「タロン・エガートン」タグアーカイブ

製作:レオナルド・ディカプリオ×主演:タロン・エガートン『​フッド:ザ・ビギニング』​​日本公開&邦題決定


映画情報どっとこむ ralph これまでケヴィン・コスナーやラッセル・クロウなど錚々たるハリウッド俳優が主演し実写映画化されてきたロビン・フッド。この度、ハリウッドの第一線で活躍し続ける名優レオナルド・ディカプリオを製作に迎え、『キングスマン』シリーズで一躍人気俳優となったタロン・エガートンが主演に大抜擢され話題となったアクションエンターテイメント『フッド:ザ・ビギニング(原題:Robin Hood)』が、キノフィルムズ配給にて10月に日本公開することが決定!併せて、日本版特報が解禁となります。
『フッド:ザ・ビギニング』で描かれるロビン・フッドはこれまで描かれてきたストーリーとは異なり、伝説のヒーロー、ロビン・フッドがいかにして生まれたのか?を描く前日譚。表の顔は領主、裏の顔はフードをかぶった盗賊という二つの顔を持ったヒーローが敵も味方も鮮やかに大胆に欺く姿が時代を超えてスタイリッシュに描かれている。

何の苦労も知らずに穏やかに暮らしていた領主のロビン・ロクスリー(タロン・エガートン)は十字軍に召集されて戦地へ。4年後、激戦を生き抜き帰国するも、知らない間に戦死届が出され、領地も財産も没収されていた。領民も恋人も追放されたロビンは、海を渡って潜入してきた敵の狙撃手ジョン(ジェイミー・フォックス)の導きを得て領主に返り咲く。国を思うままに動かそうとする長官と教会内部に入り込む一方、裏では頭巾(フッド)でその顔を隠し、領民らから搾取した金を盗んでは還元するのと同時に教会が抱える秘密に迫っていく。頭巾の男はやがて《フッド》と呼ばれ民心を集めるが、脅威を感じた教会は《フッド》を捕えるために非情な先鋭舞台を送り込む。ロビンと《フッド》はいかにしてこの窮地に立ち向かうのか!?

映画情報どっとこむ ralph このたび、特報映像が日本初上陸!十字軍に従事していた際には敵対していたが、長官や教会の秘密に迫るためバディを組んだロビンとジョンの軽快なやり取りから始まる。表の顔は領主として生きるロビンが、裏の顔でもある盗賊ロビン・フッドを「頭巾でブス隠し」とディスったり、賞金をかけるなど敵も味方も欺き、魅了するロビンの姿は既成概念を鮮やかに裏切る新しいヒーローの誕生とも言える。またロビン・フッドといえば弓矢の名手としても広く知られているが、タロンが演じる今回の《フッド》は的を見ることなく背中越しに命中させるだけでなく、空中を舞い、建物から飛び降りながら矢を射るというアクロバティックなものとなっている。

自身が一躍有名となった『キングスマン』シリーズで魅せたポップなアクションとはまた一味もふた味も違う、正統派ながらもスタイリッシュな肉体アクションが期待できる。

8月公開の主演映画『ロケットマン』で今年のカンヌ国際映画祭を騒がせるなど、今後ますます目が離せないタロン・エガートンの新たな魅力が満載の本作にぜひご期待ください!




映画情報どっとこむ ralph 『フッド:ザ・ビギニング(原題:Robin Hood)』

公式サイト:
Hood-Movie.JP

10月全国ロードショー!

***********************************

監督:オットー・バサースト

出演:タロン・エガートン、ジェイミー・フォックスほか

2018 年/アメリカ/英語/カラー/シネマスコープ/1 時間 56 分】
配給:キノフィルムズ
映倫区分:G
© 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.


映画『ロケットマン』ポスタービジュアル&本編映像解禁!タロン・エガートンが名曲「ロケット・マン」を吹替無しで熱唱!


映画情報どっとこむ ralph 『キングスマン』シリーズのタロン・エガ-トン主演、ノンクレジットながら昨年の大ヒット作『ボヘミアン・ラプソディ』の最終監督を務めたデクスター・フレッチャーという話題のタッグで贈る、音楽界の最高峰グラミー賞を5度受賞し、世界一売れたシングルの記録を持つ伝説的ミュージシャン”エルトン・ジョン”の半生を映画化した話題のミュージック・エンターテイメント超大作、映画『ロケットマン』が東和ピクチャーズ配給にて、8月23日(金)より 全国ロードショーとなります!

この度、エルトンを演じたタロン・エガートンが本作のタイトルにもなっている名曲「ロケット・マン」を吹替無しで披露する本編映像とポスタービジュアルが到着しました!

『ロケットマン』ポスタービジュアル 到着したのは、1975年にドジャー・スタジアムで開催され、満身創痍の状態にもかかわらず圧巻のパフォーマンスを行ったと名高い、音楽史に残る伝説として語り継がれるライブシーンを再現したポスタービジュアル。お馴染みのド派手なユニフォーム風の衣装に身を包んだエルトンが、夜空に浮かぶ無数の星と大きな照明に照らされながら、満員の観客に向けて大熱唱する姿に、「誰からも愛されなかった少年。なぜ彼の歌は時代を超えて愛されているのか」と、コピーが入り、波乱に富んだ道のりを乗り越え、ファンに愛された音楽史に残るカリスマの半生を印象的に物語るビジュアルとなっています。

映画情報どっとこむ ralph 併せて、ポスターと同様のライブシーンが収められた本編映像も到着!!!
10万人以上もの熱狂的なファンで溢れ返っていたという会場の様子も、実際にステージ上でバッティングを行ったというエルトンならではの圧巻のパフォーマンスも、タロンの熱演と力強い歌声によって見事に再現!観客の大歓声を全身に浴びながら名曲「ロケット・マン」を熱唱する一方で、ステージに上がる寸前のエルトンからは微かに曇った表情も垣間見え、輝かしい活躍の影に存在したエルトンの壮絶な半生がどのように描かれていくのか、その行方に目が離せません。


映画情報どっとこむ ralph また、ポスタービジュアルの解禁に合わせ、コレクターズ・ミュージック・カード(豪華台紙付)特典付きのムビチケカードが、6月7日(金)に発売が決定!ムビチケカード1枚につき、それぞれの歌詞の一節が入った「ロケット・マン」カード、「ユア・ソング」カードのいずれか一枚が付いてくる。ファン必須のコレクターズアイテムを、ぜひ全国の上映劇場にてお求め下さい!

『ボヘミアン・ラプソディ』と『キングスマン』のスタッフ・キャストが、誰もが一度は耳にしたことのある世界的大ヒット曲にのせて描く、誰も見たことの無いミュージック・エンターテイメント超大作が今、幕を開けます。

映画『ロケットマン』

原題:ROCKETMAN

公式サイト:
https://rocketman.jp/
公式Twitter:
@Rocketman_JP
公式Facebook:
@RocketmanMovie.jp/

***********************************


監督:デクスター・フレッチャー『ボヘミアン・ラプソディ』
製作総指揮、監督(ノン・クレジット)

脚本:リー・ホール『リトル・ダンサー』
製作:マシュー・ヴォーン『キングスマン』シリーズ、エルトン・ジョン

キャスト:タロン・エガ-トン『キングスマン』シリーズ、ジェイミー・ベル『リトル・ダンサー』、ブライス・ダラス・ハワード『ジュラシック・ワールド』、

リチャード・マッデン『シンデレラ』「ゲーム・オブ・スローンズ」

全米公開:2019年5月31日(予定)


配給:東和ピクチャーズ
©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
   


映画『ロケットマン』タロン・エガートン、エルトン・ジョンら、 第72回カンヌ国際映画祭に登場!


映画情報どっとこむ ralph 『キングスマン』シリーズのタロン・エガ-トン主演、ノンクレジットながら昨年の大ヒット作『ボヘミアン・ラプソディ』の最終監督を務めたデクスター・フレッチャーという話題のタッグで贈る、音楽界の最高峰グラミー賞を5度受賞し、「ローリングストーン誌が選ぶ歴史上最も偉大なアーティスト100組」にも選ばれた伝説的ミュージシャン”エルトン・ジョン”の半生を映画化した話題のミュージック・エンターテイメント超大作、映画『ロケットマン』が東和ピクチャーズ配給にて、8月23日(金)より 全国ロードショーします!

この度、5月14日(火)[現地時間]より、開幕した第72回カンヌ国際映画祭で、アウト・オブ・コンペティションに選出された本作のプレミア上映が行われ、レッドカーペットに主演のタロン・エガートン、監督のデクスター・フレッチャー、そして製作を務めたエルトン・ジョン本人をはじめとする豪華キャスト・スタッフ陣が登場!面々は、公式記者会見にも出席し、大勢の記者の前で本作の魅力を語りました!


『ロケットマン』 第72回カンヌ国際映画祭 概要

<フォトコール&レッドカーペット&公式上映>
日時:5月16日(木) [現地時間]
場所:フォトコール=PALAIS DES FESTIVALS、レッドカーペット=GRAND THEATRE LUMIERE
登壇者:タロン・エガートン、リチャード・マッテン、ブライス・ダラス・ハワード、キット・コナー、デクスター・フレッチャー(監督)、エルトン・ジョン(製作)、バーニー・トーピンなど

着用ブランド:
フォトコール=タロン/エトロ、リチャード/ディオール、ブライス/ラルフローレン、エルトン/グッチ
レッドカーペット=タロン/トムフォード、リチャード/アルマーニ、ブライス/グッチ、エルトン/グッチ

<記者会見>
日時:5月17日(金)[現地時間]
場所:THE PALAIS LUMIERE THEATRE
登壇者:タロン・エガートン、リチャード・マッテン、ブライス・ダラス・ハワード、デクスター・フレッチャー(監督)

映画情報どっとこむ ralph <レッドカーペット>
世界3大国際映画祭に数えられる国際的な映画の祭典で、例年世界中から高い注目を集めているカンヌ国際映画祭。
各国から集まった約400名の記者と観客でひしめき合うレッドカーペット会場に、エルトン・ジョンを演じた主演のタロン・エガートン、エルトンのマネージャーのジョン・リードを演じたリチャード・マッテン、エルトンの母シーラを演じたブライス・ダラス・ハワード、エルトンの子役時代を演じたキット・コナー、本作のメガホンを取ったデクスター・フレッチャー監督、そして本作に製作としても関わったエルトン・ジョン本人といった錚々たる面々が登場!
このカンヌ国際映画祭で、初めて本作が一般の方々の目に触れられるということもあり、一同は終始ハイテンション!タロンは喜びのあまりエルトンとハグを交わしたり、さらにはエルトンのほどけた靴紐を結びなおしてあげるなど、映画の制作を通して築き上げた仲の良さをみせつけました。また会場に集まった大勢のファンからの歓声や記念撮影などにも快く応じる姿も見せました。

<プレミア上映>
続けて行われたプレミア上映に参加した一同。上映終了後、会場は約4分間に及ぶスタンディングオベーションとともに大歓声が響き渡り、またエルトン本人に向けても万雷の拍手が巻き起こりました。その様子に、感極まったタロンは涙を流し、エルトンも喜びを噛みしめながら、しっかりと肩を抱き合う場面も。エルトンに歌詞を提供してきた長年のパートナーであるバーニー・トーピンを始め、リチャードやブライス、フレッチャー監督らも2人に拍手を送り、大盛り上がりの上映となりました。
さらにその後のイベントでは、エルトンがタロンと共に、本作のタイトルでもあり、劇中でタロンの歌声により披露される予定の名曲「ロケットマン」をデュエットで披露!ピアノを弾きながら満面の笑みで歌うエルトンと、負けじと持ち前の美声を響かせるタロン。アイコンタクトを取りながら、楽し気にパフォーマンスする2人の姿に会場も釘付けとなりました。



<公式会見>
昨年の大ヒット作『ボヘミアン・ラプソディ』の最終監督を務めたデクスター・フレッチャー監督の最新作であり、題材となった伝説のミュージシャン、エルトン・ジョン本人も製作に入っていることからも熱い注目が集まっていた本作。前日に行われたプレミア上映で、映画を鑑賞した映画評論家らからも絶賛の声が続出しているということもあり、公式会見には200人を超える大勢のマスコミ陣が押しかけました。MCに呼び込まれ、会見場に登壇したのは、タロン・エガートン、リチャード・マッテン、ブライス・ダラス・ハワード、デクスター・フレッチャー監督。記者たちからは次々に質問が飛び交い、監督のデクスター・フレッチャーはエルトン・ジョンの存在について「エルトンはこの映画の、原動力だよ。脚本はエルトンの口述から生まれたものだから。彼はアーティストして長いあいだ共作をやってきた。だから寛大かつ理解ある態度で、僕らに作りたいように映画を作る自由をくれたんだ。彼がこの映画を気に入ってくれたというのは僕らにとってとても重要なんだ」と語りました。エルトンを演じたタロン・エガ―トンは世界的な音楽レジェンドを演じた経験について「エルトンは世界中から愛されている現象、みたいな存在なんだ。多くの人が自分の一部だと感じている。自分の人生の思い出の一部としてエルトンの曲を覚えているんだよ。だから彼を演じるのは栄誉だったよ」と語り、昨晩の公式上映について「公式上映のあった昨晩は、間違いなく僕の人生にとって最高の瞬間だった。(涙ぐんだことに対しちょっと感情的になりすぎちゃったかな(笑い)」と、喜びを語りました。リチャード・マッデンは、彼の演じたジョン・リードについて、「映画の中では悪役的な存在だけれど、ジョンには魅力的な男でカリスマもあったんだ。彼を知っている人なら誰もがそう言っているんだ」と自らの役柄を分析した。エルトンの母シーラを演じたブライス・ダラス・ハワードは、「この映画は物語と音楽、両方を提供してくれる最高のスペクタクルだと思うわ。一人でみるより大勢で体験してほしいわ」と、本作の持つ劇場体験としての完成度の高さに自信をのぞかせました。

映画情報どっとこむ ralph 『ロケットマン』

公式サイト:
https://rocketman.jp/

公式Twitter:
@Rocketman_JP



***********************************

監督:デクスター・フレッチャー『ボヘミアン・ラプソディ』 製作総指揮、監督(ノン・クレジット)
脚本:リー・ホール『リトル・ダンサー』
製作:マシュー・ヴォーン『キングスマン』シリーズ、エルトン・ジョン
キャスト:タロン・エガ-トン『キングスマン』シリーズ、ジェイミー・ベル『リトル・ダンサー』、
ブライス・ダラス・ハワード『ジュラシック・ワールド』、リチャード・マッデン「ゲーム・オブ・スローンズ」
全米公開:2019年5月31日 (予定)
原題:ROCKETMAN
配給:東和ピクチャーズ
©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.


A・エルゴート&T・エガートン『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』2つの特別映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph アメリカで実在した男性限定社交クラブのスキャンダルを描いたスリル満点のクライム・サスペンス『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』が11月10日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開となります。

『ベイビー・ドライバー』アンセル・エルゴートと『キングスマン』シリーズのタロン・エガートンというハリウッドの人気若手俳優二人が初共演する本作は、1980年代初頭ロサンゼルスを舞台に、実在した投資グループ「ビリオネア・ボーイズ・クラブ(BBC)」が起こしたスキャンダルと“汚れた金”で結ばれた友情を描いていきます。

そして!!!!

このBBCをともに立ち上げる<未熟な天才>ふたりにフィーチャーした2つの特別映像が解禁となります!

わずか1年足らずで2億5千万ドルもの巨額の取引を繰り広げる一方で、投資家たちから金をだまし取っては豪遊を繰り返していたBBCの中心メンバーが、高校時代の親友だったジョーとディーンのふたりだ。

エルゴートが演じるジョーは、金(ゴールド)を投資する儲け話に“理念”を持ち込み、多くの投資家を惹きつける<頭脳派>。


一方で、エガートンが演じるディーンは、圧倒的な話術で社交界に幅広い交友関係を持つ<人脈派>。


そんなふたりが見せる様々な表情を捉えつつ、それぞれの劇中での“決め台詞”を収録した。

映画情報どっとこむ ralph この映像は、本作の公式Twitter(@BBCmovieJP)で10/22(月)夜より行われる<あなたはどっち派?BBCイケメン総選挙>においても使用され、投票した参加者から抽選で10組20名様にムビチケオンラインのプレゼントも! 詳細は公式サイトやTwitterをチェックしてみて!

映画情報どっとこむ ralph 『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』
原題:Billionaire Boys Club

公式HP:
bbc-movie.jp

公式Twitter:
@BBCmovieJP

物語・・・

1983年、高校の同級生だった金融の専門家ジョーとプロテニス選手のディーンは、上流階級が集う商談の場で偶然にも再会を果たす。ジョーは、以前から計画していた“金(ゴールド)”で投資をする儲け話をディーンに持ち掛け、ビバリーヒルズ屈指の富裕層である友人たちを説得して「ビリオネア・ボーイズ・クラブ(BBC)」を結成する。カリスマ性と野心を持ったジョーは、少しずつ詐欺を重ねていく。しかし、彼らの贅沢な暮らしと大きな利益により、積み重なる詐欺に気づく者はいなかった。ロサンゼルスの社交界―金とセックスとセレブの世界―で有名になった彼は、ついに敏腕トレーダー・ロンからも融資金を騙し取り、さらなる成長を遂げる。しかしある日、ある人物の裏切りによってクラブは窮地に追い込まれるのだった。

***********************************


監督:ジェームズ・コックス

出演:アンセル・エルゴート、ケビン・スペイシー、タロン・エガートン、エマ・ロバーツほか

2018年/アメリカ/カラー/シネマスコープ/英語/108分/PG12
配給:プレシディオ
協力:エイベックス・ピクチャーズ
宣伝:スキップ
© 2017, BB Club, LLC. All rights reserved.


アンセル・エルゴート x タロン・エガートン『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』刺激的な予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph アメリカで実在した男性限定社交クラブのスキャンダルを描いたスリル満点のクライム・サスペンス『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』が11月10日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開となります。


『ベイビー・ドライバー』アンセル・エルゴートと『キングスマン』シリーズのタロン・エガートンというハリウッドの人気若手俳優二人が初共演し、早くも話題となっている本作の刺激的でキケンな予告編が解禁となります!



魅力的な男性限定社交クラブBBCの刺激的で欲望まみれの実態が明らかに!

以前映像化された際は、あの超大物俳優も出演を切望していた!?

高校の同級生だった金融の専門家ジョー(アンセル・エルゴート)とプロテニス選手のディーン(タロン・エガートン)は偶然再会したことをきっかけに、“金(ゴールド)”で投資をする儲け話を企てる。頭脳明晰なジョーと特権階級にコネを持つディーンは、巧みな話術と全開の野心で友人たちから元手を集めて男性限定の社交クラブ「ビリオネア・ボーイズ・クラブ(BBC)」を結成。わずか一夜にして多額の利益を掴む。その実績はロサンゼルス社交界の間にたちまち広がり、投資家ロン(ケビン・スペイシー)ら金遣いの荒い大人たちも次々にBBCに投資。解禁となった予告編では、ジョーとディーンがそのカリスマ性で人々を次々と“落としていく”様子や、羽振りのよさが伺えるBBCの豪華オフィス、高級外車を乗り回し夜な夜な豪遊するなど順風満帆な彼らの姿を捉えていく。しかし、BBCはロンに騙されていたことが分かり、たちまち窮地に追い込まれる。ロンがジョーに告げる「一目で分かったよ。君たちの大ウソが」という言葉や、何者かがマイナスの帳簿をプラスに書き換える様子、ジョーが拳銃を手にする姿など、一変して事件の予感さえする不穏な場面が次々捉えられていく。巨額の富と栄光を掴んだ若き男たちがどのような運命をたどるのか、続きが気になる映像になっている。

実在した詐欺集団の信じられないような事件が起こった直後の1987年にはBBCを題材にしたドラマがテレビ映画として製作されたが、当時新進気鋭の俳優でブレイク直前だったトム・クルーズをはじめ当時の若手俳優はこぞって作品への出演を切望していたという。この刺激的な題材に、今をときめくエルゴートとエガートンがどのように取り組んでいるのか、乞うご期待!!!

映画情報どっとこむ ralph また、BBCメンバー勢ぞろいの女子“悩殺”カットなど新場面写真3枚も解禁!これら3枚を含むファン垂涎の4枚のブロマイドセット付き特別鑑賞券(税込1,500円)が本作の一部上映劇場、メイジャー(https://www.major-j.com/)にて9月22日(土)より発売開始!(特典は数量限定・先着順)


ビリオネア・ボーイズ・クラブ
原題:Billionaire Boys Club

が11月10日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開です。

公式HP:
bbc-movie.jp

公式Twitter:
https://twitter.com/BBCmovieJP

1983年、高校の同級生だった金融の専門家ジョーとプロテニス選手のディーンは、上流階級が集う商談の場で偶然にも再会を果たす。ディーンは、以前から計画していた“金(ゴールド)”で投資をする儲け話をジョーに持ち掛け、ビバリーヒルズ屈指の富裕層である友人たちを説得して「ビリオネア・ボーイズ・クラブ(BBC)」を結成する。カリスマ性と野心を持ったジョーは、少しずつ詐欺を重ねていく。しかし、彼らの贅沢な暮らしと大きな利益により、積み重なる詐欺に気づく者はいなかった。ロサンゼルスの社交界―金とセックスとセレブの世界―で有名になった彼は、ついに敏腕トレーダー・ロンからも融資金を騙し取り、さらなる成長を遂げる。しかしある日、ある人物の裏切りによってクラブは窮地に追い込まれるのだったー

***********************************

監督:ジェームズ・コックス
出演:アンセル・エルゴート、ケビン・スペイシー、タロン・エガートン、エマ・ロバーツほか
2018年/アメリカ/カラー/シネマスコープ/英語/108分(前回のリリースでは100分と記載しておりましたが、正しくは108分となります。このタイミングでの変更申し訳ございません)/PG12

配給:プレシディオ 
協力:エイベックス・ピクチャーズ 
宣伝:スキップ 
© 2017, BB Club, LLC. All rights reserved.