「タランティーノ監督」タグアーカイブ

タランティーノ監督、レオナルド・ディカプリオ来日『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』記者会見


映画情報どっとこむ ralph ハリウッドの鬼才クエンティン・タランティーノ監督4 年ぶりとなる最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が8月30日(金)日本公開を迎えます。

この度、タランティーノ監督による「ハリウッドへのラブレター」と評される本作の公開を前に、タランティーノ監督と主演のレオナルド・ディカプリオが来日し、8月26日(月)に記者会見がおこなわれました!
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』来日会見
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』来日記者会見
日程:8月26日(月)
場所:ザ・リッツ・カールトン東京2Fグランドボールルーム(東京都港区赤坂9-7-1東京ミッドタウン)
登壇:レオナルド・ディカプリオ、クエンティン・タランティーノ<監督>、シャノン・マッキントッシュ<プロデューサー>

映画情報どっとこむ ralph 250人の報道陣が集まった超満員の会場に、レオナルド・ディカプリオ、クエンティン・タランティーノ監督、シャノン・マッキントッシュプロデューサーが登場。

タランティーノ監督:日本に戻ってこれて嬉しいよ。今日は集まってくれてありがとう!
クエンティン・タランティーノ『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』来日会見 とご機嫌でご挨拶。先日、もうすぐ妻であるダニエラ・ピックとの間に子どもが生まれることを発表した監督にMCから祝福のメッセージが寄せられ、

タランティーノ監督:そうなんです!妻が妊娠しました!家中に小さなタラちゃんが沢山いるような日も近いと思うよ!

と、日本通であるタランティーノ監督ならではのジョークを交えつつ笑顔で答える一幕も。続けて

ディカプリオ:日本に戻ってこられて嬉しいよ。いつも温かい歓迎に感謝している。初来日は『ギルバート・グレイプ』だと思いますが、その時から何度も思っているよ。
レオナルド・ディカプリオ『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』来日会見 シャノンP:私は初の日本訪問になります。今回はここにいるタランティーノ、ディカプリオとともにこの作品を携えてこられてとてもうれしく思います。2日間東京を回っていましたが、本当に美しい街だと思いますし、皆さんにこの作品を楽しんでいただきたいと思います。

と、日本初来日を果たした喜びを思い思いに明かした。

映画情報どっとこむ ralph シャロン・テート殺人事件という実際に起きた事件が描かれる本作。
実際にいた人物シャロン・テートと、リック・ダルトンとクリフ・ブースという架空の人物を加えた本作について

タランティーノ監督:今回描いている時代はハリウッドのカウンターカルチャーの変化を見られる時代ですごく面白いと思ったんだ。街だけでなく業界自体の変化もあり、時期をシャロン・テートの事件の時間軸を入れていけば、歴史的な部分も掘り下げられて面白いと思ったんだ。

と映画で描いた時代の魅力を語り、

タランティーノ監督:13,14歳くらいの時に読んでいた本が変わった本だったんだけど、実際にいた有名な人物とフィクションを絡めた作品で面白くて、ハリウッドに実際にいた人物とLAに住んでいる人をかけ合わせたら面白いんじゃないかなと思ったんだ。

と、本作のストーリーの発想は昔読んだ本から影響を受けていたことを明かした。

レオナルド・ディカプリオ、クエンティン・タランティーノ『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』来日会見
2012年の『ジャンゴ 繋がれざる者』以来のタランティーノ監督作品の出演となるディカプリオは、オファーを受けた時に

ディカプリオ:この役に惹かれたんだ。このリック・ダルトンの魂の部分を2人でどのように作り上げていくかということが魅力的だった。数日間のみが本作が描かれているが、その数日間で歴史的にも変わる。そして、劇中でリックは俳優としてなんとか時代についていこうとしているんだ。1950年代のTVスターとして西部劇に出ていたが、今では本人の意思に反して悪役を演じなければいけない。役者としての自身の演技の仕事自体も減って、文化や世界が変わっている変化の中で、表裏一体の関係の(ブラッドが演じるクリフと)2人の2日間の間で変わっていくことが魅力。監督からバックストーリーを聞かされ、秘めている力を押し出してくれるというストーリーを聞いて、本当にやりたいと思ったんだ。

と語る。

映画情報どっとこむ ralph ディカプリオが演じるリックとブラッド・ピットが演じるクリフのバディぶりが素晴らしい本作。
この2大スターを起用するということについて問われると、

タランティーノ監督:この2人がぴったりだったから。

と、きっぱりと答え、

タランティーノ監督:自分が選んだというか、彼らが選んでくれたんだ。世界中がオファーがある中、自分を選んでくれたことを嬉しく思うよ。この2人のキャスティングができたことは世紀のクーデターだと思うよ。

と笑顔で答えた。続けて、

タランティーノ監督:1人が主演格であっても、スタントダブルというバディものなので、大物だからというキャスティングではなく、内面の部分が違っても外面の部分が近しいルックスになることが必要で、2人(ディカプリオとブラッド)がその共通点を持っていてよかったよ。

と、外見も似ていることがあることも重要であることと述べた。


映画では親友の2人。役作りの上でブラッドと打ち解けるために行ったことについて聞かれると

ディカプリオ:今回、徹底的に映画に対してはリサーチした。ブラッドが演じるクリフもこの業界に属しているが、少し外側にいて落ちぶれている。ハリウッドが変革していく中、取り残されているんだ。僕たちは成功していると思うけど、この業界がどういうものか見ているし、キャラクターの状態もわかるし、お互いに依存しあっているバックグラウンドのストーリーを監督がすべて用意してくれていて、撮影に入る前だけでなく撮影が始まってからも情報をくれたのですんなり演じることができました。

と、タランティーノ監督との信頼関係があってこその演技だったことを明かした。


また、本作を作るにあたって影響を受けた作品や俳優について問われると

タランティーノ監督:当時はリックと同じような境遇の役者は沢山いたんだ。50年代にTVが登場して、TVを通して新しいスターを生んだ背景があって、新しく生まれてきたスターたちは50年代、60年代の過渡期がどうなるか見えていない時代だったんだ。もちろんTVから映画へと活躍したスティーブ・マックイーン、クリント・イーストウッド、ジェームズ・ガーナーなどの俳優たちがいたが、出演した作品がよくなかったり、他の理由でうまくいかなかった人も大勢いた。

と言い、「ルート66」のジョージ・マハリスや、「サンセット77」のエド・バーンズなどの名を挙げた。監督の話を聞いていて

ディカプリオ:沢山の俳優を参考にした。リサーチをしていく中で未知の世界に迷い込んだ。クエンティン・タランティーノと言えば映画マニアでものすごい知識の宝庫なので、いろいろなものを紹介されて、この映画は業界、ハリウッドの祝福というようなお祭りだと思ったんだ。僕たちが愛した作品に貢献した俳優たちの多くは忘れ去られていると思う。リックを通して自分が知らなかった人のことが分かり、文化が変わっていく中で、ハリウッドという場所は魔法のような世界でリックは仕事はできて、存在はしているので、ラッキーだと思った。自分でも知らなかった、または忘れられた映画人に触れる機会になった。幸せな旅だったよ。

と、本作でリックという役を演じることで移ろいやすい業界にいること、そして業界にいることについての気づきがあったことを教えてくれた。


映画情報どっとこむ ralph そして、長年タランティーノ監督と仕事をしているプロデューサーのシャノンは

シャノンP:監督の作品はマジカルなものがある。現場も素晴らしく、ファミリーのようです。『レザボア・ドッグズ』からずっと働いているクルーもいて、彼らは楽しんで戻ってきますし、監督のビジョンを一緒に実現しようとする。撮影していないときはクエンティンの歴史の授業があって、彼のスタッフはどんな映画の仕事をしていようと、彼が脚本を書き始めたらいつ撮るのかと連絡してきて他の映画を断ってでもクルーとして入ろうとするんです。(ディカプリオ、ブラッド、マーゴット・ロビーの)3人との仕事をみて、喜びをみました。実はテイクを撮った後、クエンティンがOKを出すけど、もう1回撮るんです。『なんで?』と質問すると『映画が好きなんだ!』という返しをみんなでするんです。

と映画を愛するタランティーノ監督ならではの楽しい現場の秘話を教えてくれた。

1969年の古き良き時代のハリウッドのセットや、当時のヒッピー・カルチャーやファッションの見どころの一つである本作。タランティーノ監督の知識の宝庫が大爆発した本作で

タランティーノ監督:この映画ではたくさん楽しいことがあって、素晴らしい俳優たちがいて、この時代やキャラクターたちに息吹を吹き込むことが素晴らしかった。一番何に満足を感じたかというと、50年間という時を逆に回して、今生きている街を、CGやスタジオを使わずに、ビジネスも普通に行われている人通りのある場所を美術や衣装などを駆使して再現できたことなんだ。

と撮影のこだわりを明かした。

映画情報どっとこむ ralph レオナルド・ディカプリオ、クエンティン・タランティーノ『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』来日会見
最後に・・・・
本作のタイトル、そして舞台にもなる「ハリウッド」が持つ意味について問われると

タランティーノ監督:映画業界とハリウッドという街の2つの意味を持っていて、この作品は両方を描いた作品。市民が住んでいる街でもあり、一つの業界として成功や失敗が隣り合わせにある街なんだ。ポジションがどんどん変わってくる興味深い業界であり、高校生活が続いているような感覚になる街だと思う。

ディカプリオ:僕が生まれ育った場所。かなり悪評もあって、そういう酷い人たちがいることも確かですが、僕にとっては家族がいて良い友達がいるので自分自身の一部になっている。夢の工場でもあり、失敗もある街。LAで世界中から集まった多くの素晴らしい人々に会ったり、LAに戻るのはいつも嬉しく思う。

と、思い思いに自身の「ハリウッド」に対する想いを寄せた。


会見では、映画マニアのタランティーノ監督が自身が、1960年代のカルチャーを徹底リサーチしたというエピソードも飛び出し、

ディカプリオ:69年といえば、蔵原惟繕監督の『栄光への5000キロ』という映画、知ってるかな? 英語字幕付きのDVDを探しているんだ。あと2日ほど日本に滞在するから、ぜひ連絡をほしいな!!

とアピール。来日会見の場で、映画オタクぶりを発揮!会見は熱気に包まれたまま幕を閉じた。


未来記事:
午後には​ジャパンプレミア レッドカーペットが行われました!
http://eigajoho.com/164114
​『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』Jプレミアレッドカーペット



ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

8月30日(金) 全国ロードショー

【公式】HP
http://www.onceinhollywood.jp/ 

Twitter:
@SPEeiga

タランティーノ監督が執筆に5年の歳月を費やし、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットという今世紀最大の二大スターを初共演させ、二人の友情と絆を軸に1969年のハリウッド黄金時代の光と闇に迫る、この夏必見の超話題作!7月26日に全米で公開されると、過去タランティーノ作品最大オープニング成績となっていた2009年8月23日公開の『イングロリアス・バスターズ』の3807万ドルを更新。4035万ドルの大ヒットとなり、タランティーノ史上最大のオープニング成績を飾りました。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
STORY
リック・ダルトン(ディカプリオ)は人気のピークを過ぎたTV俳優。映画スター転身を目指し焦る日々が続いていた。そんなリックを支えるクリフ・ブース(ピット)はスタントマンかつ親友でもある。目まぐるしく変化するハリウッドで生き抜くことに精神をすり減らしているリックとは対照的に、いつも自分らしさを失わないクリフ。パーフェクトな友情で結ばれた二人だったが、時代は大きな転換期を迎えようとしていた。そんなある日、リックの隣にロマン・ポランスキー監督と女優シャロン・テート夫妻が越してくる―。そして、1969年8月9日―それぞれの人生を巻き込み映画史を塗り替える【事件】は起こる。


***********************************

全米公開: 7月26日
日本公開: 8月30日
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット/マーゴット・ロビー/エミール・ハーシュ/マーガレット・クアリー/ティモシー・オリファント/ジュリア・バターズ/オースティン・バトラー/ダコタ・ファニング/ブルース・ダーン/マイク・モー/ルーク・ペリー/ダミアン・ルイス/アル・パチーノ




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

​​レオナルド・ディカプリオと​タランティーノ監督来日決定!!​『ワンハリ』最新映像解禁


映画情報どっとこむ ralph ハリウッドの鬼才クエンティン・タランティーノ監督4 年ぶりとなる最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が8月30日(金)日本公開となります!

タランティーノ監督が執筆に5年の歳月を費やし、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットという今世紀最大の二大スターを初共演させ、二人の友情と絆を軸に1969年のハリウッド黄金時代の光と闇に迫る、この夏必見の超話題作!7月26日に全米で公開されると、過去タランティーノ作品最大オープニング成績となっていた2009年8月23日公開の『イングロリアス・バスターズ』の3807万ドルを更新。4035万ドルの大ヒットとなり、タランティーノ史上最大のオープニング成績を飾った!

そして、この度、タランティーノ監督による「ハリウッドへのラブレター」と評される本作の公開を前に、 タランティーノ監督と主演のレオナルド・ディカプリオの緊急来日が決定しました!!
CANNES, FRANCE - MAY 22: Quentin Tarantino and Leonardo DiCaprio attends the photocall for "Once Upon A Time In Hollywood" during the 72nd annual Cannes Film Festival on May 22, 2019 in Cannes, France.
映画情報どっとこむ ralph ディカプリオは、映画のプロモーションでは自身に念願のオスカーをもたらした『レヴェナント: 蘇えりし者』の2016年3月以来、3年5か月ぶり11度目の来日。そしてタランティーノ監督は2013年2月の『ジャンゴ 繋がれざる者』以来、6年半ぶりの来日。8月26日(月)開催のジャパン・プレミアで日本のファンに初”タラレオ“2ショットお披露目となります!!


ディカプリオは、タランティーノ監督について、

ディカプリオ:映画史だけでなく、音楽やテレビを含めこれだけの総合的な知識を持った人物は世界でも数少ないと思う。まるでコンピューターのデータベースにアクセスしてるみたいだ。その知識の泉は計り知れないし、どんどん湧き出てくるよ。

とその豊富な知識量と溢れ出る才能への信頼を語っている。また、

ディカプリオ:この映画はある意味、自分たちのいるこの業界に対するラブ・ストーリーを描いてるんだと思う。この映画は監督の映画業界に対するラブレターでもあるし、敬愛する人たちへの感謝を表したものなんだと思う。僕にとってもそういった部分が色んな意味で一番感動した。監督にしてみたら原点回帰なのかな。他にどう言っていいのか分からないけど、幸運にも僕らが仕事をさせてもらってるこの業界に対するラブレターなんだと思うね。

と本作への熱い思いを明かしている。

映画情報どっとこむ ralph また、大の日本通で知られるタランティーノ監督。前回の来日では「ハロー、トウキョウ! 日本はタラちゃんズホーム」と挨拶し、日本のファンを大熱狂させているだけに、今回、自身の思い入れの強いこの作品を日本のファンにお披露目できるとあり、更にそのテンションが高まることは間違いなし。

同じく親日家で、日本のアニメや漫画、映画などに関心を寄せていることで知られるディカプリオ。プライベートで来日し、デパ地下でお買い物をしていたりお花見を楽しむ姿も目撃されているだけに、日本の夏をどう楽しむのか、注目される!そんな2人が揃って来日するとあり、いつもよりさらにテンションも高く、そしてファンサービスもいつもより「神対応」になるのか?!ファンの期待も高まります!

2人は26日(月)に都内某所で行われる記者会見やジャパン・プレミアに参加する予定だそうです。

映画情報どっとこむ ralph さらに、タランティーノ×レオ来日決定に合わせ、映画本編から最新映像が解禁!

レオナルド・ディカプリオが演じる落ち目のTV俳優リック・ダルトンが、映画出演を前に台詞の練習をするシーンが到着!プールに浮かびながら演技の練習に勤しむ、”ピークを過ぎたTVスター役”を、現実世界では超ビッグスターであるレオ様が演じる姿にも注目だ!



ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

8月30日(金) 全国ロードショー

公式サイト:
http://www.onceinhollywood.jp/
公式Twitter:
@SPEeiga

#シャロン・テート殺人事件から50年
#ワンハリ

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド リック・ダルトン(ディカプリオ)は人気のピークを過ぎたTV俳優。映画スター転身を目指し焦る日々が続いていた。そんなリックを支えるクリフ・ブース(ピット)はスタントマンかつ親友でもある。目まぐるしく変化するハリウッドで生き抜くことに精神をすり減らしているリックとは対照的に、いつも自分らしさを失わないクリフ。パーフェクトな友情で結ばれた二人だったが、時代は大きな転換期を迎えようとしていた。そんなある日、リックの隣にロマン・ポランスキー監督と女優シャロン・テート夫妻が越してくる―。そして、1969年8月9日―それぞれの人生を巻き込み映画史を塗り替える【事件】は起こる。
マーゴット・ロビー 『 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 (4)
***********************************


配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ディカプリオ、ブラピ、マーゴット、タランティーノ監督記者会見 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 カンヌ国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 大盛況の第72回カンヌ国際映画祭公式上映を終え一夜明けた5月22日に、タランティーノ、レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビーらが 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 公式記者会見に出席。
大勢の記者の前で今までベールに包まれていた本作のストーリーについて語った。タランティーノが「今までの作品の総括のような部分も無意識的に出ていた」と、過去8作品の集大成であると語る本作について、レオナルド・ディカプリオは「監督にしてみたら原点回帰なのかな。幸運にも僕らが仕事をさせてもらってるこの業界に対するラブレターなんだと思う」とコメント。

また、ブラッド・ピットは「レオは人物が崩壊する瞬間を今まで見たことがないくらいの素晴らしい演技でそれを表現してみせた」と、ディカプリオの演技を絶賛し、マーゴット・ロビーは、自身が演じたシャロン・テートという役が「物語の心臓」であると表現し、「私の目から見て彼女は一筋の光だった」と明かした。


『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 第72回カンヌ国際映画祭公式記者会見
日時:5月22日(水) [現地時間]
場所:GRAND THEATRE LUMIERE
登壇者: レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー、タランティーノ監督

映画情報どっとこむ ralph <公式記者会見Q&A>
Q.9作目となる本作について。
クエンティン・タランティーノ(以下、QT):自分の作品をそこまで意識していたわけではないけれど、結果として今までの作品の総括のような部分も無意識的に出ていたと思う。脚本を最初に読んだうちの一人が助監督のビル・クラークなんだけど、彼は「ジャッキー・ブラウン」以降ずっと僕の助監督を務めてきて、「パルプ・フィクション」でもパーソナル・アシスタントだった人物だ。彼無しで映画を作ることは想像ができない。その彼が脚本を読むために僕の自宅に来て、なぜなら脚本は外に出さないから僕の家に来ないと読めないんだ。それはここにいる皆んなもよく知っていることさ。それでビルがうちに来た時に、「これが9作目か。どんなものか?」と言ってプールサイドに行って脚本を読んで、読み終えて帰ってくると、「おいおい、9作目は今までの8作が合わさったような感じじゃないか」って言ったんだ。そういう風に考えたとこはなかったけど、確かにところどころそういった部分はあるかもしれない。

Q.(フランチェスカ役の)ロレンツァ・イッツォについて。

QT:ロレンツァとは友達だし、僕の友人のイーライ・ロスとも何回か一緒に仕事した作品も見てるから、彼女がどんな女優かは知っていた。(*ロレンツァはイーライの妻でチリ出身)。違う役柄を演じた主演作も3作品くらい見てる。だからといって単に彼女に役を挙げたわけではない。彼女はオーディションを受けに来たんだ。凄いのはイタリア語の台詞を覚えただけでなく、イタリア語でのフレーズを20個ほど覚えてきてたんだ 。警察に話を聞かれてるあの場面も、あれは彼女のアドリブなんだ。アドリブができるくらいイタリア語を習得してたんだ。とても驚かされたよ。それに彼女は映画の中でとても面白いキャラになってると思う。正にあの時代のイタリアンコメディーによく出てくるうようなおっちょこちょいな若手女優を見てるようで完璧だった。


Q.マンソン・ファミリーについて 

QT:これだけ我々が興味をもってしまうのは、どこまでいっても、底が知れないからだと思う。僕もかなり調べ物をしたし、学術的ではないにしろ、多くの人も(この何年間の間に)本の1冊や2冊を読んだり、(話題にもなった)ポッドキャストを聞いたり、数年に一回くらいやるテレビでの特番などを見てると思うんだ。彼があの少女たち、少年もだけど、をどのようにして自分のコントロール下におけたのかが 本当に理解を超えてる。しかも知れば知るほど、情報を集めれば集めるほど、具体的になるにつれ、何も解明されていかない 。むしろ余計に不可思議になってくるんだ。解らないからこそ、本当の意味で理解するのが不可能だからこそ、僕らは引き込まれると思うんだ。

Q.役柄について

レオナルド・ディカプリオ:今回の役は色んな意味で自分と重なる部分があるとすぐに思った。僕もこの業界で育ったからね。時代が変わる中、この人物はどこかその外にいて、取り残されているんだ。だからこの映画は僕にとって今の自分がいられる立場に対して強い感謝の気持ちを持つことを改めてさせてくれた。リックという人物は急に自分の苦しみと戦かうことになる。自信を保つ ことや、仕事を繋ぐことに必死なんだ。僕は業界人の友人が多いから彼の気持ちが分かるし、こういう機会をもらってどれだけ自分が恵まれているかも分かっているから、それに対しては感謝の気持ちしかない。


Q.監督について

レオナルド・ディカプリオ:リックは最高にいい俳優に決まってるだろ(おそらく、自分が演じているからね、というニュアンスも含め)。いや、でも、あなたの先ほどの質問と合わせてクエンティン(の独特な作業の進め方)について答えるならば、 映画史だけでなく、音楽やテレビを含めこれだけの総合的な知識を持った人物は世界でも数少ないと思う。まるでコンピューターのデータベースにアクセスしてるみたいだ。その知識の泉は計り知れないし、どんどん湧き出てくる。この映画はある意味、自分たちのいるこの業界に対するラブ・ストーリーを描いてるんだと思う。そしてその作品の主役に2人の異端者を置いた。60年代がやってきて、業界に置いてけぼりを食らった二人を。このテーブルに座ってる全員も一時は業界の異端者だと感じたことがあると思うけど、この映画は監督の業界に対するラブレターでもあるし、敬愛する人たちへの感謝を表したものなんだと思う。僕らはラルフ・ミーカー、エディ・バーンズ、タイ・ハーデンなどの作品を勉強してきた。監督の中で芸術的な観点でその仕事ぶりを尊敬し、映画やテレビの世界に多大なる貢献をしてきた人物たちだ。僕にとってもそういった部分が色んな意味で一番感動した。監督にしてみたら原点回帰なのかな。他にどう言っていいのか分からないけど、幸運にも僕らが仕事をさせてもらってるこの業界に対するラブレターなんだと思う。

Q.作中の人物たちについて

ブラッド・ピット:監督が作り上げたリックとクリフという二人は、一人の人物にも思える。最終的には“受け入れる”ということなんだ。自分の立場や人生への受け入れ 、周りや環境、壁や悩みを受け入れること。リックという人物は時々笑えてしまうくらいそれらに振り回され、物足りなさを感じ、人生は自分に対して厳しいと思っている。そしてここにいる仲間のレオは人物が崩壊する瞬間を今まで見たことがないくらいの素晴らしい演技で表現してみせた。一方クリフという人物は、その段階を通り越し、自分の身の程を受け入れ、平然とした心持ちで、くるもの拒まず、なるようになると分かっているんだ。だから僕にとってこの映画は受け入れるということがテーマなんだ。

Q.映画の時代背景に関して

ブラッド・ピット:あの時代、マンソン事件が起こった1969年は、それまでフリーラブのムーブメントがあったり、希望に満ち溢れ、新しいアイデアがどんどん出て来てて、シネマも新しく変わろうとしていた時代だ。そしてあの出来事が起き、シャロンや他の人の悲劇的な犠牲があった。なぜ人々が恐怖を覚え、今でも取り上げられるかというと、人間の闇の部分を見つめることとなる暗く悲しい極めて重要な出来事だからで、何か純粋さが失われた瞬間だった。そしてこの映画はそれを素晴らしい形で表している。

Q.役作りについて

マーゴット・ロビー:調べ物もいっぱいしたし、見れるものや読めるものは全てしたわ。でも同時に、役者の仕事は自分の役がストーリーの中でどのような役割を果たしているのかを理解するのが大事なんだと思う。だからより重要なのは、なぜこの人物が物語の中に存在してるかなの。早い段階で監督は私に言ったわ。“彼女は物語の心臓(あるいは鼓動)だ”と。私の目から見て彼女は一筋の光だった。だから私は光でありたいと思った。それが私の仕事であり物語に対する役割であると思った。それを表現することが、多くの人が この世界においてまぶしい光のような存在だったと語る、本物のシャロン・テートの追悼にもなると思った。

Q.本作に取り組むにあたって

マーゴット・ロビー:他の役とのやり取りなどを通して自分の役の理解を深めることが多いけれど、今回のように自分自身で役に向き合う時間をこれほどもらったのはあまりないことだった。役者としてそれはとても興味深い経験だった。それをさせてもらったことに感謝してるし、表現したかったものが表現できたと思うからよかったわ。

映画情報どっとこむ ralph 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

公開日:8月30日(金) 全国ロードショー 

【公式】
HP
http://www.onceinhollywood.jp/ 

Twitter:
@SPEeiga

Facebook
@SPEeiga/



***********************************


配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ディカプリオ、ブラピそろい踏み 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』inカンヌ国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 先日現地時間5月14日に開幕した、第72回カンヌ映画祭のコンペティション部門に正式出品されている、クエンティン・タランティーノの 9 作目の長編監督作、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。

タランティーノは1994年に『パルプ・フィクション』でパルム・ドールを受賞し2004年には同映画祭の審査員長を務めているが、コンペ部門出品は『イングロリアス・バスターズ』(2009)以来10年ぶりで三度目となる。25年ぶりに再びパルム・ドール受賞なるか大いに注目されている。本作はタランティーノからハリウッドへのラブレターと言われているが、今回のコンペへの出品はタランティーノからカンヌへのトリビュートといえる。

そして現地時間5月21日に、ここカンヌの地がワールドプレミアとなる『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の公式上映で映画本編がついに初お披露目となりました!
 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 in 第72回カンヌ国際映画祭
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 第72回カンヌ国際映画祭

<レッドカーペット>
日時:5月21日(火) [現地時間]
場所:GRAND THEATRE LUMIERE前
登壇者: レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー、タランティーノ監督
着用ブランド: マーゴット・ロビー(シャネル)

<公式上映>
日時:5月21日(火) [現地時間]
場所:GRAND THEATRE LUMIERE
登壇者: レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー、タランティーノ監督
着用ブランド: マーゴット・ロビー(シャネル)

映画情報どっとこむ ralph 公式上映前のレッドカーペットイベントではタランティーノ監督を始め、超豪華キャスト陣が集結!
Margot Robbie, Leonardo di Caprio, Brad Pitt et Leonardo di Caprio attend the Once Upon A Time in Hollywood Premiere during the 72th annual Cannes Film Festival on may.21,2019 in Cannes, France.

レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビーらハリウッドの超スーパースターとタランティーノ監督が歩く圧巻のレッドカーペットとなり、世界各国から集まった報道陣からフラッシュの嵐が起こった!

タランティーノ:本当に興奮している!上映が待ちきれないよ!映画はハリウッドの変化を表していて、映画の中ではハリウッドの黄金時代のことを語っている。主役たちはその中に入れず、外から見ていてその変化を予期していなかったから、そこに自分たちの居場所があるのか迷っているよ!
と作品について語る。

ブラッドさん:彼と一緒に仕事をすることはいつも本当に光栄だ。彼はエネルギーに満ちていて、映画を愛する彼と一緒に映画を作ることは喜びなんだ。この映画はタランティーノの映画、ハリウッド、L.A.に対するラブレターであり、僕もL.A.が大好き!
とアピールした。

タランティーノと2度目のタッグとなるディカプリオは、

ディカプリオ:最高だったよ、彼は本当に特別な監督なんだ。こんなタイプの映画は昔はよくあったけど、最近見なくなっているハリウッドの話であって、我々の役はアウトサイダーであって、1969年の変化しつつあるハリウッドにおいて、自分たちの居場所を探している。業界にも世界にもスルーされているんだ。ある俳優とスタントマンが葛藤している。新しい世界で居場所を探している。それを描いているのが、素晴らしき脚本家であり、監督であるクエンティン・タランティーノなんだ。世界一だよ。今日ここにいられるのはとても光栄であり、伝統的な映画作りの最後の監督だよ。
と本作について言及し、タランティーノの作品でカンヌの地に来れた喜びの表情を見せた。

本作で初めてタランティーノ作品に出演するマーゴットは、

マーゴット:素晴らしかった!私の夢がかなったの。今まで経験したことのないセットで仕事ができた
と、本作に出演を果たすことが出来た喜びを明かした。

映画情報どっとこむ ralph 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』カンヌ 公式上映では、タランティーノらレッドカーペットから到着したキャストたちを歓迎する観客たちから上映が始まる前から鳴りやまない拍手が盛大に贈られた。上映終了後には約6分間にもおよぶスタンディングオベーションとなり、レオとブラピの眼には涙が光り、タランティーノが観客席で感謝の言葉を述べるという異例の事態となった。

詳細なストーリーが明かされていない本作はこの映画祭でストーリーが明らかとなったわけだが、タランティーノはこのワールドプレミアの前に、自筆の署名を添えカンヌの観客に対してストーリーを明かさないよう依頼している手紙画像を本作の米国公式SNSにて公開。現時点で米批評家サイト”Rotten Tomatoes”での批評家の評価は90%、世界最大のオンラインデータベース”IMDb”での評価ポイントは☆9.8と高ポイントを獲得(5/22時点)!

高評価な本作の日本公開が待ちきれない!また、本作の上映後のパーティーにはダコタ・ファニングも駆けつけ、本作のお披露目を喜んだ。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

公式HP
http://www.onceinhollywood.jp/

Twitter:
https://twitter.com/SPEeiga

公開日:8月30日(金) 全国ロードショー 
***********************************

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『オオカミは嘘をつく』ビンセントベガとタイアップTシャツ発売!


11月22日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町にて公開の

イスラエル映画『オオカミは嘘をつく』

そして、このたび、本作とアパレルメーカー[ビンセントベガ]とのタイアップが決定したそうなのでお知らせいたします。

[ビンセントベガ]の店長・宇賀チャンクさんはタランティーノ監督作品が大好き!

で、サイト名は『パルプ・フィクション』の登場人物からとられています。
映画好きのための製品を取り扱う、クエンティン・タランティーノ監督ファンには特に有名なプロダクトストア、[ビンセントベガ]と、タランティーノが2013年のベスト1に選出した本作とのタイアップは必然ともいえる流れで決定。

本作品のアハロン&ナヴォット監督が来日した際にこのTシャツのサンプルをプレゼントされ、本人のフェイスブックで写真を公開したところ、「欲しい!」という声が100件を超えたほどのクールなTシャツです。

これを受け、映画の公開を記念し、数量限定で一般販売いたします。

『オオカミは嘘をつく』特別Tシャツ販売決定
『オオカミは嘘をつく』特別Tシャツ販売決定!
フロントに武器を手にした3匹の強面狼をデザイン。
これを着ればアナタも黒色COOLオオカミに…!

ブランド名:ビンセントベガ 
HP:http://pulp.la/ (※通販のみ)
販売日:10/17(金)~ ※枚数限定、なくなり次第終了
販売価格:5900円(税込)

タランティーノの2013ベストワン・ムービーがついに公開!
2014サターン賞の最優秀インターナショナル作品賞も受賞

『オオカミは嘘をつく』

は、11/22(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町他にて公開!
HP:http://www.bigbadwolves.jp

********************************************************************


イスラエルの森の中で起きた、ある凄惨な少女暴行殺人事件。気弱で善良そうな容疑者、容疑者に復讐を企む被害者の父親、型破りな不法捜査に乗り出す粗野な刑事―。本当にこの容疑者は犯人なのか? 被害者の遺族はここまでの過剰な復讐を許されるのか? 刑事=正義と言えるのか? あなたの固定観念は覆り、これまでに経験したことの無い感情が沸き起る。そして、衝撃の結末が待ち受ける…。果たして本当の‘悪’とは何なのか―!?

監督・脚本:アハロン・ケシャレス&ナヴォット・パプシャド『ザ・マッドネス 狂乱の森』 
出演:リオール・アシュケナズィ、ロテム・ケイナン、ツァヒ・グラッド
2013/イスラエル/スコープサイズ/110分
原題:Big Bad Wolves/R-18 

© 2013 Catch BBW the Film, Limited Partnership. All Rights Reserved.
 
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ