「ダイアン・クルーガー」タグアーカイブ

混沌とする社会に、いま必要なものとは?『女は二度決断する』ファティ・アキン監督インタビュー到着


映画情報どっとこむ ralph ドイツの名匠ファティ・アキン監督最新作『女は二度決断する』が4/14(土)より(ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、 YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開中)大ヒット中!
公開後のTwitterには、「ファティ・アキンは信用しているが、これまた傑作が来た。」「ここまでストレートで迷いのない語り口で見せてしまうのはただただ脱帽。」「ファティ・アキン監督が遂に正面切って人種差別主義者、ネオナチへの憎悪を作品で爆発させた!」などのファティ・ファン監督ファンからの称賛も多いのと同時に、「ファティ・アキンはじめて観たけど、今年ベスト級の傑作じゃないの」と初めてファティ・アキン監督作の鑑賞で衝撃を受けた声も。

と言うことで!ファティ・アキンのオフィシャルインタビューをご紹介。
映画情報どっとこむ ralph 実に構想20年以上もかけてつくられた『女は二度決断する』。監督はこの映画で何を描こうとしたのか。

Q.この映画を撮ろうと思った経緯について

アキン監督:僕はドイツに住んでいる。ドイツには、人種差別的問題が多くあるんだ。そういった思想を持っている人もたくさんいる。移民の両親を持った僕らは彼らのターゲットになる可能性もあるわけだよね。ずっと僕はそのことが頭の中で引っかかっていて、いつかフィクションでも、そういったものを含んだテーマで映画を撮りたいと思っていた。そうして、アイディアが思う浮かぶまではなかなか時間がかかったけど、ひとつ思いついたらスラスラと書き進められたよ。


Q.それは2015年以降状況が悪化していることも関係しているのでしょうか?

アキン監督:そうともいえるね。カンヌでは“いまの時代を最も表した”とも称されました。でも僕自身はこのテーマ、人種差別やネオナチのことは、高校生の時に考え付いた話。最近顕著かもしれないけど、自分たちにとっては今に始まった話ではなく、90年代から抱える国全体の問題とも思っているよ。


Q.ドイツにおいて、移民難民問題は深刻だと思いますが、悪いことだけではないと思います。多文化共生のポイントは?

アキン監督:一番大事なのは「対話すること」。ある地域にいるグループがいて、そこに新たなグループが入ってこようとする。そんなときに怖がったり、邪険にしたりしてはいけない。まずは「なぜ怖がっているのか?」というのを明らかにしなければいけないし、「なぜ怖がられているのか?」も理解しなければいけない。僕が思うに、映画というのは、人々を一つにしてくれるもの。劇場で多くの人々と一緒に観て、分かり合えないのなら討論できるのだから。そして「対話」あるところに「平和」がある、と僕は思っているよ。


Q.主人公を男性ではなく女性にしたのはなぜでしょうか。

アキン監督:最初は男性で書いてたんだ!俳優で、僕の友人でもあるデニス(デニス・モシット、カティヤ友人弁護士役)でさ。でも行き詰まったものだから女性に書き換えたら、スラスラと書けるようになったんだよ!“母親”という強い要素が推し進めるものが多くあったんだよね。僕が男だから女性と仕事をするってことも非常に興味深いんだ。


Q.サウンドトラックを手掛けた、ジョシュ・オム(クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ)について

アキン監督:まず、僕がめちゃくちゃファンなんだ。今作の最初の草稿は東西ドイツが統一されたときにあった。ネオナチが台頭してきた頃。僕はそのとき学生だったから、ネオナチを描くってときに、どうしてもこのジャンルの音楽が頭の中に流れてたんだよ。だから今作でも90年代の音楽を取り入れたいとおもっていて、じゃあ、90年代から今なお人気なのは誰だろう?と考えたときにジョシュ・オムがいたんだ。ジョシュ・オムと連絡とって、この映画の最初のラフの段階で送ったんだ。そしたら、すごい気に入ってくれて。そしたらすぐにサントラを書いてくれて、それはもう素晴らしかった。この映画はアグレッシブさとメランコリックなものが合わさっているものだと思っていて、まさに、そんな曲をジョシュは作ってくれたんだ。


Q.エンディング曲がすごく評判がいいです。どんな思い込められていますか?

アキン監督:ジョシュに勧められたんだよ。 劇中の曲は僕のアイディアだったけど、エンディングは何にしようか、ってことが全然思いつかなくて。それで彼に聞いてみたら、これがいいんじゃない?と勧められたのがあの曲だったんだ。すごいピッタリで、あぁ、ジョシュが本当にこの作品のことを理解してくれているんだな、って思ったよ。


Q.ダイアンと印象に残っていることを教えてください。

アキン監督:2012年のカンヌでダイアン・クルーガーに初めて会ったんだ。カンヌ国際映画祭で『トラブゾン狂騒曲~小さな村の大きなゴミ騒動~』が上映され、小さなビーチパーティーを開いていたときに、ダイアンがドイツ語で僕に話しかけてきた。そして彼女は僕に、機会があれば僕の映画に出演したいと言ってくれた。僕は喜んで約束し、4年後にその時が来たんだ。『女は二度決断する』の主演女優を探しているときに、ダイアンを思い浮かべ、彼女に脚本を送ったよ。悲しい話をするのだけれど、ダイアンが撮影中に継父を亡くして、打ちひしがれていたんだ。でも彼女は、それを乗り越え、糧にして撮影していた。偶然にも僕も撮影中に義理の父を亡くしたものだから、この作品はお互いにカタルシス的な想いがあって、僕らの個人的な想いが画面越しに伝わるんじゃないかな。


と語っていただきました。

映画情報どっとこむ ralph
女は二度決断する

2018 年 4月14日、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー!

是非、ゴールデンウイークに観る映画1本に加えてみてください!

突然の悲劇により最愛の家族を奪われた女。絶望の中、彼女がくだす決断とは――。
本作は『イングロリアス・バスターズ』『トロイ』などのハリウッド超大作やヨーロッパ作品にも出演する国際女優ダイアン・クルーガーが、初めて母国ドイツでドイツ語の演技に挑戦した野心作。監督は30代で世界三大映画祭の主要賞を受賞し、本作でゴールデングローブ賞外国語映画賞受賞と快進撃を続ける名匠ファティ・アキン。

ドイツで実際に起こった連続テロ事件に着想を得て生まれた本作。突然のテロにより最愛の家族を失った女性、彼女を嘲笑うかのような犯人、思うように進まぬ裁判…。深い絶望の中、やがて彼女はどんな決断を下すのか。その衝撃のラストは大きく胸を揺さぶり、世界中で議論が巻き起こっている。人間の強さ脆さ、切なさに共感し、心に突き刺さる傑作サスペンスである!

***********************************

監督:ファティ・アキン
出演:ダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ヨハネス・クリシュ、ヌーマン・アチャル、ウルリッヒ・トゥクール

2017/ドイツ/106 分
提供:ビターズ・エンド、WOWOW、朝日新聞社
配給:ビターズ・エンド

(c)2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathe Production,corazon international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH


ダイアン・クルーガー凱旋!『女は二度決断する』ハンブルク・プレミア映像到着!


映画情報どっとこむ ralph ドイツ警察戦後最大の失態と言われる連続テロ事件。突然、最愛の家族を奪われた女性がくだす決断とは。

ドイツの名匠ファティ・アキン監督最新作『女は二度決断する』がヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、 YEBISU GARDEN CINEMAほか全国大ヒット上映中です!


今回到着したのは、『女は二度決断する』ハンブルクプレミアの模様。
おびただしい数のメディアを前にレッドカーペットを歩くダイアン・クルーガー、そして熱狂する観客が映し出される。映像にはダイアン、ファティ・アキン監督の他、プロデューサーのヌルハン・シェケルジ=ポルスト、弁護士ダニーロを演じたデニス・モシット、テロリストを演じたエダ・メラーのコメントも収録されている。

ハンブルクを舞台にしたこの作品がハンブルクで上映されることの興奮と、ダイアン・クルーガーとファティ・アキン監督がその地で如何に熱狂的に迎えられたかが伺われる。

カーペットでインタビューを受けるダイアンは

ダイアン:この作品で人生が変わった。カティヤと一緒に成長したの。ドイツ人に戻ったわ.

と語る。

上映後に行われたパーティーでは、

ダイアン:きっと何日も頭から離れない。こんなスリリングの作品は久しぶり。

と観客の感想が映し出される。

25年ぶりにドイツに戻ったダイアン・クルーガーと共に生き生きと歩き回るファティ・アキン監督。

ハンブルクプレミアの熱狂が日本にも上陸、大ヒットを呼んでいる!



***********************************


監督:ファティ・アキン
出演:ダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ヨハネス・クリシュ、ヌーマン・アチャル、ウルリッヒ・トゥクール

2017/ドイツ/106 分
提供:ビターズ・エンド、WOWOW、朝日新聞社
配給:ビターズ・エンド

(c)2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathe Production,corazon international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH


映画『女は二度決断する』 松崎健夫熱弁をふるう!


映画情報どっとこむ ralph 第75回ゴールデングローブ賞で外国語映画賞、第70回カンヌ国際映画祭ではダイアン・クルーガーが主演女優賞を受賞した、ドイツの名匠ファティ・アキン監督最新作『女は二度決断する』が、4月14日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAにて他にて全国公開となります。

この度、公開に先立ち開催した一般試写会の上映後に映画評論家・松崎健夫さんが登壇しました!

『女は二度決断する』開催概要
日時:4/4(水)
会場:ゲーテ・インスティトゥート 東京ドイツ文化センター
登壇:松崎健夫(映画評論家)

映画情報どっとこむ ralph 『女は二度決断する』に関連するという作品のDVDを片手に登壇した松崎健夫さん。

MCから『女は二度決断する』について聞かれると

松崎さん:このジャンルはビジランテ(自警)もの。古くは1960年代のマカロニウエスタンに遡るのですが、超法規的手段で悪者を懲らしめる、という物語の傾向が流行ったんです。今でこそ、俳優としてだけでなく、監督としての地位も確立しているクリント・イーストウッドは、その当時イタリアに出稼ぎに来ていて『夕陽のガンマン』(1965年/セルジオ・レオーネ)などに出演し一躍ブレイク。そしてアメリカに戻ってからも『ダーティハリー』
(71/ドン・シーゲル)などに出演し人気俳優街道に乗っかるわけですね。イーストウッドはビジランテ出身者!

と話した。


解説はさらに続きなぜ今本作が作られるに至ったのは、

松崎さん:『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85/ロバート・ゼメキス)では、1950年代への憧れが描かれているんです。マイカーやマイホームと言った、幸せな家や家族を象徴するアイテムが登場します。実際のアメリカも(少なからず事件はあったものの)、時代としては平和なイメージがあった。ところが60年代に入るとベトナム戦争の勃発や、それに付随する悲しい事件が頻発し、アメリカ国民は「自分の身は自分で守らねば!」という意識を持ったのだと思います。そこで先ほどのクリント・イーストウッドに戻る訳ですが、その当時の映画はハッピーエンドだけでは済まないものも多くなっていきました。

と時代の流れとそれに影響される映画の傾向について語った。

映画情報どっとこむ ralph そしてなぜ今『女は二度決断する』がドイツで作られたかについて

松崎さん:今のヨーロッパはまさに移民・難民の取り締まりや、右傾化の傾向とそれに反発する動きなど、社会が不安定な状態。『女は二度決断する』はファティ・アキン監督というトルコ系ドイツ人監督の手により作られましたが、アキン監督は常に自分のルーツを顧みて移民の目を持つ作品を手掛けてきました。
それは、『消えた声が、その名を呼ぶ』のように悲しいものもあれば、彼の陽気な性格が表れているような『ソウル・キッチン』『50年後のボクたちは』などもまた、よくよく見てみると同じキーワードが見えてくるんです。そんなアキン監督だからこそ、今の時代の真っただ中を描く、この作品を作ったのだと思います。

と世界情勢と映画がどのように関わっているのかを分かりやすく説明した。


主演のダイアン・クルーガーについて

松崎さん:ダイアン・クルーガーのこれまでに印象に残ってる作品は『ミシェル・ヴァイヨン』(03/ルイ=パスカル・クーヴレール)。綺麗な女優さんが出て来たな、という印象でお人形さんのようでした。ドイツ出身の彼女は、ハリウッド映画界で言うところのニコール・キッドマンやマーゴット・ロビーなどオーストリア出身女優や、南アフリカ出身のシャーリーズ・セロンと同じく“類まれな美貌の持ち主”。『トロイ』や『ナショナル・トレジャー』などの大ヒット作にヒロインとして出演し、実際そういう役しかしばらくは来なかったんだけど、彼女たちは自分で監督や作品を選んだ結果、そこから脱却してファティ・アキン監督のような作家性の強い監督と組むという道を自分で切り拓いた、自らの力で輝く方法を見つけたんです。アキン監督とダイアンの最初の出会いはカンヌで彼女から同郷のアキン監督に声をかけたのがきっかけだったそうですよ。『女は二度決断する』の主人公カティヤと通じるものがある。そのイメージをも自分で掴み取っていくということですね。

映画情報どっとこむ ralph 美しさと演技力、聡明さを含めダイアン・クルーガーを絶賛した!

映画『女は二度決断する

2018年4月14日、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー!

“Aus Dem Nichts”
物語・・・
ドイツ、ハンブルク。カティヤはトルコからの移民であるヌーリと結婚し、幸せな家庭を築いていた。ある日、白昼に爆弾が爆発し、ヌーリと愛息ロッコが 犠牲になる。トルコ人同士の抗争を警察は疑うが、人種差別主義者のドイツ人によるテロであることが判明する。しかし、裁判は思うように進まない。突然愛する 家族を奪われたカティヤ。憎悪と絶望の中、カティヤの魂はどこへ向かうのか

***********************************

監督:ファティ・アキン
出演:ダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ヨハネス・クリシュ、ヌーマン・アチャル、ウルリッヒ・トゥクール
2017/ドイツ/106 分
提供:ビターズ・エンド、WOWOW、朝日新聞社
配給:ビターズ・エンド
©2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathé Production,corazón international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH


ダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ファティ・アキン監督 登壇『女は二度決断する』ジャパンプレミア


映画情報どっとこむ ralph ゴールデングローブ賞 外国語映画賞受賞作
突然の悲劇により最愛の家族を奪われた女。絶望の中、彼女がくだす決断とは。

この度、映画『女は二度決断する』(4月14日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開)のダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ファティ・アキン監督が来日。ジャパンプレミアがヒューマントラストシネマ渋谷にて行われました。

兼ねてからファティ・アキン監督のファンを公言するゲーム・クリエイターの小島秀夫さんも登場しました!


日時: 3月23日(金)
場所:ヒューマントラストシネマ渋谷
登壇: ダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ファティ・アキン監督
ゲスト:小島秀夫(ゲームクリエイター)

映画情報どっとこむ ralph 今回、11 年ぶりに来日を果たしたハリウッド女優ダイアン・クルーガーは、背中がパックリと開き、胸元を見せたセクシーな黒い衣装を纏い、ファティ・アキン監督、共演者のデニス・モシットらとともにジャパンプレミアに登壇。観客の大きな拍手に迎えられ・・・・

来日の感想を聞かれ

ダイアン・クルーガー(以下、ダイアン):こんにちは。久しぶりに日本に来ることができて、とてもワクワクしています。私にとって大 切な作品なので、お楽しみください。口コミもしてください。もしダメだったら…シャラップ!!(言わないでね)

デニス・モシット(以下、デニス):大好きな日本、大好きな東京に来ることができてとてもうれしいです!

ファティ・アキン監督(以下、監督):ありがとう。日本の観客に本作を見てもらうことはとても意味があります。私の作品は常に日本 の文化に影響を受けているからです。それを分かち合えるのもうれしいです。

とイベントスタート。

本作を制作をした想いを

監督:本作は僕のパーソナルな作品です。私自身、家族を持つ父でもあるので、 (家族を奪われることに) 恐怖や怒りがあります。その想いをカティヤ・ダイ アンを通して描くことができました。

映画情報どっとこむ ralph カンヌ映画祭女優章受賞の感想を

ダイアン:監督と役者が出会う時、共通の理解や情熱を持っていることがベストで、とてもラッキーなことに今回はそれができました。私の周りには、一緒にこの場に立っているデニスのような素晴らしい役者がキャスティングされた、ドイツの素晴らしい俳優とともに出演し、私助けてくれました。決して一人ではできません。今回、こういうみなさんに囲まれて演技できてうれしいです。25年も母国を離れていたので、ドイツ映画には以前からでたかったのですが、作品に恵まれませんでした。このファティ監督があらわれるまでは。ドイツ語で演技することは、故郷に帰ってきたような気持ちです。


監督、ダイアンとの共演はいかがでしたか?

デニス:本当にすばらしかった。共演ができて光栄に思います。役者としてのダイアンは、私たちを助けてくれる存在でした。ダイア ンのカティヤの演技は奇跡的です。

映画情報どっとこむ ralph ここで、ファティ・アキン監督のファンを公言する世界的なゲームクリエイター小島秀夫さんが、桜の花束を持ってお祝いに登場!

小島さんとダイアンは以前からお知り合いのようで。

ダイアン:ロスで初めて会いました。実は、小島さんが制作しているゲームに私のパートナー(ノーマン・リーダース)が出ていて、そ の予告編の上映に呼んでもらったんですが、素晴らしかった。このような伝説の二人(監督、小島さん)と一緒できて、光栄です。

映画の感想を

小島秀夫さん:監督のいろんな作品を見て来ましたが、本作は集大成だと思います。エンタメ要素もあるし、スリリングでもある。最高傑作だと思います。傑作ですので、何回もみてください!ダイアンの演技は憑依しているようで、素晴らしかった です。

ダイアン:本当に恐縮です。(小島さんには)作品を深く理解してくれて、感動しています。この映画はドイツの事情を描いています が、世界で上映をしていますが、日本の方も理解、感動してくれることは、とてもいいしるしだと思います。これからご覧になる皆様 も共感していただけると思います。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

ダイアン:さよなら!映画を楽しんでください! 監督:楽しむというタイプの作品ではないですが、楽しんください。何か刺さるものがあったら、友達、家族全員、そして犬にも口コミ してください!そして初日(4/14)に観に来てください

映画『女は二度決断する

4月14日、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー!

物語・・・

ドイツ、ハンブルク。カティヤはトルコからの移民であるヌーリと結婚し、幸せな家庭を築いていた。ある日、白昼に爆弾が爆発し、ヌーリと愛息ロッコが

犠牲になる。トルコ人同士の抗争を警察は疑うが、人種差別主義者のドイツ人によるテロであることが判明する。しかし、裁判は思うように進まない。

突然愛する家族を奪われたカティヤ。憎悪と絶望の中、カティヤの魂はどこへ向かうのか――。

***********************************

監督:ファティ・アキン
出演:ダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ヨハネス・クリシュ、ヌーマン・アチャル、ウルリッヒ・トゥクール
2017/ドイツ/106 分
提供:ビターズ・エンド、WOWOW、朝日新聞社
配給:ビターズ・エンド
©2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathé Production,corazón international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH


『女は二度決断する』ダイアン・クルーガーらが渋谷に降臨!!チケット3/15から発売決定!


映画情報どっとこむ ralph ダイアン・クルーガーが主演。
ドイツの名匠ファティ・アキン監督最新作『女は二度決断する』が、4月14日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAにて他にて全国公開となります。

そして!公開に先立ち来日するダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ファティ・アキン監督が3/23(金)にヒューマントラストシネマ渋谷で行うプレミア上映に登壇することが決定しました!

ダイアン・クルーガーはニコラス・ケイジと共にやってきた『ナショナル・トレジャーリンカーン暗殺者の日記』以来11年ぶりの来日。
ファティ・アキン監督は『ソウル・キッチン』より8年ぶり、
デニス・モシットは公式の来日は初めて。

そしてもう一人、世界的ゲームクリエイターの小島秀夫さんがスペシャルゲストで登壇決定。

たびたび自身のSNSでファティ・アキン作品を絶賛しているファティ・アキン好きの小島さん。初対面となるこの機会に、いったいどんな熱い想いが飛び出すのか?!
プレミア上映のチケット発売はまもなく!この貴重な機会をお見逃しなく!

映画情報どっとこむ ralph 【イベント開催概要】

■日時 3月23日(金)
18:15開場 18:30舞台挨拶開始 19:00本編上映開始 20:46終映予定

■会場 ヒューマントラストシネマ渋谷 シアター1
(〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1丁目23−16 ココチビル7・8F)

■登壇者(予定) ダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ファティ・アキン監督 ゲスト:小島秀夫

■料金 2,000円均一

※各種招待、無料券の使用不可
※特別興行の為『女は二度決断する』特別鑑賞券の使用不可

■チケット販売について

●オンラインチケット販売 3月15日(木) 19:00~

https://ttcg.jp/human_shibuya/topics/2018/03101200_2543.html

●劇場窓口販売 3月16日(金) 9:00~

※オンライン販売で完売の場合、劇場窓口での販売はございません

映画情報どっとこむ ralph 女は二度決断する

2018 年 4月14日、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー!

突然の悲劇により最愛の家族を奪われた女。絶望の中、彼女がくだす決断とは――。
本作は『イングロリアス・バスターズ』『トロイ』などのハリウッド超大作やヨーロッパ作品にも出演する国際女優ダイアン・クルーガーが、初めて母国ドイツでドイツ語の演技に挑戦した野心作。監督は30代で世界三大映画祭の主要賞を受賞し、本作でゴールデングローブ賞外国語映画賞受賞と快進撃を続ける名匠ファティ・アキン。

ドイツで実際に起こった連続テロ事件に着想を得て生まれた本作。突然のテロにより最愛の家族を失った女性、彼女を嘲笑うかのような犯人、思うように進まぬ裁判…。深い絶望の中、やがて彼女はどんな決断を下すのか。その衝撃のラストは大きく胸を揺さぶり、世界中で議論が巻き起こっている。人間の強さ脆さ、切なさに共感し、心に突き刺さる傑作サスペンスである!

***********************************

監督:ファティ・アキン
出演:ダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ヨハネス・クリシュ、ヌーマン・アチャル、ウルリッヒ・トゥクール
2017/ドイツ/106 分
提供:ビターズ・エンド、WOWOW、朝日新聞社
配給:ビターズ・エンド
©2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathé Production,corazón international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH