「ソローキンの見た桜」タグアーカイブ

映画『ソローキンの見た桜』新場面写真と阿部純子コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph この度、3月22日(金)公開、日露合作プロジェクト、映画『ソローキンの見た桜』の新場面写真が解禁。

本作は、監督に初長編作を自主制作ながらロシア人俳優を起用しロシアで撮影され話題を呼んだ新鋭・井上雅貴、主演には映画・ドラマなどで印象を残している若手実力派女優の阿部純子を迎え、日露戦争時代の国境を越えた愛を描いた作品です。実話を元にしたラジオドラマが原作であり、日本で初めてロシア兵捕虜収容所が設けられた、愛媛県の松山が舞台となっています。

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁となる新場面写真では、阿部純子演じるテレビディレクターの桜子が、斎藤工演じる先輩ディレクターと共にロシアを訪れる現代パート。
また、阿部が演じるもう一人の人物ゆいが浜辺で顔を覆って涙を流し、それを見つめるガリュチェンコ演じるソローキンを写した過去パートを見ることができます。

“日露戦争時代のロミオとジュリエット”というフレーズ通り、戦争の敵味方という国境を越えた愛を描く過去パートに登場するゆい、また自らのルーツを追ってロシアの地を訪れる桜子を、阿部がどのように演じ分けるのか、本編に期待値が膨らむ内容となっておます。

阿部純子さんのコメント

『あの人との出会いがなければ、今の自分はなかった』
こんな想いは、誰もが持ち合わせられるものなのでしょうか?
日露戦争の最中、ロシア人と日本人との間で生まれたひとつの恋。
やさしさがやさしさを生む、その連鎖を信じたくなりました。

ふたりの恋愛は、決して幸福に包まれているだけのものではなかったけれど、たくさんのロシア人と日本人に支えられ…。
そのおかげで、時代も国境も超えて、ふたりは愛を育むことができました。

自ら演じているうちに、私自身もこの物語の主人公、ユイのように、凛と生きてゆきたいと思いました。

映画情報どっとこむ ralph 『ソローキンの見た桜』

公開表記:2019年3月22日(金)角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー
2019年3月16日(土)愛媛県先行ロードショー

公式HP:
https://sorokin-movie.com/

【STORY】
2018年、駆け出しTVディレクターの桜子(阿部純子)は、ロシア兵墓地の取材を皮切りにロシアに行くことが決定していたが、興味を持てずにいた。しかし祖母(山本陽子)から自身のルーツがロシアにあることを知り、さらにロシア兵と日本人看護師の、二人の日記を紐解いていくうちに衝撃の事実を知ることに——

日露戦争時代、傷ついたロシア兵将校ソローキン(ロデオン・ガリュチェンコ)の手当てをすることになったゆい(阿部純子、二役)。日本はハーグ条約を遵守し、ロシア兵捕虜はアルコールの購入や外出などの自由が許されていた。兄弟を戦争で亡くしたゆいは、ソローキンを憎みながらも
いつしか惹かれ、愛し合う。だがソローキンが捕虜になったのはある密命のためだった。ロシア革命に参加する為、収容所を脱走しロシアへ帰ることにしたソローキンは、ゆいも一緒に連れて帰ろうとするが・・

***********************************

監督・脚本・編集:井上雅貴
出演:阿部純子 ロデオン・ガリュチェンコ
山本陽子(特別出演) アレクサンドル・ドモガロフ 六平直政
海老瀬はな 戒田節子 山本修夢 藤野詩音 宇田恵菜 井上奈々 杉作J太郎
斎藤工 イッセー尾形
配給:KADOKAWA 
©2019「ソローキンの見た桜」製作委員会


阿部純子主演 日本人看護師とロシア将校の・・・「ソローキンの見た桜」本予告映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 日露戦争時代、日本に多く設置されたロシア兵捕虜収容所。
特に愛媛県松山には国内初の収容所が設けられ、この松山を舞台に運命的に出逢ってしまった日本人看護師とロシア将校の二人を中心に、歴史に翻弄された人々を描いた心揺さぶる感動のドラマ、「ソローキンの見た桜」が2019年3月22日(金)より公開となります。

映画情報どっとこむ ralph この度、本予告映像が完成し、戦争に翻弄された二人の揺れ動く気持ちが伝わる90秒間が解禁となります!
今からおよそ100年前。日本とロシア帝国が大陸の利権を争って戦った日露戦争。その戦争によって運命的に出会うこととなる、ゆい(阿部純子)と戦地で捕虜となり松山へとやって来たソローキン(ロデオン・ガリュチェンコ)。戦時下であり敵国同士という特殊な状況下で惹かれあう二人は、歴史の波に翻弄されることとなる。



映像序盤では、観劇、温泉入浴など捕虜でありながら、比較的自由な生活が描かれ、当時の世界の中での日本の立場が伺えるシーンとなっている。国際条約により、人権を重視していた日本。そこで看護師として働くゆいとソローキンは出逢い惹かれあうものの、戦争で兄弟を亡くしていたゆい。映像内ではソローキンに対し、涙ながらにその複雑な胸中を訴えている。しかし二人の気持ちは揺るぎないものとなり、ゆいの手をとり、疾走するソローキン。戦時下において、敵国同士の二人のまわりで様々な思惑が交錯する中、ゆいとソローキンの想いは実を結ぶのか…。そして日本からサンクトペテルブルクへと、壮大な映像美にも注目!

映画情報どっとこむ ralph 阿部純子、ロデオン・ガリュチェンコ、山本陽子、六平直政、斎藤工、イッセー尾形、そしてロシアの名優アレクサンドル・ドモガロフを迎え、日露合作で贈る壮大な人間ドラマを描いた映像となっています!

「ソローキンの見た桜」
3月22日(金)角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー
3月16日(土)愛媛県先行ロードショー

<STORY> 
2018年、駆け出しTVディレクターの桜子(阿部純子)は、ロシア兵墓地の取材を皮切りにロシアに行くことが決定していたが、興味を持てずにいた。しかし祖母(山本陽子)から自身のルーツがロシアにあることを知り、さらにロシア兵と日本人看護師の、二人の日記を紐解いていくうちに衝撃の事実を知ることに—— 日露戦争時代、傷ついたロシア兵将校ソローキン(ロデオン・ガリュチェンコ)の手当てをすることになったゆい(阿部純子、二役)。日本はハーグ条約を遵守し、ロシア兵捕虜はアルコールの購入や外出などの自由が許されていた。兄弟を戦争で亡くしたゆいは、ソローキンを憎みながらもいつしか惹かれ、愛し合う。だがソローキンが捕虜になったのはある密命のためだった。密命の為、収容所を脱走しロシアへ帰ることにしたソローキンは、ゆいも一緒に連れて帰ろうとするが・・

***********************************

出演:阿部純子 ロデオン・ガリュチェンコ 山本陽子(特別出演) アレクサンドル・ドモガロフ 六平直政 海老瀬はな 戒田節子
山本修夢 藤野詩音 宇田恵菜 井上奈々 杉作J太郎 斎藤工 イッセー尾形
監督・脚本・編集:井上雅貴  
製作:2019「ソローキンの見た桜」製作委員会
配給:KADOKAWA
©2019「ソローキンの見た桜」製作委員会  公式サイト:https://sorokin-movie.com/


日露戦争時代のロミオとジュリエット『ソローキンの見た桜』特報映像&場面写真到着!


映画情報どっとこむ ralph 日露戦争時代.。
日本に多く設置されたロシア兵捕虜収容所。特に愛媛県松山市には国内初の収容所が設けられ、この松山を舞台に運命的に出逢ってしまった日本人看護師とロシア将校の二人を中心に、歴史に翻弄された人々を描いた心揺さぶる感動の物語、映画『ソローキンの見た桜』が2019年3月22日(金)より公開となります。

この度、本作の特報映像が完成し、いよいよ日露合作で贈る心揺さぶる人間ドラマを描いた映像が解禁となりました!


今からおよそ100年前。
日本とロシア帝国が大陸の利権を争って戦った日露戦争。その戦争によって運命的に出会うこととなる、ゆい(阿部純子)と戦地で捕虜となり松山へとやって来たソローキン(ロデオン・ガリュチェンコ)。戦時下であり敵国同士という特殊な状況下で惹かれあう2人は歴史の波に翻弄されることとなる。暴れる捕虜と銃を持ち集まる衛兵の緊迫のシーン。その中にあって強烈な個性で場を制する収容所の所長、河野(イッセー尾形)が、戦時下の収容所という特殊な環境を不気味に物語っています。現代パートではTVディレクターの桜子(阿部純子)と先輩の倉田(斎藤工)が、ロシアに関する取材を進める中で、100年前のロシア兵捕虜と日本人看護師の日記にある疑問を抱く。そしてその取材の為、ロシアへ渡った二人はそこで衝撃の真実を知ることとなる。



戦争がなければ出逢えなかった二人。残酷にも戦争があったから出逢えた二人。どこか切なげな音色が、儚さを漂わせる特報映像となっています。

映画情報どっとこむ ralph 更に、場面写真も併せて解禁!

ゆいとソローキン二人が寄り添う絵画のように美しいシーン、

そして日本兵とロシア兵の争いを河野(イッセー尾形)が制するシーンが解禁。

映画情報どっとこむ ralph 映画「ソローキンの見た桜

映画公式サイト:
https://sorokin-movie.com/

<STORY> 
2018年、駆け出しTVディレクターの桜子(阿部純子)は、ロシア兵墓地の取材を皮切りにロシアに行くことが決定していたが、興味を持てずにいた。しかし祖母(山本陽子)から自身のルーツがロシアにあることを知り、さらにロシア兵と日本人看護師の、二人の日記を紐解いていくうちに衝撃の事実を知ることに—— 日露戦争時代、傷ついたロシア兵将校ソローキン(ロデオン・ガリュチェンコ)の手当てをすることになったゆい(阿部純子、二役)。日本はハーグ条約を遵守し、ロシア兵捕虜はアルコールの購入や外出などの自由が許されていた。兄弟を戦争で亡くしたゆいは、ソローキンを憎みながらもいつしか惹かれ、愛し合う。だがソローキンが捕虜になったのはある密命のためだった。ロシア革命に参加する為、収容所を脱走しロシアへ帰ることにしたソローキンは、ゆいも一緒に連れて帰ろうとするが・・

***********************************

出演:阿部純子 ロデオン・ガリュチェンコ 山本陽子(特別出演) アレクサンドル・ドモガロフ 六平直政
海老瀬はな 戒田節子 山本修夢 藤野詩音 宇田恵菜 井上奈々 杉作J太郎 斎藤工 イッセー尾形
監督・脚本・編集:井上雅貴
製作:「ソローキンの見た桜」製作委員会
配給:KADOKAWA
©2019「ソローキンの見た桜」製作委員会


阿部純子 ロデオン・ガリュチェンコ 映画『ソローキンの見た桜』公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph 日露合作プロジェクト、日露戦争時代の松山に実在したロシア兵捕虜収容所を題材にした映画『ソローキンの見た桜』より、ポスタービジュアルが解禁となりました。
ポスターは主人公ゆい役(桜子と2役)の阿部純子さんが、看護師としてロシア兵の傷を治療している真剣な姿や、タイトルと同じくロシア兵将校であるソローキンが桜の前で遠くを見つめている姿、そして舞台である現代のロシアの実景も含め、日露合作映画らしいビジュアルになりました。

桜子の先輩ディレクターである倉田役の斎藤工さん「や、収容所の所長・河野役のイッセー尾形も登場し、優しく散っていく桜に包まれた、儚さの詰まったポスターとなりました。

そして気になる公開日も3月22日(3月16日愛媛県先行)と正式決定しました!

映画情報どっとこむ ralph 今回の日露合作プロジェクトの監督は、初長編作を自主制作ながらロシア人俳優を起用しロシアで撮影され話題を呼び、ロサンゼルスシネマフェスティバル・オブ・ハリウッドにて主演男優賞・監督賞・長編作品賞の三冠を受賞し、国内でも全国で上映されたSF作品「レミニセンティア」の新鋭・井上雅貴。

井上雅貴監督コメント:
ロシアでの撮影は「ソローキンの見た桜」が三作目になります(監督作としては2作目)。ロシアでの映画作りは全員が対等で、どんなスタッフもキャストも意見を出し合います。「ソローキンの見た桜」も、皆対等の現場を目指しました。クリエイティブに立場は必要ありません。全スタッフ、キャストから良質な映画を作るという想いが肌で感じられる現場でした。日露双方の良い考えを取ることでこの奇跡的な映画が生まれ、既存の邦画を越えた作品になりました。本作が、日本とロシアの相互理解の一助になれば幸いです。現在本編編集中ですが、春の公開に向けて楽しみにお待ちください。

映画情報どっとこむ ralph 『ソローキンの見た桜』

2019年3月22日(金)角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー
2019年3月16日(土)愛媛県先行ロードショー

イントロダクション
松山を舞台に運命的に出会ってしまった日本人看護師とロシア将校の二人を中心に、歴史に翻弄された人々を描いた心揺さぶる感動のドラマ。主演の日本人看護師役に、『孤狼の血』で鮮烈な印象を残した若手実力派・阿部純子さん。映画、ドラマ、CMに出演、また監督としてもメガホンを取る斎藤工さん、『沈黙-サイレンス-』でも強烈な存在感を示したイッセー尾形さん、ロシアからは国内きっての演技派、ロデオン・ガリュチェンコさん、アレクサンドル・ドモガロフさんが参加。伝説のラジオドラマ「〜松山ロシア人捕虜収容所外伝〜ソローキンの見た桜」が日露合作プロジェクトでついに誕生した。

公式HP:
https://sorokin-movie.com/

物語・・・
2018年、駆け出しTVディレクターの桜子(阿部純子)は、ロシア兵墓地の取材を皮切りにロシアに行くことが決定していたが、興味を持てずにいた。しかし祖母(山本陽子)から自身のルーツがロシアにあることを知り、さらにロシア兵と日本人看護師の、二人の日記を紐解いていくうちに衝撃の事実を知ることに。

日露戦争時代、傷ついたロシア兵将校ソローキン(ロデオン・ガリュチェンコ)の手当てをすることになったゆい(阿部純子、二役)。日本はハーグ条約を遵守し、ロシア兵捕虜はアルコールの購入や外出などの自由が許されていた。兄弟を戦争で亡くしたゆいは、ソローキンを憎みながらもいつしか惹かれ、愛し合う。だがソローキンが捕虜になったのはある密命のためだった。ロシア革命に参加する為、収容所を脱走しロシアへ帰ることにしたソローキンは、ゆいも一緒に連れて帰ろうとするが・・

***********************************

監督・脚本・編集:井上雅貴
出演:阿部純子 ロデオン・ガリュチェンコ
山本陽子(特別出演) アレクサンドル・ドモガロフ 六平直政
海老瀬はな 戒田節子 山本修夢 藤野詩音 宇田恵菜 井上奈々 杉作J太郎
斎藤工 イッセー尾形
配給:KADOKAWA
©2019「ソローキンの見た桜」製作委員会


阿部純子、イッセー尾形、井上雅貴監督 ら登壇!映画『ソローキンの見た桜』製作発表会見


映画情報どっとこむ ralph 第1回日本放送文化大賞グランプリに輝いたラジオドラマ『~松山ロシア人捕虜収容所外伝~ ソローキンの見た桜』の実写化作品で、日露戦争のさなか、愛媛県松山市に設置された捕虜収容所を舞台に、日本人女性と捕虜のロシア軍少尉がはぐくんだ愛の物語を描く映画『ソローキンの見た桜』。

本日、在日ロシア連邦大使館にて本作の製作発表会見が行われ、主演の阿部純子をはじめ、、イッセー尾形、井上雅貴監督、田中和彦(原作)、ミハイル・ガルーシン駐日ロシア大使と豪華な顔ぶれが登壇しました!


映画『ソローキンの見た桜』製作発表会見
日時:5月21日(月)
場所:在日ロシア連邦大使館
登壇者: 阿部純子、イッセー尾形、井上雅貴監督、田中和彦(原作)、ミハイル・ガルーシン駐日ロシア大使

映画情報どっとこむ ralph 本作はロシア政府が全面的にバックアップをしていることもあり、映画の製作発表会見としては初めて、ロシア大使館での開催が実現したが、松山に暮らすヒロイン・ゆいを演じる阿部さんは着物、捕虜収容所所長を演じるイッセーさんは軍服にヒゲという役衣装で登場。

イッセーさんは「大使館での製作発表と聞いて、スーツよりも衣裳が一番いいんじゃないかと思ったんですが、着て来てよかったなといま、思っています」と笑顔を見せた。

挨拶に立ったガルージン駐日ロシア大使は

ロシア大使:本日よりこの興味深いプロジェクトがスタートいたします。日露交流の歴史を代表する作品になることを確信しています。日ロ両国の市民に、いかに苦しく悲劇的な時代であっても、互いへのシンパシーは常に存在していたということを理解していただける作品になると思います。素晴らしい機会を作ってくださったことに感謝いたします。

と語った。原作者の田中先生は、日本で初めてのロシア兵収容所となった松山市の収容所が塀のない収容所であり、兵たちは昼間は自由を享受し、松山市民と交流していたこと、戦争中の2年間の間にそこで亡くなった98名の兵士の墓が市内にあり、いまも市民が足を運び、掃き清められていることを紹介し

田中先生:「この事実を日本、ロシア、世界中の人々に知っていただきたいという思いがこの作品を作った動機です。年を経て、日ロ交流年にこうして映画になることを嬉しく思っており、映画の完成を楽しみに待ちたいと思います。

と作品への期待を口にした。

映画情報どっとこむ ralph クランクインは6月。松山で始まり、その後、ロシアのサンクトペテルブルクでも撮影される予定だそうで、

井上監督:日ロ友好の作品として、価値ある重要な作品だと思っております。自分の持てる力をすべて注いで製作していきたいと思います。

と力強く意気込みを口にした。

阿部さんは、ヒロインのゆいと、現代を生きる彼女の子孫(ただしくは玄孫)、高宮桜子の2役を演じる事に

阿部さん:責任重大ですね。

とやや緊張の面持ち。この日は、ソローキン役を演じるロシア人俳優ロデオン・ガリュチェンコから

ガリュチェンコさん:松山での撮影、日本人俳優との交流を楽しみにしています。

というメッセージも届いたが、

阿部さん:私にとってもロシア人の俳優さんとの共演は初めて。演技派の俳優さんと伺っており、お会いするのが楽しみです!

と笑顔を見せていました。


クランクインを前に改めて

阿部さん:日本とロシアの映画交流の1作目に参加させていただけることになり、いまから胸がいっぱいです。初めてロシアに渡航できることも楽しみにしております。作品を通して、絆が深まるきっかけになればいいなと思います。

と力強く意気込みを語った。

イッセーさんは、この松山の収容所の話について

イッセーさん:実は、子どもの頃から聞かされてきて、知っていました。信じられず、そんなことあったのかと、誇りに思っていました。その映画に出られることを光栄に思います。

と喜びを語りました。

映画情報どっとこむ ralph 実在のロシア軍人・ボイスマン役を演じるロシアの国民的俳優アレクサンドル・ドモガロフさんより、イッセーさんとの共演を楽しみにしているとのメッセージも届いて、

イッセーさん:嬉しい言葉です。日ロ交流と共に、所長とボイスマンの交流が、井上監督の手で、どんなシーンになるかとても楽しみです。所長はハーグ条約がある中で、捕虜の人権をどこまで尊重すべきなのか? 日々悩んだと思います。その苦悩やジレンマを(撮影を通じて)体験したいと思います。

と自身の役柄への想いを口にした。

映画『ソローキンの見た桜』

は2019年春 全国ロードショー予定。

***********************************

製作:ソローキンの見た桜製作委員会
原案 青山淳平(「松山ロシア物語」) /
原作:田中和彦(「ソローキンの見た桜」)/

監督:井上雅貴/脚本:井上雅貴/香取俊介/大浦光太/コンスタンチン・サモイレンコ
プロデューサー:益田祐美子
配給:KADOKAWA+平成プロジェクト
©2019ソローキンの見た桜製作委員会