「ゾンビランド:ダブルタップ」タグアーカイブ

安達祐実の可愛さに、ゾンビメロメロ!『ゾンビランド:ダブルタップ』公開記念イベント


映画情報どっとこむ ralph この度、映画『ゾンビランド:ダブルタップ』が11月22日(金)より劇場公開となることを記念して、本日11月14日(木)、アンチエイジングの日に山野美容専門学校で、イベントが開催された。本イベントには日本語吹替版でマディソン役を担当する安達祐実、ゾンビのように復活する“ゾンビ芸人”として知られる小島よしおが登壇。ゾンビメイクを施した山野美容専門学校の約70名の学生を前にトークショーを行ないました!
開催日:11月14日(木)
場所:山野美容専門学校
登壇:安達祐実、小島よしお

映画情報どっとこむ ralph 劇中で“年齢不詳のピンクギャル”ことマディソンを演じる安達は、キャラクターにちなんだピンクの衣裳で登場。

安達さんが登場すると、ゾンビメイクをした約70名の学生から「かわいい!」という黄色い声援が飛んだ。

大勢のゾンビに待ち構えられて

安達さん:逃げなくちゃと思って、ちょっとドキドキします(笑)

と驚いた様子。
それでも会場に集まった学生たちに向けて、

安達さん:ゾンビのクオリティが高くてびっくりしました。怖いけど、可愛いですね。

とコメントし、笑顔を見せた。

MCから本作への出演オファーが来た時のことについて聞かれると、

安達さん:ハリウッド映画の吹替えを担当するのは初めてだったので、不安もあったんですが、すごく面白い映画だったので、“是非やらせていただきます!”と言わせていただきました。

と振り返る。

安達さんが演じるマディソンは、スイーツ店の冷凍庫の中でゾンビから10年間隠れて生き抜いてきたというキャラクターだが、

安達さん:ギャルだった時期がないので、少し不安もありました。

と役作りで感じたという不安を吐露する場面も。そして吹替えをすることの難しさは

安達さん:他人の動きに自分の声をのせること。

と語る安達だが、本編ではすっかりギャルになりきってセクシーでキュートなキャラクターを演じきっている。

またこの日は、ゾンビのように復活する「ゾンビ芸人」として知られる小島よしおもゾンビメイクをしてイベントに参戦!!

会場は大盛り上がり。リズムに乗せて、お馴染みの“そんなの関係ねぇ”を披露し、

小島さん:はいっ、ゾンパッピー!

と締めくくると、大きな拍手が送られた。これまで何度か特殊メイクをした経験があるという小島さんだが、今回のゾンビメイクは

小島さん:なんといってポイントは目!コンタクトを入れているんですが、ここまで本格的なメイクをしたのは初めてです」とポイントを解説。クオリティの高いゾンビメイクに安達も「やっぱりコンタクトがすごいですね!びっくりしました。

と小島のゾンビメイク姿に興味津々だった。

続いて、イベントではゾンビメイクをして登場した小島さんをアンチエイジングの日にちなみ、“ゾン美”に変身させるため、安達さんの手で特別にメイクを施すことに。

小島さん:安達さんにメイクをしてもらえるなんて光栄なことです

と緊張気味の小島さんに、安達さんが次々とメイクを施し完成すると、会場に集まった学生からは「かわいい!」と絶賛の声が。

鏡でメイク後の姿を見て

小島さん:本当だ!かわいい!ゾンビだけど、生き返った感じがする!

と大興奮。
安達さんもは小島さんと学生の高評価に、満足そうな笑みを浮かべていた。

さらに映画の劇中に登場する“ゾンビ社会を生き抜くためのルール”にちなんで“芸能界を明るく楽しく生き抜くためのルール”についての話題になると、

小島さん:それは僕、本当に教えて欲しいです!

と前のめりに。

安達さん:飾らずに素直でいることだと思います。

と答えると、小島さんは大きくうなずいていた。
一方の

小島さん:目の前のことを一生懸命して、努力を忘れずに常にチャレンジすることです。

と普段の芸能生活で心掛けていることを明かした。

最後に、本作の魅力を

安達さん:私が演じるマディソンは可愛くて魅力的なキャラクターです。そして『ゾンビランド』はゾンビ映画なので、もちろんハラハラドキドキする部分もありますが、見終わった後にスッキリ爽快感も持って楽しんでいただける映画になっていると思います。⾊々な方に観ていただけると嬉しいです!

とアピールして、イベントを締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph 『ゾンビランド:ダブルタップ』

公式サイト:
http://www.zombie-land.jp/

公式Twitter:
@SPEeiga

#ゾンビランド

Little Rock (Abigail Breslin), Wichita (Emma Stone), Tallahassee (Woody Harrelson) and Columbus (Jesse Eisenberg) in Columbia Pictures' ZOMBIELAND 2: DOUBLE TAP.
2009年、爆発的なウィルス感染により地球上の人類がゾンビと化す中、4人の生存者であるコロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)、タラハシー(ウディ・ハレルソン)、ウィチタ(エマ・ストーン)、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)は仲間と共に、明るく楽しく、支え合ったり裏切ったりしながら、かれこれ10年もゾンビ社会を生き抜いていた。そう、生き残るための秘訣は――コロンバスが作り上げた「生き残るための32のルール」。

そして2019年、地球はさらに激しくゾンビ化し、ヤツらはパワーもスピードもレベルアップした“新種”として進化を遂げていた!どうやら同じく生き残ってきたギャル(ゾーイ・ドゥイッチ)も
参戦し、“ルールさえ守れば何でもアリ!”な人たちが、武器を片手に激しく楽しくゾンビをなぎ倒していく!

***********************************

全⽶公開:10 月18 日
監督:ルーベン・フライシャー(『ヴェノム』『ゾンビランド』)
脚本:レット・リース&ポール・ワーニック(『デッドプール』)、デイヴ・カラハム

出演:ウディ・ハレルソン(『スリー・ビルボード』)、ジェシー・アイゼンバーグ(『ソーシャル・ネットワーク』)、
エマ・ストーン(『ラ・ラ・ランド』)、アビゲイル・ブレスリン(『リトル・ミス・サンシャイン』)、ゾーイ・ドゥイッチ




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ゾンビランド:ダブルタップ』日本語吹替版上映決定!コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph この度、11月22日(金)より全国ロードショーとなるウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーンらが出捐する映画『ゾンビランド:ダブルタップ』の日本語吹替版キャストが決定しました。
『ゾンビランド:ダブルタップ』メインカット

超一流のキャスト、監督、脚本による『ゾンビランド:ダブルタップ』の日本吹替版の上映が決定し、ゾンビ退治といえば・・・彼らの右に出るものなし!の、“対ゾンビ”最強声優陣が集結しました!
映画『ゾンビランド:ダブルタップ』日本語吹替版声優 画像

映画情報どっとこむ ralph 屈強な腕力と抜群の射撃テクニックでゾンビ社会を生き抜くワイルドな男、タラハシー(ウディ・ハレルソン)の吹替を担当するのは、海外ドラマ「ウォーキング・デッド」シリーズの主人公ダリル・ディクソン役の小山力也!!

小山力也/タラハシーウディ・ハレルソン 役 コメント
俺ぁキングに憧れて、ついつい乗せられキングをシャウトし、憎いあの娘が頬っぺにドンよ!
ほいでもって本気でキングに成ろうかと、化け物どもを片っ端からぶっ潰しゃあ、今度は粋なネエチャンが、俺のかましたパワーに夢中で、コスプレばっちりかましてドンよ!ところがアイツが可愛くて、けどジャマにはなりたくねえからトンズラかまそうかと、粋なグッバイかましたらよ、化け物ウジャウジャ出て来やがって、こりゃあヤバイとドドンのドンよ!どうよ、ビックラこいてオマエも俺にドドンのドンだろ!

また「ゾンビ社会で生き残るための32のルール」を作り上げ、仲間と共に生き延びてきたコロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)は、『新感染 ファイナル・エクスプレス』の主人公のソ・ソグ役の中村悠一が担当!

中村悠一
コロンバス(ジェシー ・ アイゼンバーグ) 役 コメント
ゾンビ…想像の域を出ないモノであるにもかかわらず、これ程『本能』から恐れてしまうモノがあるだろうか。そんなゾンビをこれでもかと、恐ろしくないものに仕上げてしまいました!いや怖いんです、怖いんですが…それ以上に面白おかしくイジリ倒しちゃった本作!是非楽しみにして頂きたいです!

映画情報どっとこむ ralph コロンバスの恋人・ウィチタ(エマ・ストーン)は、『バイオハザード』シリーズの主人公アリス役でお馴染みの本田貴子!

本田貴子/ウィチタ(エマ・ストーン)役コメント
救いのない世界で、へこたれない魅力的なキャラクターたちに笑わせてもらいました。とても楽しい作品、
皆様も是非劇場で盛り上がってください。

さらに、ウィチタの妹、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)は、昨年『カメラを止めるな!』で空前のゾンビブームを巻き起こした秋山ゆずきが声優に初挑戦します!

秋山ゆずき/リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)役 コメント
映画の吹き替えをさせて頂くのは今回が初めてなのでお話を頂いた時は正直不安でしたが、いざ収録がはじまるとすごく楽しむことができました。そして豪華なキャストの皆様と共演させて頂けることが本当に光栄で嬉しいです。コメディ要素も多く、ホラーが苦手な方でもみていただける楽しい作品となっていると思うので、是非多くの方に観て頂きたいです!

映画情報どっとこむ ralph

この“対ゾンビ”最強声優陣によって命が吹き込まれる『ゾンビランド:ダブルタップ』の日本語吹替版に是非ご注目ください!

『ゾンビランド:ダブルタップ』

11月22日(金)<ゾンビ深まる季節に>全国ロードショー

公式サイト:
http://www.zombie-land.jp/
公式Twitter:
https://twitter.com/SPEeiga

#ゾンビランド

2009年、爆発的なウィルス感染により地球上の人類がゾンビと化す中、4人の生存者であるコロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)、タラハシー(ウディ・ハレルソン)、ウィチタ(エマ・ストーン)、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)は仲間と共に、明るく楽しく、支え合ったり裏切ったりしながら、かれこれ10年もゾンビ社会を生き抜いていた。そう、生き残るための秘訣は――コロンバスが作り上げた「生き残るための32のルール」。そして2019年、地球はさらに激しくゾンビ化し、ヤツらはパワーもスピードもレベルアップした“新種”として進化を遂げていた!どうやら同じく生き残ってきたギャル(ゾーイ・ドゥイッチ)も参戦し、“ルールさえ守れば何でもアリ!”な人たちが、武器を片手に激しく楽しくゾンビをなぎ倒していく!

***********************************

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

監督:ルーベン・フライシャー(『ヴェノム』『ゾンビランド』)
脚本:レット・リース&ポール・ワーニック(『デッドプール』)、デイヴ・カラハム
出演:ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、エマ・ストーン、アビゲイル・ブレスリン




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

愛すべきゾンビランドの魅力、まるわかり!『ゾンビランド:ダブルタップ』必見の特別映像を大公開!


映画情報どっとこむ ralph この度、11月22日(金)より全国ロードショーとなる映画『ゾンビランド:ダブルタップ』の豪華キャスト陣のインタビュー映像を含む特別映像が公開となりました。
『ゾンビランド:ダブルタップ』メインカット
“ゾンビランドでの、最高の日とは?”—エマ・ストーンが質問の書かれた紙を華麗に投げ捨ててスタートするウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーン・・・アカデミー賞俳優たち、『ヴェノム』監督、『デッドプール』脚本家の“超一流”が送る!

ゾンビを明るく生き抜く大切なルール!

特別映像。10年の時を経て、“超一流”へとパワーアップして再び集結した最強のキャスト陣による貴重なインタビューを見ることができるのはもちろん、気になる新キャラクターも登場し、本作『ゾンビランド:ダブルタップ』の魅力を余すところなく紹介している!

「また皆でこの仕事ができてすごく楽しかった」と再会を喜ぶエマは、撮影の合間にウディ・ハレルソンとじゃれあうなど、撮影中はハイテンションだった様子。あまりの仲の良さが、なんとも微笑ましい映像となっている。

そして、アビゲイル・ブレスリンが「久しぶりすぎて誰も私に気づいてくれないの」と笑うのも無理のないこと。前作『ゾンビランド』の全米公開時には、13歳だったアビゲイルも今ではすっかり23歳の立派なレディへと成長。アビゲイルをはじめ、それぞれがアカデミー賞(受賞およびノミネーション)俳優へと成長して、再び巻き起こす化学反応には期待が膨らむばかりだ。

また映像には、本作で登場する新キャラクターを演じる、ロザリオ・ドーソン、トーマス・ミドルディッチ、ゾーイ・ドゥイッチへのインタビューも。中でも気になるのは、ウディ・ハレルソン演じるタラハシーと、ジェシー・アイゼンバーグ演じるコロンバスに激似なキャラクターの登場。いったい彼らがどんな形で登場するのか、気になるところ!最後に、ジェシーは「続編と言うよりは単独作として楽しめるんだ」と語り、本作からでも楽しめることを強調。ウディは「俺たちのイケてる所やイケてない所も楽しんで欲しい」とアピールしている。

最強のキャスト陣をはじめ、『ヴェノム』監督、『デッドプール』脚本家が送る“超一流”映画が、皆様の秋を盛り上げます!

映画情報どっとこむ ralph そして2019年、地球はさらに激しくゾンビ化し、ヤツらはパワーもスピードもレベルアップした“新種”として進化を遂げていた!どうやら同じく生き残ってきたギャル(ゾーイ・ドゥイッチ)も参戦し、“ルールさえ守れば何でもアリ!”な人たちが、武器を片手に激しく楽しくゾンビをなぎ倒していく!

ゾンビランド:ダブルタップ』 

1月22日(金) <ゾンビ深まる季節に>全国ロードショー

公式サイト:
http://www.zombie-land.jp/

公式Twitter:
@SPEeiga
#ゾンビランド

2009年、爆発的なウィルス感染により地球上の人類がゾンビと化す中、4人の生存者であるコロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)、タラハシー(ウディ・ハレルソン)、ウィチタ(エマ・ストーン)、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)は仲間と共に、明るく楽しく、支え合ったり裏切ったりしながら、かれこれ10年もゾンビ社会を生き抜いていた。

そう、生き残るための秘訣はコロンバスが作り上げた「生き残るための32のルール」。

***********************************

全米公開:10月18日 
監督:ルーベン・フライシャー(『ヴェノム』『ゾンビランド』) 
脚本:レット・リース&ポール・ワーニック(『デッドプール』)、デイヴ・カラハム
出演:ウディ・ハレルソン(『スリー・ビルボード』)、ジェシー・アイゼンバーグ(『ソーシャル・ネットワーク』)、エマ・ストーン(『ラ・ラ・ランド』)、アビゲイル・ブレスリン(『リトル・ミス・サンシャイン』)




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ウディ・ハレルソン,ジェシー・アイゼンバーグ,アビゲイル・ブレスリン,エマ・ストーン『ゾンビランド:ダブルタップ』LAワールドプレミア


映画情報どっとこむ ralph ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーン・・・
アカデミー賞俳優たち、『ヴェノム』監督、『デッドプール』脚本家の“超一流”が送る!
ゾンビを明るく生き抜く大切なルール!

 ウディ・ハレルソン,ジェシー・アイゼンバーグ,アビゲイル・ブレスリン,エマ・ストーン,ルーベン・フライシャー監督
この度、全米公開を目前に控えた現地時間10月10日(木)<日本時間10月11日(金)>に、ワールドプレミアがLAで開催されました。本プレミアには、ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーンといったアカデミー賞俳優たちに加え、『ヴェノム』でヒットメーカーとなったルーベン・フライシャー監督も参加。普段UCLAの学生たちで賑わうウエストウッドヴィレッジに白くそびえたつ、リージェンシー・ヴィレッジ・シアターが、“ゾンビランド”と化しました!
Los Angeles, CA – October 10, 2019: Tony Vinciquerra, Chairman and CEO of Sony Pictures Entertainment, Thomas Middleditch, Avan Jogia, Rosario Dawson, Ruben Fleischer, Director/Executive Producer, Woody Harrelson, Emma Stone, Abigail Breslin, Paul Wernick, Writer/Executive Producer, Zoey Deutch, Rhett Reese, Writer/Executive Producer, and Jesse Eisenberg during the Red Carpet at the World Premiere of Columbia Pictures’ ZOMBIELAND: DOUBLE TAP at the Regency Village Theatre in Westwood.

映画情報どっとこむ ralph 待望の続編がいよいよ全米公開が10月18日(金)と、目前に控える本作『ゾンビランド:ダブルタップ』。

ウディは「こんなに楽しい仕事は他にないよ。わかるだろ?一日中笑いっぱなしさ。この作品に参加できて、本当に光栄だよ」と感慨深い様子。
『ゾンビランド:ダブルタップ』ワールドプレミアウディ・ハレルソン

アビゲイルも「ここまでくるのに長い道のりだった気がする。10年だもんね。(またみんなと仕事できるのは)素晴らしかったわ!再会すると同時に、ずっと一緒にいたかのような感じで打ち解けられたの。そして新しいキャストメンバーも加わって、さらにクレイジーなファミリーになったわね!」
アビゲイル・ブレスリン『ゾンビランド:ダブルタップ』ワールドプレミア

と笑顔を見せた。前作『ゾンビランド』はゾンビ映画ファンだけではなく、多くのファンに親しまれているが、ウディは監督を務めたルーベン・フライシャーについて、

ウディ「ルーベン・フライシャー監督はマジシャンだね。コメディでありつつ、感動もできる。素晴らしい作品だと思うよ」

と語り、その手腕を高く評価。また

ジェシーは、「10年待って、様々な脚本家のドラフトを経由し、最終的に前作の『ゾンビランド』や『デッドプール』も手掛けたポール&レットが素晴らしいものを書き上げたんだ。とても興奮したよ」
ジェシー・アイゼンバーグ『ゾンビランド:ダブルタップ』ワールドプレミア 
と、すっかり一流となったレット・リース&ポール・ワーニックの脚本を絶賛した。

映画情報どっとこむ ralph 前作『ゾンビランド』の公開から10年の月日が経ち、それぞれアカデミー賞(※ノミネート含む)俳優となって再集結したことについて

ウディは、「全員が揃うことがとても大事だった。みんなファミリーなんだ。素晴らしきファミリーさ。一緒にいるととても楽しい。この作品がヒットして、3作目が作られることを願っているよ」

と再会を喜び、早くもさらなる続編への意欲を見せると、

エマも「またみんなで集まってこの作品をやりたいと思ったのは、この作品の持つスピリットがユニークだからだわ。ゾンビ退治のアクションが満載でありつつ、作品の核として、ハートがしっかり詰まっている。世界の状況がどうであれ、愛する人や、大事な人を見つけたいというね。本作は前作の精神をしっかりと引き継いでいるし、私たち全員にとってとても大切な作品だわ」
エマ・ストーン『ゾンビランド:ダブルタップ』ワールドプレミア
と、この作品が自身にとって重要な作品であることを強調した。

本作ではお馴染みのキャストが登場するのはもちろん、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で知られるリー・トンプソンを母に持つゾーイ・ドゥイッチをはじめとする新キャストも登場。

ジェシーは、「ゾーイは、信じられないくらい面白いんだ。そして僕のそっくりさんを演じるトーマスも素晴らしいコメディアンであり俳優である。こうやって前作からのダイナミクスが変わることは大歓迎だね」

と、新キャストの参加を歓迎。

エマも「みんな素晴らしいわ!ゾーイもとても素敵だし、映画の中でとっても面白い存在なの。ロザリオ・ドーソンやトーマス・ミドルディッチ、ルーク・ウィルソン・・皆最高よ」

と称賛した。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

ジェシーは、「観客が僕たちと同じくらい笑ってくれることを願っているよ。僕にとって、前作と同じくらい面白くて、素晴らしくて、スイートな存在なんだ。撮影中僕らはずっと“これは面白いよね”と思いながらやってきたし、観客にもそう思ってほしい」

とコメント。

エマが「みんな楽しんで、そして笑ってくれるといいな。そして今いるこのクレイジーな世界からの逃避を楽しんでほしい。その逃避する世界もまた大惨事なんだけどね!」

とファンに向けて本作の魅力をアピールし、プレミアは大盛況のうちに幕を閉じた。

Los Angeles, CA – October 10, 2019: Woody Harrelson, Emma Stone, Abigail Breslin and Jesse Eisenberg during the Red Carpet at the World Premiere of Columbia Pictures’ ZOMBIELAND: DOUBLE TAP at the Regency Village Theatre in Westwood.
映画情報どっとこむ ralph ゾンビランド:ダブルタップ
全米公開:10月18日 

公式サイト:
http://www.zombie-land.jp/

公式Twitter:
@SPEeiga

#ゾンビランド

『ゾンビランド:ダブルタップ』メインカット
2009年、爆発的なウィルス感染により地球上の人類がゾンビと化す中、4人の生存者であるコロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)、タラハシー(ウディ・ハレルソン)、ウィチタ(エマ・ストーン)、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)は仲間と共に、明るく楽しく、支え合ったり裏切ったりしながら、かれこれ10年もゾンビ社会を生き抜いていた。そう、生き残るための秘訣は――コロンバスが作り上げた「生き残るための32のルール」。
そして2019年、地球はさらに激しくゾンビ化し、ヤツらはパワーもスピードもレベルアップした“新種”として進化を遂げていた!どうやら同じく生き残ってきたギャル(ゾーイ・ドゥイッチ)も参戦し、“ルールさえ守れば何でもアリ!”な人たちが、武器を片手に激しく楽しくゾンビをなぎ倒していく!

***********************************

監督:ルーベン・フライシャー(『ヴェノム』『ゾンビランド』) 
脚本:レット・リース&ポール・ワーニック(『デッドプール』)、デイヴ・カラハム
出演:ウディ・ハレルソン(『スリー・ビルボード』)、ジェシー・アイゼンバーグ(『ソーシャル・ネットワーク』)、
エマ・ストーン(『ラ・ラ・ランド』)、アビゲイル・ブレスリン(『リトル・ミス・サンシャイン』)




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ