、すべての人間・動物の命を愛し救おうとしたアントニーナ。信念を貫き通した彼女の強さと優しさが溢れる感動の予告編となっています。動物園の地下室で、傷ついたユダヤ人の少女と交流する心温まる場面や、ゾウ、シマウマ、トラ、ラクダといった様々な動物にも注目です。


映画情報どっとこむ ralph あわせてポスタービジュアルも到着。
ホワイトタイガーを抱いて慈しむアントニーナと、動物園の地下室でユダヤ人を匿うアントニーナ。「この場所で、すべての命を守りたい。」とこちらも彼女の強さと優しさを感じさせるポスタービジュアルとなっています。

映画情報どっとこむ ralph ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命
原題:The Zookeeper’s Wife

物語・・・
1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。
アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。

ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。
時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。
この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。
夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

12月、TOHOシネマズみゆき座他にて全国公開
zookeepers-wife.jp


***********************************

原作:ユダヤ人を救った動物園 ヤンとアントニーナの物語(亜紀書房)
脚本:アンジェラ・ワークマン 
監督:ニキ・カーロ『スタンドアップ』 
出演:ジェシカ・チャステイン  ダニエル・ブリュール ヨハン・ヘルデンベルグ マイケル・マケルハットン 
後援:ポーランド広報文化センター  
後援:ポーランド広報文化センター 公益社団法人日本動物園水族館協会 
協力:赤十字国際委員会(ICRC) 
配給:ファントム・フィルム  
宣伝:ファントム・フィルム、メゾン 
(C)2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.
      


ジェシカ・チャステイン主演『ユダヤ人を救った動物園』が12月公開決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、ジェシカ・チャステイン主演映画『The Zookeeper’s Wife』(ニキ・カーロ監督)が、邦題を『ユダヤ人を救った動物園 ~アントニーナが愛した命~』として12月にTOHOシネマズみゆき座他にて全国公開することが決定しました。

本作の原作は、作家ダイアン・アッカーマンのノンフィクション「ユダヤ人を救った動物園 ヤンとアントニーナの物語」(亜紀書房刊)。第二次世界大戦中のポーランド・ワルシャワで、動物園の園長夫妻ヤンとアントニーナが、ユダヤ人を動物園に匿い、300名もの命を救った姿を描いた、知られざる感動の実話です。
4101_D009_03963_R
Jessica Chastain stars as Antonina Zabinski in director Niki Caro’s THE ZOOKEEPER’S WIFE, a Focus Features release.
Credit: Anne Marie Fox / Focus Features

主演は、アカデミー賞作品賞他多くの賞レースにノミネートされた『ゼロ・ダーク・サーティ』(キャサリン・ビグロー監督)で、CIAの女性分析官を演じたジェシカ・チャステイン。本作でも、強さと優しさを兼ね備えた美しい主人公・アントニーナを熱演。 本作は、アメリカで、541スクリーンの小規模ながらTOP10に入る大ヒットを記録。2017年公開のインディペンデント映画作品において、公開一週目で今年度最高(4月時点)の興業収入で1位を記録し、日本での公開にも期待がかかります。

映画情報どっとこむ ralph
4101_D005_02391_R
(l-r) Johan Heldenbergh and Jessica Chastain star as Jan and Antonina Zabinski in director Niki Caro’s THE ZOOKEEPER’S WIFE, a Focus Features release.
Credit: Anne Marie Fox / Focus Features


12月、TOHOシネマズみゆき座他にて全国公開です。

物語・・・
1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。
WESTWOOD


時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。
この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

***********************************

原作:ユダヤ人を救った動物園(亜紀書房)
脚本:アンジェラ・ワークマン 監督:ニキ・カーロ
出演:ジェシカ・チャステイン ヨハン・ヘルデンベルグ マイケル・マケルハットン  ダニエル・ブリュール
原題:The Zookeeper’s Wife
邦題:ユダヤ人を救った動物園 ~アントニーナが愛した命~
公開日:12月、TOHOシネマズみゆき座他にて全国公開
配給:ファントム・フィルム  
宣伝:ファントム・フィルム、メゾン
公式サイト:http://zookeepers-wife.jp/
(C)2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.



<イントロダクション>
ドイツ占領下のポーランドで自ら経営していた軍需工場に労働者としてユダヤ人を雇い入れ、その身柄を保護し救ったオスカー・シンドラー。ナチスに迫害されていた多くのユダヤ人にビザを発給し、彼らの亡命を手助けし「日本のシンドラー」と呼ばれた外交官・杉原千畝。彼らと同じように、ナチス統治下の悲惨な状況の中、自らの危険を冒してでも、ユダヤ人の命を救った夫婦がいた。それは第二次世界大戦中のワルシャワで動物園を営む、ヤン(ヨハン・ヘルデンベルグ)とアントニーナ(ジェシカ・チャステイン)夫妻だ。彼らは、当時迫害されていたユダヤ人を動物園の檻に匿い、300名もの命を救うという奇跡を起こす。
「正しいことをしたい。その想いだけなのに―」 「ここに隠れていれば絶対に大丈夫。」
人も動物も母性で包み込むアントニーナの深い愛情。自らの命の危険を冒してでも、ナチス・ドイツに対して勇敢に立ち向かっていった強い信念。それは絶望の淵へ立たされたユダヤ人たちを勇気づける、大きな希望となった。本当に大切なものを見つめる心、戦争でも奪えない命の輝きを描いた、映画史に刻まれる、
珠玉の名作が誕生した。


『ヒトラーへの285枚の葉書』サスペンスと夫婦愛のドラマが感動を呼ぶ予告編完成!


映画情報どっとこむ ralph ペンと葉書だけを武器にヒトラー政権に抵抗したごく平凡な夫婦の驚くべき実話をフランスの元祖フェロモン俳優ヴァンサン ペレーズが完全映画化製作の過程で明らかになった家族のルーツと本作との類似性2016ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。

90年代フランス映画界きってのフェロモン俳優だったヴァンサン・ペレーズの長編監督作3作目になる『ヒトラーへの285枚の葉書』。

いまだ甘い美貌は衰えないペレーズ監督ですが、半分ドイツ人の血を引く彼の本作と重なるルーツゆえ、テーマと真摯にむき合い、あの時代に生きた人間ひとり、ひとりのドラマが浮き上がる映画となっています。

予告編では、ヒトラー政権時代の不穏な空気の中、戦争、政府に異議を唱えることがどれだけ危険な行為だったのかを想像させる緊迫感あふれるサスペンスタッチから、お互いへの愛情と敬意を再確認する切ない夫婦愛のドラマも盛り込まれ、引き込まれる映像となっている。この度、ヒトラー政権に挑んだ平凡な夫婦を演じたイギリスの名優エマ・トンプソンとブレンダン・グリーソン、そして彼らを追い詰める警部ダニエル•ブリュールらの緊迫感あふれる予告編が完成しました。

映画情報どっとこむ ralph 『ヒトラーへの285枚の葉書』映画化まで

600ページを越す大著を、わずか4週間足らずで書き上げたハンス・ファラダの集大成とも言うべき原作「ベルリンに一人死す」がドイツで出版されたのは戦後すぐの1947年だが、ペレーズ監督は2007年にフランス語版が出版された際に初めて読み、その内容に感動し映画化へと動き出すが資金繰りで難航。
その後2010年にアメリカ、イギリスで英語版が発売されるやベストセラーとなり、状況が好転し、英語での映画製作が進みはじめる。

本作が英語映画になったことに対して

ペレーズ監督:どこの国、いつの時代でも極端な人間が急に現れる可能性がある、大切なのは、あらゆる場所に住む人たちにこの話を伝えることだ。そして、誰でも闘うことができる、そして闘うには勇気が必要になると示すことが大切だった。だったら、英語の作品にする方がよいだろうと感じた。そうすることでみんなの計画が進むし、この話はいろいろな人に知ってもらうべきだからね。

と語る。

映画情報どっとこむ ralph 本作の製作過程で、母親がドイツ人であるペレーズ監督(監督自身はスイス生まれ、スイス育ち)は『ヒトラーへの285枚の葉書』でのクヴァンゲル夫妻との共通点を知りました。
それは、ロシア戦線で亡くなった17歳の叔父の存在。本作の主人公クヴァンゲル夫妻は、まだ若い一人息子をロシア戦線で失ったことで、戦争とヒトラーの政策に疑問を持ち、葉書にメッセージを書き、世間の人々へ訴えます。そして、ペレーズ監督のもう一人の叔父は戦時中精神病院に収容されており、後にガス室に送られ亡くなっています。また監督の父親はスペイン人であり、祖父は25歳の時に、右翼政党ファランヘ党員に射殺されている。それらのことが重なり、本作の映画製作に使命を感じ長い年月をかけ完成させたのです。

映画情報どっとこむ ralph 『ヒトラーへの285枚の葉書』
英題:Alone in Berlin


物語・・・
イギリスの名優が演じるナチス政権下での平凡な夫婦の抵抗と愛
フランスがドイツに降伏した1940年6月、ベルリンの古めかしいアパートで暮らすオットー(ブレンダン・グリーソン)とアンナ(エマ・トンプソン)のクヴァンゲル夫妻のもとに一通の封書が届く。それは最愛のひとり息子ハンスが戦死したという残酷な知らせだった。心のよりどころを失った夫婦は悲しみのどん底に沈むが、ペンを握り締めたオットーは「総統は私の息子を殺した。あなたの息子も殺されるだろう」とヒトラーへの怒りをポストカードに記し、アンナとともにそれを街中にこっそりと置くというささやかな活動を繰り返すようになる。

だが、それを嗅ぎ付けたゲシュタポのエッシェリヒ警部(ダニエル・ブリュール)の猛捜査がクヴァンゲル夫妻に迫りつつあった―。

***********************************

監督:ヴァンサン・ペレーズ『インドシナ』『王妃マルゴ』出演/『天使の肌』監督
出演:エマ・トンプソン、ブレンダン・グリーソン、ダニエル・ブリュール、ミカエル・パーシュブラント、モニーク・ショメット
2016年/独・仏・英/英語/103分/シネスコ/5.1ch
日本語字幕:吉川美奈子/
原作:『ベルリンに一人死す』(みすず書房) 
後援:ドイツ連邦共和国大使館
提供:ニューセレクト 
配給:アルバトロス・フィルム
© X Filme Creative Pool GmbH / Master Movies / Alone in Berlin Ltd / Pathé Production / Buffalo Films 2016
   


「僕」と「カミンスキー」の出会いのシーン映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 『グッバイ、レーニン!』監督&主演の12年ぶりの最新作は盲目の天才画家と青年の奇想天外なロードムービ!

『僕とカミンスキーの旅』が4月29日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMA他にて全国順次公開となります。

本作で無名の美術評論家・セバスティアン(僕)役に大抜擢されたのは、12年前ヴォルフガング・ベッカー監督の『グッバイ、レーニン!』で一躍有名になったダニエル・ブリュール。

同じ監督の作品でありながら、前作からは想像もつかない、ダニエル・ブリュール史上最も‘空気の読めない男’であろうセバスティアンというキャラクターを見事に演じきり、作品全体の雰囲気をつくりあげています。

映画情報どっとこむ ralph そして!

この度、作品の冒頭部分であり「僕」と「カミンスキー」の出会いのシーンが解禁です!



そんなブリュールが、代表作とも言える『グッバイ、レーニン!』以来12年ぶりに、ヴォルフガング・ベッカー監督とタッグを組んだ本作『僕とカミンスキーの旅』で、再び主演に大抜擢されました。

これまで、幅広い役柄の中でも観客の共感を呼ぶ、信念を持ち強く生きる役柄が印象的でしたが、本作では、一転、観客が全く好きになれない、実に自己中心的で空気の読めない無知で無名の美術評論家ゼバスティアンを熱演。監督とともに作り上げた独特のキャラクターが前作『グッバイ、レーニン!』のユーモラスとはまた異なるこの作品ならでは奇妙なテンポを生み出しました。

ゼバスティアンは一攫千金を狙おうと、美術史上の生ける伝説というべき天才画家カミンスキーの伝記本執筆を思いつきます。

並外れた野心と度胸を内に秘めたセバスティアンは人生最大の突撃取材を決行。
遠路遙々カミンスキーが隠居生活を送るスイスの山奥の家へ押しかけ、カミンスキーの娘にも煙たがられるも、何とか自宅に上がり込み、念願のカミンスキーとの面談を果たします。

さらに、持ち前の図々しさで招かれざる客としてディナーまでご馳走になるも、ディナーの席でも自分勝手な言動で粗相を繰り返しながらも気まずい雰囲気を察知しないゼバスティアン。

目が見えないながらもその空気を密かに察知し、内心おもしろがるカミンスキーが本作の妙なテンポを決定づけていきます。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
金と名声ほしさに芸術家の伝記を書こうと思い立った無名の美術評論家ゼバスティアンはスイスの山奥で隠遁生活 を送る画家カミンスキーを訪ねる。彼はマティスの最後の弟子でピカソの友人、ポップアート隆盛の60年代NYで“盲目の画家”として脚光を浴びた伝説的な人物だ。

ゼバスティアンは新事実を暴く為、年老いたカミンスキーを言葉巧みに自宅から誘い 出し若き日に愛した女性のもとへ連れて行こうとする。

しかしトラブル続きの旅はいつしか奇妙な方角にねじれ、思いがけない 終着点に向かっていくのだった。

***********************************

監督・脚本:ヴォルフガング・ベッカー
原作:「僕とカミンスキー」 ダニエル・ケールマン著(三修社刊)
出演:ダニエル・ブリュール、イェスパー・クリステンセン、ドニ・ラヴァン、ジェラルディン・チャップリン、アミラ・カサール

2015 年/ドイツ、ベルギー/独語、仏語/123 分/アメリカンビスタ/カラー/5.1ch/ R15+
日本語字幕:吉川美奈子
配給:ロングライド
後援:ドイツ連邦共和国大使館、ジャーマンフィルムズ

©2015 X Filme Creative Pool GmbH / ED Productions Sprl / WDR / Arte / Potemkino / ARRI MEDIA