「ソローキンの見た桜」タグアーカイブ

井上雅貴監督『ソローキンの見た桜』第41回モスクワ国際映画祭正式出品へ!


映画情報どっとこむ ralph 本年3月22日より全国公開されました『ソローキンの見た桜』が第41回モスクワ国際映画祭(2019年4月18日~4月25日)のアウト・オブ・コンペ部門に正式出品されることが決定しました!

本作は、日露戦争時代、日本に多く設置されたロシア兵捕虜収容所。特に愛媛県松山には国内初の収容所が設けられ、この松山を舞台に運命的に出逢ってしまった日本人看護師とロシア将校の二人を中心に、歴史に翻弄された人々を描いた心揺さぶる感動のドラマ。監督は、ロシアの巨匠アレクサンドル・ソクーロフの「太陽」にメイキング監督として参加し、前作「レミ二センティア」で衝撃的なSFの世界を創り上げ話題となった井上雅貴。

モスクワ国際映画祭(Moscow International Film Festival)は世界で最も歴史の長い映画祭の一つで、毎年ロシア・モスクワで開催され、2008年に北野武が特別功労賞(Life-time Achievement Award)を受賞し、特集上映が行われたほか、2017年には中川龍太郎監督の「四月の永い夢」が国際批評家連盟賞&ロシア批評家連盟特別表彰の2冠に輝くなど、過去にも多くの日本の作品や俳優が賞を受賞している歴史ある映画祭です。

<井上監督コメント>
日露合作の今作が、権威ある映画祭の中でもモスクワ映画祭で上映される事は運命的で本当に嬉しく思います。文化的に目の肥えたロシアの方々がこの映画をどう受け止め、感じられるのか緊張しますが、今のところ楽しみが少し上回ってます。

映画情報どっとこむ ralph 『ソローキンの見た桜』

全国公開中

公式HP:
https://sorokin-movie.com/


<ストーリー> 
2018年、駆け出しTVディレクターの桜子(阿部純子)は、ロシア兵墓地の取材を皮切りにロシアに行くことが決定していたが、興味を持てずにいた。しかし祖母(山本陽子)から自身のルーツがロシアにあることを知り、さらにロシア兵と日本人看護師の、二人の日記を紐解いていくうちに衝撃の事実を知ることに—— 日露戦争時代、傷ついたロシア兵将校ソローキン(ロデオン・ガリュチェンコ)の手当てをすることになったゆい(阿部純子、二役)。日本はハーグ条約を遵守し、ロシア兵捕虜はアルコールの購入や外出などの自由が許されていた。兄弟を戦争で亡くしたゆいは、ソローキンを憎みながらもいつしか惹かれ、愛し合う。だがソローキンが捕虜になったのはある密命のためだった。収容所を脱走しロシアへ帰ることにしたソローキンは、ゆいも一緒に連れて帰ろうとするが・・・

***********************************

監督・脚本・編集:井上雅貴
出演:阿部純子 ロデオン・ガリュチェンコ
山本陽子(特別出演) アレクサンドル・ドモガロフ 六平直政
海老瀬はな 戒田節子 山本修夢 藤野詩音 宇田恵菜 井上奈々 杉作J太郎
斎藤工 イッセー尾形
配給:KADOKAWA 
©2019「ソローキンの見た桜」製作委員会
  


阿部純子 桜の開花と共に広まれば!「ソローキンの見た桜」舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 日露戦争時代、日本に多く設置されたロシア兵捕虜収容所。
特に愛媛県松山には国内初の収容所が設けられ、この松山を舞台に運命的に出逢ってしまった日本人看護師とロシア将校の二人を中心に、歴史に翻弄された人々を描いた心揺さぶる感動作「ソローキンの見た桜」が3月22日(金)に遂に全国公開となり、3月23日(土)に公開記念舞台挨拶が行なわれました。

登壇したのは主演の阿部純子さん、斎藤工さん、イッセー尾形さんの日本人キャストに加えて、ロシアからロデオン・ガリュチェンコ、ロシアの国民的俳優アレクサンドル・ドモガロフが来日。井上監督と奥様でプロデューサー兼通訳の井上イリーナさんが登壇しました。


さらに、フォトセッションには、本作にも出演のイワン・グロモフ、アンドレイ・デインチェフが参加しました。

日程:3月23日(土)
場所:角川シネマ有楽町
登壇: 阿部純子、斎藤工、イッセー尾形、ロデオン・ガリュチェンコ、 アレクサンドル・ドモガロフ、井上雅貴監督、井上イリーナプロデューサー
フォトセッションゲスト:イワン・グロモフ アンドレイ・デインチェフ

映画情報どっとこむ ralph 今の季節とタイトルにあわせて主演の阿部純子は桜色のお着物で登場。
阿部さん:皆さんこんにちは。ついに公開と言うことで大変緊張しています。皆さんにこうしてお目に書かれて本当に本当に嬉しいです。

と感極まった声でのご挨拶からイベントはスタート。続いて、

ガリュチェンコさん:みなさん来ていただいてありがとうございます。二度目の日本訪問とても嬉しいです。映画を楽しんでください。

そして、ロシアの国民的俳優のドモガロフさんは
ドモガロフさん:満席で大変うれしいです!この歴史的な映画に興味を持って頂き感謝しています。

斎藤さん:桜の咲く時期に、ロシアから素晴らしい俳優の皆さんたちに来ていただけたこと、この作品は国と国を繋ぐ大事な一本になったな思います。

イッセイさん:松山で観てもらったお客様にご挨拶して、その時の観終えた後の感動の渦に入って、僕らも感動したのですが。ここも渦巻いてる?ですね。嬉しいと思います。

井上監督:日本とロシアの素晴らしい俳優さん達に出ていただいた映画です。今日は本当にありがとうございます。

イリーナP:面白くて綺麗な映画になったと思います。この出来事とロシアに興味を持っていただければと思います。

と、其々ご挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 主演、日露合作、二役。で、英語のセリフ。オファーを受けて

阿部さん:日露合作と言うことでプレッシャーを感じているいっぽうで、頑張ろうという強い責任感も感じていました。素敵なキャスト、監督・スタッフさんに沢山助けていただいて、考え過ぎずに頑張ろうと気持ちを切り替えられて感謝しています。

撮影以来の再会に

阿部さん:日本でもロシアでも、撮影していて、こうして一緒に壇上に上がれたことはとても嬉しいです。

ロシアチームとの撮影に関して

阿部さん:どのシーンもですが、ロシアでは俳優は芸術家で、監督は判断する人。と言う考え方があるようで、先ず私たち俳優同士で話し合って、次に監督を交えて。そしてその後、スタッフを交えての三段階で話し合って撮影を勧めました。

常に現場で意見を求められる毎日で新鮮だったと話します。

松山に捕虜収容所があったのはご存じでしたか?
ガリュチェンコさん:オファーが来た時に知りました。その後本を読んで調べました。収容所はバラックじゃなくて、お寺に暮らしていて、ロシア兵墓地もちゃんとあって、綺麗にされていて大事にされていて、日本人に感謝しています。

と語ります。日本での撮影は?

ガリュチェンコさん:日本は初めてでしたし、海外での国際的プロジェクトも初めて。でも、撮影チームは優れていて。そして、何より阿部さんとの共演は面白くて楽しかったです。忘れられない体験でした。

阿部さん:スパシーバ!(ありがとう)
映画情報どっとこむ ralph ドモガロフさんはイッセイさんとのシーンが多かったそうで、
トモガロフさん:昔からの友達みたいでしたね。深く感謝しています。やっぱり、ロシアと日本では演技の仕方とかが違います。今回イッセイさんの演技を見習ったところもたくさんあって貴重な体験でした。実は、イッセイさんは有名な役者さんだと聞いていたので、最初緊張してたんですよ。

と、ロシアの重鎮から嬉しいコメント。これを受けて

イッセイさん:彼と共演してると、彼がいるだけで空間を支配するんです。それを見て感じて、この映画の屋台骨になる人だと感じました。撮影してると、彼の目に僕はどう映ってるのだろうと。楽しい興味でした。違えば違うほど、この映画のテーマにもあっていく。その違いを楽しみました。

ロシアに訪問されて
斎藤さん:ロシアは初めてでした。実は。。。一つの番組にしました。阿部さん被写体に、ロシアの街並みを含めて映像にしました。それから外にある写真も撮りまして、写真店にもなっています。言葉じゃない切り取り方をさせてもらいました。監督はイリーナさんはご夫婦で、日露の国際恋愛を描くのは井上監督しかいないのではと心から思っていますし、僕の中ではお二人が『ソローキンの桜』のモデルです。今回ロシアの俳優さんの芸術性と日本の俳優のそれとが融合した作品にかかわれたことは光栄です。

井上監督;現場は言語の問題はありますが、ロシア人だから、日本人だからと言う風に接せず、映画を愛する人達が良いものを創ると言う気持ちで参加してくださったので、個人的には納得できる作品になりました。ロシア人と日本人がしゃべれるのはおかしいともう人もいるかと思いますが、人であると言うところを重視した映画になっています。


本作は、ロシアでも公開となるそうで
トモガロフさん:こういう映画があると言うことで知られていて、ロシアで興味を持たれています。日露戦争の事は知られていましたが、日本に収容所があって、ロシア兵へのあたたかい扱いを知ることとなって、映画の公開が待たれています。私も期待しています。

映画情報どっとこむ ralph フォトセッションには、イワン・グロモフさんとアンドレイ・デインチェフさんも参加!

ここで、阿部さんへロシアチームが似顔絵を書いてサインを入れたものをプレゼント。

最後に・・・・

阿部さん:凄く思いの強い映画なので、こうして日露俳優陣が皆で集まって、皆さんにお届けできて嬉しいです!日本人の暖かい気持ちとロシア人の親しみやすさが映画にも空気感として醸し出されていると思います。桜の開花と共にこの映画も全国に広まればと思います。


ソローキンの見た桜

2019 年 3 月 22 日(金)角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー 愛媛県先行公開中

公式サイト:
https://sorokin-movie.com/

<STORY>
2018 年、駆け出し TV ディレクターの桜子(阿部純子)は、ロシア兵墓地の取材を皮切りにロシアに行くことが決定し ていたが、興味を持てずにいた。しかし祖母(山本陽子)から自身のルーツがロシアにあることを知り、さらにロシア兵と日本人看護師 の、二人の日記を紐解いていくうちに衝撃の事実を知ることに—— 日露戦争時代、傷ついたロシア兵将校ソローキン(ロデオン・ガリュチェンコ)の手当てをすることになったゆい(阿部純子、二役)。日本はハーグ条約を遵守し、ロシア兵捕虜はアルコールの購入や外出 などの自由が許されていた。兄弟を戦争で亡くしたゆいは、ソローキンを憎みながらもいつしか惹かれ、愛し合う。だがソローキン が捕虜になったのはある密命のためだった。ロシア革命に参加する為、収容所を脱走しロシアへ帰ることにしたソローキンは、ゆい も一緒に連れて帰ろうとするが・・・

***********************************

出演:阿部純子 ロデオン・ガリュチェンコ 山本陽子(特別出演) アレクサンドル・ドモガロフ 六平直政 海老瀬はな 戒田節子 山本修夢 藤野詩 音 宇田恵菜 井上奈々 杉作 J 太郎 斎藤工 イッセー尾形 イワン・グロモフ アンドレイ・デインチェフ

監督・脚本・編集:井上雅貴
製作:2019「ソローキンの見た桜」製作委員会
配給:KADOKAWA
©2019「ソローキンの見た桜」製作委員会


心のお花見を堪能して!斎藤工からコメント映画『ソローキンの見た桜』


映画情報どっとこむ ralph この度、3月22日(金)公開、日露合作プロジェクト、映画『ソローキンの見た桜』新場面写真が解禁。

本作は、監督に初長編作を自主制作ながらロシア人俳優を起用しロシアで撮影され話題を呼んだ新鋭・井上雅貴、主演には映画・ドラマなどで印象を残している若手実力派女優の阿部純子を迎え、日露戦争時代の国境を越えた愛を描いた作品です。実話を元にしたラジオドラマが原作であり、日本で初めてロシア兵捕虜収容所が設けられた、愛媛県の松山が舞台となっています。

今回解禁となる新場面写真では、自らのルーツがロシアにあることを知った桜子が、仕事の取材で斎藤演じる先輩の倉田と共にロシアを訪れる姿が見られます。
二人は、これまで追いかけてきたロシア兵と日本人看護師、二人の日記から、真実を知ることになる重要なシーン。スクリーンに映し出される桜子と倉田の歩くロシアの美しい景色や街並みも見所です。

映画情報どっとこむ ralph ■斎藤工コメント
井上監督がソクーロフの現場を学ばれたと言う事も勿論ですが監督とロシアの関係性はとても特異的なものだと『レミニセンティア』を観て強く感じました日本人監督にしか撮れない景色と言うよりはロシア人の奥様と二つの祖国を持ったお嬢さんがいらっしゃる井上監督にしか撮れない景色。

この『ソローキンの見た桜』は監督が撮るべくして撮られたのでは無いかと思います。
私はロシアがメインでしたがロシアロケでのロシアチームは皆才能に溢れ博学で優しくて仕事がし易かった。
素晴らしい時間を過ごす事が出来ました。
とにかく美しい物語で美しい映像に酔い痴れて頂きたいです。
また”国家間”での戦争に翻弄されながらも松山にて”個人”として互いのアイデンティティを尊重し合った日露の人々の心の美しさは満開の桜に匹敵する華やかさがあります。
この作品で心のお花見を堪能されて頂けたら幸いです。
映画情報どっとこむ ralph 『ソローキンの見た桜』

2019年3月22日(金)角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー
2019年3月16日(土)愛媛県先行ロードショー
公式HP:
https://sorokin-movie.com/


【STORY】
2018年、駆け出しTVディレクターの桜子(阿部純子)は、ロシア兵墓地の取材を皮切りにロシアに行くことが決定していたが、興味を持てずにいた。しかし祖母(山本陽子)から自身のルーツがロシアにあることを知り、さらにロシア兵と日本人看護師の、二人の日記を紐解いていくうちに衝撃の事実を知ることに——
日露戦争時代、傷ついたロシア兵将校ソローキン(ロデオン・ガリュチェンコ)の手当てをすることになったゆい(阿部純子、二役)。日本はハーグ条約を遵守し、ロシア兵捕虜はアルコールの購入や外出などの自由が許されていた。兄弟を戦争で亡くしたゆいは、ソローキンを憎みながらも
いつしか惹かれ、愛し合う。だがソローキンが捕虜になったのはある密命のためだった。ロシア革命に参加する為、収容所を脱走しロシアへ帰ることにしたソローキンは、ゆいも一緒に連れて帰ろうとするが・・

***********************************

監督・脚本・編集:井上雅貴
出演:阿部純子 ロデオン・ガリュチェンコ
山本陽子(特別出演) アレクサンドル・ドモガロフ 六平直政
海老瀬はな 戒田節子 山本修夢 藤野詩音 宇田恵菜 井上奈々 杉作J太郎
斎藤工 イッセー尾形
配給:KADOKAWA 
©2019「ソローキンの見た桜」製作委員会
  


映画『ソローキンの見た桜』新場面写真と阿部純子コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph この度、3月22日(金)公開、日露合作プロジェクト、映画『ソローキンの見た桜』の新場面写真が解禁。

本作は、監督に初長編作を自主制作ながらロシア人俳優を起用しロシアで撮影され話題を呼んだ新鋭・井上雅貴、主演には映画・ドラマなどで印象を残している若手実力派女優の阿部純子を迎え、日露戦争時代の国境を越えた愛を描いた作品です。実話を元にしたラジオドラマが原作であり、日本で初めてロシア兵捕虜収容所が設けられた、愛媛県の松山が舞台となっています。

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁となる新場面写真では、阿部純子演じるテレビディレクターの桜子が、斎藤工演じる先輩ディレクターと共にロシアを訪れる現代パート。
また、阿部が演じるもう一人の人物ゆいが浜辺で顔を覆って涙を流し、それを見つめるガリュチェンコ演じるソローキンを写した過去パートを見ることができます。

“日露戦争時代のロミオとジュリエット”というフレーズ通り、戦争の敵味方という国境を越えた愛を描く過去パートに登場するゆい、また自らのルーツを追ってロシアの地を訪れる桜子を、阿部がどのように演じ分けるのか、本編に期待値が膨らむ内容となっておます。

阿部純子さんのコメント

『あの人との出会いがなければ、今の自分はなかった』
こんな想いは、誰もが持ち合わせられるものなのでしょうか?
日露戦争の最中、ロシア人と日本人との間で生まれたひとつの恋。
やさしさがやさしさを生む、その連鎖を信じたくなりました。

ふたりの恋愛は、決して幸福に包まれているだけのものではなかったけれど、たくさんのロシア人と日本人に支えられ…。
そのおかげで、時代も国境も超えて、ふたりは愛を育むことができました。

自ら演じているうちに、私自身もこの物語の主人公、ユイのように、凛と生きてゆきたいと思いました。

映画情報どっとこむ ralph 『ソローキンの見た桜』

公開表記:2019年3月22日(金)角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー
2019年3月16日(土)愛媛県先行ロードショー

公式HP:
https://sorokin-movie.com/

【STORY】
2018年、駆け出しTVディレクターの桜子(阿部純子)は、ロシア兵墓地の取材を皮切りにロシアに行くことが決定していたが、興味を持てずにいた。しかし祖母(山本陽子)から自身のルーツがロシアにあることを知り、さらにロシア兵と日本人看護師の、二人の日記を紐解いていくうちに衝撃の事実を知ることに——

日露戦争時代、傷ついたロシア兵将校ソローキン(ロデオン・ガリュチェンコ)の手当てをすることになったゆい(阿部純子、二役)。日本はハーグ条約を遵守し、ロシア兵捕虜はアルコールの購入や外出などの自由が許されていた。兄弟を戦争で亡くしたゆいは、ソローキンを憎みながらも
いつしか惹かれ、愛し合う。だがソローキンが捕虜になったのはある密命のためだった。ロシア革命に参加する為、収容所を脱走しロシアへ帰ることにしたソローキンは、ゆいも一緒に連れて帰ろうとするが・・

***********************************

監督・脚本・編集:井上雅貴
出演:阿部純子 ロデオン・ガリュチェンコ
山本陽子(特別出演) アレクサンドル・ドモガロフ 六平直政
海老瀬はな 戒田節子 山本修夢 藤野詩音 宇田恵菜 井上奈々 杉作J太郎
斎藤工 イッセー尾形
配給:KADOKAWA 
©2019「ソローキンの見た桜」製作委員会


阿部純子主演 日本人看護師とロシア将校の・・・「ソローキンの見た桜」本予告映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 日露戦争時代、日本に多く設置されたロシア兵捕虜収容所。
特に愛媛県松山には国内初の収容所が設けられ、この松山を舞台に運命的に出逢ってしまった日本人看護師とロシア将校の二人を中心に、歴史に翻弄された人々を描いた心揺さぶる感動のドラマ、「ソローキンの見た桜」が2019年3月22日(金)より公開となります。

映画情報どっとこむ ralph この度、本予告映像が完成し、戦争に翻弄された二人の揺れ動く気持ちが伝わる90秒間が解禁となります!
今からおよそ100年前。日本とロシア帝国が大陸の利権を争って戦った日露戦争。その戦争によって運命的に出会うこととなる、ゆい(阿部純子)と戦地で捕虜となり松山へとやって来たソローキン(ロデオン・ガリュチェンコ)。戦時下であり敵国同士という特殊な状況下で惹かれあう二人は、歴史の波に翻弄されることとなる。



映像序盤では、観劇、温泉入浴など捕虜でありながら、比較的自由な生活が描かれ、当時の世界の中での日本の立場が伺えるシーンとなっている。国際条約により、人権を重視していた日本。そこで看護師として働くゆいとソローキンは出逢い惹かれあうものの、戦争で兄弟を亡くしていたゆい。映像内ではソローキンに対し、涙ながらにその複雑な胸中を訴えている。しかし二人の気持ちは揺るぎないものとなり、ゆいの手をとり、疾走するソローキン。戦時下において、敵国同士の二人のまわりで様々な思惑が交錯する中、ゆいとソローキンの想いは実を結ぶのか…。そして日本からサンクトペテルブルクへと、壮大な映像美にも注目!

映画情報どっとこむ ralph 阿部純子、ロデオン・ガリュチェンコ、山本陽子、六平直政、斎藤工、イッセー尾形、そしてロシアの名優アレクサンドル・ドモガロフを迎え、日露合作で贈る壮大な人間ドラマを描いた映像となっています!

「ソローキンの見た桜」
3月22日(金)角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー
3月16日(土)愛媛県先行ロードショー

<STORY> 
2018年、駆け出しTVディレクターの桜子(阿部純子)は、ロシア兵墓地の取材を皮切りにロシアに行くことが決定していたが、興味を持てずにいた。しかし祖母(山本陽子)から自身のルーツがロシアにあることを知り、さらにロシア兵と日本人看護師の、二人の日記を紐解いていくうちに衝撃の事実を知ることに—— 日露戦争時代、傷ついたロシア兵将校ソローキン(ロデオン・ガリュチェンコ)の手当てをすることになったゆい(阿部純子、二役)。日本はハーグ条約を遵守し、ロシア兵捕虜はアルコールの購入や外出などの自由が許されていた。兄弟を戦争で亡くしたゆいは、ソローキンを憎みながらもいつしか惹かれ、愛し合う。だがソローキンが捕虜になったのはある密命のためだった。密命の為、収容所を脱走しロシアへ帰ることにしたソローキンは、ゆいも一緒に連れて帰ろうとするが・・

***********************************

出演:阿部純子 ロデオン・ガリュチェンコ 山本陽子(特別出演) アレクサンドル・ドモガロフ 六平直政 海老瀬はな 戒田節子
山本修夢 藤野詩音 宇田恵菜 井上奈々 杉作J太郎 斎藤工 イッセー尾形
監督・脚本・編集:井上雅貴  
製作:2019「ソローキンの見た桜」製作委員会
配給:KADOKAWA
©2019「ソローキンの見た桜」製作委員会  公式サイト:https://sorokin-movie.com/