「タモト清嵐」タグアーカイブ

壇蜜にメロメロな若手俳優たち『BRAVE STORM ブレイブストーム』舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph レッドバロンとシルバー仮面が帰ってきた!

ハリウッドと日本のコラボレーションで魅せる最新特撮ムービー『BRAVE STORM ブレイブストーム』が11月10日、ついに公開を迎えた。翌11日にはTOHOシネマズ上野にてW主演の大東駿介、渡部秀、共演の山本千尋、タモト清嵐、春日光一、壇蜜、松崎悠希、吉沢悠、そして岡部淳也監督が公開記念舞台挨拶を行いました。

初の特撮ヒーロー映画出演の大東駿介、「細部までこだわった」作品の出来に自信!渡部秀は過去に戻ってやり直せたら、同郷・壇蜜と「同級生になりたい!」と発言も!


『BRAVE STORM ブレイブストーム』公開記念舞台挨拶
日程:11月11日(土)
場所:TOHOシネマズ上野
登壇:大東駿介(だいとう・しゅんすけ)、渡部秀(わたなべ・しゅう)、山本千尋(やまもと・ちひろ)、タモト清嵐(たもと・そらん)、春日光一(かすが・こういち)、壇蜜(だんみつ)、松崎悠希(まつざき・ゆうき)、吉沢悠(よしざわ・ひさし)、岡部淳也監督(おかべ・じゅんや)
MC: 八雲ふみね

映画情報どっとこむ ralph 特撮初挑戦の大東さんは

大東さん:人間離れした力を自分自身に置き換えて、痛みを伴うヒーローとして演じたかったし、正義についても考えた。アクションも痛みを伴ったものにしたくて、スーツも6回くらい衣装合わせをさせてもらって、キャラクターの歴史や細部にまでこだわりました。

と気合十分。ロボット工学者・紅健一郎役の吉沢さんは

吉沢さん:日本でこんな特撮ができるんだ!と感動した。

と完成に自信を覗かせ、血気盛んなボクサー・紅健役の渡部さんも

渡部さん:造形美、音響、ライティング…そのすべてが素晴らしく、日本映画とは思えないくらいグラフィックにこだわっている。

とハリウッド大作に勝るとも劣らない傑作特撮映画の誕生を宣言。

映画情報どっとこむ ralph また作品の内容にちなみ「タイムトラベルで過去に戻るなら?」との質問に

大東さん:過去に戻って何かをやり直すと、つらい経験や失敗から学んだ感情がなくなってしまう。

と語る。同じ質問に壇蜜さんは、本日行われるという某通販サイトの安売りセールを挙げて

壇さん:昨日に帰って、柔軟剤購入をクリックした自分を止めたい。だって今日は2割引きですよ?自分を戒めたい。柔軟剤の2割引き…それは大きい。

とため息交じり。そんな壇蜜さんに同郷(秋田)の渡部さんは

渡部さん:壇蜜さんが秋田にいた時代に戻り、同級生になりたい。

と熱視線で、当の壇蜜さんは

渡部さん:おいくつ?26歳?あら、10コも違うわ。難しいパラドックスが生まれそう。

と大人エロい顔。さらに壇蜜さんは大東さんから

大東さん:女性が喋る東北弁って魅力を感じますよね。

と言われて、東北弁を披露。それを聞いて

大東さん:色っぽい…それは壇蜜さんが言うからかな?

と美しすぎる36歳に悩殺されていた。


同じ質問に山本さんはレッドバロンを操縦したい、タモトさんは昨日に戻って舞台挨拶プランを立て直したい、松崎さんはクリスマスプレゼントの変更、吉沢さんは英語の勉強、春日さんは怪我のない人生とそれぞれ回答。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・

大東さん:『シルバー仮面』と『レッドバロン』のリブート作品ですが、作品にリスペクトを持ったまま、新しく何ができるのかを考えて作った映画です。パート2があるかどうかは皆さんの反応次第です。

と続編制作に期待。

渡部さん:役者一同、魂を込めて作った作品。パート2もやりたいのでぜひお力添えください。

と観客に呼びかけ、

岡部監督:この仕事を30年間やって来たが、その中で『こうやるべきだ』という技術的なものが、この映画でできたと思う。ヒットすればまた作れると思いますよ。

と観客からの好リアクションに願いを込めた。

『BRAVE STORMブレイブストーム』は全国絶賛公開中!

公式サイト:
www.bravestorm.jp

物語・・・
2050年、地球人類は滅亡していた。―極わずかに残された人類の中、春日5人兄弟【大東駿介、山本千尋、タモト清嵐、壇蜜、春日光一】は 過去に時間移動し、侵略者 キルギス星人 を 地球侵略開始前に抹殺することを計画。奪取したキルギス星人の巨大ロボット設計データ。

そして、宇宙人探知グラス、サイキック能力、強化スーツ?シルバー“3つの力を手に、2015年の過去へ移動する。

過去へ到着した兄弟達は、ロボット工学者 紅健一郎【吉沢悠】へ接触し、巨大ロボット“レッドバロン”の製造を懇願する。紅健一郎はロボット製作を同意するが、一つの条件があった。健一郎の弟 血気盛んなボクサー 紅 健【渡部秀】は、望むこと無くレッドバロン操縦者 として地球存亡のカギを握る壮絶な戦いに巻き込まれてゆく。

エイリアン VS 強化人間、巨大ロボット VS 巨大ロボット、東京を舞台に、壮絶なバトルが開始される!

***********************************

出演:大東駿介 渡部秀/山本千尋 タモト清嵐 春日光一 壇蜜 松崎悠希 藤田富/泉谷しげる 寺脇康文 吉沢悠

プロデューサー・脚本・編集・監督:岡部淳也
エグゼクティブ・プロデューサー :村田修一 原作:宣弘社
脚本協力:北村龍平
VFXプロデューサー:桑原 崇
VFXディレクター:子安 肇
特殊造形:高橋勇也
製作:株式会社ブラスト
配給:プレシディオ
©albatross japan / 上映時間:81分


大東駿介、渡部秀、吉沢悠ら登壇「BRAVE STORM ブレイブストーム」公開記念舞台挨拶決定!


映画情報どっとこむ ralph ハリウッドと日本のコラボレーションで魅せる最新特撮の世界!

シルバー仮面xレッドバロン「BRAVE STORM ブレイブストーム」公開記念舞台挨拶実施!!

この度、11月10日に劇場公開が決定している映画『ブレイブストーム』の舞台挨拶が、公開2日目の11月11日(土)にTOHOシネマズ上野で実施されることが決定し、舞台挨拶への豪華登壇者が決定しました。
当日の舞台を華やかに彩るのは、本作のW主演、大東駿介、渡部秀そして、壇蜜といった豪華キャストが集結いたします。更に、本作でメガホンをとった岡部淳也監督がキャストとともに華を添えます。

映画情報どっとこむ ralph 初日舞台挨拶
日程:11月11日(土)
登壇:
大東駿介、渡部秀、山本千尋、タモト清嵐、春日光一、壇蜜、松崎悠希、吉沢悠、岡部淳也(監督)
*登壇者は予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。

舞台挨拶実施劇場:TOHOシネマズ上野

1回目:9:20の回 ※上映後舞台挨拶
上映: 9:20~10:50 / 登壇:10:50~11:15

2回目:11:50の回 ※上映前舞台挨拶
登壇:11:50~12:20 / 上映:12:20~

チケット販売情報
10/21(土)販売中 詳しくはこちら
https://www.tohotheater.jp/

映画情報どっとこむ ralph 2050年、地球人類は滅亡していた。―極わずかに残された人類の中、春日5人兄弟【大東駿介、山本千尋、タモト清嵐、壇蜜、春日光一】は 過去に時間移動し、侵略者 キルギス星人 を地球侵略開始前に抹殺することを計画。

奪取したキルギス星人の巨大ロボット設計データ、宇宙人探知グラス、サイキック能力、強化スーツ?シルバー“3つの力を手に、2015年の過去へ移動する。

過去へ到着した兄弟達は、ロボット工学者 紅健一郎【吉沢悠】へ接触し、巨大ロボット“レッドバロン”の製造を懇願する。紅健一郎はロボット製作を同意するが、一つの条件があった。健一郎の弟 血気盛んなボクサー 紅 健【渡部秀】は、望むこと無くレッドバロン操縦者 として地球存亡のカギを握る壮絶な戦いに巻き込まれてゆく。

エイリアン VS 強化人間、巨大ロボット VS 巨大ロボット、東京を舞台に、壮絶なバトルが開始される!

公式サイト:
www.bravestorm.jp

***********************************

出演:大東駿介 渡部秀/山本千尋 タモト清嵐 春日光一 壇蜜 松崎悠希 藤田富/泉谷しげる 寺脇康文 吉沢悠

プロデューサー・脚本・編集・監督:岡部淳也
エグゼクティブ・プロデューサー :村田修一
原作:宣弘社
脚本協力:北村龍平
VFXプロデューサー:桑原 崇
VFXディレクター:子安 肇
特殊造形:高橋勇也
製作:株式会社ブラスト
配給:プレシディオ
上映時間:81分
©albatross japan


大東駿介x渡部秀『BRAVE STORMブレイブストーム』ポスタービジュアルが解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度、11月10日(金)に公開される2大ヒーロー共演で話題の映画『BRAVE STORMブレイブストーム』より、待望のポスタービジュアルが解禁となりました!

本作品は、1970年代にテレビで人気を博した2作品「シルバー仮面」と「レッドバロン」が1つのスクリーンで共演するSFアクション映画。過去作へのオマージュも散りばめ、当時のファンにとっては懐かしさと嬉しさが共存する1作でもあるが、その映像は最新の特撮技術の結集ともいえる。


ハリウッドと日本の技術が見事にコラボレーションし、迫力満載の世界観を作り上げた。
この度解禁されたポスタービジュアルでは、最新技術で蘇ったレッドバロンの迫力ある戦いのシーンが描かれ、崩壊した未来の地球を背景にシルバー仮面がセンターに配置されている。「シルバー仮面」と「レッドバロン」の2大ヒーローが崩壊寸前の未来を変える戦いに挑む本作。

メインキャッチコピーには、シンプルで力強い「未来を変えろ!」というフレーズが起用されたが、最新の特撮技術によって、日本の映画界における特撮の未来を変えろ!というメッセージを想像してしまうほどの迫力あるビジュアルが完成した。

本作でW主演となるのは『クローズZERO』『クローズZERO?』の大東駿介、『仮面ライダーオーズ/OOO』の渡部秀。
そして『ウルトラマンジード』の山本千尋、『青鬼ver2.0』のタモト清嵐、『仮面ライダーアマゾンズ』の藤田富、『アイアムアヒーロー』の吉沢悠、その他、壇蜜、泉谷しげる、寺脇康文と豪華な顔ぶれが脇を固めている。

映画情報どっとこむ ralph
物語・・・
2050年、地球人類は滅亡していた。―極わずかに残された人類の中、春日5人兄弟【大東駿介、山本千尋、タモト清嵐、壇蜜、春日光一】は 過去に時間移動し、侵略者 キルギス星人 を 地球侵略開始前に抹殺することを計画。奪取したキルギス星人の巨大ロボット設計データ。
そして、宇宙人探知グラス、サイキック能力、強化スーツ?シルバー“3つの力を手に、2015年の過去へ移動する。

過去へ到着した兄弟達は、ロボット工学者 紅健一郎【吉沢悠】へ接触し、巨大ロボット“レッドバロン”の製造を懇願する。
健一郎はロボット製作を同意するが、一つの条件があった。健一郎の弟 血気盛んなボクサー 紅 健【渡部秀】は、望むこと無く レッドバロン操縦者 として地球存亡のカギを握る壮絶な戦いに巻き込まれてゆく。
エイリアン VS 強化人間、巨大ロボット VS 巨大ロボット、東京を舞台に、壮絶なバトルが開始される!

公式サイト:
www.bravestorm.jp

***********************************

出演:大東駿介 渡部秀/山本千尋 タモト清嵐 春日光一 壇蜜 松崎悠希 藤田富/泉谷しげる 寺脇康文 吉沢悠 
  
プロデューサー・脚本・編集・監督:岡部淳也 
エグゼクティブ・プロデューサー :村田修一 原作:宣弘社  
脚本協力:北村龍平 
VFXプロデューサー:桑原 崇 
VFXディレクター:子安 肇 
特殊造形:高橋勇也 
製作:株式会社ブラスト 
配給:プレシディオ  
上映時間:81分
©albatross japan
    


日本国憲法第九条は維持か?破棄か?宮本正樹監督「第九条」公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 日本国憲法第九条は維持か?破棄か?

参院選に先駆け、宮本正樹監督の最新作『第九条』が2016年7月2日(土)より横浜ブリリアショートショートシアター他、全国順次公開することになりました。

第九条
映画情報どっとこむ ralph 第九条s120XX年、時の政府は日本国憲法第九条の改正の検討に入った。

それに伴い、国民の意思を聞くため、各年代別に諮問委員会を作り、諮問委員会は第九条は維持か?破棄か?の全員一致の結論を求められた。そして、その結論の意見の多い方に政府は従うとした。20代以外の諮問委員会の結論は、維持と破棄が五分五分。これから開かれる20代の諮問委員会の結論が日本の運命を握ることとなった。

諮問委員会のメンバーは様々な職種の20代の若者12人。改正派、維持派、中間派、この問題に興味のない者、皆、様々な意見を持った12人だったが、議論は徐々に熱くなって行く。
第九条s2 憲法の成り立ち、今の憲法が抱える問題点が分かり易く浮き彫りになって行き、議論は深まって行く。それぞれが、日本の未来、若者の未来を真剣に考え、自分の想いを吐露して行き、議論は日本の運命を決める結論に向かってひた走っていく。

果たして、彼らの出した結論は?日本の運命は?

映画情報どっとこむ ralph 日本の運命を決める20代の若者12人を演じるのは・・・・戦隊で日本を守ってきたあの人たちも!。

1.南圭介 映画「ガチバン」/映画「ハニー・フラッパーズ」

2.タモト清嵐 ドラマ「仮面ライダーフォーゼ」/映画「ガチバンⅣ」

3.馬場良馬 ドラマ「特命戦隊ゴーバスターズ」/映画「U-31」

4.松本寛也 ドラマ「特命戦隊ゴーバスターズ」/ドラマ「魔法戦隊マジレンジャー」

5.聡太郎 ドラマ「獣拳戦隊ゲキレンジャー」/ドラマ「仮面ライダーゴースト」

6.荒牧慶彦 映画「DANCE!DANCEDANCE!!」/映画「純愛ストーカー~青春ディスカバリーフィルム~」

7.中村僚志 映画「ガキ☆ロック」/映画「リュウセイ」

8.小笠原健 映画「カバディーン!!!!!!!~激突・怒黒高校篇~」

9. 森レイ子 映画「花の袋」/映画「ライク・サムワン・イン・ラブ」

10.はねゆり 映画「櫻の園」/映画「アバター」

11.綱島恵里香 ドラマ「信濃のコロンボ~死者の木霊~」/テレビ「ゴッドタン」

12.睡蓮みどり 映画「青春群青色の夏」/映画「断食芸人」

映画情報どっとこむ ralph 第九条s3
日本国憲法第九条は維持か?破棄か?

『第九条』

2016年7月2日より 横浜ブリリアショートショートシアター ほか全国ロードショー

公式HP:https://dai9jo.localinfo.jp/

***********************************

監督: 宮本正樹 「共に歩く」
脚本: 宮本正樹 「共に歩く」
製作: (株)クラスター/トキメディアワークス
©2016映画「第九条」製作委員会 [2016/日本/カラー/16:9/77分]

脚本・監督:宮本正樹

出演:南圭介、馬場良馬、タモト清嵐、松本寛也、荒牧慶彦、聡太郎、小笠原健

中村僚志、はねゆり、綱島恵里香、森レイ子、睡蓮みどり

企画・製作:映画「第九条」製作委員会
配給:クラスター


浴衣姿で初日舞台挨拶 青鬼祭りだ!中川大志、平祐奈ら登壇!


フリーホラーゲーム「青鬼」。大ヒットを記録した映画『青鬼』の第2弾、
青鬼 ver.2.0
が7月4日全国ロードショーとなり、ブレイク中の若手キャスト中川大志、平祐奈、松島庄汰、久松郁実、勧修寺玲旺、タモト清嵐と前川英章監督が青い浴衣で登場する初日舞台挨拶が行われました!

もちろん、出たがり!?な青鬼さんも登場!

青鬼 ver.2.0舞台挨拶
日程:7月4日(土)
場所:シネマート新宿  
登壇:中川大志、平祐奈、松島庄汰、久松郁実、勧修寺玲旺、タモト清嵐、前川英章監督、青鬼

青鬼V2_初日舞台挨拶
MC:青鬼祭りにようこそ!それでは!

中川大志1 中川さん:初日舞台挨拶そして青鬼祭りにお越しいただきありがとうございます。初主演でプレッシャーはあったんですけど。台本いただいた時にこの世界観に入れるんだというワクワク感があって楽しみで。VFXもあって初めての経験も多かった現場でした。いい経験になりました。ホラー映画は得意ではなかったのですが、出る側になって。しかも現場が本当の廃墟で。凄く雰囲気が怖かったんです。松島君に一緒にトイレについてきてもらったんですよ。

松島さん:その屋敷に泊まって撮影したんでね。嫌がらせです。屋敷注目です。

平祐奈 平さん:青鬼祭りなだけに、青鬼の恐怖が今日降ってきます!しっかりした高校2年生の役で難しかったんですけど。監督がご指導していただいたのでやり遂げました。でもホラーは苦手で。青鬼は観る前はそんなに怖くなくて楽しめるんじゃないかって思ってたんですけど。実は怖くて。観た時は母とお姉ちゃんに挟まれて観ました。でも、原作がゲームなのでゲーム感覚で楽しめる映画だと思います。

MC:お姉さん(平愛梨)もこの夏ホラー(呪怨)に主演ですが?
平さん:はい。2人で台本を読み合ったり、叫び方を勉強したりしました。ホラーを楽しみました。

青鬼V2松島庄汰 松島さん:初日と言うことでこれから皆さんに観ていただくわけですが、この暑い夏を吹き飛ばす涼しい映画になればなと思っています!

MC:一番年上ですが
松島さん:(中川さんを指して)ここ1歳違いですからね。17歳なんだよね。本当は8歳違い。(笑)大志しっかりしてますからね。頼もしかったので、年上だから引っ張るとかはしていません。今日大志はテスト帰りなんだよね。
青鬼V2_初日舞台挨拶2 MC:VFXの撮影は?
松島さん:大志と話し合って、ここに青鬼の顔!とか表情とか合わせてました。大変でしたね。注目は青鬼の表情です。凄いです。

久松郁実 久松さん:今日は青鬼祭り是非楽しんでいってください!あまりホラーを撮っている感覚がなかったんですよ。特に松島君とタモト君は祐奈ちゃんに対するメロメロさが凄かったんですよ!(嫉妬?)

松島さん:キラキラ感が凄いんですもん。久松さんも可愛かったですよ。。。
久松さん:でも、私は監督から郁実!良かったって言って下さったのでそれでいいです。
監督:彼女には3時間も走りっぱなしで演技してもらったので、この後観てください。

観修寺玲旺2 勧修寺さん:是非楽しんでいってください。原作ゲームが大好きだったので、ガタブルシーンや原作に基づいたシーンを楽しめるんじゃないかと思います。まるでゲームの中に入っているように走ったり叫んだり演じられたので凄いいい経験が出来たかなと思います。

タモト清嵐 タモトさん:映画が楽しめるようテンション上げてやっていこうともっています。
MC:平さんとのシーンが多かったですよね。
タモトさん:どう考えても可愛いですよね。スクリーン上でも可愛いし、どうしましょう。
中川さん:どうにもしないでください。

前川監督 前田監督:是非楽しんでいってください。
MC:デスノートやGANTZのCGを手掛けていますが。
前田監督:日本でこんなにクリーチャーがガッツリ出てくる映画ないと思います。思いを込めて作りました。表情は登場人物の一人として作り上げたつもりです。

MC:自分スタイルでPRを!

中川さん:この夏は劇場で鬼ごっこ。青鬼ごっこ。
松島さん:それ他の映画じゃ?

平さん:青鬼は怖さあり、楽しさあり。面白さあり。友情がいい感じにまとまっているので皆さんこれから観て、ブル~って怖がってください!青鬼だけに。今日は全員で浴衣が着られてゆかった~。

松島さん:川柳で。青鬼はア○○ジャーズより怖い。
MC:僕は松島君大好きです。

久松さん:祐奈ちゃんに対抗して私もダジャレで。男性に向けて。あ、おに―さん青鬼観ていきませんか?

勧修寺さん:皆さんガタガタブルブルしていただければと思います。

タモトさん:なぞかけを。青鬼Ver 2.と掛けまして、シネマート新宿と掛けます(平さん:その心は)どちらも1回じゃ観れないでしょう。

MC:お後がよろしいようで。一番よかった判定は青鬼さんに!
青鬼登場!
祈る
そして選んだのは!
平さん:キャ~!!!
青鬼VS平祐奈
サイン入りパンフレットが当たるくじ引き!

青鬼V2_初日舞台挨拶_くじ引き
最後に

中川さん:これから観ていただくので多くは語れませんが、兎に角、青鬼と僕たちが壮絶バトルを繰り広げているのを楽しんでください!
青鬼V2_初日舞台挨拶last
もの が・た・  り・・・・
青鬼-ver.2ひろしと杏奈は不登校になっているクラスメイトのシュンの様子を見るために彼の家へと向かった。しかし道中、奇妙な模様をした蝶に誘われ怪物が現われると噂される屋敷<ジェイルハウス>へと引きずり込まれてしまう。一方、時を同じくしてシュンの不登校の発端となった、クラスメイトの卓郎、美香、たけしの3人は肝試しの動画実況をするため、同じ屋敷へと入っていった。無人であるはずの屋敷内に響き渡る怪しげな物音。 扉の向こう側からこちらを覗き込む青い影。
「…嫌な予感がします。」
この世のものとは思えぬブルーベリー色の巨人に遭遇するひろしたち。慌てて出ようもするも、出口はすでに塞がれ、脱出は不可能。しかしひろしだけは、この館をシュンが作ったゲーム世界とリンクしていることに気付き…。

公式サイト http://aooni-movie.com/

********************************************************************

キャスト:中川大志 平祐奈 松島庄汰 久松郁実 勧修寺玲旺 タモト清嵐
スタッフ:
監督:前川英章
脚本:いながわ亜美
制作:デジタル・フロンティア
企画・配給:AMGエンタテインメント
製作:「青鬼 ver.2.0」製作委員会
(C) 2015 noprops・黒田研二/『青鬼 ver.2.0』製作委員会