「ダグラス・ブース」タグアーカイブ

『メアリーの総て』ベン・ハーディの本編映像が解禁


映画情報どっとこむ ralph 「高慢と偏見」のジェーン・オースティン、「ジェーン・エア」のシャーロット・ブロンテと並び、イギリス文学史に名を残す女流作家メアリー・シェリーの知られざる人生を初めて映画化した物語『メアリーの総て』が、全国大ヒット公開中です。

監督は、『少女は自転車にのって』(12)で第86回アカデミー賞外国語映画賞サウジアラビア代表に選出、各国の批評家から絶賛を浴びたハイファ・アル=マンスール。今最も世界から注目を集める女優エル・ファニングを主演に迎え、哀しくも美しいメアリーの人生を極上の映像美でスクリーンに焼き付けました。


この度、『ボヘミアン・ラプソディ』で金髪ロン毛のドラマー・ロジャー役のベン・ハーディですが、本作では医師であり「吸血鬼」の作者ポリドリを演じています。
そんなベン・ハーディの本編映像が解禁となりました!

本作では、金髪ロン毛のあの姿から一変、英国調衣装に身を包み、医者でありながら、名作「吸血鬼」の作者でもあるインテリイケメンのポリドリ役を好演。ポリドリは、メアリーの良き理解者であり、良き友人としてメアリーを支えたひとり。にじみ出る優しさとその包容力は女子の理想と言っても過言ではない。

今回解禁された映像でも、女遊びが激しく、メアリーを追い詰めていくパーシーと対立するシーンが描かれています。


ベンは当時の撮影を振り返り「シェリーとポリドリの対決ともいえるこのシーンの撮影が本当に楽しみだったんだ。物凄く感情が高ぶるシーンだよ。ダグラスも僕も明確に撮影のイメージを頭に描けていたと思う。本当に信じられないほど素晴らしい撮影だったよ。」と明かしており、その仕上がりに自信をのぞかせている。
映画情報どっとこむ ralph 200年にわたり愛され続けてきたゴシック小説の金字塔「フランケンシュタイン」。この恐ろしくも哀しい〈怪物〉を生み出したのは、わずか18歳の少女メアリー・シェリーだった。

道ならぬ恋、愛と放蕩、我が子の死──。
観る者の胸に深く突き刺さってやまない、メアリーの哀しくも美しい人生がいま明かされる──。

『メアリーの総て』
原題:MARY SHELLEY
gaga.ne.jp/maryshelley
 
シネスイッチ銀座、シネマカリテ他にて大ヒット公開中!


監督は、『少女は自転車にのって』(12)で第86回アカデミー賞外国語映画賞サウジアラビア代表に選出、各国の批評家から絶賛を浴びたハイファ・アル=マンスール。今最も世界から注目を集める女優エル・ファニングを主演に迎え、哀しくも美しいメアリーの人生を極上の映像美でスクリーンに焼き付けました。

物語・・・
「不幸」に抱かれ、「死」に口づけられ、世紀の傑作を産んだ。
19世紀イギリス 小説家を夢見るメアリーは“異端の天才”と噂される、妻子ある詩人パーシー・シェリーと出会う。互いの才能に強く惹かれあった二人は、情熱に身を任せ、駆け落ちする。愛と放蕩の日々は束の間、メアリーに襲い掛かる数々の悲劇。失意のメアリーはある日、夫と共に滞在していた、悪名高い詩人・バイロン卿の別荘で「皆で一つずつ怪奇談を書いて披露しよう」と持ちかけられる。深い哀しみと喪失に打ちひしがれる彼女の中で、何かが生まれようとしていた。

***********************************

監督:ハイファ・アル=マンスール『少女は自転車にのって』
出演:エル・ファニング、ダグラス・ブース『ノア 約束の舟』、ベル・パウリ―『ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出』、トム・スターリッジ『オン・ザ・ロード』、ベン・ハーディ

2017年/イギリス、ルクセンブルク、アメリカ/121分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/字幕翻訳:牧野琴子
配給:ギャガ
© Parallel Films (Storm) Limited / Juliette Films SA / Parallel (Storm) Limited / The British Film Institute 2017
   


エル・ファニング『メアリーの総て』で、3つの初挑戦


映画情報どっとこむ ralph 200年にわたり愛され続けてきたゴシック小説の金字塔「フランケンシュタイン」。

この恐ろしくも哀しい〈怪物〉を生み出したのは、わずか18歳の少女メアリー・シェリーだった―。ティム・バートン、ギレルモ・デル・トロ、デヴィッド・リンチら、今世紀の鬼才たちにも絶大な影響を与え、リドリー・スコット、スティーヴン・スピルバーグ、ジェームズ・キャメロンなどの巨匠たちも深いリスペクトを表明。「高慢と偏見」のジェーン・オースティン、「ジェーン・エア」のシャーロット・ブロンテと並び、イギリス文学史に名を残す女流作家メアリー・シェリーの知られざる人生を初めて映画化した物語『メアリーの総て』が12月15日(土)より全国順次ロードショーとなります。


監督は、『少女は自転車にのって』(12)で第86回アカデミー賞外国語映画賞サウジアラビア代表に選出、各国の批評家から絶賛を浴びたハイファ・アル=マンスール。今最も世界から注目を集める女優エル・ファニングを主演に迎え、哀しくも美しいメアリーの人生を極上の映像美でスクリーンに焼き付けました。19世紀イギリスを舞台に描かれる、華麗な美術と衣装の数々にも目を奪われる、この冬必見の注目作です!

今作では、新たな階段を登ったとも言えるエル・ファングの女優としての成長も要チェック!
劇中で3つの初挑戦に挑んでいます!

それは!

1つは、歴史映画に初めて出演&主演したこと。
2つめは、はじめて母親役を演じたこと。
3つめは、これまで誰も演じてこなかったメアリーの人生を演じたこと

『マレフィセント』(14)のオーロラ姫役で美しく成長した姿で世界を魅了し、その後も『ネオン・デーモン』(16)や『パーティで女の子に話しかけるには』(17)など、個性的な魅力を発揮してきたエル・ファニング。本作では、これまでの映画で誰も演じてこなかった女流作家・メアリー・シェリーの人生を初めて演じ、意外にも、実は本作で歴史映画に初出演!さらに、劇中では初めての母親役を演じている。

ファニングは、自身が初めて演じることになったメアリー・シェリーという女性を「彼女はパワフルで、感受性が豊か。常にアンテナを張り巡らせていて、あらゆることを必死でキャッチしようとする。好奇心旺盛で観察力が鋭い、特別な女の子なの。」と分析。

さらに、初めての歴史映画で主演という役柄を演じたことに対しては「おもしろかったわ! 今までコルセットを付けたり、時代物の衣装を着たことはなかったの。立ち居振る舞いや姿勢はいつもと全然違ってくるわね。例えば、シーンの動きを確認する時は、普段着のスウェットで椅子に座っていたりするけれど、コルセットを付けてセットに戻ってくると、その動きは無理だって気付くの」と撮影当時を振り返っている。

自身初の母親役にも挑戦し、パーシー・シェリー演じるダグラス・ブースと親子3人で子供を抱いて幸せそうに微笑む姿や、一人子供を見つめるシーン写真が解禁された。

初めての歴史映画で初めての母親役に挑み、これまでに誰もその生涯を演じてこなかったメアリー・シェリーを初めて演じたたファニング。奇しくも、当時のメアリーと同年代であるファニングの貴重な瞬間が詰まった本作。ぜひ、スクリーンでご堪能ください!

映画情報どっとこむ ralph で、下北沢B&Bにてトークイベント開催決定!

映画の公開を記念して12月2日(日)にて下北沢B&Bでのトークイベントの開催が決定しました!

NHHの「100分de名著」で『フランケンシュタイン』の回で講師を務めた廣野由美子氏と、ロクサーヌ・ゲイの『バッド・フェミニスト』や、『世界を変えた50人の女性科学者たち』などの翻訳も手がける野中モモさんをお迎えし、メアリーが生きた社会と人生について、現代の我々が生きる社会とも照らし合わせながら読み解きます。

<イベント情報>
日程:2018年12月2日(日)
時間:15:00~17:00(14:30 開場)
場所:下北沢 B&B
出演:廣野由美子(英文学者)× 野中モモ(ライター・翻訳家)
入場料:1,500円 + 1ドリンクオーダー
詳しくはこちら

映画情報どっとこむ ralph メアリーの総て

12月15日(土)より シネスイッチ銀座、シネマカリテほか 全国
gaga.ne.jp/maryshelley 


<STORY>
「不幸」に抱かれ、「死」に口づけられ、世紀の傑作を産んだ。
19世紀イギリス 小説家を夢見るメアリーは“異端の天才”と噂される、妻子ある詩人パーシー・シェリーと出会う。互いの才能に強く惹かれあった二人は、情熱に身を任せ、駆け落ちする。愛と放蕩の日々は束の間、メアリーに襲い掛かる数々の悲劇。失意のメアリーはある日、夫と共に滞在していた、悪名高い詩人・バイロン卿の別荘で「皆で一つずつ怪奇談を書いて披露しよう」と持ちかけられる。深い哀しみと喪失に打ちひしがれる彼女の中で、何かが生まれようとしていた──。

***********************************

監督:ハイファ・アル=マンスール『少女は自転車にのって』
出演:エル・ファニング、ダグラス・ブース『ノア 約束の舟』、ベル・パウリ―『ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出』、トム・スターリッジ『オン・ザ・ロード』
原題:MARY SHELLEY/2017年/イギリス、ルクセンブルク、アメリカ/121分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル
字幕翻訳:牧野琴子
配給:ギャガ 
© Parallel Films (Storm) Limited / Juliette Films SA / Parallel (Storm) Limited / The British Film Institute 2017
            


映画『ゴッホ ~最期の手紙~』第90回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネート


映画情報どっとこむ ralph 2017 年アヌシー国際アニメーション映画祭で観客賞を、さらには 2018 年度ヨーロッパ映画賞で長編アニメーション賞を受賞した映画『ゴッホ ~最期の手紙~』が、1月23日(日本時間) に発表された第90回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされました!
2017年11月3日(金・祝)の公開初日以降、大ヒットを記録している本作は、印象派の巨匠ゴッホの死の謎に迫る、全編が動く
油絵で構成された圧巻の体感型アートサスペンス映画です。全編が合計 62,450 枚もの油絵で構成されているこの作品は、一本の映画作品としてだけではなく、アート作品としても非常に高く評価されている作品です。

映画情報どっとこむ ralph ゴッホ~最期の手紙~
原題:LOVING VINCENT

新宿シネマカリテほかにて大ヒット上映中!

公式 HP:www.gogh-movie.jp

物語・・・
郵便配達人ジョゼフ・ルーランの息子アルマンは、パリへ届ける一通の手紙を託 される。それは父の友人で自殺した画家ゴッホが、彼の弟テオに宛てたものだった。 テオの消息を追う内にその死を知るが、それと同時に募る疑問が一つ。ゴッホの死 の本当の原因は何だったのか?そしてこの手紙を本当に受け取るべき人間はどこに?
***********************************

出演:ダグラス・ブース、ジェローム・フリン、ロベルト・グラチーク、ヘレン・マックロリー、クリス・オダウド、シアーシャ・ローナン、ジ ョン・セッションズ、エレノア・トムリンソン、エイダン・ターナー

監督・脚本:ドロタ・コビエラ、ヒュー・ウェルチマン
撮影監督:トリ スタン・オリヴァー、ウカシュ・ジャル
音楽:クリント・マンセル 【2017 年/イギリス・ポーランド/96 分/カラー/】
字幕翻訳:松浦美奈 字幕監修:圀府寺司
提供:パルコ、NHK エンタープライズ、カルタクリエイティブ
後援:オランダ王国大使館
協力:ファン・ゴッホ美術館
配給:パルコ 宣伝:太秦
© Loving Vincent Sp. z o.o/ Loving Vincent ltd.



『高慢と偏見とゾンビ』の超貴重メイキング映像をキャッチ!


映画情報どっとこむ mari この度、映画『高慢と偏見とゾンビ』が、9月30日(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズ他全国大ヒット公開中です。

今回、今世界中で人気のスター二人の超貴重メイキング映像をキャッチ!

素直になれない最強淑女エリザベスを演じたリリー・ジェイムズと、エリザベスに想いを寄せるもツンデレな騎士ダーシーを演じたサム・ライリーが劇中で見せる本格アクションは本作の見どころです。この度、2人の息ぴったりのキレッキレなアクションシーンの裏側をどうぞ!



ゾンビに怖気づくことなく立ち向かう、強くて美しいエリザベスにダーシーはいつの間にかメロメロに…ついにエリザベスに求婚をした彼でしたが、そのプロポーズを全力で拒絶するエリザベス。理由は、エリザベスの姉・ジェインの結婚をダーシーが台無しにしたと思っていたからでした。姉の幸せを奪った張本人を目の前にエリザベスの怒りは最高潮に!怒りにまかせダーシーにあたりまくるエリザベス。演じるリリーの顔つきは真剣そのもので、全力でナイフを振り回す姿は、誤ってサムに直撃なんてしたら…とヒヤヒヤものです。しかしさすが息ぴったりの2人、リリリーが魅せるキレキレアクションとそれを見事にかわすサム。時折見せる2人の愛らしい照れ笑いもメイキング映像ならではの見どころです。

映画情報どっとこむ mari 女優ナタリー・ポートマンから製作アリソン・シェアマーへかけられた1本の電話が、今回の映画化プロジェクトが始動。

高慢と偏見とゾンビs3監督・脚本には『セブンティーン・アゲイン』の気鋭バー・スティアーズ、キャストには英国文学の金字塔である原作の世界観を体現するべく、若手から重鎮まで多彩な英国俳優が集結。

主人公のベネット家の次女、エリザベスを演じるのは、ディズニー映画『シンデレラ』に主演し、世界中の老若男女を魅了、英国貴族社会を描いた人気テレビドラマ『ダウントン・アビー』でもよく知られるリリー・ジェームズ!

イケメン高慢と偏見とゾンビ華奢で可憐な姿とは裏腹に、『キル・ビル』さながら得意のカンフーを駆使し、ゾンビを倒すスタイリッシュなアクションシーンは必見!エリザベスとすれ違いながらも惹かれあう大富豪の騎士ダーシー役は、『マレフィセント』のサム・ライリーが演じる。

少女マンガにも通じるぶっきらぼうだけどどこか放っておけないツンデレ男子ぶりには、エリザベスの乙女心も翻弄されっぱなし。すれ違いながらも恋に落ちていく二人を待ちうけるのは人類とゾンビの最終戦争!共に闘うエリザベスとダーシー、果たして恋の行方は?ロマンス×ゾンビ×アクション、ありえない組み合わせが化学反応を生む!

映画『高慢と偏見とゾンビ』

原題:『PRIDE AND PREJUDICE AND ZOMBIES』

公式HP:
gaga.ne.jp/zombies

映画情報どっとこむ mari 物語・・・

最悪の出逢い、真実の愛とは知らずにすれ違う二人。そんな中、人類vsゾンビの最終決戦が始まろうとしていた。

「高慢と偏見とゾンビ」ポスター18世紀イギリス、謎のウィルスが蔓延、感染したものはゾンビとなって人々を襲っていた。片田舎で暮らすベネット家の5人姉妹は、裕福な人との結婚を夢見ながら得意のカンフーでゾンビと戦う日々を送っていた。そんなある日、屋敷の隣に、大富豪の騎士ダーシーが引っ越してきた。狂喜乱舞する姉妹だったが、次女エリザベスは、初対面でみせた彼の高慢な態度に、嫌悪感を抱いていた。だが、人類とゾンビの最終戦争が勃発し、共に戦うことになった二人は、互いの偏見に徐々に気づきはじめ、そして。

恋愛小説の金字塔『高慢と偏見』の舞台を、謎のウィルスに感染した終末世界に置き換えるという大胆な試みで話題を呼んだ、200万部を越える大ベストセラー小説が、遂に映画化!!

***********************************

監督 /脚本 :バー・スティアーズ『セブンティーン・アゲイン』  

原作:「高慢と偏見とゾンビ」ジェイン・オースティン&セス・グレアム=スミス著(二見文庫 安原和見:訳)

出演:リリー・ジェームズ『シンデレラ』、サム・ライリー『マレフィセント』、ジャック・ヒューストン『アメリカン・ハッスル』、ベラ・ヒースコート『ダーク・シャドウ』、ダグラス・ブース『ノア 約束の舟』、マット・スミス『ターミネーター新起動/ジェネシス』

配給:ギャガ 
© 2016 PPZ Holdings,LLC


リリー・ジェームズ,サム・ライリー,ジャック・ヒューストン,ベラ・ヒースコート,ダグラス・ブース,マット・スミス,高慢と偏見とゾンビ,PRIDE AND PREJUDICE AND ZOMBIES


英国イケメン俳優のラブロマンスとゾンビ「高慢と偏見とゾンビ」


映画情報どっとこむ mari 映画『高慢と偏見とゾンビ』が、9月30日(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズ他全国公開することに決定!



18世紀イギリスの片田舎で、誤解と偏見から起こる恋のすれ違いを綴った恋愛小説の金字塔『高慢と偏見』。

その舞台を、謎のウィルスに感染した終末世界に置き換えるという大胆な試みで話題を呼び、200万部 を越えるベストセラーとなった大ヒットマッシュアップ小説「高慢と偏見とゾンビ」(ジェイン・オースティン&セス・グレアム=スミス/二見文庫刊)を初の完全映画化です!


本作の見どころのひとつである紳士淑女のラブロマンスを、最高潮に盛り上げる必須アイテムは、なんといってもイギリスが誇る話題のイケメン俳優たち!
イケメン高慢と偏見とゾンビ ※左上よりサム・ライリー、(ミスター・ダーシー役)
時計回りに、右上がマット・スミス(コリンズ役)
右下がダグラス・ブース(ビングリー役)
左下がジャックヒューストン(ジョージ・ウィカム役)です。

映画情報どっとこむ mari まずは、本作のヒロイン・エリザベス(リリー・ジェイムズ)が恋する、高慢な貴公子ダーシー役のサム・ライリー。

『コントロール』で数々の賞を受賞し、ディズニー映画『マレフィセント』の出演で大きな注目を集める中、あの有名ブランド『バーバリー』の広告モデルにも抜擢!クールな雰囲気のダークアイズとハスキーボイスにそそられる。

そしてダーシーに反発する謎の多い紳士ジョージ・ウィカムを演じるのは、名作『ベン・ハー』リメイク版の主役に大抜擢されたジャック・ヒューストン!アカデミー賞受賞監督である名匠ジョン・ヒューストンの孫であり、母方からは正真正銘貴族の血を受け継ぐTHE良家のご子息!

その言葉・佇まいからは育ちの良さが滲み出る。また、ベネット家の長女、ジェイン・ベネット(ベラ・ヒースコート)と一瞬で恋に落ちる富豪の貴公子・ビングリーには、ブロンドの髪と甘いマスクで世界中の女性を魅了するダグラス・ブース。

なんとあの超人気アーティスト、テイラー・スウィフトを唯一振ったと噂される憎らしいほどイイ男!さらに注目すべきは、劇中ではエリザベスに求婚するもつれなくされる、どこか冴えない神父・コリンズを演じたマット・スミス。

映画情報どっとこむ mari マット・スミスは、イギリスの国民的人気TVシリーズ「ドクター・フー」の主役に抜擢されると、その親しみやすさから絶大な人気を集め、ポスト・カンバーバッチとも言われる今最も旬な英国俳優。それに加え、彼のプライベートに驚愕!

なんと、本作のヒロイン、リリー・ジェームズと熱愛&同棲中の姿がキャッチされているんです!

二人の愛のきっかけは本作。

劇中では叶わなかった恋も、実生活ではがっちり掴んでいたってことですね!

映画情報どっとこむ mari 「高慢と偏見とゾンビ」ポスター今大ブームとなっている英国俳優の中でも、よりすぐりの美しくチャーミングな人気スターたちがとびきりロマンチックな恋模様をお見せする本作。

この秋絶対見逃せない二つとない?!ラブロマンスがここに!

映画『高慢と偏見とゾンビ

原題:『PRIDE AND PREJUDICE AND ZOMBIES』

***********************************

監督 /脚本 :バー・スティアーズ『セブンティーン・アゲイン』
原作:「高慢と偏見とゾンビ」ジェイン・オースティン&セス・グレアム=スミス著(二見文庫 安原和見:訳)
出演:リリー・ジェームズ『シンデレラ』、サム・ライリー『マレフィセント』、ジャック・ヒューストン『アメリカン・ハッスル』、ベラ・ヒースコート『ダーク・シャドウ』、ダグラス・ブース『ノア 約束の舟』、マット・スミス『ターミネーター新起動/ジェネシス』
配給:ギャガ 
© 2016 PPZ Holdings,LLC